2014年09月27日

#nhk NHK朝ドラ「花子とアン」に夢中だった半年間

 今年初めての投稿です。既に10月の声が聞かれますが、この10か月何をしていたかといいますと、ほぼ毎日「花子とアン」を視ていました。(笑)

 「赤毛のアン」の翻訳者である村岡花子をモデルとしたドラマで、今日が最終回の放送日です。4月からの半年間、ほぼ毎日のように見ていました。

 全156回の放送の中で私が最も印象に残っている言葉があります。修和女学院の卒業式でブラックバーン校長が花子ら卒業生に向けたメッセージです。素晴らしい言葉でしたが、花子が訳した日本語の文章も、ブラックバーン校長の英文に勝るとも劣らない素晴らしい文章でした。

 あまりにも感動したので、メモをしておきました。
 
 
 My girls.
私の愛する生徒たちよ。
 
 Grow old along with me.
 我と共に老いよ。

 The best is yet to be.
 最上のものは、なお後に来たる。

続きを読む "#nhk NHK朝ドラ「花子とアン」に夢中だった半年間"

投稿者 もりた : 08:27 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2013年03月27日

@takapon_jp 「額に汗して働く人」という言葉の胡散臭さ

 最初に誤解のないように言っておきたいことは、私は「額に汗して働く人」が嫌いではない(むしろ好きです)し、「額に汗して働くこと」が好きである、さらに言えば、自分はどちらかといえば「頭を使って考える」よりも、「額に汗して働く」タイプの人間である(と自己分析している)ということです。
 
 「社会保障と税の一体改革」法案可決、違憲状態(一票の格差)のまま解散総選挙に突入、自民党圧勝・再び政権交代、安倍首相TPP交渉参加表明と、昨年来、私にとって絶望的なニュースが連続し、滅入っていたところに、久々に嬉しいニュースが届きました!
 
 堀江貴史さん( @takapon_jp )が、仮釈放されたというニュースが、報じられています。彼が粉飾決算の疑いで逮捕・起訴され、1審、2審と裁判が続く中で、マスコミを通じて、あたかも一般の庶民感覚の様に伝えられた言葉の一つに「額に汗して働く」というものがあります。「多くの人が、額に汗して働いて、日々の糧を得る中で、彼(堀江氏)のようなマネーゲームによって楽して富を得る人間は許せない」というような使われ方をします。
 
 彼がライブドアという会社の経営を通して携わっていたITという同じ仕事に、私も社会に出てから30年以上、一貫して身を置いています。手や足や体力を使って物を作る製造業や土木・建設、農業に携わること、あるいは営業マンのようにクタクタになるまで体を酷使して成果を挙げることが、仕事として高い評価を得るのならば、ITの仕事も同様です。いや、どんな仕事にもまして、IT、特にソフトウェア開発に関わる仕事は厳しいものがあります。
 
 なぜかといえば、納期に間に合わせるために残業に次ぐ残業、徹夜もいとわない体力とともに、たとえ寝不足であっても考えることから逃げずに頭を使い続けなければならない、つまり体力と頭脳の両方を同時に、最大限に発揮することを求められる仕事だからです。堀江氏も例外ではなく、社長になってからはコーディング(ソフトウェアの製作において、基礎部品の製造に該当する工程)作業はされてはいないと思いますが、起業当初は、そのようにして会社を発展させていったと聞きます。

続きを読む "@takapon_jp 「額に汗して働く人」という言葉の胡散臭さ"

投稿者 もりた : 23:05 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2013年03月05日

2020年東京オリンピック招致について思うこと

 昨日から、オリンピック招致に関連したニュース「 IOC評価委員による東京の現地視察が始まる」がテレビで報道されています。

2020年にオリンピックが東京で再び開催されれば、それは、もちろん、いいことでしょう。前回(1964年)は小学2年生の時で、かろうじてテレビが我が家にも来た翌年だったので、学校から帰って毎日のように見ました。内容はあまり憶えていません。白黒でしたが、何故か今でも鮮明に記憶に焼きついています。

いままで、オリンピックやワールドカップなどを、国内でも海外でも観戦したことは一度もありませんが、今度は大人なので、チケットを買って、競技場で観戦できるかもしれません。そんな期待も持っています。

しかし、2020年に、心の底から喜んで、オリンピックを観戦できるかどうか、私自身には確信が有りません。その頃は未だ、福島第一原発事故のために避難している人のうち、どれくらいの人たちが、自分の'ふるさと'に帰ることが出来ているでしょうか?
 津波で、新しく建てたばかりの家を失った人、福島原発の事故により新しく建てた家に住むことが出来ず避難生活を続けている人、それらの人の中には再び家を新築し、二重ローンを払い続けなければならない人。

続きを読む "2020年東京オリンピック招致について思うこと"

投稿者 もりた : 04:28 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2013年01月01日

71年前にタイムスリップ

 あけましておめでとうございます。旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
本年も相変わらぬご愛顧の程、お願い申し上げます。
 
 ここ2年間、年明け最初の投稿は2月になってからでしたので、1月、しかも元日の投稿は3年ぶりになります。この歳になると元旦の行動はパターン化して、例年と同じく地元の神社とお寺にお参りに行って来ました。

大きな地図で見る
 
 先ず最初に訪れたのが香取神社です。この辺りの"部落"にある神社の名前は、どこへ行っても「香取神社」です。大泊、上間久里、下間久里、平方、船渡、さらに大澤、みんな香取神社です。
 
 埼玉の神社(埼玉県神社庁)
 
 かつてこの辺りは、下総の国一之宮 香取神宮の影響下にあったためと思います。区別がつかないので、ここでは大泊香取神社としておきます。
 
  大泊香取神社
大泊香取神社
 
 今日は正月なので「のぼり」が立っていました。正月と3月、6月の祭礼には、「香取大神」と書かれた「のぼり」が立てられます。

 
 次に大泊の「下」(しも)にある「大泊観音堂」に行きました。大泊は「上」(かみ)と「下」(しも)、いわゆる「上組」と「下組」に分かれています。旧日光街道を上間久里(現在は千間台東)の辺りで横道に入り、念仏橋を渡ると大泊です。日光街道に近い方から「上」、「下」になっています。
 
 ちなみに念仏橋通りをそのまま、大泊の「下」の先まで進むと「船渡」に至りますが、船渡も「上組」、「下組」に分かれています。(大泊と同じく日光街道に近い方から「上」、「下」の順です)
 
 この念仏橋通りをさらに進むと、県道平方東京線と名称を変え、やがて古利根川に沿って進んだ後、キャンベルタウン近くで越谷野田線を経由して増林へと至ります。越谷北部と東部を循環する大動脈です。
 
 話が横道にそれました(洒落ではありません)が、大泊観音堂です。
 
  大泊観音堂
大泊観音堂
 
 大泊観音堂。我々地元の人間は昔から「観音様」と呼んでいます。12年に1回、「お開帳」が催されます。来年が、お開帳の年に当たります。

 
 大泊観音堂の拝殿に上がって、ご本尊に向かって右側に旧い絵馬が掲げられています。「大泊観音堂の縁日風景絵馬」です。
 
  大泊観音堂の「縁日風景絵馬」
大泊観音堂の縁日風景絵馬
 
 明治から大正にかけての観音堂縁日の賑わいを画いたものだそうです。越谷市の「民俗文化財」「有形民俗文化財」に指定されています。

続きを読む "71年前にタイムスリップ"

投稿者 もりた : 20:51 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年11月24日

生誕140年記念 朗読「たけくらべ」(女優 日色ともゑさん)

 昨日催された樋口一葉生誕140年記念「一葉祭」 記念講演と朗読の第2部、日色ともゑさんによる「たけくらべ」の朗読です。(第1部 記念講演「樋口一葉と源氏物語」の様子は、こちらから)
 
第2部 朗読「たけくらべ」(女優 日色ともゑさん) ※ ビデオは会場内ではなく、屋外に設けられたテレビ画面を撮影しています。(以下同じ)また、「プツプツ」という雑音は、屋外テントの屋根に当たる雨音です。

 
 今回は一葉のオリジナル(原文)ではなく、現代語訳(松浦理英子)を朗読されました。
 
 
 朗読の前と朗読後に、今回の記念行事への参加に至ったエピソードや、下町や酉の市などとの関わりについて、ユーモアを交えてお話される日色さんは、いつまでも前向きで気さくなとても素敵な人でした。
 
日色ともゑさん朗読後のトーク

続きを読む "生誕140年記念 朗読「たけくらべ」(女優 日色ともゑさん)"

投稿者 もりた : 01:07 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

生誕140年 記念講演「樋口一葉と源氏物語」

 昨日、11月23日は樋口一葉の命日です。毎年恒例の東京・台東区立一葉記念館で催されている「一葉祭」に行って来ました。
 
 樋口一葉への興味・関心は若い時から持っていました。とりわけ強い関心を持ち始めたのは、15~6年くらい前、40歳前後の頃に初めて一葉記念館を訪れた時だったと思います。「わずか24年の短い一生の間に、これほどまでに美しい文字を残していたとは!」、強い衝撃を受けました。
 
 以来、一葉忌(一葉の命日)には、なるべく足を運んでいます。この日も例年通り、一葉忌にちなんだイベントが催されていました。
 
 
第1部が、実践女子大学 上野英子教授による「樋口一葉と源氏物語」と題した講演、第2部では、女優の日色ともゑさんによる「たけくらべ」の朗読でした。
 
第1部 記念講演「樋口一葉と源氏物語」(実践女子大学教授 上野英子氏)
前半  ※ ビデオは会場内ではなく、屋外に設けられたテレビ画面を撮影しています。(以下同じ)

 
後半

続きを読む "生誕140年 記念講演「樋口一葉と源氏物語」"

投稿者 もりた : 00:58 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年11月12日

#sokotoko 小沢一郎氏に無罪判決。マスコミ報道の非対称性

 久々のブログ更新が、またまた本業であるIT関連以外のテーマになってしまいました。自らの政治団体の政治資金報告書に虚偽の記載をしたとして、検察審査会から二度の起訴相当議決を受け、強制起訴されていた件で、「国民の生活が第一」代表の小沢一郎氏に対する二審(東京高裁)の判決が今朝、出されました。
 
 ご存知の通り、一審(東京地裁)では無罪判決でした。しかも、裁判官から原告(検事役の指定弁護士)側に厳しい意見付きの判決だったにもかかわらず、検事役の指定弁護士が東京高裁に上告しての控訴審でした。今回の判決は、原告側にとって、さらに厳しい判決でした。判決の要旨については、下記のリンク(国民の生活が第一 森ゆうこ議員のブログに掲載)を参照ください。
 
 小沢裁判判決要旨(国民の生活が第一 参議院議員森ゆうこ)
 
 
 この件では、検察(東京地検特捜部)から検察審査会へ提出された資料の中に、虚偽の記載が書かれた捜査報告書が含まれていたことが公判中に明らかになりました。被告である小沢氏の(政治資金規正法違反容疑の)件よりも、「検察の崩壊」ともいうべき、法治国家の基礎を揺るがしかねない大問題であることを心配する声が良識ある市民から上がりました。
 
 虚偽の捜査報告書を直接書いた東京地検特捜部の田代政弘(元)検事と、上司である佐久間達哉(元)特捜部長らに対して、最高検察庁は不起訴処分としました。これを不当として、上記の市民らは、検察審査会に審査申立を行ないました。
 
 
 東京地検特捜部 田代政弘(元)検事らによる捜査報告書虚偽記載について、詳しくは「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」のホームページ、および、「検察崩壊 -失われた正義-」(郷原信郎・著 毎日新聞社)をお読みください。

続きを読む "#sokotoko 小沢一郎氏に無罪判決。マスコミ報道の非対称性"

投稿者 もりた : 23:16 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年09月26日

#nhk #nhkbs1 「梅ちゃん先生」(つづき)

 先ほど「梅ちゃん先生」が気に入っているというエントリーを書いたばかりですが、さっそく次のエピソードが。今日の放送ですが、空襲で家族全員を失った中谷広志くんが、もう一人の命の恩人である、梅子さんの父・下村と再開したシーンです。
 
広志「その節は、ありがとうございました」
 
下村「いや、礼を言うのはこちらの方です。ありがとうございました。自分の治療した患者さんが、こうやって元気にしていることが、医者として一番嬉しいことです」

続きを読む "#nhk #nhkbs1 「梅ちゃん先生」(つづき)"

投稿者 もりた : 23:53 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#nhk #nhkbs1 「梅ちゃん先生」

 このところ(1ヶ月くらい前から)「梅ちゃん先生」(NHK朝の連続テレビ小説)を毎日見ている。1日に2回見ることもしばしば。3回見る時さえある。何故これほど惹かれるのか、その理由はよくわからないが、ともかくエピソードを1つ。
 
 堀北真希が扮するヒロイン・安岡梅子は、町の小さなお医者さん「安岡医院」の院長。先週の放送は、まもなく近くに大きな総合病院が開業し、安岡医院は危機的状況に直面の恐れ。ここで梅子は、もう一度初心に帰ることが大事と考えて、自筆で院内に掲げたのが下記の誓い。
安岡医院「患者さんへのお約束」

続きを読む "#nhk #nhkbs1 「梅ちゃん先生」"

投稿者 もりた : 22:09 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#koshigaya 大袋小学校「葛西用水たんけん」の案内講師をしました

 約3ヶ月ぶりの更新になってしまいました。

 今日は越谷市立大袋小学校4年生の社会化校外学習「葛西用水たんけん」のお手伝いをしました。担任の先生から越谷市郷土研究会に、案内講師の派遣要請があり、講師の一人として案内を担当したというわけです。
 
 先生が細かく下見されて立てた綿密なコースとスケジュールに従って、瓦曽根から大澤まで葛西用水の沿道を約2時間かけて歩きました。途中7カ所で私たち郷土研究会の講師の説明を挟んでの行程でしたので、生徒さんはさぞ疲れたことでしょう。

続きを読む "#koshigaya 大袋小学校「葛西用水たんけん」の案内講師をしました"

投稿者 もりた : 16:32 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年07月05日

#koshigaya #越谷 7月7日(土)日光街道宿場町サミット in 越ヶ谷宿

 「第1回 日光街道宿場町サミット in 越ヶ谷宿」が、今週末7月7日(土)に、越谷市役所本庁舎および周辺で開催されます。
 
● 日光街道宿場町サミット(13時30分 ~ 16時00分 傍聴自由)
  場所: 越谷市役所本庁舎5階 委員会室
  13:00 開場
  13:30 講演
         宮川進氏(NPO法人 越谷市郷土研究会 会長)
        パネルディスカッション
         日光街道 各宿場町代表者による取組事例紹介
  16:00 閉会
 
● 基調講演会(18時00分 ~20時15分)
  場所: 越谷市中央市民会館 1階 劇場
  18:00 開場
  18:30 オープニングイベント
         越谷太鼓
         越谷木遣保存会
  19:00 基調講演
         徳川18代当主 徳川恒孝氏
         (公益財団法人徳川記念財団理事長)
         講演テーマ「将軍社参と道中旅」
        ※ 定員:200人(参加費無料)ですが、基調講演会の事前申し込み、および公開抽選は終了しました。
 
 
第1回 日光街道宿場町サミット in 越谷宿(表面)第1回 日光街道宿場町サミット in 越谷宿(裏面) 
 「第1回 日光街道宿場町サミット in 越谷宿」のポスター(表面)
 
 「第1回 日光街道宿場町サミット in 越谷宿」のポスター(裏面)

 
 
 七夕のこの日は、上記のほかにも、たくさんのイベントが目白押しです。
 
● 越谷元気フェスタ(14時00分 ~ 17時00分)
  場所: 葛西用水ウッドデッキ
  14:00~17:00 キャンドルオブジェ作製
  14:30~15:00 大声コンテスト(1部)
  16:00~16:30 大声コンテスト(2部)
  14:00~17:00 団体パフォーマンス
                フラダンス
                ダンス
                お笑い
                バンド
  15:00~17:00 チャリティーバザー
 
   (問合せ先: 社団法人越谷青年会議所 電話:966-0789)
 
● 各宿場町のPRパネルの展示(12時00分 ~ 18時00分)
  場所: 越谷市役所本庁舎 1階 ロビー
 
● 各宿場町の特産品販売(12時00分 ~ 18時00分)
  場所: 越谷市役所南側駐車場 (※荒天の場合、物産品販売の会場が市役所本庁舎1階ロビーに変更になる場合があります。)
 
  ※特産品販売で1ブース1,000円以上お買い物された方に、抽選で以下商品が当たる応募券を差し上げます。
  (1)日光市内のホテル ペア宿泊券
  (2)スカイツリーが一望できる浅草ビューホテルディナービュッフェ ペアチケット
 
● 一斉打ち水イベント(16時00分 ~)
  場所: 越谷産業会館前(旧・越谷市商工会)
 
● キャンドルナイト(19時00分 ~)
  場所: 越谷市中央市民会館前広場
越谷市打ち水大作戦
 
 越谷市打ち水大作戦

続きを読む "#koshigaya #越谷 7月7日(土)日光街道宿場町サミット in 越ヶ谷宿"

投稿者 もりた : 13:11 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年07月01日

#紫陽花革命 6・30船橋アクション(原発なくせ@千葉アクション)

 
 昨夜の総理官邸前での原発再稼動反対!抗議活動の興奮が醒めやらぬ、今日6月30日、JR船橋駅 駅頭で行なわれた「6・30船橋アクション 原発なくせ@千葉アクション 野田はNOだ」に参加してきました。
 
6・30船橋アクション1(原発なくせ@千葉アクション、野田はNOだ)

 
6・30船橋アクション2(原発なくせ@千葉アクション、野田はNOだ)

 
6・30船橋アクション3(原発なくせ@千葉アクション、野田はNOだ)

 
6・30船橋アクション4(原発なくせ@千葉アクション、野田はNOだ)

続きを読む "#紫陽花革命 6・30船橋アクション(原発なくせ@千葉アクション)"

投稿者 もりた : 01:04 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年06月30日

#紫陽花革命 大飯原発再稼動反対!総理官邸前抗議活動(2012年6月29日)

 「紫陽花革命の現場に自分も立ってみたい」ただそれだけの思いで、首相官邸前に向かいました。国会議事堂前は混雑が予想されるので、新橋駅で銀座線に乗り換えて、虎ノ門で下車して首相官邸を目指しました。午後6時半過ぎ、溜池交差点を通過し、内閣総理大臣官邸西側の通りを北上しましたが、思ったほど人の数が多くありません。
 
 さらに北上し右折して「国会裏」交差点まで来ると、通りの両側の歩道は人の波。
 
紫陽花革命1(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
 
 「総理大臣官邸前」交差点脇の歩道を、ゆっくりゆっくり前進し、左折。地下鉄「国会議事堂前」駅出入口の前を通過。
 
紫陽花革命2(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
 
 ここから最後(20時頃)まで、国会議事堂と国会記者会館の間の道路で、撮影を続けました。
 
紫陽花革命3(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
紫陽花革命4(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
紫陽花革命5(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
 
 終了予定時刻の20時過ぎに、参加者が帰路に就き始め、大きな人の海が、少しずつ少しずつ引いていきました。
 
紫陽花革命6(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

続きを読む "#紫陽花革命 大飯原発再稼動反対!総理官邸前抗議活動(2012年6月29日)"

投稿者 もりた : 04:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年06月27日

#sokotoko 虚偽有印公文書作成および同行使

 小沢一郎氏に対する政治資金規正法違反容疑に関する捜査の過程において、虚偽の捜査報告書の作成を疑われている元・東京地検特捜部検事(現・法務総合研究所検事)田代政弘氏と、同捜査報告書の作成の指示を疑われている元・東京地検特捜部長 佐久間達哉氏(現・法務総合研究所国連研修協力部部長)。両者に対して、それぞれ処分が下されたとのこと。田代氏は減給、佐久間氏は戒告ということだ。
 
 処分の軽重以前の問題として、田代検事の作成した捜査報告書が、(結果的に小沢氏を強制起訴するに至った)検察審査会における2度目の「起訴相当」議決に大きな影響を与えたことが、石川議員反訳書(石川議員が取り調べ状況を録音したテープを文字に起こしたもの)と田代検事による捜査報告書を比較することで、見て取れる。

続きを読む "#sokotoko 虚偽有印公文書作成および同行使"

投稿者 もりた : 20:23 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年06月20日

#sokotoko 捜査報告書への虚偽記載

 今朝の読売新聞の1面に「陸山会事件 検事停職へ 元特捜部長戒告も検討 虚偽報告書」という記事が掲載されている。民主党・元代表 小沢一郎氏に対する政治資金規正法違反容疑事件(検察審査会による2度の起訴相当議決で強制起訴)にからみ、虚偽の捜査報告書を作成した元東京地検特捜部検事 田代政弘氏を、停職の懲戒処分とする方向で、法務省が最終調整に入ったという内容である。
 
 また、田代元検事に虚偽の捜査報告書の作成を指示した元東京地検特捜部長 佐久間達哉氏も、監督責任を理由に戒告の懲戒処分とする方向で検討している、とある。
 
 
 いずれも、"最終調整"、"検討"という、あいまいな表現であるので、この記事がどういう目的で掲載されたのか、何故今なのか、私にはよく解らない。事実として、実際に処分が実行された後に記事にすればいいだけではないかと思ってしまう。(記事の対象である法務省や検察組織に対してではなく、この記事を今、報じた読売新聞に対する疑問である。)
 
 
 処分の理由は、すでに何回も報道されている通り、田代政弘元検事が作成した虚偽の記載を含んだ捜査報告書が、小沢氏に対する起訴相当議決を審査する検察審査会に提出されたことにより、2度の起訴相当議決、結果として強制起訴に至ることに影響があったというもの。
 
 捜査報告書に記載された虚偽の内容が実際の取調べ内容と大きく食い違い、検察の信用失墜につながったことが、処分の理由という。

続きを読む "#sokotoko 捜査報告書への虚偽記載"

投稿者 もりた : 08:53 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年04月30日

g2 vol.10とハピリーサンド #joqr

 いつものように、投稿頻度がまばらですが、前々から楽しみにしている明日5月1日発売のものが2つあります。「g2 vol.10」と、「ハピリーサンド」です。
 
 「g2 vol.10」は、3~4ヶ月に1回、講談社から出版されている本(講談社ムック)の最新版のようです。「二十歳の原発作業員」、「27歳社会学者が挑発する 戦争を知らない若者たち」など興味深いタイトルが並びますが、私が最も読みたいのは、今西憲之さん( @maido_osaka )の「検察審査会メンバーの告白」という記事です。(掲載記事一覧については講談社のWebサイト内にページがあります。)
 
 先日(4月26日)無罪判決が出た小沢氏の裁判でも、裁判長から強く批判された、検察から検察審査会へ送られた虚偽の内容が記載された田代検事による捜査報告書をはじめとする複数の書類。検察審査会での(起訴相当、不起訴相当などの)議決がどのように行なわれるのかということや、そもそもどのようにして検察審査員に選ばれるのかということが、少しでも理解できるのかな、と期待しています。

続きを読む "g2 vol.10とハピリーサンド #joqr"

投稿者 もりた : 13:09 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年03月27日

今まで高峰秀子さんをよく知りませんでした

 女優の高峰秀子さんをしのぶ会が、今日、行なわれました(行なわれたはずです)。出来れば時間を作って参列したいと考えていましたが、やはり無理でした。
 
 私が高峰秀子さん(昔の映画では、髙峰秀子と表記されることが多い)を意識したのは、一昨年の暮れに逝去を伝えるラジオやテレビの報を聞いた時です。年末(平成22年12月28日)だったということもあって、そのニュースが印象に残ったのかも知れません。
 
 私たちの世代(昭和31年生まれ)にとって、同じ「高峰さん」でも、高峰三枝子という女優さんは「湖畔の宿」という歌やフルムーンのコマーシャルなどによって、子供の頃から大人になるまでずっと馴染み深い存在でした。大人になってから、同じ女優として高峰秀子さんという人がいらっしゃることを知りました。しかし、秀子さんのほうはテレビなどで拝見する機会が非常に少なかったため、お顔もあまりハッキリと憶えていないのが正直なところでした。
 
 
 ですから、高峰秀子さんが出演した映画やドラマは、一つも観たことがありませんでした。ところが、昨年春からNHK-BSプレミアムで「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」というシリーズが始まりました。このシリーズのお陰で、私は高峰秀子さんの映画を初めて観ることができました。
 
 最初に観たのが「二十四の瞳」。私たちより上の世代なら知らない者は誰一人いない、それ程有名な作品です。もちろん私もタイトルくらいは知っていました。しかし、恥ずかしい話ですが、この作品を見るのはこの夜(平成23年4月5日)が初めてでした。その印象は、すがすがしく心温まるものでした。明るくて綺麗な大石先生(高峰秀子さん)のせいであることは、申し上げるまでもありません。
 
 
 私が観た高峰作品の2つ目は「浮雲」(平成23年5月4日放送)。これは「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」には選ばれていませんが、「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」シリーズ4本を含む5本の"高峰作品"が、昨年5月に放送されました。おそらく、NHKは東日本大震災が発生する前から、この計画を決めていたのではないかと想像します。
 
 とにかく、2本目に観た「浮雲」、これもまた林芙美子の小説のタイトルとして学校で習いましたが、小説はもとより、映画を観るのも初めてでした。この作品で高峰さんの役所は、「二十四の瞳」の大石先生とは打って変わって、役所に勤める女性職員。妻帯者である同僚との腐れ縁、いわゆる不倫関係にある男女の話です。
 
 はっきりしない男のせいで、役所をやめて、どんどん深みにはまっていく女の話なのですが、この女性に対する印象は不思議と悪くなりません。優柔不断な男に比べて、高峰秀子さん演じる女(ひと)の一本筋の通った生き方に、この作品を鑑賞した多くの人(男性も女性も)が共感を憶えるのではないか、そんな印象の作品でした。

続きを読む "今まで高峰秀子さんをよく知りませんでした"

投稿者 もりた : 20:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年12月31日

今年もあと2時間足らずとなりました。

 この1年間での、このブログへの投稿数を数えてみたところ、僅か22でした。このエントリーを入れて23です。この一年を振り返っての諸々のことを書きたいと思っていましたが、時間切れとなってしまいました。
 
 これから地元の香取神社の役員として、参拝者の対応(お祓いをしたり、みかんを配ったり)に出掛けます。今年が初めて、父の代理です。
 
 それでは、皆様、よいお年を。

投稿者 もりた : 22:26 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年07月15日

#埼玉 #越谷 下間久里の獅子舞

 今日7月15日は、私の住む大泊(おおどまり=埼玉県越谷市大泊)の隣村である下間久里(しもまくり=埼玉県越谷市下間久里)の年中行事である「下間久里の獅子舞」の日です。

大きな地図で見る
 
 今朝10時から、下間久里の香取神社で催された「下間久里の獅子舞」の神前の舞を、ビデオ撮影に行って来ました。昨年同様、多くのカメラマンでごった返し、伝統行事に対する関心の高さを認識しました。

 

 
 私たちが小学校(大里、下間久里、上間久里、大泊、平方の子供たちが通う桜井小学校)の頃は、7月15日は下間久里の子が羨ましかった。獅子舞のために下間久里の子は休みか早退だったのではないかと思います。私たちの大泊は、8月7日が盆踊りです。夏休み中のため、元々学校は休みで、あまりうれしくはなかったことを憶えています。
 
 私たち大泊の生徒が早退できるのは、12年に1回、大泊観音様のお開帳の年(の祭礼の時)だけです。10歳(小学校4年生)の時、午前中で早退し、祭りの衣装を着せられ鼻の頭に白粉を塗られた姿を、放課後、お祭りを見に来た同級生に見られて、恥ずかしさと誇らしさの入り混じった感覚だったことを憶えています。

続きを読む "#埼玉 #越谷 下間久里の獅子舞"

投稿者 もりた : 19:17 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年06月21日

#genpatsu この2日間、テレビのニュースはどうなってしまったのか?

 福島第1原発の現状が、逼迫した状況にあるようだ。確か18日(土)深夜か19日(日)未明のNHKラジオ第1のニュースだった。福島第1原発敷地内に溜めてある高濃度汚染水が、まもなく、あと1週間程度で限度を超えようとしている。このままでは、再び汚染水が海に漏れ出す危険性があるというものだった。
 
 一方でこの事態を回避するために、汚染水を浄化して再び冷却に用いる循環システム、いわゆる浄化システムを一刻も早く稼動させる様、急いでいるとも伝えていた。(同じニュースの時間に聞いたのか、その後別のニュースで知ったのか忘れた)
 
 
 私自身、昨年初頭の小沢氏に対する報道以来、テレビのニュースはほとんど見ないようになっている。そのため、テレビのニュースが福島原発の逼迫した状況を、どの程度伝えているか正確にはわからない。しかし、家族との食事の際に両親が見ているNHK総合テレビのニュースなどを見る限り、昨日から今日にかけて、このニュースには触れられていない気がする。
 
 水蒸気の異常な圧力を下げるために、2号炉の扉を開けたとか、浄化システムが間もなく稼動する、稼動したが5時間でダウンした・・・。少なくとも、今夜9時のNHK総合テレビと22時からのテレビ朝日の報道ステーションでは、トップは九州、四国地方での豪雨についてのニュースであった。

続きを読む "#genpatsu この2日間、テレビのニュースはどうなってしまったのか?"

投稿者 もりた : 00:10 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年06月13日

警視庁の日野さん #joqr

 「警視庁の日野さん」と聞いて誰のことか分る人は、かなりの文化放送フリークだ。かく言う私も、自覚はないが、その仲間かも知れない。
 
 「警視庁の日野さん」とは、かつて、文化放送の交通情報を担当していた日野祐紀子さんのことだ。
 
 決して早口ではない。しかし短い時間内(1~2分程度?)で豊富な情報を提供している。残念ながら現在では、「いる」ではなく「いた」と過去形にせざるを得ない。
 
 
 昔、文化放送の交通情報キャスター陣には、河野(美穂?)さん、沢田夕夏さん、日野祐紀子さんといった、そうそうたるメンバーが顔を揃えていた。(といっても、貫禄のある強面ではなく、うら若き女性、しかも何れ劣らぬ声美人ぞろいです)
 
 私見であるが、特に沢田さんと日野さんのナレーション(話し方)は、職人芸と言っても過言ではない、高度な技であった。上にも記した様に、決して早口ではなく、文章一つ一つは"ゆっくり"話している。それでいて終わってみれば、決められた時間内でタイムリー、かつ、ドライバーにとって有用な情報が網羅されている。

続きを読む "警視庁の日野さん #joqr"

投稿者 もりた : 18:32 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年05月25日

#genpatsu 5月23日参議院行政監視委員会「原発事故と行政監視システムの在り方に関する件)

 一昨日、参議院の行政監視委員会において、福島原発事故に関連し、原発事故と行政監視システムの在り方についての議論がなされた。この日は衆議院において東日本大震災復興委員会が開かれ、NHKのテレビ中継はそちらを放送した。新聞もこの件を、ほとんど報じなかったため、積極的に関心を持ち自らインターネットにアクセスする人以外は、ほとんど知らないと思われる。
 
 この日は参考人として下記の4氏が呼ばれ、意見を述べた。原子力関係2名、地震学1名。いずれも地上波テレビには滅多に呼ばれない先生ばかりなので、ソフトバンクの孫社長を除いては、一般の人は知らないのではないかと思う。せめて、この時間帯(午後1時から約3時間)だけでも、NHKラジオ第一で放送してくれれば、新聞テレビしか見ない人々にも、情報が伝わったのに、とても残念である。
 
 いずれにしても、4氏が意見を述べるだけでなく、その後の議員先生との質疑も含めて凝縮された密度の濃い議論がなされている。同じ日の衆議院において、海水注入中断をめぐる原子力安全委員長の発言や、与党議員による政府を「よいしょ」する質問のみに長い時間を割いていたのとは好対照であった。ぜひ、多くの人にビデオを見ていただきたい。なお、このビデオは、服部順治チャンネルから共有(埋め込みリンク)させていただいた。
 
参議院USTREAM中継 脱原発への道 1/2(2時間59分50秒)







Video streaming by Ustream

続きを読む "#genpatsu 5月23日参議院行政監視委員会「原発事故と行政監視システムの在り方に関する件)"

投稿者 もりた : 13:37 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年05月24日

#genpatsu 原発依存を脱するために発電・送電分離を!

 今朝の朝日新聞「声」欄に、千葉県船橋市の福田正文さんの「原発なくせば幸福になるのか」という投書が掲載されている。福田さんは"反原発論者"という言葉を用いて、"原発が無くなれば本当に国民の生活は幸福になるのだろうか。"と問うている。
 
 私は、自分自身を反原発論者であるとか、原発推進論者とか、考えたことは無い。今回、福島第一原発の事故が発生するまでは、原発の危険性や、だから原発に反対であるという様なことは、考えもしなかった。しかし、福島原発事故発生以来、日本の原発は徐々に縮小していくべきである、少なくとも新たな原発建設は行なうべきではないと考えている。
 
 
 福田さんは"原発を止めたら当然、計画停電や大幅な節電が必要だ。"と述べる。そうだろうと私も思う。"反原発論者は、自然エネルギーを活用すればという。だが、自然エネルギーはコストや安定性に問題があった。"その通りであった。しかし、かつては太陽光パネルで世界の先端を行っていた日本が、太陽光発電を国策としなかった間に、ドイツでは太陽光発電が普及しつつある。
 
 ドイツの総発電量に占める太陽光発電の割合は0.2%と少ないが、風力(4.4%)、バイオマス(2.3%)を含めた再生可能エネルギーが総発電量に占める割合は大きい(2005年時点。出所:日本エネルギー経済研究所)。

続きを読む "#genpatsu 原発依存を脱するために発電・送電分離を!"

投稿者 もりた : 21:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年05月04日

#koshigaya 何とたくさんの鯉のぼりが

 泳いでいることか!


 (越谷)市立病院の脇の道を大相模方面に進むと、やはり見えてきました。この橋(不動橋)にたくさんの鯉のぼりが上げられることは、ここを通る人は皆知っています。大震災から数週間後、ガソリン不足も落ち着いて来た頃、ここを通った時、今年もこの季節がやってきたことに安堵しました。

続きを読む "#koshigaya 何とたくさんの鯉のぼりが"

投稿者 もりた : 15:04 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年04月17日

#jishin 宮城県山元町女性消防隊の思い出

 宮城県亘理郡山元町、この地名で思い出すのが2年前の10月のことです。横浜市で催された第19回全国女性消防操法大会に、埼玉県代表としてわが越谷市女性消防隊「さくら」が出場しました。我々男性消防隊員も早朝から応援に駆けつけました。
 
  初出場で全国4位入賞、越谷市女性消防隊「さくら」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  ・先日の全国大会における越谷市女性消防隊の活躍を再び(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 競技が終わり、わがチームが47都道府県中4位に相当する優秀賞を受賞することが確定しました。あらためて選手・応援団ともども喜びに浸り、記念撮影をしていた時、隣にいらっしゃったのが宮城県代表の山元町女性消防隊のみなさんでした。

 この時、山元町女性消防隊の方々は、優良賞だったのですね。今、知りました。
 
  第19回全国女性消防操法大会成績順位表(財団法人 日本消防協会ホームページ)


 に山元の印の入った刺子(半纏)を着ていたのが、山元町応援団の男性消防団員さんたちでした。午前中に会場入りした時から、「山元」という文字がずいぶん目立つなと思っていました。宮城県代表であることを知り、その時から私の中に、宮城県山元町という町名が印象に残っています。

続きを読む "#jishin 宮城県山元町女性消防隊の思い出"

投稿者 もりた : 19:10 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年04月11日

多賀城の思い出(3)

 前々回と前回のエントリーの続き。3年前、プロ野球観戦を目的に仙台を旅した際、多賀城跡を見た思い出を綴っている。
 
  多賀城の思い出
 
  ・多賀城の思い出(2)

 
 
 さて、いよいよ多賀城跡(政庁跡)に近づく。



 政庁への階段を、ゆっくり登る

続きを読む "多賀城の思い出(3)"

投稿者 もりた : 21:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

多賀城の思い出(2)

 前のエントリー(多賀城の思い出)の続き。3年前に多賀城跡を訪れた時の思い出の写真。
 
  多賀城の思い出(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 


 JR国府多賀城駅から歩くこと10分足らずで、小高い丘の上り口が見えてきた。

 上ってみると、木々の間から四方が見渡せる。


 やや下った先に、屋根のある小屋と石碑が見えるので降りてみる。

 ← この中に「多賀城碑」が納められている。

 ← 「多賀城碑」の碑文、および解説

続きを読む "多賀城の思い出(2)"

投稿者 もりた : 21:18 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

多賀城の思い出

 3年前(2008=平成20年)の5月、私はJR東北本線の国府多賀城のホームに降り立った。連休を利用してプロ野球・楽天の試合を観戦するため、1泊2日で仙台を訪れていた。前の晩のナイター(東北楽天 v.s. 福岡ソフトバンク)だけではもったいないので、翌日のデーゲームも見て帰ることにした。
 
  今日から仙台遠征!?(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 試合開始までの午前中の時間が空いてしまったので、ホテルのパンフレットを見て、多賀城に行ってみることにした。元々、奈良に興味のあった私ですから、思いがけず仙台から20分程度の距離に「多賀城」があることを知って、選択に迷いは無かった。
 
 
 中学校の歴史でご存知のように、奈良時代以降、西の大宰府と並んで、東の多賀城は大和政権にとって、外敵から自国を守る重要(最重要)な拠点であった。


 仙台市内からJR東北線を使って移動すること20分あまりで、国府多賀城駅に着いた。橋上駅舎から眺める緑の田園風景を目にした時、やはり奈良(明日香)と共通するものを感じた。千数百年経った現在においても、当時の首都と国府の関係が続いていることを実感した瞬間であった。


 案内板で方角を確認し、さっそく多賀城に向かって歩くことにした。

 本当にどこにでもある素朴な農村風景と、普通の住宅街である。こんなところに、日本の歴史上、最重要なスポットである多賀城があるのだろうか?

続きを読む "多賀城の思い出"

投稿者 もりた : 21:17 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年04月09日

「春」

 今週、関東地方は良い天気が続き気温も上昇し、「春」を通り越して「初夏」の陽気でした。、5日(火)の日は、久しぶりに東京に出かける用事があり、せんげん堀(新方川)沿いを駅に向かうと、すっかり春に様変わりしていました。
 
 桜はもちろん、道ばたや土手に色々な花々が競って咲いていました。
せんげん堀(新方川)沿いの桜並木せんげん堀(新方川)沿いの桜
せんげん堀(新方川)沿道に咲く白い小花せんげん堀(新方川)沿道の道ばたに咲く青い花

続きを読む "「春」"

投稿者 もりた : 13:34 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年04月04日

#ganbarojp #jishin #genpatsu 原発事故について(田原総一朗×孫正義 緊急対談)

 福島第一原発での事故について、原発(原子炉)の設計に携わった経験のある後藤氏と田中氏を交えて、孫正義氏と田原総一郎氏の対談がありました。ぜひ多くの方にご覧になっていただきたいと思います。
 
 そしてこれを見た人が、テレビや新聞しか情報源の無いご家族に、話していただきたいと思います。原発周辺、特に20キロ圏内で未だ避難できない人々、20キロから30キロ圏内で室内待機している人々の命を、原発から200キロ以上離れた私たちは見殺しにしていいのでしょうか。

 
 前のエントリーでも申したことですが、私たちは「覚悟を決めて、真実を聞く(知る)勇気を持つこと」が必要ではないかと思います。私自身、今回の事態が発生するまで、原発および原子力について、知識も興味・関心も持っていませんでした。むしろ原発は安全だと(何の根拠も無く)思っていました。
 
 Twitterなどでは、事故対応にあたっている東電や政府に対して批判的な書込みが散見されます。しかし、今回このような事故が引き起こされた大きな要因の一つとして、私を含め多くの人が原発に無関心であったことが重要な位置を占めているのではないかと思います。
 
  
 「難しいことは自分にはわからないから、結論だけ教えてくれればいい」と言いながら、何か問題があると政府や東電の対応のせいにする、それではダメだと思います。

続きを読む "#ganbarojp #jishin #genpatsu 原発事故について(田原総一朗×孫正義 緊急対談)"

投稿者 もりた : 00:07 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年03月21日

非被災地に住む私がなすべきこと

 あの大地震から10日が経ちました。私自身、死を意識する程(今までで2度目)の数分間でした。
 
  災害時に有用なインターネット(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 不幸中の幸いと申しては被災地の皆さんには申し訳ないと思いますが、私の住む埼玉県には被害はほとんどありませんでした。社会全体が復興期に移ろうとする雰囲気がある一方で、未だにご家族と連絡が取れていない方が大勢いらっしゃると聞きます。
 
 昨日の80歳と16歳のお二人のニュースなどを見聞きするにつけ、生存していながら私たちが未だに助け出して(見つけ出して)差し上げられずにいる人が少なくない様に思います。倒壊した家屋や瓦礫の下で救出を待っている人に対して申し訳ないという思いと同時に、自分自身が不甲斐ないという気持ちです。「一刻も早く助け出してください」と、(捜索は既に打ち切られたとお聞きしましたが)警察や消防、自衛隊の方にお願いするほかありません。
 
 
 大地震による建物の倒壊や津波によって命を奪われた人に対して、ご冥福をお祈りいたします。
 
 
 遺体となって仙台市若林区や南三陸町、女川町の海に投げ出されたまま何日間も、私たちがお名前や住所さえも確認して差し上げられずに、今日までそのままにしまっている何百、何千人の方々。本当に済みません。

続きを読む "非被災地に住む私がなすべきこと"

投稿者 もりた : 22:49 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年03月12日

こんな日に「初午」

 大地震のあった翌日、余震といえども普段なら大騒ぎする揺れが断続的に続く「こんな日」でも、洗濯物は取り込まなければなりません。家事といっても、いつも自分の洗濯しか気にしない私が言っても何ですが、食事・洗濯・掃除、家事は本当に大変です。
 
 M8.8という100何年ぶりの大地震の翌日でも、震源地から少し離れた埼玉県の我が家周辺の世帯では、日々の営みを続けていくことが非常に大切です。お墓が倒れました。屋根の瓦が落ちた家も、たくさんある様です。
 
 
 そんな今日、「初午はつうま)」の行事が12時からあり、出席してきました。「初午」は農家にとって、一年の仕事始めに当たる大切な行事です。例年ならば、2月最初の午の日、私どものような勤め人の多い土地柄の場合、2月11日(建国記念日で祝日)に行なうことになっているのですが、今年2月に本家にご不幸があり、1ヶ月延期して3月12日と決めてあったのです。
 
 まさか、その前日に未曾有の大災害に見舞われるとは想像もしていませんでしたが、昨夜から続く余震も本震を超えるものはなく、予定通り行なわれました。
 
 
 本家の門前にある稲荷様の社に12時前に集合し祈願の後、席を移して直会(なおらい)の儀を執り行いました。我が家は私が父の代理で出席しましたが、(代理が)昨年に続き2年連続のため少し慣れてきたためか、打ち解けて和やかな時間を過ごすことが出来ました。

続きを読む "こんな日に「初午」"

投稿者 もりた : 17:29 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年02月09日

再掲:結婚しようよ (よしだたくろうとの出会い)

 約3ヶ月ぶりの更新となってしった。前回、北中(越谷市立北中学校)の同窓会の直前(前日)にエントリーして以来だ。翌日、参加者のひとり(馬子さん)から「森田君のブログを読んで感動している」というメールをもらい、「同窓会当日の様子もブログに書いてね」と頼まれたにも関わらず、ずっと気になったまま、今日まで来てしまった。
 
 今日、久々に私にとって、毎朝、重い綿布団を跳ね退けて起き上がるほど決断の要るペンを執ったのは、昨夜と今夜、文化放送の「音楽地球号」を聴いている時に流れた、中高生からのリクエストがキッカケである。昨夜は小椋佳の「俺たちの旅」、今夜はレミオロメンの「粉雪」。彼ら現役中高生にとって生まれる遥か昔の時代の選曲もさることながら、添えられたメッセージにインスパイアされてのことだ。曰く"これから離れ離れになる、クラスのみんなに贈る"
 
 私たちが中学生だった頃、クラスの仲間や同級生たちと、こんなに強い連帯感があっただろうか?!
 
 そういえば40年ほど前の寒いこの季節、私は何を考えどんな毎日を送っていたのだっけ?というところに思い至ったのが、3ヶ月もの永いブランクを経て、このエントリーを起こそうという気になった理由だ。奥さんも子供もいない私にとって、学校を中心とした季節感を感じることは日々ほとんど無い。しかし、じっと頭を静めて思い出すのは、馬子さんも言っていたが、あの頃たくろう(吉田拓郎)を聴き始め、以来ずっとたくろうファンであり続け、今に至っているということだ。
 
 
 とは言え、久々に永いエントリーを書くことは未だ困難だ。そこで、このテーマに関連して、3年前に書いた結婚しようよ (よしだたくろうとの出会い)というエントリーがあるので、ここに再掲することにする。
 
 
2008年01月25日
 
結婚しようよ (よしだたくろうとの出会い)
 今からちょうど36年前、昭和47(1972)年の今頃、ある歌声が町に流れていた。「僕の髪が~肩まで伸びて~」で始まる「結婚しようよ」という曲である。当時私は中学三年生で、高校受験を目前に控えていた。

 この歌を初めて耳にした時、「例の3人組が興奮してしゃべっていたのは、この人のことに違いない」と直感した。“例の3人組”とは、クラスの中でちょっと変わった言動、といっても他人に迷惑をかけるわけではない、をしていた3人のことである(以前の記事「朝の歌(フォークとの出会い)」を参照のこと)。今に至るまで私に最も大きな影響を与えた人物・吉田拓郎との、これが最初の出会いである。

 

 3学期に入りクラスの中は、なんとなく落ち着かない雰囲気であった。2学期まであんなに一所懸命だったクラブ活動(注:部活のこと)やクラスの班活動(主に討論)は、どこかに置き忘れたかのようだった。その後、2月中旬に私立、3月1日に公立(県立)の入試本番を迎えた。

 公立の合格発表(3月8日頃)を境に、再びクラスの雰囲気は一変した。長く苦しかった、がんじがらめの生活から解放され、みんなの表情が一気に明るくなった。卒業式(3月15日)までの最後の一週間は、毎日が日曜日のような学校生活だった(もちろん皆登校はしているが)。

 

 卒業式の数日前、学校の体育館で謝恩会が催された。卒業してゆく三年生から、先生や在校生への感謝の気持ちを表すために、クラス毎に出し物を披露するのである。全部で8クラス、私たち三年七組は、前月に発生した前代未聞の大事件、浅間山荘事件をモデルにした寸劇を発表することになった。タイトルは「浅山荘事件」、担任のA見先生から採って名付けられた。

 たしか私も出演したと思うが、緊張してガチガチだったこと以外、何も憶えていない。それよりも、筋書きがめちゃくちゃだったことが印象深い。事件のあらすじ通り進行するのかと思っていると、突然月光仮面が現れたりした。いったい誰がシナリオを書いたのだろう?バックは、当時の歌謡曲のオンパレードだった。結婚式の場面で流れたのが、たくろうのこの歌だった。

続きを読む "再掲:結婚しようよ (よしだたくろうとの出会い)"

投稿者 もりた : 23:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年11月19日

いよいよあと19時間後に

 みんなに会える。
 
 しばらく更新が無かったのに、突然何を言ってるのかと自分でも思うのだが、2年3ヶ月ぶりの中学校(埼玉県越谷市立北中学校)の同窓会が、いよいよ明日(既に日付が変わって今日)に迫ってきた。
 
  34年ぶりの再会(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・昨日の同窓会は楽しかった(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 「永世」幹事の渡辺氏からのハガキに、「参加」に丸をして、通信欄に「みんなで歌を唄おう」と珍しく提案をした私。OnGenのサイトからカラオケ音源をダウンロードしCDを作成。当日の会場で再生できることも既に確認した。
 
 次の3曲に母校の校歌を加えた4曲、歌詞カードも人数分、作り終えた。
 
  「今日の日はさようなら」
  「戦争を知らない子供たち」
  「あの素晴しい愛をもう一度」
 
 言い出したもの勝ちを決め込んで、勝手に選曲、私たちの世代を代表する曲だ。

続きを読む "いよいよあと19時間後に"

投稿者 もりた : 23:41 | 日記 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年10月28日

下間久里の獅子舞@ふれあい寄席(その2)

 2010(平成22)年10月16日(土)に開催された「ふれあい寄席」で披露された「下間久里の獅子舞」、「夜の部」の模様を掲載します。様々な舞いが演じられた貴重なイベントでした。
 
下間久里の獅子舞⑦ 獅子舞の解説
 昼の部に続き、下間久里獅子舞連中 藤田さんによる解説。夜の部の解説では、村の家から家に行く道中(村回り)で行なわれる舞いや、「辻切り」などについて解説。

 
 
下間久里の獅子舞⑧ かたおろし 、地固めの舞
 村の家々を回る(村回りの)道中は「かたおろし」の曲で歩く。家に着くと「地固め」の舞を行なう。

続きを読む "下間久里の獅子舞@ふれあい寄席(その2)"

投稿者 もりた : 23:29 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

下間久里の獅子舞@ふれあい寄席(その1)

 既に約2週間前のことですが、2010(平成22)年10月16日(土)に開催された「ふれあい寄席」(越谷市商工会・主催 商工会法施行50周年・越谷市商工会創立55周年記念 平成22年度会員大会)において、郷土の芸能として「下間久里の獅子舞」が披露されました。
 
 「下間久里の獅子舞」は埼玉県の無形民俗文化財(芸能)に指定されている越谷市下間久里(しもまくり)の伝統芸能です。毎年7月15日に越谷市内下間久里において、獅子舞の行事が行なわれますが、今回の「ふれあい寄席」のステージは、各種の"舞い"が一度に見られる貴重な体験でした。
 
 
 「昼の部」と「夜の部」に分けて、それぞれ30分位ずつ演じられました。ビデオを撮影しましたので、以下に掲載します。先ずは「昼の部」から(「昼の部」、「夜の部」という区分けは「下間久里の獅子舞」行事ではなく、今回の「ふれあい寄席」の公演時間の区分けです)。
 
下間久里の獅子舞① 獅子舞の解説
 下間久里獅子舞連中 藤田さんによる解説

 
 
下間久里の獅子舞② お練り、練り込み
 「下間久里の獅子舞」は、毎年7月15日に行なわれる。獅子舞は先ず、地元の祭神である下間久里の香取神社の境内から始まる。鳥居の前に行列を作り、「海道下り」という曲(笛)で、獅子が神前に歩み寄る(お練り)。

続きを読む "下間久里の獅子舞@ふれあい寄席(その1)"

投稿者 もりた : 19:38 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年10月24日

今年もNHKアジア・フィルム・フェスティバルを見に行きました

 例年は6作品くらいあって、全作品を見るためには、最低でも2日間通わないとなりませんが、今年は新作4作品のみでした。今日1日で全部見る予定でしたが、2作品目を見終わったところで帰宅しました。
 
 今日最初の作品は「アイス・カチャンは恋の味」(マレーシア映画)でした。マレーシアに住む中国系社会が舞台の作品ですが、出演者は逆にマレーシア出身で台湾で活躍するミュージシャンたちでした。台詞は中国語でしたので、部分的ですが聞き取ることが出来ました(実はこの春から文教大学で中国語の初級会話を習い始めました)。ちなみに、作品名「アイス・カチャンは恋の味」の中国語表記は「初恋 紅豆氷」、英語では ice kacang pupy love です。
 
 監督さん自身、マレーシアや台湾で有名なシンガー・ソング・ライターの阿牛(アニュウ)さんだそうです。実は小さい時から映画を作りたいという夢を思っていて、これが初監督作品だそうです。この作品で印象に残ったのは、なんといってもヒロインである強い女を演じたアンジェリカ・リー(李心潔)さんです。どことなく、龍馬伝でお龍を演じている真木よう子さんに似ていると感じました(あくまでイメージが)。李心潔さんは、阿牛監督にとっての憧れの存在だったことも、この映画を作るもう1つの動機だったようです。
 

 
 
  初恋紅豆氷(迷のためいき)
 
 この方のブログに映画の感想が詳しく書かれています。わざわざ映画を見に台湾までいってしまうなんて、スゴイです。
 
 
 今日二つ目に見たのは、インドの首都・デリーを舞台にした「デリー6」という作品です。ニューヨークで育った主人公が、祖母とともに故郷(デリー)に戻り、インド社会の生活や慣習と一つ一つ向き合う中で、徐々にインドが好きになっていくのですが、イスラム教とヒンズー教という異なる教徒が同居する地域社会の中で起こる衝突に巻き込まれていってしまいます。
 
 一つ特筆すべきは、伝統や慣習といった現実的な話の中に、街を跋扈するカーラー・バンダル(黒い猿)という怪物が現れたという、やや空想の様な話を混ぜてしまったという点です。実は、これがこの映画の主要テーマであるということが最後になって分るのですが、これ以上はご覧になって頂く方がよいと思います。現在の日本にもあてはまる教訓が含まれている作品であると、私は受け止めました。

続きを読む "今年もNHKアジア・フィルム・フェスティバルを見に行きました"

投稿者 もりた : 23:56 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年10月05日

同級生(2)

 一昨年、三ノ輪(東京都荒川区南千住)のパソコン教室を閉じて以来、営業の範囲を自宅(埼玉県越谷市大泊)周辺を中心としたおよそ10キロ圏内に移すとともに、事業分野もパソコン出張サポートに絞って活動してきました。少なくとも方針は、その様に決定したのですが、新たなお客様獲得のための具体的な行動、いわゆるマーケティングを怠っていたため、売り上げ増につながっていませんでした。
 
 そこで、遅ればせながらチラシを作成し、近隣の一戸一戸にポスティングを始めました。一昨日は、越谷市平方横手前、せんげん様(浅間神社)の周辺を回りました。一軒一軒、地図で確認していると、M君の家を地図中に発見しました。「M君の家は、ここだったんだ!」 M君は小学校、中学校を通じての同級生です。にも関わらず、小学生の頃以来、同級生の家の場所を、50歳を過ぎて初めて知ったのです。
 
 
 実はM君は、昨年亡くなっています。
 
 私がM君の死を知ったのは、半年以上経ってからでした。今年の1月、浦和駅西口で私が拉致被害者・特定失踪者救出の署名活動をしている時、S根(旧姓:S鳥)さんと偶然会ったのです。その際、S根さんから「M君が昨年亡くなったのよ」と告げられました。「S谷さん、○○さんと3人で、ご自宅に線香を上げに行ったの」と話していました。考えてもいないことで、少なからずショックでした。何よりも半年以上も知らなかった自分が、情けなく思えて仕方がありませんでした。
 
 
 その時からさらに9ヶ月以上経って、その間ずっと気になっていたのですが、一昨日、M君の家のそばを通りかかったのも何かの縁、何かのついでというのは大変失礼とは思いましたが、思い切って家を訪ねることにしました。初めにお母様に応対していただきました。玄関口で私が「小中学校の同級生である」旨を告げると、線香を上げる様におっしゃってくださって、部屋に上がって線香を上げさせていただきました。
 
 「何か病気を患っていたのですか」と私が訪ねると、「突然、逝ってしまったのよ」と残念そうに話された後、壁に飾ってある元気な時の写真を指差して教えてくれました。帰り際、お父様も昼食を中断されお声をかけてくださったので、私の自宅は大泊で、父の名前と桜井小通り(念仏橋通り)から一本奥に入った家であることを説明すると、すぐ分かっていただきました。
 
 ご両親とも、私の両親とほとんど同じ年代と見受けられ、静かで穏やかなご様子もウチとの共通点だなと勝手な想像をしながら、お宅を辞しました。訪問した時刻はちょうど12時過ぎで、お二人で食事中のところを突然おじゃましてしまって、申し訳ないことをしたと後で気付きましたが、仏前への焼香を許していただいたお母様の優しさに触れ、逆に穏やかなひと時をいただいてしまった気がします。

続きを読む "同級生(2)"

投稿者 もりた : 00:28 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月14日

#live_dpj #rachi 北朝鮮による拉致問題に関する菅・小沢両氏の回答

 北朝鮮による拉致問題に関する菅・小沢両氏の回答が、有田芳生氏のブログに掲載されました。
 
  小沢一郎前幹事長からの回答(有田芳生の『酔醒漫録』)
  ・菅直人首相からの回答(有田芳生の『酔醒漫録』)

 
 
 これは、民主党代表選に際して、先の参院選において初当選した有田芳生・大野元裕・徳永エリの3議員が共同で提出した公開質問状に対する回答です。
 
  菅直人首相、小沢一郎前幹事長への公開質問状【全文】(有田芳生の『酔醒漫録』)
 
 
 有田氏のブログには、有田氏が質問した「北朝鮮による拉致問題解決について」に対する回答しか掲載されていませんが、参考になると思います。

続きを読む "#live_dpj #rachi 北朝鮮による拉致問題に関する菅・小沢両氏の回答"

投稿者 もりた : 14:07 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月11日

#iwakamiyasumi 小沢一郎氏、築地市場に登場

 東京・築地市場に小沢一郎氏が訪れた時の模様を、岩上安身氏( @iwakamiyasumi )のチームが撮影したビデオです。
 

 
 
 途中から音声が抜けているのは、ものすごい混雑でもみくちゃにされ、FOMAカードが抜けたためだそうです。

続きを読む "#iwakamiyasumi 小沢一郎氏、築地市場に登場"

投稿者 もりた : 15:05 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#muraki 村木厚子氏無罪判決について、田原総一朗氏と郷原信郎氏の対談

 障害者団体に対する郵便割引制度悪用に関与したとして起訴されていた厚生労働省元・局長 村木厚子氏に対して、1審(大阪地裁)で無罪判決が出たのを受けて、昨夜10時から田原総一朗氏( @namatahara )と郷原信郎氏( @nobuogohara )の対談が行なわれた様です。
 
田原総一朗×郷原信郎「村木裁判判決! 特捜部の『正義』を問う」(※ 先頭から約2分30秒後に対談が始まります)

続きを読む "#muraki 村木厚子氏無罪判決について、田原総一朗氏と郷原信郎氏の対談"

投稿者 もりた : 02:55 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#livedpj 民主党代表選討論会(「政策論議による代表選を実現する会」主催)

 昨日(9月10日)催された「政策論議による代表選を実現する会」主催の民主党代表選挙討論会のビデオを掲載します。私も未だ見ていませんので、後で見てみたいと思います。
 

 

 
 時間的(街頭演説は15分ずつ計30分、この討論会は1時間48分)にも内容的にも政策中心の討論が実現されているにも関わらず、視聴者数が街頭演説(新宿 約20,000、大阪 約17,000、札幌 約13,000)に比べて一桁少ない(約2,700)状況です。こういう議論こそ見るべきと思いますが、TVの視聴者に比べて積極的に政治に関心を持つ人の割合が多いと思われているネットでも似た様な状況であることが残念です。

続きを読む "#livedpj 民主党代表選討論会(「政策論議による代表選を実現する会」主催)"

投稿者 もりた : 01:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月09日

久々に訪問した母校で出会った2つの予想外の出来事

 つい2時間ほど前、母校である越谷市立北中学校を訪問しました。11月に開かれる北中第12期卒業生の同窓会に関連して、ちょっとした用事があり、音楽の先生にお会いするためです。自宅から自転車で10分もかからない、いつも車で何度も通り過ぎる距離にもかかわらず、北中の敷地内に入ったのは何年ぶりなのか、卒業以来、何度目の訪問かも忘れてしまいました。
 
 先生が戻ってくるまでの間、職員室の廊下に掲示されている表彰状やトロフィー、音楽コンクール受賞時の記念写真などを眺めていました。その中に第57回全日本吹奏楽コンクールで銀賞受賞という賞状がありました(第57回全日本吹奏楽コンクール中学の部)。いつの間に、母校は音楽でよい成績を収める学校になっていたのか。これが予想外の出来事の1つ目です。
 
 私たちの頃は、運動部の活動がとても盛んで、各部よい成績を収めていました。私自身、運動部(バドミントン部)に所属していたため、文化部のことはよく知らず、対外的に音楽はどうだったか、あまり記憶していません(今、卒業アルバムを見ると、コーラス部とブラスバンド部に分かれて活動していた様です)。
 
 
 昨年の出場および銀賞受賞も、おそらく音楽の先生の指導によるところが少なくないことは想像に難くありません。今日も私の訪問のため、吹奏楽コンクールに向けた指導を早めに切り上げて、職員室に戻られたのかも知れません。お忙しいところを申し訳ないことをしました。
 
 昨年(第57回)の賞状の下に、今年も予選を通過し第58回全日本吹奏楽コンクール出場決定という掲示が貼ってありました。(中学校前半の部。10月30日午前9時開演)行ってみようと思います。
 
  第58回全日本吹奏楽コンクール中学の部(社団法人 全日本吹奏楽連盟)

続きを読む "久々に訪問した母校で出会った2つの予想外の出来事"

投稿者 もりた : 20:38 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#iwakamiyasumi 鈴木宗男議員へのインタビュー(岩上安身チャンネル)

 先ほど生中継されたフリー・ジャーナリスト岩上安身氏( @iwakamiyasumi )による鈴木宗男議員へのインタビューのビデオです。
 

続きを読む "#iwakamiyasumi 鈴木宗男議員へのインタビュー(岩上安身チャンネル)"

投稿者 もりた : 17:26 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#livedpj 民主党代表選 立会演説会(北海道札幌)の中で、小沢一郎氏が言及した昨年の政権交代以降の政権運営におけるキーポイントとは

 北海道で行なわれた民主党代表選を聴いた( #livedpj )。今日は小沢一郎氏が先に、演説の行なわれる街宣車上に登場した。小沢コールに手を振って答える小沢氏の表情が、いつも以上に明るかったのが印象的だ。
 
 小沢氏の笑顔は、実際に、あるいはテレビやインターネットを通して見た人は誰しも、予想外に人懐っこいと感じるに違いない。今日は、いつもと違った、初めて見る笑顔だった。「オザワ、オザワ」を連呼する目の前の一人一人に対して、心の底から感謝しているという印象を持った。
 
 

続きを読む "#livedpj 民主党代表選 立会演説会(北海道札幌)の中で、小沢一郎氏が言及した昨年の政権交代以降の政権運営におけるキーポイントとは"

投稿者 もりた : 17:17 | 日記 | コメント (4) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月08日

鈴木宗男議員の実刑確定と佐藤優氏のブログ

 外出中に携帯電話のTwitterで、鈴木宗男議員の実刑確定を知った。午後3時過ぎである。ニュースのタイトルは何故か、「鈴木宗男議員の実刑確定」ではなく「鈴木宗男議員、収監へ」となっていた。
 
 今日はJCBホール(東京・水道橋)で催されたマイクロソフトのコンファレンスに参加していたが、上記のニュースに接してからずっと、なんとなく憂鬱であった。鈴木宗男氏の起訴容疑や、裁判の経過は知らない。下級審で有罪になり、未だ終審での結審に至っていなかったハズ程度のことしか知らない。
 
 
 実は昨年4月に刊行された鈴木宗男議員の「汚名 国家に人生を奪われた男の告白」(講談社)を、発売後間もなく購入した。しかし、購入したままだ。急いで読んでみたい。

続きを読む "鈴木宗男議員の実刑確定と佐藤優氏のブログ"

投稿者 もりた : 22:31 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#tsuneoka ジャーナリスト常岡浩介さん解放・帰国のニュースがTVから消えている

 アフガニスタンで誘拐、監禁されていたジャーナリスト常岡浩介さん( @shamilsh )が解放され、一昨日(9月6日)の夜帰国した。当然、NHKニュースで報じられるかと思ったが、その気配はない。もちろん、今年の初め頃からテレビのニュースは、ほとんど見なくなってしまったので、私が気付かないだけかも知れない。
 
 朝日新聞では、2日間続けて常岡さんの記事を掲載しているし、ネット上の各新聞サイトにも掲載されている。しかし、私の両親は、知らない様である。新聞は取っているが、ほとんど読まないし、ましてや両親が手軽に見れる場所にWeb環境は設置していない。早く、ネットTVなりiPadなりを使って、80歳目前の両親でもネット界隈に出没する政界雀たちの"さえずり"を聞かせてあげたい。
 
 
 横道にそれたが、常岡さんの事件を私の両親が知らない雰囲気から推察すると、やはり地上波TVでは、あまり報道されていないと思われる(この頃は、地上波TVは龍馬伝以外、本当に見なくなってしまったので、あくまで想像)。仮にそうだとすると、その要因の1つは、次のことによるのではないかと思う。昨日(9月7日)放送された「ニュースの深層」(朝日ニュースター)の番組中、ジャーナリストの上杉隆さん( @uesugitakashi )が教えてくれた(番組前半約25分間、常岡浩介さん出演)。

続きを読む "#tsuneoka ジャーナリスト常岡浩介さん解放・帰国のニュースがTVから消えている"

投稿者 もりた : 02:35 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月07日

#tsuneoka (一部修正)常岡浩介さんがタリバンに誘拐されたと報じた新聞社サイトの検証(3)

 約5ヶ月ぶりに解放され、昨夜帰国したフリー・ジャーナリスト常岡浩介さん( @shamilsh )の情報については、空港での会見、外国特派員協会(FCCJ)での記者会見、「ニュースの深層」(朝日ニュースター)での上杉隆さんによるインタビューなどによって、オープンにされていますが、昨日書きかけていた「常岡浩介さんがタリバンに誘拐されたと報じた新聞社サイトの検証」が最後まで終わっていませんので、重い腰を上げて、続きを書きたいと思います。
 
(これまでのエントリー)
  ・#tsuneoka 常岡浩介さん誘拐犯をタリバンと報じた新聞社サイトについての検証(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・#tsuneoka 常岡浩介さんがタリバンに誘拐されたと報じた新聞社サイトの検証(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 前2つのエントリーと同様に、先ずは、検証の対象として利用したMSN産経ニュースと、常岡さんのツイート、江川紹子さん作成のtogetterを再掲します。
 
  常岡浩介: いくつかのメディアで、「タリバンが誘拐」と、出ている ...
 
  ・Togetter - 「解放された常岡さんが犯人像を語る」

 
 
産経新聞の記事(MSN産経ニュースより)
 
記事1
 配信日時: 2010年6月17日 12時40分
 タイトル: 常岡さんはタリバンが監禁、身代金を要求 アフガン当局
 特筆すべき個所(私観):
   反政府武装勢力タリバンがアフガン政府に対し、身代金を要求していることが17日、アフガン治安当局者の話で分かった
 
 
記事2
 配信日時: 2010年9月4日 0時44分
 タイトル: 常岡さんサイトに書き込み 「まだ生きている」
 特筆すべき個所(私観):
   反政府武装勢力タリバンに監禁されているとみられるジャーナリスト常岡浩介さん
 
 
記事3
 配信日時: 2010年9月5日 21時02分
 タイトル: タリバンが常岡さんの拉致認める 地元司令官
 特筆すべき個所(私観):
   反政府武装勢力タリバン地元司令官は5日、首都カブールの日本大使館で保護されたフリージャーナリスト常岡浩介さん(41)をタリバンが拉致したと認めた。アフガン・イスラム通信が伝えた。
 
 
記事4
 配信日時: 2010年9月6日 7時19分
 タイトル: 解放の常岡さん、きょう帰国 ツイッターに「犯人タリバンじゃない」
 特筆すべき個所(私観):
   アフガニスタンで反政府武装勢力に拉致、監禁され、4日解放されたフリージャーナリストの常岡浩介さん(41)は
 
 
記事5
 配信日時: 2010年9月6日 7時59分
 タイトル: タリバン誘拐 常岡さん解放 5カ月ぶり 健康、「感謝したい」
 特筆すべき個所(私観):
   【ニューデリー=田北真樹子】アフガニスタンで取材中にイスラム原理主義勢力タリバンに誘拐されていたフリージャーナリスト、常岡浩介さん(41)が約5カ月ぶりに解放され、カブールの日本大使館に保護された。5日、日本政府関係者などが明らかにした。4日夜(日本時間5日未明)に保護された。

続きを読む "#tsuneoka (一部修正)常岡浩介さんがタリバンに誘拐されたと報じた新聞社サイトの検証(3)"

投稿者 もりた : 23:05 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#tsuneoka #shinso 常岡浩介さん外国特派員協会記者会見

 アフガニスタン取材中に拉致され、5ヶ月ぶりに解放、昨夜帰国したフリー・ジャーナリストの常岡浩介さん( @shamilsh )の記者会見が、先ほど外国特派員協会(FCCJ)で行なわれたようです( #tsuneoka )。関空から羽田に着いたのが昨夜9時過ぎ、久しぶりのご自宅での就寝に浸る間もなく1時間以上の記者会見、もう少しゆっくりしていただきたいですが、お話をお聞きしたいのも事実です。
 
 今夜は、午後8時からの朝日ニュースター「ニュースの深層」( #shinso )の冒頭に出演されるとのこと、大変だと思いますが、体調の許す範囲で頑張っていただきたいと思います。NHKをはじめとする地上波TV局が、このニュースを取り上げていない(らしい=見ていないのでわからない)ことが、少し気になります。同じジャーナリストと言っても、自分達とは違うという意識でなければよいのですが。
 
注: 最初の約2分40秒間、音声が出ていません。会場でのマイク操作ミスと思われます。異常では有りません)

続きを読む "#tsuneoka #shinso 常岡浩介さん外国特派員協会記者会見"

投稿者 もりた : 18:03 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月06日

#tsuneoka 常岡浩介さんがタリバンに誘拐されたと報じた新聞社サイトの検証(2)

 昨日解放された常岡浩介さん( @shamilsh )について、"タリバンに誘拐された常岡さん"という表現を続けていた新聞記事についての問題点の検証の続きです。
 
  #tsuneoka 常岡浩介さん誘拐犯をタリバンと報じた新聞社サイトについての検証(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 問題点の検証と言うのは大袈裟で、私が「おやっ」と思ったこと、気付いたことをいくつか記したものに過ぎません。先ず、検証の対象として利用したMSN産経ニュースと、常岡さんのツイート、江川紹子さん作成のtogetterを再掲します。
 
  常岡浩介: いくつかのメディアで、「タリバンが誘拐」と、出ている ...
 
  ・Togetter - 「解放された常岡さんが犯人像を語る」

 
 
産経新聞の記事(MSN産経ニュースより)
 
記事1
 配信日時: 2010年6月17日 12時40分
 タイトル: 常岡さんはタリバンが監禁、身代金を要求 アフガン当局
 特筆すべき個所(私観):
   反政府武装勢力タリバンがアフガン政府に対し、身代金を要求していることが17日、アフガン治安当局者の話で分かった
 
 
記事2
 配信日時: 2010年9月4日 0時44分
 タイトル: 常岡さんサイトに書き込み 「まだ生きている」
 特筆すべき個所(私観):
   反政府武装勢力タリバンに監禁されているとみられるジャーナリスト常岡浩介さん
 
 
記事3
 配信日時: 2010年9月5日 21時02分
 タイトル: タリバンが常岡さんの拉致認める 地元司令官
 特筆すべき個所(私観):
   反政府武装勢力タリバン地元司令官は5日、首都カブールの日本大使館で保護されたフリージャーナリスト常岡浩介さん(41)をタリバンが拉致したと認めた。アフガン・イスラム通信が伝えた。
 
 
記事4
 配信日時: 2010年9月6日 7時19分
 タイトル: 解放の常岡さん、きょう帰国 ツイッターに「犯人タリバンじゃない」
 特筆すべき個所(私観):
   アフガニスタンで反政府武装勢力に拉致、監禁され、4日解放されたフリージャーナリストの常岡浩介さん(41)は
 
 
記事5
 配信日時: 2010年9月6日 7時59分
 タイトル: タリバン誘拐 常岡さん解放 5カ月ぶり 健康、「感謝したい」
 特筆すべき個所(私観):
   【ニューデリー=田北真樹子】アフガニスタンで取材中にイスラム原理主義勢力タリバンに誘拐されていたフリージャーナリスト、常岡浩介さん(41)が約5カ月ぶりに解放され、カブールの日本大使館に保護された。5日、日本政府関係者などが明らかにした。4日夜(日本時間5日未明)に保護された。

続きを読む "#tsuneoka 常岡浩介さんがタリバンに誘拐されたと報じた新聞社サイトの検証(2)"

投稿者 もりた : 20:03 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#tsuneoka 常岡浩介さん誘拐犯をタリバンと報じた新聞社サイトについての検証

 アフガン取材中に誘拐されていたフリー・ジャーナリスト常岡浩介さん( @shamilsh )が、約5ヶ月ぶりに解放され、本日まもなく帰国する件に関してツイッター上では、これまで日本の大手新聞テレビ各社が、常岡さんは"タリバンに誘拐された"と報道してきたことについての賛否が議論されています( #tsuneoka )。
 
 これは、解放後(日本時間:9月6日午前3時頃)、常岡さん自身がTwitter上で、誘拐犯はタリバンではなく現地の腐敗した軍閥集団であることをツイートしたことがキッカケと思われます。
 
 
 私自身は、新聞やテレビが、海外を含むあらゆる事件・事柄について、必ずしも記者を派遣して直接取材すべしとは思っていません(おそらく、この件に関しては、ほとんどの方がそういう考えではないかと思います)。常岡さんの様に海外に出かけて独自に取材を行なうフリー・ジャーナリストや、海外のメディア・通信社の情報を引用しても構わないと思っています。当局による発表の引用でも構いません。
 
 
 では問題はどの辺にあるのか、少し調べてみることにしました。そこで、常岡さん誘拐に関する記事を、MSN産経ニュースから拾って時系列に並べたのが以下です。ご存知の通り、新聞社サイトの記事は、企業サイトや個人のブログ等と違ってアーカイブが基本ではありません。いつ削除されるかわからないため、ウェブ魚拓というサービスを利用しました。
 
 なお産経新聞の記事のほかに、「犯人はタリバンではない」とする常岡さんご自身のツイートと、江川紹子さんが作成したtogetterをリンクします。
 
  常岡浩介: いくつかのメディアで、「タリバンが誘拐」と、出ている ...
 
  ・Togetter - 「解放された常岡さんが犯人像を語る」

続きを読む "#tsuneoka 常岡浩介さん誘拐犯をタリバンと報じた新聞社サイトについての検証"

投稿者 もりた : 18:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月05日

民主党代表選についての新聞投書を見て思う

 民主党代表選の波紋は、テレビ、新聞など報道の送り手のみならず、購読者側にも広がっている模様で、今朝の朝日新聞の「声」欄(投書欄)にも、民主党代表選に関わる3つの投稿が掲載されていました。そのうち2つが、9月1日の共同記者会見を見た人が書かれたものでした。
 
 
 1つは「民主党代表選 政策・理念を語れ」と題するもので、政権運営、消費税を含むマニフェスト修正の是非、「政治とカネ」、普天間基地移設などの問題にどう応ずるか、期待を込めて見ていたが、両候補の政策の違いは明確にしたものの、具体性に乏しくがっかりしたという感想を述べていらっしゃいます。
 
 もう1つの投稿は、「首相交代の余裕はあるのか」というタイトルで、このところ国民は厳しい残暑に苛立っているが、さらにいら立たせるのが民主党代表選の菅、小沢両氏の記者会見である、と切っていらっしゃいます。
 
 
 私はニュース、特に政治に関するニュースの情報源として、いつもラジオ、週刊誌、インターネットのみを利用していて、新聞・テレビのニュースはほとんど見ません(今年の初め頃からそうなってしまいました)。それでも、新聞(朝日新聞)の「声・オピニオン」欄(投書欄)には、必ず目を通します。インターネットでは入手しにくい高年齢層の人々や、小中学生、高校生・大学生らの意見に触れられるからです。
 
 
 上記2つの投稿とも、各々の立場、視点からのもので、私にとって非常に貴重な情報です。1つ気になることは、両方とも、9月1日の共同記者会見の時点で書かれた投稿である(と思われる)ことです。
 
  #livedpj 民主党代表選の共同記者会見(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 ご存知の様に、翌9月2日には日本記者クラブ主催の公開討論会が催され、前日よりも政策論議が前進しました。
 
  #livedpj 民主党代表選 日本記者クラブ主催公開討論会(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 9月3日には、小沢氏がテレビ朝日のスーパーモーニングに出演して、検察審査会が2回目の「起訴相当」の議決を行なった場合、小沢総理はこれを受けるのかという質問をされました。前日の公開討論会で、同じ質問を受けた際に小沢氏が答えた「私は逃げない」と言葉を、一歩踏み込んだ質問でした。
 
 小沢氏は、現職総理大臣として、起訴、強制捜査を甘んじて受けて立ち、潔白を主張するという旨の返答をされたと聞いています(残念ながら、録画を含めてその番組の映像を見ていません)。

続きを読む "民主党代表選についての新聞投書を見て思う"

投稿者 もりた : 20:27 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#livedpj 民主党代表選 立会演説会(大阪・梅田)

 今日、大阪・梅田で行なわれた民主党代表選立会演説会の模様です。
 

続きを読む "#livedpj 民主党代表選 立会演説会(大阪・梅田)"

投稿者 もりた : 19:29 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#muraki 朝日新聞が村木厚子さんに単独インタビュー

 今朝の朝日新聞32面に、村木厚子さんへの単独インタビューが載っています。普段は、声・オピニオン欄と日曜日の読書欄しか読まないのですが、1面の見出しを見て珍しく読んでみました。
 
 取調室での検事による取調べの様子を語る村木さん。"検事は特捜部が作った私が知らない事件の「ストーリー」を繰り返しました。"(朝日新聞 2010年9月5日 32面より引用)、"取調べが始まって10日目、検事があらかじめ作った供述調書を持ってきました。(同上)"と。
 
 村木さんが答えた、こういう言葉を紹介すると、そういうことは例外であろうと思う人が多いのではないかと想像します。しかし、逮捕・勾留され検察の取調べを受けた人のお話を聴く(読む)と、一様に検察特捜部が作った「ストーリー」という言葉が出てきます。
 
 
 私自身、検察の取調べを受けたり、逮捕・勾留された経験が無いので、あくまで検察特捜部に逮捕・勾留された方の著書を通してですが、検察、特に特捜部というのは、事実、あるいは証言に基づいて操作を進めるのではなく、初めに検察特捜部自身が「ストーリー」を作成し、それに沿った証言を被疑者から引き出すという手法が当然になっている様に思えます。
 
 
 ニュースの情報源として、週刊誌やラジオ、インターネットよりも、テレビのニュースや新聞の方により信頼を置いている人の割合が多いという調査結果があります。そういう人の中に、村木さんの逮捕を憶えている人がどれ位いるのか。その後一貫して無実を主張し続けた村木さんですが、あの時はどういう容疑で逮捕されたのだったか、説明できる人は何人いるのか、かくいう私自身も昨年、村木さんの逮捕直後は、逮捕理由をよく知りませんでした。当初、新聞やテレビでは逮捕理由については、ほとんど言及がありませんでしたから仕方の無いことですが。
 
 おそらく新聞やテレビのニュースの方に、より大きな信頼を置くと答えている人の多くが、村木さんの逮捕理由などに全く関心を払っていないのではないかと思われます。

続きを読む "#muraki 朝日新聞が村木厚子さんに単独インタビュー"

投稿者 もりた : 12:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

ニコ生の「小沢一郎 ネット会見 民主党代表選挙」を見ました

 昨日は新宿から帰って来た後、ニコ生(ニコニコ生放送)で生放送された「小沢一郎 ネット会見 民主党代表選挙」を見ました。
 

 
 
 小沢さん(に限らず、面識がない人物)の人柄、印象というものは、実際に会ってみなければ、なかなか伝わりませんね。小沢さんの場合は、全てと言っても過言ではない(地上波)テレビ、大手新聞社が、総力を挙げて、悪い印象作りに取り組んでいるかの活動をしているため、殊更です。
 
 
 私自身は、小沢一郎氏に一度だけ、お会いした(正確には近くで拝見した)ことがあります。1997~98年頃、約半年間、溜池交差点の近くにあったビルの中で、あるソフト会社さんの仕事をしていた時、同じビル内に新進党(から自由党に変わった?)の事務所(党本部)があったのです。
 
 ある時、私が1階に降りようとエレベータに乗っていると、途中で4~5人の背広の一団が乗り込んで来ました。ふと見ると、中央にテレビで見知った小沢一郎氏の顔がありました。せいぜい、6~7人乗りの狭いエレベータ、1階に付くまで、小沢氏と側近と思しき集団は"ぺちゃくちゃ"話し続けていらっしゃいました。予想外の遭遇に、じっとしている私、1階まで十数秒間、その状態が続きました。
 
 1階に着き、その方々を先に降ろそうと私が脇に寄っていると、小沢氏が降り際に私のほうを見て、軽く会釈されたのです。小沢氏に一度でも会ったことがある方ならわかると思いますが、テレビからは想像も出来ないあの優しい笑顔を伴って。「うるさい思いをさせて申し訳ない」言葉は発せられませんでしたが、そんな表情に見えました。想定外の事でしたので、私は会釈を返すのが精一杯(返したか否かもハッキリ記憶していない)でした。
 
 しかし、その時の経験が、そのまま小沢氏支持に繋がったわけではありません。
 
 
 実は、自民党を離党された1993年頃から、小沢氏には関心を持っていました(「日本改造計画」を1993年総選挙投票日の前日に買って読みました)。しかし、当時は小沢氏の政党を支持するところまでは、至っていませんでした。私が、小沢氏が在籍する政党を支持するようになったのは、民主党と自由党の合併以降です。
 
 それ以前も、おそらく民主党に投票することが多かった(基本的には無党派だった)とは思いますが、小沢氏が代表就任以降のこの数年間は、間違いなく民主党に投票しています(小沢氏のみを支持しているというよりも、民主党を支持しているという形に近い)。

続きを読む "ニコ生の「小沢一郎 ネット会見 民主党代表選挙」を見ました"

投稿者 もりた : 02:05 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

立道聡子さんのドラマを見て

 昨夜、フジテレビで放送された「愛は見える」というドラマを見ました。このドラマのモデルとなった立道聡子さんというシンガー・ソングライターのことは、以前、ある方( @yasuragicafe さん)に教えて頂きました。昨日、@yasuragicafe さんが、今夜放送されるよとブログに書かれたので、見逃さずにすみました。
 
 
 半分は実話、半分はフィクションという理解で見ていましたが、何度か涙腺がゆるんでしまいました。ドラマを見て感じたことは、生きることと好きな仕事を続けることを両立することが難しいということです。可能な限り夢を追いたい、叶えたいと思っても、日々の生活は待ってはくれない、誰しもが経験することではないかと思います。
 
 「仕方ない」と言って、皆どこかで折り合いを付けているのかも知れません。それでも、人から見れば小さな夢だったり、些細なことであっても、毎日の暮らしの中で可能な限り夢に向かって努力すること、あるいは夢を持っているというそのこと自体を励みにすることは、素晴らしいことの様に思います。

続きを読む "立道聡子さんのドラマを見て"

投稿者 もりた : 00:35 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月04日

#livedpj 民主党代表選 立会演説会(新宿)

 1つ前のエントリーと同じく、本日、東京・新宿で催された民主党代表選 立会演説会(街頭演説)の模様ですが、本家である民主党のチャンネルの方が、よい映像であると思いますので、リンクします。
 

続きを読む "#livedpj 民主党代表選 立会演説会(新宿)"

投稿者 もりた : 18:46 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

民主党代表選 立会演説(新宿駅西口)を聴いて来ました

 午後1時から新宿駅西口で催された民主党代表選 立会演説会に行ってきました。小田急・京王の前は、聴衆がぎっしり。10分前に着いた私は、北側2階の歩道の上に陣取りましたが、すでにプロ・アマの(ビデオ)カメラ隊でいっぱいでした。
 
小沢一郎候補演説その1 民主党代表選 立会演説会

 
小沢一郎候補演説その2 民主党代表選 立会演説会

 
菅直人候補演説その1 民主党代表選 立会演説会

 
菅直人候補演説その2 民主党代表選 立会演説会

続きを読む "民主党代表選 立会演説(新宿駅西口)を聴いて来ました"

投稿者 もりた : 18:35 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月02日

#livedpj 民主党代表選 日本記者クラブ主催公開討論会

 午後1時から先ほどまで行なわれていた日本記者クラブ主催「民主党代表選 公開討論会」のビデオを掲載します。NHK総合テレビでも1時5分から最後まで放送されましたが、見ていない方のためにリンクします。
 

続きを読む "#livedpj 民主党代表選 日本記者クラブ主催公開討論会"

投稿者 もりた : 15:22 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年09月01日

#livedpj 民主党代表選の共同記者会見

 任期満了に伴う民主党の代表選挙がスタートしました。立候補と同時に小沢一郎、菅直人両候補がさっそく政策提案を発表しました。
 
  小沢一郎:「国民の生活が第一。」の政見政策(The JOURNAL - ニュース・スパイラル)
 
  ・菅直人:元気な日本の復活を目指して(The JOURNAL - ニュース・スパイラル)

 
 
 また午後4時から、民主党内の選挙管理委員会主催による共同記者会見が催された様です。たまたま車を運転していましたので、初めから終わりまで、ほぼ全部、ラジオで聴くことができました。聞いていない人のために、ビデオを掲載します。
 

続きを読む "#livedpj 民主党代表選の共同記者会見"

投稿者 もりた : 21:47 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年08月15日

再び、暑過ぎます!

 ブログの更新が2週間以上も空いてしまいました。こんなに空いたのは、このブログを始めた当初の頃以来のことと思います。いつもの様に特に理由は無いのですが、強いて言えば時間の使い方が下手で、特にここ数ヶ月は、自分自身の時間を上手くコントロール出来ていません。いずれにしても、久しぶりの更新です。
 

 さて今日は暑かったですね。というより、今も暑いです。ちょうど1ヶ月くらい前に「暑過ぎます!」というエントリーを書きましたが、今日も、私が仕事場としている自宅の2階の部屋に上がると、温度計は40度以上を指していました。

続きを読む "再び、暑過ぎます!"

投稿者 もりた : 19:37 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年07月28日

「ブルース・リー特集」と「北山修 最後の授業」第2夜終了

 衛星映画劇場の「ブルース・リー特集」と、NHK教育の「北山修 最後の授業」が終わりました。昨日と同じくブルース・リーの方を先に見て、北山修氏の方は録画で見ました。
 
 「最後の授業」の方は、正直なところ期待外れでした。重松清氏との対談が大半を占めていて、つまらなかった。もっと授業を映して欲しかった。黒崎めぐみアナウンサーのナレーションも、重松清氏がインタビュワーをつとめるのも、つま恋2006と同じで、NHK色の悪い面が出て残念です。
 
 
 「燃えよドラゴン」を見るのは、10年ぶり位だったのか、妹が殺されるシーンはすっかり忘れていました。あぁ、そういう流れだったと思い出し、こういう前提があったからこそ、対戦相手を死亡させた後の、あの悲しげな表情だったのですね。
 
 明日は「ドラゴン危機一発()」、ブルース・リー主演映画の第1弾です。楽しみです。
() 「危機一髪」ではなく、「危機一発」であることを初めて知りました。

続きを読む "「ブルース・リー特集」と「北山修 最後の授業」第2夜終了"

投稿者 もりた : 00:21 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年07月27日

「ブルース・リー特集」と「北山修 最後の授業」第1夜終了

 昨日告知したNHK-BS2の衛星映画劇場「ブルース・リー特集」と、NHK教育の「北山修 最後の授業」の第1夜を、それぞれ見ました。4夜とも放送時間が重複しているため、ブルース・リーの方を見た後に、「北山修 最後の授業」を録画で観ることになります。
 
 「北山修 最後の授業」、サブタイトルは「テレビのための精神分析入門」と付けられています。今年(2010年)1月に、北山氏の職場である九州大学大学院で開かれた、テレビ公開講座を収録したものだそうです。テレビ公開講座の中で、扱う対象が「テレビのための精神分析入門」、よい意味で変わり者(?)の北山修氏らしいテーマだと思いました(とは言ったものの、北山氏の生徒さんほどに、歌手・作詞家以外の北山氏の側面を詳しく知っているわけではありませんが)。
 
 
"人は誰もただ一人 旅に出て
 人は誰もふるさとを 振り返る
 ちょっぴりさみしくて 振り返っても
 そこにはただ風が吹いているだけ
 
 人は誰も人生に つまずいて
 人は誰も夢やぶれ 振り返る"

(「」 作詞: 北山 修、作曲:端田 宣彦 より)
 
 中学1年生の時、私がこの歌の歌詞を初めて聴いた時から、特別な歌詞として捉えていた様に思います。しかし、当時は誰が書いた詞であるかも知りませんでしたし、そういうことに興味さえ持ちませんでした。はしだのりひこ氏の鼻にかかった声に、ただただ惹かれていただけの様な気もします。
 
 いつも、昼間はみんなと一緒に授業を受けているのだし、放課後はクラブ(部)活動の仲間と一緒、毎日、家(故郷)に帰っては姉や妹や父母や叔母そして、おじいさん、おばあさんとも夕食を食べながら話をしていました。それでも、この歌の「人は誰もただ一人 旅に出て  人は誰もふるさと振り返る  ちょっぴりさみしくて 振り返っても  そこにはただ風が吹いているだけ」という詞を聞いた時、それまで聴いていた歌とは異なる"何か"感じるものがありました。
 
 とは言うものの、「人生に つまずいて」や「夢やぶれ」などは、当時は本当には解っておらず(実感は無く)、その後、少しずつ理解していった様に思います。

続きを読む "「ブルース・リー特集」と「北山修 最後の授業」第1夜終了"

投稿者 もりた : 01:34 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年07月26日

「ブルース・リー特集」と「北山修 最後の授業」

 いよいよ明日(26日(月))からNHKで、衛星映画劇場のブルース・リー特集(NHK-BS2)と、「北山修 最後の授業」(NHK教育)が放送されます(26日(月)から29日(木)まで)。
 
 私がブルース・リーの名前を知ったのは、当時高校2年生、1973(昭和48)年、「燃えよドラゴン」が日本はもちろん、世界中で話題になった頃だと思います。ただ、当時の私は、それが人物の名前であるとハッキリ認識していたわけではなく、もっとヒドいことには「ブルース・リー」ではなく「ブルー・スリー」と勘違いしていました(「・」の位置の違いにご注目)。
 
 文字としてその名前を見てはおらず、耳だけで聞いていたためですが、つまり、ことほど左様にブルース・リーおよびブルース・リーの映画に関心は持っていなかったという証拠です。私がブルース・リーの映画を、ビデオでしたが、初めて見たのは、それから7~8年後、1980~81(昭和55~56)年頃だったと思います。
 
 友だちからビデオデッキ(SONYベータMAX)ごと、テレビ番組の録画テープ一式を譲り受けた時です。そのテープの中にブルース・リーの「ドラゴン危機一髪」、「ドラゴン怒りの鉄拳」、「燃えよドラゴン」が含まれていたのではかったかと記憶しています(確信はありません)。初めて見た時の印象は、ブルース・リーの映画を見た人はどなたも同じではないかと思いますが、「今迄こんな映像は見たことが無い」という強烈なものでした。
 
 それらの作品を見てブルース・リーへの関心が急速に高まり、それからはテレビで放送されるブルース・リーの映画を逃がさず、「ドラゴンへの道」、「死亡遊戯」などは自ら録画したように思います(あるいは「燃えよドラゴン」もそうだったかも知れません)。

続きを読む "「ブルース・リー特集」と「北山修 最後の授業」"

投稿者 もりた : 01:27 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年07月19日

暑過ぎます!

 2週間もブログの更新が滞ったのは、このブログを書き始めた初期の頃を除いては、これが初めてです。特段、書けない理由があったわけではありません。むしろ、書きたいこと、書かなければいけない(と思っている)ことはたくさんあるのですが、筆不精という地は簡単に表に出てしまうものですね。
 
 それにしても暑いです。普段、自宅にいる時は2階の部屋でWebにアクセスしているのですが、先ほど12時20分頃、温度計を見たら37.5度もあり、ビックリしました!そのかわり湿度が50%と、いつもに比べてやや低めなのが、せめてもの気休めです。

 ワールドカップも終わって、川島選手や長友選手らの海外移籍の話題、NHKでは一昨日から昨日にかけて昨年5月に放送した「スポーツ大陸」の再放送を繰り返し放送していました(長友佑都選手に焦点をあてた番組)。THE OPEN(全英オープン)では石川遼選手が決勝ラウンドに進み、初出場で予選落ちした昨年より一歩前進していたり、今週(?)からは女子が始まります。
 
 すっかり実力が表面化してきて、内外から注目されている宮里藍選手の成績が気になります。先月購入したiPadについても、使ってみた感想、これからiPadで何をしたいと思っているかなど、お伝えしたいこと(しなければならないと思っていること)は山ほどありますが、フットワークが重いのは私自身いかんともしがたく、誠に申し訳ないと思っております。

続きを読む "暑過ぎます!"

投稿者 もりた : 13:49 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年07月03日

#2010wc 中村俊輔選手が好きではありませんでした(過去形)(その2)

 2010FIFAワールドカップ準々決勝、ブラジルはオランダに2対1で敗れ、準決勝へ進めませんでした。ここからは、私自身、実は中村俊輔選手をあまり好きではなかったというエントリーの続きです。前回大会(2006年ドイツ大会)の戦いに於いて日本代表は、後ろからのせっかくの速いパス回しが、中村選手の所でスピードダウンしてしまうところに私の不満はありました。
 
 小刻みのパスを基本としたスピードという日本チームの特徴を生かすために、誰が司令塔として最も相応しいかという考察無しに、中村選手がその役に指名されているという印象を私は持っていた、そのことが中村選手への嫌悪感に繋がったということを書きました。日本チームの長所を最大限に発揮するために、トップ下のポジションに誰が入るのがベストなのか、小笠原選手か、中田英寿選手なのか、あるいは他の誰かか。少なくとも中村俊輔選手ではないと思いながら、前回大会の3試合(グループリーグ)をTV観戦していました。
 
 
 ここで話は今大会、2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会に変わりますが、大会が始まってから、試合以外でサッカーの話題を取り上げた3つの番組を見ました。
 
 1つは、大会前、6月6日(日)にTV朝日系列で放送された直前スペシャル、2つ目は6月20日(日)の朝日ニュースター(CS放送)の「武田鉄矢の週刊鉄学」、3つ目は日時は忘れましたが大会期間中にNHKで再放送された「スポーツ大陸」で、本田圭佑選手を特集していました。
 
 朝日系列の直前スペシャルの中では、中田英寿氏と本田圭佑選手の対談が設定されていました。「週刊鉄学」は、中西哲生氏をゲストに招いて、いつもの松原隆一郎氏と武田鉄矢・伊藤聡子の両司会者の3人が中西氏に対して、いい意味で素人の質問をする形で、普通のサッカー番組では導き出せない日本サッカーの目指すべき方向を論じて、とても面白い内容でした。ちょうど、カメルーンに勝利し、オランダにも善戦した直後というベストなタイミングでした。
 
 
 ここで、6月6日のWC直前スペシャル(TV朝日)で放送された中田英寿氏と本田圭佑選手の対談について、触れてみたいと思います。実は、私がこの番組を見たのは、一昨日(7月1日)になってからです。本戦の試合が終わるまでは(見ない)と控えていたわけではなく、録画した番組が多く、たまたま視聴が追いつかなかっただけです。しかし、結果的には終わってから(日本が敗退してから)見たのは正解だったと感じています。

続きを読む "#2010wc 中村俊輔選手が好きではありませんでした(過去形)(その2)"

投稿者 もりた : 01:57 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年07月02日

#2010wc 中村俊輔選手が好きではありませんでした(過去形)

 2010FIFAワールドカップも、7試合を残すのみというところまで来て、いよいよこれからがクライマックスの始まりというところです。間もなくオランダ対ブラジルという、私の中では事実上の決勝戦と思える試合が始まろうとしています。
 
 残念ながら日本は準々決勝に進めず、大会が終わったという雰囲気が、日本選手の帰国(それはそれでいいのですが)ばかりを放送しているTVを見ていて感じます。5つも6つもあるテレビ局が、皆同じ姿勢になる"一辺倒"が嫌なのです。
 
 
 ところでタイトルに掲げたことですが、これまで私は中村俊輔選手があまり好きではない、ハッキリ言って嫌いでした。いつから嫌いになったのか、振り返ってみれば、2002年日韓大会の日本代表から外れた時の中村選手のコメントからではないかと思います。「こんなにギリギリ(のボーダーライン上)で、落とされた選手も珍しい」と。
 
 中村選手に対する私の嫌悪感をさらに悪化させたのは、2006年前回大会です。当時、日本代表の試合を見ていて、後方から素早いパスをつないでも、中村選手の所へ来るとスピードが1段階落ちてしまう、そういうことが何度も繰り返される、私の目にはそのように映ってしまいました。
 
 ジーコ監督が采配を振るったこのチームでは、中田英寿選手は後方(守備的MF)に下がり、中村選手や小笠原選手が前線へのパスの基点になっていました。過去に実績がある中田選手が司令塔でないことがいけないということではなく、日本の特徴である素早いパス、スピードを最大限に生かすために、司令塔として最も相応しいのは誰か、そういう思考手順を踏まずに、初めから司令塔のポジションには中村俊輔選手ありきの様な空気を、監督や選手間、ファンの中にも感じて、とても嫌でした。
 
 オランダ対ブラジル戦が始まりますので、続きは、後で。
 
  #2010wc 中村俊輔選手が好きではありませんでした(過去形)(その2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

投稿者 もりた : 22:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年06月23日

宮里藍選手、アメリカ女子ツアー今季4勝目、世界ランク1位

 ワールドカップと大相撲野球賭博のニュースに隠れて、他のスポーツが取り上げられていません。特に、20日まで開催されたショップライト・クラシックで優勝し、翌21日付け世界ランキングで宮里藍選手が1位となったニュース。一応は報じられましたが、放映時間が少ないため、ゴルフに対して特別に関心を抱いている人以外には、あまり印象を与えなかったかも知れません。
 
 かくいう私自身、ゴルフが特に好きというわけではなく、コースに1度も出たことがありません。そんな私でさえ、宮里選手の今シーズン開幕2連勝というスタートダッシュはスゴイなと思って見ていました。宮里選手のこの勢いを、昨季半ばからの復調が確固たるものだった証ととらえる向きが多いことと思います。
 
 2006年から本格的にアメリカ女子ツアーに参戦した宮里藍選手は、初年(2006年)こそ、そこそこの活躍を見せたものの、その後は芳しい成績を収めることが出来ていません。特に、2007年、2008年の低迷ぶりは、日本国内での華々しい活躍を知る多くの日本人ファンにとって、信じられない姿でした。
 
 丸2年間の雌伏の後、昨年7月にLPGAツアー初優勝を果たし、続けて催された全英オープンでも優勝争いを演じた姿は、宮里選手の復活を私達日本人に印象付けました。

続きを読む "宮里藍選手、アメリカ女子ツアー今季4勝目、世界ランク1位"

投稿者 もりた : 20:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年06月08日

未だ政権交代に対応できない大新聞とテレビ、そして国民

 50年以上続いた自民党(を中心とする)政権、いや明治維新後、近代国家となったこの国が初めて経験した昨夏の政権交代(選挙後の合従連衡により結果的に実現した政権交代を除く)。そういう事情を考慮すれば仕方の無いことかも知れません。
 
 朝日新聞が6月2日と3日夜にかけて実施した緊急の世論調査によると、参院選比例区投票先として民主党と答えた人が、前回調査(5月29,30日)の20%から、今回は28%へと、8%も上昇したとのことです。2日後の6月4,5両日実施した調査では、さらに上昇して33%に達したとのことです。他紙やテレビ各局、通信社による調査結果も同じ様な傾向を示しているようです。
 
 
 鳩山・前首相の辞任表明からわずか3,4日で13%も上昇とは、一体どうしたのでしょうか。新聞・TV・通信社による世論調査については、必ずしも時代に合った方法とは言えず、首を傾げたくなる"報道?"姿勢とも併せ、彼らにとって緊急を要する課題だと思っています。しかし、新聞・TV・通信各社、いわゆるマスコミの問題につきましては、官房機密費が長年にわたって新聞・テレビ各社上層部に渡っていたという疑惑と併せて別の機会に譲るとして・・・。

続きを読む "未だ政権交代に対応できない大新聞とテレビ、そして国民"

投稿者 もりた : 00:24 | デジタル家電 , 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年06月05日

「選挙目当て」で何が悪いのか?(その2)

 1つ前のエントリー「選挙目当て」で何が悪いのか?(その1)を受けて、私自身の考えを述べたいと思います。昨夜、午前中にエントリーすると宣言しておきながら、さっそく守れない自分を情けなく思います。
 
 
 鳩山氏から菅氏への首相交代を受けて、自民党の谷垣総裁が述べた「(この交代は)"選挙目当て"(に過ぎない)」という言葉に刺激を受けて、このエントリーを起こしました。民主党が掲げる政策である「子供手当て」、「高校授業料無償化」、「高速道路無料化」に対して、野党議員、一部の政治評論家や有権者などから"バラ撒き"政策であるという批判があります。
 
 立場や考え方の違いがありますから、一つ一つの政策の当否、賛否については、いろいろな意見や批判があることは当然と思います。しかし、政治家が政策立案やその実現のために採る行動、辞任や離党、党内選への出馬といった「選挙目当て」の活動は、政治家自身、あるいは私たち有権者にとって本当に忌み嫌うべきことなのでしょうか?
 
というのが前回の問いかけでした(前置きが長くてすみません)。
 
 
 私は、政治家と私たち有権者にとって、「選挙」が最も重要な手段であると思っています。何のための"手段"かというと、選挙権を有する私たち住民・国民から、被選挙権を行使して地方議員・地方首長・国会議員の選挙に立候補する政治家に対して、私たちの意見(民意)を伝えるための手段としてです。
 
 私たちが日々の生活や仕事の中で困っている問題、社会生活の中で直して欲しい弊害について、私たちの考えを聞いて欲しいと思うのです。また、子供たちの将来のために築いて行って欲しい地球環境再生や、医療や年金基盤の再構築、国・地方財政再建、諸外国との友好関係維持を、どうやったら実現できるか、そのプラン作成に向けて私たちも政治家のみなさんと一緒に議論していきたいのです。
 
 もちろん、そのためには、選挙の前段として
 
  ・政治集会
  ・戸別訪問
  ・ホームページやブログ、Twitterなどインターネット上のツール
  ・テレビ・ラジオでの市民参加の討論、新聞への投書

 
などを通じた、政治家と有権者との間の日常的なコミュニケーションが大事であると思います。最近は双方向のコミュニケーションが取りやすい方法が次々と生み出されて来ますから、道具という観点では従来から見ればかなり改善されつつありますが、今以上の密度の濃い対話が必要であると思います。
 
 もちろんこれらの手段による日々の議論の積み重ねが重要とは思いますが、これらの中で、政治に対して私たちの意志を表す一番の(最終的な)方法は、「選挙」だと思うのです。有権者一人ひとりが誰(どの政党)に投票するか真剣に考え、迷った挙句に決断し、当日の天候に左右されること無く投票所に足を運ぶ、だいたい10人のうち5人から6人ぐらいの人がそうしています。

続きを読む "「選挙目当て」で何が悪いのか?(その2)"

投稿者 もりた : 14:24 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年06月04日

「選挙目当て」で何が悪いのか?(その1)

 一昨日の鳩山由紀夫・前首相による辞意表明からわずか2日、菅直人・衆議院議員(前財務大臣)が民主党の新代表、ならびに第94代内閣総理大臣に選ばれました。菅氏が民主党の新代表に選ばれたことについて感想を聞かれた自民党の谷垣禎一総裁は、「選挙前に表紙を変える古い手法だ。今までの民主党政権の持っていた問題が行き詰まっており、基本的にその流れは変わらない」(日本経済新聞 Web刊 6月4日より引用)、菅政権恐れるに足りずとコメントしています。
 
 鳩山・前首相には辞任する必要も無いし、辞任して欲しくないと思っていた私としては、谷垣総裁のコメントは、ある意味でもっともな指摘であると思います。
 
 
 一方、鳩山・前首相と小沢一郎・前幹事長の辞任をめぐっては、テレビ・ラジオなどを通して、野党や識者・政治評論家、街の人など様々な声が耳に入ってきます。
 
 (辞任の決断が)遅すぎた、(総理を)辞めても責任を取ったことにはならない(問題を解決するために最後までやることが責任の取り方)等々の意見がある一方、鳩山・小沢ツートップの辞任は参院選目当てのパフォーマンスであるといった様な論調も(これは有権者よりもテレビ局自身="報道?"関係者の中から)聞かれます。
 
 
 これらの解説を聞いていて、ひとこと言わずにはいられなくなりました。「選挙目当て」と言う言葉については、昨夏の衆院選において民主党がマニフェストに掲げた「子供手当て」、「高校授業料の無償化」、「高速道路の無料化」などに対して、野党議員やテレビに出演されているキャスター、識者、政治評論家(と称する方々)などから発せられる"バラ撒き"との批判をよく耳にします。
 
 この影響を受けてのことか、新聞(私が購読しているのは1紙=朝日新聞のみ)の投書欄にも、同様の意見を時々目にします(もちろん、わざわざ筆を起こして投書される方々ですから、ご自身の頭で考えてのご意見と思います)。テレビの前に座って、ニュースと(テレビ局の政治記者、政治評論家等の)解説を消極的に受け流している人々の姿が目に浮かんで来て、仕方がありません(消極的というよりも、受動のみで能動的な行動を起こさない、起こす手段を持たない人々)。
 
 
 政治家にとって、あるいは有権者である私たちにとって、政治家が「選挙目当て」に採る上記のような行動や政策立案・実行は、本当に忌み嫌うべきことなのでしょうか

続きを読む "「選挙目当て」で何が悪いのか?(その1)"

投稿者 もりた : 19:41 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

民主党代表選がUstream中継されている

 鳩山首相の辞任に伴う民主党の代表選(両院議員総会)がUstreamで中継されています。他のことはさておき、このことだけ取り上げてもスゴイ!と思います。内閣総辞職、組閣、認証式、所信表明演説などにより、国会の残り日程が減ってしまい実質審議日数は3日しかないそうです。そのため公選法の改正(ネット解禁)は見送りになりそうとのことです(写真は、最終投票者である蓮舫・参議院議員)。
民主党代表選。最終投票者 蓮舫・参議院議員

 
 代表選(Ustream)のViewer数が20,000人を越えました。今まで私が見たUstream中継で最も多い数です(既にUstreamが日本語化されているので、Viewersではなくて視聴者数でいいのですね)。その後も視聴者の数はみるみる増え続け、ついに3万人を超えてしまいました驚きです(写真は開票後の確認作業)。
民主党代表選のUstream中継の視聴者は、2万人を超えた!

 
 
 結果が出ました。
  樽床氏 129票、菅氏 291票
民主党代表選。開票結果が出て菅直人・新代表が決定。両手を挙げて答える樽床、菅両氏

続きを読む "民主党代表選がUstream中継されている"

投稿者 もりた : 11:29 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年06月02日

与謝野馨氏や渡辺喜美氏(みんなの党)らの疑惑はどうなったのか?

 鳩山首相が辞意を表明したからというわけではありませんが、昨年来、疑惑が持たれているいくつかの案件について多くのみなさんは既に忘れてしまっているかのようで、とても奇異に感じます。
 
 
 小沢一郎・民主党幹事長(報道当時、民主党代表)の公設第一秘書・大久保隆規氏が逮捕・起訴されたのと同じく、政治資金規正法違反の疑惑が持たれた二階俊博・元経済産業相、尾身幸次・元財務相、森喜朗・元首相ら(いずれも自民党)に対して検察は捜査を行なったのでしょうか?(検察が一度不起訴と判断し、検察審査会が不起訴不当の議決をしたところまでは知っていますが、その後を知りません
 
  民主党・小沢一郎前代表秘書・大久保隆規氏、保釈(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  ・テレビや新聞は何故報じないのか?検察審査会「二階派パーティ券不起訴不当」の議決(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 また、与謝野馨・元財務相(報道当時、自民党)と渡辺喜美議員(報道当時、自民党離党、無所属)に迂回献金と毎日新聞に報じられた件は、西松問題よりも悪質性が高いと思いますが、政治資金規正法違反の疑いに加えて利益供与(あっせん利得)の疑いの可能性もあると報じられていましたが、検察が捜査を行なったということを聞いておりません。
 
  与謝野財務相と渡辺喜美議員に迂回献金と毎日新聞が報道(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 これらの件を、多くのTV視聴者・新聞購読者は、もう忘れてしまったのでしょうか?「あの件はどうなったのだろう?」、「この件は何故、捜査されないのだろう?」といった疑問を持たないのでしょうか?一人ひとりは疑問に持っても、それが新聞やテレビに通じて、ニュースが変わるわけではないとあきらめているのかもしれません。かくいう私も本音はそうです。
 
 
 何故、こんな愚痴を申しているかというと、テレビのニュースを見ていて、鳩山首相の辞任表明の映像を笑いながら見ている自民党議員の姿や、「辞任はやむをえない」、「むしろ遅すぎた」とテレビのインタビューに答えている一般の人の声に嫌気がさしたからです。
 
 自民党議員が笑っていたのは、鳩山首相が自らと小沢、小林両氏が責任を取ることにより、お金にクリーンな本来の民主党の姿に戻ろうと訴えた時です。あぁ笑っているこの方々には、想像力や自覚というものが無いのだと失望しました。

続きを読む "与謝野馨氏や渡辺喜美氏(みんなの党)らの疑惑はどうなったのか?"

投稿者 もりた : 19:50 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

鳩山首相・辞任を表明、取り残された国民とマスコミ

 午前10時から開かれている民主党の両院議員総会で、鳩山由紀夫首相が辞任の意思を表明されたようです。小沢一郎・幹事長に対しても辞任を促したとのことです。
 
 辞任の理由として鳩山首相は、沖縄・普天間基地移転問題に関して社民党の連立離脱という結果を引き起こしたことと、自らの政治資金規正法違反に加えて小沢一郎・幹事長の政治資金団体の件も含めた"政治とカネ"の問題の2つを挙げていました。後者については、小林千代美議員に対しても「責を負うて欲しい」と述べ辞任を促しました。
 
 
 ご本人が決断して表明してしまった以上、外野が何を言っても始まりませんが、私自身は、鳩山首相は辞任の必要は全く無いと思っています。普天間問題にしても、「なんとか沖縄の負担を軽減する方法は何か無いか」と眠れぬ夜を過ごし頭を振り絞って考えなければならないのは、本来、(沖縄にだけ犠牲を押し付けてしまっている)本土に住む私たち自身です。
 
 アメリカに対して「米軍は日本から出て行って下さい」と言うのか、それが出来なければ沖縄の人々に対して面と向かって「いろいろ考えましたが、現在より少しですが騒音など負担が軽減する方法として、辺野古沖に移転する案で我慢してください」と言わなければならないのは、私たち自身です。
 
 鳩山首相ひとりが、思い悩み、アメリカや徳之島や沖縄の人々の面前に立ち、言いにくいことを代弁していたに過ぎません。

続きを読む "鳩山首相・辞任を表明、取り残された国民とマスコミ"

投稿者 もりた : 11:43 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年05月28日

テレビ報道の限界

 今夜9時からの鳩山首相の記者会見をUstream(videonews.com)の生中継で見ました。いつもの通り、記者クラブに加盟している新聞社(毎日新聞)、テレビ局(TBS)の記者から質問に立ちました。この会見はNHK総合テレビのニュースウォッチ9でも番組冒頭(21時)から生中継されていましたが、21時40分頃で中継を切ってしまったようです。
 
 普段からネットを見ていない高年齢層の人々(必ずしも高年齢層の人々に限ったことではないとは思いますが)は、ここまでしか(質問者である記者と鳩山首相の)生の言葉、つまり1次情報は得られません。その替わりに、スタジオからNHKの記者による解説を聞くことになります。
 
 
 NHKが、こういった記者会見の生中継を途中で打ち切るのは、今に始まったことではありません。私がこのことに気付いた(意識し始めた)のは、昨年春です。大久保隆規氏の逮捕以降、民主党・小沢一郎代表(当時)の記者会見の時だったと思います。
 
 もちろん、放送時間に限りがありますから、最後まで記者会見を生中継できないのは判ります。しかし、NHKで特徴的なのは生中継を切るタイミングです。いつも、新聞やテレビ局の記者の質問が一巡した辺りなのが不満です。実はその後に、海外メディアやフリージャーナリストなど、記者クラブに加入していない人が質問に立ち、核心に迫る回答を引き出すことが少なくないのです。
 
 
 今夜の記者会見も、22時過ぎまで行なわれていました。videonews.comさんのUstream中継も最後の質問に対する鳩山首相の回答の途中で切れて(Off Airになって)しまいましたが、NHKの生中継終了後、30分も行なわれていたのです。案の定、NHKの生中継が終わった後、海外メディアやフリーの記者さんが指名されていました。
 
(ここでひと言、解説を。テレビ局は他にもあるのに、何故、NHKさんばかり批判するのかと申しますと、私は以前から、テレビのニュース("報道?")、特に政治のニュースに関しては、NHKとテレビ朝日以外の局は、ほとんど見ないのです。最近(今年の1月頃から)では、そのNHKとテレビ朝日のニュースさえも(あえて)見なくなり、地上波の報道番組は「朝まで生テレビ」を除いて、ほとんど見ていません。その代わりに朝日ニュースター(CS)を見始めました。「武田鉄矢の週刊鉄学」、「ニュースの深層(火曜日:上杉隆氏)」、「愛川欽也のパックイン・ジャーナル」など。もっとも録画が増える一方で、半分も見ていませんが)
 
 
 これでは私の両親の様な、インターネット以外(新聞やTV、特にテレビ)の"報道?"を通してしか政治に関する情報を入手できない層にとっては、1次情報にアクセスすることは、量的にも質的にも限られてしまいます。

続きを読む "テレビ報道の限界"

投稿者 もりた : 22:47 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年05月20日

"緑の木々に風渡る道"を歩きたい

   さらさらと ゆれている
 
   緑の木々に風渡る道が
 
   どこまでも続いてる
 
   これからどこへ行くのだろう
 (作詞: 岡村孝子)
 
 
 シンガーソングライター 岡村孝子さんのアルバム「四葉のクローバー」に入っているTomorrowという曲の冒頭のフレーズだ。寒い冬を終え、春から初夏にかけてのこの季節になると、いつも真っ先にこの歌を思い出す。この曲のイメージとピッタリの場所を撮影したビデオがある。
 
 
 2年前の今頃、古利根川沿いを下流から上流に向かって歩いていた。春日部市内を通りかかって、この光景を目にした時、「岡村さんのTomorrowにイメージしていたのは、まさにこれだ!」と思った。Tomorrowをバックに使用してビデオ編集したいところだが、著作権違反になるのでやめる(私の仕事の出発点は、ソフトウェア開発だった。著作権侵害などお客様からの信用を失墜しかねない行為は厳に謹みたいと思っている)。

続きを読む ""緑の木々に風渡る道"を歩きたい"

投稿者 もりた : 19:36 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

クリント・イーストウッド監督の"硫黄島二部作"をようやく観ました

 先週からずっと続いているNHK BSシネマのクリント・イーストウッド監督・主演シリーズのお陰で、いわゆる"硫黄島二部作"をようやく見ることが出来ました。
 
 昨晩(2010年5月18日)の「父親たちの星条旗」と今夜(2010年5月19日)の「硫黄島からの手紙」です。この映画が公開された時、3万ドル倶楽部鈴木大吉先生がブログに書かれていました。
 
  クリンスト・イーストウッド監督の「父親たちの硫黄島」を観る(経営者の情報技術勉強会 IT研究会、ネット通販の勉強会 3万ドル倶楽部を主宰する鈴木大吉の日記)
 
  ・必見!クリント・イーストウッドが撮った日本の戦争映画「硫黄島からの手紙」(経営者の情報技術勉強会 IT研究会、ネット通販の勉強会 3万ドル倶楽部を主宰する鈴木大吉の日記)

 
 
 また、過去に何度もテレビで放送され、NHK BS2で放送された時に録画もしました。しかし3年半経って、ようやく今夜初めて観ました。

続きを読む "クリント・イーストウッド監督の"硫黄島二部作"をようやく観ました"

投稿者 もりた : 00:31 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年05月18日

「介護福祉士試験 もっと平易な日本語に」遠藤織枝先生の提言

 今日、2010年5月18日(火)の朝日新聞のオピニオン面(13面)に、日本語教育学者・遠藤織枝先生の投稿が掲載されています。遠藤先生からは、越谷市内にある文教大学のオープンユニバーシティにおいて、この冬(12月から1月にかけて)3回にわたり「日本語教育の世界」という講義を受けました。
 
 「国語教育」と「日本語教育」の違いから始まって、日本語教育の歴史、日本語を学ぶ人たち(どんな人たちが、どんな所で日本語を学んでいるのか)、日本語を教えるということについて、具体例を挙げて詳しく教えていただきました。つい4ヶ月前のことですので、新聞に掲載された遠藤先生のお名前を発見してすぐに、先生の投稿記事を読ませていただきました。
 
 
 先生は冒頭、この春の看護師国家試験で、EPA(経済連携協定)に基づき来日したインドネシアとフィリピンの看護師候補者の中から、初めて3人の合格者が出たことを紹介されています。しかし、合格率はわずか1%であり、日本人を含む全体の合格率90%に比べて極端に低いことについて、日本語の壁が如何に厚いかを改めて示す結果になった、と述べています。
 
 そして、この結果を目の当たりにした介護福祉士候補者らの不安と混乱、受け入れ施設の当惑といら立ちは限界に達している、とおっしゃっています。
 
 
 候補者の在留が許される期間は、看護師が3年、介護福祉士が4年と定められています。その間に(看護師、介護福祉士それぞれの)国家試験に合格して資格を取得出来なければ、帰国しなければなりません。看護師の国家試験は年1回ありますから、看護師候補者には3回のチャンスがありますが、介護福祉士国家試験の受験資格には3年の実務経験が必要とありますので、来日した介護福祉士候補者の場合は、1回しかチャンスがありません。
 
参考:
 
  厚生労働省「日比経済連携協定に基づく看護師・介護福祉士候補者の受入れ関係(平成18年9月9日協定署名)」
 
  介護福祉士国家試験の受験資格((財)社会福祉振興・試験センター)

続きを読む "「介護福祉士試験 もっと平易な日本語に」遠藤織枝先生の提言"

投稿者 もりた : 20:56 | 日記 | コメント (1) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年05月16日

越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~(その3)

 4月24日に催された、越谷市郷土研究会の第402回史跡めぐりのレポートの続編(最終)です。前々回前回同様、写真とビデオを中心に掲載します。
 
  越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~(その1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  ・越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~(その2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 あらためて、コースを紹介します(太字が今回のレポート部分です)。
 
    越谷駅東口
      ↓
    瓦曽根溜井
      ↓
    赤水門
      ↓
    中土手
      ↓
    久伊豆神社
      ↓
    天獄寺
      ↓
    建長板碑
      ↓
    逆川伏越
      ↓
    越谷御殿跡
      ↓
    日光道中
      ↓
    越谷駅東口

続きを読む "越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~(その3)"

投稿者 もりた : 23:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年05月13日

#joqr 小沢氏、政倫審出席についての政治評論家・伊藤惇夫氏の解説に異議あり

 文化放送くにまるワイド ごぜんさま~の「おくさまニュース」で、民主党・小沢一郎幹事長が政治倫理審査会に出席する意向を示した(とされる)ことに関して、今朝のコメンティスト(くにまるワイド ごぜんさま~独自の造語)伊藤敦夫氏がコメントを加えていました。
 
 その中で、気になる点が2点ありましたので、述べたいと思います。
 
 
 一つ目は、「(今年2月に)検察が小沢氏を不起訴と(いう決定を)したが、みなさん「シロ」と思っている方もいらっしゃるかも知れません。しかし、不起訴処分の理由にもいろいろあって、"嫌疑無し"なら「シロ」だが、(今年2月の検察による不起訴処分の理由は)そうではないので、小沢氏の不起訴は「灰色」なのです。」という解説です。
 
 私が伊藤氏のこの説明に不満を持つのは、起訴=「クロ」、不起訴=「シロ」または「灰色」、どちらにしろ、嫌疑の通りである(クロ)か否(シロ)かは"検察が決める”とおっしゃっているように思える点です。私は、少なくともこの国の制度としては、検察の役目は裁判所に訴えることであって、有罪か無罪かを決するのは裁判であると思っています。その裁判ですら、人間の判断ですから、必ずしも誤りが無いとは言い切れません。
 
 伊藤氏は、罪の疑いが真実である(有罪)か否(無罪)かを、検察が判断出来るかのように誤解しているような気がしてなりません。
 
 
 もう1つ不満に思ったことは、小沢氏が政倫審出席の意向を示した(とされる)ことについて質問された鳩山首相が、『小沢氏ご自身の判断に任せる』と答えたことに関する伊藤氏の解説です。
 
 「みなさん、普通の会社で(社長の部下である)重役が、例えば酒気帯び運転のような不祥事を起こした場合、本人の問題である(責任をとるとらないは本人が決めることである)と社長が言いますか?会社と言う組織の(責任が社会から問われている)問題なのです。今回もそれと同じで、小沢氏個人の問題ではなく、民主党という組織の問題なのです。」という様なコメントだったと思います。
 
 これについても、伊藤氏が今回の嫌疑(政治資金規正法違反)が、すでに嫌疑ではなく真実であると判明した(証明された)という前提で話されているように思えてなりません。大切なことは、警察や検察、裁判官という職業の人は、真実が何であるか(嫌疑が事実であるか否か)を明らかにすることを第一にして仕事に当たってもらいたいということです(二番目、三番目に大切にすべきことは、色々あると思いますが)。
 
 そして、警察や検察、裁判官、弁護士など、直接法律に携わる職業の人だけではなく、議員、政治評論家、報道関係者にも、このこと(真実の追究が最も重要であるということ)を大前提にしていただきたいと思います。これは、司法、政治、報道に直接従事していない私たち自身に対しても、そう思っています。本音を言えば、最近は私たち自身に対し、じくじたる思いを持っています。
 
 嫌疑と真実は必ずしもイコールではない、繰り返しになりますが裁判による結審を経てさえも、有罪無罪の判断に誤りは皆無ではありません。そのようなことを、私たちは、すでに何度も見聞きしているはずです。「推定無罪」この言葉の持つ意味を最も自覚すべきなのは、私たち自身なのではないでしょうか。「推定無罪が大事ですよね」、あえて問われればみなさん言葉ではわかっていらっしゃるのでしょうが、世論調査などを見ていると心配でなりません。

続きを読む "#joqr 小沢氏、政倫審出席についての政治評論家・伊藤惇夫氏の解説に異議あり"

投稿者 もりた : 10:22 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年05月07日

越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~(その2)

 4月24日に催された、越谷市郷土研究会の第402回史跡めぐりのレポートの続きです。前回同様、写真とビデオを中心に掲載します。
 
  越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~(その1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 あらためて、コースを紹介します(太字が今回のレポート部分です)。
 
    越谷駅東口
      ↓
    瓦曽根溜井
      ↓
    赤水門
      ↓
    中土手
      ↓
    久伊豆神社
      ↓
    天獄寺
      ↓
    建長板碑
      ↓
    逆川伏越
      ↓
    越谷御殿跡
      ↓
    日光道中
      ↓
    越谷駅東口

続きを読む "越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~(その2)"

投稿者 もりた : 16:20 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年05月06日

越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~(その1)

 少し日にちが経ちましたが先月(4月)24日、越谷市郷土研究会の第402回史跡めぐりに参加しました。越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~ということで、葛西用水、元荒川を軸として、瓦曽根堰から越谷御殿跡・逆川伏越、および越ヶ谷本町、中町を歩きました。
 
 コースは次の通りです。
 
    越谷駅東口
      ↓
    瓦曽根溜井
      ↓
    赤水門
      ↓
    中土手
      ↓
    久伊豆神社
      ↓
    天獄寺
      ↓
    建長板碑
      ↓
    逆川伏越
      ↓
    越谷御殿跡
      ↓
    日光道中
      ↓
    越谷駅東口

 
 コースに沿って、写真とビデオを中心に紹介していきます。

続きを読む "越谷「入門」シリーズ~案外知らなかった越谷を歩く~(その1)"

投稿者 もりた : 00:10 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年05月04日

田植えと白鷺

 今年のゴールデンウィークは、思わず外出したくなるような晴天に、連日、恵まれています。国道4号線を挟んで越谷北高校の反対側、東側に広がる船渡地区に、田植えを見に行きました。私のお気に入りの場所です。
田植え(1)田植え(2)
田植え(3)田植え(4)

続きを読む "田植えと白鷺"

投稿者 もりた : 14:57 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年04月21日

検察審査会の議決による初の起訴

 昨日は兵庫・明石歩道橋事故に関して、検察審査会の議決による初の起訴がなされたというニュースがテレビで繰り返し報道されていました。今迄、「起訴」という行為は検察機関にのみ与えられた権限でした(「起訴独占主義」というそうです)。しかし法改正により、検察機関が不起訴とした案件でも、検察審査会により「起訴相当という議決」が2度なされた場合は、無条件に起訴されるようになったということです。
 
 この改正法が施行された昨年5月以来、実際にこの規定により初めて起訴されるに至ったのが、今回の「明石歩道橋事故」のケースということです。このケースに関しては、犠牲となり死亡された方のご家族にとって、この法改正が裁判への道を開き、真実究明と当時の明石警察署副署長の責任を明らかにすることへの明かりを照らすことになったという意味でよかったと思います。
 
 
 ひとつ気がかりなことは、小沢一郎・民主党幹事長の政治資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐり小沢氏本人に対して向けられた嫌疑(何の嫌疑か正確には知らないのですが、政治資金規正法違反容疑?)について、東京地検が不起訴としたことについての検察審査会の議決の行方です。
 
 テレビが、一昨日・昨日と明石歩道橋事故に関して検察審査会による「起訴相当の議決」が起訴に至ったというニュースを盛んに報じている理由の一つに、視聴者に対する"地ならし"の意味があるのではないかと思えることです。もちろん、小沢氏の案件について疑惑を抱いてる人が多いことを考えると、検察審査会の議事が開かれることは大事ですし、「起訴相当の議決」が二度なされれば、真実を明らかにするために裁判に場を移すことはよいことだと思います。
 
 しかし、テレビは視聴者に対して、「検察審査会による議決」ということと併せて、「推定無罪」ということをセットで伝えることが重要であると考えます。また視聴者である国民自身も、その位のことは常識として持っていてしかるべきと思います(たとえ、そのようなことを知識としては持ち合わせていなくても、大人として自分の頭で考えてみるということ)。
 
 起訴(裁判に訴えられること)されただけで、あたかも有罪であるかのような目で被疑者を見ることは厳に慎むべきであることを。ましてや逮捕=有罪と考えることは何をか言わんやです。

続きを読む "検察審査会の議決による初の起訴"

投稿者 もりた : 01:20 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年04月16日

41年ぶり?

 今日は寒いですね。外は冷たい雨が降っています。今夜、関東地方は雨が雪に変わる可能性があり、もし日付が変わってからですと、昭和42年と44年の4月17日に並んで、最も遅く雪が降った日になるとのことです。
 
 
 昭和44年の4月、雪が降った日、よく憶えています。私が小学校を卒業して、中学校に入学した年です。新学期が始まって2週目、ようやく新しい生活に慣れかけた頃でした。小学校は家から目と鼻の先、子どもの足でも3分とかからない、今考えると、とても恵まれた環境でした。
 
 対して、中学校までは自転車でも10分くらいかかる距離でしたが、残念ながら私は自転車通学が認められず、毎日20~30分の道のりを歩いて通い始めた矢先に季節はずれの雪でしたから、余計に印象深く残っていたのだと思います。

続きを読む "41年ぶり?"

投稿者 もりた : 18:45 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年04月15日

#muraki 「厚生労働省・村木厚子さん第17回公判(被告人質問)」江川紹子さんによる傍聴ツイート

 郵便不正事件に関与したとして起訴された、厚生労働省元局長・村木厚子さんの裁判の第17回公判が、昨日大阪地裁で開かれたそうです。この裁判については、ナミねぇ こと 竹中ナミさん( @nami_takenaka )と、江川紹子さん( @amneris84 )のお二人が公判をよく傍聴されていらっしゃいます。
 
 ところで、この頃はテレビのニュースは全くといってよいほど見なくなりましたので、どの程度報じられているかはわかりませんが、昨日と今日の朝日新聞に、新聞にしては珍しくこの件が報じられています。それでも新聞記事は要約でしかないので、傍聴された江川紹子さんのツイートを引用します。
 

Wed, Apr 14


  • 12:34  大阪地裁・村木厚子・厚労省元局長の公判。午前中は、まず偽証明書を作った上村元係長の上司T課長補佐ら厚労省関係者2人の取り調べを行った高橋副検事の証人尋問。T補佐は凜の会について「覚えていない」と供述したが、調書を作成しなかったことについて理由を聞かれ #muraki

  • 12:36  「記憶があるのに嘘をついていると思った。『記憶ない』という調書を作れば、忘れたということで通と思うんではないかいうことで、作成しなかった」と証言。供述の経緯を記録するために否認の調書を作成する必要があるのではないかと弁護人に迫られると…… #muraki

  • 12:40  「主任から『今日は調書を作る必要はない』と指示があった」と、前田検事から否認調書を作成しないよう指示が合ったことを認めた。ちなみに高橋検事も、取り調べメモは廃棄している。なお前田検事は、毎回裁判に立ち会い、検察官団の後ろからにらみをきかせている #muraki

  • 12:51  高橋検事は、取り調べメモのうち調書にしたものはすぐ廃棄したが、調書化してない部分は、捜査が終了するまで保管した後廃棄したと述べている。その理由は「調書に書かれていない部分もあったので、それについて調書を作る可能性もあると思ったので、廃棄せずにとっておいた」と #muraki

  • 12:52  いろいろ書かれているメモのうち、一部を廃棄し、一部をとっておく、なんてことがあるのだろうか、と疑問。 #muraki

  • 12:55  続いて、やはり複数の厚労省関係者を取り調べた牧野副検事。やはり取り調べメモは廃棄した、と。凜の会について「覚えていない」と述べた者に対し、机を叩いたことは認めるも、「こちらにも考えがある」と威嚇したことは否定 #muraki

  • 13:03  牧野副検事は、弁護人反対尋問で、公印の管理状況を厚労省庶務係長に聴取し調書を作成したと証言。弁護側は「その調書は弁護人に開示されていない」と指摘。牧野証人は返答に困り、検察官席にその状況を目で訴える。裁判長、すかさず「検察官の方を見ないで」と注意 #muraki

  • 13:17  大阪地裁。なぜか午後になって傍聴人のボディチェックを始めた。何があったんだろ

  • 14:44  その割には緩い。物々しい対応だけど、実施はカバンの中もチラ見のみRT @masato2desu: iC録音の隠し録りのチェックでしょうか? RT @amneris84: 大阪地裁。なぜか午後になって傍聴人のボディチェックを始めた。何があったんだろ

  • 14:47  検察官、飯島勲氏の調書を証拠申請。弁護側は不同意するだろうが、検察は証人請求する準備はあるのだろうかRT @kimera_kanmen: @amneris84 某元秘書官が来るんじゃないんですかぁ?(笑) #muraki

  • 18:58  牧野副検事は、毎日日替わりで多くの厚労省関係者の取り調べを行った。そんな中、村木被告から公的証明書の作成を指示されたとする部下2人の調書を作成。ただ、その指示は「法から逸脱してもやる趣旨ではなく、必要な書類は用意し、決済を通して作成する」と2人は解していた、と #muraki

  • 19:00  ところが、実際は正規の決済を経ず上村係長が偽造していた。右陪席裁判官は、「正規の証明書を出す指示が、偽造の指示へとずれていった経緯はどうなっているのか」と聞く。「聞いてません」と牧野副検事。「なぜ聞いてないんですか」と突っ込む右陪席。しどろもどろの牧野副検事 #muraki

  • 19:04  これで証人尋問は終わり。検察側は法廷で、検察官調書と食い違う証言をした重要証人のうち4人について、法廷証言より調書の方が信用できる特別な事情があるとして、証拠申請。裁判官の前では本当の事が言えなかったけれど、密室での取り調べで検事には事実を言った、という主張。 #muraki

  • 19:06  これについて、裁判所はすぐに判断せず。ところが裁判所は、検察官を促して、たくさんの調書類を「供述調書」としてではなく、供述経過を示す「証拠物」として証拠採用してしまった。弁護人が異議を申し立てたが、却下。だから裁判所は油断がならない #muraki

  • 19:10  続いて、村木元局長の被告人質問が始まる。まず弁護人の質問から。女性、障害者、子供をめぐる課題に取り組んできた経歴、社会人になる際に「国家公務員は国民の願いを制度や法律にかえていく翻訳者だ」という恩師の言葉を胸に刻んで仕事をしてきたことなど、彼女の姿勢がまず語られる #muraki

  • 19:17  こうしたジャンルの仕事は、民間の人たちとの関わりも深く、「その人たちの信頼を得るためにもしっかり仕事をやりたい」と考えてきたこと、女性や障害者は「本人は働きたい気持ちがあり能力が高くても、社会的偏見があってなかなか働けない、という点似ている」と感じたことなどを語る #muraki

  • 19:20  検察側の筋書きは、障害者自立支援法制定のため、野党議員からの無理な頼みも断れず、違法な指示を出した、というもの。昨年6月7日から9日までの間に8人の厚労省関係者について、一斉に同趣旨の調書を作成している。弁護人は、この法制定に向けての事実経過を村木被告に確認 #muraki

  • 19:32  村木被告が企画課長となった時、障害者の支援制度が財源不足で行き詰まっていた。初年度は、他の部署の予算を削って回してなんとかしたが、制度の改正が必要な状態。当初は介護保険制度を使うことを検討するなどの経緯を経て、平成16年10月に新制度のグランドデザインを作った。 #muraki

  • 19:36  身体、精神、知的障害者全体をカバーする形の法案作りを決まったのは、平成17年1月に始まる国会に提案する直前。なので、検察側が村木被告が違法な証明書作成を指示したとしている平成16年2月の時点では、法案を通すために議員の無理な頼みを聞くような状況では全くなかった、と #muraki

  • 19:38  村木被告は、予定を書いた手帳の他に、ノートに議員や障害者団体、自治体などからの依頼や問い合わせなども細かくメモし、それをパソコンの業務日誌に転記して保管していた。それにも、石井議員との面会、凜の会関係者からの面談は、一切記されていない。 #muraki

  • 19:40  逮捕された直後、最初に取り調べを担当した遠藤検事に、手続きについて説明を受けた。「あなたの場合は20日間勾留される。その後起訴不起訴が決まるが、あなたの場合起訴される」と言われた。「結論決まっているなら20日は何のためにあるんだろう」と思った、と #muraki

  • 19:42  逮捕後、10日ほど経った日の朝、すでに完成した調書を検事が持ってきて、「これにサインしてくれ」と言われたことがあった。読んでみると、言ったことのない話がいろいろ書かれていた。特に人の悪口を自分が言ったようになっていて別人格の人の調書のようだったので、拒否した #muraki

  • 19:45  検事は「どこが気に入らないか言いなさい。立派な否認調書だと思いますよ」と言ったが、署名を拒否したら「これは検事の作文です。筆がすべったところがあるかもしれません」と言って、作り直した。署名をする前に、翌日弁護人と相談したかったが「それは無理…… #muraki

  • 19:47  私が取り調べるのは今日が最後」と言われた。女性の事務官が「遠藤検事は被疑者の話を聞いてくれる」と言っていたので、ましな方の検察官かもしれないと思い、署名をする、と言った。ところが、検事が「最初と相当ニュアンスが変わったので上司の決裁をとる」と、出て行ってしまった #muraki

  • 19:49  取り調べの間に、罪の重さについて「執行猶予がつくだろうから大した罪ではない」と検事に言われ、非常に腹が立った。検事さんの物差しと私たち一般市民の物差しは違うと言った(このあたりになって、村木被告は泣き出した) #muraki

  • 19:50  「私にとっては罪人になるかどうか……。公務員として30年間やってきたことの信頼を失うかどうかの問題なんです、と泣いて訴えました」。法廷でも、涙ながらに語る村木被告だった #muraki

Thu, Apr 15

  • 00:08  @kobashige 調書類の多くは、弁護人が不同意としているので、裁判所は読めない。けど、検察も弁護人も調書の文言を引用しながら証人尋問しており、裁判所としても読みたい、というのが本音かも。とはいえ、供述証拠として、公判での証言より信用できると即断はできかねる #muraki  [in reply to kobashige]

  • 00:11  @kobashige というわけで、いったん「証拠物」として採用しておいて、中身を読んだうえで、公判での証言より特別に信用できる事情があるかどうかを判断するということにしたのではないか。つまり、検察官調書を調書として採用してもらうための1ステップになりかねない #muraki  [in reply to kobashige]

  • 00:17  @kobashige 「証拠物」として採用したって、裁判所は調書を読むわけで、その内容に影響されることもありうる。というわけで、弁護側としては、密室でとられた検事の作文である調書は読まずに、法廷での証言で判断して欲しいとして、こうした証拠採用に反対しました #muraki  [in reply to kobashige]

  • 00:20  @kobashige そもそも、調書を供述調書としてでなく「証拠物」として採用する、なんていう訳の分からない論法は、「専門家」の間だけで通用する話。裁判員裁判でない多くの裁判では、未だにこういう「専門家」の間だけで通じるやりとりが行われている、ということ #muraki  [in reply to kobashige]

  • Powered by twtr2src.
     
     
     昨日に引き続き、今日の公判でも被告人質問が続けられているようです。再び、江川さんのツイートから。
     

    Thu, Apr 15


    • 08:26  おはようございます! 原稿一本書いたし、これから朝ご飯。今日も裁判傍聴がんばろう!

    • 09:13  大阪地裁なう。なぜか今日は、傍聴券が必要というので、並ぶ。けど、ポツポツ雨が降ってきたので、屋根があるとこに避難。やだなあ、傘持ってないのに

    • 09:20  村木元厚労省局長の裁判の被告人質問の続きですRT @MyTruth2010: 今日はどんな裁判ですか? RT @amneris84: 大阪地裁なう。なぜか今日は、傍聴券が必要

    • 09:26  チベットの地震、大変そう。1人でも多くの人が助けられますように!中国は、メディアの取材にどう対応するのかしら・・・

    • 12:37  郵便不正事件の公判:村木厚子厚労省元局長への被告人質問続き。弘中弁護士が検事が交代した後の取り調べ状況を聞く。二人目は、国井検事。偽証明書を作った上村被告を取り調べ、村木被告の指示を”自白”させた検事だ。その”功績”を買われ、”大本命”の村木被告の担当になったのか #muraki

    • 12:39  国井検事は、担当して初日に「この事件はこういうことなんだよ」と行って、凜の会が設立された経緯から、政治家に頼んで公的証明書を入手しようとしたいきさつ、村木被告の指示、上村被告による偽造の経緯などを詳しく語って聞かせた、とのこと。 #muraki

    • 12:42  国井検事が事件の”全貌”を一方的に語るのを聞いて、村木被告は「そういうストーリーになっているのかと思った」とのこと。その後も、国井検事は、他の人の調書を持ち込んで、「○○はこう言ってるよ」と詳しい話を語って聞かせ、村木被告の話はほとんどメモもとらなかった #muraki

    • 12:46  国井検事は取り調べ2日目、調書を事務官に口述筆記させた。内容は<私は上村さんに大変申し訳なく思っています。私の指示が引き金で、このような事件が起きてしまいました……大変責任を感じています>。「この調書にサインしますか」と聞かれたので「できません」と村木被告は断る #muraki

    • 12:48  署名を断った理由について、村木被告は「内容が抽象的で、何について私が責任を感じているのか、なんとでも読める内容で、嫌らしく感じたので、サインできませんと申し上げました」と説明。「まったく言ってもいないことでしたし、罠にはめられているような感じがした」と語る #muraki

    • 12:52  国井検事からは、「あなたが嘘をついているか、他の全員が嘘をついているかのどちらかだ」と言われた。さらに「ノンキャリは汚い仕事ばかりさせられている。ノンキャリは上司の言うことは絶対で、仕事が嫌でたまらない」とも言っていた。ノンキャリアの方に失礼だと思った、と村木被告 #muraki

    • 12:55  「議員さんの紹介があっても、団体の方が訪ねてこられても、私たちがやることは同じです」と説明したが、国井検事は「違う。団体が訪ねて行ってもやらない」と言い張った。呆れて「この人は、どこでこういう思いこみを持つようになったのかな」と思った、と村木被告。 #muraki

    • 12:57  私(江川)が想像するに、検察庁、もしくは国井検事自身がそういう体質(キャリア=検事がノンキャリ=副検事を見下したり、政治家と一般人で対応を変える)なので、村木被告やその職場に、その体質や構図を当てはめたのかも #muraki

    • 13:00  その一方で、国井検事は毎日現れて「否認していると裁判で厳しい結果が出る。僕は村木さんのことが心配だ」などとも言っていた。国井検事は「非常に思いこみが激しく、信頼関係を作るのは無理だな」と感じた、と村木被告 #muraki

    • 13:02  遠藤検事の取り調べの時から、自分は「記憶にないこと」「と「絶対ありえないこと」をきちんと分けて述べたのに、調書では全然それを分けてくれなかった。たとえば、会った記憶はまったくないが、たくさんの方に会っているので、絶対に会ったことはないない断言はしなかった #muraki

    • 13:04  なのに、断言したように書かれたので、だんだん不安になった。どこかで罠にはめられているんじゃないか、と思った。っているのに、会ってないと断言している私は嘘つきだと後でされるんじゃないかと、と村木被告は当時の不安な胸中を語った #muraki


    Powered by twtr2src.
     

    続きを読む "#muraki 「厚生労働省・村木厚子さん第17回公判(被告人質問)」江川紹子さんによる傍聴ツイート"

    投稿者 もりた : 19:39 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    小坂明子さんと谷山浩子さん( @taniyama_ )とやまがたすみこさん

     久々の音楽ネタ、というよりも、ブログの更新自体が久しぶりになってしまいました。唐突ですが、次の3人、いずれもシンガーソングライターですが、小坂明子さん谷山浩子さん( @taniyama_ )とやまがたすみこさんは、3人とも私と同学年の女性です。
     
     書きたかったのは、それだけ、つまり同い年自慢です。ちょうど一ヶ月くらい前に、このことをTwitterにツイートしました。
     
      mmorita3の3月16日のつぶやき
     
     
     つぶやいたキッカケは、小坂明子さんがラジオ番組のゲストで出演していて、「あなた」を耳にしたことです。小坂明子さんの「あなた」をリアルタイムで聴いたのは、私が高校1年か2年の頃でした。ご自身による作詞・作曲、当時未だティーンエイジャー、大ヒットして連日この歌が流れていたことは、もちろん忘れてはいませんでしたが、同学年であることをWikipediaで初めて知りました。
     
     
     そこですぐに連想したのが、谷山浩子さんです。同じシンガーソングライターで、同じティーンエイジャーの谷山さんも既にデビューしていました(そのことを私が知ったのは、ずっと後のことですが)。谷山浩子さんのことは、このブログにも書いたことがありますが、ここ数年コンサートに何度も通うほどの大ファンです。
     
     
     そして、もう一人忘れてならない(当時から、ずっと憶えています)のが、「やまがたすみこ」さんと、その代表曲である「風に吹かれて行こう」です。たしか小坂さんよりやや遅れて、昭和48年頃(私が高校2年の時)にデビューしたと記憶しています。
     
     
     そしてつい先日、Wikipediaによって、やまがたすみこさんも私と同い年であることを知った時、ちょっと驚きました。3人の女性シンガーソングライターが同学年(小坂さんのみ歳は1つ下)であり、しかも、ほぼ同じ時期にデビューしていたなんて。
     
     当時はフォークブーム、というよりもシンガーソングライターが一つのブームになっていたとはいえ、タイプの違う3人の天才が同時期に世に出ていたことは、今考えると奇跡のように感じられます。そして、私自身が彼女たちと同い年(同学年)であることが自慢に思えて、みなさんにお知らせしたくなったのです。

    続きを読む "小坂明子さんと谷山浩子さん( @taniyama_ )とやまがたすみこさん"

    投稿者 もりた : 02:43 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年04月06日

    初めての榛名神社代参

     先週の土曜日(4月3日)に群馬県にある榛名神社に参拝しました。地元・大泊の榛名講の代参に、父の代理で初めて参加したのです。


     
     家に榛名神社のお札が貼ってあるのは、子どもの頃から知っていましたが、榛名山に登ったのは今回が初めてです。山中奥深く榛名神社の境内までは、車で移動します。ここ(境内)から本殿までは、歩いて登ります。ただひたすら上って登り続けるだけです。
     

     
     
     登ること約20分(壮健な足で15分)、大きな岩山を背にした本殿は、霊気が漂う厳かな空間でした。
     

     
     
     おそらく昔の人は麓から本殿まで、何時間もかけて徒歩で登山したのでしょう。長い距離を歩くこと、高い山道を登ることは、心身によい作用を促すことが実感できます。

    続きを読む "初めての榛名神社代参"

    投稿者 もりた : 01:58 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年03月27日

    #rakuteneagles #seibulions ニコ生でも楽天公式戦生放送

     インターネットによるプロ野球のライブ中継は、先ほどのエントリーで紹介したパ・リーグ ライブTVだけでなく他にもあるようです。ニコニコ生放送が楽天イーグルスの公式戦72試合(ホームゲーム)を無料で生放送するそうです。
     
      今年もやります!楽天イーグル​ス公式戦生放送!楽天vs西武​戦
     
     
     現在、東北楽天#rakuteneagles )対埼玉西武#seibulions )の試合がオンエアー中です。

    続きを読む "#rakuteneagles #seibulions ニコ生でも楽天公式戦生放送"

    投稿者 もりた : 14:06 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    #rakuteneagles #seibulions パ・リーグ ライブ中継が今季から有料に

     先週開幕したプロ野球パ・リーグ、今シーズン初めてインターネットで観戦してみることにしました。約半年ぶりに同サイトを訪れてみると、今季から有料になるようです(昨年までは「Yahoo!動画 パ・リーグぜ~んぶ無料!!」で観戦することが多かったのですが)。3月いっぱいは無料ということですので、さっそく東北楽天#rakuteneagles )対埼玉西武#seibulions )の試合を見ています。
     
      パ・リーグ ライブTV
     
     
     岩隅・涌井のエース対決です。今季もパ・リーグ中心にプロ野球を楽しめそうです。両チームを含め、パ・リーグ各球団のTwitterハッシュタグは、次の通りだそうです。
     
      ・パリーグ各球団ともハッシュタグで、苦労、工夫している( @mondaysilencer on Twitter )

    続きを読む "#rakuteneagles #seibulions パ・リーグ ライブ中継が今季から有料に"

    投稿者 もりた : 13:47 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年03月24日

    田原総一郎さんがTwitterを始められたようです

     ジャーナリストの田原総一郎さん( @namatahara )がTwitterを始められたようです。お歳のことを申し上げては失礼ですが、私の両親とほとんど同年代(父よりも2歳下、母より4歳下)です。田原さんのタイムラインを拝見すると、movatwitter(携帯電話)とweb(PC?)でツイートされていますので、以前から情報機器は使っていらっしゃったのかと思います。
     
     ジャーナリストという、広義には情報産業に従事されているので当然といえば当然かもしれませんが、あの年代でTwitterにチャレンジされることは、矢張り驚きであると同時に非常に嬉しくなります。
     
     
     余談ですが今週末の日曜日(3月28日)で、田原氏が司会をされているサンデープロジェクトが放送終了となるそうです。1990年代の初め頃、私自身が政治に強い関心をいだくキッカケの1つになった番組で、当時は毎週のように見ていました。ここ数年は、たまにしか見なくなりましたが、番組としての大きな役目を終えたのかも知れません。

    続きを読む "田原総一郎さんがTwitterを始められたようです"

    投稿者 もりた : 16:44 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    #otcEC ケンコーコムCEO後藤玄利氏のスピーチ

     現在、FCCJ(日本外国特派員協会)で行なわれている、ケンコーコムCEO後藤玄利氏の記者会見がUstreamで生中継されています。今、外国人記者からの質問に後藤CEOが答えているところです(ハッシュタグ #otcEC)。 
     
    ※ 12時30分に始まった記者会見は、13時30分頃に終了しました。ケンコーコムさんのUstreamアカウントページにアーカイブビデオがありましたので、掲載します。
     

     
     
     英語なので、私にはほとんど理解できませんでしたが、後藤氏の力強い訴えは伝わってきました。ネットショッピング利用者も、EC提供者側の方も、是非ご覧いただくことをお勧めします。
     
     
     Ustreamを見ている人のツイート( #otcEC )を読むと、薬事行政の問題だけでなく、日本のマスメディアを問題視している人が多いようです。後藤さん(ケンコーコム)の後ろには、多くのネットショッピングユーザー、EC事業者、ネットショップオーナーが応援していることを知って、是非頑張っていただきたいと思います。

    続きを読む "#otcEC ケンコーコムCEO後藤玄利氏のスピーチ"

    投稿者 もりた : 13:13 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年03月19日

    #muraki #ISOP0226 #joqr 「厚生労働省・村木厚子さん第14回公判」速報 by 江川紹子さん

     「厚生労働省 元局長・村木厚子氏に対する裁判の第14回公判」傍聴のツイート、今日はいつものナミねぇ こと 竹中ナミさん( @nami_takenaka )に替わって、ジャーナリスト・江川紹子さん( @amneris84 )によるツイートを紹介します。
     

    Thu, Mar 18


    • 09:07  大阪地裁なう。到着が早すぎ。遠い人ほど早く来て、近い人ほど遅刻するって、よくあるけれど。雨が降ると思って長い傘を持ってきたのに、なんと大阪は晴れている!どこかに置き忘れそうな予感。

    • 09:11  村木裁判、今日から重要証人などの取り調べに当たった検事の証人尋問が行われる。取り調べ検事の尋問自体は珍しくないが、6人もというのは、かなり異例。検事の証人尋問って、要は「違法な調べはしてません。本人が任意で供述しました」と言うだけなので、かなり地味。弁護側がそれを突き崩せるか

    • 09:17  大阪地裁の村木厚子被告の裁判。今日は傍聴券交付はなし。検事の証人尋問は地味です。「すみません、ちょっと被疑者脅しちゃいました」なんて自白する人はまずいないので、全然ドラマがないのが普通。ということで人気薄なのかもしれない #muraki

    • 09:19  ホントだ!気をつけようっと RT @toshiro 油断大敵ですよ。大阪の午後の降水確率は50%。持って行った傘をどこかに置き忘れて、それで雨に降られたら目も当てられないですよ。全国的に天気は下り坂というのは桜の季節が近いということですね。

    • 09:21  駅で買った読売新聞大阪版には、第3社会面にちゃんと裁判の記事が大きく出ていました。 #muraki

    • 09:23  心配してくださってありがとう! RT @rietan1223 私も降板かと心配したけど安心しました。明日のラジオと来週楽しみにしています。RT @hdkyhdtr 番組降板かと思ったけど RT @amneris84: 今日は、厚生労働省の村木厚子元局長の裁判傍聴で、番組をお休み

    • 12:34  大阪地裁:午前中は凜の会代表の倉沢被告を取り調べた坂口副検事が証人。検察側の主尋問で、取り調べは適切だった強調。「取り調べを始める前に『体調はどうですか』と必ず聞いておりました。倉沢さんか『思わしくないです』と言っていた場合は短時間で終わらせていました」と #muraki

    • 12:39  「私が『全容解明が検察官としての私の使命であり国民の要請である』と訴えると、倉沢さんは『分かりました。実は厚労省の担当部署にお願いし、正規の申請を得ずして公的証明書を発行してもらいました』と打ち上げました」と #muraki

    • 12:42  坂口副検事は、取り調べメモを処分。弁護団はこれを問題にしているが、「私が自費で買ったノート。倉沢さんのプライバシーや名誉に関する記載もあったので、プライバシー保護の観点から保管を継続しておくべきではないと判断した」と正当化。検察庁での保管がなぜプライバシー違反? #muraki

    • 12:46  取調中に検事が机を叩いたとの倉沢証言を確かめられ、「数回はあった」と認める。凜の会が障害者と無関係なことを「いったんは認めながら、責任逃れをするように『そこまでの認識はなかった』という時が何回かあったので、その時に少し机を叩いた」と #muraki

    • 12:47  それでも、取り調べの最終日、倉沢被告はスーツを着て臨み、最後に深々とお辞儀をして、「ありがとうございました。私の担当が坂口さんで本当によかった」と言ってくれた、と。 #muraki

    • 12:51  倉沢被告は平成16年2月25日に石井議員に口添えを依頼したと述べていたが、取り調べの最終日に「それはアポを入れた日。100%その日とは言い切れない」と述べた、と。前回の法廷で、石井氏にこの日は倉沢被告と会ってないと証言されたためか、別の日の可能性を強くにおわせる #muraki

    • 12:55  弁護側反対尋問:長時間の取り調べを行いながら、まったく供述調書を作ってない時期があることを指摘。この時期に何を調べていたのかを聞くも、証人「よく覚えていない」と。「全然覚えてないのか」の追及に、いくつか答えるが、それはすでに調書作成済みのこと。不自然さを追及され… #muraki

    • 12:57  「経緯が長いですから」と苦しい答弁。その間にメモは取っていたのかを問われると、しばしの沈黙のあと「ある程度はとっていました。私の頭の中に倉沢さんの生の言葉として残っておりましたので、あとでまとめて調書にすればいい、と」。そのメモは廃棄されている #muraki

    • 12:58  「石井議員についての供述は6月3日の調書に初めて出てくるが、この日に言い出したのか」の問いに、「5月末か6月1日」と。弁護人「そういう重要な話を聞きながら、その日に調書にしなかったのはなぜか」と問う #muraki

    • 13:00  証人「倉沢さんの供述の出方からして、すぐに調書を作成しなくても、翌日、翌々日に作成しても供述は動かないだろうと確信していた。毎日顔を合わせて、人間関係が形成されていた」と。机を叩いて叱りつけなきゃいけないようなこともあったのに? #muraki

    • 13:01  もう裁判所に戻ります。残りは後で #muraki

    • 17:45  倉沢被告が石井議員に会って依頼をしたという日が100パーセントではないと述べたと主張すり坂口証人に対して右陪席裁判官が鋭く突っ込む。「手帳に書いてあるのは予定、変更になった可能性もある」と弁解。さらに右陪席は「あの手帳では予定を消化すると赤線で消してある。この日も #muraki

    • 17:52  赤線で消してある」と指摘。「本当に倉沢さんはそんなこと言いましたか」と検察官の証言に疑問を呈した。 #muraki

    • 20:35  裁判長、倉沢被告が本件で逮捕された後、裁判所で行われた勾留質問で、「証明書偽造されたものとは知らなかった。そういうもの作成するよう共謀したことはない」と述べている点を指摘。逮捕後、そういう趣旨の検察官調書ができてないことについて「否認の調書を作らないんですか」と #muraki

    • 20:38  質問。さらに「否認の弁解をそのまま調書にとることはないんですか」と重ねて質問。取り調べをしているのに調書がなく、否認の調書もない状況に、裁判所は不自然さを感じているよう。検察は否認調書は作らないのではないかという裁判長の質問は、本件捜査の本質を突いている #muraki

    • 20:54  続く検察官側証人は、凜の会の河野被告、村木被告の上司だった塩田元部長ら3人の厚労省関係者を取り調べた林谷検事。スーツがはちきれんばかりの”豊満な”肉体の大阪地検特捜部検事は、ペットボトルを片手にヒョコヒョコ軽い足取りで登場。いかにもこういう場は「慣れている」雰囲気 #muraki

    • 21:08  それもそのはず、捜査中の取り調べが問題になって証人出廷するのは、これで3回目という。「宣誓してください」と裁判官に言われて、「は~い」と間延びした返事。リラックスのし過ぎなのか、それとも余裕を演出しようとしているのか……こういう態度の証人はちょっと珍しい #muraki

    • 21:15  しかも林谷検事の話は、声が小さく、とにかく早口。いくら主尋問の検察官が「ゆっくり」と言っても、改まらない。速記官が、最初は困惑顔、そのうち、うんざりした顔をしている。中身のあるなしはともかく、ぺらぺらとまくし立てて、相手を圧倒しようとするタイプのようだ。 #muraki

    • 21:18  林谷検事もメモを取ったノート2冊は廃棄している、と。理由を聞かれ「私にとって必要ないから」と。大阪地検特捜部では、被疑者が否認しても調書にしない、取り調べの時のメモは廃棄する、というのが慣例なのだろうか #muraki

    • 21:21  林谷検事に取り調べられた4人は、いずれも公判の証言で調書の内容を否認し、捜査段階で無理な取り調べがあったと証言している。しかし林谷検事は、大声で追及したことはあったと認めながら、威嚇的な取り調べや取り引きなどは一切なかったと、4人の公判証言を否定 #muraki

    • 21:23  村木被告の上司である塩田厚労省部長は、公判で「石井議員との通話記録がある」と林谷検事から言われて、それならば電話をしたことがあるかもしれない、と認めた旨を証言している。しかし、後でそのような通話記録はなかったと知らされ、欺かれたとショックを受けたというのが法廷証言 "muraki

    • 21:26  林谷検事は、そうした塩田証言を一切否定。自分から通話記録についての話を持ちかけたことはないと述べた。そのうえで、塩田部長を2度目に取り調べた時に、「すみません。実は昨日は隠していました」と石井議員とはこの件で2回話をしていることを供述した、と証言 #muraki

    • 21:35  本当のことを話そうと思った理由を尋ねると、塩田部長は小泉元首相の秘書だった飯島氏に相談したところ「本当のことを話なさい」と言われたからと述べた、と。自分自身の逮捕をおそれた塩田氏が、かねてから知り合いの飯島氏に相談をしたが、当たり前の返答しか返ってこなかった。 #muraki

    • 21:38  林谷証言によれば、飯島氏は、以前厚生省次官だったO氏が逮捕された時のことを引き合いにして、「あの事件のことはよく覚えているだろ」「嘘をついてもばれるから正直に話した方がいい」と、至極まっとうなことを勧めたとのこと。林谷検事は、そのいきさつを調書化しようとしたが  #muraki

    • 21:42  塩田元部長が飯島氏の名前を出すのを嫌がり、その部分は調書にしなかった、と。それにしても、なぜ検察側はここで飯島氏の名前をわざわざ出したのか?一部で、飯島氏がこの事件の黒幕であるかのような陰謀論が出回っていることを意識してのことか、それともマスコミがこの名前に #muraki

    • 21:45  飛びついて、検察官の取り調べの問題よりも、飯島氏に関心が移ることを期待してのことか?あるいは、特別な意図はなく、事実経過を単に述べただけなのか?その意図はいまいちよく分からない

    • 21:48  弁護側の反対尋問で、捜査情報がマスコミに伝わっていたことについて質問が及ぶと、検察側が相次いで異議申し立て。「誤導だ」「関連性がない」と検察側は主張した。リークが問題になることをおそれてなのか、検察側の過敏な反応が印象的 #muraki

    • 21:55  凜の会の河野被告の弁護人が林谷検事の取り調べは問題だと大阪地検に抗議。林谷検事は、特捜部副部長から注意を受けた。その辺の事情を聞かれ、「大きな声で追及はしたかもしれない」と。ただし、「大きな声で何を言ったか」と問われても「覚えていません」と #muraki

    • 21:58  林谷検事は、任官10年にして大阪地検特捜部は7カ所目の任地であることも明らかになった。あまりに優秀なので、あちこち引っ張りだこになったのか、それとも……その辺は次回の弁護側尋問で明らかにされるかもしれない。 #muraki

    • 22:09  どうすればいい? RT @kishibem 公式RTでお願いできませんか? @amneris84江川紹子さんをコメントなしでそのままRTしている皆さん。 @amneris84 #muraki のTLが同一リツイートで埋め尽くされてしまいます。

    • 22:24  わたしも知りたい! RT @vitroid ぜひ過去に担当した事件も知りたい。 RT @amneris84: 林谷検事は、任官10年にして大阪地検特捜部は7カ所目の任地

    • 23:34  おうち、にゃう! さすがに今日はくたびれた、にゃん。ところで傘ですが、大阪では一滴も降られず、なので一度も開かず、無事持って帰りました。長い傘、ただ運んだだけ。使わない物をただ運んでいることが多いので、江川運送と呼ばれたりもする

    • 23:37  それにしても林谷検事の小さい声で超早口の証言には参りました。聴き取るために身を乗り出して体が傾くので背中がバリバリ、手は腱鞘炎になりそう。取調室で大声出すなら、法廷でも大きな声ではっきり証言して欲しいわ~。


    Powered by twtr2src.

    続きを読む "#muraki #ISOP0226 #joqr 「厚生労働省・村木厚子さん第14回公判」速報 by 江川紹子さん"

    投稿者 もりた : 01:32 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年03月10日

    #ISOP0226 Twitterによる「厚生労働省・村木厚子さん第12回公判」速報 by ナミねぇ

     ナミねぇ こと 竹中ナミさん( @nami_takenaka )による「厚生労働省 元局長・村木厚子氏に対する裁判の第12回公判」のツイートです。
     

    Wed, Mar 10


    • 09:46  大阪地裁に向かう、なう。寒い! 六甲山に住む友人から、今朝も雪が降り続き、外に置いたバイクが雪だるま状態や、とのメール。

    • 09:58  201号法廷、傍聴席なう。グレーのツィードスーツの厚子さんが、傍聴者に「おはようございます」と笑顔で声をかけながら、いったん入廷し、控え室へ。最も信頼する部下だった、間元課長補佐の証言に期待。

    • 12:15  厚子さん第12回公判、10時開廷。検事側5名(女性1名)弁護側7名(女性2名)、厚子さんは弁護側に着席。証人の出廷を待つ間、S検事、なぜかまばたき多し。10:08間元企画課課長補佐が入廷。180センチの大柄を丁寧に折って一礼。証言席でも再び深く一礼。全身から落ち着きが感じられる。

    • 12:20  間(はざま)元補佐は、裁判長に促され名前を名乗ったあと、宣誓書を読み上げる。栗林弁護士からの尋問が始まる。「今回の事件を、どのようにして知ったか?」。間元補佐「昨年5月28日、外郭団体に行かれた塩田元部長の電話で。職場に検察の捜索が入り、携帯も持っていかれた。検察に(自分は)

    • 12:23  狙われてるようだ。石井議員から依頼の電話を受けただろうと言われたが記憶が無い。もし電話が有ったのなら、きみや村木さんに連絡したはずだが、覚えてないか?という電話だったので、全く覚えがない。石井議員の名前も聞いたことがない、と答えた」「石井議員は障害福祉に関係ないですもんね」とも。

    • 12:28  栗林弁護士「その時、どのように感じたか?」。間氏「当時、塩田氏に議員から色々電話が有ったことは知っているが、政策的に重要なものなら私も連絡を受けているはず、と思った」。弁護士「あなたは、どのような仕事をしておられたのか」。間氏「厚労省独自のポストで、政策調整委員という立場だった」

    • 12:33  弁護士「それはどのような役割なのか?」。間氏「国会関係の情報収集や答弁の指示を出す役割なので、塩田氏に石井議員から依頼の電話が有ったなら、聞いているはずの立場」。弁護士「村木さんとあなたは、仕事上どのような間柄か」。間氏「日に数回、情報交換し、議員や障害者団体とのやりとりが有れば

    • 12:37  全て話しあっていた。村木課長の行動で自分が知らないのは、外で村木さんが職務上重要でない人と名刺交換したような場合くらいだった」。弁護士「北村係長との役割分担は?」。間氏「北村氏は予算、人事担当で定型的な仕事を担当、私は国会対応などイレギュラーで非定型的な仕事を担っていた。」

    • 12:45  聞き取れないほど小さな声で、泣きじゃくりながら証言した上村元係長や、先日出廷した北村元補佐よりも大きな声で、滑舌良く受け答えする間氏。証言する背筋もピンと伸びている。間氏の証言から「厚子さんのスケジュールや面会者、取り組んでいる案件の全てを間氏が把握していた」ことが明らかに。

    • 12:50  また、上村元係長が所属する社会参加推進室は、厚子さんが課長を務める企画課の下部組織になるが、独立した部屋で独立した業務を行っており、相談を受けることはあるが、一緒に仕事をすることは無かった。従って、上村元係長と村木課長には仕事上の接点は全く無い」と、間氏は語る。

    • 12:56  「事件当時は、制度が大きく変化した時期とされているが」と弁護士。「障害福祉予算が大幅に不足して、大変な状況だった」と間氏。「平成15年4月に、行政が障害者の生活や施設を決める措置制度から、障害者自身がサービスを選択する支援費(しえんぴ)制度に転換し、サービスを実現するための予算が

    • 13:00  大幅に不足し、秋ごろからは16年度予算をどう確保するか、あるいはどう切り詰めるかが最大のテーマだった。他のセクション・・・児童や高齢者福祉予算から分けてもらうようなことも含め、関係部署との折衝も大変だった」と、当時を思い出すように語る間氏の超えに苦渋が満ちる。

    • 13:05  「後に自立支援法が成立したが、当時その法案との関係は?」自立支援法を通すため石井議員の依頼を断り切れなかった、という検察側のストーリーの妥当性について、弁護士が確認をはじめる.。「平成16年春には、自立支援法についての議論は全く始まっていなかった。」と、間氏がきっぱり答える。

    • 13:09  「当時、情状打開のために議論されていたのは、高齢者のための介護保健法が障害者にも適用出来ないか、ということ。高齢者の中には若くして障害を持ち、高齢になった方もいるので、法の整合せを取ることは可能ではないかと議論が開始された。しかし、とりわけ障害者団体から反対意見や慎重論が相次ぎ、

    • 13:14  議論がまとまることは無かった」「自立支援法に関する議論は、そのような経緯をて、平成16年8月末から始まった。自分はそのグランドデザインの策定に関わり、17年2月、自立支援法は国会に提出された。従って本事件と自立支援法は、時期的に全く関係が無い。」間氏の説明に傍聴席が大きく頷く。

    • 13:19  記事を送るため、法廷を出る記者もいたが、今やもう誰一人、検察のストーリーが崩れることに驚くことのない、静かな法廷。・・・あ、午後の開廷時間が近づいたので、PCを閉じなければ。まとめは、また今夜がんばろう!(^^)/~


    Powered by twtr2src.

    続きを読む "#ISOP0226 Twitterによる「厚生労働省・村木厚子さん第12回公判」速報 by ナミねぇ"

    投稿者 もりた : 19:02 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年03月03日

    #ISOP0226 「村木厚子さんの第10回公判傍聴記」を読んで思う素朴な疑問「検察は何故必要なのか?」

     竹中ナミさん( @nami_takenaka )による村木厚子さんの第10回公判傍聴記がアップされたようです。
     
      厚子さん、第10回公判傍聴記 by ナミねぇ(プロップ・ステーション - トピックス)
     
     
     本当にご苦労様です。この傍聴記にあるように、上村氏(厚生労働省 元(?)係長)の証言からは、検察調書にほとんど信憑性が無いことが窺い知れます。但し、この公判で問われていることは、村木厚子氏が郵便料金不正事件に関与しているか否かであって、当然ですが村木氏を取り調べ、起訴した大阪地検特捜部の検事が被告ではありません(村木氏や上村氏の取調べ過程や、調書の信憑性そのものが、裁判の直接の対象ではありません)。
     
     
    (追記)
     
     その後、ナミねぇさんは「上村勉証人の被疑者ノート」をアップしました。
     
      ・上村勉証人の被疑者ノートの内容が公開されましたので、ポイントをご紹介します。(プロップ・ステーション - トピックス)
     
     これを読むと、検察が描いたストーリーに沿った取調べや、たくさんの偽りを含んだ検察官が書いた調書へのサインを促す強烈なプレシャーのかけ方などが、ロッキード事件で逮捕・起訴された江副浩正氏の場合と全く同じであることがわかります。
     
     昨年5月に逮捕された上村氏が、昨年10月に出版された江副浩正氏の著書「リクルート事件・江副浩正の真実」(中央公論新社)を読んでいるはずも無く、その上村氏の被疑者ノートに書かれた内容から垣間見える検察官の取調べのパターンや手口が、20年以上前のロッキード事件の時とまったく変わっていないことに、驚きよりも、むしろ半ばあきれてしまいます。(以上、追記ここまで)

     
     
     それでも私は、新聞やテレビが今日の上村氏の証言を、どのように報じるか強い関心を擁いています。みなさんも是非明日の朝刊を読んでいただきたいと思います。取っている新聞(そもそも新聞を購読していない方も少なくないかもしれませんが)をチェックしていただきたいと思います。
     
     この裁判に関しては、2月25日の朝日新聞も『元係長「調書でっちあげ」 郵便不正公判 検察の誘導を主張』として、第8回公判における上村・元係長の証言を報じています。他紙のことはわかりませんが、おそらく、上記の竹中氏の傍聴記ほど詳しく書かれている記事は無いのではないかと予想します。無理もありません。新聞には紙面に物理的な限界があります。
     
     
     今日の公判について報じるテレビのニュース番組は、もっと少ないでしょう。今日の公判そのものを報じない(報じる時間枠が無い)か、または、極短く断片のみ報じるかの、どちらかでしょう。新聞もテレビも、「ものこと」の断片しか伝えられません。断片のみでは、「ものこと」を正確に伝えることはおろか、誤って伝える危険の方が多い場合があるといえます。
     
     新聞紙上やテレビのニュース時間枠は、既に「民主党・小林千代美衆議院議員陣営に対する北海道教組からの資金提供問題」に移っています。以前のニュースを、きちんと事後報道するという点において、新聞ほど適さない媒体は無いのではないでしょうか。紙面に書ける分量が少な過ぎます。
     
     
     いずれにしても、政治や事件に関する報道の手段として、テレビや新聞の限界が露呈していることを感じます。

    続きを読む "#ISOP0226 「村木厚子さんの第10回公判傍聴記」を読んで思う素朴な疑問「検察は何故必要なのか?」"

    投稿者 もりた : 23:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    #ISOP0226 「検察と報道のあり方」に関するシンポジウム(2月26日)のビデオが掲載されています

     2月26日(金)に文京区民センターで催されたシンポジウム「『小沢vs検察』にみる検察と報道のあり方」の模様を撮影したビデオが、Infoseek 内憂外患にアップされたようです。当日、インターネットで生中継されたもののアーカイブ(録画)版のようです(#ISOP0226)。
     
      【録画版UP】「小沢vs検察」にみる検察と報道のあり方(Infoseek 内憂外患)
     
     
     私がこの情報(録画版UP)を入手した経路もまた、THE JOURNALです。
     
      《録画放送中!!》「小沢vs検察」にみる検察と報道のあり方(THE JOURNAL - News Spiral)
     
     シンポジウム開催から録画版アップまで、少し時間がかかったようですが、初めから終わりまで網羅されているようですので、参加されなかった方、当日生放送をご覧にならなかった方は、ぜひご覧いただくようお知らせします。
     
     
     出演者は、三井環氏、鈴木宗男氏(衆議院議員)、安田好弘氏(弁護士)らです。3人に共通しているのは、囚われの身になったことがある者、と笑いを誘ったのは、安田弁護士でした。
     
     三井環氏は、ご存知の方も多いかと思いますが、元・大阪高検公安部長で、検察の裏金を告発しようとして、逆に検察から起訴された方です。裁判でも有罪の判決を受けて、刑務所に入り、つい最近刑期を全うして出所されました。ちょうど、フォーラム神保町で緊急シンポジウムが催されていた日(1月18日)のことで、シンポジウムの最中に会場のスクリーンに三井氏の姿が大きく映し出されたことを思い出します。
     
     以下のビデオは、後日、ジャーナリスト・岩上安身氏( @iwakamiyasumi )のインタビューに答える三井氏の映像です。
     

    続きを読む "#ISOP0226 「検察と報道のあり方」に関するシンポジウム(2月26日)のビデオが掲載されています"

    投稿者 もりた : 19:46 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    厚生労働省・村木厚子さんの公判がツイートされている

     昨年、障害者向け郵便料金割引制度の不正に関与したとして、大阪地検特捜部に逮捕された村木厚子氏の公判が今日も行なわれている様です。障害者支援を行なっている(と自称している)「凛の会」という団体に対して、嘘の証明書を発行した容疑で逮捕・起訴された厚生労働省の上村さんという係長。当時、上村係長の上司(局長)であった村木氏も、事件に関与したという容疑で逮捕・起訴されたものです。
     
     この公判を傍聴されている「ナミねぇ」こと竹中ナミさん( @nami_takenaka )という方が、公判の模様をTwitterでツイートされています。法廷内ではツイート出来ないのではないかと思いますので、午前の公判終了後、まとめてツイートされているのではないかと思います。
     
     
     信じるかどうか、どの程度信じるかどうかは、このツイートを見た方の受け取り方によります。しかし、午前の公判直後、記憶に新しいうちにというお気持ちで、また午後の公判が始まるまでの短時間の間に午前にあった尋問や証言を出来るだけもれなく、という配慮で書かれたのではないかと想像します(あくまでも私の想像)。
     
     何を申し上げたいかと言うと、このツイートを読む人に、被告人に有利な印象を与えるために文章を少し変えたり考えたりする余裕は、竹中さんには無かったのではないかと言うことです。発言の内容をそのまま(出来るだけ加工せず)ツイートするのが最も時間がかからない(と私は思う)からです。音声や映像を伴った生中継ではありませんから、竹中さんという人の耳や脳というフィルターは経ますが、「編集」・「加工」という情報の変化は比較的少ないのではないかと(私は)思っています。
     
     
     以下に、竹中さん( @nami_takenaka )のこれまでのツイートを掲載します。
     

    Wed, Mar 03


    • 07:38  自宅なう。もうすぐ大阪地裁に向けて出発。今日は上村元係長出廷。明日は石井議員。ツイッター速報、頑張ろう。

    • 12:45  傍聴記。今朝は数日間の暖かさが去って、コートで自宅をでる。ゆとりを持って出かけたのに、JRが事故で(?)30分も遅れ、大阪地裁201号法廷に10時5分過ぎに駆け込む。でもなぜか上村氏の入廷が遅れ、10:10開廷となったので、冒頭から傍聴できることに。

    • 12:49  検事から、被疑者ノートを中心とした尋問が続く。検事が確認し続けたのは「取調べ検事の作文だとあなたは証言してきたが、あなたは各所で同意してるだけでなく、取調べに不満が無い、という欄にチェックを書き入れているではないか」「後日、書き加えたり書き直したりしたのではないか」の2点。

    • 12:54  それに対して上村氏は「法廷で証拠として公開されることは全く知らなかったが、自分が後で(取調室で何があったか)読み返す必要を感じていたので、書き直しはしていない。」「不満がない、にチェックした時は、何を言っても無駄と感じて、もうどうでも良いやと投げやりになっていたから」と証言。

    • 13:02  「村木課長は、本当のことを言って欲しい、という記述もあるが?」と検事。「塩田さんが村木さんに指示したとか、誰かが郵政の森さんに電話したとか、検事から色々聞かされて、もしかしたら自分が単独で偽造した以外に、もう1枚証明書は偽造されたのでは?と思ってしまうほどだった。」

    • 13:06  「だんだん僕は頭が混乱し、村木さんが何か知ってるなら話して欲しいと思った時もあったが、検事から偽造証明書は1枚だと聞いて、村木さんは絶対関与してないと確信できた。でもそれを何度言っても調書に書いてもらえなかった。」

    • 13:11  検事「村木課長の関与を自分から言ったことは?」。上村「全くありません!」。検事「でも被疑者ノートに<村木関与を認めた>と書いてますよね」。上村「違います。認めさせられたという事です」。検事「自供したんじゃないんですか?」ここで弁護側より「異議あり!」の声。裁判長が異議を認める。

    • 13:18  「でもあなたは・・・」検事が問いかけ方を変える。「村木さんの関与を積極的に否定してませんよね」。上村氏「はい」。検事「この段階(起訴前日)で、それをほのめかしでもしておかなければいけなかったのでは?裁判官からも最後のチャンスと声をかけられたのでしょう?」。

    • 13:23  上村氏「怖くて・・・迷いに迷って、ああいうあいまいな書き方になってしまった。申し訳なかった。勇気がなかった。本当はしっかり書きたかった!」聞き取れないほどの声で証言を続ける上村氏の声が高まって来る。検事「村木さんが関与を否定してることは、知っていましたよね」。上村氏「はい。

    • 13:26  でも追いつめられて、与えられる様々な情報に混乱して・・・」上村氏の声に嗚咽が混じり、ついに泣きながら叫ぶ。「今は、はっきり村木さんの無実を確認しています。村木さんは無実です!!」検事側尋問が終わり、弁護側と交代となる。弘中惇一郎弁護士が立ち上がり、穏やかに話し始める。

    • 13:30  弘中弁護士「厚労省と、あなたが河野氏に証明書を手渡しに行った弁護士会館の図面を確認してもらえますか。」図面が法廷のプロジェクタに映し出される。弘中「厚労省~地下道~エスカレータ~階段・・・ここで一瞬空が見えたというのは、こういう感じですね」次々写真が投影される。うなずく上村氏。

    • 13:30  あ、午後の法廷が始まるので、とりあえずここまでとします。


    Powered by twtr2src.

    続きを読む "厚生労働省・村木厚子さんの公判がツイートされている"

    投稿者 もりた : 15:13 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年02月22日

    越谷・温飩屋(うどんや)さんの火事

     昨日の昼過ぎ、旧・日光街道(のさらに旧道)を北越谷から越ヶ谷方面に向かって車で通り過ぎようとすると、前方に黒い煙が見えました。火事です。ちょうど大沢橋の手前あたりに、消防自動車が道を塞いでいるのが見えましたので、Uターンしてバイパスの方に迂回して目的地に向かいました。
     
     昨日の火事が温飩屋(うどんや)さんであることを、越谷っ子さんのブログで知りました。
     
      饂飩屋さんの火災(越谷っ子さかもとるみ日記)
     
     
     坂本さんも書かれていらっしゃるように、温飩屋さんは江戸時代からの老舗で、創業は元和元(1615)年だそうです。日光街道第三番目の宿場「越ヶ谷宿」の大沢橋際北詰、つまり現在の場所に当時から位置していたそうです。店名(温飩屋=うどんや)の由来は「温かい飯(めし)を提供する店(たな)」として、当時、元荒川で獲れた小魚を煮付けにした「一膳飯屋」として始まったとのことです(以上、NPO法人越谷市郷土研究会 第392回史跡めぐり「案外、知らなかった越谷を歩く うどんやの鰻と北川崎の虫追い」資料より)。


     
     田山花袋もひんぱんに越ヶ谷を訪れ、小説「春雨」、「渦」の中に「料理屋」として描かれているとのことです。また、紀行文「東京近郊一日の行楽-越ヶ谷の梅と桃」の中には「温飩屋」として実名で紹介されているということです。

     眼下に流れる元荒川を見下ろしながら、鰻重をご馳走になった(2009年7月24日 温飩屋さんのお店の二階から撮影。左は大沢橋)

     田山花袋の紀行文にもあるように、すぐ近くを東武線(伊勢崎線)が通っている。
    「汽車の中から見ても、下りて歩いてみたくなるやうな町だ。」
    (「東京近郊一日の行楽-越谷の梅と桃」 田山花袋・著 博文館 大正12年6月20日・刊より)
     
     (写真は、2009年7月24日 温飩屋さんのお店の二階から撮影)

    続きを読む "越谷・温飩屋(うどんや)さんの火事"

    投稿者 もりた : 22:07 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年02月17日

    総務省「行政評価機能強化検討会」フルオープン

     現在進行形です。Ustreamで生中継されています。
     
      ・http://www.ustream.tv/channel/videonews-com-live
     
     
     この会議そのものが、政府(総務省)の正式な会議なのか、有識者会議のようなものなのか知りません。おそらく前者だろうと想像して、観ています。事業仕分けのような派手な会議だけでなく、こういう内部会議がフルオープンされることは、今までに想像もしなかった驚くべきことではないかと思います(こういう議論の積み重ねが、政策決定に繋がるのだと理解しているので)。

    投稿者 もりた : 17:46 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年02月14日

    ブログのエントリーに「オリンピック」ネタ、数ある中で

     (少し楽をして)他の人のブログのエントリーの紹介です。
     
      オリンピックとニューヒール誕生!(おきらく)
     
      フィギュア・スケートの論評に関しては、この人のエントリーが欠かせません。いつも大きな大会(グランプリシリーズやグランプリファイナル、全日本選手権、世界選手権)をテレビで見た後は、プレーの評価(見方、目線の方向)の位置合わせ(軌道修正、キャリブレーション)をするために、まんまるさんのエントリーを読みます。
     
     
      ・バンクーバーオリンピック開催!(剛毛(かたいけ))
     
      上記のお二人とも触れているスノーボードの国母選手の服装が批難されている件について、私自身は数日前にラジオのニュースで少し聞いただけで、詳しく(記事を)読んで(ニュースを聞いて)いません。しかし、剛毛(かたいけ)さんのエントリーの後半部分には、全くその通りと思います。

    続きを読む "ブログのエントリーに「オリンピック」ネタ、数ある中で"

    投稿者 もりた : 23:54 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    Twitter上で上村愛子さんに関するTLが止まらない

     Twitter上で上村愛子さんについてのTLを検索すると、ものすごい数になっています。
     
      Twitterで上村愛子と検索した結果
     
     
     予選(地上波 日テレ)、決勝(NHK総合)ともリアルタイムで視れなかったので、帰宅後に録画ビデオを観ようと思っていたら、この人のツイートを帰りの電車で見てしまいました。
     
      上村、残念ながら4位。
     
     
     今、文化放送に上村さん本人が出演されて、岩ちゃん(元・日本ハム投手)のインタビューに答えているのを聴きました。元気そうで、ご本人は満足できる内容だったようですので、なによりでした。親戚でも知人でもないのに気になってしまいますが、ご本人が決して悪く無い内容だったと思っていらっしゃるのを聞いてホッとしました。
     
     「自分のことだけ考えると、よく頑張ったな、と思う。」「ここだけは気をつけようと思ったところは(大丈夫で)スタート切れたので、幸せだなと思った」(文化放送の番組に電話出演時、岩本勉氏のインタビューに答えて)
     
     「自分のことだけ考えると」と前置きしていることから分かるように、ご本人が周りの方へ配慮している様子が感じられます。

    続きを読む "Twitter上で上村愛子さんに関するTLが止まらない"

    投稿者 もりた : 19:20 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    #gpc213 GPCシンポジウム「検察とメディア、そして市民社会」を聞きに行きました

     昨夜、原宿のオルタナサロンというところで行なわれた「検察とメディア、そして市民社会」というシンポジウム(GPC=グリーン・プレスクラブ主催)を聴きに行きました(Twitterのハッシュタグ #gpc213)。初めて間近で拝見した上杉隆さんは、思ったより長身な方でした。終了後、名刺をお渡しすることが出来ました。
     
     @eshintaroさんによるUstremによる中継もあったようです。アーカイブが残っていますので、埋め込みリンクします。
     
    1.16分54秒

     
    2.117分59秒

    続きを読む "#gpc213 GPCシンポジウム「検察とメディア、そして市民社会」を聞きに行きました"

    投稿者 もりた : 13:23 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    オリンピックも一般人が生中継する時代になるんじゃないかな

     日本時間で昨日からテレビ・新聞はバンクーバー・オリンピック一色に変わりました。2月4日以来、下火になったとはいえ、ついこの前まで「陸山会」に対する検察の捜査関連が新聞・テレビに繰り返し報じられたことに比べて、落差を感じます(実際には、テレビのオリンピック放送は、NHKを除けば、さほど加熱はしていないようですが)。
     
     そういう私自身も、オリンピックはつい気になってしまいます。その一人が女子・モーグルの上村愛子さんです。ちょうど4年前の今頃も、トリノ・オリンピック開幕直後の明け方、上村愛子さんの決勝の滑りをテレビで見た感動を、ブログに書いていました。
     
      BSが見たい(続き)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
     
     先ほど行なわれた予選は5位通過で、午後からの決勝に進んだとのことです(地上波 日本テレビ)。1件、お客様サポートに出かけていたので、上村さんの予選の映像を観ることができませんでした。午後も北朝鮮拉致被害者救出の署名活動に出かける(浦和駅西口・東口 本日午後2時より)ので、テレビの生中継をリアルタイムに見れないため、帰ってから録画を見たいと思います。

    続きを読む "オリンピックも一般人が生中継する時代になるんじゃないかな"

    投稿者 もりた : 12:41 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年02月12日

    #syutto テレビ新聞「報道」の見方(私の場合)

     正午のNHK-BSニュースを見ていると、検察審査会に対し「小沢氏を起訴するよう」にとの申し立てが為されたとのこと。申し立てを行なったのは「市民団体」で、先に小沢氏本人を告発した「市民団体」ではないかと思います。
     
      “小沢氏起訴を”申し立て(NHKオンライン - NHKニュース)
     
     
     「陸山会」に対する検察の捜査に関する新聞・テレビの「報道に対して大いに疑問を感じる」という趣旨の記事を何本も書いているので、このような事柄の情報をも、私が疑いの目を向けているテレビ(NHK)から得るのは筋が通らないという方もいらっしゃるかも知れません。しかし現実的に、テレビのニュースや新聞記事の情報も参考にしないと、世の中や政治の動きがどうなっているのか察することができないのも事実です。
     
     出来れば通信社などの情報、もっと極論すれば当事者自身(今回の申し立てを行なった「市民団体」自身や、申し立てを受けた(?)「検察審査会」)による直接の(通信社や報道機関=新聞テレビを経ない)情報発信があればよいのですが、世の中の仕組みは未だそこまで至っていません(技術的には充分可能な環境が整ったと思っています)。
     
     
     今回の申し立ては、石川知裕・衆議院議員、大久保隆規氏、池田光智氏が起訴されるに至る捜査の発端である「告発」ではなく、別に出されていた小沢氏に対する「告発」による捜査の結果、小沢氏が起訴されなかったことに対する申し立てです。昨年来、東京地検特捜部による「陸山会」に対する捜査(政治資金規正法違反容疑)の状況を、主に新聞記事やテレビのニュースを通して見聞きし、他に情報(特に政治に関する)入手手段を持たない人々の中には、この件に関する検察の捜査のキッカケには、
     
      (今回の捜査の発端には)2つの「告発」があること
     
    を知らない(意識していない)人が少なく無いのではないかと思います。初めに出された、「陸山会」の2004年の政治資金報告書の虚偽記載の疑いについての「告発」の捜査だけでは小沢氏本人の起訴にまで届かない状況を視た方々(「市民団体」?)が、今年1月に入って、小沢氏本人に対する「告発状」を検察に提出したのだと認識しています。
     
     そもそも、新聞・テレビ以外に情報、特に政治に関する情報を入手する手段を持たない人々の中には、
     
      (今回の捜査は)「告発」によって検察による捜査が始まったこと
     
    を知らない人が少なくないのではないかと想像します。つまり
     
      一般視聴者(購読者)の多くが、検察が自発的に捜査を開始したのだと誤解しているのではないか
     
    ということです。ましてや、それらの人々は、一つ目の「告発」と、その後の「告発」と2つの「告発状」が提出されていることは、ご存じないのではないか。
     
     
     では、「告発」した人は誰か。私自身、一連のテレビ・新聞報道を見聞きしていて、どのようにして捜査が開始されたのか、「告発」なのか、そうでないのか、「告発」だとしたら誰が告発したのだろうと、ずっと疑問に思っていました。この件に関する新聞テレビ報道が始まった当初(昨年11・12月頃)は、「告発」そのものに言及する記事・ニュースはあまりありませんでした。時々(本当に稀に!)、"「市民団体」による告発を受けて捜査をしている東京地検特捜部は・・・"というアナウンスをしているニュースを耳にして、「市民団体」による「告発」によって捜査が始まったと"認識"するようになりました。

    続きを読む "#syutto テレビ新聞「報道」の見方(私の場合)"

    投稿者 もりた : 18:27 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年02月11日

    稲荷講初午祭

     今日は「初午」の行事があり、父の代理で出席した。昼の12時に「森田」本家の前にある稲荷様の社の前に集合し、稲荷様にお参りする。稲荷神社は今では商工業の発達に伴い商売(経済一般)の神様という位置づけに変化しているが、元々は農業の神様として崇拝され、第2次世界大戦直後、国民の大多数が農業に従事していた頃は、「初午」は仕事始めとして農家の基本的な行事であった。
     
     「初午」、「稲荷講初午祭」というのが本来の呼び名らしい。「初午」はまた、その名前の通り、立春後最「初」の「午」の日に執り行なうべき行事であるが、私たちの地域では実質的に参加している講員すべて兼業農家という現状に即して、2月11日建国記念の日に行なうことが慣例となって久しい。
     
     
     お参りの後、場所を移して直会(なおらい)の儀が行なわれた。神様にお供えしたお神酒や料理を、参加者で分かち飲食する行事であるが、今では懇親会の色彩が強い。かつては、参加者の自宅を宿(やど)として持ち回りで行なったが、負担を考えて数年前から近くにある料理屋さんに行くようになった。今年も昨年と同じく、大泊の隣村・船渡にある料亭「佐平」さんを利用した。
     
     稲荷講に参加している世帯は年々減ってきている。うちの講も以前は12軒であったが、現在は9軒である。今日は9軒全員出席し、私以外、皆先輩ばかりであるが、和気藹々とした「なごやかな」時間を過ごさせて頂いた。何代も前から続く付き合いであり、他人ではないのだと思う。
     
     かといって、近所付き合いや会社内の人間関係のような利害関係があるわけではなく、他に例えようのない貴重な付き合いだ。日本中の農村、特に都市部に隣接した所はそうだと思うが、私どもの地域でも農業だけで家計を支えている世帯はほとんど無く、こういった農家の年中行事も、伝統継承としての意味合いが強いが、可能な限りお付き合いを続けていければと思う。

    続きを読む "稲荷講初午祭"

    投稿者 もりた : 18:48 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年02月09日

    今夜、初めて朝日ニュースターの番組を視た

     朝日ニュースターの番組を視るために、スカパー!e2の「16日間無料体験サービス」を申し込みました。
     
     かなり前から「愛川欽也のパックイン・ジャーナル」を視たいと思っていました。以前、毎週日曜日に放送されていた文化放送(ラジオ)の「キンキンのサンデー・ラジオ」(略してキンサン)を、時々聞いていました。特に2時25分頃からの「やさしすぎるニュース 」を、いつも楽しみにしていました。
     
     ところが「キンキンのサンデー・ラジオ」が、突然、終了になってからは、キンキン(愛川欽也さん)の政治感に触れる番組が無くなってしまい、そのために「パックイン・ジャーナル」を視たいという欲求が強くなっていったように思います(Wikipediaによるとちょうど一年前、昨年2月に終わったそうです。そういえば、このブログにも書いていました)。
     
      文化放送「キンサン」突然!?の番組終了(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
     
     ただし、この番組一つだけなら申し込まなかったと思うのですが、ここに一週間前に放送された上杉隆さんの「ニュースの深層」(ゲストに原口一博・総務大臣が出演)が加わりました。テレビと同時にTwitterで生中継するという画期的な出来事に影響されたのかも知れません。
     
      朝日ニュースターの番組をUstreamで同時生放送!(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
     
     そして、申し込みから1時間半後に視た「ニュースの深層」。火曜日の司会は上杉隆氏、今夜のゲストがチャンネル桜の社長・水島聡氏でした。拉致問題に関わるようになってから、チャンネル桜という存在は知っていました。重信メイ氏、上杉隆氏、水島聡氏が揃った画面(下記の写真)を視て思いました。ああ、先週Ustreamの固定カメラ越しに視た上杉氏と原口大臣のツーショットの画面、テレビではこういう位置関係だったんだと。
    朝日ニュースター「ニュースの深層」に生放送出演中の原口一博・総務大臣と司会の上杉隆氏(ジャーナリスト)朝日ニュースター「ニュースの深層」に生放送出演中のチャンネル桜・水島聡社長と司会の上杉隆氏(ジャーナリスト)、サブキャスター・重信メイ氏(右から)
       左(先週): 原口一博・総務大臣(右)と上杉隆氏(左)=Ustreamによるライブ中継画面
       右(今週): 右から順にチャンネル桜・水島聡社長、上杉隆氏、重信メイ氏=朝日ニュースターの放送映像

    続きを読む "今夜、初めて朝日ニュースターの番組を視た"

    投稿者 もりた : 23:44 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (2) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    謎の"地下神殿"を探検

     私の住む越谷市の北側に隣接する春日部市に、世界最大級"謎の地下パルテノン神殿"があると聞き、探検に出かけてみた。というのは嘘で、NPO法人・越谷市郷土研究会主催の史跡めぐりで、首都圏外郭放水路庄和排水機場()を訪れたのだ。

    続きを読む "謎の"地下神殿"を探検"

    投稿者 もりた : 00:39 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年02月07日

    #rachi 34年前の2月7日、高校時代の同級生・藤田進に何があったのか?

     1976(昭和51)年2月7日、私の高校時代の同級生である藤田進君が行方不明になった。34年経った今日、この問題を考える集会が川口市で開かれた。
     
      34年前の2月7日、川口の藤田進さんに何が? 特定失踪者問題を考える集い(緑風香ブログ)
     
     
     同級生の一人として、この集会に出席し、高校時代の思い出をお話させていただいた。この集会の模様を生中継するとともに、録画=アーカイブしてあるので、先ずはビデオを観て頂きたい。
     
    1. 10分43秒(準備)

    続きを読む "#rachi 34年前の2月7日、高校時代の同級生・藤田進に何があったのか?"

    投稿者 もりた : 23:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年02月04日

    #ISOP0204 Infoseek 内憂外患 郷原信朗氏の会見ビデオ

     Infoseek 内憂外患「【緊急告知】4日、小沢問題についての検察会見を“リーク”する~特捜OB郷原信郎」(ハッシュタグ #ISOP0204)のアーカイブビデオを埋め込みリンクします。私自身もリアルタイムで見れなかったので、これから見てみます。
     
     InfoseekNewsというUstreamアカウントの中に、今日のアーカイブは8本ありますが、1本目はオープンになっていない(Private)なので、7本のみ掲載します。
     
     
     さっさとビデオを見て、今日こそ「刑事コロンボ」スペシャルを見るぞ!(見たい)。
     
     
    10分22秒10分20秒

    続きを読む "#ISOP0204 Infoseek 内憂外患 郷原信朗氏の会見ビデオ"

    投稿者 もりた : 19:34 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月29日

    「事業仕分け第2弾」を恐れる人々

     今日の鳩山首相の施政方針演説の中で語られた中に、「事業仕分け第2弾」と「内閣人事局」というものがあった。鳩山首相の偽装献金問題や小沢一郎・民主党幹事長の政治資金団体「陸山会」の政治資金報告書への虚偽記載捜査については、特別委員会を作るなどして議論して、予算審議を行なって欲しいというのが、多くの有権者の考えのようだ。私もそう思う。
     
     ここでちょっと「事業仕分け第2弾」ということについて、考えてみたいと思う。
     
     国会の議論が、鳩山首相の偽装献金や「陸山会」の政治資金報告書虚偽記載捜査に集中すればするほど、特殊法人や独立行政法人の理事に納まった人々を喜ばせる結果になる。昨年の事業仕分けは、何と言っても精査する期間が無さ過ぎた。一般会計予算の数倍(絶対額の比較で4倍超、純支出(注1)の比較で約5倍)はある特別会計予算の一部のみが、昨年11月に行なわれた事業仕分けの対象になった。
    (注1) 一般会計から特別会計に繰り入れている部分があり、それを差し引くと一般会計の純支出は34兆円となる(平成20年度の場合)。同様に特別会計の方も、特別会計内部や特別会計相互間の取引があり、それらを相殺すると特別会計の純支出は178兆円になるということです(同じく平成20年度予算の場合)。詳しくは、松浦武志氏の著書「改訂新版 特別会計への道案内」(創芸出版)や、財務省ホームページ(下記)を参考にされますように。
      ・平成21年度一般会計歳出歳入の内訳(予算)(財務省ホームページ)
      ・平成21年版 特別会計のはなし(財務省ホームページ)

     
     フローとストックという分け方でいうと、昨年仕分けられたのはフローの部分だけだということだ。別の言い方をすると、約3,000といわれる国の事業のうち200項目程度が事業仕分けの対象だった。また、各特別会計にある剰余金のうち平成22年度一般会計予算に繰入られたのが財務省所管(関連)の特別会計のみだったと聞く。民主党政権とともに事業仕分けを仕切った財務省だったが、他の省庁の特別会計(剰余金)にまで口を出すことは出来なかったということかと思う。
     
     いずれにしても、再び国民の関心が、特別会計や特殊法人・独立行政法人、天下りなどに戻ることが彼らのもっとも嫌がることなのだろう。

    続きを読む "「事業仕分け第2弾」を恐れる人々"

    投稿者 もりた : 23:55 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月28日

    先日の強制捜査で現金2000万円も押収されたとのこと

     先日(1月13日)の東京地検特捜部による強制捜査で、小沢一郎・民主党幹事長の個人事務所の金庫から現金2,000万円も押収されてしまったとのこと。先程、放送されたテレビ朝日の報道ステーションが報じていた。
     
     
     このニュースの中では情報の入手先が明らかにされていなかったので、俄かに信じてはいけない。従って以下は、このニュースが真実であるという仮定の話になるが、現金を持って行かれてしまっては、当面の政治活動が出来なくなってしまうのではないか。
     
     捜査が終われば当然、元のまま返してくれるのであろうが、検察関係に詳しくないので全く想像だに出来ない。検察・小沢氏側とも、いつになるという目途もたたないのかもしれない。この中に私の献金(微々たる金額であるし、とうに使われているとは思うが)も含まれているであろうのに。

    続きを読む "先日の強制捜査で現金2000万円も押収されたとのこと"

    投稿者 もりた : 23:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月25日

    平成21年度桜井地区総合防災訓練

     昨日の日曜日、越谷北高等学校の校庭で、越谷市桜井地区の総合防災訓練が行なわれました。参加者1,201名が、避難訓練・応急救護訓練・初期消火訓練を行なったほか、煙体験・119番通報などを体験しました。
     
     今年は、消防団フェアーの展示も行なわれ、消防団活動への理解促進を図りました。また桜井分団第1部および第2部による小型ポンプ操法と、女性消防隊「さくら」による軽可搬小型ポンプ操法の展示も行なわれました。
     
    小型ポンプ操法-平成21年度桜井地区総合防災訓練(埼玉県越谷市)

     
     
     越谷市消防団への女性消防団員の入団が始まったのが平成17年度とのこと。女性消防隊「さくら」を結成し、埼玉県代表として参加した第19回全国女性消防操法大会(平成21年10月22日 横浜市にて)において、参加47都道府県中、4位という成績を収めたという紹介アナウンスには、参加者から賛辞の拍手がおきました。
     
    越谷市女性消防隊 軽可搬小型ポンプ操法-平成21年度桜井地区総合防災訓練

     
     
    各自治会毎にまとまって避難訓練。続々と北高グラウンドに集合。
    各自治会毎にまとまって避難訓練続々と北高グラウンドに集合

    のぼりを立てる-「消防団フェアー」準備
    のぼりを立てる-「消防団フェアー」準備

    続きを読む "平成21年度桜井地区総合防災訓練"

    投稿者 もりた : 15:41 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    心なしか梅の芽が膨らんだような気が

     昨日の今日で、そんなに急に変化することは無いとは思いますが、我が家の梅の花がさらに大きく開いたような感じがします(左が昨日、右は今日)。


     
     白梅の蕾は、昨日からの変化が、よりハッキリわかるような気がします。


     
    --- 関連情報 ---
    (1) 我が家の梅がもう咲きました 2010年01月24日 IT屋もりたの今時パソコン日記

    投稿者 もりた : 14:07 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月24日

    我が家の梅がもう咲きました

     ついこの前まで寒い寒いと言っていたのに、もう梅が咲きました。
    我が家の梅がもう咲きました

     白梅の方はまだまだのようです。
    白梅の方はまだまだのようです

     昨日、文教大学オープンユニバーシティの懇親会で一緒になった方がおっしゃっていましたが、越谷梅林公園の梅も咲いたそうです。年々梅の開花時期が早まっているような気がして、心配です。

    続きを読む "我が家の梅がもう咲きました"

    投稿者 もりた : 16:55 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月23日

    民主党・小沢幹事長の記者会見が現在進行形(から過去形に変わった)

     民主党・小沢幹事長の記者会見が現在(午後8時から)行なわれているようだ。今日の事情聴取で説明した内容について説明するとのことだ。エントリーをスグ起こそうと思ったが夕飯後の食器洗いがあったので今になってしまった(現在20:28。書くスピード遅いので書き終わってエントリーするのは大分後かも)。夕食後の食器洗いは、我が家では私の分担になっているので、仕方が無い。
     
     食器洗いを終わってパソコンでTwitterを見ると、Twitterをやっている何人かのジャーナリスト(@tjimboさんや@iwakamiyasumiさん。私が知っている狭い範囲では、いずれもフリージャーナリスト)さんのツイートを見ると、未だ会見の冒頭のようだ。
     
     テレビでの生中継を期待した。NHKが急遽番組変更して、生中継する可能性も千分の一くらい期待したが、ワンダー×ワンダーが始まった。父と母は、食事後と言うこともあってか半分居眠りしながら、ワンダー×ワンダーを見るということも無く見ている。
     
     
     さっき、Twitter(@mmorita3)にもツイートしたが今回の件では、小沢さんの秘書や小沢さんが疑われている。今回の特徴は、それだけではなく、検察も疑われている(リークしているのではないかと。今回だけでなく昔から)。新聞やテレビの報道(という人格や組織は無いので、政治部や社会部、あるいは記者ら)も疑われている。
     
     ただ、疑っている人の数は、比べ物にならない。小沢さんを疑っている人の数と、検察や新聞・テレビに疑いを持っている人の数では、前者のほうが圧倒的に多いであろうことは、ほとんどの人がそう思うであろう。100分の1、1000分の1、あるいはそれ以上なのか、私には全く判らない。
     
     
     今日の記者会見は、500人くらい詰め掛けているということ(その後訂正、300人はいたとのこと)なので、この後のテレビニュース、明日の朝刊で、それぞれの詳しさで報じられるだろう。小沢氏は今日の事情聴取の内容を文書にまとめて公表したいとのことだ=NHKオンライン「小沢氏の参考人聴取終わる」による=(聞かれたことと答えたことの両方なのか、答えたことだけなのかは分からない。その辺は文書が公表されてから見てみたい)。

    続きを読む "民主党・小沢幹事長の記者会見が現在進行形(から過去形に変わった)"

    投稿者 もりた : 21:25 | インターネット , 日記 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月19日

    (1月21日更新)昨日のフォーラム神保町のアーカイブビデオ

     昨夜(1月18日)、角川文化振興財団(角川書店本社第一ビル2階ホール)で催された、フォーラム神保町&現代深層研究会主催による緊急シンポジウムに参加しました。道に迷いながら、18時45分頃にビルの前に着くと、会場は2階にもかかわらず、1階の入口に列が出来ていました。
     
     私のように危機感を持ってかけつけた一般(非メディア)の人が多いためかとも思いましたが、メディア関係者が多かったのかもしれません(ホールの2階席から立ち見している時、隣の人がテレビ東京のボールペンを使っているのを見て、そう思った)。よくわかりません。
     
     会場だけではなく、Infoseek 内憂外患で配信された生中継の映像を見ている方も多かったようです。開催概要がThe JournalとInfoseek 内憂外患に掲載されています。
     
      ・【1月18日生中継】「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」(Infoseek 内憂外患)
     
      ・《生中継決定!》18日(月)19:00〜 緊急シンポジウム「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」(The Journal - 事務局からのお知らせ)
     
     
     どちらもコメントの数が半端ではないですね。Twitterでもツイートが飛び交っています(ハッシュタグ #ISOP)。
     
     
     ところで、アーカイブビデオについては、Infoseek 内憂外患に「生放送は終了いたしました。後日録画動画をアップ予定です。」とあります。ページを辿るとUstreamのアーカイブにたどり着きますが、いくつかに分割され、順番や長さもまちまちでよくわかりません。
     
    2010年1月21日 追記) Infoseek 内憂外患にアーカイブビデオがアップされたようです(下記のリンク)。6本に分割され、その合計は3時間を越えていますから、初めから終わりまで網羅されているものと思われます。
     
      ・【動画UP】「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」(Infoseek 内憂外患)

     
     
     私もUstreamによる生中継を行なった時に経験しましたが、アーカイブビデオの時刻が日本時間の表示になっていないため、さらによくわかりません。日本時間表示ではないものの、時刻から判断すると以下の順番ではないかと思いますので掲載します。(続く以降にビデオがあります)。
    2010年1月21日 追記) アーカイブビデオがInfoseek 内憂外患に掲載されたことにより、下記のビデオの掲載はもはや不要と思われますが、そのままとします。

    続きを読む "(1月21日更新)昨日のフォーラム神保町のアーカイブビデオ"

    投稿者 もりた : 11:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月16日

    小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(3)報道は情報源を明らかにしなくていいのか(前編)

     石川知裕・衆議院議員が、昨夜逮捕された模様です。小沢一郎・民主党幹事長の政治資金に対する検察の捜査状況について、新聞やテレビの報道そのものや報道姿勢に異常さを感じていることについて、一連の報道、あるいは報道姿勢に対して、私が指摘したいことを6つに分けて、先日から1つずつ書き始めました。過去2つのエントリーでは、新聞・テレビによる一連の報道は、違法性の所在を明らかにしていないことと、推定無罪の原則を軽視していることについて述べました。
     
     前置きが長くなりますが、過去二つのエントリー、今回のエントリー、および今後掲載予定の「小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性」(いつの間にかシリーズ化することになりました)と題するエントリーにおいて述べることは、新聞やテレビの報道、報道姿勢に対する指摘だということです。このシリーズの1番目のエントリーにも書きましたが、
     
     "この件、およびその調査そのものについては、当事者でもありませんし、私ごときが検察に情報源などあろうハズがありませんので、"
     
    検察による捜査内容や、「陸山会」による報告書の記載が違法か適法か、部分的には違法かといったことを述べる能力も充分ではありません。また、その根拠となる情報を知る術も持っていません。
     
     
      小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(1)報道は違法性の所在を明らかにしていない(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
      ・小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(2)報道は推定無罪の原則を忘れているのか(IT屋もりたの今時パソコン日記)

     
     
     前者は、1つ1つの記事・ニュースで伝えられる事柄について、そのことの何が違法性と関係するのかという説明がほとんど無いことを指摘しました。外形的な描写が多く、政治資金規正法違反の疑いとどうのように関係しているのかという説明が、私が見聞きした(非常に限られた範囲ですが)記事・ニュースの中では行なわれておらず、このニュースを何度読んで(聞いて)も、どのように政治資金報告書への虚偽記載とつながるのか理解できませんでした。
     
     後者では、裁判を経た結審はおろか、検察による起訴さえ行なわれていない、捜査途中の段階にもかかわらず、検察からと思われる情報に基づいた記事・ニュースのみが、一方的に連日連夜にわたって報道(?)され続けることによって、購読者・視聴者に対して無意識のうちに、"事実"であるかのような印象を焼き付けてしまうことに危険を感じると述べました。
     報道機関、購読者・視聴者である国民を含め、捜査(警察・検察)や裁判には誤りが皆無ではないという原則を忘れてはならないということを、過去の過ちによる決して少なくない犠牲者の失われた人生を通じて私たちは学んだハズです。そのことを多くの人にもう一度、思い出して欲しくて書きました。
     今回の件も過去のいくつかの例と同じく、あくまで"疑い"の段階であり、一方(検察)からの情報にのみ拠るのではなく、他方("疑い"をかけられた側)への取材に基づく記事・ニュースが重要であると思います。特に扱う記事・ニュースが"疑い"に基づく捜査状況についてですから、なおさら疑われた側への取材が必須であると考えます。
     
     
     いつも前置きが長く恐縮ですが(ここまでは前置きです)、本題である「一連の報道は情報源を明らかにしていない(すべきである)」ということについて述べてまいります。

    続きを読む "小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(3)報道は情報源を明らかにしなくていいのか(前編)"

    投稿者 もりた : 01:23 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月14日

    小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(2)報道は推定無罪の原則を忘れているのか

     先ほど放送されたNHKニュース9によると、本日(1月13日)、北海道にある石川知裕・衆議院議員の事務所や小沢一郎・民主党幹事長の個人事務所などを、検察が一斉捜索したとのことです。先日、石川議員が1回目の事情聴取を検察から受けた際に認めたとされる内容(2004年の支出を、2005年の支出として政治資金報告書に記載した)を裏付けるための捜索ということです。
     
     
     私は、小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道には、ある種の異常さを感じると書きましたが、その続きを述べたいと思います。先日は、この件を連日報道している新聞やテレビには、違法性の所在を明らかにしている記事(ニュース)がほとんど無いことを指摘しました。毎日、この件に関する新たな記事やニュースが私たちの目や耳を通して脳にインプットされるのですが、どうして、そのこと(それぞれの記事が伝えている事柄)が法律違反に結びつくのかという解説がほとんどありません。詳しくは、前回のエントリーを参照ください。
     
      ・小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(1)報道は違法性の所在を明らかにしていない(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
     
     今回は、小沢氏の件に関する新聞・テレビの報道、あるいは報道姿勢に対する指摘の2点目として、「新聞・テレビの報道は、推定無罪の原則を軽視している」ことについて述べたいと思います。なお、前回のエントリーで、新聞・テレビの報道・報道姿勢について指摘したいことは全部で4点ある、と書きましたが6件に増えました。今後さらに増える可能性もありますが、とりあえず話を進めます。
     
     
     この2ヶ月来、新聞やテレビは連日のように小沢一郎・民主党幹事長の政治資金団体「陸山会」による土地購入の際の支出を、政治資金報告書へ虚偽に記載(本来、支出の行なわれた2004年の政治資金報告書に記載されるべきところ、2005年の報告書に記載されている)した疑いで検察が捜査している件を報道しています。
     
     その(報道)内容は、誰それに対して、いつ事情聴取が行なわれる・行なわれたかや、どういうことを聞いて、どういう答え(供述)がされたかといった、およそ直接、事情聴取を行なった検察官しか知り得ないような情報がほとんどです。また、紙袋に入れた4億円を台車に載せて運んだという極端に詳しい情報も報道されましたが、そのことが政治資金規正法違反とどのように関係するのかということは、記事やニュースの中では説明されません。
     
     秘書の寮を建設するために土地を購入すること、購入代金を支払うために現金を運ぶこと自体だけを取り上げた記事やニュースの内容は、正直なところ私の頭の中では、それだけでは違法とは結びつきません。捜査に当たっている検察は、何故・どのような点で法に触れると見ているのかという解説が記事(ニュース)の中から抜け落ちていると感じています。
     
     
     にもかかわらず、連日連夜、活字と映像で、「紙袋で4億」・「小沢先生から指示」といった見出しや、4億円の札束のイメージ映像・購入した世田谷区深沢の土地のヘリコプターから撮影したと思われる上空からの映像を見せ続けれれれば、よほど先入観を排除するよう自らに戒めている人でも、"疑い"がいつの間にか"事実"と変わってしまうのではないでしょうか。ましてや、メディアの影響を深く自覚していない多くの視聴者は、そこに犯罪があったと何の疑いの念も持たずに解釈してしまうのではないかと思います。
     
     私はこのことを非常に恐れています。それは何故かというと、申し上げるまでもありませんが、(間接)民主主義の基本は選挙であり、私たち一人一人の投票行動が政権の担い手を決定するからです。そして私たちの投票行動を左右する最も大きな要因が、新聞やテレビ、雑誌、インターネット等による政治報道だからです。もちろん、街頭演説などで候補者から直接話を聴いて、自らの政権選択の判断材料とする場合もあるかもしれません。しかし、インターネット選挙やマニフェストの発行部数に制限のある現在の公職選挙法では、特に国政選挙の場合は、そのような機会はほとんど無いというのが現実ではないかと思います。

    続きを読む "小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(2)報道は推定無罪の原則を忘れているのか"

    投稿者 もりた : 00:08 | 日記 | コメント (3) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月12日

    小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(1)報道は違法性の所在を明らかにしていない

     みなさんご存知のように、ここ数ヶ月にわたって、新聞各紙やテレビのニュースは、小沢一郎・民主党幹事長の政治資金に対する検察の捜査状況について、逐一報道を続けています。小沢氏の政治資金団体・陸山会が秘書の寮を建設するために4億円を支出した件で、政治資金報告書への記載が一年ずれている(実際の支出があった日付の翌年の報告書に記載されている)という疑いです。
     
     この件、およびその調査そのものについては、当事者でもありませんし、私ごときが検察に情報源などあろうハズがありませんので、何も指摘することはありません。私が、一言口を挟まずにはいられないのは、新聞やテレビの報道そのもの、あるいは報道姿勢についてです。
     
     
     一言で言うと、この問題に関して新聞やテレビの報道は、「何も考えることなく、何も調べず、ただ新聞紙面に記事を書き・アナウンサーが声にしてニュースを読み上げている」ということです。しかし、その結果は重大で、共同通信が10日、11日に行なった世論調査によると、この問題に関して小沢氏が"説明責任"を果たしていないという回答が85%にも上ったということです。
     
     世論調査の主体そのものが、いつまでも新聞社やテレビ局では、国民一人一人の考えの実態を映していないと思われますが、本題と外れますので、今回は触れません。
     
     
     今回の小沢氏に対する新聞やテレビの報道、あるいは報道姿勢について指摘したいことは、全部で4点あります。
     
     先ず1つ目は、新聞記事やテレビのニュースを見ても、この件の「違法性がどこにあるか(所在)」について触れている記事やニュースがほとんど(私が見聞きした範囲ではまったく)無いという点です。
     
     例えば元日の新聞やテレビ各局がこぞって報じた、「土地取引 小沢氏が指示」(2010年1月1日 朝日新聞)という記事では、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」の当時の事務担当者で元秘書の石川知裕・衆議院議員に対して、検察が任意の事情聴取を行なったことを伝えています。その中で石川氏が「土地取引は小沢氏の指示で始まり、購入原資の約4億円は小沢氏の資金だった」と認めたと報じています。
     
     私が不満に思うのは、このことが、今回の捜査の嫌疑に照らして「どこに違法性があるのか、違法性とどのような点で関連性があるのか」ということについて、この記事はまったく触れていないことです。記事中、別の個所では「小沢氏が不明朗な資金操作についてどこまで認識していたかを調べる見通しだ」と述べていますが、何が・どういう点が・どういう観点から「不明朗」なのかの説明はありません。
     
     繰り返しになりますが、私は小沢氏の秘書や関係者ではありませんので、土地取引があったことも、その購入資金がどこから出たものかは、知りません。また検察官でもないため、石川氏や小沢氏に事情聴取を求める立場にもありませんし、友人・知人に検察関係者もいませんので、捜査情報を知る立場にもありません。
     
     しかし、第3者である新聞記者やテレビ局の政治記者が、やはり第3者である新聞購読者やテレビ視聴者に、事件やニュースについて教える(伝える)場合は、事情が異なるのではないかと思います。

    続きを読む "小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(1)報道は違法性の所在を明らかにしていない"

    投稿者 もりた : 00:24 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月11日

    「推定無罪」

     1月6日、ジャーナリスト・田中良紹氏が検察の「正義」という記事をThe Journalに投稿しました。いわゆる「リクルート事件」で起訴され有罪判決を受けた、リクルート社・元会長 江副浩正氏の著書「リクルート事件・江副浩正の真実」(中央公論新社刊)を読んで、検察の捜査に含まれる「作為」について述べたものです。
     
     田中氏の記事を読んで、思うところをコメントに投稿しました。一部、加筆して、以下に紹介します。
     
     
     "今迄私は、リクルート事件に対してもロッキード事件に対しても、検察の作為ということを、「かけら」も考えたことがありませんでした。多くの人も同じではないでしょうか。
     
     ところが、昨年3月の小沢一郎氏(当時 民主党代表)の秘書・大久保隆規氏の逮捕以来、検察の行動に対して疑問を感じ始めました。いったん疑問を感じ始めると、鈴木宗男氏、佐藤優氏、堀江貴弘氏らの起訴や裁判も本当に作為がまったく無かったのだろうかと思うようになってきました。
     
     そんな折、足利事件の菅家利和さんの冤罪の件があり、裁判で判決が確定するまでは(菅家さんのケースにいたっては、裁判の判決さえも誤っていた)推定無罪という意識が、報道する側も、視聴者・購読者側も希薄であったと気づかされました。今も希薄であると思っています。新聞やテレビの報道を見ている国民の多くが、菅家さんの場合と、今回の小沢さんの4億円の場合とでは「推定無罪」ということに関しては別である、小沢さんの件に「推定無罪」は当てはまらないと考えている、少なくとも無意識のうちに結果的にはそう考えているように感じます。
     
     特に、長く生きてこられ、今までに多くの事件報道に接してきて、本能的に新聞報道の嘘を感じ取る能力の強い高年齢層の方々は、インターネットからの情報入手ルートを持っていないため、今回の田中氏の指摘などを読む機会が無いことが残念です。
     
     鈴木宗男氏、佐藤優氏、堀江貴弘氏らは著書もありますので、今後読んでみたいと思っています。
    "

    続きを読む "「推定無罪」"

    投稿者 もりた : 22:55 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月06日

    成田山新勝寺の「額堂」に感激

     右サイドバーにあるTwitterのウィンドウで「ちょこちょこ」と書きましたが、元日早々、障害が発生しブログの投稿に支障を来たしていました。やっと直りましたので、元日以来の出来事を少しずつ書いていきたいと思います。
     
     今年最初のエントリーにも書きましたが、元日は地元の神仏3ヶ所にお参りした後、千葉県にある成田山新勝寺を参拝しました。
    2010年元旦 初詣 成田山新勝寺
    家内安全と商売繁盛をお願いして護摩祈祷を申し込み
     家内安全と商売繁盛をお願いして護摩祈祷を申し込み、護摩札をいただいて帰ってきました。
     
     例年は国道51号線の方に駐車し、成田駅の方から参道を歩いて境内に入るのですが、今年は成田国際文化会館に駐車し裏から入りました。お陰で「額堂」を見ることが出来ました。
     
     成田山には何度も来ていますが、「額堂」を観るのは初めてです。実は「額堂」というものを初めて知りました。

    続きを読む "成田山新勝寺の「額堂」に感激"

    投稿者 もりた : 22:55 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年01月01日

    2010年あけましておめでとうございます

     あけましておめでとうございます。旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
     本年も相変わらぬご愛顧の程、お願い申し上げます。

    続きを読む "2010年あけましておめでとうございます"

    投稿者 もりた : 20:28 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年12月31日

    今年最後の投稿(エントリー)です

     そのままのタイトルで恐縮ですが、今年も残すところあと10分足らず、この一年間ご覧頂きましてありがとうございました。また、当店をご利用いただきましたお客様に心より御礼申し上げます。
     
     ちょうど一年前に三ノ輪店を閉店させていただき、南千住のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。その後もお電話でお問い合わせを頂き、出張サポート対応となって、今迄店舗ご利用だったお客様には何かとご不便をおかけしました。来年も相変わらぬお引き立ての程、お願い申し上げます。
     
     10月下旬にTwitterを始めてからはブログ更新間隔も空いてしまいました。書きたいことは山ほど溜まっているのですが、その10分の1も投稿できないまま、年を越してしまいました。暇を見て出来るだけ更新していきたいと思っています。更新間隔が空いたのはTwitterだけが理由ではないと思いますが、これに懲りずにお読みいただければ幸いです。
     
     
     それでは皆様よいお年もお迎えください。
     
       平成21年12月31日  IT屋もりた  店主  森田 三男

    投稿者 もりた : 23:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年12月28日

    年末年始のテレビ番組の録画予約(追加)

     今月に入ってこのブログのサーバーに障害が頻繁に発生しています。ご覧になっているみなさまにもご迷惑をおかけいたします。
     
     さて、年末年始のテレビ番組の録画予約に追加しました。午前中テレビを見ていたらNHK-BSハイビジョンで運慶が率いた仏師集団の番組をやっていました。途中からですが、あわてて録画開始するとともに、今日と明日の昼間、NHK-BSハイビジョンで過去に放送されたプレミアム8とハイビジョン特集の再放送が集中的にあることを知り追加予約しました。
     
     12月28日(月)
      ・NHK-BSハイビジョン 11:30-19:00 プレミアム8「シリーズ 巨匠たちの肖像」
        ・11:30 「運慶・仏像の常識を覆した集団制作とは?」
        ・13:00 「ヒチコック・映画サイコ本当の怖さ撮影技法の秘密を解明」
        ・14:30 「天才ダビンチ驚きの制作過程を再現」
        ・16:00 「画家東山魁夷心に響く風景画の傑作風景追い求めた求道者」
        ・17:30 「写真家・土門拳仏像を撮りつづけた男東寺・ヒロシマ・筑豊」
      ・NHK-BSハイビジョン 19:00 ハイビジョン特集「アンデス天空の鏡」
      ・NHK-BSハイビジョン 20:30 ハイビジョン特集「激走モンブラン!」
     
     
     12月29日(火)
      ・NHK-BSハイビジョン 11:30-19:00 プレミアム8「世界一番紀行」
        ・11:30 「氷点下60度!世界一寒い村・雪と氷の世界寒さを楽しむ知恵とは」
        ・13:00 「百歳超えても元気!世界一長生きが多い里・秘けつとは?」
        ・14:30 「最北の定期航路オーロラとフィヨルド神秘の旅・ノルウェー」
        ・16:00 「世界で最も人がひしめきあう街インド」
        ・17:30 「世界最南端の村住民29人の幸せとは?」
      ・NHK-BSハイビジョン 19:00 ハイビジョン特集「世界絶叫マシン紀行」
      ・NHK-BSハイビジョン 20:30 ハイビジョン特集「上海的蜘蛛人(しゃんはいのスパイダーマン)」

    続きを読む "年末年始のテレビ番組の録画予約(追加)"

    投稿者 もりた : 17:55 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    年末年始のテレビ番組の録画予約しました

     年末年始は普段放送されない貴重な番組、特に再放送が集中します。昨年もたくさん番組を録画し、パソコンのハードディスクや1回のみダビングのコンテンツはDVDに記録しましたが、未だにほとんど観ていません。それでもまた録画したくなる性格ですので、今年も次の番組を録画予約しました。
     
    ※ 時刻ピンク色実日付は翌日ですが、新聞テレビ欄の慣習にならってこの表記にします。
    太字は、個人的に特に観たいと思っている番組です。

     
     12月27日(日)
      ・NHK-BS1 21:10 立花隆・思索紀行①
      ・NHK教育 22:00 ETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島2000年⑨朝鮮通信使・和解のために」
      ・NHK総合 23:00 サラリーマンNEOスペシャル (野村監督が出るらしい)
     
     12月28日(月)
      ・NHK-BS1 21:10 立花隆・思索紀行②
      ・NHK総合 21:15 ママさんバレーでつかまえて最終回生放送スペシャル
      ・NHK-BShi 24:00 ハイビジョン特集 "認罪"中国・撫順戦犯管理所
      ・NHK総合 26:10 SONGS (28:15まで4番組連続放送)
     
     12月29日(火)
      ・NHK-BS2 13:00 [再放送]サマーピクニック・フォーエバー in つま恋総集編
      ・NHK-BS1 21:10 立花隆・思索紀行③
      ・NHK教育 22:00 [再放送]もう一度見たい教育テレビ フジコ~あるピアニストの軌跡~▽ETV特集・フジコあるピアニストの軌跡(1999年放送)
      ・NHK-BShi 23:30 ハイビジョン特集 新的中国人Ⅱハルビンらせん階段
      ・NHK教育 25:10 [再放送]もう一度見たい教育テレビ 若い広場~オフコースの世界~▽若い広場・オフコースの世界が今よみがえる
     
     12月30日(水)
      ・NHK総合 21:00 爆笑問題のもうひとつの龍馬伝
      ・NHK教育 22:00 [再放送]もう一度見たい教育テレビ 幸福のありか・知のゆくえ 瀬戸内寂聴・久野収▽ビッグ対談-幸福とは 瀬戸内寂聴・久野収(1986年放送)
      ・NHK総合 22:00 "国民"への道のり
      ・NHK教育 25:10 [再放送]もう一度見たい教育テレビ YOU~YMOの音楽講座~▽スタジオ参加者と熱いコラボ
     
     12月31日(木)
      ・NHK総合 19:15 第60回紅白歌合戦
      ・NHK-BShi 23:45 サマーピクニック・フォーエバー in つま恋~完全版
     
     1月1日(金)
      ・NHK教育 22:00 [再放送]ETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島2000年①古代人は海峡を越えた」
      ・NHK教育 23:30 [再放送]ETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島2000年②任那日本府の謎」
      ・NHK-BShi 24:30 ハイビジョン特集 アフリカ縦断の114日の旅①灼(しゃく)熱の砂漠を越えて~エジプト・スーダン~
      ・NHK教育 25:00 [再放送]ETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島2000年③仏教伝来」
      ・NHK総合 25:00 サラリーマンNEO
      ・NHK-BShi 26:20 ハイビジョン特集 アフリカ縦断の114日の旅②緑あふれる大地を行く~エチオピア・ケニア~
     
     1月2日(土)
      ・NHK教育 22:00 [再放送]ETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島2000年④そして日本が生まれた」
      ・NHK教育 23:30 [再放送]ETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島2000年⑤日本海の道」
      ・NHK-BShi 24:30 ハイビジョン特集 アフリカ縦断の114日の旅③野生の楽園とキリマンジャロ・ケニア・ウガンダ
      ・NHK教育 25:00 [再放送]ETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島2000年⑥蒙古襲来の衝撃」
      ・NHK-BShi 26:20 ハイビジョン特集 アフリカ縦断の114日の旅④大自然に飛びこむ・タンザニアから南アフリカへ

    続きを読む "年末年始のテレビ番組の録画予約しました"

    投稿者 もりた : 00:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年12月23日

    半井桃水と樋口一葉

     東京都台東区竜泉にある一葉記念館で催されていた「半井桃水と樋口一葉」特別展を観てきました。今日が最終日で、午後2時頃から約2時間じっくり観てきました。半井桃水は、樋口一葉が一家を支えるために小説を書こうとした時、ある人の紹介で教えを請うた人です。
    「半井桃水と樋口一葉」特別展が催された一葉記念館(東京都台東区竜泉)

     桃水は九州・対馬の人で、対馬藩の藩医をしていた父のもとに、1960年そんな筈ないですよね。1860年の誤りです、に生まれたとのことです。明治5(1872)年生まれの一葉より一回り上になります。展示会場には、桃水のルーツ、一葉との出会い、一葉没後の桃水について、書簡や新聞記者としての記事、新聞小説家時代の作品、後年の長唄・謡曲作者としての作品などが並べられていました。
     
     
     展示会場入ってすぐの所に展示されていましたが、やはり目に入ってしまうのは、桃水と一葉の間で何度か交わされた書簡です。一葉が小説の手ほどきを受けるために桃水と初めて会ったのが、明治24年4月とのこと、一葉19歳、桃水31歳の時です。その後、一葉が13歳の時から通っていた「萩の舎」(中嶋歌子の歌塾)などで男女の仲を噂されたことで、翌・明治25年6月には師弟の関係を解消してしまいました。それ以来二人が顔を合わすことはなく、ただ書簡のやり取り(主に一葉から桃水への手紙が多かったようです)のみになります。
     
     
     私が初めて一葉の筆文字を観たのは、たしか20年くらい前、場所も同じ一葉記念館だったと思います。それ以来何度か足を運んでいますが、一葉自筆の書簡を観る度に、その文字の美しさ・上手さに感嘆します。わずか20歳前後の人の手になる筆と思うだけで、感心しきりです。筆文字(行書)に疎いので文は読めませんが、素人目にもその上手さはわかるような気がします。
    一葉記念館へは地下鉄日比谷線・三ノ輪駅1b出口を出て徒歩約10分、途中ご覧の案内板を左折
     一葉記念館へは地下鉄日比谷線・三ノ輪駅1b出口を出て歩くこと約10分、途中ご覧の案内板が2ヶ所あるので、案内に従って左折して150mほど進むと斜め左前方に建物が見えてきます。

     
     今までは気づかなかったのですが今回初めて面白いなと思ったのは、ただ字が上手ということのほかに、内容・表現の豊かさです。教養、率直さ、さらに茶目っ気さえも垣間見られます。
     
     例えば明治25年8月10日に一葉から桃水に宛てた書簡の一節に
     
      我さへしらぬ事をしるよの中
      とにも角にも誠うき世はいやに御坐候

     
     噂によって会うことを控えざるを得ない状況に追い込まれた一葉の、世間に対する不満が見られます。「我さへしらぬ事をしるよの中」という言葉に、昔も今も変わらないと思えて可笑しくなりました。
     
     
     同じく明治25年7月8日、一葉から桃水への書簡にも
     
      お前様にも嘸や御愁傷
       ・・・(途中省略)・・・
      時候さへいとゞ暑くさへ成り
      まさり候まゝ折角――御自愛給り度
      幾重にも祈り居まゐらせ候

     
     私も暑中見舞いなどのメールの文章を考える時に「ご自愛」という言葉を用いますが、この様に使うのかと思い知らされたことです。なお、前段の「御愁傷」は、桃水の親戚の不幸を一葉が弔った言葉です。

    続きを読む "半井桃水と樋口一葉"

    投稿者 もりた : 23:39 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    隅田川七福神めぐり

     「来年の話をすると鬼が笑う」と申しますが、もうそろそろよいのではないかと思い書きます。来年1月3日は「隅田川七福神めぐり」に参加します。NPO法人・越谷市郷土研究会の郷土・史跡めぐりの一環で、毎年正月は各地の七福神巡りが恒例となっています。
     
     コース
      鐘ヶ淵 → 多聞寺<毘沙門天> → 古代の奥州道・東海道 → 木母寺 → 白髭神社<寿老人> → 向島百花園<福禄寿> → 長命寺<弁財天> → 弘福寺<布袋> → 三囲神社<恵比寿・大黒天> → 牛島神社

     
     
     ちなみに今年は谷中七福神をめぐりました。
     
      田端・日暮里・谷中・上野を歩く(IT屋もりたの今時パソコン日記)

    続きを読む "隅田川七福神めぐり"

    投稿者 もりた : 12:27 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年12月22日

    今年最後のコンサートは谷山浩子さん

     今年の初めに「今年初めてのコンサートは谷山浩子さん」というタイトルの記事をエントリーしましたが、今年最後のコンサートも谷山浩子さんでした。
     
      今年初めてのコンサートは谷山浩子さん(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
     
     一昨日(12月20日)、場所も同じ江東区文化センターで谷山浩子さんソロライブツアーの今年ラストとなるコンサートが催されました。
    2009年12月20日、江東区文化センターで開かれた谷山浩子さんソロコンサートに向かう途中にあるお店
     地下鉄・東陽町の駅を降りて会場までの間に、ご覧のお店があるのですが未だ入ったことがありません。いつも時間に余裕が無いので、次は余裕を持ってこの店に入ってみたいと思います。
    2009年12月20日、江東区文化センターで開かれた谷山浩子さんソロコンサート
     約10分前に会場に到着、入口脇の部屋で演奏の練習をしている集団がありました。地元の楽団かしら。

     
     そして5分前に席に着くと、間もなく開演でした。途中リクエストコーナーがあって、谷山コンサートでは恒例のじゃんけん大会、4人の人がリクエストしました。その一人目、リクエスト曲は「なっとく森の歌」、12才(中1)の女の子からのリクエストでした。
     
     この歌については前にも書きましたが、谷山さんの「まっくら森の歌」をパロディ化した歌です。なっとくPさんという人が作った歌で、ニコニコ動画で人気になっています。
     

     
     谷山さんも、いつもは持ち歌ではないという理由で断っているということですが、未成年からのリクエストなので今回は特別にと、リクエストに応えてくれました。
     
     リクエスト、もう1曲は「八日市場特別支援学校校歌」でした。いつものマネージャーさんが出張と言うことで、替わりの方が歌詞カードを一所懸命探してくれたのですが、どうしても見つからずゴメンナサイになりました。そのお陰と言っては何ですが、リクエスト曲が「雪虫」に変更になりました。アルバム「フィンランドはどこですか」の一番最後に入っている曲で、谷山さんの曲に中島みゆきさんが詩を付けてくれたのだそうです。みんな感じ入って聴いている様子でした。

    続きを読む "今年最後のコンサートは谷山浩子さん"

    投稿者 もりた : 21:11 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年12月15日

    鳩山政権および鳩山首相に対する私の見方(評価)

     最近、このブログの更新間隔が非常に長く空いてしまっているのは、Twitterを始めたせいだけではないと思いますが、自分でも分析できていません(おそらく単なる怠け癖)。
     
     鳩山政権が発足してから約3ヶ月、NHKの世論調査によると内閣支持率も前回調査から9%ダウンして56%とのこと。テレビや新聞の報道によると鳩山内閣、あるいは鳩山首相は、沖縄の普天間基地移転問題・首相自身の偽装献金問題・来年度予算編成(赤字国債発行増をどこまで抑えられるか)の3つの問題を抱えながら、未だ1つも解決出来ず、一歩も前に進めない状況になっていることになっています。
     
     
     このことに関する私の見方を書きたいと思いましたが、怠けついでに他の人の書いたブログを引用したいと思います。
     
    "そして政権交代が実現し、いまメディアによれば普天間問題で鳩山政権はふらついて、日米関係に重大な影響が出ていることになっている。
    私も最初は「なんだかフラフラしているナ、、、」と思った。しかし、最近、この鳩山政権の対応は間違っていないのではないかと思っている。
    "(誰も通らない裏道さんのブログ記事より引用
     
     
     以下、誰も通らない裏道さんの記事をお読みください。
     
      今も続いている既得権益者のあぶりだし(誰も通らない裏道)

    続きを読む "鳩山政権および鳩山首相に対する私の見方(評価)"

    投稿者 もりた : 01:15 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年12月05日

    第63回全日本総合バドミントン3日目

     昨日は午後から「平成21年度 第63回 全日本総合バドミントン選手権大会」を観に行きました。
     
      日本バドミントン協会
    平成21年度 第63回 全日本総合バドミントン選手権大会(国立代々木第二体育館)

     
     Twitterにたくさんつぶやきましたので、そちらもご覧いただくとして、ビデオもたくさん撮影してきました。
     




    続きを読む "第63回全日本総合バドミントン3日目"

    投稿者 もりた : 00:36 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年11月23日

    オープン化を拒む日本のメディア

     またいつものクセで、日本のメディア(新聞、TV)、特に政治報道に対する批判となってしまうが、お許し頂きたい。ジャーナリスト・上杉隆さんが書かれた記事を読んで、日本の記者クラブ制度の弊害をあらためて認識する。
      
      【記者クラブ】 権益に固執するメディア、記者クラブが日本の情報発信を阻害する 【東洋経済オンライン】(東京脱力SPORTS & RESORTS(試作版) ~ゴルフとスパと、時々、永田町)
     
     
     この1年で海外メディアの日本からの撤退が相次いでいるという。
     

    "ニューヨーク・タイムズ東京支局は特派員の数を減らし、ワシントンポストは東京支局を支局長宅に移設し、ロサンゼルス・タイムズは日本から完全に撤退した。すべてここ1年で起きたことである。"(上記、上杉さんのブログより引用)

    続きを読む "オープン化を拒む日本のメディア"

    投稿者 もりた : 14:10 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年11月22日

    たくろうニューアルバム「18時開演」を未だ聴けない

     たくろうのニューアルバム「18時開演」が届いてから既に10日以上、未だ聴いて(聴けて)いない。
     
      ・18時開演~TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM~(DVD付) [CD+DVD]
     
     
     1ヶ月以上前に予約し、ちゃんと発送側で11月11日指定日配達にしてくれて、届いているのに。
    吉田拓郎「18時開演」11月11日指定日配達

     
     東京国際フォーラムでのコンサートの模様を、開演前のサプライズ曲から最後まで、MCも全部収録されているらしい。CD3枚にDVDもついているらしい。
    吉田拓郎「18時開演」吉田拓郎「18時開演」はCD3枚+DVD1枚

    続きを読む "たくろうニューアルバム「18時開演」を未だ聴けない"

    投稿者 もりた : 19:08 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    一葉祭24日まで、今年も行けるかな?

    「一葉祭」
     明日11月23日は樋口一葉の命日「一葉忌」。この日を挟んで前後4日間、「一葉祭」が彼女のゆかりの地の一つである東京都台東区竜泉にある一葉記念館で催されています。
     
      催し物のご案内(一葉記念館)

     
     11月10日に南千住のお客様のところにパソコンサポートに行った際に、駅に貼ってあるポスターを見ていたのですが、気がついたら昨日から始まっていました。特別展「半井桃水と樋口一葉も開催されているようです。
     
     一葉の小説の先生であり、初恋かつ初失恋の相手と思われる人物。その後「奇跡の十四ヵ月」と呼ばれる一葉が後世に残る作品を次々に生み出した遠因ではないかと勝手な想像をしていますが、詳しく知りません。

    続きを読む "一葉祭24日まで、今年も行けるかな?"

    投稿者 もりた : 16:08 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年11月13日

    天皇・皇后両陛下のお人柄について

     即位20周年に関連して、昨夜7時のNHKニュースの中で、天皇陛下がインタビューに答えて(注2)お話されていました。「20年という在位期間の中で最も印象に残られたことは?」という質問へのお答えは「6,434人の尊い命が奪われた阪神淡路大震災です」(注1)
    (注1) 9月11日に行われた天皇・皇后両陛下の記者会見の全文がMSN産経ニュースに掲載されています。
      ・【両陛下ご会見全文(1)】拉致問題「家族の苦しみはいかばかりであったか」 (1/4ページ)(MSN産経ニュース)
     ベルリンの壁崩壊、9.11アメリカ同時多発テロ、それを契機としたアフガニスタンとイラクでの戦争によって今も多くの命が失われていること、そして拉致問題に触れて当時日本人の多くが事実と認識出来ず拉致が続けられた結果、多くの被害者が生じたことを残念とおっしゃり、「被害者と家族の苦しみはいかばかりであったかと思います」とお話になっています。続いて日本国内の話に及び、6400人以上の人々が亡くなった阪神淡路大震災について「誠に痛ましい状況でした」が、その後の耐震化に教訓を残し、災害の際に協力の輪が広がったことを頼もしく思ったと述べられています。苦労の多い中で、農業、林業、水産業などに携わる人々が様々に工夫を凝らしていること、日本社会の高齢化に向かって、人々の中に皆で支え合う意識が広まりつつあることにまで言及されています。2009年11月13日 追記

     
     私自身は、天皇陛下即位20周年など祝賀ムードを大々的に盛り上げたり、天皇制を殊更に賛美したりすることは好きではありません。そういう(盛り上げたり賛美したりする)人が、即位20周年や天皇制を道具として利用している様な胡散臭さを感じることが多いからです。
     
     
     誤解の無いように付け加えますと、私は日本の古い伝統、歴史、慣習、風習、文化、芸術が大好きです。神社やお寺を見て回ると、200年、300年、あるいは1300年、1500年前の人と間接的に心を共有できたような喜びを感じます。また地理や人の苗字()にも強い関心があります。そういう素性が基になって、数年前から越谷市郷土研究会文教大学生涯学習コースに参加するようになったのだろうと自己分析をしています。
     
     一方、小学校5年生の時にアマチュア無線の勉強を独学(通信教育)で始めたように、理科系、新しいことにも興味を掻き立てられます。その延長線上で無線工学(電磁波・電波伝搬)を専攻したり、コンピュータのソフトウェア開発という職業に就くことになって、現在に至っています。

    続きを読む "天皇・皇后両陛下のお人柄について"

    投稿者 もりた : 00:36 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年11月12日

    (11月27日更新)行政刷新会議「事業仕分け」ガイド(日程、ライブ中継・Twitter中継をどこに行けば見られるか)

     行政刷新会議による「事業仕分け」をどこに行けば見られるかについての情報をまとめましたので、ご利用ください。
       
     
    ● 行政刷新会議ワーキンググループ全体の概要
     
     先ず、基本的なお話として「事業仕分け」の情報公開に関して、一次的な情報源は「行政刷新会議ホームページ」です。
     
      ・行政刷新会議ホームページ
     
     
     行政刷新会議のホームページに情報が公開されていますが、ここであらためて今回の「事業仕分け」全体の概要について転載します。
     
     1.開催日
      平成21年11月11日(水)、12日(木)、13日(金)、16日(月)、17日(火)<第1弾>
      平成21年11月24日(火)、25日(水)、26日(木)、27日(金)<第2弾>

      (注1)詳細な時間は別途公表いたしますが、概ね9:30~18:30を予定しております。
      (注2)11月14日(土)、28日(土)、29日にも開催の可能性があります。開催する場合には別途公表いたします。


    2.開催場所
      独立行政法人国立印刷局市ヶ谷センター
      東京都新宿区市谷本村町9-5
     
    (以降は、「行政刷新会議ワーキンググループの開催について」を参照ください)
     
    ● 本日の日程
     
      行政刷新会議ワーキンググループ11月27日の日程(PDF)
      行政刷新会議ワーキンググループ11月26日の日程(PDF) 変更あり
      行政刷新会議ワーキンググループ11月25日の日程(PDF)
      行政刷新会議ワーキンググループ11月24日の日程(PDF)
      行政刷新会議ワーキンググループ11月17日の日程(PDF)
      行政刷新会議ワーキンググループ11月16日の日程(PDF)
      行政刷新会議ワーキンググループ11月13日の日程(PDF)
      行政刷新会議ワーキンググループ11月12日の日程(PDF)
      行政刷新会議ワーキンググループ11月11日の日程(PDF)
     
    ● 明日の日程
     
     
    ● ライブ中継
     
      行政刷新会議ワーキンググループ・ライブ中継
     
    ● 民間人によるライブ中継
     
      ・(ミラー)【行革刷新会議】第2ワーキンググループ および 作業終了後の記者会見(18時40分以降) (Khaos_Worldon USTREAM)
     
       ※ WG2のライブ中継です。
     
       ※ 作業終了後の記者会見(18時40分以降)も、(1日目と2日目は)ここで中継されていましたが、このサイトかどうかはわかりません。
     
      
      ・ZigyouShiwake on USTREAM
     
       ※ そらのさん(@ksorano)によるWG3のライブ中継です。
     
     
      ・Politics of Japan Today ! on USTREAM(事業仕分け第2グループ)
     
       ※ The Journalさんによるライブ中継です。常時中継されているかどうかわかりません。事業仕分けの録画放送があるようです。USTREAMにあるthe_journalさんのページを開いて、「Archived Videos」タブをクリックしてください。
     
    ● Twitterによる中継
     
     それぞれ下記のハッシュタグで検索して見られます。WG2およびWG3については、上記の民間人によるライブ中継の画面でも見られます(映像と同一画面内にTwitterのタイムライン(書き込み)も一緒に表示されます。
     
      ・WG1(第1ワーキンググループ)  
        
        #shiwake1  (← クリックしていただければ表示されます)
     
      ・WG2(第2ワーキンググループ)
     
        #shiwake2  (← クリックしていただければ表示されます)
     
         ※ 民間人によるライブ中継 (ミラー)【行革刷新会議】第2ワーキンググループ および 作業終了後の記者会見(18時40分以降) (Khaos_Worldon USTREAM) でもTwitter中継に参加できます。
     
      ・WG3(第3ワーキンググループ)
     
        #shiwake3  (← クリックしていただければ表示されます)
     
         ※ 民間人によるライブ中継 ZigyouShiwake on USTREAM(行革刷新会議 事業仕分け 第3ワーキンググループ) でもTwitter中継に参加できます。
     
     
     以上、参考になれば幸いです。

    投稿者 もりた : 12:05 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    「事業仕分け」削減額に各局間で差が出たテレビ報道

     昨日の「事業仕分け」スタートについて、テレビ各局は夜のニュースで報じました。市橋容疑者逮捕など他のニュースの陰に隠れ、小さな扱いになるのではないかという私の心配は、良い方向に裏切られました。
     
     各局とも共通していたのは、情報公開、透明化という点を高く評価していたことです。会議の様子(会議場内の映像)のライブ放送+Twitterによるリアルタイム中継、NHK(ニュースウォッチ9)は単に「インターネットによる中継」と表現しましたが、テレビ朝日(報道ステーション)ではTwitterにも、一民間人(そらのさん)によるカメラ持込みライブ中継にも言及がありました。そらのさんは一躍「時の人」となった感があります。
     
     
     議論の内容については、仕分け対象事業の当事者たる省庁、および外郭団体(特殊法人・独立行政法人)側の担当者の不満の声(時間が短かった)を各番組とも紹介していました。そして、昨日の仕分け作業(会議)の結果、そのまま継続()となった事業は1つもなく、廃止(×)または予算額の削減()ばかりであったと伝えていました。
     
     興味深かったのは、昨日一日の事業仕分けの結果、削減額の総額がどの程度の規模になったかについての報道内容が、各局まちまちだったことです。NHKは500億円、テレビ朝日は726億円、日本テレビは最も多く1,268億円と、それぞれ報じていました。日本のテレビニュースで、各局のニュースの内容にこれほどの差が出たのは非常に珍しいのではないかと思います。決して悪いことではないと思います。
     
     何故こういう報道内容の違いが現れたのか、私の想像ですが、今回の刷新会議による情報公開の手段(ライブ中継とTwitter中継)によるリアルタイム性があまりにも高かったためではないかと見ています。普段、記者クラブ制度という特権に守られて、取材や記者会見の内容を聞き逃しても同業他社の記者同士ですり合わせることに慣れている、今回はその時間が無いほど事態の進行が速かった、そういうことだと理解しています(あくまでも私の想像)。

    続きを読む "「事業仕分け」削減額に各局間で差が出たテレビ報道"

    投稿者 もりた : 03:53 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年11月09日

    全国大会4位の操法を再び - 越谷市女性消防隊「さくら」

     昨日、市内出羽グラウンドにて、平成21年度越谷市消防団特別点検が開催されました。先月、横浜市で催された第19回全国女性消防操法大会に埼玉県代表として出場し、見事4位(優秀賞)に入賞した当団所属女性団員で構成される越谷市女性消防隊「さくら」が軽可搬ポンプ操法の模範演技を披露しました。
     
    全国大会で4位入賞の越谷市女性消防隊「さくら」

     
     
     開始とともに、男性団員、来賓者とも、固唾を呑んで展示(注:展示とは操法の模範演技を見せること)を見守っている姿が印象的でした。そして放水と同時に見事に的を射落とすと、大きな拍手が湧き上がりました。一方、女性団員による操法展示の前に、男性団員による操法も披露されました。今年7月に行われた越谷市消防団夏季特別点検のポンプ操法大会で優勝および準優勝した出羽分団第3部および出羽分団第4部による小型ポンプ操法(可搬式ポンプ操法)の展示です。
     
    平成21年度 越谷市消防団特別点検 可搬式ポンプ操法の展示

    続きを読む "全国大会4位の操法を再び - 越谷市女性消防隊「さくら」"

    投稿者 もりた : 02:06 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年11月06日

    高崎力先生、11月7日(土)NHK-BS2「熱中時間」に出演

     3年前から参加している越谷市郷土研究会の顧問でいらっしゃる高崎力先生が、明日(11月7日(土))放送されるNHK-BS2「熱中時間~忙中“趣味”あり~」に出演されます。"力石とは?日本一の力持ちの足跡追って"というテーマで、私どもの地元・越谷が生んだ江戸時代の大スター三ノ宮卯之助、そして力石についてお話されるそうです。
     
      ・11月7日(土) 18時00分~18時44分  NHK-BS2
       11月8日(日) 21時00分~21時44分  NHK-BS Hivision
       11月9日(月) 12時00分~12時44分  NHK-BS Hivision(再放送)
     
       11月11日(水) 22時45分~3時00分(15分版)  NHK総合
     
      それでも見逃した方は
       11月17日(火) 15時45分~16時00分(15分版)  NHK総合(再放送)
     
      ・きっかけはどうだっていいのかも・力石熱中人(熱中倶楽部 ブログ-熱中人リポート:NHKブログ)

     
     
     力石および三ノ宮卯之助に関して、一昨年、高崎先生が越谷市中央市民会館で行った講演について、このブログで報告していますのでご覧ください。
     
      越谷市郷土研究家・高崎 力先生(IT屋もりたの今時パソコン日記)

    続きを読む "高崎力先生、11月7日(土)NHK-BS2「熱中時間」に出演"

    投稿者 もりた : 12:44 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年11月02日

    谷山浩子さんを知らない人のために

     谷山浩子さんを知らない人のために、谷山浩子さんの歌と人柄を知っていただくためのちょうど良いビデオが公開されていました。新生Gyaoが始めた「昭和TV」の中の1コンテンツのようです。YouTubeの場合は、いつも著作権に気を使ってあまり引用しないのですが、これはリンクしても大丈夫なようですので、紹介します。
     
      無料映像 GyaO! 昭和TV
     
        ※ 昭和TVのページ下方の、プログラムラインアップの中に“FOLK&ROCK ALIVE「谷山浩子」”があります。他に“トワ・エ・モア「誰もいない海」”などもあります。
        ※ 視聴にはWindows Media Player(日本語版) 9シリーズ以上、Microsoft Silverlight 3 以上、Microsoft Internet Explorer 6.0以上・Firefox 3.0以上といった条件があるようです(以上、Windowsの場合)。詳しくはこちらを参照ください。

     
     
     コンテンツ(FOLK&ROCK ALIVE 谷山浩子)の長さも約33分と長く、谷山さんをわかっていただくのに充分な曲数になっていると思います。谷山浩子さんは、15歳の時にシンガー・ソング・ライターとしてデビューされて37年、現在も新しい音楽作りとコンサート(年に1回他のアーティストとのコラボレーションと、秋から翌年初夏にかけての全国ツアー)を続けていらっしゃいます。

    続きを読む "谷山浩子さんを知らない人のために"

    投稿者 もりた : 11:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    中島みゆきさんに紫綬褒章

     政府が今朝(?)発表した2009年秋の褒章受章者678人の中に、シンガー・ソング・ライターの中島みゆきさんが含まれているというニュースを、吉田照美のソコダイジナコトで聴いた(中島みゆきさんが受賞するのは紫綬褒章)。所属事務所が同じ谷山浩子さんとは、30年来の間柄、「みゆき」、「浩子」と呼び合う仲。4歳上のみゆきさんだが、デビューは谷山さんより3年後。
     
     私自身もみゆきさんがデビューから3、4年経った頃、NHK-FMの中島みゆきさん特集を聴いて衝撃を受けて、デビューアルバムに遡ってLP7、8枚を買って聴いていた経験がある。みゆきさんのレコードも、吉田拓郎さんやフォーク・クルセダーズのレコード(LP)と一緒で、どこにいったか行方不明である(家のどこかにあるハズなのだが)。
     
      フォーク・クルセダーズのLPを買った日(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
     
     近年では、「ファイト」や「永遠の嘘をついてくれ」、「唇をかみしめて」など、吉田拓郎さんと中島みゆきさんとの相互カバーを聴いて、昔からお二人の大ファンであった者として驚いている。
     
      サプライズ(IT屋もりたの今時パソコン日記)

    続きを読む "中島みゆきさんに紫綬褒章"

    投稿者 もりた : 06:50 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月28日

    先日の全国大会における越谷市女性消防隊の活躍を再び

     先週催された全国女性消防操法大会における、わが(埼玉県代表)越谷市女性消防隊の活躍を再現しようと思っていたところ、twitterにtweatしたのを思い出しましたので掲載することにします。前日からtwitterを始めたばかりで、ちょうど練習がてらに写真やら投稿しています。当日のタイムラインを掲載しますが、写真は一旦ダウンロードして自サイトにアップロードし直しています。
     

    Thu, Oct 22


    • 06:05  越谷消防本部に消防団員150名集合。バス3台を連ね、横浜へ向けて出発。全国女性消防団ポンプ操法大会に埼玉県代表で出場する越谷市女性消防隊「さくら」の応募。

    • 06:30  三郷インターチェンジなう。

    • 07:34  海沿い、湾岸線・川崎市内を南下中。

    • 07:36  イマココ! L:神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭3

    • 08:40  @s_fujii 「無題」は曲名だったのですね。  [in reply to s_fujii]

    • 08:44  イマココ! L:神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56 渋滞で9時開会式ギリギリの予想。

    • 09:32  20分遅れで会場到着。開会式には間に合う。

    • 09:38  第19回全国女性消防操法大会開会式
      第19回全国女性消防操法大会開会式

    • 10:43  群馬県代表 藤岡町女性消防団
      群馬県代表 藤岡町女性消防団
    • 10:57  大分県代表
      大分県代表
    • 11:16  見事放水成功!
      見事放水成功!

    • 11:31  埼玉県代表 わが越谷市女性消防隊「さくら」の得点84点台、暫定2位!!!

    • 11:54  わが越谷市女性消防隊「さくら」の勇者たち、本当にご苦労様でした!指揮者のかた写ってなくてスミマセン
      わが越谷市女性消防隊「さくら」の勇者たち、本当にご苦労様でした!指揮者のかた写ってなくてスミマセン

    • 12:02  イマココ! L:神奈川県横浜市戸塚区深谷町 第19回全国女性消防操法大会会場 横浜市消防学校

    • 12:09  宮城県山元町消防団、わが埼玉県の84点台に迫る82点台をマーク。あ っぱれ。宮城県山元町消防団、わが埼玉県の84点台に迫る82点台をマーク。あ っぱれ。

    • 12:26  横浜市安全管理局音楽隊による演奏
      横浜市安全管理局音楽隊による演奏

    • 12:27  横浜市安全管理局音楽隊による演奏
      横浜市安全管理局音楽隊による演奏

    • 12:33  横浜市安全管理局音楽隊による演奏
      横浜市安全管理局音楽隊による演奏

    • 12:37  午前の部32県終わって、94点台を筆頭に、84点台にわが埼玉県、奈良県、82

    • 12:39  午前を終わって、暫定1位94点台県名不詳、2位埼玉県、3位奈良県、4位宮城県

    • 15:50  結局、埼玉代表 わが越谷市女性消防隊「さくら」は、47都道府県中4位だった。全国女性消防操法大会会場から引き上げ。


    Powered by twtr2src.

    続きを読む "先日の全国大会における越谷市女性消防隊の活躍を再び"

    投稿者 もりた : 22:39 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月26日

    楽天の現状戦力と次期監督への助言

     マー君(田中将大投手)の力投も空しくクライマックスシリーズ敗退し、対戦した北海道日本ハムの選手も加わった胴上げで、東北楽天監督としての野村克也監督の采配は見れなくなってしまいました。監督でも、ましてやオーナーでもない一ファンが監督候補に物言える立場にありませんが、今季で退任する野村克也監督が4年間、指導・指揮してきた楽天の現状戦力および次期監督への助言を述べて見たいと思います。昨日、電車で移動中に携帯電話でtwitterにつぶやいたことを掲載します。
     

    Sun, Oct 25


    • 19:22  楽天の話1 楽天は強いと誤解され過ぎ。12球団中最下位と思う。野村監督以外の監督が今の戦力を引継でもリーグ3位にも入れないと思う。それ程戦力が弱い。

    • 19:31  楽天の話2 今楽天のスタメン及びベンチ入25人のほとんどの選手は4、5年前はプロに入っていない(社会人か大学生)または1軍の試合にあまり出たことが無い選手ばかりだ。

    • 19:39  楽天の話3 この4年間、野村監督と一緒に野球をやれた選手たちの多くが、この先永くプロで活躍し続けられると思う。他チームの選手とは違うモノを掴んだと思う。

    • 19:43  マー君が他球団に入ってたら、こんなに順調に成長出来なかったと思う。今の様に一流どころか下手すると芽が出ずプロで活躍出来なかったかも。

    • 19:45  さっき(1つ前)のが楽天の話4

    • 19:59  楽天の話5 今現在の戦力は家で言えば新築工事2、3割と言った所。基礎は出来た。柱も大きいのだけで細いのや壁、床、天井などはこれからだ。勿論未だ住めない。

    • 20:17  楽天の話6 一方他球団は何れも住み始めて50年以上。傷みがそれ程でもない家ひどい家、最近建て直したりリフォームした所、補修必要だが何もしてない所と様々だ。

    • 20:23  楽天の話7 横浜やオリックスは補修リフォームに着手出来ていないチーム。広島やロッテはリフォーム中といった所だろう。それでも楽天とは全然違う。楽天は未だ新築工事中で一度も住み始めていないのだから!

    • 20:27  楽天の話8 楽天の次の監督は現状のチーム戦力を横浜、オリックス以下と認識する所から始めなければいけない。その上で戦略や育成方針を立てることが重要。

    • 20:36  楽天の話9 プロ野球チームにはa.毎年Aクラスの強豪 b.普通(AクラスとBクラスを行ったり来たり)c.万年Bクラス d.万年最下位争い。があると思う。

    • 20:47  楽天の話10 a.は読売(巨人のこと)、中日、日本ハム、SB b.はヤクルト、阪神、西武、ロッテ c.広島 d.横浜、オリックスといった所。 楽天はa.~d.のいずれにも当てはまらないe.といった分類かと思う。

    • 20:54  楽天の話11 そうは言っても今季リーグ2位、CS1stステージを勝ち抜いた(でも来季また4位かも)という意味でb.として采配を振るってもいいかも知れない。

    • 21:02  楽天の話12(最後) しかし主力の大部分が4、5年前プロにいなかった、2軍だった(建築途中、未だ住み始めていない家である)ことを片時も忘れず指揮を採ることが重要。 以上述べた楽天の話1~12はあくまで私感です。


    Powered by twtr2src.

    続きを読む "楽天の現状戦力と次期監督への助言"

    投稿者 もりた : 22:34 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月23日

    初出場で全国4位入賞、越谷市女性消防隊「さくら」

     昨日(10月22日)、横浜市消防訓練センターで催された第19回全国女性消防操法大会に、わが越谷市消防団女性消防隊「さくら」が埼玉県代表として出場しました。初出場ながら優秀賞受賞、47都道府県中4位という成績でした。また、個人に送られる(出場選手329名中、10名選出される優秀選手賞に、1番員・飯森班長が選ばれました。チーム、個人とも受賞という見事な成績を収めました。
     
     
     越谷市女性消防隊「さくら」は、2005年4月に発足。大会出場が決まったのは昨年2月。それまで、女性団員はポンプ操法の経験が無く、文字通り、ゼロからの挑戦でした。1年8ヶ月の永きにわたる練習、特にこの2~3ヶ月は月の内3分の2は練習という、ハードな練習だったと聞きます。
     
     
     男性団員もそうですが、女性消防団員は、普通の主婦や会社員などです。失礼ながら出場選手の年齢も、34歳から46歳。家事や仕事をこなしながらの練習、そして見事な結果には、同じ消防団員として頭が下がる思いでいっぱいです。私自身もポンプ車操法の経験があります(現在も分団内にて、選手兼任)が、初めて消防団に入団してポンプ操法を始めた20台半ばに比べて、30台半ばには急に練習がキツいと感じるようになったことを憶えています。その後、体調の管理を上手くやれば、40代でも負担無く出来るコツを体得しましたが。
     
     それだけに30代半ば、あるいは40代で初めてポンプ操法を始めた大変さは、想像以上であったろうと思います。それにしても、「さくら」の昨日の操法は、緊張であがるという気配をまったく感じさせない、見事なパフォーマンスでした。想像を超える練習量であったことを窺わせます。さくら」のみなさん、おめでとうございます、そしてお疲れ様でした

    続きを読む "初出場で全国4位入賞、越谷市女性消防隊「さくら」"

    投稿者 もりた : 02:11 | 日記 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月22日

    楽天、まさかの逆転負け

     既にご存知のように、プロ野球はセ、パ両リーグとも今日からクライマックスシリーズ2ndステージが始まり、パ・リーグは北海道日本ハムが9X対8で東北楽天を下し、2勝0敗としました。この試合、楽天先発・永井怜投手の予想通りの好投で、8回表を終わって6対1と楽天がリード。楽天の勝利が濃厚と思われました。
     
     8回裏永井投手が3連打を浴び6対2とされたところで、野村克也監督は永井投手をあきらめ、藤原投手にスイッチ。ここから楽天ファンにとっての悪夢の始まりでした。
     
     藤原投手は、岩隈、田中、永井に続く、楽天4番目の先発候補、リリーフの起用に、さすが野村監督、気合が入っていると思いました。結局、藤原投手は打者一人と対戦しタイムリーで1点を失って降板。続いて、小山、有銘と続くピッチャーがアウトを取れず、6対4。川岸投手を投入し、この回の日本ハムの反撃を一旦は止めました。
     
     その裏、9回表、楽天はランナー一人をおいて鉄平選手がライトスタンドにホームラン、8対4としました。このホームラン、鉄平選手の“技あり”の一発でした。一球目、鉄平選手にしては珍しくフルスイングで空振り。1球ボールの後の3球目をホームラン、この打席1球目のフルスイングが、相手バッテリーの配球に微妙な影響を与えたと見ました。
     
     正直これで楽天は勝利を大きく引き寄せたと思いました。ところが9回裏マウンドに立った福盛投手が3連打で1点を追加され8対5。次のバッター4番・高橋信二選手を2-1と追い込みながらフォアボール。3球目のストレート、4球目の変化球がいずれも外角に外れてフォアボールで、1アウト満塁。5番・スレッジ選手にレフトスタンドへ逆転満塁サヨナラホームランを打たれてしまいました。「逆転」、「満塁」、「サヨナラ」と形容詞が3つも付く、めったに無い出来事が起きてしまいました。
     
     
     思い返せば永井投手はあとアウト5つのところまで来ていましたが、3連打では仕方がありません。今シーズン前半、楽天はこのように大量リードしながら、8回・9回に逆転される試合が何試合かありました。また、昨年、日本ハムには、このような負け方が何度かあり、今シーズンはその苦手意識を払拭しつつあると思っていましたが、大事なところで出てしまいました。
     
     やはり、戦力的には楽天は他の11球団とは1ランク劣っているのです。それを野村監督を始めとしたコーチングスタッフの指導や選手の向上心で補ってきましたが、地力の差を4年や5年で縮めるのには、限界があります。このチームは、文字通りゼロからスタートした球団なのです。今シーズン最下位の横浜ベイスターズやオリックスバファローズとの違いは、そこにあります。普通のプロ野球球団の地力を持った選手を揃えるには、一般的に考えれば10年近くの時間がかかるものと思います。

    続きを読む "楽天、まさかの逆転負け"

    投稿者 もりた : 00:07 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月20日

    フォーク・クルセダーズのLPを買った日

     17日(土)、近くにある文教大学のオープン・ユニバーシティの授業から帰宅して、午後からの楽天-ソフトバンク戦のテレビ観戦に備えてネットをチェックしている時、加藤和彦さん死去の一報に触れた。私にとって加藤和彦さんは、北山修さん、端田宣彦(はしだのりひこ)さんとともに、フォーク・クルセダーズのメンバということ以上に、詳しいことはほとんど知らない。
     
     北山修さん(作詞)とのコンビで、「あの素晴らしい愛をもう一度」、「白い色は恋人の色」といった素晴らしい曲を作った人ということを知っているのみである。フォーク・クルセダーズの「帰ってきたヨッパライ」が流行ったのは、私たちが小学校5年、昭和42(1967)年のことだ。当時、正直言って学力はクラスの中で最下位クラスのいわゆる悪ガキの同級生が、この歌を唄っていたのを思い出す。「ケメ子の歌」、「帰ってきたヨッパライ」、子供というのはこういうコミカルな歌を、意味もわからず好むものだ。
     
     
     少し年齢が上がって中学3年の時、クラスメートの提案で毎朝ホームルームの時間に歌を唄うことになった。曜日毎違う歌6曲を わら半紙に刷って、歌詞を見ながらみんなで唄ったものだ。
     
      ・あの素晴らしい愛をもう一度
      ・僕を呼ぶふるさと
      ・やめちまえ節
      ・泣くなゴンベー
      ・二人の世界
      ・マキシーのために
     

     「あの素晴らしい愛をもう一度」という曲は、この時初めて知った。当時、作詞が北山修さんであることや、作曲が加藤和彦さんであることは知らなかった(後に知ったことだが、私たちが中学3年生の教室でこの歌を唄った昭和46(1971)年、この歌が発売されて間もない頃だった)。

     ちなみに上記の歌は「あの素晴らしい愛をもう一度」と「僕を呼ぶふるさと」が作詞:北山修、作曲:加藤和彦コンビによる歌、「泣くなゴンベー」はソルティー・シュガー(「走れコウタロー」が有名)の歌、「二人の世界」はあおい輝彦さん(水戸黄門の助さん?)、「マキシーのために」はかぐや姫の初期の歌だ。「やめちまえ節」は誰の歌か知らない。

    続きを読む "フォーク・クルセダーズのLPを買った日"

    投稿者 もりた : 02:46 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月17日

    楽天、2ndステージ進出!野村監督「日本一になってファンに恩返ししたい」


     プロ野球パ・リーグ クライマックスシリーズ1stステージ第2戦、東北楽天対福岡ソフトバンクは、4対1で楽天が勝利し、クライマックスシリーズ2ndステージ進出を決めました(このエントリーの画像はすべて、NHK-BS1の映像より引用しました)。


     楽天の先発・田中将大投手は、9回を1失点の好投で完投勝利を挙げました。昨日の岩隈投手に続く完投、楽天はピッチャー2人だけで、CS2ndシリーズ進出を決めたことになります。北海道日本ハムはもちろん、セ・リーグの3チームにも手強いという印象を与えるに充分な内容だったのではないでしょうか。


     試合終了後、ヒーロー・インタビューに続いて、セレモニーが行われ、今シーズンで退任(ご本人は解任とおっしゃっていました)が決まった野村克也監督と、選手会長・岩隈久投手が挨拶しました。挨拶の中で野村監督は、今季限りで解任が決まったこと、1試合でも多くファンの皆さんに試合を見せること、そして日本一になってファンの皆さんに恩返しをしたいと話されていました。

     岩隈投手も、CS2ndステージを勝ち抜いて、仙台に戻って来て日本シリーズを戦うこと、日本一になって野村監督を胴上げすることを誓っていました。それにしてもこの2日間、勝ち負け以前に、ファンも選手も本当に嬉しそうに応援し、楽しく試合をやっている姿が、他のどのチームにも無い様に感じます(広岡監督時代のヤクルトが優勝した時の感じに、なんとなく似ている気がします)。


    続きを読む "楽天、2ndステージ進出!野村監督「日本一になってファンに恩返ししたい」"

    投稿者 もりた : 23:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    セ・リーグCS1stステージ ヤクルトが先勝

     パ・リーグに続き開幕したプロ野球セ・リーグ クライマックスシリーズ1stステージ 中日対東京ヤクルトの第1戦は、3対2でヤクルトが逆転勝利し、2ndステージ進出に王手をかけました。中日の本拠地・ナゴヤドームで行われたこの試合は、中日・チェン、ヤクルト・石川両左腕の投げ合いで3回を0対0で終了。
     
     その後、中日が1点ずつ得点し2対0。チェン投手の素晴らしい出来から、中日の先勝かと思われた7回表、ヤクルトは4番・青木宣親選手のタイムリー、5番・デイトナ選手の2ランで3対2と逆転。押本→五十嵐→イム・チャンヨンのリレーで中日の反撃を抑え、初戦をものにしたという試合内容でした。
     
     7回表ヤクルトは、青木選手のタイムリー(下左)、デイトナ選手の2ランホームラン(下右)で逆転(写真はNHK-BSハイビジョンの映像より)。



     セ・リーグの試合を観るのは久しぶり(この1、2年は、テレビでもあまり観ていなかった)で、昨日・今日の楽天対ソフトバンク戦に比べて淡々とした試合運びだなと感じました。特にスタンドのファンの盛り上がりがいま一つだったように感じたのは、楽天戦を見た後だったからかも知れません。中日もこのまま引き下がるとは思えません。明日の試合が楽しみです。長年のプロ野球ファンですが、やはり1年で一番、楽しい時期です。

    続きを読む "セ・リーグCS1stステージ ヤクルトが先勝"

    投稿者 もりた : 23:06 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月16日

    パ・リーグCS1stステージ 楽天が先勝

     今夜から始まったプロ野球パ・リーグ クライマックスシリーズ1stステージ第1戦、東北楽天対福岡ソフトバンクは、11対4で楽天が勝利し、クライマックスシリーズ2ndステージ進出に向けて王手をかけました。楽天先発・岩隈投手は、序盤7対0とリードした直後の4回表、4点を失ったものの、その後は安定したピッチングで9回を投げ抜きました。
     
     攻撃陣は、高須選手の先頭打者ホームラン、セギノール選手の2ランと、初回に3点をリード。3回裏にも鉄平、山崎両選手のダブルスチール、中島俊哉選手の2ランなどで4点を追加。4点を取り返されて7対4と迫られた後の6回裏には、中島選手がヒットと相手の送球ミスの間に3塁を陥れ1アウト3塁。
     
     ここで野村克也監督は3塁走者中島選手に代えて聖沢選手を代走に起用。結果的に草野選手のタイムリーヒットを生みました。このように今日の試合は、野村監督の積極的な采配が随所に現れていました。セギノール選手を5番に、中島俊哉選手を6番に起用したことも、ピタリと当たりました。もちろん偶然ではなく、より確率の高い方法を選択する野村監督ならではの結果です。

    続きを読む "パ・リーグCS1stステージ 楽天が先勝"

    投稿者 もりた : 22:43 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年度概算要求のニュースを見る上での注意点

     鳩山新政権による2010年度一般会計予算案の概算要求の総額は90兆円を超える見通しであると、テレビ各局のニュースや新聞社のWebサイトで報じられています。それらの見出しを見ると「過去最大」という言葉が目立っています。
     
     概算要求は、各省庁からの概算の要求であって、これから各省庁と財務省との間で削減を前提として見直しが行われ、年末までに、年明けから始まる通常国会へ提出する政府予算案として正式に決定される見込みです。記事の中味を読むと「概算要求段階では過去最大となる見通しだ」というように、あくまで途中経過であることを説明はしています。
     
     新聞やテレビはそのことをわかった上で「過去最大」というキーワードを使っているのでしょう。しかし結果としては、国民の間に赤字(国の借金)が増えるというイメージを作ることに貢献してしまっています。リーマンショック以降の経済の縮小により、税収額の大幅な落ち込みが避けられない状況であることを考えれば、赤字国債の新規発行額が前年より増えることは避けることは出来ないと思います。

    続きを読む "2010年度概算要求のニュースを見る上での注意点"

    投稿者 もりた : 00:43 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月15日

    鳩山政権発足から4週間、立つ鳥跡を濁した麻生前首相

     鳩山政権が誕生して昨日(10月13日)で4週間が経過した。新政権発足直後から各省の大臣・副大臣・政務官の精力的な行動に目を見張るばかりであるが、ここにきていくつかの“ほころび”も見せ始めている。その要因は主に前政権が残した政策の執行と、現政権による政治との「つなぎ目」に関するものだ。
     
     例えば今朝の朝日新聞によると、“長妻昭厚生労働大臣は13日、09年度補正予算に盛り込まれた「子育て応援特別手当」(1254億円)を停止する方針を固めた。・・・(途中省略)・・・すでに事務作業の外部委託などを進めている市町村もあり、・・・(途中省略)・・・すでにDV被害者の申請受け付けも始まっており、対象世帯から不満が出るのは必至だ。(10月14日付け 朝日新聞より)
     
     八ツ場ダム工事に関し地元住民から中止反対の声があがるなど、すべてをそのせいには出来ないが、政権交代の“つなぎ目”の悪さに起因すると思われる事態が続出し始めた。
     
     
     そこで、今回の様な政権交代が起きた際、前政権から新政権への政権移行ルールなり慣習なりを、構築していくことが重要であると思う。解散・総選挙の時期、総選挙が実施されてから新政権発足までの間隔(現憲法では30日以内に、総理大臣指名のための特別国会を開けとある)などについて、政権交代を前提とした見直しやルール化が検討されなければならない。特に翌年度の予算編成のスケジュールとの整合性について考慮する必要があるように思う。

    続きを読む "鳩山政権発足から4週間、立つ鳥跡を濁した麻生前首相"

    投稿者 もりた : 00:22 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月14日

    「霞ヶ関改革」と並んで「記者クラブ制度」の廃止こそ、官僚政治から民主政治への転換の必要条件である

     鳩山政権成立からちょうど4週間、新政権発足から未だ僅か1ヶ月にも満たないにもかかわらず、各大臣ともそれぞれの省庁が抱えてきた過去50年間の負の遺産をひっくり返すために、アグレッシブに行動していることが、とても心地よく新鮮に感じられます。
     
     私にとって選挙権を得てから34年目にして初めて、自分が投票した政党が政権(国政)を担当しました。どんな風に感じるのかと思っていましたが、今のところ特に大きな心の変化は感じていません。しかし1日1日のニュースは、驚きの連続です。八ツ場ダムをはじめとするダム建設中止、ひいては公共事業全体の見直し、核持込に関する日米間の密約疑惑を外務省が調査する、等々。特に前政権のもとで5月に成立した2009年度補正予算の一部執行停止には、3兆円というその金額とともに驚きです!今までの政権だったら、こんなことはあり得ません!
     
     
     この鳩山政権を、一市民のレベルでなんとか後押しすることは出来ないかと思い、松浦武志氏の「改訂新版 特別会計への道案内」という本を読み始めたことは以前ご報告しましたが、読んでわかったことの報告が出来ていません。官僚政治から真の民主政治へ(注:民主党の政治家の先生方は「官僚主導から政治主導へ」と言っていますが、民主主義に関わるもっと大きいレベルの話だと思う)、官僚の天下りや税金のムダ遣いを止めさせる、これらの目標が何のため、どういう理屈で必要なのかを理解するためには、国の予算(と決算)の仕組みや、特別会計のムダ(その多くが、不要となった特殊法人や独立行政法人の存在にある)について、多くの国民が理解することが最も重要と考えます。これについては、もう少々お待ちください。

    続きを読む "「霞ヶ関改革」と並んで「記者クラブ制度」の廃止こそ、官僚政治から民主政治への転換の必要条件である"

    投稿者 もりた : 03:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月12日

    東北楽天ゴールデンイーグルス、今季最終戦

     昨夜のプロ野球パ・リーグ東北楽天対福岡ソフトバンク24回戦が、パ・リーグの今季(レギュラーシーズン)最終戦でした(試合は0対5で楽天の敗戦)。試合後、監督・選手・コーチ全員が整列して、ファンへのお礼のお辞儀など簡単なセレモニーらしきものが催されました。


     
     このところ、千葉ロッテ、北海道日本ハムと相手チームのセレモニーばかり見せられていました。楽天は特に引退する選手やチームを去る選手も無い(実際にはクライマックスシリーズ、日本シリーズ終了後、ひっそりと去る選手も出てくるかもしれませんが)ため、セレモニーは簡単に終了しました。
     
     
     それより何よりも、楽天球団が野村克也監督と来季以降は契約しないことが、昨夜決まってしまったことが残念です。この件は簡単には語りつくせませんので、別の機会があれば述べたいと思います。なお、このエントリーに掲載した画像はすべて、Yahoo!動画の映像から引用しました。

    続きを読む "東北楽天ゴールデンイーグルス、今季最終戦"

    投稿者 もりた : 22:34 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    今夜から「NHKアジア・フィルム・フェスティバル特集」

     今夜からNHKアジア・フィルム・フェスティバル特集が、NHK-BS2で放送されます。昨年上演された5作品に加えて、一昨年以前に上演された3作品も放送されます。「見えるもの」だけに大騒ぎしている作品が多い中、心の琴線を震わし「見えないもの」を気付かせてくれる映画本来の作品に出会えると思います。
     
     チャンネルは、いずれもNHK-BS2。放送時間、深夜は日付に注意してください。詳しくは、NHK BSシネマオンラインで。下記太字が昨年上演の作品。
     
      10月13日(12日深夜) 午前0:45~ 僕たちのキックオフ
      10月14日(13日深夜) 午前0:45~ Orzボーイズ!
      10月15日(14日深夜) 午前0:45~ ガレージ
      10月16日(15日深夜) 午前0:45~ 雨の味
      10月18日(17日深夜) 午前1:05~ 京義線(キョンイセン)
      10月19日 午後9:00~ My Son ~あふれる思い~
      10月20日 午後9:00~ 追憶の切符
      10月21日 午後9:00~ パンドラの箱

     
     
     おすすめは、全部です!私の好みは、「パンドラの箱、「ガレージ」、「追憶の切符」、「僕たちのキックオフ」といったところ。もちろん「京義線」も「My Son」も「Orzボーイズ!」も「雨の味」もいいです。特に「雨の味」は、ラストの秘密がわかりましたかとおっしゃった渡辺支配人(NHK衛星劇場)の謎が未だ解けていないので、再放送がとてもありがたいです。
     
      アジア・フィルム・フェスティバル(IT屋もりたの今時パソコン日記)

    続きを読む "今夜から「NHKアジア・フィルム・フェスティバル特集」"

    投稿者 もりた : 21:01 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    「山手線100周年」記念車両


     昨日の夕方、移動のため京浜東北線に乗り、日暮里駅でホームに降りると、反対側に夜行列車風の茶色い電車が。明治製菓のチョコレート色した「山手線100周年」記念電車でした。かつては茶色だったのですね。
     
      懐かしのチョコ色山手線 「100周年記念列車」が出発(J-CASTニュース)

     
     あわててビデオカメラに収めておきました。
      

    投稿者 もりた : 19:38 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月06日

    ボビー・バレンタイン監督退任および小宮山悟投手引退セレモニー

     プロ野球パ・リーグ千葉ロッテ東北楽天は、5対2でロッテがホーム最終戦を勝利で飾りました。昨日の試合でオリックス・ボーグルソン投手からデッドボールを受けた鉄平選手が先発から外れました。心なしか攻撃力に翳りが感じられ、それが先発・岩隈投手にも打撃陣にも影響していたように思います。
     
     最後(8回裏)は、外野手による2つのエラーで自滅してしまいました。鉄平選手のケガの状態が気になります。クライマックスシリーズ大丈夫だろうか。最後は、今シーズンで引退する小宮山悟投手が最後のバッター・セギノール選手をライトフライに打取ってゲームセット。
     
     
     試合終了後、小宮山投手の引退セレモニーが行われました。最後のメッセージは、読売・長嶋茂雄三塁手の引退メッセージ以来、プロ野球選手の引退セレモニーの定番となった話し方とは異なり、小宮山選手らしいユニークなメッセージ(特に話し方が)になりました。
     
     小宮山投手のようなピッチングに対しては、おそらく野村克也監督は何も文句を付けないのではないかと想像します。おそらくお二人が考える投球内容は、非常に近いのではないかと思います。
     

     引き続き、やはり今季で退任するボビー・バレンタイン監督のセレモニーが行われました。ファン、コーチ、選手の前で、最後のメッセージを日本語で読み上げました。今日はTwellVで中継放送があり、最後まで観ることが出来ました。監督とファン・コーチ・選手の心が通い合う心温まるセレモニーでした。

    続きを読む "ボビー・バレンタイン監督退任および小宮山悟投手引退セレモニー"

    投稿者 もりた : 23:24 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年10月03日

    祝・楽天CS進出決定、創設5年目で


     プロ野球パ・リーグ東北楽天対埼玉西武は、14対5で楽天が大勝し、球団初となるクライマックス・シリーズ進出を決めました。楽天の先発・青山浩二投手は完投で3勝目を挙げました。
     
     鉄平選手が2本をはじめ、山崎武司選手、草野大輔選手、リンデン選手と、3番から6番まで全員がホームラン。
     
     ヒーロー・インタビューは、なんと先発全員の10人、選手もスタンドのファンも、みんな嬉しそうです。
    (画像は、Yahoo!動画の映像より)

    続きを読む "祝・楽天CS進出決定、創設5年目で"

    投稿者 もりた : 21:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月28日

    このあとすぐ、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」に坂崎幸之助さん出演

     2週間前(14日(月))に前編が放送されたNHK 鶴瓶の家族に乾杯「坂崎幸之助 奈良県曽爾村」の後編が、今夜8時からNHK総合テレビで放送されます。といっても、どうしてもお奨めしたいというほどの強い動機ではないのですが、普段NHKを見ない人への告知効果が少しでもあればと思ってエントリーしています。しかし、この告知の方法では、ブログには向きませんね(そろそろTwitterに慣れ始めないと)。
     
     坂崎さんをテレビで見知っている人は、フジテレビなんかを見ている人たちのような気がします。昔の「LOVE LOVEあいしてる」、今は「新堂本兄弟」などを見ている人々。この番組にたくろう(吉田拓郎)やアルフィー(THE ALFEE)のメンバ(桜井、高見沢両氏)とともによく出ていますし、フジテレビのCSデジタル放送で「フォーク・デイズ」なんて番組の司会もされています。

    続きを読む "このあとすぐ、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」に坂崎幸之助さん出演"

    投稿者 もりた : 19:21 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月26日

    YONEX OPEN JAPAN 2009 - 準々決勝


     YONEX OPEN JAPAN 2009準々決勝観戦のため、東京・千駄ヶ谷駅前にある東京体育館に行ってきました。ここは1971(昭和46)年に、第1回全国中学生バドミントン大会が催された会場であり、良くも悪くも思い出の場所です。
     
      「釜めし 桂」で懐かしい名前に出会う(IT屋もりたの今時パソコン日記)

     
     さて余談はこの位にして、昨日(25日(金))の結果ですが、日本人選手の結果は次の通りでした。
     
    ● 混合ダブルス 数野健太(日本ユニシス)・垣岩令佳(NEC SKY)
    ○ 女子シングルス 廣瀬栄理子(三洋電機)
    ● 男子シングルス 古財和輝(トナミ運輸)
    ● 女子シングルス 関谷真由(三洋電機)
    ● 男子ダブルス 橋本博且(トナミ運輸)・平田典靖(トナミ運輸)
    ○ 女子ダブルス 前田美順(NEC SKY)・末綱聡子(NEC SKY)
    ● 女子ダブルス 古西佳那子(高岡西高校)・高橋沙也加(高岡西高校)
     
     
     結局日本人選手で明日の準決勝に勝ち進んだのは、女子シングルスの廣瀬栄理子選手(三洋電機)と、女子ダブルスの前田・末綱ペア(NEC SKY)の2組だけでした。廣瀬選手は自信を持ってプレーしてますし、前田・末綱ペアも快勝で調子も上がってきたように見受けました。
     
     敗れはしましたが、女子シングルスの関谷真由選手(三洋電機)の頑張りが目立ちました。男子ダブルスの橋本・平田組(トナミ運輸)の試合とともに、いずれもフルセットにもつれ込む白熱したゲーム内容でした。今年のインターハイ優勝ペア、高岡西高校の二年生ペア・古西・高橋組は、予想通り若くてはつらつとしたプレーに好感が持てました。
     
     インドネシア・ペア相手に一歩も引けを取らないプレーの一方、絶好のチャンスに自らミスをする場面が何度もありました。今後、経験を積むと有力なペアになると思います。どちらが古西さんで、どちらが高橋さんか判らないのですが、長身で左利きの選手はシングルスでも頭角を現すのではないでしょうか。

    続きを読む "YONEX OPEN JAPAN 2009 - 準々決勝"

    投稿者 もりた : 02:29 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月25日

    YONEX OPEN JAPAN 2009

     22日(火)から始まっているYONEX OPEN JAPAN 2009、明日(日付は今日)25日(金)と明後日26日(土)のチケットを購入してあります。明日は準々決勝、明後日が準決勝、27日(日)の決勝はプロ野球観戦(西武ドーム、埼玉西武対東北楽天)のため、バドミントンはテレビ録画で見ます。
     
     すでに男子シングルス世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)、田児賢一選手(日本)らは、24日までに敗退してしまいました。また日本のマスコミで注目されていた、いわゆる“イケシオ”ペア(混合ダブルスの池田信太郎・潮田玲子組)も残念ながら、初戦で敗退してしまいました。田児選手、“イケシオ”ペアとも、相手は韓国でした。

    続きを読む "YONEX OPEN JAPAN 2009"

    投稿者 もりた : 01:10 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月23日

    つま恋記念日の今日、サマーピクニックのビデオを見た

     3回目の“つま恋記念日”の今日、9月20日に生放送されたサマーピクニック(「サマーピクニック フォーエバー in つま恋」NHK BSハイビジョン)のビデオを、やっと見た。午後1時から6時までの前編のうち2時間ぐらい、尾崎亜美・小原礼夫妻に続き、山本潤子さんが「卒業写真」(作詞・作曲: 荒井由実)を歌ったところまで見た。


     (南)こうせつ、正やん(伊勢正三)、イルカに続き、パンフレットに載っていない、いわゆるサプライズ・ゲストとして杉田二郎、尾崎亜美と、いずれ劣らずのメンバーが続いた後だった。山本潤子さんが登場するとステージはピシっとしまり、オーラを感じたのは彼女が私のお気に入りであることだけが理由ではないだろう。
    画像は、NHK BSハイビジョンの映像より

    続きを読む "つま恋記念日の今日、サマーピクニックのビデオを見た"

    投稿者 もりた : 23:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2010年度予算編成、出発点は前年度決算から

     前2つのエントリーで紹介した塩川正十郎、大田弘子両(元)大臣から鳩山新政権に対する注文についての文章を自分で読み返してみて、あらためて塩川・元財務大臣の見識の高さを感じます。
     
      塩川正十郎、大田弘子・両元大臣から新政権への注文(その1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
      ・塩川正十郎、大田弘子・両元大臣から新政権への注文(その2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

     
     
     特にPlan・Do・Seeという循環により、国の機構を有機的に回さなければ、ムダの根絶は出来ないという指摘は、流石です。塩川大臣でなければ言えない言葉だと思います。今、新政権の予算に関するマスコミの報道は、09年度補正予算執行の一部停止に集中し、国家戦略局にスポットライトが当たっています。
     
     副総理兼務の菅直人・国家戦略担当大臣がその任に当たっているからです。民主党のマニフェストでは、天下りや渡りの全面禁止など行政全般を見直す役目は行政刷新会議(仙谷由人担当大臣)が当たります。私自身も、一般会計、特別会計含めて国の総予算207兆円の全面組み替え、その上での来年度(2010年度)予算編成の主役は国家戦略局であると、早合点していました。
     
     しかし、今朝のラジオで塩川・元財務大臣のお話を聞いて、Plan・Do・Seeの循環で考えること、そうすると前政権から政権交代して、実質初めての予算編成となる鳩山政権は、PlanではなくSeeから始めるのが必然と、すぐ気付きました。商売をしたり、会社の経営者なら当たり前のことでしょう。

    続きを読む "2010年度予算編成、出発点は前年度決算から"

    投稿者 もりた : 18:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    塩川正十郎、大田弘子・両元大臣から新政権への注文(その2)

     午前中、文化放送で放送された塩川正十郎、大田弘子両(元)大臣と幸田真音さんによるトーク番組(「幸田真音のIt's Mine!スペシャル」)の続きです。※ なお、以下の報告はメモを頼りに、発言の内容(趣旨)が伝わることに重きを置いています。必ずしも、発言通りの文言になっていないことを予めお断りしておきます。
     
      塩川正十郎、大田弘子・両元大臣から新政権への注文(その1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
     
    Q7) (総選挙のマニフェストから新政権誕生後の閣僚の発言等の中で民主党が)一般会計だけでなく特別会計まで含めて"予算は207兆"だと言っ(て多くの人に認知させ)たことは、評価に値すると(私・幸田は)思っています。そこで、かつて「母屋でお粥、離れではすき焼き」の名言を残された塩川さんから、民主党が目指す税金のムダ遣いの削減についてお聞きします。
     塩川) ムダを削減するためには、予算を見直すことも重要だが、「Plan・Do・See」、つまりセクションを機構として循環させるという考え方が重要だ。すなわち、Planは中央)(による予算編成)、Doは地方(による予算執行)。Seeは、本来は国会の仕事(予算執行の監視・執行後の効果の検証=決算)である。私自身、長年国会に身をおき、何度かやろうとしたが、(自民)党内(族議員)からの反対に遭い実行出来なかった。公取の職員を330名から770名に増やし不祥事の摘発が増えたことなどが数少ない上手くいった例だ。また、中央(Plan)と地方(Do)の(予算編成と執行の)間も断絶されたままバラバラだ。
     
     大田) 原口一博総務大臣が発言されているが、「(国の)地方出先機関の廃止」-これをやってくれたら、それだけでも大きな前進だ!
     
     塩川) 民主党結党の際、誰だか忘れたが、言っていたが、補助金・交付金を間接から直接交付にするだけで全然違う。
     
    Q8) 「小沢ガール」ではないが、今回多数の新人議員が誕生した。新人議員の活躍については?
     大田) 存分に勉強し、存分に活躍して欲しい。プロフェッショナルになって欲しい。
     塩川) 政策(実現の過程において)「利害の対立」とよく言うが、政治家はそういう時「国民のため」と説明する。しかし、もう少し進めてみると、「国民の中に利害がある」のだ。若者のためなのか、お年寄りのためなのか(その中に利害がある)。

    続きを読む "塩川正十郎、大田弘子・両元大臣から新政権への注文(その2)"

    投稿者 もりた : 16:38 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    塩川正十郎、大田弘子・両元大臣から新政権への注文(その1)

     朝いつものように文化放送を聴いていると、聞きなれたテーマ音楽に続いて幸田真音さんの声が。土曜日でもないのにと思っていると、2時間のスペシャル番組「幸田真音のIt's Mine!スペシャル」だそうです。前後半、それぞれゲストを迎えてのトーク、しかも生放送です。
     
     前半は、この番組ではお馴染みのトリオである東短リサーチの加藤出氏、三菱UFJ投信の水野善公氏、そしてブロガーの山口正洋氏(元?投資会社勤務?)、後半が塩川正十郎、大田弘子両元大臣。スペシャルだけあって、ゲストの顔ぶれがスゴいので、そのまま聴くことにしました。
     
     
     ここでは後半の対談の概要のみ紹介します。幸田さんの司会進行により塩川・大田元大臣が、鳩山新政権に注文することを語っています。経済財政だけではなく政策全般を見据えた注文であること、お二人ともかつて政権の中枢にいらっしゃった経験から、単なる批判ではなく現実味のある忠告やアドバイスになっていることなど、非常に参考になるお話だと思います。レギュラー放送と同様、ポッドキャストにUpされるのではないのでしょうか(定かではありません)。

    続きを読む "塩川正十郎、大田弘子・両元大臣から新政権への注文(その1)"

    投稿者 もりた : 12:56 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月22日

    谷山浩子さんの猫森集会2009・マダムTのロウリィ人形館(Dプログラム)の1日目

     谷山浩子さんの猫森集会2009も大詰め、昨夜(日付上は一昨日、20日)の夜も新宿スペース・ゼロに行ってきました。この日はDプログラム「マダムTのロウリィ人形館」の1日目。ゲストはROLLYさん。ROLLYさんとTHE 卍を結成している佐藤研二さんもおいでになりました。
     
     「殺意の紋章」(THE 卍のアルバム「puzzle」に収録)、「あなたが好き」(NHK「つばさ」挿入歌。注:iTunesなどで購入可能)はROLLYさんの持ち歌だから不思議はないのですが、「まっくら森の歌」、「ドッペル玄関」など、谷山・石井組のピアノ・シンセと、卍ペアのギターのコラボに違和感はまったく感じられませんでした。特に「まっくら森の歌」におけるROLLYさんのボーカル部分が耳について離れません。
     
     
     アンケートにそのことを書きました。

    谷山さんとROLLYさんは、音楽的に、ジグソーパズルの出っ張ったピースと凹んだピースの関係のように、相性がピッタリだ。15日のゲストの柳原陽一郎さんの場合とは少し違うように感じる。柳原さんと谷山さんは、感性も似ているので、合う。ROLLYさんと谷山さんの場合は、少しタイプが違う、補い合うので相性がいいのだと思う。
    というような内容だったと思います。

    続きを読む "谷山浩子さんの猫森集会2009・マダムTのロウリィ人形館(Dプログラム)の1日目"

    投稿者 もりた : 00:33 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月21日

    新聞投書欄の一般市民の声に目を見開かされる(3) - 語りつぐ戦争

     朝日新聞の投書欄(「声」)、毎月第3月曜日は「語りつぐ戦争」と題して、戦争体験ばかりが掲載されています。今日の朝刊の「声」欄を見て、初めて知りました。「目を見開かされる」などとは、おこがましいと承知しているつもりです。“目を見開いて”(“耳を澄まして”)、忘れぬように、一所懸命に聴きたいという謙虚な気持ちであると自己弁護しつつ、9つの投稿、1つずつ紹介(記事の一部を引用)させていただきます(以下、2009年9月21日 朝日新聞6頁より引用)。
     
     「根室空襲 死臭の中、焼け跡片づけ」(札幌市豊平区の75歳・無職の男性
      北海道根室町で花咲国民学校5年の1945(昭和20)年7月15日に起きた空襲に遭う。焼失した母校の前の町の後片付けでの体験。

    (・・・省略・・・)鼻を突く死臭。このトタン1枚の下には人の死体があるのかと思うと身が竦(すく)んだ。
     焼け残った他校で授業を受けることに。夜、帰宅の通り道に墓地があり、爆撃で地中から散った白骨が山積みにされ白々と光を発しているように見え恐ろしかった。翌年札幌に転居後も、火災のサイレンを空襲警報と想起したり、赤ら顔の進駐軍MP(憲兵)を怖がったりする日が続いた。

     
     「山口・光空襲 爆弾の雨の中、海へ」(山口県下松市の85歳・無職の女性
      1945(昭和20)年8月14日、光海軍工廠(こうしょう)への大空襲に遭う。
    (・・・省略・・・)B29の大編隊から落とされる爆弾の爆発音。我先にと防空壕に駆け込み震えていました。爆風が土砂を吹き飛ばし、壕の上に「ザー」と土砂がかぶさる音がします。爆弾の雨の中、海岸へ逃げることにしました。
     (・・・省略・・・)事務所の隅には、腹部をえぐり取られ「水、水」と呻(うめ)く人や、足首を切断された人。海岸では、荷役の人たちが海中で爆発した熱いしぶきを浴びたのか、背中や顔に大やけどをしていました。(・・・省略・・・)

     
     「高崎、終戦の日の未明に空襲」(群馬県高崎市の76歳・主婦
      1945(昭和20)年8月14日夜半から15日未明に、高崎で空襲に遭う(当時国民学校6年生)。
    (・・・省略・・・) 敵機は揶揄(やゆ)するかのように低空で飛び回り、その中の1機が私を目がけるかのように迫ってきた。耳の脇すれすれに、「シュルルル」と不気味な音。思わず悲鳴を上げ私は倒れた。焼夷弾は道路脇の畑の柔らかな土中に沈み、倒れ込んだ私は危うく命拾いした。(・・・省略・・・)

     
     「広島原爆 再会できた母も倒れ」(神奈川県藤沢市の75歳・美容師の女性
      ピカドン、閃光の瞬間、家族6人を亡くす。広島県北部の三次(みよし)に学童疎開している私を、終戦と同時に東京から迎えに来た姉とともに、広島市内で家族を捜し回る。
    (・・・省略・・・)母と再会し喜んだのもつかの間、母の容体が悪化。放射能で皮膚は腫れ、目も口も鼻も見えぬほど。小豆大の斑点が全身に現れ始めた。
     医者が進駐軍にもらった注射を打ち続けたが、母は絞るような声で「注射したくない、死にたい」。9月に息を引き取った。母を抱き上げると髪の毛がすっぽり取れた。(・・・省略・・・)

    続きを読む "新聞投書欄の一般市民の声に目を見開かされる(3) - 語りつぐ戦争"

    投稿者 もりた : 22:07 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月20日

    新聞投書欄の一般市民の声に目を見開かされる(2)

     先日のエントリーで、新聞に投稿された一般の人の意見や考えには、プロである新聞やテレビの記者の書いた記事からは得られない新たな視点や考察の拠り所を与えられることがしばしばであると書きました。今日(20日)の朝日新聞「声」欄にも、なるほどという投書がありました。1件だけ紹介します。
     
     「自分の県さえ潤えばいいのか」(千葉市稲毛区の62歳・会社嘱託の男性)という投書です。鳩山新政権が09年度補正予算について執行見直しを指示したことに対して、地方から反発の声が相次いでいることについての意見です(鳩山由紀夫首相は18日朝、閣僚委員会と閣議を相次いで開き、麻生前政権下で今年5月に成立した14兆7000億円にのぼる09年度補正予算について、執行状況を調べ執行停止可能なものを10月2日までに報告するよう閣僚に指示した)。
     
     この方は投書の中で


    今回の選挙で、テーマの一つが地方分権であった。(・・・省略・・・)その中では民主党のマニフェストがベターであるとの評価をし、その通りの政権交代となったことは一歩前進だった。”(2009年9月20日 朝日新聞8頁より引用。以下同じ

    とおっしゃっています。その上で

     だが、自動車関連諸税の暫定税率廃止や高速道路無料化などをめぐって、財源が心配という知事があった。そう言いながら、新政権が執行停止を含む09年度補正予算の見直しを提起すると、「地方にしわ寄せが来ないようにしてもらいたい」などの反発が相次いだ

    さらに、

    元々補正予算の財源はほとんどなかった。国債の追加発行、つまり借金までして捻出したばらまき予算を、いったいんもらったものは返さないということでよいのだろうか。

    と問うています。そうですこの点なのです私がずっと前から、感じていながら上手く表現できなかったことは。

    続きを読む "新聞投書欄の一般市民の声に目を見開かされる(2)"

    投稿者 もりた : 13:17 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月19日

    明日の谷山浩子さんの猫森集会2009・DプログラムはROLLYさんがゲスト

     今週火曜日(15日)と水曜日(16日)に続いて、明日夜も谷山浩子さんの「猫森集会」に行ってきます(「谷山浩子さんの猫森集会2009・マダムTのロウリィ人形館」)。明日のゲストはROLLYさん、去年もROLLYさんの日がありましたが参加しなかったので、今回が初めてのような気がします(記憶があいまいなので、もしかしたら参加しているかも)。
     
     ROLLYさんは、現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説つばさ」に出演しています。始まって間もない頃から「つばさ」に出演されているのを見つけて、この人が谷山浩子さんの猫森集会に出ているROLLYさんというミュージシャンだよと、誰彼となく教えたくなる衝動に駆られました。
     
     正直なところ、“猫森集会”も谷山さんのお名前も世間一般的にはそれほど知られていないと思ったので、やめておきました。もちろん、谷山さんの幅広い歌のほうは、いろんなところでみなさん耳にしていると思いますよ。

    続きを読む "明日の谷山浩子さんの猫森集会2009・DプログラムはROLLYさんがゲスト"

    投稿者 もりた : 22:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    明日「サマーピクニック フォーエバー in つま恋」NHKで生放送

     明日「サマーピクニック フォーエバー in つま恋」というフォーク・コンサートが催されます。テレビで視ます。NHK BSハイビジョンで、午後1時から8時までと、とても長いです(途中、大河ドラマ「天地人」のため、45分間中断)。
     
     7時間と長時間なところは、3年前の「たくろう&かぐや姫 in つま恋」と同じです。他に、9月に開催されること、NHK BSハイビジョンで生放送されること、会場が“つま恋”であるところなど、3年前との共通点がいっぱいです。おかげで、録画スペースを確保するために、HDDレコーダーの整理を余儀なくされました。

    続きを読む "明日「サマーピクニック フォーエバー in つま恋」NHKで生放送"

    投稿者 もりた : 21:58 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月18日

    鳩山新政権の閣僚記者会見を聞いて思うこと(その2)

     一昨日(9月16日)夜から昨日(9月17日)未明にかけて行なわれた鳩山政権新閣僚への記者会見を、NHK総合テレビで見ての感想の続きです。
     
      鳩山新政権の閣僚記者会見を聞いて思うこと(その1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
     
    2.記者の“ふるまい”は旧態依然のまま
     
     2つ目は、新聞・テレビなどの記者の反応についてです。前エントリーでご紹介したように、新政権における就任直後の大臣の“ふるまい”が、旧政権に比べて大きく変化した様子が随所に見られます。それに比べて記者の側は、旧態依然とした発想から抜け切れていない様子が、見て取れました。
     
     質問内容はもとより、質問態度そのものの品位の低さも、際立っていました。どんな点にそれを感じたか、先ずは「旧態依然」から。
     
     
    (1) 「旧態依然」だなと感じたのは、「事務方のトップである次官の記者会見をやめることに対する見解」を、会見場に入ってくる(全員ではなかったが)どの大臣にも聞いていたのを目にしたからです。組閣直後の記者会見で、新大臣全員に同じ質問をぶつけることは、今までもテレビでよく目にしました。一人か二人に聞けばいいじゃないですか。何故、新閣僚全員に同じ質問をする必要があるのか、未だに疑問です。
     
     
    (2) 「質問内容」についても、市井の年配者の方が、はるかに卓越した見識に基づいた質問をされるように思います。時には“目から鱗が落ちる”ようなことを発する方もいて、プロである記者にはない新たな視点を与えられることがしばしばです(新聞の投書欄や、裁判員裁判における公判など)。
     
     新聞やテレビの記者は、年齢的に若い方が多いのか、よく知りませんが、新聞社・テレビ局内における教育システムが機能していないか、そもそも整備されていないかのどちらかではないかと思います。
     
     
    (3) これも(2)に関連しての指摘ですが、「質問態度、品位の低さ」については、司会者が「質問は二人までにしてください」、「この質問で最後です」と、再三再四繰り返しているにも関わらず、無視して質問を続けようとする記者が後を絶ちませんでした。一見、相手から情報を引き出す積極性の現れのように見えますが、私にはパフォーマンスに見えて仕方ありません。
     
     質問も“ぞんざい”な言葉遣いが多く、思わず耳をふさぎたくなる様な衝動に駆られました。この人たちは会社で会議のルールを学んだことがないのでしょうか?会社勤めをしたことのある人なら、あるいは会社ではなくても商店や小さな工場など、どこででも仕事をしたことがあれば、お客様に対する接客態度、得意先や仕入先、取引先の会社の人との打ち合わせのルールや基本的なマナーは、自然と憶えるものと思っていました。
     
     新聞社やテレビ局は、一応は民間会社だと思っていましたが、普通の会社とは違うのかも知れないと、今回の件でわかったような気がします。

    続きを読む "鳩山新政権の閣僚記者会見を聞いて思うこと(その2)"

    投稿者 もりた : 23:13 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    鳩山新政権の閣僚記者会見を聞いて思うこと(その1)

     一昨日(9月16日)夜から昨日(9月17日)未明にかけて行なわれた鳩山政権新閣僚への記者会見を、NHK総合テレビで見ていました。猫森集会Cプロから帰宅後、既に菅さん(国家戦略相)の会見が始まっていて(23時半頃)、鳩山首相の就任後初会見と平野官房長官による閣僚名簿読み上げは終った後でした。
     
     午前1時44分頃まで続いた2時間を越える長い会見は、いろいろなことを感じさせてくれました。たくさん有り過ぎて整理出来ていませんが、1つ1つ挙げてみたいと思います。
     
     
    1.新大臣の“ふるまい”が変わった
     
    (1) 先ず初めは、いずれの大臣も、それぞれの任務について自らの役割(使命)を的確に理解し、各大臣なりのしっかりした考えを持っていることを強く感じました。そしてそのことを会見において明確に述べていたことが、視ている側に鮮明な印象を残したように感じます。
     
     一夜開けて、テレビのニュースで知ったのですが、今回の政権発足に当たっては、16日組閣直後に開催された初の閣僚懇談会において、各大臣は官僚のペーパーに頼らず自らの言葉で話すようにという指示が出されたのだそうです。従来の新大臣就任直後の会見が、官僚が書いたペーパーを見て行なうのが通例だったのとは対照的です。
     
     
    (2) もっともこれ(今度の政権の各大臣が自分なりのしっかりとした考えを持っていること)は決して不思議なことではないと思います。ご存知のように民主党は野党にあっても、シャドーキャビネットを構築していました。各々が専門家として総務大臣、厚労大臣といった任に就き、政策調査や法案作成に当たってきたからです。
     旧・民主党結成、現・民主党結成から、それぞれ13年、11年という長きにわたって、政策立案に励み自らを鍛えてきたのでしょう。大与党の庇護の下にあった自民党の中堅・若手議員との差は思った以上に開いていたのかもしれません。
     
     
    (3) 従来の自民党政権の新閣僚会見では、一人や二人は必ず見られた「わからない」や「勉強中」と答える大臣が、昨夜の会見では一人もいなかったように思います。社会保険庁が日本年金機構へ移行する問題や後期高齢者医療制度廃止の時期・手法について尋ねられた長妻大臣が、「実態を把握してから」、「現状を把握した上で」といった言葉を連発していました。しかし、「自分の勉強不足を補うため、もう少し時間をくれ」というのとは明らかに異なる意味であると思って聞いていました。
     
     
    (4) 以上のような各大臣の会見の様子を見ていて、この内閣は案外長く続くと直感しました。ここ20年近く、総理大臣の平均在任期間は1年ちょっとという短さのような印象を持っています。内閣改造のせいもあってか、各大臣の在位期間は総理大臣よりさらに少なく、数ヶ月からせいぜい1年といったところでした。これでは、各省庁の官僚(国家公務員)の皆さんが、政治家に代わって自分たちがしっかりしなければと考えても誰も責められません。
     
     あくまでも来年の参議院選挙の結果次第とは思いますが、少なくとも2年ぐらいは各大臣が交替せず落ち着いた政治を行なうことを期待したいと考えます。やり方(鳩山首相のリーダーシップと、閣僚間のチームワーク)次第では官主政治から民主政治(日本国憲法の条文どおり国民主権の政治)が本当に現実化するかも知れません。

    続きを読む "鳩山新政権の閣僚記者会見を聞いて思うこと(その1)"

    投稿者 もりた : 03:37 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    CS2ndステージ前哨戦?日本ハム対楽天戦

     プロ野球パ・リーグ北海道日本ハム東北楽天の試合を、出張サポートからの帰途は携帯電話で、帰宅後はNHK-BS1で観戦した。結果は残念ながら日本ハムの勝利(5対4)であったが、1点を争う接戦に、まるでクライマックスシリーズ、それもセカンドステージを見ているかのような錯覚を覚えた。
     
     それほど、見ごたえのあるゲーム内容だった。このまま推移すれば、レギュラーシーズン終了後に両チームが日本シリーズへの出場権を掛けて対戦する可能性が高いからだ。いよいよプロ野球の最も面白い季節に入ってきた

    続きを読む "CS2ndステージ前哨戦?日本ハム対楽天戦"

    投稿者 もりた : 00:30 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月17日

    谷山浩子さんの猫森集会2009・トモトモと愉快なオールリクエスト(増量)


     昨夜も一昨日に続いて新宿スペース・ゼロ(全労済ホール)で催されている谷山浩子さんの猫森集会を聴きに行った。コンサートの冒頭、谷山さんが今日はオールリクエスト大会であることを告げたので、ラッキーだった。オールリクエストが一番楽しい、チケット申し込む時、そのことも考慮してプログラムを選んだのに、谷山さんが言うまでスッカリ忘れてしまっていた。

     山口ともさんをゲストに迎えて、最初と最後、アンコールの計3曲以外は、すべてその場でリクエストを受けて演奏するという考えられない企画だ。オールリクエストは、事前の筋書き(プログラム)が無い。昨日のエントリーで異なる4つのプログラムを2回ずつと説明した。オールリクエストも昨夜(1日目)と今夜予定されている2日目とでは、内容が当然違う。従って猫森集会では、4つではなく5つの異なるプログラムが演じられるというのが正確な表現である。

    続きを読む "谷山浩子さんの猫森集会2009・トモトモと愉快なオールリクエスト(増量)"

    投稿者 もりた : 08:57 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月16日

    谷山浩子さんの猫森集会2009・柳原陽一郎氏の奇妙な散歩


     昨夜は谷山浩子さんのコンサートに行ってきた。今夜も行く。2夜続けてと心配する向きもあろうが、昨日と今日でプログラムが違うから大丈夫。ちなみに、今週土曜日も行く。毎年この季節(谷山さんの誕生月の翌月)に、4プログラム×2回ずつ、新宿・スペースゼロ(全労災会館)に陣取って催される。私は昨年に続いて、2回目だ。

     
     昨夜は前から2列目で、谷山さん(横から)も石井AQさん(正面から)も、柳原さん(後ろ姿)も、演奏する姿をしっかり見れた。今夜も楽しみだ。

    続きを読む "谷山浩子さんの猫森集会2009・柳原陽一郎氏の奇妙な散歩"

    投稿者 もりた : 14:29 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    競って新政権人事内定を報じる報道って何?

     明日(日付の上では今日9月16日)召集される特別国会で、民主党・鳩山由紀夫代表が第93代内閣総理大臣に指名されるのを前に、テレビとネットのニュースは、入閣内定情報を競って報じています。16日午前0時のNHKニュースでも、新政権の閣僚内定と題して、内閣のほぼ全ての人事が決定したかのような伝え方をしていました。
     
      鳩山代表 閣僚候補者に伝達(NHKニュース)
     
      ・前原、千葉氏も入閣内定=新政権(時事通信 - Yahoo!ニュース)

     
     
     新聞各社、テレビ各局が一日早く新政権の人事を伝えたところで、どれほどの意味があるのでしょうか。明日、鳩山新首相が組閣を終えた後に、確定情報を伝えれば良いことではないでしょうか。新聞、テレビは、もっと調査し伝えるべきことがあるのではないでしょうか。それ(調査報道)こそが、メディアに残された生き残りの道であり、国民の多くが(明示的にしろ無意識にしろ)そういった役割を新聞・テレビに求めているのではないでしょうか。

    続きを読む "競って新政権人事内定を報じる報道って何?"

    投稿者 もりた : 02:13 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月15日

    新聞投書欄の一般市民の声に目を見開かされる

     いつも新聞やテレビの、特に政治報道に対して批判的なことばかり書いていますが、今日は良いところを挙げます。毎朝私は新聞を手に取ると、「オピニオン/声」面のページ番号を確認します。朝日新聞の場合、先頭ページ(1面)に「政権交代関連ニュース」というインデックスが表示されており、ページ番号を頼りに「オピニオン」の見出しを確認して、読む価値があるか否かを一応判断しています。
     
     「オピニオン」面と「声」面は、見開きページになっていますので、最終的にはページを開いてから「オピニオン」を読むか否か判断します。それよりも、少なくとも「声」欄には真っ先に必ず目を通すようにしています「声」欄とは、投書欄のことです)。一般読者の投書からは、プロの記者にはない斬新な見方や考え方を教えられ、目を見開かされた経験が何度もあるからです。
     
     
     昨日(9月14日)の朝刊にも、2つほど耳目を驚かす投稿がありました。
     
    ダムと生活再建を切り離そう」(茨城県取手市の68歳の無職の男性)と「高速無料化とエコ両立できれば」(川崎市麻生区の54歳の男性会社員)です。今回の総選挙で民主党が掲げた八ツ場ダム建設中止と高速道路無料化の是非をめぐる問題についてです。マスコミ報道、特にテレビでは、いずれの問題についても、賛成か反対かの二者しか選択肢がないかのごとき扱い方でした。お二人の投書の内容を、簡単に紹介します。

    続きを読む "新聞投書欄の一般市民の声に目を見開かされる"

    投稿者 もりた : 14:43 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月12日

    楽天・山崎武司選手、門田博光選手の記録を抜く34号・35号

     プロ野球パ・リーグ福岡ソフトバンク東北楽天の試合は、5対6で楽天がソフトバンクに連勝しました。この結果、楽天に“クライマックスシリーズ進出マジック”「19」が点灯し、球団創設初となるクライマックスシリーズ進出へ向けて勢いが止まりません。
     
     先発勝利を挙げた楽天・青山浩二投手、前回の登板では早い回に降板し不本意な結果でした。本来ならば開幕直後から先発ローテーションの一角として活躍するはずでした。しかし、チームメイトの川岸投手のケガといったチームの台所事情により、抑えに回ったり、本人のケガもあり、思惑通りとは行きませんでした。
     
     楽天は8回表に3点を追加し、6対0とリード、楽勝モードかと思いました。8回裏、川岸、有銘、福盛、次々繰り出す楽天リリーフ陣がことごとく打たれ、6対5。最後は小山伸一郎投手が、ソフトバンクの反撃を断ち切り、辛くも逃げ切りました。楽天抑えの頼みの綱、福盛・川岸の両投手が、このところリリーフで良いパフォーマンスを見せていないのが気がかりです。川岸投手は自信を失っているのか、心配です。福盛投手は、今季途中に復帰後いきなり抑えを任され、休む間もなく来ているので、休養(考える時間)さえ持てれば調子を戻してくれると思います(もっともそんな余裕はありませんが)。

    続きを読む "楽天・山崎武司選手、門田博光選手の記録を抜く34号・35号"

    投稿者 もりた : 19:06 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月11日

    鉄平選手、プロ初の満塁ホームラン ソフトバンク-楽天 さながらCSシリーズ前哨戦

     3対1と福岡ソフトバンクのリードで迎えた9回表、渡辺直人選手のタイムリーなどで3対3と同点に追いついた楽天。高須選手もヒットで続き、次打者はパ・リーグ首位打者・鉄平選手、なんと満塁ホームランで3対7と逆転しました。
     
     この試合、楽天先発・田中将大、福岡ソフトバンクはジャマーノ、ファルケンボーグ、摂津、馬原の必勝リレーと、両チーム投手の好投により、さながらクライマックスシリーズ前哨戦の様相でした。

    続きを読む "鉄平選手、プロ初の満塁ホームラン ソフトバンク-楽天 さながらCSシリーズ前哨戦"

    投稿者 もりた : 21:21 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    消えた年金(23)-「天下りと渡りは全面禁止」麻生首相は最後まで責任を全うして下さい

     社会保険庁の年金記録漏れ問題に絡み、厚生労働省九州厚生局長に事実上更迭されていた元社保庁運営部長・青柳親房氏(56)が、今月3日付で同省所管の独立行政法人「福祉医療機構」の理事に「天下り」していたというニュースが、昨日の報道ステーション(テレビ朝日)や今日のYahoo!ニュース(読売新聞)などで報じられています。
     
      年金記録漏れで更迭、元社保庁幹部が天下り(Yahoo!ニュース - 読売新聞)
     
     
     国家公務員のいわゆる「天下り」や「渡り」について、麻生首相は国会等で質問される度に「禁止する」と答弁して来ました。特に「渡りについては、すぐにでも全面禁止する」とおっしゃっていたのを、記憶しています。衆議院解散後、総選挙公示前に行なわれた民主党・鳩山代表との党首討論(8月12日・21世紀臨調主催)においても、経済成長政策に関連して
     
    もちろん、国民の皆様に負担をお願いする以上、まずは大胆な行政改革が必要です。国会議員の削減や公務員の削減、天下り・渡りは全面禁止、公務員の特権というものは許しません。行政の無駄を根絶しなければなりません。(「麻生内閣総理大臣と鳩山民主党代表による党首討論(新s あらたにす(日経・朝日・読売))」より引用)
     
    と発言しています。今回の青柳親房氏の件で言えば、官民人材交流センターを通じたあっせん・紹介の運用を、麻生首相の意向に沿って厳格に行なうことです。先ずは、青柳親房氏から官民人材交流センターに就職あっせんの依頼があった時点でチェックし、同じ厚生労働省所管の「福祉医療機構」とマッチングした時点で、再度のチェックが働くようにすべきです
     
     この官民人材交流センターによる天下り・渡り防止策は、自民・公明両党の提案で実現した政策です。民主党は天下り・渡り対策に対して自公とは異なる案を持っていますので、新政権発足後、国家公務員制度の抜本改革の中で、変わっていくと思います(今回の総選挙への民主党のマニフェストの中に謳われています)。
     
     
     8月30日総選挙での大敗以降、マスコミへの露出が減り、意気消沈の感だけが伝わってくる現政権の首脳たちです(政府の動きよりも自民党の話題の方がより多く、報じられている印象があります)。国民にとっては、“継ぎ目の無い国政”が望まれます。

    続きを読む "消えた年金(23)-「天下りと渡りは全面禁止」麻生首相は最後まで責任を全うして下さい"

    投稿者 もりた : 15:10 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月07日

    今年も「アジア・フィルム・フェスティバル」

     今年も「アジア・フィルム・フェスティバル」の季節がやってきた(調べたら、昨年も同じタイトルでエントリーしていた)。先々週、NHKの番組宣伝で知ったのだが、昨年の作品のオン・エアが昨夜から始まるのを、すっかり忘れていた。たまたま「サラリーマンNEO」を見終わって、チャンネルをNHK BSハイビジョンに変えると「追憶の切符」が始まっていた。最も録画しておきたい作品だ。途中からになってしまい残念だったが、思い直して録画をした。
     
      「追憶の切符」(中国作品、原題:tickets/車票) ※ 以下の画像は、NHK BSハイビジョンのテレビ映像より。




     
     昨年はしっかりした作品が多い。なかでも「パンドラの箱」と「追憶の切符」が、最も気に入っている。「パンドラの箱」は年老いた母を、誰が引き取るかでもめる3人の姉弟の話である。
     
     「追憶の切符」が気に入ったのは、左小青(ズオ・シャオチン)さんという美しい女性が主演を務めているからだ。“tickets/車票”という原題も素晴らしい!「My Son ~あふれる思い~」も捨て難い。ラストのドンデン返しが驚く。3作品とも親子をテーマにした作品である。

    続きを読む "今年も「アジア・フィルム・フェスティバル」"

    投稿者 もりた : 22:24 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月06日

    荒木和博氏の講演ビデオ - 先月開催された「拉致問題を考える川口市民の集い」より

     2009年8月22日土曜日に開催された「第3回 拉致問題を考える川口市民の集い」(主催:拉致問題を考える川口の会)に、ボランティアとして参加しました。
     
      「第3回 拉致問題を考える川口市民の集い」は終了しました。(拉致問題を考える川口の会(活動報告のページ))
     
     
     今回からプロジェクタを用い、登壇者ごとに関連する写真や説明文を大型スクリーンに表示して進行することになり、その辺りのことを藤田隆司さん特定失踪者・藤田進さん(私・森田三男の埼玉県立浦和高校時代の同級生)の一歳下の弟さん。下記の注記を参照ください)に依頼されたのです。街頭署名活動の際に配布しているチラシに掲載されている写真と文章などを元にスライドを作成し、ビジュアル的な効果は少しはあったのかなと思います。
     
    注: 藤田進さんが特定失踪者 1000番台(拉致の可能性が高いと判断される失踪者)リストに加えられたいきさつにつきましては、特定失踪者問題調査会ニュースをお読み下さい。
      ・調査会ニュースVol.156(2004.8.2)~Vol.165(2004.8.20)
       ※ かなり長い文書ですが、東京歯科大学・橋本正次助教授(当時)による鑑定書(Vol.162(2004.8.12))など重要な情報が掲載されていますので、出来るだけ全文に目をお通しください。

     
     ところで、このイベントに主賓のお一人としてお招きした特定失踪者問題調査会代表・荒木和博氏(拓殖大学教授)の講演内容が、拉致被害者だけでなく、広く日本人一般の方々にとって参考かつ重要と思われるため、ここに掲載します。
     
     
     荒木和博氏の講演 ビデオは以下の3つに分割されています。
     
    荒木和博氏の講演(1/3)-2009/8/22 第3回拉致問題を考える川口市民の集いより

     
    荒木和博氏の講演(2/3)-2009/8/22 第3回拉致問題を考える川口市民の集いより

     
    荒木和博氏の講演(3/3)-2009/8/22 第3回拉致問題を考える川口市民の集いより

    続きを読む "荒木和博氏の講演ビデオ - 先月開催された「拉致問題を考える川口市民の集い」より"

    投稿者 もりた : 22:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月05日

    「特別会計への道案内」(1)-国による税金のムダづかいを知るために

    「改訂新版 特別会計への道案内」(松浦武志・著、創芸出版)
     松浦武志氏が書いた「改訂新版 特別会計への道案内」(創芸出版)という本を読んでいます。何故この本を選んだのか(“特別会計”に注目しているのか)というと、ベルリンの壁崩壊(東西冷戦終結)後、顕在化してきた日本(の政治・経済・社会)における諸問題を解決するためにクリアしなければならない多くの課題が、霞ヶ関改革(官主政治から民主政治への転換)に集約され、とりわけ国の特別会計の問題が改革の本丸と考えるからです。直接的にはThe Journalの中で、どなたかのコメントを読んでいて、この本のタイトルを知りました。
     
      松浦武志:知られざる特別会計のカラクリを明らかにする(前編)(The Journal News Spiral)
      ・松浦武志:知られざる特別会計のカラクリを明らかにする(後編)(The Journal News Spiral)

     

     
     “特別会計”、ずっと気になっていました。総選挙の投票の前までに読んでおこうと以前から思っていましたが、8月25日に旅先の広島からインターネット(Amazon)で注文し、届いたのが投票日の前日(8月29日)でした。以下、平成20年度の予算を例にして説明します。

    続きを読む "「特別会計への道案内」(1)-国による税金のムダづかいを知るために"

    投稿者 もりた : 02:27 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年09月03日

    麻生首相へのぶら下がり取材に見る「マスコミの劣化」

     誰も通らない裏道さんのブログを見ていて、下記のビデオに出会いました。
     
      この動画を見て、新しいカテゴリーを作った(誰も通らない裏道)
     
     

     
     いつも麻生首相を筆頭に現政権の閣僚や与党・自民党に対する批判めいたことばかり書いてきましたが、このビデオに限っては、質問する記者よりも麻生首相の肩を持ちたくなります。

    続きを読む "麻生首相へのぶら下がり取材に見る「マスコミの劣化」"

    投稿者 もりた : 23:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月31日

    2010年度予算の「概算要求」、新政権に配慮して作業見合わせ

     来年度の国家予算の「概算要求」の締切日が今日8月31日でしたが、昨日の衆議院議員選挙の結果(自公から民主党への政権交代)を受けて、霞ヶ関では作業を一時中断する動きとのことです。
     
     「概算要求」とは国の予算成立手続きにおける一連の流れの中で、各省庁から財務省に対して出す大まかな要求のことで、毎年8月末が締め切りになっているようです。詳しいものは12月までに決め、政府予算案として閣議決定し、年明けに開かれる通常国会で議論して年度末までに法案を成立させるというのが、例年の流れのようです。
     
     
     今回は昨日投票が行なわれた総選挙に於いて、自公連立政権から民主党中心の政権への交代という国民の意思が示されたため、それに対して霞ヶ関も配慮した、先ほど放送された報道ステーション(テレビ朝日)では、このような捉え方で伝えていました。前の(自公)政権の方針に基づいて予算編成作業を進めても、新政権によって概算要求の大幅見直しを迫られることが目に見えているからです。

    続きを読む "2010年度予算の「概算要求」、新政権に配慮して作業見合わせ"

    投稿者 もりた : 23:51 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    初めて自分の一票が有効になった

     株式会社モディファイというITベンチャーのCEOである小川浩さんのブログを読んでいて、国政選挙において自分の投じた一票が、初めて有効な投票になったことに気付きました。
     
    僕の一票は、これまで決して報いられることがなかったが、今回初めて意味ある投票ができた。(下記のエントリーより引用)
     
      政権交代。(Speed Feed)

    続きを読む "初めて自分の一票が有効になった"

    投稿者 もりた : 20:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月30日

    投票所に長蛇の列


     衆議院議員選挙の投票のため、11時半頃、近くにある桜井小学校(越谷市第四投票所)に行ってみました。すると、投票会場になっている体育館の前に、長い列が出来ていました。100人ぐらい並んでいたでしょうか。こんなことは初めてです!

     いつもは閑散としていて、せいぜい4、5人待ち程度です。ましてや今回のように、体育館の外にまで列が出来ることはありません。今まで選挙の度に、寂しい思いをしていただけに、この光景は本当にうれしいです。今後ずっと、政権選択可能な政治状況が続くことを願うばかりです。

    続きを読む "投票所に長蛇の列"

    投稿者 もりた : 14:03 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月25日

    広島へ来ています

     今月6日の投稿で予告?した通り、広島に来ています。昨日は原爆ドームと広島平和記念資料館を観ました。生まれて初めて見るヒロシマです。ドームを2時間、資料館を4時間半、写真を撮りながらということもありましたが、ゆっくり、じっくり観ることができました。
     
     実はパソコンも持ってきているのですが、デジカメからパソコンに写真を転送できません。よって、ドームと資料館の感想など詳しいことは、写真とともに帰宅後ご報告したいと思います。
     
     
     今日はこれから、安芸の宮島に行って厳島神社などを観てきます。また、広島修道大学へも行って見たいと思います。広島時代のたくろう(吉田拓郎)について、それほど詳しいわけではないのですが、唯一知っていたのが、この大学出身だということだけです。

    続きを読む "広島へ来ています"

    投稿者 もりた : 10:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月21日

    同級生

     今から5年前、平成16(2004)年8月1日に、浦高27回同期会が催された(注:浦高、すなわち埼玉県立浦和高等学校では、卒業年を中45、高31といった形式で表す。旧制中学と新制高校の卒業年度を区別するためである)。旧・大宮市仲町にある(あった?)「たいこう」という店であった。同学年のみの同窓会とあって、思い切って参加した。
     
     この会に先立って届いた案内のハガキに、同期の藤田進君が北朝鮮によって拉致された可能性が大きいということが書かれていた。北朝鮮から脱出した人が持っていた写真に写っている20代と思しき男性が、藤田君と同一人物である可能性が高いという内容を、同窓会当日(平成16(2004)年8月1日)夕方、TBSテレビの番組(確か「報道特集」?)で放送されるというものであった。私はビデオの予約をしてから、家を出て会場へと急いだ。

    続きを読む "同級生"

    投稿者 もりた : 00:29 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月20日

    吉田拓郎、この3曲「夏」

     たくろう(吉田拓郎)の歌の中から、好きなのを3曲だけ選ぶことなど、この上なく不可能なことは、端(はな)より判っている。アルバムを一枚ずつ聴いていると、この曲も好きだ、あの曲も捨てがたいとなって、結局はそのアルバム全体が好きなことに気付かされる。
     
     そこで、テーマを決めて3曲(あるいは5曲、8曲)を選んでみようと思い立った。いつまで続くか判らないが、とりあえず第1弾として「夏」をテーマに挙げてみたい。何故、最初に選んだテーマが「夏」なのか、私の誕生日が今月(八月)であることも無関係ではないと自己分析している。
     
     
     たくろうの歌の中で「夏」と聞いて先ず思い浮かぶのは、
     
      「夏休み」(アルバム「よしだたくろう オン ステージ ともだち」、アルバム「元気です。」)
      「せんこう花火」(アルバム「元気です。」)
      「暑中見舞い」(アルバム「伽草子」)
     
    の3曲だ。子供の「絵日記」や、夜中に家族とした「せんこう花火」の思い出など、小学生の夏休みのイメージが強い。
     
      夏休み(IT屋もりたの今時パソコン日記)」より、「蝉の声」をどうぞ(↓)。
     

    続きを読む "吉田拓郎、この3曲「夏」"

    投稿者 もりた : 15:21 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月16日

    山崎選手の2発で楽天逆転サヨナラ勝ち

     プロ野球 パ・リーグ 東北楽天千葉ロッテの試合は、延長12回、7対6で楽天がサヨナラ勝ちを収めました。苦手・千葉ロッテを相手に3連勝、3位・埼玉西武に0.5ゲーム差と迫りました。
     
     8回表を終ったところで0対6、天敵・唐川投手に完全に抑えられていました。その裏、楽天4番・山崎武司選手の通算350号となる3ラン等で4点、9回裏再び山崎選手の2ランで同点に追いついてしまいました。
     
     投げては川岸強投手(9回・10回)、福盛和男投手(11回・12回)が相手の反撃を0点に抑え、12回裏、小坂誠選手のサヨナラタイムリーを生みました。先日のエントリーで、高須洋介選手をはじめケガで長期離脱していた選手も戻り、本来のチーム状態に戻りつつあると書きました。あとは川岸投手の復帰を待つのみとも。

    続きを読む "山崎選手の2発で楽天逆転サヨナラ勝ち"

    投稿者 もりた : 23:28 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月09日

    長崎被爆者 永野悦子さんの証言(その3)

    長崎被爆者 永野悦子さんの証言(その1)長崎被爆者 永野悦子さんの証言(その2)からの続き
     
    「近所の人や(悦子さんの)友人・いとこらが悦子さんの家に来ると、お母さんは悦子さんの悪口を家に来た人たちに話したという。お母さんが悦子さんの悪口を他の人に話しているのを聞くことだけが、(悦子さんにとって)最もつらかった。『悦子が妹・弟を鹿児島から連れ帰って来なければ、二人は死なずにすんだ。(悦子が悪い)』
     
     悦子さんが“語りべ"を始めた頃、それを知ったお母さんから『いい仕事を始めたね。頑張って続けてね』と言われたことがある。唯一、お母さんに親孝行が出来たと思った。『(身体的に)可能であれば母も“語りべ"をしたかったのではないか。母の分まで“語りべ"を続けて行きたい』その時、そう思った。」

    続きを読む "長崎被爆者 永野悦子さんの証言(その3)"

    投稿者 もりた : 12:58 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    長崎被爆者 永野悦子さんの証言(その2)

    長崎被爆者 永野悦子さんの証言(その1)からの続き
     
    「昨夜、弟は一人っきりで(目も見えず)知った人もわからず、どんな(に不安な)気持ちであったろう。(自分達(悦子さんとお父様)が、昨夜のうちに家まで戻っていたら、不安な思いをさせずに済んだだろうにと悔やんでならない。)その日、母と妹も見つかり、その後は家族5人で一緒に居た。
     
     その翌日(8月11日)、弟は亡くなった。目の前の焼け野原から板を探してきて、自分たち(家族)の手て弟を焼いた(火葬した)。(悦子さんは『今、自分たちで家族を火葬することってありますか?』とインタビュワーに問うた。言い表せない心の内を表したものと思う)
     
     1ヶ月して妹も亡くなってしまった(9月10日)。死ぬ前の5~6日間は“のたうち回って”苦しんで死んで行った。

    続きを読む "長崎被爆者 永野悦子さんの証言(その2)"

    投稿者 もりた : 12:30 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    長崎被爆者 永野悦子さんの証言(その1)

     昨夜、日付で言えば今朝未明、NHKラジオ深夜便1時台で長崎被爆者 永野悦子さんのお話(被爆体験)が放送されました。ほかの人にも知っていただきたくて、掲載します。耳で聞いたのを文にしましたので、お話された通りの言葉とは違います。聞き間違いも多いと思いますが悪しからず。
     
    「長崎県諫早市 被爆した永野悦子さんのお話
     
    被爆当時16歳。13歳の妹と9歳の弟を、長崎の原爆で亡くした。鹿児島に疎開していた妹・弟を悦子さんが迎えに行って、無理矢理連れ戻した。『私が連れ戻さなければ、妹・弟は死ななかった』と64年経った今でも後悔していらっしゃる。
     
     風呂に入って『ホッ』とした時も、おいしい物を食べた時も、友人と旅行している時も、『私だけいい思いして、妹・弟に申し訳ない』という気持ちをいつも思う。
     
     お父様が早く亡くなり、お母様と悦子様二人だけで生きた時間が、その後50年続いた。妹・弟を鹿児島に迎えに行く時、お母さんから、『本人達が鹿児島に残りたいと言ったら、(無理に連れ戻さず、悦子さんだけ)そのまま帰ってくるように』と言われて家を出た。迎えに行ったら弟は『このまま鹿児島に残りたい。たくさん友達が出来たので帰りたくない』と言った。にもかかわらず私が無理に連れ帰った。(妹・弟と離れ離れの生活は)妹・弟と一緒に居たかったんだろうね。私が寂しかったのだと思う。

    続きを読む "長崎被爆者 永野悦子さんの証言(その1)"

    投稿者 もりた : 11:54 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月07日

    鉄平選手大当たり、楽天3連敗の後は3連勝

     プロ野球 パ・リーグ オリックス東北楽天の試合は、延長12回、4時間53分という長時間の戦いの末、7対4で楽天の勝利で終りました。対千葉ロッテ同一カード3連敗の後の、対オリックス同一カード3連勝、ハデな戦いぶりです。
     
     試合を決めたのは、鉄平選手でした。オリックスに0対3とリードを許した直後の7回表、鉄平選手の2点タイムリー2塁打等で4対3と逆転。しかし、9回裏、かつてのチームメイトであるオリックスのフェルナンデス選手福盛和男投手が同点ソロホームランを打たれて延長戦へ。楽天・福盛、オリックス・加藤大輔、両チームの守護神の投げ合いも、土壇場の12回表1アウト1、2塁の場面。またしても鉄平選手が勝ち越し2点タイムリー3塁打を放ち、試合を決めました。
     
     鉄平選手は22試合連続安打、ついこの間、草野大輔選手(現在二軍落ち)が記録した21試合連続を塗り替える楽天球団の記録だそうです。この鉄平選手をはじめ、リック選手も4安打、ケガで長期離脱していた高須洋介選手も復帰するなど、登録抹消されていた選手が戻り、本来のチーム状態に戻りつつあることが感じられます。これで川岸強投手が復帰すれば、フルメンバーです。

    続きを読む "鉄平選手大当たり、楽天3連敗の後は3連勝"

    投稿者 もりた : 00:01 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月06日

    「ヒロシマナガサキ」

     今年5月頃だったと思う。何気なくチャンネルを回していると、「ヒロシマナガサキ」という映画が放送されていた。記憶は定かではないが、NHK BSハイビジョンだったのではないかと思う。
     
     広島、長崎への原爆投下直後から後の映像を、残っている写真・映像(ビデオ)を駆使して見せていた。衝撃を受けた断片的に言葉だけで“知っていた”ことを、突然目の前に見せられた感じだ。そのことによる衝撃ももちろんだが、こういう現実を今日まで“知らなかった”自分に気付いたことのショックの方がそれ以上だった。
     
     
     こういう現実(写真や映像)に私自身の若い時、出来れば小学生や中学生時代に出会っていたらと思う。今からでもこの「ヒロシマナガサキ」という映画を日本中の小学生や中学生に見せるべきだと思う(年齢に配慮して)。

    続きを読む "「ヒロシマナガサキ」"

    投稿者 もりた : 07:04 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月05日

    「一人の本気」楽天・藤原紘通投手が1安打完封プロ初勝利

     先日「千人の数より一人の本気」という言葉とともにお伝えした、東北楽天のルーキー・藤原紘通(ひろみち)投手がプロ初勝利を挙げ、チームの反攻ムードを盛り上げる活躍をみせました。
     
      「千人の数より一人の本気」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
     
     
     打者27人に対しわずか98球、1安打完封!という完璧な投球内容でした。今は3位・埼玉西武を追いかけてと、ひたすら願うばかりです。

    続きを読む "「一人の本気」楽天・藤原紘通投手が1安打完封プロ初勝利"

    投稿者 もりた : 21:11 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月04日

    クリントン元・大統領が北朝鮮を訪問

     今日正午過ぎ、アメリカのクリントン元・大統領が北朝鮮に到着したとのことです。出迎えには金桂冠外務次官(6カ国協議の席に北朝鮮代表として出席する人物)が現れたとのことです。
     
      クリントン元大統領が訪朝 米女性2記者解放に向け(中日新聞)
     
     
     北朝鮮に拘束されている2人のアメリカ人ジャーナリスト解放交渉が第一の目的と見られているが、10数年前にカーター元・大統領が訪問し、故・金日成主席と会談した時と様相が似ているので、国交交渉にも発展するのではないかと見られると、テレビ朝日の川村晃司氏がコメントしていました。

    投稿者 もりた : 13:17 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

    2009年08月03日

    裁判員裁判に感じる一抹の不安とは

     前のエントリーで裁判員裁判の公判が開始されたことについて、もろ手を挙げて喜べないということを書きました。冤罪防止、もし自分自身が裁判に参加するとなった場合は、これを最も重視しなければならないと考えているとも述べました。読み返してみると、何に対して一抹の不安を憶えるのかまったく書いていないことに気付き、具体例を一つでも書いておこうと思います。
     
     
     初公判の1日目終了後、夕方のニュースでは、検察の冒頭陳述が「普通の人にもわかりやすい言葉で説明されたのがよかった」とか、裁判員も論議に入りやすい様に「公判前整理手続き」がなされ論点が整理されたことを評価する言葉が並びました。私は、この点に引っ掛かりました。
     
     せっかく「一般の人の感覚を裁判という専門の世界に持ち込む」ことに成功したのに、結局、の部分は専門家の間で決めてしまうような気がしたのです。裁判官、検察官、弁護士、みんな机を並べて勉強した仲間たちです。