2012年03月14日

#onbiz #YOAKE 「ソーシャルメディアの夜明け」の著者 平野友康さんのお話をお聴きしました

 昨夜は久しぶりに東京に出掛けて、アカデミーヒルズのオンラインビジネスセミナーを聴講しました。ゲスト講師は、株式会社デジタルステージの平野友康社長、「ソーシャル時代における働き方とライフデザイン」というテーマでお話されました。
 
 オンラインビジネスセミナー ソーシャル時代における働き方とライフデザイン~「ソーシャルメディアの夜明け」著者、平野友康氏に聞く~(アカデミーヒルズ)
 
  
 初めは平野氏のプレゼンですが、1時間半にもおよぶ熱演でした。ソーシャルメディアの時代には、ビジネスにおいてもマーケットの規模よりも"ラブ度"が大事というお話でした。"ラブ度"とは、ある物事や事象における愛着の深さと信頼の密度のこと。
 
 例えば、1000万人のメディアであるテレビ、一方、1万人のソーシャルメディア。規模ではテレビがソーシャルメディアを凌駕しますが、大事なのは"ラブ度"。テレビの"ラブ度"が0.0x%で、ソーシャルメディアの"ラブ度"が70~80%だったりするわけです。

続きを読む "#onbiz #YOAKE 「ソーシャルメディアの夜明け」の著者 平野友康さんのお話をお聴きしました"

投稿者 もりた : 19:11 | インターネット , ソフト開発 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年03月12日

「ソーシャルメディアサミット2012」に参加しました #サミット

 先週の金曜日(3月9日)、Fans:Fansの招待によりソーシャルメディアサミット2012にレポーターとして参加しました。「ソーシャルメディアサミット」は、日本におけるソーシャルメディアの可能性について議論するイベントで、アジャイルメディア・ネットワークさん(以下、AMNと略す)により、昨年2月に開催され(ソーシャルメディアサミット2011)、今年が2回目の様です。
 
 冒頭(オープニング)でAMNの徳力社長が話されましたが、昨年(2011年)の「ソーシャルメディア」の過熱を、少しでもクールダウンするために冷静な定義と議論を行うことが、本年のテーマとのことです。
 
 
 そのために、本イベントでは4つのパネルディスカッションが用意されていました(各ディスカッションのテーマおよびパネリストについては、Fans:Fansによるブログレポーター募集案内をご覧ください)。
 
 ここでは、パネルディスカッション1についてレポートします。

続きを読む "「ソーシャルメディアサミット2012」に参加しました #サミット"

投稿者 もりた : 00:03 | インターネット , ブログ , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年11月21日

#ksf2011 今週末、こしがや産業フェスタ2011に出展します

 毎年恒例となったこしがや産業フェスタに、今年も出展いたします。
 
  日時: 平成23年11月26日(土)・27日(日)
      午前10時 ~ 午後4時
  場所: 越谷市立総合体育館 および その周辺
  
大きな地図で見る
 
  こしがや産業フェスタ2011(越谷市公式ホームページ)
  ・こしがや産業フェスタ2011開催のお知らせ(こしがやiiネット - 越谷市産業情報ネットワーク)

 
 毎回、展示(事業PR)内容については頭を悩まし、直前になって慌てるというパターンが定着してしまっているのですが、今年は次の様な内容で行ないたいと思います。
 
  1.社会活動(自治会、NPOなど)に対するIT活用の可能性
 
  2.ソーシャルメディアのビジネス活用のご提案
 
  3.臨時IT(パソコン、インターネット、ソーシャルメディア、スマートデバイス)相談コーナー
 
 
 私どもの展示ブースは第一体育室 アリーナステージ向って左側 商工ゾーンにあります。皆様のご来場をお待ち申し上げております。
 
 
 一昨年、昨年に引き続きUstream中継も行ないたいと思います。チャンネル koshigaya sangyou festa LIVE または、ハッシュタグ #ksf2011 でアクセスしてください。
 
 地域ホームページ越谷さんUstream中継するそうです。そちらも併せてご覧頂くと、都合で会場に来れない方も、フェスタの様子がわかるのではないかと思いますので、お友達などにも、お知らせいただければ幸いです。

続きを読む "#ksf2011 今週末、こしがや産業フェスタ2011に出展します"

投稿者 もりた : 19:31 | インターネット , デジタル家電 , パソコン , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年11月07日

#fpaj #sokotoko 自由報道協会(FPAJ)の記者会見を初めて観た

 今朝のソコトコで、自由報道協会主催、ダライ・ラマ法王の記者会見の司会を、唐橋ユミさん( @karahashi_yumi )が担当するということを聞き、ニコ生で自由報道教会の記者会見を観ることにしました。リアルタイム(午前10時から)で視聴できなかったため、タイムシフト再生で、先ほど視たところです。半分=約1時間半、観たところなので、正確には"観ている最中"です。
 
 自由報道協会の記者会見を観るのは、これが初めてです。上杉隆さん( @uesugitakashi )をはじめ、フリージャーナリストの皆さんが自由報道協会を設立したことは、ソコトコをはじめ、ニュースの深層など、ラジオ・テレビを通じて知っていました。これまでに、sengoku38こと一色正春さんや小沢一郎・元民主党代表、最近では鉢呂・前経産大臣などの記者会見が、自由報道協会主催で行なわれたことも知っていました。

続きを読む "#fpaj #sokotoko 自由報道協会(FPAJ)の記者会見を初めて観た"

投稿者 もりた : 22:15 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年03月14日

公式リツイートについての回答。インターネットという共有資源を有効に使って災害にみんなで立ち向かいましょう。

 
 以前、東京都荒川区でパソコン教室の講師をしていたときのお客様(生徒さん)から、Twitterの公式リツイートに関する質問を頂きました。
 
"先生おいそがしいところいつもすみません。
ツイッターでよびかけている「公式リツィート」にしてださいとは、
ツイートした本人のツイートまでさかのぼりそのツイートをリツイートすれば
いいということですか?
ネットで調べたのですが、確証が得られなくて質問させていただきました。"
 
 お聞きになりたいことは、「ツイートした本人のツイートまでさかのぼる必要があるか」ということですが、「そのツイートをリツイートすればいいということですか?」というところが引っ掛かった(公式リツイートではない方法でリツイートされる懸念を感じた)ので、リツイートと公式リツイートの違いについての説明も付け加えて回答差し上げました。
 
 他の方にも参考になればと思い、回答文を掲載します。ポイントは、今回の様な非常事態において貴重なコミュニケーション手段となっているインターネットという大事な資源(共有財産)を、みんなで少しずつ有効に活用して、災害に立ち向かおうということです。公式リツイートの方が、資源(ネットワークを使用する情報量、時間など)の消費が少なくて済みます。
 
 なお、メール文をそのまま貼り付けましたので、改行が入っていて読みにくいと思います。申し訳ありません。

続きを読む "公式リツイートについての回答。インターネットという共有資源を有効に使って災害にみんなで立ち向かいましょう。"

投稿者 もりた : 11:54 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年03月11日

災害時に有用なインターネット

 このブログを読んだり、WebページやTwitterやSNSを見ている人はお気づきかも知れません。固定電話や携帯電話の通話が不可能な状況の中、インターネットは比較的、機能していることを。
 
 大地震が発生した時、私は病院の5階にいました。建物が古いためか、激しく揺れました。病室から通路に出て、思わず手すりにしがみつき、その場にしゃがみ込みました。「ついに来た!」覚悟しました。
 
 私が(私だけではないと思いますが。特に関東地方に住んでいる人は)今までに経験した最も大きな地震でした。震源地を知りたくてケータイを開いてみましたが、自動配信されるニュース(EZニュースフラッシュ)には地震の情報はありません。Twitter( @earthquake_jp )を見て、宮城県沖でマグニチュード7.3ということがわかりました。関東と疑っていなかったので、少し意外でした。
 
 
 夕方帰宅すると、消防団副分団長のMさんが来て、器材置き場(消防小屋)で待機するようにとの指示を受けました。活動服に着替えて小屋に行くと、副分団長と部長が、ポンプ車のエンジンをかけて、いつでも出動できる態勢で待機していました。
 
 お二人は3時頃から既に4時間以上も待機しているとのことでした。その後、1時間ほど過ぎた午後8時15分頃、「待機解除」の無線連絡が入り、一旦解散となりました(そして今、このブログを書いています。結局、副分団長と部長は5時間も待機していたことになります)。

続きを読む "災害時に有用なインターネット"

投稿者 もりた : 21:58 | インターネット , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年06月19日

遅ればせながらiPadを購入します

 これまで頑なにiPhoneやMacなど、Apple社製品の購入を拒んでいた(?)私ですが、iPadを購入することにしました。
 
 Apple社製品を買うのは、これが3台目です。最初は1997年に購入したPower Macintosh 7300/180、ほとんど使用することなく今も家のどこかに眠っています。次がiPod nano(第2世代、4GB)、現在もフル稼働しています。このほか、上記Power Mac用にソフトも購入しています(1997年にMacOS 8、2001年にMac OS X 10.1)から、殊更Appleを嫌っていたわけではありません。
 
 この7、8年の間、Windows PCをお使いのお客様のサポートを主な仕事としてきたことが影響していると自己分析しています。
 
 
 スマートフォンについては、iPhoneはおろか、W-ZERO3といったiPhone登場以前に評価の高かった製品も購入していません。おそらく、モバイルインターネットの黎明期にあたる1997年に購入したCASIOPEIA(A-51)を、ほとんど使いこなせなかったというトラウマからの影響ではないかと、これまた自己分析している次第です。

続きを読む "遅ればせながらiPadを購入します"

投稿者 もりた : 03:08 | インターネット , デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年06月01日

#yahootaobao 国を越えてECの時代に!Yahoo!チャイナモールと淘日本(タオジャパン)、日本と中国で同時オープン

 Yahoo!チャイナモール淘日本(タオジャパン)が、日本と中国で、本日、同時オープンしたそうです(#yahootaobao)。記者発表会をUstreamで、初めから終わりまで(約3時間)見ました。驚きました、国を越えたECの時代が来るとは
 
 
 日本の消費者が中国の商品を買えるのがYahoo!チャイナモール、日本の消費者(購買者)であるYahoo!ショッピングのユーザーと、中国の販売者(ネットショップオーナー)である淘宝の出店者を結びつけた仕組みです。
 
 一方、日本の販売者(ネットショップオーナー)であるYahoo!ショッピングの出店者が、中国の消費者(購買者)である淘宝のユーザーに商品を買ってもらえる仕組みが、淘日本(タオジャパン)です。Yahoo!ショッピングへの出店で、淘日本に商品が自動的に掲載されるそうです(掲載の意思確認があるのか否かは、存じません。悪しからず)。
 
 
 記者発表会には、日本側からYahoo!JAPANの孫正義会長、井上雅博社長が、中国側から淘宝網を傘下に持つアリババグループのジャック・マーCEOらが出席されました。
Yahoo!チャイナモールと淘日本(タオジャパン)日中同時オープン、記者発表会

続きを読む "#yahootaobao 国を越えてECの時代に!Yahoo!チャイナモールと淘日本(タオジャパン)、日本と中国で同時オープン"

投稿者 もりた : 21:34 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年05月14日

#hikari_road 孫正義×佐々木俊尚「光の道」対談

 孫さんと佐々木俊尚氏の対談。原口一博・総務大臣の呼びかけに、孫さんが提案した「光の道」構想に、佐々木さんが「ちょっと待った!」をかけたことで、始まった今回の対談。ソフトバンクさんのUstreamアカウントにアーカイブがありますので、埋め込みリンクします。
 
 
 今日(日付上は既に昨日)はこの番組に間に合おうと思って急いで帰宅しました。かつてTVの時代にそういうことがありました。2年後はこういう「番組」がどの位増えているのだろうかと考えます(が想像できません)。TVの番組(大量生産)とインターネット経由の生放送番組(多品種少量生産)が併存する時代に入った今、これらかの推移を見守って生きたいと思います。
 
 
 なお、久しぶりにUstreamの画面を見ましたが、メニューの項目名も日本語化されていますね。アーカイブは「録画番組」と訳されていました。適切な訳です。

続きを読む "#hikari_road 孫正義×佐々木俊尚「光の道」対談"

投稿者 もりた : 01:24 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年04月28日

#sasshin #shiwake_a #shiwake_b Ustream日本語化完了と事業仕分け第2弾

 Ustreamが日本語化されたというニュースは数日前から知っていたのですが、日本語化後、初めてUstreamのページを訪れてみました。
 
 コンテンツ含めて、もきちんと日本語化されていて想像以上でした。特にそれを感じたのが、配信中のおすすめとして事業仕分けが掲載されていることです。ヘッド部分には、何もしなくても自動的に仕分け会場のライブ映像が映し出される親切さです。
行政刷新会議 事業仕分け第2弾 ライブ中継(Ustream日本語サイト)

 
 前回(昨年11月)の第1弾と違って、事業仕分けのライブ中継は株式会社ソラノートのそらのさん( @ksorano )さんら民間の有志ではなく、協力事業者5社によって行なわれています。
 
  
 ということで、行政刷新会議の事業仕分け第2弾のライブ中継(生中継)をご覧になりたい方は、Ustreamのサイトからでも、行政刷新会議のホームページ(トップページよりもラテ欄の方がよいと思う)からでも、好きなところから入っていけます。もちろん、他の4社からでも。第1弾より非常にわかり易くなりましたね。
 
  ニコニコ生放送
 
  ・STICKAM
 
  ・ShareCast
 
  ・DMM.com

続きを読む "#sasshin #shiwake_a #shiwake_b Ustream日本語化完了と事業仕分け第2弾"

投稿者 もりた : 15:18 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年03月16日

#sxsw Twitterが @anywhere プラットフォームを発表

 SXSWiというイベントで、Twitter CEOのEvan Williams氏が新しいプラットフォームを発表したようです。
 
  名付けて @anywhere
 
  Twitter、「@Anywhere」プラットフォームを発表(CNET JAPAN)
 
 
 Twitterの公式ブログにその概要が投稿されています。
 
  @anywhere(Twitter Blog)
 
 
 Twitterが世界中で広く使われるようになった要因の一つに、"API"がオープンであるということが挙げられます。そのため、様々な種類の、多くのアプリケーション、クライアントツールが、たくさんの第3者によって作られました。そのことが、Twitterのユーザーが増えることに対して、さらに加速度を与えました。
 
 現在は、Twitterを利用するユーザーには、異なる2つのタイプが存在します。1つは、直接的にTwitter.comサイトを訪れて閲覧するユーザーです。間接的にAPIを介してお気に入りのTwitterクライアントを経由して、Twitterのサービスの恩恵を享受している人々が、もう1つのタイプのユーザー達です。
 
 それらに加えて今度は、Twitterは新しいフレームワークを加えるというのです。特に後者のタイプのユーザーに対して、すなわちお気に入りのTwitterクライアントを介してTwitterを利用している人々に対して、"API"と異なるアプローチによるTwitter利用手段を提供できるということです。上記のTwitterブログのエントリーでも述べられていますが、"新しいフレームワークでは、APIを実装するよりも簡単な方法で外部からのTwitter利用を実現できる。例えば、数行のjavascriptを加えるという方法で"

続きを読む "#sxsw Twitterが @anywhere プラットフォームを発表"

投稿者 もりた : 17:46 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#sxsw Twitter announced the '@anywhere' platform.

Twitter CEO Evan Williams announced the new platform at the South by Southwest Interactive Festival (SXSWi).
 
It was named '@anywhere'.
 
  Twitter CEO unveils '@Anywhere' platform(CNET News)
 
 
The outline of '@anywhere' was entered in the official blog of Twitter.
 
  @anywhere(Twitter Blog)
 
 
One of the reasons why Twitter came to be used all over the world widely is that Twitter's 'API' is 'opened'. Therefore, various kinds of applications and a lot of client tools were made by many developers. In addition, that gave the acceleration to increasing of the number of users of Twitter.
 
The user who uses Twitter has two different types now. The 1st type of the user is a user who visits the Twitter site ( 'Twitter.com' ) directly. He tweet some tweets and read the Time Lines at 'Twitter.com'. The 2nd type of the user is a user who uses Twitter via favorite Twitter client tool. He accesses Twitter through 'API'.
 
Twitter adds a new framework for the 2nd type of the user. 'Twitter Blog' describes as follows.
"Rather than implementing APIs, site owners need only drop in a few lines of javascript. This new set of frameworks is called @anywhere."
 
 
 The following video is the talks with Evan Williams and Tim O'Reily. ('Web 2.0 EXPO Tokyo 2007' at the CERULEAN TOWER TOKYU Hotel in Shibuya Tokyo on November 16, 2007)
 
Tim O'Reilly and Evan Williams in Web 2.0 EXPO Tokyo, JAPAN.

 
 
This Column was entered by Mitsuo Morita.

投稿者 もりた : 17:41 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年03月15日

パソコンでラジオが聴ける「radiko(ラジコ)」スタート

 
 パソコンでラジオが聴ける「radiko」(ラジコ)がスタートしました。いつも聴いている文化放送の「ソコトコ」や「くにまるワイド」の中で、告知を繰り返し耳にしました。
 


 
 「IPサイマル放送」というそうです。関東と関西の主要キー局(関東7局、関西6局)で、今日から8月までの試験配信とのことです(その後、本稼動に入るとのこと)。残念ながら、どこからでも聴けるということではなく、関東7局は東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県、関西6局は大阪、京都、兵庫、奈良の4府県のみとのことです。
 
 これは「IPサイマル放送」が、各ラジオ局の(電波による)聴取可能地域に住んでいながら聴取出来ないという障害を解消することが目的だからということです。それぞれの放送局が、それぞれの地域を分け合って放送するという、これまでの基本は変わらないということのようです。
 
 しかし、それでもパソコンからラジオが聴けるようになったことは、ラジオリスナーの拡大につながり、よいことだと思います。テレビ、新聞だけが幅を利かせる、特に報道において、マス・コミュニケーションというスタイルから次の形態へ、もうそろそろ変わりましょうよ、みなさん!(実際にはラジオの報道内容は新聞テレビとほぼ同じでは有りますが、接し方=スタイルの変化だけでも)
 
 
 もうすぐ「大竹まこと ゴールデンラジオ」が始まります。ラジオTwitterって、いいですよ。

続きを読む "パソコンでラジオが聴ける「radiko(ラジコ)」スタート"

投稿者 もりた : 12:59 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年03月01日

#adada #tm2010 ホントUstreamってすごい!

 今日もあちらこちらで、Ustreamが活躍しています。
 
 帽子にカメラを付け、Ustreamで生中継しながら東京マラソンを走った人がいたんですね(#tm2010)。その時間は外にいて映像は見れませんでしたが、そのこと(ランナー自身が生中継していること)はTwitterのタイムラインを見て知っていました。
 
 テレビでは未だ、ランナー自身にカメラを付けてリアルタイムに放送する例は少ないですね。ましてランナー自身が放送しながら走るということは。「セルフ・ジャーナリズム」は、現実化していると実感しました。
 

 
 
 もう1つ、"朝生(朝まで生テレビ)"ならぬ、"朝ダダ(朝までダダ漏れ)"#adada)が、現在オンエアー中です(終了したので、アーカイブの埋め込みリンクに変えました)。
 
 第一回 朝までダダ漏れ討論会(アーカイブは全部で6個。2個目以降は、続きを読むの後に)
1. 98分55秒

 
 時々中継が途切れて苦労されている様子ですが、相当数のViewerなのかもしれないですね。Ustream社ガンバレですね!
 
 終了時点(3月1日 午前1時20分頃)でのViewerが3,732人です私が今迄に見たUstreamによる生中継の人数で最多です。



続きを読む "#adada #tm2010 ホントUstreamってすごい!"

投稿者 もりた : 00:16 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年02月23日

「NTT R&Dフォーラム 2010」ブロガーツアーと「Ustreamビジネスセミナー」 in デジハリ

 先週のXactiブロガーイベントに続き、今週も複数のセミナーや展示会に参加します。明日はNTT R&Dフォーラム 2010と、「Ustreamビジネスセミナー」に参加します。
 
 
 NTT R&Dフォーラム 2010は、"NTTの研究技術の成果を紹介する年に一度の行事"で、NTT武蔵野研究開発センタで催されます。「gooラボ ネットの未来プロジェクト」の一環として企画されたブロガーツアーの案内をAMNさんからいただき、申し込みました。昨年に続いて2度目の参加です。
 
  「NTT R&Dフォーラム 2009」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 
 「Ustreamビジネスセミナー」は、デジタルハリウッド大学院KandaNewsNetwork,Incの主催で行なわれるもので、KNN神田敏晶氏(@knnkanda)とそらのさん(@ksorano)が講師として登壇されるとのことです。昨年11月に行なわれた政府の事業仕分け以来、このところのUstreamに対する関心度は、日を増すごとにうなぎ上りの感があります。
 
 Twitterに比べて、やや敷居が高いというイメージがあるせいか(実際はそれ程ではないと思いますが)、誰もがすぐにUstreamによるライブ・ストリーミング(生放送)を始めるという勢いではありませんが、社会に与えるインパクトの大きさは、Twitterに勝るとも劣らないのではないかと思っています。
 
 Ustreamセミナーですから、当然(と一概には言えませんが)のように、Ustreamで生中継されるとのことです。
 
  http://www.ustream.tv/channel/dhgs-tv

続きを読む "「NTT R&Dフォーラム 2010」ブロガーツアーと「Ustreamビジネスセミナー」 in デジハリ"

投稿者 もりた : 23:29 | インターネット , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年02月21日

昨日のエントリー『「生中継専用カメラ」があったら ええねん』の駄目押し

 昨日のエントリー「生中継専用カメラ」があったら ええねんは、実はこのツイートが頭にあって、書いた内容です。もちろん私自身、Ustreamによる生中継を体験してから、ノートパソコン無しでUstream中継できる機器(おそらく外見はビデオカメラ)があったらいいなと感じていました。
 
  「こしがや産業フェスタ2009」全日程終了、ライブ中継の録画映像をご覧ください(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 そして(ちっとも話はつながってはいませんが)今週発売された週刊アスキー3月2日号のネット生中継の特集に、そらのさん(@ksorano)が紹介されていることも、このツイートで知りました。

 Ustreamの"中の人"という紹介のされ方には、ご本人も「(ではないのですが)」とツイートされていますが(ダブルクォーテーション付きで記載されていますので、編集者の確信犯だと思いますが)、当事者ではないので、あまりこだわり過ぎないようにしたいと思います。

 
 そして(と、これまたちっとも上から話がつながっていませんが)、iPhoneを使って生中継(ライブストリーミング配信)が出来るTwitCastingというiPhoneアプリのことが2週間くらい前に話題になりました。
 
 通信カメラコンピュータという、生中継(の配信)をするために必要な条件が、はじめから一体になっているiPhoneだからこそのアプリだと思います。ただ(実際にiPhoneを使っていない心配性の独り言に過ぎませんが)、カメラの場所は生放送の撮影がしやすい位置なのでしょうか。また、通信速度は放送の送出側として充分なのでしょうか。というよりも、今後益々無線通信速度の高速化が予想される状況において、携帯電話サービスとしてのiPhone(ソフトバンク・モバイル)の対応はフレキシブルに可能なのでしょうか。・・・と心配の種は尽きません()。

続きを読む "昨日のエントリー『「生中継専用カメラ」があったら ええねん』の駄目押し"

投稿者 もりた : 22:01 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年02月03日

ネットユーザー/非ネットユーザー間で広がる世論の乖離

 今日、久しぶりに東京に出た。まるで遠い地方に住んでいる様だが、実際に8日ぶりの都内であった。駅の売店で夕刊のチラシを見ると「小沢不起訴」の朱書き。今朝の新聞も同様の見出しだった。一方、ネット(全てのネットメディアではなく、主にTwitter上)では、「週刊朝日の記事に対して検察から抗議」があった話題で持ちきりであった(今も続いている)。
※ 週刊朝日編集長に検察から「出頭要請」が出されたことに関するTwitter上のTLは、ハッシュタグ #syutto で。
 話の発端は、有田芳生氏(@aritayoshifu)のこのツィートと、上杉隆氏(@uesugitakashi)のこのツィートと思われる(上記ハッシュタグのTLは、膨大すぎて初期の事情把握困難)。
 そもそもの発端である週刊朝日2/12号記事「子ども"人質"に女性秘書「恫喝」10時間」については、又聞きではなく、同誌バックナンバーを読まれたし(週刊朝日からは、特に宣伝を依頼されているわけではないが)。
 
 
 普段、ニュース、特に政治に関するニュースを知る手段が新聞やテレビのみであり、その中にネットが含まれていない人々(ネット非接触ユーザー)は、「小沢不起訴」が今日のニュースのメインの1つであろう。逮捕された石川知裕・衆議院議員の拘置期限が明日4日で切れる前のこの報道に、新聞世論調査で80%近くの人が「小沢辞任すべき」と答えている現状からして、不起訴は納得いかないものであろう。
 
 一方、ニュース入手手段の中にネットも含まれている人々(ネット接触ユーザー)の中には、必ずしも新聞・テレビで報じられていることだけが全てではないという、新聞テレビのニュースを、そのままは受け容れないという意識を持つ(新聞テレビの「存在」を意識している)人々が少なくないように思う。その中には、ラジオやTwitterを通じて、昨日発売された週刊朝日(2/12号)の「子ども"人質"に女性秘書「恫喝」10時間」(ジャーナリスト 上杉隆氏の記事)という記事の存在を知っている人も、少なからずいるように思う(私もその一人)。
 
 
 最近とみに感じるのが、これら両者(ネット非接触ユーザーとネット接触ユーザー)の間で、それぞれの世論に大きな隔たりがあり、時とともに拡大していることだ。単なる個人的な感触だが、いろいろな場面でそう感じることが増えた。前者は、「小沢(は、幹事長を)辞任すべし」が圧倒的世論であり、後者の中には「問題があるのは、必ずしも小沢だけではなく、検察や新聞テレビにも、それぞれ問題があるのではないか」という見方を持っている人が少なくないように思う。

続きを読む "ネットユーザー/非ネットユーザー間で広がる世論の乖離"

投稿者 もりた : 21:35 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年02月02日

朝日ニュースターの番組をUstreamで同時生放送!

 つい先程まで、朝日ニュースター(CSデジタルテレビ局)の「ニュースの深層」(生放送)という番組が、Ustreamで同時に生放送されていました。信じられないことです。ちょうど昼間、朝日ニュースターに申し込んでみようかなと考えていたところでした(未定)。
 
 今日はソフトバンクの決算発表の席で、孫社長がUstream株の取得を発表した日でもあり、Ustreamに関して2つの大きな出来事が重なりました。 孫社長のつぶやき → http://twitter.com/masason/status/8533403799
 
 
 上杉隆氏(@uesugitakashi、司会)と原口一博・総務大臣(@kharaguchi、ゲスト)が出演した朝日ニュースター「ニュースの深層」のUstream生中継。初め1,000人足らずのViewers(ビューワー数)も、みるみるうちに2,000人超え、最後は2,600人くらいになっていました。テレビ、特に地上波TVに比べたら3桁は少ないですが、積極的に見に来たユーザー、しかもツィート率がすごく高い!
 
 残念ながらアーカイブは見当たりません(どこか探せばあるのかもしれませんが)。見逃した方はハッシュタグ #shinso でTLだけでも。
朝日ニュースター「ニュースの深層」に生放送出演中の原口一博・総務大臣と司会の上杉隆氏(ジャーナリスト)

続きを読む "朝日ニュースターの番組をUstreamで同時生放送!"

投稿者 もりた : 21:22 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2010年01月23日

民主党・小沢幹事長の記者会見(今日の事情聴取について説明会見)のビデオ撮った人がいた!

 先ほどの民主党・小沢一郎幹事長の記者会見の模様をUstreamで中継した人がいたようです。アーカイブが残っていましたので、埋め込みリンクします。アーカイブは全部で7本ありますが、最初の4本は会見前の様子のようなので、3本のみ転載します(残りの4本含め全部見たい人は、Ustreamのhatakezoさんのアーカイブページへ)。
 
1分35秒

 
15分34秒

 
5分00秒

続きを読む "民主党・小沢幹事長の記者会見(今日の事情聴取について説明会見)のビデオ撮った人がいた!"

投稿者 もりた : 21:54 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

民主党・小沢幹事長の記者会見が現在進行形(から過去形に変わった)

 民主党・小沢幹事長の記者会見が現在(午後8時から)行なわれているようだ。今日の事情聴取で説明した内容について説明するとのことだ。エントリーをスグ起こそうと思ったが夕飯後の食器洗いがあったので今になってしまった(現在20:28。書くスピード遅いので書き終わってエントリーするのは大分後かも)。夕食後の食器洗いは、我が家では私の分担になっているので、仕方が無い。
 
 食器洗いを終わってパソコンでTwitterを見ると、Twitterをやっている何人かのジャーナリスト(@tjimboさんや@iwakamiyasumiさん。私が知っている狭い範囲では、いずれもフリージャーナリスト)さんのツイートを見ると、未だ会見の冒頭のようだ。
 
 テレビでの生中継を期待した。NHKが急遽番組変更して、生中継する可能性も千分の一くらい期待したが、ワンダー×ワンダーが始まった。父と母は、食事後と言うこともあってか半分居眠りしながら、ワンダー×ワンダーを見るということも無く見ている。
 
 
 さっき、Twitter(@mmorita3)にもツイートしたが今回の件では、小沢さんの秘書や小沢さんが疑われている。今回の特徴は、それだけではなく、検察も疑われている(リークしているのではないかと。今回だけでなく昔から)。新聞やテレビの報道(という人格や組織は無いので、政治部や社会部、あるいは記者ら)も疑われている。
 
 ただ、疑っている人の数は、比べ物にならない。小沢さんを疑っている人の数と、検察や新聞・テレビに疑いを持っている人の数では、前者のほうが圧倒的に多いであろうことは、ほとんどの人がそう思うであろう。100分の1、1000分の1、あるいはそれ以上なのか、私には全く判らない。
 
 
 今日の記者会見は、500人くらい詰め掛けているということ(その後訂正、300人はいたとのこと)なので、この後のテレビニュース、明日の朝刊で、それぞれの詳しさで報じられるだろう。小沢氏は今日の事情聴取の内容を文書にまとめて公表したいとのことだ=NHKオンライン「小沢氏の参考人聴取終わる」による=(聞かれたことと答えたことの両方なのか、答えたことだけなのかは分からない。その辺は文書が公表されてから見てみたい)。

続きを読む "民主党・小沢幹事長の記者会見が現在進行形(から過去形に変わった)"

投稿者 もりた : 21:25 | インターネット , 日記 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年12月26日

鳩山首相がYouTubeでメッセージ「年末年始、生活にお困りの方へ」

 「【政府】鳩山総理メッセージ 年末年始、生活にお困りの方へ」と題して鳩山首相がYouTubeでメッセージを発信しています。残念ながら埋め込み許可にはなっていません。下記のリンクへ。
 
  ・【政府】鳩山総理メッセージ 年末年始、生活にお困りの方へ
 
 
 ビデオの後半には相談窓口など連絡先の電話番号、地図が表示されます。
 
 以下、ビデオの説明文を引用します。
 
  「今年は派遣村が必要にならないよう対策を行う」との決定をした鳩山政権。年末まであ と1週間と迫る中、鳩山総理本人が、支援を必要とする方たちに向けて呼びかけます。あ す以降、長妻厚労大臣らも登場予定。
詳細は↓から
http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/madoguchi.html

投稿者 もりた : 00:17 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年12月10日

USTREAMによるライブ中継あれこれ

 未だ1度だけインターネット生中継を行なっただけですが、Ustreamなど大きな追加投資無しに一般の人(テレビ局といったメディアを職業とする人以外)が、映像による生放送を行なえる環境が整ってきたことは、いろいろな分野で大きな影響(変革)をもたらすのではないかと思います。
 
 いま、そらのさん(@ksorano)による「SocialWeb2.0Party大忘年会-09 年最新 Web 業界総決算&2010 年への展望と期」を観ています。160Viewersですって。うらやましい。今日午前中、川口から放送した「映像で考える拉致問題」の生中継は1Viewersでした(観ていた1名は私自身です)。
 
 上記2つの例のうち、後者(拉致問題関連イベントの中継)の意義は、事件や犯罪、(薬害等)被害者など、広く情報を告知する上での弱者にとって、大きな力になるのではないかと思います。インターネット利用の普及が始まって以降、ホームページ、メール、メーリングリスト、ブログ、SNS、メッセンジャー、YouTubeなど動画投稿共有サイト、TwitterといったWebツールも、被害者が自らが置かれた状況を多くの人々に知ってもらう上で大きな力になってきたと思います。
 
 その上さらにライブ中継も自ら行なうためのハードルが下がったことにより、今までテレビ、新聞などの取材に頼っていた告知に変化が起きると思います。つまり「自ら取材、報道(放送・掲載)出来る」ことで、報道をもっと頻繁に行なえるようになったということです。

続きを読む "USTREAMによるライブ中継あれこれ"

投稿者 もりた : 21:01 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月29日

「こしがや産業フェスタ2009」全日程終了、ライブ中継の録画映像をご覧ください

 昨日と今日の2日間、埼玉県越谷市で催された「こしがや産業フェスタ2009」の全日程が終了しました。2日間、会場内の様子をUSTREAMを使ってライブ中継しました。
 
  koshigaya sangyou festa LIVE on USTREAM
 
 
 ライブ中継を行うのは初めての経験でしたが、とても楽しく実施することが出来ました。視聴くださった皆様、大変ありがとうございました。滋賀県や北海道など遠くから視聴およびTwitterでご参加いただき、威力の大きさを実感しました。リアルタイムでご覧いただけなかった方のために、録画をしておきました。以下の映像以外にもいくつか残っておりますので、お時間がございましたらご覧ください。
 
 但し、カメラ位置はほとんど固定した状態ですので、特に面白いという内容ではないかもしれません。また、通信回線の条件(上り速度 0.1Mbps程度)による制約によって映像はほとんど動きません(数秒~数十秒に1回動くか動かないかという程度です)。しかし、音声は通常通りに伝送できています。
 
 なお、昨日の録画データは残っていません。本日のデータのみとなりますのでご了承願います。さらに、各録画データのタイトルに付与されている日付・時間が日本時間になっていない等々、不備だらけで申し訳ございません。
 

 
 
 使用感はSkypeやメッセンジャー(Windows Live メッセンジャーYahoo!メッセンジャー等)と似たようなものと思いますが、1対多という利用目的(Broadcast、つまり不特定多数の相手に向けて放送する)であるところが最も大きな違いではないかと思っています。
 
 
 ビデオ(映像と音声)コンテンツの配信を一般の利用者層にまで拡大した(誰でも簡単に、自ら撮影した映像を不特定多数の相手に見せることを可能にした)という意味では、YouTubeにも似ています。しかし、YouTubeの場合、例えば今日のようなイベントに足を運んでビデオ撮影しても、YouTubeに掲載(アップロード)して他の人に公開できるのは、帰宅してその日の夜だったり、少なくとも数時間後というケースが一般的ではないかと思います。
 
 それに対してUSTREAMの場合は、リアルタイムに視聴してもらえるのです。この「リアルタイム」ということの便利さ、有用さは、YouTubeには無かった大きなアドバンテージではないでしょうか。USTREAMなどLive StreamingやBroadcastingのためのWebサービスの登場によって、Twitterの普及とは別の流れで、ある部分では並行して、ライブ中継の一般化(普及)が促進されるのではないかと見ています。
 
 仕事、生活、社会活動、人としての活動の様々な場面で、今まで不可能だったことが可能になることによる大きなメリットが生まれる予感がします。

続きを読む "「こしがや産業フェスタ2009」全日程終了、ライブ中継の録画映像をご覧ください"

投稿者 もりた : 19:49 | インターネット | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月27日

「UQ Try WiMAX」返却しました

 いよいよ明日に迫った「こしがや産業フェスタ2009」ですが、会場内の様子をライブ中継するために高速(それ程高速でなくても上り1~2Mbps程度あればよいのですが)インターネット接続環境を手に入れるために、UQ WiMAXサービスを試してみました。UQコミュニケーションズの「Try WiMAX」というお試しサービスを申し込んでいたのです。


 
 しかし、残念ながら自宅も産業フェスタの会場(越谷市立総合体育館)も、ともに「圏外」でした。


 
 サービス自体には不満は無いどころか、屋外やインターネット接続環境が無い場所からライブ中継を行うためには、現時点では他に選択肢が無いのではないかと思っています。同社ホームページによると12月末には、上記の地点もサービス開始される予定のようですので、その後あらためて契約を検討することとし、今回は端末を返却しました。

続きを読む "「UQ Try WiMAX」返却しました"

投稿者 もりた : 23:34 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月22日

蓮舫さんと広瀬香美さんのTwitter対談

 今夜9時過ぎから約1時間半におよび、蓮舫さん(@renho_sha)と広瀬香美さん(@kohmi)の対談がTwitter上で行われました。対談があることは蓮舫さんのツイートを見て知っていましたが、テレビを見ているうちに9時を過ぎていて、途中から最後まで携帯電話でお二人の対談を追ってみました。
 
 以前、コグレマサトさん(@kogure)が広瀬香美さんへのインタビューをTwitter上で行ったことをその著書(「ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書) 」)に書かれていましたが、今回の対談も広瀬さんから蓮舫さんへのインタビューという色彩だったようです。最後のほうに勝間和代さん(@kazuyo_k)も加わって、賑やかな締めくくりになりました。
 
 3人の対談は、このリスト(http://twitter.com/mmorita3/at20091122-renho-kohmi)で見れます(このリストでなくても、3人のリストを作れば見れます)。
 
 
 Twitterでのインタビューは、傍聴者()としても初めての体験です。今まさに考えながら相手の質問に対する答えを文にしてキーボードを打っている、蓮舫さんの緊迫感が伝わってきました!広瀬さんからの質問の大半は「事業仕分け」についてでした。
 
 新聞のインタビューであれば、インタビュワーとインタビューされる側との対話が終わってから、傍聴者(購読者)がインタビュー記事を読むまでの間に相当なタイムラグがあります。記事の文章は質問も答えも、あくまでインタビュワー側が書くという意味での編集もあります。必ずしも対話の始めから終わりまで全部を掲載するとは限らないという意味でも同様です。つまり一次情報ではありません。
 
 Twitterによる対談(インタビュー)の場合は、インタビュワー側からの質問(文章)はインタビュワー自身が書いていますし、インタビューされる側の答え(文章)もまたインタビューされる側の人間自身が書いています。しかも、質問に対して答えるまでの時間、答えの後次の質問を考えるまでの時間については、あまり長く相手を待たすことは心理的に出来ないだろうと思います。
 
 その意味でテレビの討論番組に似ているのですが、テレビにはコマーシャルの時間があります(NHK以外の場合)。Twitterの場合も、非公開のDM機能や電話などを使って事前打合せも不可能ではないとは思いますが、一旦対談が始まってしまえばそれも難しいでしょう。少なくとも今日のTwitter対談に限っては、始まってから1時間半の間はずっと休み無く、双方ご自身の生の言葉で発言し続けていらっしゃいました。
 
 
 また一つ、新聞やテレビの一部(と考えたい)の政治記者さんや、一部の政治評論家さんたちが知らないところで、旧来のメディアには無かった、国民と政治との間に新たなチャネルが出来つつあることを予感した一夜でした。
 
追記) そんな(一部の記者さんや政治評論家さんが知らない)ことはない、そんなこと(Twitter対談があったこと)ぐらいすぐに知るよ(何しろ情報通、それが仕事ですから)とおっしゃるかも知れません。しかし、それは業界内(他紙・他局)の記者仲間・同僚、ネットに公開されたニュース、新聞・テレビ報道を通じた「又聞き」によって、つまり二次情報によってのことだろうと思います(私の勝手な想像ですが)。
 
 誰でも直接、たとえば今夜の対談にしてもTwitterによって直接傍聴者になることができるのに、何故か情報の流通を商売としている政治記者さん(の全部ではなく一部)や政治評論家さん(の全部ではなく一部)が、このこと(直接、一次情報に接するということ)に無関心なような気がしてなりません。(以上、追記
とにかくこのところ、真の民主主義の実現に向かって前へ歩を進める動きが目白押しで、驚いたり感激したりしています。

続きを読む "蓮舫さんと広瀬香美さんのTwitter対談"

投稿者 もりた : 23:43 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月19日

「こしがや産業フェスタ2009」の会場からライブ中継します

 いよいよ来週末(11月28日(土)・29日(日))に迫った「こしがや産業フェスタ2009」ですが、10日ぐらい前からTwitterでつぶやいています(ハッシュタグ #ksf2009)。私どものブースに設置するスクリーンにTwitterのタイムラインを表示し、「こしがや産業フェスタ」についての「つぶやき」を皆さんで共有したいと思います。
 
 そして会場にカメラを持ち込んで、「事業仕分け」ばりにUSTREAMでライブ中継を試みたいと思っています。
下記のページでライブ中継&Twitter共有します。
 
  koshigaya sangyou festa LIVE on USTREAM
 


 
 通信環境の制約上(イー・モバイル 上り回線スピード 0.1Mbps以下)、動きのある映像は無理ということがわかりましたので、ステージ上のライブ中継は出来ませんが、私どものブースの前に固定カメラを設置して会場内の様子を中継したいと思います。
 
 ハッシュタグは#ksf2009です。Twitter登録している方は、ぜひご参加ください。出展者・来場者を問わず、Twitterで「こしがや産業フェスタ」を盛り上げましょう!

続きを読む "「こしがや産業フェスタ2009」の会場からライブ中継します"

投稿者 もりた : 22:11 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月17日

明日18日(水)16:00から18:00Twitterメンテナンス

 「Twitterは11/18(水)16:00-18:00の間、メンテナンスを行ないます。」
 
 Twitterの画面にこんな表示が。利用者が増え続けている状況で、運営者はメンテナンスのタイミングが難しいでしょうね。

投稿者 もりた : 18:13 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月16日

USTREAMによるライブ中継テストあれこれ

 昨日の夕方からUSTREAMについて調べ始めました。「事業仕分け」でそらのさん(@ksorano)たちがやってくれたライブ中継で、USTREAMを知ってから気になり始め、今月末に迫った「こしがや産業フェスタ2009」に何とか使えないかと考えたためです。
 
 英文を理解できるかどうか心配しましたが、翻訳サイトの力を借りてなんとか1時間弱で、実際に映像をライブ配信することが出来ました。テスト配信は部屋の中で行い、自分の顔やパソコンの画面を映すことぐらいしか出来ませんでしたので、ビデオは何も残してありません(テストの時だけオンエアーしますが、テストが終わったらこのShowは削除します。「こしがや産業フェスタ2009」用には、別に新たなShowを作成する予定です)。
 
  mmorita3 TEST for Logitech web_camera on USTREAM
 
 
 Twitterとの連携(Social Stream)の確認も行い、文章入力欄に「Hey #ksf2009 」という"入力促進文字列"(何と呼べばいいか?)もちゃんと出せました。
 
 
 こんなに簡単に出来たのは、私が特別なわけではなく、USTREAMのGet Started(始めてください)というページがあったからです。開始ステップがシンプルなせいでもあるとは思いますが。
 
 
[1] 必要なもの
 
 必要なものはパソコンの他には、ビデオカメラ(Webカメラ)とインターネット接続回線(屋外ならば無線)、そしてサインアップだけです。
 
 
1.カメラ
 
 当初、私には、いつも使っているXacti(ビデオカメラ)が念頭にありました。しかし、説明図でLogitech社のWebカメラをレコメンドしているのを見て、XactiにWebカメラ機能があるのかどうか疑問が湧いてきてしまいました。
 
 Webカメラならパソコン教室で使っていたものがあるハズと探してみたところ、やはり出てきました。Logicool(Logitech?両社の違いがわかりません)のQcam Pro 4000でした。検索して仕様を調べてみると130万画素あり、Xactiほどではありませんが、まあまあではないかと思います。

続きを読む "USTREAMによるライブ中継テストあれこれ"

投稿者 もりた : 03:38 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月13日

「事業仕分け」に「香美コンサート」、USTREAM大活躍!

 なんかスゴいことになって来ました。コンサートをライブ映像配信&Twitter中継しちゃってます。今週水曜日に始まった行政刷新会議の「事業仕分けWG」で、インターネットによる現場映像のライブ中継とTwitter中継が俄然注目を浴びましたが、当初私は誤解していました。
 
 
 視聴者は、映像とTwitter別々のウィンドウで見るものと思っていたのです。映像の方は、行政刷新会議ホームページからリンクされているライブ中継のURLWindows Media Player形式のストリーミング配信)にアクセスして視聴し、別ウィンドウ(ブラウザの別タブ)でTwitterのTL(タイムライン)を追うものと思っていました。
 
 その後すぐに、そらのさん(@ksorano)がやっているPTF Live Subcam on USTREAM第3WG)や、どなたか存じませんがやってくださってるKhaos_Worl don USTREAM第2WG)の画面を見て、こちらの方がずっと使い勝手がいいと判りました。1つの画面の中にライブ映像とTwitterのTLが(同居して)表示されているのです。
行政史上初となった「事業仕分け」WGライブ中継。インターネットを介して、自宅のパソコン画面にライブ映像の視聴とTwitterによるコミュニケーションが可能となった(USTREAM使用。カメラ操作はそらのさん(@ksorano)
そらのさん(@ksorano)が担当された第3WGのライブ中継画面。画面左側にライブ映像、画面右側でチャットや、Twitterなどソーシャルメディアにアクセス出来る。後段で述べるUSTREAMの「Social Stream」機能で実現された。
 
 今日になって、今回の事業仕分けのように、ある話題に共通のハッシュタグを用いて、Twitterを掲示板のように利用できないかと思い始めました。というのも、今月末に開催される「こしがや産業フェスタ2009」の当日、会場内の様子や、見たり体験したことについて、出展者・来場者がおしゃべりをする場をTwitterで実現できないかなと考えていたからです。
 
 そういうTwitterクライアントサービスはないかと考えた(本家Twitterの検索機能でも良いのですが、「検索してから○○件が見つかりました」という表示に対して、クリックしないとTLの表示が自動的には更新されません)結果、事業仕分けでそらのさん達が使っているUSTREAMでいいんじゃないかなというところまで、ようやくたどり着きました。「こしがや産業フェスタ」ではTwitterだけで、映像配信までは、元々考えていなかったのですが、どうしようかこれから思案です。

続きを読む "「事業仕分け」に「香美コンサート」、USTREAM大活躍!"

投稿者 もりた : 22:05 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月12日

「2009年11月11日」歴史に残るエキサイティングな一日でした(「事業仕分け」初日)

 何度も書いていますが、今日(日付変わって昨日)2009年11月11日、来年度の国家予算編成の前段階として、官僚(国家公務員)以外が入った「事業仕分け」作業が、私の知る限り日本の歴史上初めて始まりました。約3,000項目あるといわれている(これ自体、誰がどのような基準で項目分けしたか、知らないのですが)国の事業のうち、447事業、類似の事業をまとめ216項目を事業仕分けの対象としています(11月9日に決まった)。
 
 3,000項目から447事業への絞込み自体、かなりの作業量と思われますが、短期間かつ少人数でやり遂げた民主党の議員さんの苦労に敬意を表したいと思います。中心となって担当されたお一人である蓮舫さん(@renho_sha)のTwitterへの投稿(Tweet)を毎日チェックしていますが、その大変さがよく判ります。
 
 
 これまた、Twitterとブログに何度も書きましたが、予算配分という国の最も重要な意思決定に対して最初(一次的)の当事者であるハズの国民(またはその代表)が始めて発言(参加)した、本来の民主主義に向かって一歩前に踏み出したという意義は大きいものがあります。
 
 
 また、それ(国民の意思を国の最重要課題である予算編成作業に反映すること)を担保するための方策として、情報公開、しかも超リアルタイムの手段を採ったことも、非常に意義のある選択でした。その手段とは昨夜以来何度も申して来ているように、カメラ撮影による会議場内のライブ中継と、Twitterによる会場内外を結ぶ意見のやり取りの2つです。
 
 私が最も驚いたのは、この2つを同時に実行に移した行政刷新会議と仕分けチームの決断力と実行力です。
 
 
 「事業仕分け」初日のライブ映像を見れなかった方は、Twitterのタイムラインだけでも、読んでみるとよいと思います。ただし膨大な量ですが。その際、タグで検索(Twitterホーム画面右サイドバーの検索窓に入力)すると良いと思います。
補足: 事業仕分けのハッシュタグは、WGが3つに分かれていることもあって #shiwake1 #shiwake2 #shiwake3 の3つあります。3つのタグのうち1つ、あるいは3つ全部、どのタグを入力するか目的にあわせて検索するとよいと思います。
 
 
 タイムラインは、決して大げさではなく、貴重な発言のオンパレードでした。どなたかのツイートにありましたが、今日のこの会議の結果が最終的な政府案に反映、あるいは無視されるか、次に国会審議でどういう突っ込みがあるか、その是非を私たち国民の立場で判断する時に、この議論の記録が大事になると(@shinichiN さんのツイートです)。みなさん、今日の結果が最終的に無視されることを懸念していらっしゃるようです。
 
 参考までに私のツイートを掲載します。間接的に他の人の鋭い発言も見え隠れしていると思いますので。

続きを読む "「2009年11月11日」歴史に残るエキサイティングな一日でした(「事業仕分け」初日)"

投稿者 もりた : 03:03 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月11日

「事業仕分けWG」ライブ映像とTwitter中継は、USTREAMの方で

 深夜アップした行政刷新会議による「事業仕分け」WGのリアルタイム情報公開ですが、ライブ映像とTwitterを利用した中継の効果は、予想以上に抜群です。先日たくさんのフォロワーを集めた日本シリーズの応援合戦(#ns2009tweetplanet)に負けないかという心配は、杞憂に終わりました。
 
 ところで、ライブ映像の視聴には、刷新会議のページからリンクされているWindows Media Player向けのサイトよりも、ksoranoさんUSTREAMによる中継の方が遥かにいいのでお知らせします。(時々映像がダウンしますが)同一画面で映像とTweetが見られますし、カメラも高解像度で撮影していてハッキリ見えます。Google Chromeでも大丈夫ですし。
 
 
以上、お知らせまで。

続きを読む "「事業仕分けWG」ライブ映像とTwitter中継は、USTREAMの方で"

投稿者 もりた : 16:22 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

今日からの行政刷新会議「事業仕分け」をライブ中継、Twitterで中継も!

 このエントリーを投稿するにあたり、カテゴリーを「日記」にしようとしましたが、ちょっと考えて「インターネット」に変えました。本業であるIT関連以外、政治関係も含めていつもは「日記」に分類しているのですが、今回は堂々と「インターネット」関連でいいのではないかと考えたわけです。
 
 前置きが長くなりましたが、政府が来年度予算案策定(予算編成)の前段階として、概算要求の総額95兆円からの削減を目指して、歳出の見直し、いわゆる「事業仕分け」を進めようとしていることは、連日の報道で周知のことと思います。
 
 開始まで紆余曲折はあったものの、いよいよ今日から行政刷新会議による「事業仕分け」の実作業ともいうべき、ワーキンググループの活動が本格的にスタートするようです。仙谷由人大臣らが事前に公言していた通り、「事業仕分け」作業の過程は出来るだけオープンにするようです。
 
 
 Twitterの画面を見ていて、昨日の夕方から、その辺の「あわただしい」動きが伝わってきました。象徴的なのは、会議の模様をインターネットでライブ中継することです。さらにTwitterでもリアルタイムに中継するそうです!
 
  行政刷新会議ホームページ
 
 
 驚きました!こんな時代が来るとは思ってもいませんでした!国の予算編成に直接関係する(作業としての)会議を、映像とTwitterでリアルタイムに情報公開するとは!こんなに驚いたのは、主に2つの理由からです。1つは本来の民主主義に近づく政治手法が、民主党中心の連立政権によって着実に実践され始めたという感慨。もう1つは、インターネットはもちろん、ブレークし始めたばかりのTwitterを、その(情報公開の)ための道具として採用したセンス、よい意味での腰の軽さに対してです。
 
 
 従来、予算編成の過程はオープンにされることはなく、各省庁の一職員に過ぎない公務員によって実質的に決められていました。大雑把に分類しても約3000項目あるといわれる国の予算項目、前年に比べて今年はどの項目は減らし、どの項目を増やすのかという、国民生活にとって、つまり国にとって最重要事項を主権者である国民、あるいは国民の代表である国会議員が関与することなく決まっていました。毎年、年明けから始まる通常国会に提出される政府予算案の審議は実質的には、形式的と言わざるを得ませんでした。それが今日まさに変わろうとしている、そのことへの驚きです!
 
 
 もう1つの、インターネットによるライブ中継やTwitterの利用を決めたことについてですが、蓮舫さん民主党所属の参議院議員。Twitterのお陰で政治家の先生が身近に感じ、つい"さん"付けで呼んでしまいます)の影響が大きかったのではないかと思います(内情は存じ上げませんが)。既にTwitterを利用し、その有効性をよく理解していたからこそ、今回の情報公開の手段として迷うことなく選択されたのではないかと思います。
 
 少し心配なことは、上記行政刷新会議のサイトが見慣れないドメイン(http://ow.ly/AYot)になっていることです。.lyはリビアの国ドメインの様です。時間が無い中で情報公開を急いだためかなと想像しますが、問題ないことを祈ります。
補足: 該ページはフレーム構造になっていて、Twitterへの投稿入り口やShare(各種ソーシャルブックマークを使っての共有)等が並んでいるヘッダーの部分を設けるために全体のURLが"http://ow.ly/AYot"になっているようです。下部の行政刷新会議のページ部分(http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/live.html)は、内閣府のドメイン内にあるようです。
補足2: ow.lybit.lyなどと同じURL短縮サービスの1つのようです。Twitterにツイートする時に長いURLを自動的に短くしてくれるサービスです。私自身bit.lyを何度も目にしていました(例:このエントリーの短縮URLはhttp://bit.ly/3Ac4qKです)が、そういえばbit.lyもリビア国ドメインだったのですね。

 
 
 先ほどの行政刷新会議のページを見てわかるように、画面上部にTwitterへの投稿の入り口が設けてあるようです。「事業仕分け」作業は3つのワーキンググループ(WG)に分かれて行われるようです。ライブ中継も3つに分けられています。
 
 それに合わせて、Twitterの共通タグ(ハッシュタグ)も、それぞれ #shiwake1#shiwake2#shiwake3 の3つ用意されています。会議の場からの中継のTL(タイムライン)を見ながら、みんなで"つぶやき"を返しましょう。

続きを読む "今日からの行政刷新会議「事業仕分け」をライブ中継、Twitterで中継も!"

投稿者 もりた : 01:37 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月10日

Twitterで「こしがや産業フェスタ2009」を盛り上げよう!

 恒例の「こしがや産業フェスタ2009」開催まで、2週間余りに迫ってきました。毎年何をやろうかと考えるのですが、今年は「Windows 7」と「Twitter」の体験コーナーにしようかなと思います。ブログも普及し、IPテレビも言葉こそ浸透していませんが、実質的に販売されているテレビのほとんどが標準でIPTV仕様になっています。放っておいても徐々に普及していくでしょう。
 
 Twitter体験コーナーですが、出展者・来場者を問わず、産業フェスタについてTwitterでつぶやいた”つぶやき"を、私どものブースに設置したパソコンの画面(またはプロジェクタのスクリーン)にリアルタイム表示しようかなと思っています。そこで、「こしがや産業フェスタ2009」用の共通タグとして「#ksf2009」を使用してもらうよう、提案したいと思います。
 
 
 以下のご提案を、mixiのコミュニティ「めっちゃ、越谷!」のトピック「宣伝用。」に掲載しました。また、越谷タウン情報サイト「越谷っ子」私どものページにも掲示しようと思います。
 
 ご提案内容については、下記の"続きを読む"をクリックしてください。

続きを読む "Twitterで「こしがや産業フェスタ2009」を盛り上げよう!"

投稿者 もりた : 02:40 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年11月09日

「TwitterとTumblr」、Twitterブームの陰に隠れて

 遅ればせながら私自身もTwitterを始めたのでお話しするわけではありませんが、Twitterに続いて、というよりもTwitterとともに使って便利なサービスがTumblrではないかと思っています。Twitterブームの陰に隠れた感がありますが、Twitterユーザーのうちの何割かの人にとっては、便利というよりも、必須のツールかも知れません。
 
 といいながら、これまた私自身は未だTumblrを使ったことが無いのですが。パソコンサポートという一応、IT関連といっていい仕事を生業としていながら、自分でもかなり保守的だと思っています。iPhoneも(iPod touchもAndroidケータイも)使っていませんし。
 
 では何故「TwitterとTumblr」という大胆なタイトルのエントリーを書こうと思ったのか?毎朝の日課であるブログチェックをしていて、注目記事を他の人にも教えたいと思った時、他に手段が無かったので、Twitterでつぶやくことにしたのです(下記の2件続けてツイートしました)。

Powered by twtr2src.

続きを読む "「TwitterとTumblr」、Twitterブームの陰に隠れて"

投稿者 もりた : 13:24 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年10月26日

ケンコーコムさん、海外から日本向けに一般医薬品のネット販売開始

 この6月からの改正薬事法の施行で、第1類および第2類の一般医薬品のネット販売が規制された、国内医薬品ECサイト大手のケンコーコムさんが、シンガポールに子会社を設立し、日本国内および海外在留日本人向けのECサイト「Kenko.com Singapore」の運営を始めたとのことです。
 
  ケンコーコム、シンガポールに子会社--日本向けに一般用医薬品のネット販売を開始(CNET Japan)
 
 
 今回のケンコーコムさんが開始するECサイト(ケンコーコムシンガポール)からの購入は、個人輸入に該当し、自己責任で購入することになります。購入した医薬品によって副作用が発生した場合でも、日本国内の救済制度の適用を受けられない恐れがあるとのことです。
 
 改正薬事法による医薬品ネット販売規制が強化されたことにより、離島の住民や健常者でない人々が日常的な生活行動の一つである「医薬品(第1類)の購入」という行為の度に大幅な不利益を蒙っています。規制緩和で販売を許されるようになったスーパーやコンビニなどの店頭で医薬品に対する注意事項が毎回きちんと説明されているかなど、販売実態の調査が必要と思われます。その上で出来るだけ早期に見直しをすることが重要ではないかと思います。

続きを読む "ケンコーコムさん、海外から日本向けに一般医薬品のネット販売開始"

投稿者 もりた : 23:54 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年10月21日

「吉田拓郎のオールナイトニッポン・ゴールド」を聴きながらTwitterでつぶやいてみた

 未だ使い方はよくわかっていませんが、ラジオ(ニッポン放送)の「吉田拓郎のオールナイトニッポン・ゴールド」の実況中継みたいなことを、やってみました。ラジオを聴きながらキーボードを打つのが大変でしたが、中島みゆきさんの3年前のつま恋の裏話や、Have a Nice DAY 2009ツアーでのコーラスの間違いの話など、番組自体はとても面白い内容でした。
 
  http://twitter.com/mmorita3
 
 
 この番組に先立って、吉田拓郎さんが加藤和彦さんについて語ったことは、とても興味深い話でした。お二人にそんな関係があったことは、知りませんでした。1歳違いの二人なのですね。ともに行動した時間は少なかった様ですが、常に互いの動静を気にかけていた様に感じました。
 
 
 ケータイからも1件投稿してみました。ケータイは、twitter.commovatwitterと両方を試してみましたが、今のところtwitter.com(本家)の方が私には合っている(フォローしている人数、フォロワーの人数、投稿数などが最新状態に更新されている)ような気がするので、そちらを主に使ってます。
 
 つぶいやいたこと(タイムライン)を、ソース(HTMLやテキスト)化できるtwtr2srcという便利なツールがあるんですね。勝間和代さんのブログを見て知りました。

続きを読む "「吉田拓郎のオールナイトニッポン・ゴールド」を聴きながらTwitterでつぶやいてみた"

投稿者 もりた : 01:15 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年10月20日

Twitterにようやく登録(参加)しました

 今年の春先から急激に参加者が増え始めているTwitter、スロースターターの私もようやく登録しました。

 未だ使い方がわからないので、上手くコミュニケーションが出来ませんが、おいおい勉強しながら慣れていきたいと思います。とりあえず、自分が見たいテレビやラジオ番組をつぶやいたり、さっそく「吉田拓郎が語る加藤和彦」(ニッポン放送)の中継のマネなどしてみました。
 
  森田 三男 (mmorita3) on Twitter

続きを読む "Twitterにようやく登録(参加)しました"

投稿者 もりた : 21:48 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年10月09日

Winny裁判でNHKが弁護側に謝罪

 昨日、大阪高裁においてWinny開発者に対する無罪判決がなされた裁判に関して、NHKが弁護側にお詫びしたと、J-CASTが報じています。
 
  ウィニー裁判で記者が「弁護妨害」 NHKが弁護団に謝罪(J-CAST - Infoseek ニュース)
 
 
 被告人弁護団事務局長を務める方が、事の顛末を自身のブログに書いていたとのことです。それによると、1審(京都地裁)の有罪判決の後、NHK京都支局の記者から手紙が来て、インタビューの申し込みがあったとのこと。手紙の中でNHKの記者は、インタビューに応じれば世間の理解が得られ、執行猶予になるのは間違いない、逆に無罪を主張し続けると実刑になる可能性を否定できないと述べているとのことです(事務局長氏のブログによる)。
 
  ブログとメディアと(Attorney-at-law)
 
 
 J-CASTの記事によれば、この件に関してNHK広報局では、この手紙の存在を認めた上で、弁護活動などに触れた部分は取材活動として不適切だった、弁護団にはNHKとして既にお詫びしたとしているとのことです。

続きを読む "Winny裁判でNHKが弁護側に謝罪"

投稿者 もりた : 04:24 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年07月08日

同じ日に大きな発表が2つも!Google Chrome OSとMovable Type 5

 今日はインターネット関連の大きな発表が2つありました。1つはGoogle Chrome OS、もう1つはMovable Type 5です。
 
  Google Chrome OS のご紹介(Google Japan Blog)
 
  ・ウェブサイト管理の新標準、「Movable Type 5 」を発表しました(Six Apart)

続きを読む "同じ日に大きな発表が2つも!Google Chrome OSとMovable Type 5"

投稿者 もりた : 22:13 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年06月23日

業界関係者から一般ユーザーへ普及しつつあるTwitter

 イランで、大統領選挙の結果に抗議する市民のデモ隊と、治安部隊による衝突に収束のきざしが見えて来ません。この混乱の中、Twitterが市民側の活動に大きく貢献しているというニュースが、ここ数日報じられています。
 
  Twitterなどで加熱するイラン抗議行動、米国の民主化戦略との関係も(INTERNET Watch)
 
 
 Twitterがサービスを始めたのは約3年前で、日本でも専門家(インターネット業界関係者)を中心に約2年前から浸透し始めたと聞きます。私自身がTwitterの名を知ったのもその頃です。
 
  ビデオジャーナリスト・神田敏晶氏のお話を聞いてきました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 IT、特にWebサービス関連のセミナー等で、講演者が壇上で汗をかきながら熱弁をふるっているのをよそ目に、客席では聴講者がTwitterを使って、講演内容の評価を互いに交換し合うという姿が見られたものです。名付けて「セミッター」、そんなことが2年前既に流行っていました。
 
  Mova Twitterのセミナー共有機能「セミッター」で新体験!(ネットPRのニューズ・ツー・ユー社長のブログ)
 
 
 ノートPCからだけではなく、携帯電話からもTwitterによるディスカッションに参加出来ていました。当時、それがどれほどすごいことか理解していませんでしたが、本家のTwitterは未だ携帯電話に対応していなかったのだと思います。
 
 ところが日本では携帯を使って、ディスカッションしている。そのために「twitter」の携帯版クライアントである「Mova Twitter」を開発したのがpaperboy&co.の藤川真一氏です。
 
  時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "業界関係者から一般ユーザーへ普及しつつあるTwitter"

投稿者 もりた : 19:09 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年04月09日

テレビ版Yahoo! JAPANサービス開始-CNET Japanニュースから

 4月6日(月)、Yahoo! JAPANは、テレビ版Yahoo! JAPANサービス(http://dtv.yahoo.co.jp/)を開始したと発表しました。
 
  新サービス「テレビ版Yahoo! JAPAN」の提供を開始(Yahoo! JAPAN - プレスリリース)
 
  ・テレビ版Yahoo! JAPANサービス始動--Yahoo! 検索などテレビ向けに(CNET Japan)
 
  ・フォトレポート:テレビでYahoo! 写真で見る「テレビ版Yahoo! JAPAN」(CNET Japan)

 
 
 非パソコンデバイスでインターネット回線上を流れる動画を見せる試みは、古くからありますが、これは、テレビでWeb検索、Webページ閲覧、地図、天気、乗り換えなど、生活の道具として利用しましょうという提案です。実際、同社のプレスリリース・サブタイトルにも、「テレビでも、「Yahoo!検索」などYahoo! JAPANのサービスをつかって、本格的なインターネットを楽しめる」とあります。
 
 このニュースの意義を、サービス面と技術的な観点から見た場合、それぞれ1つずつ挙げてみたいと思います。
 
 
● サービスとしての意義
 
 Yahoo!検索、Yahoo! JAPANのサービスといったWebの利用方法は、パソコンでインターネットを利用している人にとっては、最早当たり前のことばかりです。しかし、多くの年配者をはじめ、これまであまりインターネットを利用して来なかった人々にとっては、新たなチャネルになり得ます。最近このような試みが、よく見られます。Wiiインターネットチャンネルは、WiiリモコンによるWeb閲覧を可能とします。
 
 au BOXは一般には、自分の部屋にパソコンを持たない若者をターゲットとしたサービスと思われていますが、Webページの検索・閲覧の容易性など、意外に年配者向きであると評価しています。au BOXは、文字の入力方法が携帯電話とほぼ同じため、普段から携帯電話による文字入力を行なっているお年寄りとも親和性が高いのです。

続きを読む "テレビ版Yahoo! JAPANサービス開始-CNET Japanニュースから"

投稿者 もりた : 15:09 | インターネット , デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年04月08日

Yahoo!動画とGyaoが統合-CNET Japanニュースから

 既にニュースが配信されて1日経ちましたが、Yahoo!動画とGyaoの統合のニュースには驚きました。
 
  Yahoo!動画とGyaOが今秋統合--ヤフーがGyaO株式の51%取得(CNET Japan)
 
 
 Yahoo!動画、Gyaoのスタートから、それぞれ6年、4年、インターネット回線を経由した動画配信サービスを引っ張ってきた両サービスが統合されることに、時代の流れを感じます。その後、始まったYouTube、ニコニコ動画といった動画投稿・共有サービスの普及・浸透だけでなく、テレビからWEB上のコンテンツにアクセスする人口の増加というトレンドに対応した行動と見ています。
 
 今までのように先進的ユーザーだけがネット動画を見ていた時代が終わり、今後は、Web上のコンテンツにアクセスするユーザー層の爆発的な拡大を予感します!

続きを読む "Yahoo!動画とGyaoが統合-CNET Japanニュースから"

投稿者 もりた : 17:48 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年04月02日

「新社会人セキュリティマナー講座」トレンドマイクロが提供

 新年度がスタートし、テレビ各局は大手企業の入社式の様子や、新入社員へのインタビューなどを伝えています。そんなタイミングで、トレンドマイクロが、インターネットセキュリティに関する総合情報サイト「インターネット・セキュリティ・ナレッジ」の中に、「新社会人応援コーナー」を開設したというニュースがCNET Japanで報じられています。
 
  新社会人向けセキュリティコンテンツ、トレンドマイクロが提供(CNET Japan)

続きを読む "「新社会人セキュリティマナー講座」トレンドマイクロが提供"

投稿者 もりた : 13:14 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年03月08日

新聞の信頼度は高い??

 電車で移動の時は、携帯電話でブログやニュースを読むのが習慣と化して久しい私ですが、昨日のニュースで気になったのがこれ
 
  ◎信頼度、NHKと新聞70点超=ネット58点、雑誌上回る-メディア調査(livedoorニュース - 時事通信社)
 
 
 「えっホント???」って感じです。特に、相変わらず「わかった」記事(情報源を明記しない記事。注1)を連発している新聞。NHKと並んで信頼度が高いのが信じられません。
注1: フリージャーナリスト 上杉隆氏の著書「ジャーナリズム崩壊」によって知りました。以来、新聞記事中の「わかった」に自然と目が行くようになりました。
 
 また、中川前大臣の泥酔会見の際、大臣の異常な様子にもかかわらず、一人の記者も、そのことを指摘する質問を(例えば「大臣どうかされたのですか?」と)しなかったことは、記憶に新しいところです。権力に優しい習性が身についてしまっているのですね。

続きを読む "新聞の信頼度は高い??"

投稿者 もりた : 01:30 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年02月20日

「NTT R&Dフォーラム 2009」

 2日続けてIT関連のセミナー、展示会に参加、その2日目は、「NTT R&Dフォーラム 2009」を見てきました。AMN(アジャイルメディア・ネットワーク)さんがブロガーミーティングとして企画した、「gooラボ ネットの未来プロジェクト」NTT R&Dフォーラム ブロガーツアーに参加させていただいたのです。
 
 会場は、三鷹(住所は武蔵野市)にあるNTT武蔵野研究開発センターです。ここに来るのは初めてですし、中に入るのも勿論初めてです。横須賀にあるNTT研究所には、ソフトウェア会社時代に何回も(おそらく20~30回位)行きました。京急・野比駅からタクシーに乗り、研究所構内に入って急回転のカーブを曲がる時、いつも気持ちが悪くなったことを憶えています。

続きを読む "「NTT R&Dフォーラム 2009」"

投稿者 もりた : 02:39 | インターネット , ブログ , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年02月07日

ADSLの速度が異常に遅いのでイー・モバイル端末で接続

 気分転換にYouTubeで動画を見ようとしたら、音声が途切れ途切れで聞ける状態ではありません。それならばとiTunesを起動すると、ポッドキャストのダウンロードが始まったのでそのまま待ちましたが、なかなか進みません。
 
 インターネットエクスプローラ(IE6)を起動し(ブラウザはいつもGoogle Chromeを使っているのですが、Google Chromeで測定するとキャッシュが効いているためか2回目以降の測定値が異常に速いので、速度計測の際はIEを使用しています)、speed testで速度を測ってみると、26kbpsしかありません。2桁、少なくとも1桁は小さい値です。
 
 
 昨年11月にそれまで使用していたイー・モバイルの契約(D01HW「いちねん」)が1年経過するのに合わせて、D02HWで新規契約し直しました。これで3.6bpsから7.2Mbpsに速度がアップ(あくまで仕様上の話ですが)し、さらにセットのADSLサービスにて自宅のデスクトップパソコンからインタネットに接続しているというのが現状です。ということで、上記の測定値はー・モバイルのセットサービスのADSL接続によるものです(いつもは1Mbps弱程度はあると思っていたのですが、どうしたことやら)。

続きを読む "ADSLの速度が異常に遅いのでイー・モバイル端末で接続"

投稿者 もりた : 18:25 | インターネット , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年01月17日

今夜の「アド街ック天国」は越谷

 以前から越谷っ子坂本さんのブログ等で知っていたのですが、今夜のテレビ東京「出没!アド街ック天国」のスポットは越谷です。
 
  アド街ック天国 越谷(越谷っ子さかもとるみ日記)
  ・勝手に越谷BEST30(越谷っ子さかもとるみ日記)
  ・越谷タウン情報サイト 越谷っ子 「今月の越谷」

続きを読む "今夜の「アド街ック天国」は越谷"

投稿者 もりた : 19:20 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2009年01月16日

明日17日(土)、医薬品ネット販売継続を求める緊急会議

 ブログの更新が滞ってしまい、読者のみなさんには申し訳ございませんでした。いろいろございまして(大したことではございません)、10日以上も空けてしまいました。その件に関しては、おいおいご報告していきたいと思います。
 
 さて、本年6月1日に予定される薬事法改正施行によって、一般医薬品(医薬品 第1類および第2類が対象)のインターネットによる販売が禁止される件に関して、楽天からメールが届きました。明日17日土曜日、東京・大手町サンケイプラザ3階にて、「一般用医薬品の通信販売継続及び安全な販売環境の整備を求める緊急会議(仮)」が開催されるとのことです。さっそく参加の申し込みをしたところです。
 
 
 この件に関しては、賛否両論があります。複数のネットショップから睡眠薬()を大量に購入した息子さんを自殺で亡くされたお父様が、販売禁止賛成の立場で意見を述べられているのをテレビで観ました。このお父さんにはどんな理由を挙げても、販売継続を説得することは出来ないでしょう。
 
 一方、楽天が集めたネット署名に寄せられた、販売継続を求めるたくさんのコメントの一部が、上記のメールに掲載されていました。多くが離島に住む方からのもので、「島に薬局が一軒しかなく、テレビCMの薬が欲しくても売り切れの時があり、ネットで購入できなくなると大変不便になります。医薬品のネット販売の継続をお願いします。」などの声が寄せられていました。
 
 私のように、1kmも行けば近くに何軒も薬局がある所に住んでいる者にとっては、仮にネット販売が禁止されても、上記の方々に比べればほとんど影響は無いといってもよいかもしれません。しかし、私と同じようにこの辺りに住んでいる人の中にも、介護や子育てなどで、少しでも時間が惜しい人にとっては、離島の方々と同じく、現実に直面する問題なのかと思います。

続きを読む "明日17日(土)、医薬品ネット販売継続を求める緊急会議"

投稿者 もりた : 13:24 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年12月10日

NHKオンデマンド、開始1週間で会員8000人

 12月1日に始まったNHKオンデマンド、開始1週間で8,000人が会員登録したそうです。
 
  NHKオンデマンド、開始1週間で8000人会員、動画再生回数は7万5000回に(CNET Japan)
 
 動画再生回数は75,000回、1人あたり約10回です。会員登録数8,000人は、思っていたよりも少ない感じがします。“サイトへの訪問者数は累計20万人にのぼる”(上記CNET Japanの記事より引用)ということですから、アクセスした人のうち4%が会員登録したことになり、これはかなり高い比率のように思います。
 
 しかし、このサービスの真の意義、本当に利用してもらってその価値を知ってもらう甲斐があるのは、自由にインターネットにアクセスできず過去の映像コンテンツも観ることができなかった人々、主に年配者の層のように思います。

続きを読む "NHKオンデマンド、開始1週間で会員8000人"

投稿者 もりた : 18:18 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年12月06日

薬事法改正によりネットで薬が変えなくなる件

 新聞やテレビの報道により既にご存知の方も多いと思いますが、厚生労働省が提示した薬事法の一部を改正する法案により、インターネットで薬を買えなくなる可能性が出てきました。医薬品の3つの分類のうち、第1類と第2類に該当するものがインターネットで販売できなくなるというものです。
 
 この件に関して、医薬品のネット販売を継続できるよう法案の見直しを求める意見を、様々な方がブログに書かれたり、ネットメディアでも報じられています。
  
  消費者保護を規制のお題目に使うな(らむね的通販生活)
  ・薬事法改正について、ひとこと。(ネットPRのニューズ・ツー・ユー社長のブログ : minako's blog)
  ・ケンコーコム、「薬事法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令案」及び 「薬事法施行令等の一部を改正する政令案」について、パブリックコメントを提出(CNET Japan)
  ・ネットで薬が買えなくなる(らむね的通販生活)

 
 私もインターネットでの医薬品販売の継続を求める立場です。

続きを読む "薬事法改正によりネットで薬が変えなくなる件"

投稿者 もりた : 09:09 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年12月01日

NHKオンデマンド サービス開始の意義

 12月1日、本日NHKオンデマンドサービスがスタートしました。さきほど視聴を体験するために、どの番組を選択しようか一覧を見ていて感じたのですが、本当の意味でのビデオオンデマンドサービスが日本で始まったと思います。
 
 インターネット黎明期に、インターネットの利用例の一つとして雑誌などでさかんに取り上げられた「ビデオオンデマンド」。これまでもBBTVなどインターネットキャリアによるテレビサービス、Yahoo!動画、GyaoなどPC向けサービスで、「ビデオオンデマンド」は一応実現されています。しかし、ユーザーの多くはパソコンでインターネットを見る層に限られています。
 
 今回NHKがサービス開始したことにより、パソコンでインターネットを見る習慣にはないユーザー層が、「ビデオオンデマンド」の楽しさ・うれしさを実感する途が開けたことに大きな意義があると思っています。

続きを読む "NHKオンデマンド サービス開始の意義"

投稿者 もりた : 17:34 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

NHKオンデマンド、いよいよ始まりました!

 かねてから予定されていたNHKオンデマンドが、今日12月1日からいよいよ始まりました。さっそく登録して視聴してみました。
 
 以前から、NHKオンデマンドが始まったら見たいと思っていたのは、連続テレビ小説「おはなはん」、高橋尚子さんが出演した時の「トップランナー」、大河テレビ「竜馬が行く」などです。残念ながら、いずれも視聴可能番組一覧には未だ掲載されていませんでした。
 
 替りにと言っては何ですが「ドキュメント スポーツ大陸」に「熱闘 オグシオ」がありましたので、購入して観てみました。
 
 先ずはパソコンで視聴。ビットレートが768kbpsと1.5Mbpsの2種類のストリーミングが用意されていました。初めに1.5Mbpsを選択して見てみると、時々“ぎくしゃく"した動きになりますので、768kbpsで見ることにしました。仕事があるので最初の4~5分見たところで中断しましたが、購入後3日間(ジャスト3日間)見ることが出来ますので、夜じっくり見たいと思います。

続きを読む "NHKオンデマンド、いよいよ始まりました!"

投稿者 もりた : 15:54 | インターネット , デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年11月14日

NHKオンデマンドの利用料金が決まったそうです

 12月1日からサービス開始されるNHKオンデマンドの利用料金が決まったそうです。
 
  NHKオンデマンドの利用料金が決まりました(NHKオンデマンドブログ)
 
 
 事前に噂されていた1ヶ月1,500円程度の定額制のみではなく、1本ずつの単品購入もあるようです。NHKオンデマンドの利用方法等については、下記のページに掲載されています。
 
  NHKオンデマンド(NHKオンライン)
 
 
 このNHKオンデマンド・サービスはIPTV(IPテレビ)と非常に近い関係にあり、私自身はIPTVの具体的なサービス形態の1つと認識しています。NHKオンデマンドの技術的な背景や、サービス化に至るこれまでの経緯については、関連情報をご覧ください。

続きを読む "NHKオンデマンドの利用料金が決まったそうです"

投稿者 もりた : 13:04 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年11月11日

NHKスペシャル「デジタルネイティブ」の再放送

 昨夜10時からNHK総合テレビで、NHKスペシャル「デジタルネイティブ~次代を変える若者たち~」という番組が放送されました。突発的な出来事の連続(たしか福田前首相の辞任会見もその1つ)により延び延びになっていたのが、ようやく放送されたのだったと思います。
 
 昨夜はついうっかりしていて、途中(10時20分頃)から後半の約30分のみ観ました。ちょうど株式会社はてなの紹介のあたりから、マイクロソフトやグーグルを退社して少人数のベンチャー企業に転職するアメリカの若者、仕事の傍らエイズ撲滅の運動をしているウガンダの青年や世界エイズ大会などを紹介していました。
 
 技術的な視点から見た場合、決して目新しい内容ではないと思います。特に小さい時からネットに親しんでいる「デジタルネイティブ」や、ネット関連ビジネスに従事している方にとっては。NHK総合テレビでこのような内容が取り上げられることは、ある技術が専門家から一般の方へ浸透し始めたことを示す“サイン”(ある特定のテクノロジーが臨界点に達したか否かを知るための指標)のように思っています。
 
 
 とは言うものの、内容のすべてを知りたいので、明日(12日深夜)の再放送をもう一度観てみたいと思います。
 
  NHKスペシャル 再放送予定
     2008年11月13日(木)  午前0時55分~1時44分 (12日深夜) NHK総合

続きを読む "NHKスペシャル「デジタルネイティブ」の再放送"

投稿者 もりた : 13:41 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年11月01日

SEOに関する話題、「調査検索」と「目的検索」

 SEOに関して興味深い話がCNET Japanに掲載されていました。イー・エージェンシーのアイトラッキングシステムを使用して調べた結果のようです。
 
  ・「SEOで検索順位1位」はどこまで重要か--ユーザーの検索行動を分析する(CNET Japan)

投稿者 もりた : 00:53 | インターネット , ブログ | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年10月26日

「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」の衝撃(3)-パソコンを持たない若年層向けに

 株式会社トリプレットゲートの「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル」(注:以下「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」と略記します)に関するエントリー、最後は想定される利用シーンについて、簡単に触れたいと思います。
 
 
● 非・ネット接続環境での利用がメインか
 
 この製品が使われる場所を想像してみた時に、最初に浮かんだのは、BB回線が引かれていない場所、例えば体育館等でIT関連の展示会やセミナーを開催するようなケースです。
 
 イー・モバイルのデータカードのような製品・サービスが出来たお陰で、パソコン1台のみインターネットにつなぐことは、さほど苦労する事柄では無くなりました。しかし、複数台となると話しは別です。従来でしたら、1台だけネットに接続されたパソコンと他のパソコンとの間で、ネットワークを構築する必要がありました。
こしがや産業フェスタ用 ネットワーク構成図 2007.12月 IT屋もりた

 ところが、イー・モバイルのサービスを前提とする「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」を使用することにより、様々な場所でインターネット接続環境を構築することが、格段に楽になったのです。この意義は非常に大きいと思います。
ネットワーク構成① ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル

続きを読む "「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」の衝撃(3)-パソコンを持たない若年層向けに"

投稿者 もりた : 23:37 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年10月25日

「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」の衝撃(2)-ネットワーク構成図で見る

 2回続けて、「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル」(注:以下「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」と略記します)についてのエントリーでしたが、三度(みたび)このネタが続きます。
 
 ここでは、「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」を利用した場合のネットワーク構成について、他の通信機器(BBルーター、無線LANアクセスポイント等)を使用した場合と比較しながら、図で示してみたいと思います。
 
 
 さっそく1つ前のエントリーで述べたことを、今度は図で表します。
 
(1) 「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」の利用形態
 
 図に示すように、無線LANを経由して、PSP、Wii、iPod touch、PCなどからインターネットへのアクセスを可能にします。インターネットへのアクセス手段として、イー・モバイルのサービスを利用しますので、イー・モバイルのサービスエリア(電波を受信できるエリア)内であれば、どこでもインターネットに接続できます。
ネットワーク構成① ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル
 
 
 
 
 ネットワーク構成① ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル

 
(2) 自宅などBB環境での利用の場合は、無線ルーターで充分
 
 上記のゲーム機等を使いたい場所が、自宅などブロードバンド回線が引かれている場所に限られることとします。その場合は、「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」を用意するまでもありません。一般的な無線LANアクセスポイント兼ルーター(以下「無線ルーター」と略記します)があれば、ゲーム機もiPod touchもPCもインターネットにつなぐことが出来ます。
 
 最近はゲーム機向けに簡単に無線LANを構築出来る無線ルーター(例:Buffalo社のWCA-G、実売 約5,000円)が販売されています。また、FON用無線ルーターであるLA FONERAという製品であれば、約2,000円で購入可能です。既にBB回線が引かれている環境であれば、「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」の価格 14,980円(税別)と比べても、充分安いコストで調達できるこれらの機器を検討されるのも一法かと思います。
 
(ア) 無線ルーターを利用する場合(LA FONERAなどを使用)
ネットワーク構成② BB回線+無線ルーター
 
 
 
 
 ネットワーク構成② BB回線+無線ルーター

 
(イ) 無線ルーター(有線LANポート付)を利用する場合(WCA-GLA FONERA+などを使用)
ネットワーク構成③ BB回線+無線ルーター(有線ポートあり)
 
 
 
 
 ネットワーク構成③ BB回線+無線ルーター(有線ポートあり)
 
  (注) 図中、有線LAN経由でPC2台接続されていますが、WCA-Gは有線ポートが1つです(LA FONERA+は、有線ポート2個)。

続きを読む "「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」の衝撃(2)-ネットワーク構成図で見る"

投稿者 もりた : 21:56 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年10月24日

「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」の衝撃(1)

 昨日、ヨドバシAkibaに行って、「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル」(注:以下「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」と略記します)を見てきました。1階、日比谷線出入口付近とJR秋葉原駅中央改札口出入口付近にあるイー・モバイルの売り場の両方に、展示されていました。
 
 ショウケース越しに製品の外観を見たり、店員さんに質問したりして解ったことについては後述します。その前に、この製品の(私の勝手な想像に過ぎませんが)コンセプトについて、述べて見ます(こんなことを書いているよりも、トリプレットゲートさんに質問したり、実機を買って試した結果を書いたほうがよいのかも知れませんが、悪しからず)。
 
 
● 「パソコン無しで、いつでも、どこでも、(無線で)インターネットに接続できる」
 
 「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル」の製品としての特徴を一言で表すと、上記のようになるのではないかと思います。
 
 最初、「いつでも、どこでも、インターネットに接続できる」と考えたのですが、これではイー・モバイルのデータカード経由で、(パソコンから)インターネットにアクセスするのと何も違わないことに気付きました。
 
 イー・モバイルのデータカードと、「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」とを比べて、後者が有利な点が次の2点であると気付きました。
 
 1.(「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」を使用した場合)WiiやPSPといったゲーム機やiPod touchなどを簡単にインターネットに接続できる。 ※ これらの機器は、無線LANによる接続を前提としており、有線LANポートやUSBポート(イー・モバイルのデータカードを接続するために必要)などが装備されていないことがほとんどです。
 
 2.しかも、上記のような無線LANインターネット接続環境を、パソコンとルーター無しで実現可能である。

続きを読む "「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ」の衝撃(1)"

投稿者 もりた : 23:58 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年10月23日

「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル」

 トリプレットゲートという会社からイー・モバイルのUSB端末に対応したモバイル無線LANルーターが発売されたそうです。
 
  ・WIRELESS GATE(ワイヤレスゲート)
 
 
 「WirelessGate®(ワイヤレスゲート)」そのものは、街中でワイヤレス・ブロードバンド環境を提供する同社のサービスのようです。今回新たに“自宅など無線LAN環境でない場所も、設置するだけで無線LAN環境に"(2008年10月21日付 株式会社トリプレットゲート PRESS RELEASEより引用)することができる、アンテナを販売することになったということです。したがって、「WirelessGate®」の会員・非会員どちらが購入しても利用できるようです。
 
 
● 実は私も同じようなことを経験した
 
 実は私も、このような機器のニーズの必要性は経験しています。昨年、一昨年と地元の「こしがや産業フェスタ」に出展したのですが、会場となった総合体育館にはインターネット接続環境がありません。
 
 一昨年は、WILLCOMを契約し、ノートパソコン1台のみインターネットに接続し(他のパソコンはオフラインで)出展しました。昨年は、イー・モバイルのUSB端末(D01HW)を使用し、複数台のPC(有線LAN接続)、およびWii(無線LAN接続)を実現して、デモンストレーションに耐えうる環境を構築しました(下記の構成図を参照ください)。
こしがや産業フェスタ用 ネットワーク構成図 2007.12月 IT屋もりた

続きを読む "「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル」"

投稿者 もりた : 13:13 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年10月14日

NHKクローズアップ現代「新情報革命“クラウド”の衝撃」

 明晩放送予定のNHK総合テレビ「クローズアップ現代」で、クラウドコンピューティングの話題が取り上げられるようです。
 
  NHK総合: 2008年10月15日(水) 19時30分 - 19時56分
  NHK-BS2: 2008年10月15日(水) 20時34分 - 21時00分

 
 
 スタジオゲストは、ジャーナリストの佐々木俊尚氏です、このフレーズどこかで聞いたことがあると思ったら、過去に何度もありました。
 
  「クローズアップ現代」でアルファブロガー特集(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 NHKは好きですからね、この手の番組が・・・。

続きを読む "NHKクローズアップ現代「新情報革命“クラウド”の衝撃」"

投稿者 もりた : 20:53 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

アクトビラでNHKニュースの配信開始

 IPテレビ向けコンテンツサービスのアクトビラ(acTVila)で、今日からNHKニュースの配信がスタートしたそうです。アクトビラと契約していないので確認できませんが、12月のNHKオンデマンド開始、さらにはIPTVの普及に向けて、展示会やショウのレベルではない具体的な動きが始まったなというのが率直な感想です。
 
  アクトビラでNHKニュースの配信がスタート(CNET Japan)
 
 
--- 関連情報 ---
(1) IPTV(IPテレビ)は、地デジ移行の裏返し(1) 2008年07月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) IPTV(IPテレビ)は、地デジ移行の裏返し(2) 2008年07月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) IPTV(IPテレビ)は、地デジ移行の裏返し(3) 2008年07月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) NHKオンデマンドの運用方針案公表 2008年09月18日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) CEATEC JAPAN 2008(1) 2008年10月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) CEATEC JAPAN 2008(3) - テレビで見るYahoo!動画 2008年10月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 17:22 | インターネット , デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年09月18日

NHKオンデマンドの運用方針案公表

 12月からの運用開始が見込まれているNHKオンデマンドの運用方針案が、NHKから公表されたとのことです。
 
  NHKがオンデマンドネット配信サービスの運用指針を策定(CNET Japan)
 
 
 “9月30日まで一般意見を募集し、11月20日までに総務大臣の認可を受け実施する方針だ。(上記CNET Japanの記事より引用)とのことです。

続きを読む "NHKオンデマンドの運用方針案公表"

投稿者 もりた : 13:16 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年09月09日

PR-200NEのファームウェアのバージョンアップ

 昨日掲載した工事会社様へのパソコンサポートの際に実施した、ひかり電話対応機器(PR-200NE)のファームウェア・バージョンアップ作業の様子をご紹介します。
 
  パソコンサポートを通じてお客様からお教えいただくこと(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 NTT東日本の「ひかり電話」を導入されているお客様には、PR-200NEという機器が貸与されている場合が多いようです。この機器の不具合について、8月5日にNTT東日本より発表されています。PR-200NEの電源投入後、248日を越えて使用すると日付カウンタが1に戻ってしまい、正常動作できなくなるというものでした。
 
  ひかり電話対応機器の不具合及び対象となるお客様への対応について(NTT東日本)
 
 
 お客様に届いたものも、この件に関するお知らせで、お客様自身によるファームウェアの更新方法(手順)が記載されているようです。その後、別のお客様からも同じ件に関して教えていただきました。お知らせに記載された手順で、(お客様自身で)ファームウェア更新して欲しいのだが、もし出来ない場合は、10月にNTT側から強制的にダウンロード(バージョンアップ)するということが書かれているそうです(実際にお知らせの書類を見せていただいたわけではございませんので悪しからず。ひかり電話に加入されている方は、NTT東日本から送られてきている文書を確認していただきますようお願い申し上げます)。

続きを読む "PR-200NEのファームウェアのバージョンアップ"

投稿者 もりた : 19:10 | インターネット , パソコンサポート | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年09月05日

Google Chrome(2) ~ 良いところ

 今までIE6以外使ってこなかったのが嘘のように、昨日からGoogle Chromeの愛好者になってしまいました。特に気に入ったのは、起動時、あるいは新しいタブを開いた時に表示される「よくアクセスするページ」です。
 
 閲覧履歴の中から過去によくアクセスしたページが9個、タイル状に表示されます。
Google Chromeで新しいタブを開いた時に表示される「よくアクセスするページ」

 
 実はこれと同じ様な画面(ページ)が母のパソコンには必要と考えてきました。

続きを読む "Google Chrome(2) ~ 良いところ"

投稿者 もりた : 12:06 | インターネット | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年09月04日

Google Chrome

 一昨日、ある会社を訪問してパソコンサポートをしている時、ラジオから「グーグルが・・・」というニュースが聞こえてきました。その後、ケータイやテレビ、Webのニュースでグーグルがブラウザ(Google Chrome)を提供するということがわかってきました。昨日から今日にかけてネット上は、Google Chromeのニュース一色ですね。
 
  グーグル、オープンソースのウェブブラウザ「Google Chrome」をまもなく公開へ(CNET JAPAN)
  ・Googleブラウザ「Chrome」、ダウンロード開始(CNET JAPAN)
  ・グーグルの「Google Chrome」、Acid3テストで「Firefox 3」と「IE 7」を上回る(CNET JAPAN)
  ・グーグル、Google Chromeのアドレスバー「Omnibox」に入力されたユーザー情報を収集(CNET JAPAN)
  ・モジラがブラウザのスピード比較でグーグルに反論(CNET JAPAN)
  ・「車は試乗して選ぶ、ブラウザもそうしない?」--Google Chrome担当者(CNET JAPAN)

続きを読む "Google Chrome"

投稿者 もりた : 18:29 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年08月29日

IE8 ベータ2 リリース

 一昨日(2008年8月27日)、Internet Explorer 8のベータ2がリリースされたようです。
 
  マイクロソフト、Internet Explorer 8のベータ2をリリース(CNET Japan)
 
 
 FireFoxやSafariといったライバルに追いつくための機能追加など、いくつかの点が改善されているようです。恥ずかしながら、内容については詳しくありません。
 
 ソフトウェアでは付き物の、リリース直後の問題点もいくつか出ているようです。
 
  「IE8 Beta 2」で見つかった問題点--公開から一夜明け(CNET Japan)

続きを読む "IE8 ベータ2 リリース"

投稿者 もりた : 16:03 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年08月09日

東京オンリーピック開幕

 北京オリンピックと時を同じくして、昨日から東京オンリーピックが開幕した模様です。
 
  ・東京ONLYPIC2008
 

 
 
 「Only」+「Pictures」で「OnlyPic」、8月8日から8月24日までと、会期も北京オリンピックと一緒です。公式テーマソング「Shiny GATE」をしょこたんが歌っています。時間があったら会場(新宿「バルト9」)に・・・、たぶん行かないと思いますが、専らYouTubeで“観戦”したいと思います。
 
  ・YouTube東京オンリーピックチャンネル

続きを読む "東京オンリーピック開幕"

投稿者 もりた : 17:45 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年08月07日

「ひかり電話」の不具合(2)

 NTT東日本の「Bフレッツ」と「ひかり電話」を契約されているお客様が一昨日(8月5日)朝から、インターネット、電話ともに不通である旨のご連絡をいただいた件に関するサポートの続きです。一昨日(8月5日)夜になってようやく訪問・診断させていただいた結果、私どもでは診断出来ず、お客様からNTT東日本に連絡していただくようお願いしたところまで、前回お話しました。
 
  「ひかり電話」の不具合(1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 その後の様子をお聞きするため、お客様へ電話をかけてみると、お出になりました。ということは「ひかり電話」の不通は直ったようです。お話をお伺いすると、NTTの方が来て対応してくれているとのことでした。数十分後お客様からお電話をいただき、インターネット接続(Web閲覧)も出来ているとのことでした。PR-200NEのランプ状況をお聞きすると、昨日は消えていたUNIランプは緑色に点灯しているということで、安心しました。一方で、初期状態ランプはオレンジ点灯のまま(工場出荷状態)、PPPランプは消灯しているとのこと、よくそれでインターネットにアクセスできているなと不思議に思いましたが、実際に出来ているとのことですのでその場は良しとして電話を切りました。ランプ状況を実際にこの目で確認しておきたかったため、後でお客様のところへお伺いすることにしました。
 
 
 夕方お伺いして撮影したPR-200NEのランプ状況が、下図の通りです。

  1.ルーター電源   緑点灯
  2.アラーム      消灯
  3.PPP         消灯
  4.ひかり電話     緑点灯
  5.ACT         緑点灯
  6.登録         緑点灯
  7.初期状態      橙点灯
 
  8.AUTH        緑点灯
  9.UNI         緑点灯
  10.PON/TEST    緑点灯
  11.POWER/FAIL   緑点灯

続きを読む "「ひかり電話」の不具合(2)"

投稿者 もりた : 16:47 | インターネット , パソコンサポート | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年08月06日

「ひかり電話」の不具合(1)

 この春、ADSLからNTT東日本の光回線(Bフレッツ、および、ひかり電話)に変更されたお客様から、インターネットに繋がらない(Webページの閲覧が出来ない)とお電話をいただきました。このところの全国的な荒天、埼玉県東南部も一昨日の夕方から夜にかけて雷が発生し、一時停電もあったとのことです。不測の事態に備えて、コンピュータ機器の電源ケーブルをコンセントから抜いておいたそうで、昨日再び各機器の電源を入れたが、インターネットに繋がらなくなってしまったとのことです。
 
 確認したいことがあり、こちらからお客様の方へ電話をかけ直してみると繋がりません。不具合はインターネットだけでなく、ひかり電話にも及んでいるようです。昨日は、ひかり電話(PR-200NEというルーター)の不具合についてNTT東日本からの発表があり、そのニュースが携帯電話のフラッシュニュースに掲載されていたものですから、勘違いして「現在、ひかり電話(のネットワーク)に障害発生中のようですから、もうしばらく様子を見てください」と誤った情報をお客様に伝えてしまいました。
 
 
 当然自然に復旧するはずもなく、夕方再度お電話をいただき、夜になってお客様宅を訪問いたしました。お客様宅へ向かう道すがら、ルーター(PR-200NE)の電源を入れ直すだけで復旧するのではないかと考えていました。以下、訪問後の診断作業内容を記述します。
 
 
1.PR-200NEのランプ状況
 
 到着して拝見すると、ルーターのランプ状況はご覧の通りでした(写真ではよくご覧いただけないと思いますので、ランプ名称と点灯状況を記述します)。

  1.ルーター電源   緑点灯
  2.アラーム      消灯
  3.PPP         消灯
  4.ひかり電話     消灯
  5.ACT         消灯
  6.登録         赤点滅
  7.初期状態      橙点灯
 
  8.AUTH        緑点灯
  9.UNI         消灯
  10.PON/TEST    緑点灯
  11.POWER/FAIL   緑点灯


 
 
2.PR-200NE 電源再投入(再起動)
 
 ルーター背面下部の電源アダプタ端子から電源コードを抜いて、もう一度挿しました(電源を一旦切って、入れ直すという意味)。数分でルーターが再起動しましたが、ランプ状況は変わりませんでした。
 
 
3.簡単セットアップツールによる再セットアップ
 
 昨夜は、お客様のところにPR-200NEのマニュアルが見当たらず、私どもも昨夜は準備不足のためマニュアル(を入れた外付けハードディスク)を携行しておりませんでした。ランプ状況が表している意味がわからないため、PR-200NEに付属している「フレッツ簡単セットアップツール(CD-ROM)」を使って、PR-200NEを再セットアップすることにしました。


 「COP」で始まるお客様コードを入力し、セットアップも順調に進んでいるかと思っていますと、最後にアラーメッセージ(“LANケーブルが繋がっていない”という旨のメッセージ。正確なエラーコードは亡失)が表示され、セットアップを完了できません。PR-200NEとPCをつなぐLANケーブルを替えて、何度か試しましたが、結果は変わりません。
 
 仕方が無いので、お客様がお持ちの別のPCを使って、簡単セットアップツールによるセットアップを試してみましたが、結果はまったく同じでした。
 
 
 
 この時点で、PR-200NEの再セットアップなどでは解決できない障害であると判断し、私どもによる診断では原因特定には至らないことをお客様にお伝えしました。そして、翌日以降、お客様からNTT東日本に問い合わせていただくようお願いいたしました。その際、
 
  不具合の内容(困っていること)
   ・インターネットに繋がらない
   ・電話が繋がらない(かける、受ける 両方)
 
  PR-200NEのランプ状況(上記の様子を図示してお客様にお渡し)
 
  再セットアップ時のエラーコード(紙に書いてお客様にお渡し)
 
をNTTさんに伝えていただくようアドバイス差し上げ、その後の状況を私どもにもご連絡いただくようお願いして昨夜の作業は終了とさせていただきました。

続きを読む "「ひかり電話」の不具合(1)"

投稿者 もりた : 16:26 | インターネット , パソコンサポート | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年07月16日

イー・モバイル スクエアに谷山浩子さんのインタビュー記事があるよ

 谷山浩子さんのホームページを読んでいると、谷山さんが昔からパソコンの世界と深く関わっていることがわかり、この世界で仕事をしてきた人間としてうれしくなりました。
 
 インターネット前夜のパソコン通信の時代、PC VANやアスキーネットといった頃はもとより、1980年頃からパソコンを使い始めていらっしゃるとのことです。“初めてのパソコンはPC-8001、その後FM77、PC-9801 VM2とパソコンを替えていった”(谷山浩子さんのホームページ 谷山浩子とパーソナルコンピュータより)というのは驚きです。
 
 私も1980年、ソフト会社に入社と同時に会社でパソコンを使うようになりましたが、自宅にもパソコンを買って使い始めたの(初めて買ったパソコン)はPC-9801 VM2からです。
 
 
 谷山さんはパソコン通信は1985年から始めたとのことですが、私はパソコン通信の時代後期の1991、2年頃Nifty Serveに入会してからです。1995年末にインターネットを使い始める(Sofmapが販売していたウィンシステム インターネットWIN Fast ID Packageが初めてのISP契約)頃までの数年間、パソコン通信の経験によってダウンロードや、圧縮・解凍、フリーソフトといった“通信の世界”の風習を知った貴重な時代でした。

続きを読む "イー・モバイル スクエアに谷山浩子さんのインタビュー記事があるよ"

投稿者 もりた : 14:32 | インターネット , パソコン , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

今年12月配信開始のNHKオンデマンド、NTTの「ひかりTV」からも提供

 今年12月からスタートする「NHKオンデマンド」サービスですが、既に配信サービス提供者として名乗りを上げているアクトビラ(acTVila)J:COMに加えて、新たにNTT東西の「ひかりTV」からも配信されることになったようです。
 
  NHKのオンデマンド配信サービス、NTTの光回線経由で提供(CNET Japan)
 
 
 6月に開催されたInterop Tokyo 2008の時に、「ひかりTVでNHKオンデマンドが利用できるか」をNTTコミュニケーションズの説明員さんに質問した時は、未定というお答えでしたが、こうして正式発表されたようです。
 
  Interop Tokyo 2008(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "今年12月配信開始のNHKオンデマンド、NTTの「ひかりTV」からも提供"

投稿者 もりた : 13:21 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年07月11日

NHKオンデマンド配信を国内に先がけ海外向けに開始-CNET Japanニュースから

 NHKが今年12月から始める「NHKオンデマンド」サービスに先がけ、海外向けに配信開始するということです。NHKオンデマンドはアクトビラJ:COMといった商用サービスを利用しての配信ですが、今回の海外向け番組配信は「Joost」を利用して配信するとのことです。
 
  NHK、「Joost」で海外向けにネット放送を開始(CNET Japan)
 
 
 何故、国内向け(NHKオンデマンド)より海外が先なのだろうと多少の不満な思いはありますが、IPテレビ普及に向けて一歩前進した感があり歓迎します。

続きを読む "NHKオンデマンド配信を国内に先がけ海外向けに開始-CNET Japanニュースから"

投稿者 もりた : 00:52 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年07月08日

モディファイ、iPhoneプラットフォーム事業を開始

 先月から続く株式会社モディファイさんによるニュースリリース・ラッシュ、昨日も届いていました。丸二日経ち鮮度が落ちてしまったかもしれませんが、簡単にご紹介いたします。
 
 7月11日に日本国内でも販売開始されるiPhoneに最適なユーザーインターフェイスを備えたWebアプリケーションやウィジェットを、モディファイさんから法人向けに提供するというものです。
 
 上記ニュースリリース・メール内にある同社CEO小川浩さんのコメントを掲載いたします。
 
世界の携帯電話メーカーのトップ5のうち、ソニー・エリクソンを除く4社、すなわちノキア、サムスン、モトローラ、LG電子はSafariの基盤エンジンであるWebKitを採用しており、iPhone上で利用できるWebサイトやWebアプリは、世界のモバイル市場に対してもフィットすることになります。つまり、われわれがiPhoneプラットフォームにフォーカスすることは、モバイルの世界市場にフォーカスすることになります

続きを読む "モディファイ、iPhoneプラットフォーム事業を開始"

投稿者 もりた : 23:36 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年07月07日

NHK「ザ☆ネットスター!」、レギュラー化してたのですね

 インターネット内で流行っているひとものことを紹介し、スターを決める番組、たまたま昨夜NHKハイビジョンにチャンネルを変えたらやっていました。
 
  NHK「ザ☆ネットスター!」
 
 
 いつのまにか月1回の定期放送になっていたのですね。昨夜は台湾で流行っている日本のアキバ系文化や、「やる夫」について紹介されました。
 
 「楽しかった」、「温泉にいきたい」など、しょこったん☆ぶろぐにも散見される「~お」という(語尾に「お」を付ける)表現、「やる夫」が源なのかな(本当かどうかわかりません)?

続きを読む "NHK「ザ☆ネットスター!」、レギュラー化してたのですね"

投稿者 もりた : 12:31 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年07月03日

MODIPHI APPS、サンブリッジが採用

 株式会社モディファイさんからの怒涛のニュースリリース・ラッシュは、止まるところを知りません。午前11時過ぎ、いつものようにモディファイさんからの【NewsRelease】メールが届きました。
 
  差出人: MODIPHI PR TEAM
  件名: 【NewsRelease】モディファイ、株式会社サンブリッジの投資先情報をRSSフィード化し自動配信
 
 
 株式会社サンブリッジさんが自社サイトの「投資先情報」の更新のために、MODIPHI APPSを採用したというものです。上記メール本文から一部引用します。
 
当該サイトの「投資先情報」は、サンブリッジの投資先企業の更新情報をMODIPHI APPSによって自動的に収集しRSS化すると同時に当該サイト上で自動更新されます。
 
 
 株式会社サンブリッジさんのWebサイトを見ると、画面真ん中より下に「投資先情報」がありました(下図の青い線で囲んだ部分)。
MODIPHI APPSを採用してリニューアルされた株式会社サンブリッジのWebサイト

続きを読む "MODIPHI APPS、サンブリッジが採用"

投稿者 もりた : 12:19 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年07月02日

モディファイ増資

 株式会社モディファイさんからのニュースリリース・ラッシュが止まりません。昨日インプレスR&Dさんとの共同実験のニュースリリースが届いたばかりというのに、今日また新たなニュースが届きました。
 
  モディファイが1億3050万円の第三者割当増資--フィードビジネスのさらなる普及目指す(CNET Japan)
 
 
 ベンチャーキャピタル等6社からの投資を受け、資本を増強し、営業体制の充実、サーバーなど設備投資に当てるとのことです。MODIPHI APPSの販売拡充を通じて、Feedの普及・一般化に向けての同社の活躍が楽しみです。

続きを読む "モディファイ増資"

投稿者 もりた : 12:34 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年07月01日

impressとMODIPHI、RSSフィードを活用した情報サービス

 恒例()となった株式会社モディファイさんからのNews Release、今回はインプレスR&Dさんとの共同実証実験「INTERNET magazine FEED NGN」公開のニュースです。
 
  INTERNET magazine FEED NGN公開のお知らせ(インプレスR&D - NGN Forum)
INTERNET magazine FEED NGNの画面。「MODIPHI APPS」のエンジン(READER機能等)をベースにしている。

 
 株式会社モディファイ CEO 小川浩さん予告していたとはいえ、すさまじい発表の連続です。
 
  MODPHI READERのモバイル版を正式発表(Speed Feed)
  ・MODIPHI FeedMSでWeb上のPDFのRSS化をサポート(Speed Feed)

続きを読む "impressとMODIPHI、RSSフィードを活用した情報サービス"

投稿者 もりた : 14:55 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年06月29日

言葉や文章だけでは伝わらない

 昨日も午前中は、文教大学オープンユニバーシティの生涯学習コースに参加、「生活の中の造形」前週に続き折り紙や包み紙を使っての実践、包むものや入れるものを作りました。
 
  日本の伝統美・伝統芸能などは元々“ヲタク”的(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
財布(茶色)、その上も財布、薬の包み紙(白)、3本角箱(赤)と2本角箱
3本角箱の作り方

 
 薬の包み紙、財布、3本角箱、2本角箱、のし、鶴ののし袋などを作ったのですが、なかなか思うようには進みません。一応、先生から配られた作り方の手順を書いた紙はあります。しかし、それを見ただけでは分らないところも多々あります。私だけでなく、教室のあちこちから悲鳴が聞こえてきました。説明書には絵も描かれているのですが、細かいところ、微妙なニュアンスまで全部表現しようとしたら、とても(説明の長さが)こんな分量では済まなくなります。
 
 
 作りながら思ったことは、この折り紙のように全てを紙の上の文章や絵だけで説明することは不可能であるということです。実際にやってみないと伝わらない、何時間も悪戦苦闘し苦労してやっと解ること、しかも、一度(ひとたび)解ってしまえば「何だこんなことか」ということが世の中にはたくさんあります。
 
 昨今は、何でもマニュアル化して伝えようとする風潮があるように思います(もちろん、ビジネス等に於いてはそれも必要ですが)。インターネットの普及以降に、特にそれを感じます。文章や図、写真、音声、ビデオを使って、ありとあらゆる“ものこと”を表現したものがインターネット上にあふれています。様々な事柄を文章や写真、ビデオなどで表現したり伝えたりするために無料のツール(ソフトやサービス)も揃っています。それらの道具を使って作成した何か(メッセージ、ドキュメント、コンテンツ どう呼べばよいか分りません)を伝えるためのメディア(ホームページ、ブログ、写真やビデオの共有サイト、SNS、ケータイメール、・・・)も充実しています。
 
 このような環境下では、私たちは何でも相手に伝わる(伝えきれる錯覚しがちです。特にこのような道具を駆使して何かを作って、相手に発信する側の方にその傾向が強いように思います。
 
 
 「言葉や文章(図、写真、ビデオ、音声)だけで伝わることは、世の中の事柄のほんの一部である。実際に経験してこそ、初めて解る(伝わる)ことが案外多い。重要か瑣末かを問わず、むしろ世間にある“ものごと”の大部分がそういうものである。」という当たり前のことを感じた一日でした。

続きを読む "言葉や文章だけでは伝わらない"

投稿者 もりた : 16:03 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年06月26日

MS Hiper-V、IPTVフォーラムなど-CNET Japanニュースから

 CNET Japan ニュースのサイトは、ITの最新ニュースを知るために毎日見ていますが、今日も気になるニュースがいくつかあります。参考までに、列挙します。
 
 
1. OCN、個人のデータ送信量に制限措置--1日30Gバイトまで(CNET Japan)
 
 1日に30Gバイト(4.7GバイトのDVD約7枚)を超えるデータを送信し“回線帯域を占有する一部の利用者”への対抗措置とのことです。受信データ量は関係ありません。それにしても、1日30Gバイトを越えるデータを送信する一部の利用者とは、一体どんなデータを送信しているのでしょう何か良からぬ目的でしょうか。
 
 
2. IPTVの統一規格策定へ--法人団体が設立(CNET Japan)
 
 先日お伝えしたように、IPTVの技術的な共通仕様案を発表した任意団体「IPTVフォーラム」は、共通仕様の策定という一応の役目を終えました。
 
  デジタルサイネージとIPTV(2) - IMC Tokyo 2008/Interop Tokyo 2008から(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 その作業を引き継ぐ形で、規格団体としての「IPTVフォーラム」が設立されたというニュースです。新しい団体は、受信機仕様の確定や仕様のメンテナンス作業、IPTVの普及活動などの中心を担うものと予想されます。
 
 
3. 「ソフトウェアとサービスは切り離せない」--セールスフォースとMSで見解が一致(CNET Japan)
 
 ソフトウェアのサービス化の流れが始まって既に久しく、ソフトウェア技術進化の歩みの上で、既定の一里塚になっているものと思います。SaaSは、Software as a Serviceだけでなく、Service as a Softwareとも読めますので、当然のようにも思えます(下手な洒落で申し訳ございません)。
 
 
4. マイクロソフト、まもなく仮想化技術「Hyper-V」の正式版をリリース(CNET Japan)
 
 Windows Server 2008から搭載された、マイクロソフトの仮想化技術です。
 
  the Microsoft Conference 2008 Day-1(IT屋もりたの今時パソコン日記)

投稿者 もりた : 14:55 | インターネット , ソフト開発 , デジタル家電 , パソコン | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年06月19日

MODIPHI APPS、PDFのRSS化をサポート

 株式会社モディファイさんから、連日のNews Releaseが届きました。同社が5月に発表した「MODIPHI APPS」が、Web上のPDFファイルのRSS化をサポートしたとの発表です。「MODIPHI APPS」のアプリケーションの1つである「MODIPHI FeedMS」にて実現したとのことです。
 
 News Releaseによりますと、同社CEDの小川浩氏
 
 「特に上場企業のIR情報、あるいはホワイトペーパーなどの技術資料はPDF化されて掲載されていることが多いなかで、今回のPDFサポート実現は重要情報のRSS配信を、より効率的に行うための一助になります」(株式会社モディファイ “【NewsRelease】モディファイ、PDFのRSS化をサポート”より引用
 
とコメントされていらっしゃるとのことです。

続きを読む "MODIPHI APPS、PDFのRSS化をサポート"

投稿者 もりた : 23:55 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年06月15日

デジタルサイネージとIPTV(2) - IMC Tokyo 2008/Interop Tokyo 2008から

 今週開催されたIMC Tokyo 2008Interop Tokyo 2008において、私が最も関心を寄せたのがデジタルサイネージとIPTVであるということを1つ前のエントリーでお伝えしました。前のエントリーではデジタルサイネージについて簡単に触れました。
 
  デジタルサイネージとIPTV(1) - IMC Tokyo 2008/Interop Tokyo 2008から(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 ここではIPTVについてご紹介します。IPTV(Internet Protocol Television)とは、インターネット(IPネットワーク)を介して視聴できる映像サービスのことです。IPネットワークを介してと大ざっぱな言い方をしましたが、利用形態としてより従来のテレビのイメージに近い「IPマルチキャスト放送」と、インターネットを利用した映像配信サービスなどがあるようです。
 
 既にサービス開始している事例として、前者にはGyao NEXTacTVila(アクトビラ)ひかりTV等、後者の例は数限りありませんが代表的なものにGyaoYahoo!動画brancoなどがあります。今回のInteropでもNTTコミュニケーションズのブースに於いて、ひかりTVの展示を見ることができました。
 
  Interop Tokyo 2008(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 以上のようにIPTVのサービスや製品化の流れは本格化前夜の様相ですが、今後2011年に向けてさらなる普及が見込まれます。何故2011年かというと、ご存知の通り、地上デジタルテレビジョン放送への完全移行(地上波アナログテレビジョン放送は終了)が2011年7月24日に実施されるからです。
 
 2~3年後のIPTVの普及に向けて重要なことは、しっかりした技術基盤や充分な実験に裏打ちされたサービスや製品を作っていくことと、オープンな技術規格を作ることです。これらについて、IMC Tokyo 2008 専門コンファレンスの中で12日に行なわれた2つのセッションが非常に参考になりました。
 
  ・S2-4 IPTV元年! 新しいメディアにするために(NTTサイバーソリューション研究所 所長 岸上 順一氏)
  ・S2-6 IPTVフォーラム本格始動(モデレータ: 中村 秀治氏(株式会社三菱総合研究所)、パネラー: 福井 省三氏(株式会社東京放送 執行役員)、関 祥行氏(株式会社フジテレビジョン 技術局役員待遇技師長))

続きを読む "デジタルサイネージとIPTV(2) - IMC Tokyo 2008/Interop Tokyo 2008から"

投稿者 もりた : 02:25 | インターネット , デジタル家電 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年05月27日

News2u.net、Yahoo!オンビジネスにリリース掲載

 株式会社ニューズ・ツーユーが運営するリリースポータルNews2u.net上のコンテンツを、Yahoo!オンビジネスに提供することで、両社が提携したとのことです。このニュースを最初に知ったのは、ケータイのECReal Reader株式会社エルカミノリアルが提供する携帯電話向けRSSリーダー)経由で小川浩さん(株式会社モディファイ CEO)のブログ(Speed Feed)の記事からです。
 
  News2u.netが「Yahoo!オンビジネス」にコンテンツを提供(Speed Feed)
 
 
 続いて神原さん(ニューズ・ツー・ユー代表取締役社長)ご自身のブログを、これまたECReal Reader経由で読みました。
 
  News2u.netは、リリースコンテンツ提供でYahoo! JAPANと提携しました(minako's blog)
 
 
 最後に確認の意味で、CNET Japanのニュース記事を読みましたが、これもケータイ(ECReal Reader)が先だったか否かは憶えていません。
 
  ニューズ・ツー・ユー、Yahoo!オンビジネスにリリース掲載(CNET Japan)
 
 
 ブログとRSS(Feed)の普及によって、情報取得のルートが変わったことを知らされた、1つの経験です。

続きを読む "News2u.net、Yahoo!オンビジネスにリリース掲載"

投稿者 もりた : 23:54 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

MS、Officeのサービス化をさらに前進-CNET Japanニュースから

 マイクロソフトは、同社が提供する“サービスとしてのソフトウェア(SaaS)”の1つであるMicrosoft Office Liveの機能をさらに拡充するサービス、「Office Live Workspace」日本語ベータ版の試験運用を開始したとのことです。
 
  MS、Officeドキュメントのオンラインストレージを試験運用(CNET Japan)
 
 
 今流行の「クラウドコンピューティング」という言葉を用いれば、マイクロソフトという“クラウド(”の中に新たな“打ち出の小槌”が1つ加わった、とでも表現するのかもしれません。今回の新サービス「Office Live Workspace」は、オンラインストレージを無料で提供することにより、Word、Excel、Power Pontで作成したドキュメントを、オンライン上に保存できるだけでなく、共有したり、複数メンバで同時編集(共同作成)することも出きるということです。

続きを読む "MS、Officeのサービス化をさらに前進-CNET Japanニュースから"

投稿者 もりた : 00:52 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年05月23日

WBS2.0 Vol.30 チームラボ猪子寿之社長

 昨夜は久しぶりにWBS2.0に参加しました。ゲストスピーカーは、UI(ユーザーインターフェイス)に“なみなみならぬ”こだわりを持っていらっしゃる(と想像します)、チームラボの猪子寿之社長でした。ホストはいつもの通り株式会社モディファイ CEO 小川浩氏です。
 
 猪子社長のお話をお聴きするのは、昨年のWEB2.0 EXPO以来2度目ですが、新しいUIの開発に対する情熱は相変わらずです。
 
  Web2.0 EXPO Tokyo 2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 昨夜はサグールテレビという新サービスについてご説明されましたが、猪子社長にとってはこれもアウトプットの1つに過ぎず、また新しいUIを実現されるのでしょう。

続きを読む "WBS2.0 Vol.30 チームラボ猪子寿之社長"

投稿者 もりた : 14:18 | インターネット , ブログ | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年05月20日

NHKオンデマンド、月額1500円程度の見通しか?

 今年12月からサービス開始予定の「NHKオンデマンド」の料金について、都内で開かれた講演会でNHKの担当者からその見通しについての発言があったそうです。
 
  NHKの過去番組配信、月額1500円で情報番組中心に(CNET Japan)
 
 
 当初予想された個々の番組毎に対する課金ではなく、パッケージ販売(月額いくら)になるのではないか、ということです。

続きを読む "NHKオンデマンド、月額1500円程度の見通しか?"

投稿者 もりた : 22:58 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

モディファイ正式版「MODIPHI APPS」リリース

 フィードリーダー、フィードエディタなどの機能を併せ持つWebアプリケーションサービス「MODIPHI.COM」(ベータ版)の正式版とも呼ぶべき「MODIPHI APPS」のリリースが発表されました。昨日アップルストア銀座にて催された発表記者会見に行ってみました。
 
 昨年5月にコンシューマ向け(B to C)無料サービス「MODIPHI.COM ベータ版」をリリース以来、B to CかB to Bかの見極めを慎重に行った結果、ターゲットをビジネス向け(B to B)に定めたのが今回発表された「MODIPHI APPS」とのことです(株式会社モディファイ CEO 小川浩氏)。
 
  ・MODIPHI 一般公開用無料サービスサイト www.modiphi.com
 
 
 新サービスのプレゼンの中で、小川氏は想定する事実上の競合サービスとしてシックスアパート社Movable Typeを挙げ、MTとMODIPHIとの比較を次のように例えられました。
 
  MTがWebサイトのCMS  なら
 
  MODIPHIはWebデータのCMS  である。

 
 
 いつもながら、具体的な比喩を用いたわかりやすい小川さんならではの表現です。MTということで思い出しましたが、MT4による新しいWebサイトの表現といい、MODIPHIといい、今までに無い新しいWebサイト制作(構築)の“兆し”を感じました。
 
  MT4LP5に参加しました(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "モディファイ正式版「MODIPHI APPS」リリース"

投稿者 もりた : 18:56 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年04月08日

MT4LP5に参加しました

 先週の土曜日(4月5日)、ベルサール原宿で開催されたCSS Nite主催セミナーMT4LP5に参加しました。CSS Niteは、Web制作のプロ向けのセミナーを継続的に催しているグループ()で、株式会社スイッチ鷹野雅弘さんが中心となって運営されています(かな?)。
 
  概要 - MT4LP5(CSS Nite LP, Disk 5)
  ・MT4LP5が終了しました。(CSS Nite公式ブログ)

 
 
 今回のセミナーは、Movable Type 4.1MT4)を使った企業Webサイト構築に焦点を絞って、その分野の第一人者が講師を務められました。講師の方々が共同で執筆された書籍、「Movable Type プロフェッショナル・スタイル」の構成に沿って、セミナーのセッションがプログラムされていました。
「Movable Type プロフェッショナル・スタイル」

 
 A・B、2つの会場に分かれて8つのセッションが設けられました。Aがデザイナー、クリエイター向け、Bはどちらかというと、開発・運用などシステム寄りという区分けだったように思います。私は、A1、A2、A3、B4に参加しました。
 
 A1(鷹野雅弘氏)は、MT3からMT4になって何が変ったのか、全体がつかめるお話でした。
 
 A2とA3は、企業WebサイトをMT4で作るうえでの実践的なアドバイス中心の内容でした。A2の蒲生トシヒロ氏からは、「MT4では“テンプレートの分割”を使いこなせるようになることが重要なポイントである」ことを教えていただきました。「ネコミミデザイン」というサンプルサイト()を用いて説明して下さいました。

 A3の黒野明子氏のセッションは、あまり難し過ぎないテーマで、それでいて実践にはよく出て来そうな事例を、具体的に、1つ1つていねいにお話していただきました。鷹野さんのお話とも関連しますが、基本であるMTタグを使いこなすことの重要性を理解できたと思います。それにも増して参考になったのは、ウェブ制作会社の新人君やクライアントの担当者といった仮想のキャッラクタを登場させた、とても分りやすい説明そのものの方でした。
cremaこと、黒野明子さんによる分りやすい説明

 
 1つだけ受講したB会場のセッション、B4(丹羽 章氏)では、MTの設置・運用に関する注意点などをお聞きすることが出来ました。レンタルサーバの選び方、ローカルサーバ利用の勧め、移行とバージョンアップ、セキュリティ対策などについて、説明を受けました。
 特に印象に残ったのは、ローカルサーバを作って開発・実験環境として使うことの有用性と、セキュリティ対策のお話です。前者では、XAMPPというツールを使ってWindows上にサーバ環境を作ったり(注1)VirtualBoxVirtualPCというツールを使ってPC上に仮想マシンを作り、その上でLinuxやUnixなどのOSを動かしてサーバ環境を作る方法です。
(注1) Mac用にはMAMPというツールがあるそうです。
 これらのツールを使って手元にサーバ環境を持つことにより、本番環境では試すことのできない実験を行うことが可能となり作業効率がアップするとのことです。それだけでなく、スキルアップにもなり自分の守備範囲を広げることにつながるということです。
 
 もう1つ、セキュリティ対策の解説では、“CGIスクリプトの名称変更”や“特定のIPアドレスからのアクセス制限”等の対策を施すことが、スパムコメントやスパムトラックバックの防止に有効に働くことを知りました。最近このブログでも、1日あたり200個前後のスパムコメントが投稿されて困っています。さっそく対策を実施したいと思います。

続きを読む "MT4LP5に参加しました"

投稿者 もりた : 02:09 | インターネット , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年04月06日

「NHKオンデマンド」正式発表、12月より配信予定

 毎度情報が古くて恐縮ですが、NHKのアーカイブス・オンデマンドサービスが今年12月から始まるというニュースが、NHKおよび関係各社(アクトビラJ:COM)から正式発表されたようです。
 
  「NHKオンデマンド」12月開始、放送番組をネットで配信(INTERNET Watch)
  ・アクトビラ、「NHKオンデマンド」の番組を12月より配信予定(CNET Japan)
  ・J:COMが「NHK オンデマンド」配信(ITmedia News)

 
 
 「NHKオンデマンド」というのが、正式なサービス名のようですね。私は昨年のNHK技研公開で初めて知りました。
 
  「アーカイブス・オンデマンドサービス」が目玉!NHK技研公開2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 ご存じ無い方のためにご説明すると、「NHKオンデマンド」とはNHKが過去に放送した番組を、インターネットを通じて視聴できるサービスのことです(すべての番組が配信の対象ではなく、一部の番組に限られるようです)。
 
 今回の発表によると、NHKが過去(一週間以上前)に放送した番組を配信する「特選ライブラリー」(「大河ドラマ」、「朝の連続テレビ小説」、「NHKスペシャル」等)と、一週間以内に放送された番組を配信する「見逃し番組」サービスとがあるそうです。
 
 視聴手段としては、パソコン、インターネット対応テレビ(現時点ではacTVilaの配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」)、ケーブルテレビ(J:COMのVODサービス)で見られるようです。今回、acTVila(アクトビラ)とJ:COM向けについては発表がありましたが、パソコン向けについては詳細が未だ明らかではないようです。9月頃発表の際に、パソコン向けについても明らかになるとよいのですが。

続きを読む "「NHKオンデマンド」正式発表、12月より配信予定"

投稿者 もりた : 02:21 | インターネット , デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年04月04日

ソニーの新サービス「branco」で、今年はIPTV元年か?

 昨夜、AMN主催の「brancoブロガーミーティング」というイベントに参加しました。brancoとは、ソニーが開発した無料IPテレビサービスで、昨夜のイベント会場もソニーマーケティングさんの高輪オフィスでした。
 
  「brancoブロガーミーティング」にご参加いただき、ありがとうございました。(AMNイベントレポート)
 
 ソニーマーケティングの新宮様、柿沼様から、brancoサービス開発の背景やコンセプト、機能の説明とデモがありました。その後、実際にサービスを体験させていただきました。
 
 サイドモードと呼ばれる小さな画面(ながら見)、フルスクリーンモード、チャット(コミュニケーション)の3つの間を自由に行ったり来たりして、テレビ視聴を楽しむスタイルとのことです。
ソニーの無料IPテレビサービス「branco」

 
 実際に触った印象としては、正直なところ先行するサービス(GyaoYahoo!動画等)との違いは分りませんでした。サイドモードも、ワンセグ(Buffalo社のちょいテレ)の画面と似ていると感じました。ただ、コマーシャルの画面は非常に美しいと思いました。コンテンツとして質の高いコマーシャルを流しても、視聴に耐え得るのではないかと感じました。
 
 
 3月31日にサービスインしたばかり、出来立てホヤホヤだそうです。コンテンツは他から提供を受けて、現在6チャンネルで配信しているとのことです。
 
 動画のコーデック(データ圧縮方式)はWMV、レートは2~最大3.8Mbpsだそうです。配信にはNTTのIPマルチキャスト網を利用するため、利用できるインターネット接続環境はフレッツ光(NTT東日本:Bフレッツ、NTT西日本:フレッツ光プレミアム)に限られるとのことです。実は10日ほど前、一度「branco player」(brancoサービス専用のプレーヤーソフト)をインストールしたのですが、そこで始めてこのことに気付いて、ソフトをアンインストールするという間抜けなことをしてしまいました。
 
 
 そもそも基本的なサービス形態として(branco)、「VOD(Video on Demand)型」ではなく、番組表を持った「プログラム配信型」だそうです。Q&Aの中で番組表の配置が話題になりました。横軸にチャンネル・縦軸に時間(新聞のテレビ欄と同じ)か、その逆(横軸に時間・縦軸にチャンネル)かという点です。brancoは後者を採用しています。チャンネル数が多い場合は、縦スクロールが容易という理由で、後者が向いているのではないかという意見がありました。
 
 Q&Aの途中で私が横槍を入れてしまいました。「地デジ対応テレビ等(家電製品)は、後者になっている」と。我が家のAQUOSテレビ(LC-26D10)はそうなっているのですが、後でよく考えてみると、所有しているもう1台の方(DIGA:DMR-EX350)は前者でした。製品によって異なるのですね。

続きを読む "ソニーの新サービス「branco」で、今年はIPTV元年か?"

投稿者 もりた : 21:36 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年03月31日

家族間通話24時間無料の“波”、きっかけはイー・モバイルか?

 3月28日(金)から、イー・モバイルが電話(音声通話)サービスを開始したようです。
 
  イー・モバイル、3月28日より全国で電話サービス開始(CNET Japan)
 
 
 ご存知の通り、イー・モバイルは昨年3月より、モバイルブロードバンドサービス(データ通信)を提供してきました。
 
  外出先も自宅もイー・モバイル1つあればOK(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 携帯電話サービス提供会社(キャリア)も既に4社(NTTドコモauSoftBankWILLCOM)を数え、利用者への携帯電話端末の普及も、ほぼ飽和状態にあります。
 
 
 そんな状況の中に新規参入するのですから、同社のWebサイトやTVコマーシャルでも
 
 「電話基本料無料」

 「ケータイ初!980円/月で24時間通話無料」
 
といったハデなキャッチコピーが目に飛び込んできます(注:上記のメリットを享受するために、実際にはいくつかの条件があるようです。同社のサイトなどをご確認ください)。
 
 
 「24時間通話無料」
 
 どこかで聞いたフレーズだなと思ったら、NTTドコモが4月1日から開始する「家族への国内通話24時間無料」のコマーシャルのキャッチコピーでした。FOMAでファミ割MAX50加入なら、家族間の通話が24時間無料というものです。
 
  “ファミ割”家族への通話が24時間無料に――ドコモが4月1日から(ITmedia +D モバイル)
 
 同様の割引サービスを、auも3月1日から既に始めていました。キャッチコピーも全く同じ「家族への国内通話24時間無料」(家族割 + 誰でも割)です。
 
  au携帯、家族への国内通話24時間無料に──「家族割+誰でも割」併用で(ITmedia +D モバイル)

続きを読む "家族間通話24時間無料の“波”、きっかけはイー・モバイルか?"

投稿者 もりた : 16:18 | インターネット , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年03月18日

livedoor クリップの「この記事をクリップ!」ボタンを取り付けました

 このブログ(IT屋もりたの今時パソコン日記)に、livedoor クリップの「clip!」ボタンを取り付けました。各エントリーの下に表示されている この記事をクリップ! のマークです。
 
livedoor クリップの「clip!」ボタンを設置しました

 
 もちろん、livedoor Readerユーザーへの露出を意図してのことですが、クリップしていただけるか否かは記事の内容次第ですので、あまり期待はしていません。
 
 昨年「このエントリーを含むはてなブックマーク」ボタン このエントリーを含むはてなブックマーク を取り付けましたが、今回はその隣に追加しました。
 
  「このエントリーを含むはてなブックマーク」ボタンを取り付けました(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "livedoor クリップの「この記事をクリップ!」ボタンを取り付けました"

投稿者 もりた : 17:56 | インターネット , ブログ | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年03月08日

ネットでテレビ、いよいよ本格始動の地ならしか

 数年前、ライブドア元社長の堀江 貴文氏がおっしゃっていた「インターネットはテレビを飲み込む」(正確な発言であるという確信がないまま記述しています。申し訳ございません)という言葉を思い出しました。CNET Japanの見出しを見た第一印象です。
 
  総務省、ネットテレビの仕様標準化に向け、「IPTV特別委員会」を設置(CNET Japan)
 
 
 IPTVについては、このブログでも下記のエントリーの中で言及しました。
 
“3.IPTVがより具体的になってきた
 
 これは、この展示会に限った話ではなく、ここ1~2年ほどの業界およびユーザ動向全体の中で感じていることです。
  ・・・ (中略) ・・・
 ところが、ここに来てまた別の動きがあります。一般的にはiPodの動画対応がきっかけかと思いますが、ユーザー自身がIP(インターネット)やHDDレコーダー等を通じて手に入れた動画コンテンツを、iPod(外出先)、テレビ(家庭内リビングルーム)などパソコン以外の機器で見たい、という欲求を満たすための様々な機器です。  ・・・ (後略) ・・・”

Interop Tokyo 2007/IMC Tokyo 2007(2)展示会全体、今年の傾向(IT屋もりたの今時パソコン日記)より ~
 
 
 これから共通仕様を策定しようというのは意外でしたが、堀江さんのおっしゃっていたことがゆっくりではありますが、ここ数年、一歩ずつ現実に向って進んでいるのだと思います。例えば、
 
 既に現実化しているサービス
  ・GyaoGyao NEXTYahoo!動画など
  ・Gyao+
  ・Wiiインターネットチャンネル
  ・acTVila
 
 今後予定されているサービス
  ・NHKによるアーカイブス・オンデマンドサービス確か、2008年12月からサービス開始だったと思います
 
 IPTVに直接関係しないものも含んでいますが、他にもっとあると思います(知識が無いのでこのくらいしか知りません)。またサービスではありませんが、Apple TVLinkPlayerアイ・オー・データ機器)などの機器が製品化されています(アイ・オー・データ機器のLinkPlayerに至っては、5年も前から製品化されています)。
 
 
 標準化とは直接関係ありませんが、IPTVがより現実化されていく中で、一番強く感じているのは、放送局への期待と不安です。もっとフレキシブル(臨機応変)に、広く(マイナーな競技・試合にも)スポットを当てて欲しいのです。例えばプロ野球。クライマックスシリーズなど短期決戦が導入され、視聴者がどの試合を見たいかは、一日一日変わります。最近は、その変化にTV局(特に民放地上波アナログ局)がついてきてくれないのが残念に思っています。
 
 またプロ野球は過去50年(注1)にわたって、視聴者に選択の自由がありませんでした。元々ファンではなくても、毎日同じ試合ばかり見せられれば、誰でも巨人ファンになってしまいます。
(注1) あいよコーポレーション吉岡社長によると、昭和30年代まではパ・リーグの試合も、結構放送されていたそうです。巨人一辺倒になったのは、長嶋茂雄選手の登場以降だそうです。
 
  榎本喜八(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "ネットでテレビ、いよいよ本格始動の地ならしか"

投稿者 もりた : 02:43 | インターネット , デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年03月05日

外出先も自宅もイー・モバイル1つあればOK

 先日のエントリーの続きになりますが、今回は
 
外出先だけでなく、自宅でもイー・モバイル。インターネットは、これ1本(1回線)でOK」
 
ということについて、お話したいと思います。これはちょうど、一人暮らしの若者が、
 
「携帯電話1つあれば、固定電話はいらない」
 
と言うのと似ている感じがします(もっとも、これは若者に限った話ではありませんが)。
 
 
 モバイル通信サービスを利用している人の多くは、昼間はモバイル経由でインターネットにアクセスしていても、帰宅後は自宅の固定回線(ADSL、光、CATVなど)からアクセスしているのではないかと思います。
 
 そういう方に申し上げたいことは、
 
「自宅に帰ってきても、(外出先と同じくノートパソコンのモバイル環境で)そのままインターネットにアクセスしてはいかがですか」
 
ということです。このように申し上げると
 
 1.モバイルよりも、自宅の回線の方が速度が大きいから

 2.ノートパソコンは仕事用で、自宅では自宅のパソコンでないと用が足りない(例えば「お気に入り」など
 
などの声が聞こえて来そうです。このようにお答えになる方に、イー・モバイルを教えたくなります。私は決してイー・モバイルからの回し者ではありませんが、実際に使ってみて予想以上の実力に驚きました。

続きを読む "外出先も自宅もイー・モバイル1つあればOK"

投稿者 もりた : 22:02 | インターネット , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年03月01日

ADSLの次はイー・モバイルという選択

 自宅のインターネット接続環境を、ADSL回線から光回線に変更したいと考えている方は、たくさんいらっしゃるのではないかと思います。私もその一人です。この記事は、そういった方々に一読していただきたいと思って書いたものです。
 
 結論から申し上げますと、
 
光回線やCATV回線だけが選択肢ではない、(速度やコストの)条件によっては、ADSLからイー・モバイルへという選択もあり
 
ということをお伝えしたいと思います。
 
---
 
 あるお客様からインターネット回線の契約変更について、ご相談をいただきました。アークロードというオンラインゲームに熱中していて、より高速の回線に変更したいという理由です。
 
 現在このお客様は、ADSLの1Mコースに加入しています。4年半前(2003年9月)、ダイヤルアップからADSL回線に変更するため私どもがお手伝いさせていただいた際、出来るだけコストを抑えたいということで、1Mコースを選択されました。
 
 アークロードというゲームソフト(今、流行っているようです)は、頻繁にソフトの更新が行なわれ、その度にダウンロードし直す必要があります。また、ゲームそのものを快適に楽しむためにも、ある程度以上の回線速度が必要なようです(少なくとも現状の1Mでは、快適ではないようです)。
 
 
 ということで、お客様としては光回線を第一候補と考えたのですが、費用が現状(月額2,000円程度)と比べて5,000円近くアップするため、他にどんな選択肢があるのか私どもに相談されたという次第です。なお、結果的にこのお客様は光回線を選択という方向に傾かれました。しかし、参考のために私どもからお客様に差し上げたアドバイスを、以下に掲載します。

続きを読む "ADSLの次はイー・モバイルという選択"

投稿者 もりた : 21:37 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年02月13日

どのマシンをIE7にアップし、どのマシンは残すべきか

 IE7への自動更新が本日開始されました。
 
  IE7への自動更新始まる、がちょっと待って(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 IE7の手動によるダウンロードが公開されて1年以上経過していますので、通常のユーザーの場合は、IE7にバージョンアップしてもよいと思います。あるいは、IE6を使い続けるのも利用者の好みでよいと思います。
 
 
 私は、複数台のパソコンを目的毎に使い分けています。自宅では2台のパソコンを、業務用(メイン)と、私用 兼 業務(新しいソフトを試すなど)用(サブ)に、パソコン教室では生徒さん用とは別に、サーバーやスタッフ業務用として3台、使用しています。
 
 今回のIE7への自動更新開始に伴い、全てのパソコンをIE7にバージョンアップすることはいたしません。一部はIE7にアップし、一部はIE6のままとします。その理由は、私どもがお客様のパソコンサポートを業務としているからです。
 
 今回の自動更新をきっかけに、大部分のユーザーのパソコンのWebブラウザはIE7にバージョンアップされることと思います。しかし、何らかの理由でIE6のまま、使い続けるお客様もいらっしゃると思います。これまでの経験から、そういう(IE6のままの)お客様からサポートを依頼されるケースが少ない無いと、感じております。
 
 これはWebブラウザの件に限らず、XPとVista、Office 2003と2007、パソコンやインターネットの技術的なサポート、教習全般にわたっていえることと認識しております。

続きを読む "どのマシンをIE7にアップし、どのマシンは残すべきか"

投稿者 もりた : 11:59 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

IE7への自動更新始まる、がちょっと待って

 本日、IE7(Internet Explorer Version 7)への、Windows Updateの優先度の高い更新プログラムによる自動更新が始まったようです。
タスクバー右端に「更新の準備ができました」のメッセージが
Windows Update 優先度の高い更新プログラムの中にIE7が

 本日のIE7への自動更新開始によりバージョンアップした人も多いと思います。また既に「そんなの、とっくの昔」という人も少なく無いと思います。私の場合、すぐにバージョンアップ出来ない理由があります。現在、操作マニュアルを作成中で、IE6の画面で書き始めてしまったのです。途中からIE7に変えるわけにはいかず、このまま作成しマニュアル作成作業が終った後に、IE7にバージョンアップしたいと思います(この時期に作成するマニュアルとして、IE6・IE7どちらが妥当か検討の余地はありますが...)。

続きを読む "IE7への自動更新始まる、がちょっと待って"

投稿者 もりた : 10:51 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年02月02日

EV-SSLについて

 先日お伝えしたIE7の自動配布開始にまつわるニュースが、CNET Japanに掲載されていました。
 
  VistaとIE7がもたらすもの「EV-SSL編」(CNET Japan)
 
 それによると、SSL(Secure Socket Layer)をさらに強化したプロトコルだそうです。このようなものが何故必要かというと、
 
 “SSL証明書を悪用したフィッシングサイトが現れ「鍵アイコン」の信頼性が一部で失墜することになった”(CNET Japan 上記の記事より引用)
 
ことが原因だそうです。一年前のWindows VistaとIE7の組合わせの登場によって、EV-SSLが広く認知される結果となったのではないかと思います。

続きを読む "EV-SSLについて"

投稿者 もりた : 01:23 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年01月31日

IE7、ようやく自動配布へ

 IE7(Internet Explorer Version 7)が、2月13日のWindows Updateの高速(優先度の高い更新プログラムを入手します(推奨))、(いわゆる“自動配布)のリストに乗るそうです。
 
  マイクロソフト、2月にIE7の自動更新を日本でも開始(CNET Japan)
 
 
 IE7が公開・ダウンロード可能になったのは2006年11月から。以来、手動でダウンロードして使用している人はいますが、Windows XPユーザーの多くは現在もIE6のままと思われます(パソコンを買い替えて、Windows Vistaになった人は別ですが)。
 
 海外では、Windows UpdateによるIE7の自動配布が済んでおり、ほとんどのWindows XPユーザーがIE7への移行を完了しています。日本など一部の国のみ、延び延びになっていました。
 日本でも当初は2007年4月頃に、Windows Updateの優先度の高い更新項目として公開されると聞いていました。再三にわたって延期になり、今回ようやく更新の対象となったわけです。

続きを読む "IE7、ようやく自動配布へ"

投稿者 もりた : 01:43 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年01月28日

WiiとRimoとYouTube

 昨年12月のこしがや産業フェスタ2007で私ども「IT屋もりた」が行なった、WiiインターネットチャンネルとRimoのデモのビデオを掲載しました。
 
● Rimoのデモ
 
 Rimoは、WiiYouTubeを見る人のために、Wiiリモコンに特化した操作性を実現したソフトウェアサービスです。株式会社はてなが提供しています。
 

 
 
● Wiiインターネットチャンネルのデモ
 
 Wiiでインターネットを見ることが出来ます。そのためには「Wiiインターネットチャンネル」と呼ばれるソフトウェアをダウンロードして使用します(500Wiiポイント必要)。このソフトウェアは、OperaブラウザをWii向けにカスタマイズされたブラウザです。すべてのサイトをパソコンと同じ様に見ることが出来る、いわゆる“フルブラウザ”です。
 もちろん、上記のRimoもWiiインターネットチャンネルを前提としています。
 
 ちなみに下記のデモで見ているのは、YouTubeのビデオです。別にYouTubeでなくてもよいのですが、このフェスタの様子を撮影してすぐにアップロードし、それをWiiインターネットチャンネルで見るのも面白いと思って、そのようなデモにしました。
 映像が乱れて、しかも短いので、判りにくいかもしれません。片手でWiiリモコン、もう片方の手でXactiビデオカメラ)を操作したため、こんな映像になってしまいました(言い訳です)。
 

続きを読む "WiiとRimoとYouTube"

投稿者 もりた : 23:36 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

modiphi(モディファイ)にYahoo! JAPAN IDでログイン

 
 先程は気づきませんでしたが、modiphi.comのトップページに「Yahoo! JAPAN IDでログイン」というボタンが追加されていました(その後、「Yahoo! JAPAN IDはこちらから」に変更されたようです)。小川さんのブログを見て気づきました。
 
  Yahoo! JAPAN IDでMODIPHIが使えるようなりました。(Speed Feed)
 
modiphi.comトップページに設置されたYahoo! JAPAN IDへのログインボタン
 ここからログイン出来ました。

続きを読む "modiphi(モディファイ)にYahoo! JAPAN IDでログイン"

投稿者 もりた : 20:13 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

modiphi(モディファイ)がYahoo! JAPAN IDに対応

 株式会社モディファイさんから、「モディファイYahoo!JAPAN と提携」というニュースリリースをメールでいただきました。以下、メールの文章をそのまま掲載します(既所有のYahoo! JAPAN IDでmodiphi.comにログインを試みましたができませんでしたので、実際の対応は未だではないかと思われます)。

続きを読む "modiphi(モディファイ)がYahoo! JAPAN IDに対応"

投稿者 もりた : 14:04 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年01月23日

フォートラベル(4travel)、請川さんのお話を聞いてきました

アカデミーヒルズ オンラインビジネスセミナーが開催された六本木ヒルズ
 今年初めてのアカデミーヒルズ オンラインビジネスセミナーを受講しました。
 
  オンラインビジネスセミナー ユーザー参加型サイトにおけるクチコミパワーの活用事例 ~旅行のクチコミサイト・フォートラベルのケース~(Roppongi BIZ|アカデミーヒルズ)

 
 講師は旅行のクチコミサイト フォートラベルを運営するフォートラベル株式会社 取締役COO 請川 貴之氏、モデレーターはニュースリリース ポータルサイト News2u.netを運営する株式会社ニューズ・ツー・ユー神原 弥奈子社長です。
 
 
 1.フォートラベルが事業を開始した2003年当時は、アフィリエイト事業各社が業務を開始した時期と重なり、一般企業のインターネットへの理解も浸透するなど、インターネットビジネスをとりまく環境が整備されつつあったこと(あと5年早ければ成功しなかったかも)
 
 2.サーバーなど、ハードウェアが安くなっていたこと

 
 フォートラベルの事業成功要因について、請川氏はインフラ等、環境を挙げていらっしゃいました。また、事業を立ち上げた請川氏と津田氏が、インターネットや旅行(業)に対して理解が深かったという、人的資質も成功の大きな要因とおっしゃっていました。
 
 
 一方、セミナーの最後に本日のまとめとして、「Web2.0企業の事例としてフォートラベルがよく紹介される理由」について、神原さんは次の2点を挙げていらっしゃいました。
 
 1.“小さく始めて、大きく育てる” フォートラベルさんは、まさにこれを地で行っている
 
 2.常に変わらない、事業に対するUser Oriented(ユーザー本位)な視点・姿勢

 
 
 請川さんと神原さんの言葉は、同じことをそれぞれの立場で表現されたものと感じました。

続きを読む "フォートラベル(4travel)、請川さんのお話を聞いてきました"

投稿者 もりた : 00:45 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年01月19日

IT研究会でのMODIPHIの小川浩氏の講演

 毎月参加している3万ドル倶楽部の主催者、ビジネス情報ネット鈴木大吉先生が主宰するもう一つの勉強会「IT研究会」に、株式会社モディファイCEO 小川 浩氏が登壇されたそうです。
 
  16日のIT研究会は、(株)モディファイ CEO兼クリエイティブディレクターの小川 浩さんの講演です。 (経営者の情報技術勉強会 IT研究会、ネット通販の勉強会 3万ドル倶楽部を主宰する鈴木大吉の日記)
 
 昨夜、3万ドル倶楽部から帰宅後に、鈴木先生のブログを見て知りました。ちょっと残念、しかし来週のWBS2.0で小川さんのお話をお聴き出来る予定です。
 
  WBS2.0 Vol.24 feat. Manabu Kondo@GDX Japan開催のお知らせ(Speed Feed)

続きを読む "IT研究会でのMODIPHIの小川浩氏の講演"

投稿者 もりた : 12:00 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

CMSライクにECサイトを構築する手法

 昨日3万ドル倶楽部でのZenCartによるECサイト構築に関する文研ビズ 野見山社長のご講演をきっかけに、今までに学んだCMSライクに更新できるECサイト(Webサイト、ケーターサイト含む)構築手法について整理してみたいと思います。
 
  ZenCartで構築するショッピングサイト(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 過去3万ドル倶楽部では、CMSライクなツールを用いてECサイトやWebサイトを簡便に構築するというテーマに関して、鈴木大吉先生の幅広い人脈によりたくさんの講師の先生を呼んでいただきました。この会に参加していたお陰で、その恩恵に預かることが出来たことは大変ラッキーでした!
 
 
1.Movable Type EC Pack
 Movable Type + Quick Cart + GMOペイメントゲートウェイ株式会社のクレジット決済機能 の組合わせ
 
  ブログでネット通販サイトを開設できるソフト(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「Movable Type EC Pack」販売開始(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
2.BlognPlus(ぶろぐん+)
 
 Blogn(ぶろぐん)、あるいはその機能拡張版であるBlognPlus(ぶろぐん+)というCMS構築ツールを用いて、WebサイトやECサイトを構築する手法について、e売るしくみ研究所の山本 直人社長から教えていただきました。
 
  Blogn(ぶろぐん)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・ブログでホームページを作る(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "CMSライクにECサイトを構築する手法"

投稿者 もりた : 00:36 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年01月18日

ZenCartで構築するショッピングサイト

 今日は本年第1回目の3万ドル倶楽部、「もう一つのネットショップを運営する」というテーマでした。3万ドル倶楽部のメンバーでもある株式会社文研ビズの野見山社長から、ZenCartを用いたECサイト(ネットショップ)構築について、ご講演いただきました。
 
 ZenCartについては名前だけは知っていましたが、具体的なお話をお聞きするのは今日が初めてでした。野見山社長のご講演はお話だけではなく、具体的なデモ(レンタルサーバー上にショッピングサイトを構築)しながらでしたので、非常に説得力がありました。
ZenCartの管理画面

続きを読む "ZenCartで構築するショッピングサイト"

投稿者 もりた : 22:50 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2008年01月04日

MODIPHI.com株式会社化のニュース

 株式会社サンブリッジ小川 浩さんが昨年来、手がけて来られたmodiphi.comの事業が、サンブリッジから独立し、株式会社モディファイ(MODIPHI,Inc.)が今日設立されたそうです。
 
  フィードメディア・エージェンシー 株式会社モディファイ(MODIPHI,Inc.)本日正式に設立(Speed Feed)
 
 
 MODIPHI DJ(α)の発表、MODIPHIリーダー for MOBILEのバージョンアップなど、MODIPHI、および小川さんのニュースは小川さんのブログを通じて知っていましたが、発表会などに行けませんでした。

続きを読む "MODIPHI.com株式会社化のニュース"

投稿者 もりた : 22:33 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年12月07日

NHK「ザ☆ネットスター!」再放送

 先月27日に放送されたNHK 番組たまご 「ザ☆ネットスター!」(NHK-BS2)が今日(12月7日)夕方から再放送されるようです。株式会社カレン 次世代ビジネスリサーチ室長の四家さんがブログに書かれています。
 
  ザ☆ネットスター!(カレン次世代ビジネスリサーチ室ブログ 執筆:四家正紀)
 
 “何しろオープニングとエンディングのテーマソングが初音ミクですよ。たまげちゃいます。”(カレン次世代ビジネスリサーチ室ブログより引用)

 
 私も先週の放送を見ましたが、テーマソングが初音ミクだったことまでは気がつきませんでした。というよりも、初音ミクについては名前のほかに、仮想のアイドルであることくらいしか知りませんので...

続きを読む "NHK「ザ☆ネットスター!」再放送"

投稿者 もりた : 05:07 | インターネット , パソコン | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年12月05日

自宅と店舗、外出先のインターネット接続をすべてイー・モバイルで

 こしがや産業フェスタ2007への出展のために契約したイー・モバイルですが、このまま契約を続けることにしました(契約前からその考えでした)。
 
 これまで自宅と店舗(パソコン教室)それぞれの場所でプロバイダ契約をして、インターネット回線(ADSL)を引いていました。今回こしがや産業フェスタの会場にインターネット接続環境が無いということで、イー・モバイルと契約しました。その結果、自宅、店舗に加えて外出先での接続環境も手に入れることが出来ました。
 
 
 コスト面では、イー・モバイルを契約したことにより、ADSL回線1本を無料で利用できることになりました(イー・モバイル契約者に対するADSLサービスのセットサービスに“無期限セット割キャンペーン”を適用した場合)
 
 そのために、店舗のADSL回線を他社プロバイダからイー・モバイルの親会社であるイー・アクセスに変更する手続きをしました。
 
 一方、自宅のADSL回線のプロバイダはそのまま利用していました。昨日ふと思いたって、自宅で主に使用しているパソコン(デスクトップPC)にイー・モバイルの端末をセットアップして、インターネットに接続してみました。

続きを読む "自宅と店舗、外出先のインターネット接続をすべてイー・モバイルで"

投稿者 もりた : 00:46 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月28日

NHK「ザ☆ネットスター!」を見ました

 先程放映されたNHK-BS2「ザ☆ネットスター!」を見ました。NHKらしい番組でした。
 
  【お知らせ】「ジョジョ立ち」「ロリ校長」も NHK BSで「ネットの面白さ発掘」番組(ITmedia News)
 
 
 番組の中で何かを“やる”のかなと思っていましたが、話題となっているサイトやコンテンツの紹介が中心でした。しかし、結構面白かったです。
 
 TBSのスポーツドキュメンタリー番組「情熱大陸」のテーマソングを、いろいろな楽器を使って一人で演奏する「一人で情熱大陸とかセッションしてみた(YouTubeニコニコ動画)」や、不特定多数でお話を作っていく「ロリ校長」、「ジョジョ立ち」、「ゾンビーズ」などが紹介されました。
 
 いろいろな職業の人で構成された「ゾンビーズ」というグループは、本業とは関係なくローカルで活躍していたのが、ネットのせい(お陰)で全国区になってしまい、全国各地から出演依頼が来るようになってしまったという、ネットとリアルの微妙な関係の例です。
 
 沖縄在住の宮良さんが拾って飼っていた「ふちゃぎ」という猫が行方不明になってしまい、遠く東京の人が「ふちゃぎ 早く帰ってきますように」という願いを絵馬にして神社に奉納するというのは、ネット時代だからこその現象です。

続きを読む "NHK「ザ☆ネットスター!」を見ました"

投稿者 もりた : 00:53 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月27日

NHK「ザ☆ネットスター!」

 今夜この後22時30分からNHK-BS2で「ザ☆ネットスター!」という番組が放送されるそうです。
 
  ・NHK 番組たまご 「ザ☆ネットスター!」(NHKオンライン)
 
 
 数週間前から番組宣伝されていました。出演者の中に「ネットで人生、変わりましたか?」の著者・ITmedia News記者 岡田 有花さんの名前がありましたので、注目していました。
 
 
 「ネットで人生、変わりましたか?」は、岡田さんがネットニュースサイトの記者として、ネットビジネスに携わるさまざまなビジネスパーソンを、「ネットで人生、変わりましたか?」という視点で取材し、ITmedia Newsに掲載した記事を1冊にまとめた本です。
 
 6月ごろ書店でタイトルに惹かれて購入しました。今までネットビジネスのプレイヤーを取材した本では、ビジネスやテクノロジーの面から取材対象を写したものが多いのですが、この本はビジネスやテクノロジーという先入観を出来るだけ抜きにして取材している姿勢が伝わってきます。
 
 普段インターネットやITの仕事の中に埋没しているビジネスマンにとっては、自分の頭をニュートラルに出来る本だと思います。

続きを読む "NHK「ザ☆ネットスター!」"

投稿者 もりた : 21:37 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月25日

モバイル端末1つで複数台PCのインターネット接続環境を実現

 いよいよ今週末 12月1日(土)、2日(日)に迫ったこしがや産業フェスタ2007への出展準備を進めています。先日もご紹介いたしましたが、こしがや産業フェスタの会場はインターネット接続環境がありません。
 
  秋葉原で買い物(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 イー・モバイルのモバイル端末を契約して、パソコン1台のインターネット接続環境は確保しましたが、私どもの業種柄、インターネットにアクセスできるパソコンが1台では展示の目的が果たせません。
 
  イー・モバイル契約しました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 そこで、イー・モバイルの端末を使用していない他のパソコンも、インターネットにアクセスできるようなネットワークを構築することにしました。

続きを読む "モバイル端末1つで複数台PCのインターネット接続環境を実現"

投稿者 もりた : 23:40 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月20日

Yahoo!天気情報の操作方法が変わってしまった

 Yahoo! JAPAN トップページにある“天気”をクリックして表示されるYahoo!天気情報の操作方法が変わってしまいました。数日前から、Yahoo! JAPANのトップページに「Yahoo! JAPANの新しいトップページ(ベータ版)公開中!」というバナーが表示されていることは知っていました。
 
 今回のYahoo!天気情報の操作方法変更は新しいトップページの公開と、直接は関係無いようですが、間接的には関係があるのかも知れません。
 
 
 私どものパソコン教室に来られた生徒さんから、いつものように週間天気情報(Yahoo!天気情報 各地域のページに表示される週間天気予報)が見られないという質問が出ました。その生徒さんは週一回来店され、株価情報検索と天気(Yahoo!天気情報の週間天気)、ニュース(Yahoo!ニュース)を見て帰られます。
 
 
 どうしたんだろうと思って見てみますと、Yahoo! JAPANのトップページの“天気”をクリックする(下左図)と、日本地図が表示される(下右図)ところまでは今までと同じです。
Yahoo! JAPANトップ画面にて「天気」をクリックするYahoo!天気情報の画面。日本地図が表示される

 ここで東京をクリックすると、今までは関東甲信越の地図のページに遷移しました。ところがここで“東京”をクリックしようとしてマウスオーバーすると、今までと違って今日・明日・明後日の天気が表示されてしまいます(下図参照)。たしかにこれではどこをクリックしてよいか判りません。
「東京」をマウスオーバーすると、今日・明日・明後日の天気が表示される

 明日や明後日をクリックするとそれぞれの日の最高・最低気温、湿度が表示されるだけで、関東甲信越のページには遷移しません(しかも明日というボタンの下に最高・最低気温が、明後日というボタンの下に湿度が表示されるので、気温は明日の情報、湿度は明後日の情報と勘違いされかねません)。
「明日」や「明後日」をクリックしても、次の画面(関東甲信越の地図)に遷移しません

 (教える側の立場ですから当然ですが)少し触ってみて、今日というボタンの下にある天気のマークをクリックすればよいことが判りました。
「今日」の下に表示されている天気のマーク(下図の例では晴れのち曇り)をクリックすることにより、次の画面(関東甲信越の地図)に遷移します
 「今日」の下に表示されている天気のマーク(左図の例では晴れのち曇り)をクリックすることにより、次の画面(関東甲信越の地図)に遷移できます。

 クリックすると関東甲信越のページに遷移できました(下左図)。このページでも“東京”のところにマウスを持っていくと、今日・明日・明後日の天気が自動的に表示されます(下右図)が、上記と同様に今日というボタンの下の天気のマークをクリックすれば次のページに遷移します。
関東甲信越の画面に遷移できましたこの画面でも、「今日」の下に表示されている天気のマークをクリックすることにより、次の画面に遷移します

 このようにして東京都のページで“東京”の今日の下にある天気マークをクリックすれば、今までに似た週間天気予報ページ(今日の天気と明日の天気だけ大きく、その先一週間の天気は下に表示されるページ)が表示されます。
「東京」のページで、三度(みたび)「今日」の天気のマークをクリックしますようやく「東京」の「今日」、「明日」と「週間天気」の画面が表示されます

 
 Adobe FlashAjax2010年3月16日 訂正の技術を用いた振る舞いにページ設計を変更した(してしまった)ようです。ブラウザの「戻る」ボタンをクリックすると、1つ前(東京都の地図)の画面ではなく、Yahoo!天気情報の先頭(日本地図)の画面に戻ります(下左図)。「戻る」ボタン横の▼をクリックして履歴を確認することにより、途中(関東甲信越から東京都まで)の画面遷移が、ページ全体の更新(再表示)ではなく、部分更新だったことがわかります(下右図)。
ブラウザの「戻る」ボタンをクリックすると、1つ前の画面(東京都)ではなく、Yahoo!天気情報のトップ画面(日本地図)に戻る履歴を確認すると、必ずしもマウス1クリック毎にページ遷移が発生しているわけではないことがわかる

 ほとんどのPCユーザーにとって、あまり問題ではないのかもしれません。ほんの数秒から10数秒程度触れば、特にヘルプ情報などなくても判ると思います。
 
 しかし個人差はありますが、60代、70代、80代以上のPCユーザーの中には、誰かに教えられるまでわからない方も少しいらっしゃるのではないかと感じました(PC利用経験が短い方だけでなく、長い方でも)。“少し”と申しましたが分母(閲覧者数)が大きいYahoo! JAPANですので、絶対数としてはかなりのユーザー数ではないかと思います。

続きを読む "Yahoo!天気情報の操作方法が変わってしまった"

投稿者 もりた : 20:20 | インターネット | コメント (1) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月16日

Web2.0 EXPO Tokyo 2007

 今、NHK総合テレビでオンエア中の「あみんコンサート~24年ぶりのハーモニー~」を見ながら、このエントリーを投稿しています。既に5曲目の「ペパーミントの香り」に入ってしまっています。
 

 今日(既に日付が変わって昨日、15日木曜)は、日本で初めてのWeb2.0 EXPOが東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで催されました。

 O'REILYのティム・オライリー氏と伊藤 穣一氏(株式会社ネオテニー 代表取締役社長)の対談があったり、ミクシィの笠原社長など、そうそうたるメンバーが登場し、興奮した一日でした。明日(16日金曜)もTwitterを作った人や、Zimbraの社長など、スゴいメンバーが登場する予定で、楽しみです。

 写真はコンファレンス終了後に催されたカクテルパーティの模様。ティム・オライリー氏の挨拶の後、株式会社howsの大塚社長、庄司CTOの音頭で乾杯となりました。

続きを読む "Web2.0 EXPO Tokyo 2007"

投稿者 もりた : 01:34 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月11日

秋葉原で買い物

中央通り神田方面から上野方面を臨む。左側水色の看板は、Sofmap秋葉原パソコン総合館の店舗 一昨日(11月9日金曜日)は、備品等購入のため秋葉原に行きました。前日(11月8日木曜日)に引き続き、こしがや産業フェスタの出展準備が目的です。
 
  イー・モバイル契約しました(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 こしがや産業フェスタの会場は体育館ですので、インターネット接続環境が全くありません。そこでイー・モバイルを契約してインターネット接続手段は確保したのですが、インターネットに接続できるPCが1台だけでは来場者の方にさわってもらうのに支障があります。なんとか3~4台のPCをインターネットに接続したいと考えています。
 
 そこで直接インターネットに接続できないPCは、イー・モバイルの端末を装着している1台のPCを経由してインターネットにアクセスすることを考えています。実現するためにはハブがあれば充分とも考えましたが、ルータを使うと便利そうなので秋葉原に買いに行くことにしました(自宅と店舗にもルータがありますが、業務に使用しているため新たに購入することにしました)。
 
 
 実はルータを購入する目的がもう1つあります。8月に購入してから、まだ1度も使用していないWiiを、こしがや産業フェスタに引っ張り出そうと思っています。Wiiによるインターネットアクセス、特にWiiリモコンでのブラウジング操作を来場者に体験してもらおうと思っています。これなら年配の方でもとっつき易いかも知れません。
 
 
 ということで、下記の無線ルータ(無線LANアクセスポイント 兼 ルータ)を購入してきました。
BuffaloのWHR-G54S

 BuffaloのWHR-G54Sという機種で、4,980円という安さでした。1年以上前の機種ですが今回の目的には充分です。初めは最新の機種(Buffalo WHR-HP-GWLI-TX4-G54HPのセット)を購入し会計まで済ませたのですが、店の出口で上記の機種を発見し、あわてて交換してもらいました。

続きを読む "秋葉原で買い物"

投稿者 もりた : 23:22 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月30日

モバイルインターネット端末購入アドバイス

 1ヶ月以上前のことになりますが、インターネットを前提としたサービス事業を営んでいる知人から相談を受けました。外出先でのインターネット接続に関する相談でした。同じような質問をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、参考のためにご紹介します。
 
 以下メールでやりとりした内容から、一部を抜粋して掲載します。
 
● (知人)メール1 相談
 
“遅ればせながら、営業用に外でインターネットに接続し、■■■■(注1)をお客様に直接ご覧いただけるようにしたいと思います。(できれば今週中)
 
●●●●●●(注2)では、友人からモペラを借りていましたが、毎日使えるようにしたいのです。
今ですと、どういったものがオススメでしょうか。(以前ノジマでウィルコム(?だったかな??)が月額5,000円くらいだったと思います)”

 
(注1) 知人が手がけているサービス事業のブランド名
(注2) 昨年、知人が出展したイベント名
 
 相談のポイントは、“営業用に外でインターネットに接続し”、“毎日使えるようにしたい”でした。その結果、知人のサービスを“お客様に直接ご覧いただける”ようになり、新規顧客獲得につなげたいということです。
 
 
● (もりた)メール2 回答(アドバイス)
 
 相談に対する私の回答は
 
“(あくまでノートパソコンによるWeb閲覧を前提として)
短く言いますと、ウィルコム または イー・モバイルのどちらかを決めて頂く。
次に端末を選択します。ウィルコムなら、AX530N または AX520N。
そしてその端末に合う料金プランを選択という順序です。
 
イー・モバイルなら端末はD01NE。料金プランは6種類しかありませんから選択は難しくないと思います。
 
 詳しくは次の文章をお読み下さい。具体的な段階で判らないことがございましたら、お問合せください。”

 
と回答しました。言い換えますと、
 1.キャリアの選択
 2.端末の選択
 3.料金プランの選択
の順番に、ご自分のニーズと照らし合わせて決めていくということです。
 
 これについてさらに詳しく回答しましたが、非常に長文のため下記のPDFファイルに格納しましたので、ご覧下さい。
 
  ・モバイル端末の選択に関するアドバイス

続きを読む "モバイルインターネット端末購入アドバイス"

投稿者 もりた : 17:30 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月26日

マス・メディアの担い手の選別が始まっている

 1つ前のエントリーの文章では、すべてのマス・メディア、あるいはその担い手であるテレビ局、新聞社、出版社が、日々発生するものごとの本質を見極める力を落としているかの印象を与えたかもしれません。
 
  マス・メディアのチェックは誰が行なうのか(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 旧来のメディア全体がそのような状況というわけではなく、個々の問題であることを、私自身読み返して気付きました。旧来のメディアの個々の担い手、具体的には一つ一つのテレビ局、新聞社、出版社ごとに、あるいは一人一人の記者ごとにその能力は“まちまち”である、と考える方が的確であると思います。
 
 今迄競争という概念は、報道の世界には無かったのではないかと思います。他社より1分1秒でも早く伝える、他社が気づいていない記事をスクープする、という競争はあったかもしれません。しかし、自社や、記者自身の職業上の立場を脅かされる緊張感を持って日々働いていた職業人は、報道の世界では少数派ではなかったかと思います。
 
 製造業・金融業等、他の業界と同様、報道・マスコミの世界にも、今後ますます適者生存の力が働くのではないかと思っています。

続きを読む "マス・メディアの担い手の選別が始まっている"

投稿者 もりた : 19:44 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

マス・メディアのチェックは誰が行なうのか

 今朝9時半から行なわれた、協栄ジム・金平 桂一郎会長と亀田 興毅選手の記者会見をラジオで聞きました。また夕方のテレビ・ニュースでも見ました。
 
 今日の記者会見をラジオで聞きながら、もし攻守入れ替わって記者が会見席に座って質問を浴びせられたら、果たして何人の記者があのように誠心誠意、それでいて堂々と落ち着いて答えることが出来ただろうと思いました。記者でなく普通の大人でもあれ程は出来る人間は少ない、まして私にはとても無理だと感じました。
 
 
 今日の記者会見に至る経緯は既にご存知とは思いますが、念のため記します。
 
 先日行なわれた内藤選手と亀田 大毅選手との試合に於いて、大毅選手が行なった反則行為、反則を指示したとされる亀田 史郎トレーナーと興毅選手に対し、JBC(日本ボクシングコミッション)および所属する協栄ジムから処分が下されました。また内藤選手本人への謝罪を行い、お詫びの記者会見(金平会長、史郎氏、大毅選手が出席)が開かれました。
 
 本日の会見の目的の1つは、先日のお詫び会見で史郎氏と大毅選手(会見開始数分後に退席)の反省が足りないという世論(なのかマスコミ関係者だけの評価なのかは疑問)を受けた謝罪会見のやり直しでした。それに加えてもう1つ、昨日行なわれる予定だった興毅選手の試合が中止になった理由に関しての説明および謝罪があったとのことです。
 
 
 金平会長から発表された、今回の新たな処分等は次の通りでした。
 
  1.史郎氏の(協栄ジムトレーナーの)辞任
 
  2.興毅選手の3ヶ月試合自粛、練習は自宅では行なわず協栄ジムでのみ行なうこと
 
  3.大毅選手については1年間の試合自粛、練習再開時にあらためて謝罪会見を行なうこと
 
 
以上が今日の会見までの大まかな経緯です。
  
 
 今日の会見に父・史郎氏は出席しませんでした。代わって興毅選手が記者からの執拗な質問に、丁寧に本心を答えていました。
 
 ボクシングにはあまり興味が無く、先日の内藤選手と大毅選手の試合は見ておりませんでした。しかし試合直後から始まった、テレビ・新聞・週刊誌などによる今回の報道合戦については、否が応でも見聞きしていました。
 
 今日の会見における興毅選手の受け答えを見て、未だ20歳の若者が大勢の大人に責めながら、誠心誠意、それでいて堂々と応じたことに、実はそれほど驚きを持ちませんでした。
 
 興毅選手の言動や試合、練習風景等は以前からテレビを通して見ていました。「親父を尊敬する、世界一になるためには誰にも負けないくらい練習する」といった言葉や、言葉だけでなく実際にやってみせる姿に、今時、こんな見上げた考えを持っている若者(当時18歳から19歳)がいるんだなぁと好感を持っていました。この若者は本物だと思っていました(その考えは今も変わっていません)。
 
 それに比べて、弟の大毅選手の言動を見た時は、兄とは随分違うな、と思いました。未だ子供だから仕方が無いと見ていました。
 
 ここ1年ほどの亀田家に対するマスコミの取り上げ方、識者などの評価などについてはよく知りませんが、当初と比べてより批判的な論調が強くなっているような感じには捉えていました。
 
 
 素人の私が言うのも変ですが、テレビ、新聞、週刊誌など旧来のメディア(いわゆる“マスコミ)、および、そこで働く人々、報道と言う仕事に対する基本的な考え方を見ていて、少し変だなと感じていました。何が本物で、何がそうでないか、本質を見極める力が不足しているように思います。
 
 これは報道、あるいはマスコミの仕事に限らず、あらゆる仕事に共通する問題であると思っています。どんな職業も、その職業に長く従事している人は、その仕事に関しては専門家です。仕事に詳しく、専門家であるがゆえに陥る問題です。

続きを読む "マス・メディアのチェックは誰が行なうのか"

投稿者 もりた : 19:01 | インターネット | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月19日

3万ドル倶楽部、今月のテーマは「もしもドロップシッピング」

 ネット通販で月商300万達成を目標とする勉強会「3万ドル倶楽部」、今月のテーマはドロップシッピングでした。Googleでキーワード“ドロップシッピング”で検索すると一番上に表示されるのが「もしもドロップシッピング」、今日は運営会社である(株)もしもから佐藤 俊幸氏を招き、勉強を行ないました。


 
 前半は佐藤氏の講義によるドロップシッピングと「もしもドロップシッピング」についての知識の吸収、後半は実際に「もしもドロップシッピング」を使って、サイトを作る勉強でした。 
 
 そして実際に作ったサイトが下の図です。わずか30分程度でここまで作れてしまうのですから驚きです。


 
 商品の写真や商品説明など、商品ページ作成のほとんどの操作が、コピー&ペーストで出来てしまうので、ブログを書いている感覚で楽に出来てしまいます。YouTubeの動画やブログパーツを自分のブログに埋め込む時と同じ操作です。

 「もしもドロップシッピング」で商品を検索し、選択した商品のHTMLタグをコピーします。

 作成中のサイト(編集画面のHTML記述フォーム)に、上記でコピーしたHTMLタグを貼り付けます。

 貼り付けると、このようになります。

 
 上記のサイトは無料ブログサービスの1つであるFC2ブログを使って作りましたが、ブログサービスではなく通常のWebサイト作成手段でも大丈夫です。
 
 
 「もしもドロップシッピング」のサービスは、無料のブログサービスの普及、ドメイン取得、レンタルサーバー申込みの容易さなど、サイト開設の敷居が下がった環境変化を前提にしている点が面白いと思いました。3万ドル倶楽部でもテーマに取り上げられたBlognやBlognPlusMovable Type EC Packなどとは違うアプローチで、独自の新しい発想に感心しました。

続きを読む "3万ドル倶楽部、今月のテーマは「もしもドロップシッピング」"

投稿者 もりた : 23:23 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月13日

IE7の自動配布は2008年以降、そうだったんですかぁ~

 約1週間前のことですが、下記のようなニュースがありました。
 
  マイクロソフト,IE7を日本のユーザーに誤って自動更新で配布 (日経BP社 ITPro)
 
 ニュースの内容は次の通り。
 
“マイクロソフトは2007年10月5日,日本のユーザーに対してWindowsの自動更新でInternet Explorer 7を誤って配布してしまったことを明らかにした。
 
 この自動更新は,主に欧米向けユーザーのためのもの。日本はWindowsの自動更新でIE7を配布する地域に含まれていない。・・・ 途中省略 ・・・「現在は既に配布を停止している」(広報部)。 ”
(日経BP社 ITPro 記事より引用)
 
 
 ニュースタイトルを見て、「誤っていないんじゃないの??」と思ってしまいました。というのは、IE7の(Windows Updateによる)自動配布は多くの国では既に昨年11月に始まっており、日本でも今年の第3四半期(7月から9月まで)に実施されると聞いていたからです。
 
  IE7の自動配布は2007年7月-9月に延期(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 上記日経BP社 ITPro 記事に追記されている、マイクロソフトの「お詫び:自動更新機能によるInternet Explorer 7の予定外配信に関して」というページを読んで、日本においてWindowsの自動更新機能によるIE7の提供開始時期は、2008年以降であることを初めて知りました。“誤って配布”よりもむしろこちらの方が驚きでした。
 
  お詫び:自動更新機能によるInternet Explorer 7の予定外配信に関して(マイクロソフト)

続きを読む "IE7の自動配布は2008年以降、そうだったんですかぁ~"

投稿者 もりた : 18:32 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

modiphi Beta2.2リリース

 株式会社サンブリッジが提供する先進的なインターネットサービス「modiphi」の新版がリリースされたようです。先月のWBS2.0の際に同社 modiphi事業部 エグゼクティブプロデューサー 小川 浩氏が予告していたmodiphi beta 2.2です。
 
  「WBS2.0 feat.増田勇@レッドクルーズ」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 カバーページが派手になりました。
modiphi beta 2.2のカバーページ

 modiphi紹介ビデオ(従来から有りました)、次回WBS2.0(来週18日開催、Feedpath 後藤CTOがゲスト)、第7回フィードビジネスサミット(17日開催)、Web2.0 EXPO(11月15日・16日開催)の告知など情報てんこ盛りです。
 
 
 ログインするとこんな画面です。beta 2.1よりシックな感じになりました。
modiphi beta 2.2 ログイン後の画面

 
 記事をクリックすると、ウィンドウが開いた感じになります(従来からそうでした)。
modiphi beta 2.2 記事をクリックするとウィンドウが開く

 
 なんと、このウィンドウ内でもYouTubeのビデオが再生されます!今までもそうだったのかもしれませんが、もしそうだとすると気付きませんでした。
modiphi beta 2.2 ログイン後の画面

続きを読む "modiphi Beta2.2リリース"

投稿者 もりた : 02:32 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月12日

両親へのパソコン教習

 ブログの更新を3日もサボってしまいました。ところで、“両親のためのパソコン環境整備”の第1弾として、ホームページ閲覧環境の整備が出来たことをお伝えしてから、約2週間経過しました。
 
  インターネットAQUOSを注文しました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・わが家のインターネット回線、開通間近(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・自宅のインターネット環境整備(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 道具だけ揃えても両親が自力でホームページを見られる筈がありません。だからと言って40代、50代の人と同じように、私の両親(70代)に“パソコン教習”していたのでは、教えること(両親からすれば習うこと・憶えること)が多過ぎます。
 私は、両親のような70代、80代(あるいはそれ以上)の人たちのパソコンスキルあるいはリテラシーは、決して低くないと考えています。パソコンなどデジタル機器を製作している技術者の能力・努力不足が原因と考えています。
 
  情報機器の使いやすさ(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 両親が(私がいない時も)自力でホームページを見ることが出来るようにするために、私の行なうべきことが少なくとももう1つあります。行なうべきと判っていながら実施せずに10日ほど過ぎた今週月曜日(3連休の3日目)、姉と妹が実家に帰って来て両親にパソコンを教え始めていました。何時になっても使えるようにしてあげないことを責められた私は、2人が帰った後、教え始めました。
 

 
 上記のビデオは「キューピー3分クッキング」のページの見方を母に教えているところです。インターネットAQUOSのリモコン(下の写真)についている“タッチパッド”では、私がやってもやはりうまく操作できなかったことを、母の名誉のために言い添えておきます。
インターネットAQUOSのリモコンリモコンを使ってWeb閲覧している様子

 先日投稿した「越ヶ谷秋まつり」のビデオもレクチャーの材料として活躍しました。
 
  「越ヶ谷秋まつり」のビデオ(1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「越ヶ谷秋まつり」のビデオ(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「越ヶ谷秋まつり」のビデオ(3)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「越ヶ谷秋まつり」のビデオ(4)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "両親へのパソコン教習"

投稿者 もりた : 21:35 | インターネット , パソコン | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月07日

iTunesとあみん

 iTunesあみんの「In The Prime」を聴きながら、このエントリーを書いています。
私のiTunes画面。ほとんどの曲が「あみん」ともう1人のアーティストのもの。

 iPod nano(第2世代)を購入したまま使用していないことを、このブログで書きましたが、遅ればせながら1ヶ月ほど前から使用しています。
 
  iPod Touch発表-CNET Japanニュースから(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 今まで電車で移動中は、携帯RSSリーダー(ECReal Reader)でブログやニュースサイト(CNET Japanなど)を見ることと、本を読むことが多かったのです。しかし、どちらも文章を読む行為という点で似ており、疲れた時は本を読もうとする気力が起きない時がほとんどでした。
 
 上記のように最近は音楽を聴くという行為が1つ加わりましたので、iPodでよくあみんの歌を聴いています。
 
 
 あみんのコンサートの時に買ったアルバム(注1)「In The Prime」、初めは「ひまわり」という歌が好きということや、「銀色の少女」のことについてこのブログで書きました。
(注1) 私たちの若い時代には、1枚のレコードまたはCDの中に1曲(正確にはA面・B面合わせて2曲)入っているものを“シングル”、1人(1組)のシンガーの曲が10数曲入っているものを“アルバム”と呼んでいました。現在はiTunesなどインターネットで1曲ずつダウンロード購入するスタイルが流行りですので、上記のような形態を何と呼ぶのか知りませんが、昔と同じく“アルバム”という言葉を用いることにしました。
 
  「待つわ'07」あみん・25周年コンサートに行ってきました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・シンガーソングライター 岡村孝子さん(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 それ以外では「待つわ'07」を除いて初めて聴く歌ばかりでしたので、あまり心地よさを感じませんでした。しかし繰り返し聴いているうちに、他の歌もよいと思えるようになって来ました。
 
 例えば
 
   「感謝の気持ち」
   「神様の贈り物ご褒美」
   「流星」
   「In The Prime」
   「夏が終ってく」
   「世界中メリークリスマス」
   「未知標'07」 ・・・ 25年前のシングル「待つわ」のカップリング曲

 
つまり全部です()。上記の取り消し線を引いたところは、書いた後誤りに気付いたところです。
 
 このように最初はしっくり来なかった曲が、繰り返し繰り返し聴いているうちに馴染んでくる感覚を久しぶりに味わいました。10代から20代の頃にレコード(アルバム)を、買ってすぐに全曲(だいたい1枚12曲前後)を一気に聴いていた時に感じたものと同じでした。
 
 曲名も徐々に正解に憶えてしまうものでした。レコードジャケットや歌詞カードを見ながら、順番どおりに聴いていたからだと思われます。iPodでは曲順をshuffle出来てしまうため、新しいアルバムを買った直後に一気に聴く、しかも何度も繰り返し(2~3日は朝から晩まで同じアルバムを聴いているという感じ)という人は、今はいないのかもしれませんね。
 そういう私もやはり、電車内ではshuffleして聴いています(未だ2枚のアルバムしか入っていませんので、shuffleの意味がありませんけれど)。

続きを読む "iTunesとあみん"

投稿者 もりた : 18:44 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月06日

CEATEC JAPAN 2007報告(5)

 同じ話題が続きますが、しばらくご辛抱ください。昨日も幕張メッセCEATEC JAPAN 2007を見に行きました。しかし順番ですから10月4日(木)、展示会2日目に見たものからご報告いたします。
 
 なおCEATEC JAPAN 2007は、本日(10月6日(土))5時まで千葉県・幕張メッセで開催されていますので、ご興味のある方はぜひご覧になることをお勧めいたします。
 
 10月4日(木)は、Hall4~8の‘電子部品・デバイス&装置ステージ’を中心に見ました。加えて10月3日(水)に見れなかった‘デジタルネットワークステージ’の一部(NTTドコモ、KDDIなど)も見て回りました。午後2時から5時までの3時間ですが、さすがに疲れました。
 
1.マスプロ電工
 手のひらサイズの地上デジタルチューナー「DT610」です。


 
2.DXアンテナ
 DXアンテナのセキュリティブランド「DELCATEC」の製品群です。



3.京セラ
 コンデンサなど電子部品で日本のエレクトロニクスを支えている会社の1つです。


 
4.TDK
 フレキシブルRFIDタグ。


 
5.シチズン電子/シチズングループ
 プラスチック液晶(調光サングラスへの応用)。


 電子ペーパー。


 
6.太陽誘電
 HD DVD-Rメディア。


 BD-R LTH TYPE。


 
7.村田製作所
 今やCEATEC JAPANの名物となったムラタセイサク君の村田製作所です。(左)
 UWB High-Bandによる超高速データ転送デモ(USBの無線版)。


 ワイヤレス急速充電システム(開発中)。EPSONとの共同開発のようです。


 
8.アルプス電気
 ポインティングコマンダ。同社のインプットソリューションの提案の1つです。単なる入力デバイスというよりも、表示機器と連携したインテリジェンスのある小システムと言ったほうが当たっていると思います。写真は、シャープのインターネットAQUOSのリモコンに採用されている入力パッドです。


 フチなし印刷(熱転写)。あるデジタルカメラメーカーのフォトプリンタ(個人的には所有しています)に採用されているものではないかと思います。


 
9.オムロン
 HDMI光エクステンダー。

続きを読む "CEATEC JAPAN 2007報告(5)"

投稿者 もりた : 10:22 | インターネット , デジタル家電 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月05日

CEATEC JAPAN 2007報告(4)

 1つ前のエントリー、CEATEC JAPAN 2007報告(3)の続きです。‘デジタルネットワークステージ’Hall9~11の日本の主要家電メーカーの展示の後半です。
 
5.日本ビクター
 「Everio」、ハードディスク型ビデオカメラ(左)と、ハイビジョンビデオ編集の提案(右)です。


 
6.三菱電機
 電車内の情報告知システムです。JRの車両にあるものです。


 
7.富士ソフト
 FSDTV。映像コンテンツ制作・配信をトータルにサポートするソフトウェア、ハードウェア、サービスといった同社の商品群の紹介です。


 
8.松下電器産業


 HDP-PLC(電力線通信)を引っ張っているのはやはり松下です(左)。UniPhier(右)。


 同社の薄型テレビ「VIERA」と繋ぐ各種サービスの紹介。
 acTVila(アクトビラ:今秋始まったIPテレビ向け映像配信サービス)とつながる(左)。同社ビデオカメラ SDカードムービーとつながる(右)。


 
9.東芝


 ジェスチャリモコン。パソコンの前で手でジェスチャーしてパソコンを操作する技術。

投稿者 もりた : 12:54 | インターネット , デジタル家電 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

CEATEC JAPAN 2007報告(3)

 今日この後、CEATEC JAPAN 2007今回三度目の訪問をしたいと思っているのですが、一昨日と昨日見てきたご報告が未だですので、少しアップしてから出発したいと思います。
 
 前のエントリーに続き、一昨日に見た‘デジタルネットワークステージ’、主にHall9~11の日本の主要家電メーカーの展示を掲載します。
 
1.日立製作所
 NewStyleTVを見る人で長蛇の列でした。


 たくさんのWoo。


 世界初 BD + HDD ビデオカメラ。


 
2.シャープ
 AQUOSブルーレイ。


 液晶テレビ AQUOS 52インチ。右側は真横から見た写真(薄い!)。


 WILLCOMとe-mobileに対してモバイル端末を提供しているのはシャープ。


 
3.パイオニア
 液晶テレビ「KURO」(左)と、carrozeria(右)。


 
4.ソニー/ソニーマーケティング


 世界初!有機ELディスプレイ XEL-1.今展示会No.1の話題製品、薄さ3ミリの薄型テレビです。


 同じく有機ELディスプレイ。こちらは27インチ、参考出品です。

続きを読む "CEATEC JAPAN 2007報告(3)"

投稿者 もりた : 12:31 | インターネット , デジタル家電 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月04日

CEATEC JAPAN 2007報告(2)

 昨日に続き今日もCEATEC JAPAN 2007会場に行ってきました。相変わらずスゴい混雑です。


 今日見たものを報告したいところですが、昨日のものが未だ残っていますので、順にご紹介いたします。昨日はHall1~3、およびHall9~11の‘デジタルネットワークステージ’を見て回りました。
 
1.情報大航海プロジェクト
  NHK技研 Motion-JPEG2000


  Listen Book「本を聴く」


  アイスキューブ 超臨場感3D映像


 
2.工人舎
  今話題のインテル UMPC


 
3.PLC-J(高速電力線通信推進協議会)
  実用段階に入った電力線通信(三菱電機の展示など)


 
4.日産自動車
  スカイライン


 
5.マイクロソフト
  Windows LiveとWindows Vistaの展示を行なっていました。意外にもマイクロソフトは、CEATEC初登場だそうです。


 
6.富士通
  富士通の技術が注目に値します!


  ロボット


  MEDIA TOPの動画です。

 
  スポットキャスト ・・・ ワンセグを用いた小規模商店活性策


  ビデオウィンドウ


  フルHD H.264トランスコーダLSI


  ネットTVソリューション


 
7.NAVITIME
  acTVila(アクトビラ)版 NAVITIME


 
8.NEC


  PushToX


  NGN


  静音PC ・・・ 静音化のための水冷方式


  携帯電話 ・・・ 3.6Mbps HIGH SPEED


  network speax ・・・ ネットワークFAX。LANケーブルでPCと接続。スキャナとして、あるいは留守中のFAX受信をケータイにメール転送など、FAXとPCを連携した使い方。


  PaPeRo(パペロ)の動画です。

続きを読む "CEATEC JAPAN 2007報告(2)"

投稿者 もりた : 23:58 | インターネット , デジタル家電 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月03日

CEATEC JAPAN 2007を見に行きます

 昨日から今朝にかけてテレビ、インターネット(PC、ケータイ)で盛んに報道されていますのでご存知と思いますが、CEATEC JAPAN 2007が千葉県の幕張メッセで開催されています。
 
 厚さ僅か3ミリのテレビ(SONY 有機EL)や、恒例となったムラタセイサク君などの映像が、テレビのニュースで映し出されました。例年以上にテレビのニュースに取り上げられている印象があります。ITやデジタル技術が普通の暮らしの中に浸透した表れかと思います。IT業に携わる者として、うれしいことです。
 
 過去2年間のムラタセイサク君の活躍は、以下の通りです。
 
  ・CEATEC JAPAN 2005 報告(3)(IT屋もりたの「いまさらパソコン」)
  ・CEATEC JAPAN 2006報告(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 今週の土曜日(10月6日)まで開催していますので、ITに多少でも関連した仕事をしている方はぜひ見に行くことをお勧めします。
 
 ~10月6日(土) AM10:00 ~ PM5:00  場所: 幕張メッセ [地図
 
 もし行かれる場合は、事前登録をしてからお出かけください(事前登録が無い場合は入場料1,000円)。

続きを読む "CEATEC JAPAN 2007を見に行きます"

投稿者 もりた : 11:11 | インターネット , デジタル家電 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年10月02日

mixiがニューデザインに

 既にお気づきと思いますが、昨日からmixiのデザインが新しくなりましたね。
10月1日からリニューアルされたmixiのサイトデザイン
 10月1日からリニューアルされたmixiのサイトデザイン。

 以前のデザインはこちらです。
リニューアル前のmixiのサイトデザイン
 リニューアル前のmixiのサイトデザインです。

 全体的に柔らかく上品な感じになりました。また、マイミクシィ最新日記やコミュニティ最新書き込みのタイムスタンプが時分表示になりました(当日書き込みのみ)。
コミュニティ最新書き込みのうち、本日書き込みの3件のタイムスタンプが時分表示になっている
 本日(10月2日)書き込みの3件が時分表示になっている。

 
 サイトデザインリニューアルについて詳細は、運営者(mixi)からのお知らせのページに書かれています。
 
  サイトデザインリニューアル実施のお知らせ(mixi 新機能リリース・障害のご報告 注:mixiにログインしてご覧下さい)

続きを読む "mixiがニューデザインに"

投稿者 もりた : 10:26 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年09月28日

自宅のインターネット環境整備

 “両親のためのパソコン環境整備”の第1弾-ホームページ閲覧環境の整備が出来ました。
 
  インターネットAQUOSを注文しました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・わが家のインターネット回線、開通間近(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 インターネット接続設定、パソコンおよび液晶テレビのセッテイングを終え、昨夜ようやく両親に私のこのブログを見せることが出来ました。
アッカ・ネットワークスのモデム液晶テレビAQUOS
液晶テレビAQUOSとインターネットAQUOSインターネットAQUOS

 その他、両親がよく見ているNHKの「ためしてガッテン」乗換案内のページを見せました。
私のブログ(IT屋もりたの今時パソコン日記)
NHK総合テレビ 毎週水曜夜8時「ためしてガッテン」
インフォシーク 乗換案内

 残念ながら昨夜の段階では、私がそばにいない時に両親だけで操作してホームページを見るレベルには達していません。これについては、私がやるべきことが残っています。未だやっていないので、早く実現して両親それぞれが、自力でホームページを見られるようにしてあげたいと思っています。
 
 
 ホームページ閲覧環境実現のために最も留意したことは、両親、特に一日のほとんどをダイニングキッチンで過ごす母の生活スタイルを変えないということでした。テレビのリモコンと携帯電話を常に手元に置いています。
 
  両親でも使えるパソコンの探求(その2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 そのためパソコンの選定に当たっては、今見ているテレビの画面と、今使っているリモコンでということを最優先しました(もちろん、テレビの画面もリモコンも新しい製品に変わってしまいますが)。先日も申しましたが、購入した商品は、シャープの液晶テレビAQUOS(LC-26D10-B(注1))とパソコン インターネットAQUOS(PC-AX120S)です。
(注1) 先日はLC-26D10-W(白)と記しましたが、購入直前にLC-26D10-B(黒)に変更しました。
買換え前のテレビもシャープAQUOSだった(20インチ)今回購入した液晶テレビAQUOS LC-26D10-B(26インチ)

 
 今回の環境整備第1弾によって、今まで出来なかったことが可能になったことが3つあります。
 
 1つは、上で述べたホームページの閲覧です。
 
 2つめは、テレビのBSデジタルとCSデジタルのチャンネルが見られるようになったことです。今までは地上波アナログとNHK-BS1、BS2だけ見ていました。なお、地上波デジタルは1ヵ月半以上前にアンテナを設置したのですが、今もって見ることが出来ていません。
 
  地デジが見たい(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 私の悪い癖ですが、原因がわからないまま放置した状態です。とりあえず、地上波アナログ放送終了(2011年7月24日)までに何とかしたいと思っています。
 
 3つめは、テレビの録画が可能になったことです。番組を見ている最中に、これをメモしておきたい、録画しておいて繰り返しみたいと思った時、即座に録画を開始できる“リアルタイム録画”という機能です。昨夜の段階で、これも未だ設定してありません。早く設定してあげたいと思います。

続きを読む "自宅のインターネット環境整備"

投稿者 もりた : 21:59 | インターネット | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年09月25日

わが家のインターネット回線、開通間近

 両親でも使えるパソコンの探求の一環として、わが家にもう1本インターネット接続する準備が着々と進んでいます。
 
 今朝、モデムが届きました。
アッカ・ネットワークスから届いたモデム

 昨日は、電話回線のあるところからパソコン(兼テレビ)を置くリビングまで、LANケーブルを配線しました(青い線が、LANケーブル)
壁のモジュラージャックLANケーブル配線柱を伝ってLANケーブルを配線

柱と戸のすきまにLANケーブルを配線
 柱と戸の“すきま”もLANケーブルを配線して、リビングまで引きました。“すきま”には既にアンテナ・ケーブルが配線されていました。昨年・冬のオリンピックのために引いたものです。
「すきま配線ケーブル」の出来映え
 昨年の冬のオリンピックを見るために、既にアンテナ・ケーブルが“すき間”を通して配線してありました。今回は、その下にLANケーブルを配線しました。

現在液晶テレビ(アナログ放送)を置いてある場所まで、LANケーブルを配線
 現在液晶テレビ(アナログ放送)を置いてある場所まで、LANケーブルを配線しました。余裕を持って15mのLANケーブルを使いました。

 プロバイダから通知された、ADSL回線の開通予定日は明日です。いよいよ両親にインターネットを見せることが出来ます。

続きを読む "わが家のインターネット回線、開通間近"

投稿者 もりた : 22:55 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年09月24日

インターネットAQUOSを注文しました

 両親のためにパソコンを注文しました。シャープのインターネットAQUOSです。
 
 正確には、インターネットAQUOS(PC-AX120S)というパソコンと、AQUOS(LC-26D10-W)という液晶テレビを購入したということになります。何故このように分けるかといいますと、この液晶テレビAQUOSは、PCのモニタ専用として設計・開発された製品ではなく、液晶テレビ単独商品でもあるからです。
 
 
 この春、私の両親(ともに70代半ば)でも使えるパソコンを検討しておりましたが、途中で頓挫していました。
 
  両親でも使えるパソコンの探求(その2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 論理的にステップを踏んで進めていこうと考えていましたが、すでに半年が過ぎてしまい、これでは申し訳け無いということで、やっと重い腰を上げたところです。一気に結論まで持って行って、実施をしました。
 
 インターネット回線については、BIGLOBEの「ADSL(アッカ)」コース 12Mライトを申込みました。26日に開通予定です。
 私は両親と同居しており、自宅には仕事のためにインターネット回線を1本引いています。結論としては仕事とは別にもう1本引くことにしました。両親も最初は慣れていないのでインターネット閲覧頻度も少ないと思いますが、徐々にインターネット経由で映像を見る時間が増えることが予想されます。利用状況を見ながら、光への移行タイミングを見定めていくつもりです。

続きを読む "インターネットAQUOSを注文しました"

投稿者 もりた : 22:29 | インターネット , パソコン | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年09月21日

3万ドル倶楽部「販促グループディスカッション」

 毎月恒例の3万ドル倶楽部(注1)に午後から参加しました。
(注1) ネット通販で月商300万円達成を目標とする勉強会。鈴木 大吉先生が主催する。
 
 今月は有限会社サーブ山田 雅彦社長を講師としてお迎えし、「販促グループディスカッション」を行ないました。3万ドル倶楽部のメンバのうち、いくつかのショップの商品・サービスをピックアップし、販売促進対策について1グループ当り3、4名ずつのグループに分かれて、ディスカッションしました。
 ピックアップされた商品・サービスを販売している当事者は、自店が売る商品・サービスを議論するグループには参加せず、他のグループに入って議論するという念の入れようです。議論の方法として、参考になりました。
 
 
 私たちのグループは、株式会社マシン・エイジさんが運営する「ケース・スタディ・ショップ」の3人掛けソファーの販促について、ディスカッションしました。“チェルシー”という同社のオリジナルブランド商品で、1つ20万円前後で販売しているとのことです。
 
 最初に山田先生から、議論の方法について説明がありました。お店側の人間としてではなく、消費者・顧客の立場から意見を出しまとめていくこと。次の4点の“問い”について10分間ずつ議論して、最後にまとめること。最後にグループ毎に発表を行ないました。
ディスカッションの結果を発表する様子
 写真は横浜夢工房さんの“名入れ”サービスについてディスカッションしたグループによる発表の様子。

 
山田先生からの4つの“問い
 
 1.その商品(サービス)を買うことによって、買った人にはどのような得(とく)があるのか?
 
 2.その得(とく)をお金を出してわざわざ買うのは
   ・どんな人か?
   ・どんな時か?
   ・どんなところで?
 
 3.その人(見込み客)は
   ・普段インターネット上のどこにいるか?
   ・何をきっかけに、サイトを訪問してくれそうか?
 
 4.サイトを訪問してくれた人が、その得(とく)に気付き、さらに自ら想像を膨らませるために必要なのは
   ・(サイトの)どんな雰囲気?イメージ?色使い?
   ・どんなタイトル?キャッチコピー?
   ・どんな写真?画像?
 
等々...

続きを読む "3万ドル倶楽部「販促グループディスカッション」"

投稿者 もりた : 23:45 | インターネット , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

iPhoneやiPod touchがケータイに与える影響についての考察

 昨日のエントリー「WBS2.0 feat.増田勇@レッドクルーズ」の続きです。
 
  WBS2.0 vol.19 いよいよ今夜!RSSベンチャー集合しました。(Speed Feed)
 
 WBS2.0の最後は、これも恒例となっている「京子の部屋」です。「ほめ言葉ハンドブック」の著作で知られる株式会社サンブリッジ 祐川京子氏の司会で進められるトークセッションです。
 
 いろいろなお題(質問)に対して、株式会社サンブリッジ modiphi事業部 エグゼクティブプロデューサー 小川 浩氏株式会社レッドクルーズ 代表取締役CEO 増田 勇氏が答えるという趣向です。
 
 
 「今気になること」として小川氏が、「iPod touchを9月末に手にすること(既に注文されたとのこと)」を挙げていらっしゃいました。
 iPod touch(もうすぐ9月末発売)、iPhone(日本では来年発売予定といわれている)の発売が、PCと携帯電話の境界、(日本における)携帯電話3大キャリア毎に分かれている境界を、無くしてしまう(しまった)という見解は、私の耳目を刺激しました。
 
 
 iPhoneが今年6月末にアメリカで発売された時、私はそれほど興味が無い、来年日本で発売された時にどんな影響があるのかわからない、しかし今までのApple製品よりは影響力のある製品であろうと、やや引いた目で見ていました。
 
  Apple社の「iPhone」ついに発売(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 「京子の部屋」で小川氏のコメントをお聞きし、そういう意味(見方)もあったのかと知らされました。iPhone発売の意義が今一つピンと来ず、そんなことは日本のモバイル環境で既に実現していることばかり、単にUIが少し変わっているだけという認識でした。(その認識は今も変わらず、小川さんのおっしゃっていることは正直ピンと来ていません。)
 
 今までのケータイとどこが違うかということを、あらためて私なりに考えて見ます。
 
 iPhoneやiPod touchは、パソコン(Win、Mac)向けのWebサイトがそのまま見れます。それは、iPhoneやiPod touchは中味(技術的に)はパソコン(Mac)で、外形(大きさ)的にはケータイだからです。(Macと同じくSafariというブラウザが搭載されています。)
 
 従って屋外でもYouTubeの動画を見たり、iTunesからビデオや音楽をダウンロードすることが出来るわけです。今までのiPodは、自宅でiTunesから音楽やビデオをダウンロードしておく必要がありました。
 
 現在のケータイでも「iモードフルブラウザ」(NTTドコモ)や「PCサイトビューアー」(au)といったPCサイト閲覧ブラウザが搭載された機種であれば、PCサイトにアクセスできます。しかし、PCではないので音楽やビデオのダウンロードや、YouTubeの動画を見ることは出来ません(裏技的な方法でケータイでYouTubeの動画を見ることは可能なようです)。
 
 むしろW-ZERO3(WILLCOM)やem・one(イー・モバイル)といったスマートフォンの方が、iPhoneやiPod touchに近いと思います。iPhoneやiPod touchの発売によって、両社(WILLCOMとイー・モバイル)にどの程度の影響が起こるのか、興味があるところです。

続きを読む "iPhoneやiPod touchがケータイに与える影響についての考察"

投稿者 もりた : 12:57 | インターネット , デジタル家電 , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年09月20日

YouTubeの動画に対する反響の大きさ

 一昨日YouTubeにアップロードした動画に対するアクセス数の多さに、ビックリしています。
 
  「ヨネックス・オープン」のビデオ(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  ・YouTubeにおける私のアカウント mmorita3
 
 
 9月16日 東京体育館「第26回 ヨネックスオープンジャパン2007」決勝戦のビデオ・10ファイルをアップロードしたのですが、2日間の再生回数が11,799回に達しています(2007年9月20日 12時30分現在)
YouTubeにアップロードした私の動画

 
 評価も20件、チャネル登録者(注1)が6名、コメントが4件寄せられています。
(注1) YouTubeの私の動画ページをチャネルとして登録してくれた人。私が新たな動画をアップすると、登録者に通知される。
 
YouTubeにアップロードした私の動画

 
 今回、動画を自分でアップロードしてみて、YouTubeの高い認知度、閲覧ユーザー数の多さ等、反響の大きさを再認識しました。特にコメントがアジア各国(マレーシア、シンガポール、フィリピン)の方からのもので、チャネル登録者もヨーロッパ、北アメリカなどの方々で、そのグローバル性を実感しました。

続きを読む "YouTubeの動画に対する反響の大きさ"

投稿者 もりた : 14:23 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年09月18日

「ヨネックス・オープン」のビデオ

 一昨日、東京体育館で行なわれた「第26回 ヨネックスオープンジャパン2007」決勝戦の観戦時に撮影したビデオを、YouTubeにアップロードしました。
 
  「ヨネックス・オープン」見てきました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 入場の際、申請して受け取ったビデオ撮影許可証には、撮影許可の条件として「撮影したビデオテープは個人の趣味とし、商業用の目的として使用しない。」、「上記に違反したときはビデオテープは没収します。」とあります(「」内は、“ヨネックス オープン ジャパン 2007大会事務局 ビデオ撮影許可証”より引用)
 
 私としては商業用目的ではなく個人の趣味のつもりですが、大会事務局 および 関係機関(日本バドミントン協会など)、YouTube(Google)などから指摘された場合は、アップロードしたビデオを削除する可能性があることを、予め申し述べさせて頂きます。
 
 
 アップロードした動画は、男子シングルス・決勝戦 リー・チョンウェイ選手(Chong Wei Lee :マレーシア) 対 タウフィック・ヒダヤット選手(Taufik Hidayat :インドネシア)の試合です(黄色いシャツがマレーシアのリー・チョンウェイ選手です)。
 実力伯仲のため第3セットにもつれ込む接戦でした。世界最高レベルであると同時に、リー選手の基本に忠実なプレーが随所に見られたお手本のような試合でした。

 
 エキサイテキングなプレーのシーンだけをセレクトして、1試合を1本(10分以内)にまとめようと思いましたが、どのシーンも捨てがたいプレーばかりで、結局第1セットのみを1本(6分34秒)に編集しました。
 
 一昨日は全種目の決勝戦・5試合が行なわれ、観戦する側も5時間の長丁場でした。最初の試合(混合ダブルス)からビデオ撮影を始めてしまったため、この試合(男子シングルス)の終了直前(第3セット 19対19の時点)で、バッテリー切れとなってしまいました。
 
 リー選手 対 タウフィック選手の試合、撮影した全シーンは9個のファイルに分けてYouTubeにアップロードしているところです。編集といった編集はタイトル挿入程度しかやっていませんが、レンダリングに非常に時間を要するため、1つずつやっています。現在までに、9ファイル中5ファイルをアップロードしましたので、是非ご覧下さい。
 
  ・YouTubeにおける私のアカウント mmorita3

続きを読む "「ヨネックス・オープン」のビデオ"

投稿者 もりた : 23:58 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年09月07日

検索エンジンもカスタマイズの時代に

 一昨日、マイクロソフト株式会社 新宿オフィス(小田急サザンタワー)5F セミナールームで開催された、第57回 MSDNオフラインセミナー「Windows Live API を利用した Search アプリケーションの開発」を受講しました。
 午後6時過ぎ、新宿駅南口(注:新南口の方が近い)を出て会場までの通路(いわゆるサザンテラス)を歩いていると、仕事を終えたサラリーマン、OLたちがお店でくつろいでいました。
 
 
 MSDNオフラインセミナーとは、マイクロソフト社による開発者支援策の1つであるMSDNMicrosoft Developer Network)のオフライン版で、スクール形式の無償セミナーです。
 
  MSDN オフラインセミナー ~開発者のためのスクール形式無償セミナー(Microsoft Corporation)
 
 今まで参加したことが無かったのですが、とっつき易そうなテーマを短時間で学べそうなので申し込んでみました。今回以外にも面白そうなテーマが並んでいますので、ソフトウェア開発者の方は参加することをお勧めします。ちなみに私は第61回 全国ツアー クライアント編 「次世代 Web に向けたユーザー体験の開発」と、第63回 「Visual Studio 2008 製品概要」を申し込みました。

続きを読む "検索エンジンもカスタマイズの時代に"

投稿者 もりた : 19:57 | インターネット , ソフト開発 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

Google Readerとmodiphiの違い

 またまた、CNET Japanのニュースからのエントリーです。
 
  Google Readerに検索機能:ニュース(CNET Japan)
 
 
 このニュースを見た直後の私自身の第一印象は「あれ、その機能は既にmodiphiにはあったんじゃなかったかな?」というものでした。
 
 modiphiで試してみました。(検索キーワードは「iPod Touch」)
modiphiの検索機能を試す。

 Google Readerでも試してみました。(検索キーワードは同じく「iPod Touch」)
Google Readerの検索機能を試す。

 
 両者の違いは、modiphiでは検索対象が“全てのエントリー”(自分が登録したエントリーだけでなく、modiphiが収集してくる全てのフィード)であるのに対し、Google Readerの場合は(自分が)登録したフィードのみを検索対象としていることでした。
 
 この差は、modiphiにのみフィードアグリゲーター機能(広範囲の対象から多くの新着記事を収集してくる)が実装されており、Google Readerはその機能を具備していないことに起因すると思います。

続きを読む "Google Readerとmodiphiの違い"

投稿者 もりた : 03:55 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

iPod Touch発表-CNET Japanニュースから

 事前にさまざまな憶測が飛びかったiPodの新シリーズが、アメリカ時間9月5日に発表されました。サプライズは新たに追加された「iPod Touch」です。
 
  アップル、「iPod」シリーズを刷新--「iPod touch」や価格改定を発表:ニュース(CNET Japan)
  ・フォトレポート:アップル、タッチスクリーン型iPod touchなど発表:ニュース(CNET Japan)
  ・国内価格は? iPod Touch日本でも発表:ニュース(CNET Japan)

 
 
 iPhoneから携帯電話機能を取り除いたものという説明が頭に入ってきました。(目新しいことは)タッチスクリーンによるiPhoneのUIを試せることだけかと思っていましたら、よく読むと無線LAN(Wi-Fi)機能内蔵ということで、なるほどアップルだなと思いました。iPhoneの発売が来年まで待たされる日本のユーザーにとっては、購入を検討する余地がありますね。
 
 当然、ブロガーからの注目度も高いようで、中には既に購入(注文)してしまった方もいらっしゃるようです。
 
  iPod touch オーダーしてしまったひと、手を挙げて。はい!(Speed Feed)
  ・新型(パソコンのサポートやってます。)
  ・「iPod touch」リリース(ネタフル)
  ・「iPod touch」はブログが書ける(ネタフル)

 
 
 ところで私ども「IT屋もりた」では、無線LANスポットとしての営業も行なっております。(有料。30分200円)お近くにお越しの際は是非ご利用ください。(東京メトロ三ノ輪駅 徒歩05分)
 
  パソコン教室 IT屋もりた(FREESPOT)
 

拡大地図を表示
 
 
● 「iPod nano」にビデオ機能追加
 
 「iPod Touch」だけでなく、iPod各シリーズがリニューアルされています。
 
  The Apple Store (Japan)
  ・アップル新・iPodシリーズ、日本国内でも販売開始へ:ニュース(CNET Japan)

 
 特に従来は音楽機能だけだった「iPod nano」にビデオ視聴機能が追加されました。
 
  iPod nano(アップル)

続きを読む "iPod Touch発表-CNET Japanニュースから"

投稿者 もりた : 02:03 | インターネット , デジタル家電 , 携帯電話 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年09月06日

asahi.com RSSで広告配信-CNET Japanニュースから

 前エントリーに続き、CNET Japanのニュースから。
 
  朝日新聞、「asahi.com」のRSSで広告配信を開始(CNET Japan)
 
 
 RSS(Feed)で更新通知だけでなくコンテンツそのものを配信すること、とりわけコマースへの有用性は、modiphiを提供している株式会社サンブリッジ小川 浩氏が力説されています。
 
  Feedを配信するということ@WBS2.0 vol.17(Speed Feed)
  ・RSS/Atom Feedに関わる最良のソリューションの提供を。(Speed Feed)

 
 
 また、RSSフィード内に広告を挿入して配信するサービスは、既にRSS広告社さんからサービス(TrendMatch)が提供されています。

続きを読む "asahi.com RSSで広告配信-CNET Japanニュースから"

投稿者 もりた : 13:31 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

BIGLOBE「東映アニメBBプレミアム・見放題プラン」開始-CNET Japanニュースから

 CNET Japanのニュースから。
 
  BIGLOBE、東映アニメ作品約1000話が見放題の定額制映像配信サービスを開始(CNET Japan)
 
 “東映アニメーションが所有する過去の名作アニメが月額1554円の定額利用料で楽しめる映像配信サービス。毎月15作品、約1000話(約2万4000分)の映像が視聴できる。”(CNET Japanニュースより引用)
 
 既に従量課金制でサービス提供されており、今回は定額制の導入ということだそうです。
 
 
 利用するためにはBIGLOBEユーザID、またはBIGLOBEカフェ・メンバ名による認証・決済が必要であるとのことです。詳しくは下記ホームページを参照ください。
 
  東映アニメBBプレミアム・見放題プラン(BIGLOBE ViDEO STORE)
 
 
 NHKによる過去放送番組のネット配信、テレビ製造メーカ主導による「アクトビラ」サービス開始など、ネットによる映像視聴一般化の流れが加速してきた一例と認識しています。
 
 (アクトビラ)
  ・テレビでいつでもビデオレンタル!「アクトビラ ビデオ」(「アクトビラ」公式情報サイト)
  ・D2Cなど4社、「アクトビラ」でペイパーコールサービスを開始(CNET Japan)
 
 (NHK)
  ・「アーカイブス・オンデマンドサービス」が目玉!NHK技研公開2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・NHK過去1週間の番組ネット配信、アップルのフラッシュメモリ大量消費など(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "BIGLOBE「東映アニメBBプレミアム・見放題プラン」開始-CNET Japanニュースから"

投稿者 もりた : 01:17 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月29日

ニューズ・ツー・ユー神原社長へのインタビュー記事を読みました

 インプレスR&Dの「Web担当者Forum」に掲載された株式会社ニューズ・ツー・ユー 神原弥奈子社長へのインタビュー記事を読みました。(雑誌ではなく、Webの記事で)
 
  PR 2.0時代の企業PR活動を支援する/ニューズ・ツー・ユー(Web担当者Forum)
 
  ・「PR 2.0時代の企業のネットPRを支援して すべてのステークホルダーにニュースを届ける」(minako's blog)

 
 
 インタビューの内容は“PR2.0時代における企業のネットPRを支援するニューズ・ツー・ユーの取組みや思い”について、かなり詳細に語られています。単に、企業の広報担当者向けというだけでなく、企業や商店のホームページ、ECサイト(ネットショップ)など、Webサイトを持っている全ての人に参考になるお話と思いますので、一読されることをお勧めします。
 
 但し今回のインタビュー記事はかなり長いので、ある程度の覚悟が必要かもしれません。もっとも、神原社長のお話は(神原社長のブログやご講演をお聴きになった方は判ると思いますが)、平易でわかり易くご説明されますので、頭の中にすーっと入ってくる感じです。

続きを読む "ニューズ・ツー・ユー神原社長へのインタビュー記事を読みました"

投稿者 もりた : 16:20 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月27日

Yahoo! JAPANの新しいレイアウト

 Yahoo! JAPANのトップページのレイアウトが、突然変わりました。
Yahoo! JAPANの新しいレイアウト(テスト中)

 教室で教えている時に、私が使用している講師用のパソコンのYahoo! JAPANのレイアウトが、上図のように変わりました。隣のパソコンを見てみると元のままです。
隣のパソコンのYahoo! JAPANトップページは元のまま

 画面の一番上に「Yahoo! JAPANの新しいレイアウトをテスト中です。アンケートにご協力ください(8月29日まで)。」と書いてあります。近々全面的にリニューアルされるのでしょうか?
新しいレイアウトに対するアンケートページ

 
 それにしても、新しいレイアウトに変更されたパソコンは、どのようにして選ばれたのだろうか不思議です。

投稿者 もりた : 23:55 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月22日

YouTubeの広告表示が始まる

 米国時間8月22日から、YouTubeに広告(ミニコマーシャル)が表示されるというニュースが、CNET Japanで報じられています。
 
  グーグル、ついにYouTubeで新広告フォーマットを展開へ(CNET Japan)
 
 
 それによると、
 
 “Googleはこれまでずっと、利用者の動画視聴エクスペリエンスが損なわれないとの確証が得られない限り、広告フォーマットをローンチして広告主にYouTubeを利用する1億3000万人に露出する機会を与えるようなことはしないと述べてきた。”
 
 
 Googleが採用した手法は、スクリーンの下方に小さく表示されるミニ・コマーシャルということです。
 
 “Flashアニメーションで作られたYouTubeのミニコマーシャルは、ビデオの下の方に透けるように表示され、10秒間で消える。広告が表示されると、ユーザーはこれをクリックし、再生中の動画を一時停止することができる。その後ユーザーは「プレーヤー内プレーヤー」に誘導され、広告主のコンテンツに接することができる仕組みだ。広告の外部をクリックすれば、ビデオ再生がまた始まる。”
 
 
 これは、アメリカではテレビ局が長年採用してきた手法に似たものということです。
 
 “米国時間8月21日の発表によれば、Google傘下のYouTubeが取り扱う広告の手法は、テレビ放送局が長年採用してきたモデルに似たものになるという。テレビ視聴者は、番組を見ているときに、スクリーンの下の方にDavid Letterman(米国のコメディアン)などの有名人がプロモーションのために現れても驚かない。YouTubeではこれに似た手法が採用された。”
 
 (以上、CNET Japan 2007/08/22 「グーグル、ついにYouTubeで新広告フォーマットを展開へ」より引用)

続きを読む "YouTubeの広告表示が始まる"

投稿者 もりた : 19:09 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

Google Mapを埋め込む

 たびたび引用させていただいているネタフルさんから、次のエントリーをご紹介します。
 
  Googleマップを手軽にブログに貼付けられるようになった(ネタフル)
 
 CNET Japanさんからも同様の記事が報じられています。
 
  Google マップにブロガー向けの新機能--HTMLタグの記述でブログなどへ張り付け可能に(CNET Japan)
 
 
 試しに私どもの店舗付近の地図を貼り付けてみました。貼り付け方はネタフルさんのエントリーにある説明の通りに行なえば可能です。通常のプログパーツの貼り付けと同じ手軽さで、貼り付け出来ました。
 

拡大地図を表示

続きを読む "Google Mapを埋め込む"

投稿者 もりた : 17:47 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月11日

「ITアーキテクト・サミット2007 Summer」

 一昨日(8月9日)東京コンファレンスセンター・品川で開催された「ITアーキテクト・サミット2007 Summer」(主催:IDGジャパン)を受講しました。
 
 昨年から雑誌「ITアーキテクト」の購読と併せて、季節毎に開催される「ITアーキテクト・サミット」も受講しています。以前このブログで日経バイト休刊の際、私にとって知識源が1つ減ってしまったと書きましたが、現在は「日経エレクトロニクス」(日経BP社)と並んで「ITアーキテクト」(IDGジャパン)が、私にとって貴重な知識源になっています。
 
  「日経バイト」休刊(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 今回のセミナーで興味深かったのは、日本アイ・ビー・エム 長島 哲也氏による基調講演でした。「SaaSで企業システム開発はどう変わるのか」というタイトルで、Web2.0とりわけSaaSが企業システム開発手法の主流になりつつあるSOAに及ぼす影響について論じた内容が、下記の記事を私に思い起こさせたからです。
 
  「Web2.0」vs「SOA」,勝つのはどっちだ? 2006年4月14日 日経BP社 ITpro Report
 
 「SOA 対 SaaS」といった単純に比較できない(例えば「サッカーと東芝(注1)はどっちが強い?」と聞いているようなもの)対象について、詳しく説明されたことに驚きました。
(注1) 東芝は、日本ラグビーフットボール選手権大会 2006年の優勝チーム。

続きを読む "「ITアーキテクト・サミット2007 Summer」"

投稿者 もりた : 01:02 | インターネット , ソフト開発 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月10日

こしがや産業フェスタ2007に出展します!

 今年もこしがや産業フェスタ2007に出展します。越谷タウン情報サイト「越谷っ子」にて告知させていただいた情報を、転載いたします。
 
  パソコン出張サポート 商店・会社様のITサポート 越谷市 IT屋もりた(越谷タウン情報サイト「越谷っ子」)
 
越谷の新名物・鴨ネギ鍋のマスコット「ガーヤちゃん」で盛り上がった、こしがや産業フェスタ2006こしがや産業フェスタ2006 アリーナ・ステージで繰り広げられた数々のパフォーマンス

 
 今年のテーマは、日頃からインターネットやデジタル機器に馴染んでいない方を対象にしたご提案です。
 
 具体的には
 
1.テレビのリモコンやゲーム機(任天堂Wii)を用いたホームページ閲覧の勧め
 
2.キーボード無しパソコン
  (参考:昨年出展) ・キーボードレス・パソコン(IT屋もりたの今時パソコン日記)
3.あいうえお順キーボード
  (参考:昨年出展) ・完成しました!(IT屋もりたの今時パソコン日記)
などを用いた、パソコンに不慣れな方へのご提案
 
などです。
 
 昨年の反省点を踏まえて、内容を企画・実現していきたいと考えております。
 
  こしがや産業フェスタ2006閉幕(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
どうぞご期待ください。
 
 
こしがや産業フェスタ2007
日時: 平成19年12月1日(土) ~ 2日(日) 午前10時より午後4時
会場: 越谷市立総合体育館アリーナ [地図

 
 
 昨年の私どもの出展風景です。
私ども「IT屋もりた」の出展風景(こしがや産業フェスタ2006にて)
 私ども「IT屋もりた」の出展風景(こしがや産業フェスタ2006にて)。

(下左) あいうえお順キーボード。
(下右) キーボード無しパソコン。
 いずれも私ども「IT屋もりた」の昨年の出展内容(こしがや産業フェスタ2006より)。
あいうえお順キーボード(こしがや産業フェスタ2006にて)キーボード無しパソコン(こしがや産業フェスタ2006にて)

続きを読む "こしがや産業フェスタ2007に出展します!"

投稿者 もりた : 15:39 | インターネット , デジタル家電 , パソコン , パソコンサポート , パソコン教室 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年07月23日

NHK過去1週間の番組ネット配信、アップルのフラッシュメモリ大量消費など

 この1週間で気になったニュースを、ご紹介します。
 
 
1.NHK過去1週間の番組をインターネットで配信
 
  [N] NHK、過去1週間の番組をネット配信へ(ネタフル)
 
 
 このニュースは、5月ごろ既に報道されていた「NHK アーカイブス・オンデマンドサービス」の一部分(サブセット)と思われます。5月のニュースでは、過去1週間の番組のいわゆる“見逃し対応”だけでなく、過去に制作された再視聴の需要の高い良質な番組も視野に入っていたように思います。
 
  「アーカイブス・オンデマンドサービス」が目玉!NHK技研公開2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  ・NHKも“YouTube的見逃し需要”に対応?--「NHK技研公開」、5月24日開幕へ(CNET Japan)
 
  ・アーカイブス・オンデマンドサービスは有料を予定(INTERNET Watch)
 
  ・インデックスとNHK、携帯電話でテレビ番組をオンデマンド視聴できるアプリ開発へ(CNET Japan)

 
 
 ちなみに、そのアーカイブスが保管されている埼玉県川口市にあるNHKアーカイブスに、明日行って来ます。
 
 
2.アップルのフラッシュメモリ大量消費
 
  アップルのフラッシュメモリ消費、総出荷量の25%に--DRAMeXchange調査(CNET Japan)
 
 
 以前このブログでも、フラッシュメモリの急激な容量拡大と価格下落と、それに伴う記録媒体の利用形態の変化について、ご紹介しました。
 
  「100Gバイト・フラッシュ 2010年に1万円へ」-日経エレクトロニクス2007年5月21日号より(後半)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 アップル社の生み出す機器が、その最も大きな要因になっていたのですね。
 
 
3.Yahoo! JAPANときざしカンパニーの資本業務提携
 
  ヤフー、きざしカンパニーと資本業務提携--ブログ解析技術を応用(CNET Japan)
 
 
 きざしカンパニーという会社は、ブログの文章の中から新しい変化の“兆し”を見つける独自の技術を持っているようです。
 
  kizasi.jp:ブログから、話題を知る、きざしを見つける

続きを読む "NHK過去1週間の番組ネット配信、アップルのフラッシュメモリ大量消費など"

投稿者 もりた : 18:09 | インターネット , デジタル家電 , ブログ | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(3)

 携帯電話におけるマーケティングの最新動向、具体的にはNET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007を受講して受けた衝撃について、お伝えしていますが、その続きです。
 
  NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 前回の繰り返しになりますが、私自身が投稿したエントリーで、次のように述べました。
 
 “今回のカンファレンスは、検索エンジン対策、検索連動型広告、行動ターゲティング広告など、非常に範囲が広く、勉強になります。特に携帯電話におけるSEO、SEM、広告などが、パソコンの辿った道と同じ道を歩むのか、そうでないのかというところに、セミナーのテーマも受講者の関心も集中しているように感じました。”
 
 と書いていますが、セミナーに参加してお話を聴いてみると現実はもっと先に進んでいる!ことに衝撃を受けました。
 
 以下、何に衝撃を受けたのかということについて、前回に続き述べさせていただきます。
 
 
3.モバイル広告、モバイル・マーケティングの潜在的なパワー
 
 株式会社ディーツー コミュニケーションズの藤田 明久社長から、携帯電話が広告、マーケティングに対して持つ潜在的なパワーについて、貴重なお話を聴くことが出来ました。
 
 携帯電話は、「全員が手にしているにも拘らず、広告・マーケティングの道具として未開拓の分野である」、「24時間30cm以内に存在する広告メディア」と藤田社長はおっしゃいます。
 検索を例にすると、PCの場合、検索キーワードは2つ以上が主流となっていますが、携帯の場合は1つ、検索手段も携帯では、キーワードで検索、カメラ(写真、画像)で検索、GPSで検索と、PCより多様です。伝達手段も、Web上に書き込む(ブログ、SNSなどソーシャルメディア)、メールだけではなく、携帯電話の画面を相手に直接見せる、カメラを使う、赤外線通信を使う、といった具合に、携帯電話ならではの多様な方法が可能ということです。
 このように、携帯電話を「もっと効果的に(More Efficient)」使用することにより、「もっと速く(More Speed)」、「もっと強い絆を(More Engagement)」顧客との間に築くことが出来る、と強調されていらっしゃいました。
 
 
4.携帯ECサイトの動向
 
(1) 老舗通販の新たな挑戦(千趣会が始めたモバコレ)
 
 カタログ通販の老舗である千趣会は、ケータイで買える!女の子のためのリアルファッション通販 モバコレを、モバゲータウンを運営している株式会社ディー・エヌ・エーと共同で開始したそうです。千趣会では以前から女性のための総合オンラインショップ ベルメゾンネットを運営されています。従来より若い女性層をターゲットとして、携帯電話によるEC事業に進出したとのことです。
 
 
(2) モバデパ、モバオク、モバコレ(株式会社ディー・エヌ・エー)
 
 ちなみに、前回のレポートでも取り上げた株式会社ディー・エヌ・エーは、モバゲータウンの成功をベースとして、モバデパ(ECサイト。モバゲータウン内)、モバオク(オークションサイト。携帯版とPC版あり。互いに連動)、モバコレ(千趣会との合弁によるECサイト)といった関連サイトの多展開に踏み込んでいます。
 
 
(3) ゴルフダイジェスト・オンライン
 
 ゴルフダイジェスト・オンラインは、会員数100万人、年間売上約80億円を誇る日本最大級のゴルフ総合サイトです。同サイトはPCサイトと携帯サイト(モバイルサイト)で、ゴルフ場予約・ゴルフ用品販売・ゴルフ総合媒体の3つのサービスを提供しているということです。モバイルサイトは、“ゴルフライフのAからZまでを協力にサポート!”をコンセプトとして、携帯電話ならではコンテンツを用意し、PCサイトと異なり有料ということです。
  ・コンテンツ課金 ・・・ トーナメント速報、ゴルフニュース、ゴルフゲーム、待受画面、着メロ・着ボイス、レッスン動画配信、スコア分析、他
 
 パネルディスカッションに登壇した、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン モバイルビジネス本部 下川 正史氏によると、携帯サイトならではのキーワードとして、“渋滞情報”によるアクセスが多く、コンテンツの1つとして“渋滞情報”も提供しているということです。実際にサイトを運営しているからこその事例です。
 今後はコンテンツの充実、具体的にはSNSにチャレンジしていきたいということです。また、PCからのみアクセスしているユーザーを、如何にして携帯からもアクセスしてもらえるかが、今後の課題と認識しているとお話されていました。

続きを読む "NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(3)"

投稿者 もりた : 14:46 | インターネット , 展示会・セミナー , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年07月20日

NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(2)

 5月から6月にかけて、IT関連の大きな展示会・セミナーを受講してきました。
 
  ・2007年5月・6月の展示会・セミナー情報(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 それらを通して私にとって最もインパクトの大きかったことは、NHKによるアーカイブス・オンデマンドサービス(2008年より開始)と、携帯電話におけるマーケティングの最新動向でした。
 
  ・「アーカイブス・オンデマンドサービス」が目玉!NHK技研公開2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 携帯電話におけるマーケティングの最新動向、具体的にはNET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007を受講して受けた衝撃について、お伝えしていませんでした。1ヶ月以上前のことですが、ここに掲載いたします。

続きを読む "NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(2)"

投稿者 もりた : 13:39 | インターネット , 展示会・セミナー , 携帯電話 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年07月16日

「Web標準の日々」1日目

 The Days of Web Standards 2007[Web標準の日々]の1日目に参加しました。
 
 ・The Days of Web Standards 2007[Web標準の日々]
 
画像:[Web標準の日々]バナー

 
 チケット購入後、セッション登録を忘れていたため、その場で受講セッションを決めました。たくさんの選択肢の中から次のセッションを受講しました。
 
 
■ Z1 デザインパターンによるユーザーインタフェース革命
  上野 学氏(ソシオメディア株式会社 取締役)
  篠原 稔和氏(ソシオメディア株式会社 代表取締役)
 
  これまでのデザイン手法では限界のあった、インタラクティブなWebサイトの動的フローを表現できるものとして、“デザインパターン”を提案されました。
 
   ・UIデザインパターン(ソシオメディア)
 
  「ITアーキテクト Vol.11」に掲載されたUI(ユーザー・インターフェイス)に関する上野氏の記事を、途中まで読みました。UIに関して造詣が非常に深い方と感じておりましたが、お話をお聞きしそれが誤りではなかったことを確認しました。
 
 
■ J2 Dreamweaver CS3ではじめるSpry framework
   林 岳里氏(アドビシステムズ株式会社)
 
  7月4日に開催されたAdobe CS3 WEB Edition TOUR(於:六本木アカデミーヒルズ49)で耳にしたSpry。Spryを使うことによってJava Scriptを知らなくてもAjaxに対応したページを制作できる、という説明がどこかに残っていて、迷わずこのセッションを選択しました。
 
  ちなみに今回のイベント「Web標準の日々」への参加登録も、上記のAdobeのイベントがきっかけです。
 
 
■ V3 デザイナーズ・ハイ デザインタイトルマッチ!
   矢野 りん氏
   オオタ ススム氏 ※どのような字を当てるのか存じ上げておりません。申し訳けございません。
   原 一浩氏(株式会社エフエックスビイ 代表取締役CVO)
 
  その場で出されたテーマによって、ウェブサイトのモックアップをセッション時間内に作る、しかも対戦形式で、という面白い企画でした。対戦者はウェブデザイン関連書籍の執筆者として有名な矢野りん氏と、ボンバイエのオオタ ススム氏、実況兼レフェリー(プロレス?)を原 一浩氏が務めました。
  お題は「水産庁」のホームページのリニューアル。特に許可を得たわけではないようです。なんだかんだ言いながら、お2人とも時間内に何とか形にされていました。さすが!です。
  矢野さんはビジュアル的なインパクト重視、オオタ氏はお役所としての情報伝達性重視と、それぞれの特徴が出ました。
 
  判定は会場の聴講者の挙手で行なわれ、オオタ氏に軍配が上がりました。ちなみに、私は矢野氏に一票を入れました。
  「(水産庁のサイトを見ている180万人=カウンタの数の中には)今のホームページがいいと思っている人が結構いるのでは。1ページにたくさんの情報が書かれていて一覧性に優れている。」という矢野さんの言葉に共鳴したからです。悪いページなりに閲覧者に馴染んでおり、変えてしまうことは必ずしも得策ではないと思います。今回のテーマが既存ページのリニューアルではなく、今迄ホームページの無いいクライアントに対する提案でしたら、私もオオタ氏に入れたかもしれません。
 
  矢野さんの本を何冊か購入し勉強させていただきました。ウェブデザインというテクニカルな内容を扱っていながら、どこか情緒的で、下町の人情のようなものを感じさせる本でした。気さくで飾らない、その通りの方でした。
 
 
■ R4 Webのスピード感をデスクトップアプリケーションに:AIRテクノロジー
   太田 禎一氏(アドビシステムズ株式会社)
 
  Spry frameworkとともに、注目を集めているAdobe AIR(Adobe Integrated Runtime)。先日開催された時事通信「爆発するソーシャルメディア」セミナーでも、ソニーの竹下氏からAIRをベースにしたアプリケーション版FLO:Qを今秋リリースしたいというお話がありました。
 
   ・時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(3)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  今回のセッションでは、アドビシステムズの太田氏からたくさんのデモを交えて説明いただきました。最後にiPhoneの操作イメージをAIRを使って再現したアプリを撮影した、YouTubeの映像が紹介されました。本当に良くできています。
 
  ただし、太田氏が何度も繰り返していたように、説明を何回も聞くよりも、AIRを使って実際にアプリを作る方が良いのかもしれません。なお、ZAPAさんがAdobe AIRによる開発手順をブログに書かれています。
 
   ・はじめてのAIRプログラミング([Z]ZAPAブロ~グ2.0)

続きを読む "「Web標準の日々」1日目"

投稿者 もりた : 02:41 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年07月15日

はてなスター、Second Life日本語版など

 先週末気になったニュースをいくつか、ご紹介します。ITやWebの世界では、毎日多くのニュースが飛びかい、その時は重要と思ったニュースが大したことは無かったり、その逆も往々にしてあります。
 
1.はてなスター、はてなメッセージ
 
  ・「Hatena」発 第1弾は「はてなスター」「はてなメッセージ」(ITmedia News)
 
   はてなの新サービスが、2つ同時にリリースされました。
 
    ・はてなスター
    ・はてなメッセージ
 
 
2.東京MXテレビがYouTubeで配信
 
  ・TOKYO MXも「You Tube」に配信--地上波テレビ局で初(CNET Japan)
 
  東京MXテレビがYouTube(日本語版)内に、専用チャンネルを開設したというニュースです。
 
    ・TOKYO MX(YouTube日本語版)
 
  BBCがYouTube内に専用チャンネルを開設したという、かつてのニュースと同じですね。
 
    ・YouTube「From the BBC」チャンネル
 
 
3.デジタル放送からDVDへのコピー制限、1回から10回へ緩和
 
  ・<コピー緩和>デジタル放送からDVD、1回を最大10回に(Yahoo!ニュース - 毎日新聞)
 
  個人的にはこれが最も大きいニュースです。BSデジタル放送、地上デジタル放送の録画データをDVDにコピーする際、従来はCPRM(Content Protection for Recordable Media:記録メディアに対するコピー制限)、いわゆる“1回のみコピー可”という制限が設けられていました。これを10回までコピー可能にするよう、規制を緩和する提言が出されるというニュースです。
 
 
4.Second Life日本語版リリース
 
  ・Second Life日本語版、ついに登場--メニュー日本語化で使いやすく(CNET Japan)

投稿者 もりた : 10:54 | インターネット | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

The Days of Web Standards 2007[Web標準の日々]

 台風4号の接近で、各地でイベントの中止が相次ぐ中、明日から2日間(15日、16日)開催される下記のセミナーに参加します。
 
 ・The Days of Web Standards 2007[Web標準の日々]
 
画像:[Web標準の日々]バナー

 
 面白い内容があれば、ご報告いたします。セミナーはビルの中で行なわれますが、往復の交通機関への影響が心配です。

続きを読む "The Days of Web Standards 2007[Web標準の日々]"

投稿者 もりた : 01:20 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年07月13日

時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(3)

 7月10日に開催された第3回 時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(主催:時事通信社)のご報告の3回目です。
 
  時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
■ 第2部(続き)
 
 ● 「貼るから始まる!ブログウィジェットサービス FLO:Q」 ソニー FLO:Q(フローク) プロジェクトリーダー:竹下直孝氏
 
  第1部 湯川鶴章氏のご講演にも登場されたソニーの竹下氏が、同社のブログウィジェットサービス FLO:Qについて、お話されました。ウィジェット(Widget)、ガジェット(Gadget)、ブログパーツ(Blog Parts)等々様々な呼ばれ方がされていますが、トレンドであることは確かなようです。
 
   個人でウィジェット、ガジェットを作り、自己PRする時代(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  竹下氏によればウィジェットは、ウェブ・ウィジェット(ブログ、SNSなどソーシャルメディアと連携して使用される)と、デスクトップ・ウィジェット(パソコンのブラウザ起動なしで使用されるものや、パソコン以外の機器で使用されるもの)に大別されるということです。
  ウィジェットのようなサービスが出てきた背景として、ソーシャルメディアを中心にネット上の情報量が急激に増えており(Technoratiの調査によれば、全世界のBlogの数は約7,000万サイトある)、このような膨大なデータの中から必要な情報のみ抽出したいという要求に応える必要性を指摘されました。
  一方、ネット上に企業情報を露出する手段としては、従来から広告(バナー、検索連動型、コンテンツ連動型など)や、ソーシャルブックマーク、トラックバックなどの手法が採られてきました。ソニーとしては、ブログウィジェットサービスを利用することにより、ネット上の情報露出において差別化を図ることを企業に提案していくということです。その背景には、Blogなど3ペインの表示スタイルを採るWebサイトが増えたことにより、これまであまり活用されて来なかったサイドバーを有効に活用することが可能になったという技術的な進化があるそうです。
 
 本年10月中旬にはFLO:Q(現在はアルファ版)を、正式サービス化したいとおっしゃっていました。その際は、現在のウェブ・ウィジェットに加えて、Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)をベースにデスクトップ・ウィジェットも提供したいということです。
 
 
 ● 「口コミマーケティングの現状と未来」 WOMCOM:吉田 賢氏
 
  第2部B会場最後の講演は、株式会社WOMCOM 吉田賢氏による、クチコミ・マーケティングに関するお話でした。はじめに同社の事業の目的は、クチコミを広げることではなく、企業のブランド価値を創ることであると、前置きがありました。
 WOM(Word of Mouth:クチコミ)を、Organic WOM(報酬を伴わずに発生したクチコミ=市民の言論)とPaid WOM(報酬の授受を伴って発生したクチコミ=広告)に分け、前者は法規制の対象外であるが、後者は法による規制対象になると説明されました。アメリカではFTCから‘Disclosure of material connection’と題するガイドラインが示され、“マテリアル・コネクションがある場合は、そのことを必ず明示すべき”と書かれているということです。
 クチコミの発生においては、商品の販売者とクチコミの発生・伝播の媒介者との間に何らかのつながりがある場合、それ自体悪ではないが、金銭の授受の有無に関わらず、「前もってちゃんと言っておきなさいよ」ということだそうです。
 
  WOMCOMさんからは、なんと受講者全員に「クチコミのチカラ」(編著者:ベクトルグループ、発売:日経BP出版センター)という本が、贈られました。
 
 
■ 第3部
 
  「爆発するソーシャルメディア」セミナーの最後は、パネル討論会でした。
 
 ● パネル討論会
 
  司会、およびパネラーは次の方々でした。
 
  ◆ 司会: 湯川 鶴章氏時事通信編集委員)
 
  ◆ パネラー:
    佐々木 俊尚氏(ITジャーナリスト)
    神原 弥奈子氏株式会社ニューズ・ツー・ユー 代表取締役社長)
    紺野 俊介氏(株式会社アイレップ 専務取締役)
    川村 佳央氏(株式会社アドプレイン 代表取締役社長)

続きを読む "時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(3)"

投稿者 もりた : 05:48 | インターネット , ブログ , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年07月12日

時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(2)

 一昨日(7月10日)開催された第3回 時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(主催:時事通信社)のご報告の続きです。
 
  時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
■ 第2部
 
  第2部はA会場(250名)とB会場(40名)に分かれて、受講しました。どちらかといえば、A会場は一般企業・大企業の方、B会場はやや濃い方を対象としたのかなと感じたのは、私だけでしょうか?(笑)
 
 私は、第2部の全セミナー(4つ)とも、B会場を受講しました。受講申込みの時の段階で、A・Bどのスピーカーのお話も捨て難く、選択に迷っていましたが、第1部での佐々木俊尚氏のお話に、多少影響されたかもしれません。
 
 
 ● 「ソーシャルメディアをどう活用するか=ソーシャル・メディア・オプティマイゼーション(SMO)」 ウェブコンサルタント:住 太陽(すみ もとはる)氏
 
  お話をお聞きして、写真とブログの文章から私が勝手に抱いていたイメージとは異なり、非常にオーソドックスで、steadyな考え方で、ソーシャル・メディアやWebの世界を見ている方というイメージに変わりました。
 
 そもそも、SMO(Social Media Optimization)という言葉も少し前から何となく目にしていたのですが、基調講演で湯川氏が言及されたことで、初めて意識しました。さらに、住氏のお話で、その起源を知りました。
 
  5 Rules of Social Media Optimization (SMO)(Influential Marketing Blog)
 
 
 ● 「SNSの第四世代」 SNSコンサルタント:原田 和英氏
  
  多くの方が感じることではないかと思いますが、私はSNSを知った当初から、これ(SNS)は身近なコミュニティに応用できるのではないかと思っていました。
 
   “また、新しい友人関係の構築だけでなく、
  例えば中学時代の同級生を見つけたり、
  昔からの知り合いで、ずっと近所に住んでいながら話す機会が無かった
  人どうしが、mixiでの再会をきっかけに、もう1度リアルの世界での
  つき合いが始まる、という可能性もあると思います。
 
   個人的には、私の住む地域の元農家の人どうしのコミュニケーションに
  利用してみたい、と思っています。”

  (「ミクシィのビジネス利用価値について 2006年06月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記」より引用)
  
  ところが現実は、予想を遥かに超えて多くの、そして数だけでなく種類が(ターゲットや機能により)細分化されて来ていることを知りませんでした。そして、これほど多くのSNSを知っている方(原田 和英氏)がいらっしゃることに、もっと驚きました。
 
  前の講演者もおっしゃっていたように、“特定少数の人に焦点をあてる”(佐々木 俊尚氏)ことや、“地域的に狭いエリアにリーチ可能な方法として、SMOもその1つ”(住 太陽氏)であり、SNSはもともとその方向(特定少数の分野)に向かう傾向を持ったものではないか、と思います。
 
  原田氏が挙げていらっしゃったSNSのうち、ほんの一部をご紹介します。
 
   最近の気になるSNS
    ・Flight Club ・・・ 飛行機出発までの空き時間に、たまたま同じ空港に居合わせた人とつながるためのSNS
    ・imbee ・・・ 子供専用SNS
    ・RiverWired ・・・ 環境問題に特化したSNS
 
   通貨に特化したSNS
    ・BetsGoWild
    ・Pickspal
    ・Xuqa
 
   何でも評価してしまうSNS
    ・sowesay ・・・ 人のWiki
    ・Famousr ・・・ この人は有名人(セレブの世界、芸能界)に入れるか

続きを読む "時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(2)"

投稿者 もりた : 02:39 | インターネット , ブログ , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(1)

 一昨日(7月10日)、東京・東銀座の時事通信ホールで開催された、第3回 時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(主催:時事通信社)を聴講しました。
 
 セミナーと同タイトルの「爆発するソーシャルメディア」(ソフトバンク新書)や、「ウェブを進化させる人たち」(翔泳社)の著者であり、ポッドキャストの仕組みを取り入れたブログ「湯川鶴章のIT潮流」で知られる、時事通信編集委員の湯川鶴章氏が企画したイベントです。
 
 オープニングの基調講演から、最後のパネル討論会まで、湯川さんの独壇場という感がありました。湯川さんの情熱と人柄があったからこそ、多彩なスピーカーと聴衆を集められたのだと、実際に参加して感じました。
 
 
■ 第1部
 
 ● 基調講演1 「爆発するソーシャルメディア」 時事通信編集委員:湯川鶴章氏
 
  オープニングは、Second Life内で踊る湯川氏のプロモーションビデオから始まりました。
 
   ・セカンドライフ内で踊る私(湯川鶴章のIT潮流)
 

 
  従来CGM(Consumer Generated Media)、最近ではUGC(User Generated Contents)など、専門家側から見た呼び方をされてきた新しいメディアに対し、ソーシャル・メディアというユーザー寄りの呼び方を普及させて来たお一人ではないかと思います。
 
  従来からのWeb2.0的サービスの話だけでなく、本家のTwitterにモバイル機能をかぶせ、MovaTwitterを作られたpaperboy&co.の藤川真一氏、about meというプロフ・サービスを提供している@niftyの佐藤寛次郎氏、FLO:Qというブログウィジェットサービスを提供しているソニーの竹下直孝氏が紹介されました。
 
 
 ● 基調講演2 「ソーシャルネットワークが作る次世代ウェブの世界」 ITジャーナリスト:佐々木俊尚氏
 
  お二人目の講演者は、「グーグル-Google 既存のビジネスを破壊する」(文春新書)、「次世代ウェブ グーグルの次のモデル」(光文社新書)などの著書で知られるジャーナリストの佐々木俊尚氏の講演でした。
 
 佐々木氏はGoogleの限界に言及され、母集団の問題を指摘されました。Googleの限界とは、例えば「バス」と検索した場合ブラックバスか?、公共交通機関か?、浴室か?。Googleの検索結果は最大公約数であって、特定少数の人に焦点をあてている訳ではない、それゆえ必ずしもすべてのユーザにとって相応しい検索結果を返すことが出来ていないということです。
 これについては、専門家の間でも多くの方が指摘し、別のアプローチ方法を模索して新しいサービスが出てきています。しかし、それぞれのサービスにおいてもどの辺りに母集団を取るかによって、一長一短があるようです。
 
 佐々木氏は、日本におけるSecond Life普及の予想についても触れ、一部大企業では盛り上がっているが、ネット業界をはじめ全体的には先が見えていない、と大胆な発言をされました。

続きを読む "時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(1)"

投稿者 もりた : 00:42 | インターネット , ブログ , 展示会・セミナー , 本(Books) | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年07月11日

女性専用車両には女性専用広告?

 先日電車の最後尾車両に乗って、何気なく前を見ていると、写真のような広告が目に留まりました。
audio-technica for Woman
 audio-technicaの広告ですが、ターゲットを女性に絞った商品広告のようです。そこで初めて、女性専用車両と気付きましたが、9時を過ぎていたので大丈夫でした。
 
 それにしても朝と夜の時間帯に限られますが、女性専用車両に女性専用()広告というアイディアに、感心しきりです。

続きを読む "女性専用車両には女性専用広告?"

投稿者 もりた : 19:35 | インターネット | コメント (1) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年07月09日

「ページを表示できません。」

 あるお客様から、「インターネットが見られなくなったので、見て欲しい」というお電話がありました。ブラウザ(Internet Explorer)の画面に、ページを表示できません。というメッセージが表示されるケースです。プロバイダ契約当初は見られたが、ある時から見られなくなったということです。私どもに頂くご相談のうち、最も多いケースの1つです。
 開通時にインターネット接続設定を行なった業者さんに、もう一度見てもらったが、“正常”ということだったそうです。
 
 結論としては、ブラウザを起動する前に、PPPoEによるインターネット接続操作を行なっていないことが原因でした。手動操作、またはブラウザの起動時に自動接続するよう設定することも可能ですが、どちらもされていないようでした。
 
 今回は、この結論に達するまでに少し遠回りをしてしまいました。その辺りの事情について、ご説明したいと思います。
 
 
 私どもではこのようなインターネット接続に関するご相談の場合、最初にお電話を頂いた時に、プロバイダ名、コース名など、お客様がお判りになることを電話で出来るだけ教えていただいた上で、訪問するようにしています。お客様の場合はOCN 光 with フレッツのマンションタイプということでした。
 プロバイダからレンタルされている機器の名称(型番)もお判りになるようでしたので、お聞きすることができました。実はこれ(レンタル機器の名称・型番)が一番お聞きしたい情報なのです。お客様の場合は、VH-100Eでした。
 
 
 以上の情報をお聞きした上で、お約束の日時にご訪問させていただきました。
 
 プロバイダからレンタルされている機器がお電話でお聞きしたものと同じであること、正しく接続されていることを確認させていただいた後、お客様ご自身にいつもと同じ様に、ホームページ閲覧操作を行なっていただきました。
 これも事前にお聞きしていた通り「ページを表示できません。」というメッセージが表示されます。一つ気になったことは、(フレッツ接続ツール、またはWindowsのダイヤルアップ接続機能を使って)PPPoEによるインターネット接続操作をされていないことでした。
 お客様の場合、使用している機器は単なるVDSL装置ですので、接続ID、接続パスワードはパソコン側に持っています。パソコン側のPPPoE機能を使用して、これらの情報を基にサーバー側との認証確認動作を行なう必要があります。
 
 お客による操作を拝見した後、私どもによる調査を開始しました。先ず、ネットワーク接続(コントロールパネル-ネットワークとインターネット接続-ネットワーク接続)の中に、PPPoE接続用アイコンが有ることを確認して、接続操作を試みました。しばらくして“100Mbpsで接続されました。”というメッセージが画面右下のタスクバーに表示されました。なるほど、業者の方が“正常”であるということが理解できました。
 
 続いてブラウザ(Internet Explorer)を、起動しました。するとやはり「ページを表示できません。」というメッセージが表示されます。遠回りへの分岐点は、ここにありました。少なくとも、回線から機器までは“正常”であり、問題はパソコン内部(ハード、ソフト、設定など)というところまでは類推できましたが、原因は皆目見当がつきません。この後、持参した検証用のノートパソコンに、フレッツ接続ツールをインストールして、お客様の接続情報を設定しました。しかし、接続IDの入力ミスに気付かず時間を浪費してしまいました。
 
 並行して、お客様のパソコンにインストールされている「ウィルスバスター2004」(既に期限切れ、しかも非常に古い)を発見し、アン・インストールしました。再び接続を試みて、ブラウザを起動すると今度はホームページを表示することが出来ました。しかし、これだという原因が特定できないため、さらにスパイウェア・アドウェア検索・駆除ソフトをインストールすることにしました。
 
 
 スパイウェア・アドウェアの検索・駆除は、パソコンをお預かりして持ち帰り作業させていただくこととしました。その他、プリンタのセットアップもサポートさせていただき、結果的に2時間かかってしまいました。

続きを読む "「ページを表示できません。」"

投稿者 もりた : 04:24 | インターネット , パソコンサポート | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年07月05日

インテルのシニア向けタッチパネル、タブレット付きキーボードレス・パソコン

 一昨日(7月3日)、“<パソコン>タッチパネルで操作 高齢者向け米インテル発売”というニュースが、ネット上のニュースサイト、TVという順に報道されました。
 
  <パソコン>タッチパネルで操作 高齢者向け米インテル発売(Yahoo!ニュース - 毎日新聞)
  ・インテル、シニア層の利用を想定したタッチパネルPCの仕様を策定(マイコミジャーナル)

 
 NHK総合、テレビ東京(ワールドビジネスサテライト)の各テレビ局で報道されていました。
 
 また、購読している昨日の朝日新聞にも関連の記事が掲載されていました。
 
 “シニアにデジタル加速 手書き入力PC・次世代補聴器
 
 パソコンメーカーのPBJは3日、キーボード入力に不慣れな人も使いやすいパソコンを9月下旬に発売すると発表した。PBJはタッチパネルディスプレーを使ったパソコンを手がける。”(2007年7月4日 朝日新聞 経済面より引用)

 
(参考)
  ・PBJ株式会社 [UMPC/タッチパネルPC/タブレットPC]
  ・インテルのホームページへようこそ

 
 
 以上のネットニュース、TV番組、新聞記事を総合すると、インテルがパソコンを発売する、ということではなく、シニア向けパソコンおよびオンラインサービスの仕様をインテルが策定し発表した、ということのようです。
 
 “インテル、ビットワレット、マイクロソフトの3社が取り組む「スマートデジタルライフ推進プロジェクト」は3日、プロジェクトのこの1年間の成果を紹介する記者説明会を開催した。あわせてインテルから新たな施策として、シニア層に使いやすいPCおよびオンラインサービスに関する技術要件が発表された。”(マイコミジャーナルの記事より引用)
 
 
 正直、やられた!と思いました。
 
 
 このブログでもご紹介しましたが、私どもIT屋もりたも同じ様なコンセプトのパソコンを、既に製作しておりました。
 
  キーボードレス・パソコン(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 9年前(1998年)、ワコムの液晶ペンタブレットと、当時としては少なかったスリムサイズの筐体を用いたキーボードレス・パソコンを製作しました。
 目的は私の母(当時67歳、現在76歳)に使ってもらうことでした。年賀状作成などを自ら行なえるようにしてあげたかったのが動機です。そのために、ハードやOS、ソフトは何を使うかといった提供者側の論理が先ではなく、母がどんなこと(アプリ)に使いたいか、使うと楽しいか、という利用者側の気持ちを聞き出してコンセプトを先に決めました。年賀状作成、事務計算、辞書検索などを、誰の力も借りずに自力で出来るようになりたい、というのが母の希望でした。そのコンセプトに合わせて、当時選択可能な技術や製品を使って、実現したのが下記のパソコンです。
 
 昨年のこしがや産業フェスタ2006にも出展しました。


 アプリケーションのうち、年賀状作成ソフトは自作しました。母に合うユーザーインターフェイスを持ったソフトが、既製ソフトの中に無かったからです。ボタンの大きさ、文字の大きさ、操作手順(タッチ)の少なさ、(文字入力用)カーソル移動など、どれをとっても、既製ソフトでは私の母が操作することは無理と思われました。
 必ずしも、すべてのソフトを自作するということではなく、例えば辞書検索は、既製ソフトの中から母でも使える(かもしれない)可能性の高いソフトを利用することとしました。事務計算は簡単なExcelマクロで済ませました。但し、実現手段の難易とは関係なく、利用者側の気持ちが理解できていないまま製作したものは、ダメ(結局は使用してもらえない)です。

続きを読む "インテルのシニア向けタッチパネル、タブレット付きキーボードレス・パソコン"

投稿者 もりた : 20:22 | インターネット , ソフト開発 , パソコン , パソコンサポート | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月30日

Apple社の「iPhone」ついに発売

 今年初め(昨年末?)に正式発表されていた「iPhone」が、発表通り6月ぎりぎりに、アメリカで発売されたようです。
 
  待望の「iPhone」、ついにNYで発売(CNET Japan)
  ・ビデオ:「iPhone」発売--ニューヨークApple Storeに入店開始!(CNET Japan)
  ・「iPhone開封の儀」--映像あります(CNET Japan)

 
 わざわざアメリカにまで買いに行くだけの余裕が、資金的にも精神的にもありませんので、商品を手に取って見ることは出来ません。日本での発売は当初の発表通りであれば、来年上半期(6月)ということになります。
 
 
 ところで「iPhone」では何が出来るのか、詳しく知りません。iPodで出来ること(音楽や映画、TV番組を持ち歩き、外出先で視聴すること)+携帯電話機能 程度の認識しか持ち合わせておりません。
 仮にそうだとすると、これは既存の携帯電話でも可能なことばかりです。
 
  ・音楽や映像(映画、CDのプロモーションビデオ、TV番組など)を外出先でも自由にダウンロードして楽しむこと
  ・ニュース、天気、占い、グルメ情報などを見ること
  ・ショッピング
  ・ナビゲーション(自動車運転者用だけでなく、目的地まで歩行者を誘導してくれるものまで)
  ・TV電話的な使用法
  ・MySpace、mixi、GREE、モバゲータウン、デコブロといったブログやSNSなど
  ・TwitterなどのミニSNS

 
 以上のようなWeb上にある情報を携帯電話で利用することだけではなく、ケータイ用RSSリーダーだってあります。例:ECReal Reader
 
 
 強いて言えば
  「iPhone」でYouTubeが見られる
ことぐらいでしょうか。
 現在の携帯電話でも、YouTubeの動画を見る方法はあるようですが、Apple社とYouTube(Google)の協力関係により、YouTubeがわざわざ対応してくれるのは、現在のところ「iPhone」のみのようです。下記の各ニュースによると、iPhoneでYouTubeの動画を視聴可能とするアプリケーションソフトをApple社が開発したようです。一方、YouTubeは、YouTubeにある動画をH.264形式に変換する作業を開始し、6月29日までに約1万本、それ以降徐々に増やし、秋までにすべての動画を変換し終わる計画のようです。(YouTubeの動画形式はFLV形式(Flash Video形式:動画ファイルの拡張子がflv)、一方「iPhone」はH.264という形式を採用しているようです。)
 
  米アップルの「iPhone」、YouTubeを視聴可能に(IBTimes)
  ・iPhoneにはYouTube視聴アプリケーションが搭載される--Appleが発表(CNET Japan)

続きを読む "Apple社の「iPhone」ついに発売"

投稿者 もりた : 14:00 | インターネット , デジタル家電 , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月29日

お客様情報の管理

 あるお客様からお電話をいただき、インターネットに接続できなくなってしまったので、見て欲しいという要請を受けました。実は2ヶ月ほど前にも要請を受けて、私どもがインターネット接続設定のサポートをさせていただいたお客様です。
 
  Bフレッツの接続設定(その2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 前回はデスクトップ・パソコンに有線LANでの接続をお手伝いさせていただいたのですが、その後ノートパソコン(Windows Vista)を購入され、無線LANによる接続をご自身でトライされたようです。しかし首尾よく接続できないため、無線LANの設定をサポートして欲しいということでした。
 念のため、“ひかり電話対応機器”(注1)(RV-230NE)のランプ点灯状況をお聞きすると、PPPランプが消灯しているということです。無線LAN以前に、有線LANでもインターネットに接続できていないことになります。とにかく、訪問して拝見させていただくことにしました。

続きを読む "お客様情報の管理"

投稿者 もりた : 23:59 | インターネット , パソコンサポート | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月27日

29manさん、カンヌ国際広告フェスティバルで入賞!

 1週間前のニュースですが、広告代理店でWebコンテンツ制作に従事されている、29manこと渡辺英輝氏のチームの作品が、先週開催されたカンヌ国際広告フェスティバルで入賞されたそうです。しかも、2作品も。
 
  カンヌ国際広告フェスティバルで2作品入賞!(29man(ニクマン))
 
 
 下記の方々のブログでも紹介されています。
 
  [N] 29man、カンヌ国際広告フェスティバルで入賞!
  ・29manさん、カンヌ国際広告フェスティバル入賞おめでとうございます(Cheap Memo)

 
 
 カンヌは、映画祭だけと思っていましたが広告祭もあり、日本人が入賞したとは、一度に二つビックリ!です。

続きを読む "29manさん、カンヌ国際広告フェスティバルで入賞!"

投稿者 もりた : 00:27 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月22日

Wiiゲット出来なかった-楽天ブックス「Wii、DSタイムセール」

 みなさん、クリックが速い!
 
 昨日に続き、楽天ブックスの特設サイトで実施された「Wii、DSタイムセール」に参加しました。
  ・楽天ブックスが「Wii、DSタイムセール」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 昨日同様、2分前にはパソコンの前に座り準備万端整えて、開始時刻を待っていました。
 
 楽天市場にログインし、特設サイトを表示、約1分前から5秒おきに更新ボタンをクリックし続けました。その甲斐あって、商品ページを表示することが出来ました。ところが「買い物かごに入れる」ボタンを何回押しても、次の画面へ進めません。アクセスが集中し、ビジー状態に陥ったためです。
 
 何回かクリックし、やっと表示されたと思ったら、時すでに遅し。その間、僅か30秒足らずでした。

 
 商品ページに戻って見ると、やはり売り切れでした。

続きを読む "Wiiゲット出来なかった-楽天ブックス「Wii、DSタイムセール」"

投稿者 もりた : 19:15 | インターネット , デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月21日

YouTubeでビデオ編集が可能に、Adobeが協力

 これも、昨日のエントリーと同様、ネタフルさんのネタからの便乗ですが、YouTubeのサイト上で動画の編集が可能なようです。
  ・[N] YouTubeに編集機能「YouTube remixer」リリース
 
 ネタフルさんの記事を参考にして、編集(といってもキャプションを付けるのと、複数の動画をくっつけただけ)をしてみました。
 
  ・ログインしてある状態で、編集出来るようです。
 
  ・自分がアップロードした映像が、編集対象のようです。
 
  ・マイアカウントのマイ動画のページにいる時に、それぞれの動画の横にある「動画のリミックス」というボタンをクリックすると、Remixerの画面に遷移します。
 
  ・但し、ネタフルさんがおっしゃっているように、日本語のページからは遷移出来ないようです。画面右上の国旗のマークをクリックして、United States(アメリカ)を選択しておいてから、「Remix Video」ボタンをクリックしないと、ダメなようです。
 
  ・YouTubeのログイン・アカウントは、英語版と日本語版を共通化することが出来ました。ただし、アカウント登録時の本人確認(登録フォームに入力したメールアドレスに、メールが送られてきた後、メール内に書かれているリンクをクリックする)を、英語版と日本語版それぞれ行いました。

続きを読む "YouTubeでビデオ編集が可能に、Adobeが協力"

投稿者 もりた : 23:02 | インターネット , パソコン | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

楽天ブックスが「Wii、DSタイムセール」

 “両親でも使えるパソコンの探求”と言い始めて約3ヶ月を経過しました。いまだに検討段階のまま、時間だけが過ぎてしまいました。その候補の1つとしてWiiのインターネットチャネル機能に注目しています。ぜひともWiiが欲しい!ということで、
  ・“WiiでRimo見たい!”キャンペーン
などにも応募して見ましたが、ハズレ。
 
 一時は在庫が少なく入手はほとんど困難でしたが、最近は状況が多少改善し、本当に欲しいなら、ネットショップ(Yahoo!ショッピング、楽天市場、Amazon)やネットオークションで買うことが出来ます。しかし、ほとんどが初めて名前のお店。(Amazonの場合も、Amazonの直接販売ではなく、マーケットプレイス出品がほとんど。)インターネットでお客様に見つけていただいて、お仕事(パソコンサポート、パソコン教室)を頂いていながら、おかしな話ですが、ネットで初めてのショップでの買い物には抵抗感があります。
 
 今回のタイムセールは、販売者が任天堂(売り場は楽天ブックス)自身だったので、開始時刻5分前にパソコンの前に座り、準備万端で望みましたが、あっという間に売切れてしまいました。(10台ですので、無理はありません。)

続きを読む "楽天ブックスが「Wii、DSタイムセール」"

投稿者 もりた : 19:44 | インターネット , デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月20日

「YouTube日本語版」リリース

 既に1日以上前のニュースですが、昨日(6月19日)、YouTubeが日本語に対応したようです。
  ・YouTube日本語サイト
 
 正確には、次の10カ国に対応したようです。(YouTubeホームページ右上の国旗のアイコンをクリックして、選択可能)
  ・ブラジル
  ・フランス
  ・アイルランド
  ・イタリア
  ・日本
  ・オランダ
  ・ポーランド
  ・スペイン
  ・イギリス
  ・アメリカ
 
 
 昨日の昼間、ネタフルさんのエントリーを見て知りました。
  ・[N] 「YouTube日本語版」リリース!
 
 今までも日本語のタグ付けなどは可能だったようです。とりあえず上記10カ国だけですが、今回から正式に対応したようです。メニューなどが各国ごとにカスタマイズされたとのことです。
  ・YouTubeが日本語版サービスを開始10カ国に対応(Yahoo!ニュース - Impress Watch)
  ・YouTube Japanがスタート--日本語をはじめ多言語化(CNET Japan)
  ・「YouTubeは米国から世界のサービスへ」YouTubeの共同設立者がアピール(Yahoo!ニュース - Impress Watch)
 
 
 以上、YouTubeのニュースをご紹介していますが、私自身、閲覧のみで投稿したことがありません。投稿どころか、共有したこともありません。(閲覧後に表示される‘Share’というリンクをクリックしたことがない。)投稿しようにも、撮影する題材が無いのです。
 これまでのYouTubeは、普通の人から見れば、一部の新しい物好きのおもちゃだった、と言えなくもありません。ところが、各国対応を開始したことにより、これからは本格的に一般化に拍車がかかるような気がします。

続きを読む "「YouTube日本語版」リリース"

投稿者 もりた : 23:36 | インターネット , デジタル家電 , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月16日

ケーブルテレビショー2007

 今日は教室での仕事(レッスン)を終えた後、東京ビッグサイトで開催されているケーブルテレビショー2007を見に行ってきました。昨日まで開催されていたInterop Tokyo 2007/IMC Tokyo 2007と会期が重なっていたため、最終日、しかも終了1時間前の入場となってしまい短時間しか見ることが出来ませんでした。それでも駈け足で要所を見てまいりました。
 
 展示会場は昨年同様、ハードウェアゾーンとサプライヤーゾーンの2つに分けられていました。
  ・ケーブルテレビ2006(1) 2006年06月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記
 
 もっとも会場に入った時は、そういうことを考える余裕も無く、たまたま最初に入ったハードウェアゾーンから見て回りました。残り15分頃にもう一つのゾーンの存在に気付いたため、サプライヤーゾーンはほとんど見ていません。ということで、以下はハードウェアゾーンを見た印象について、ご報告いたします。
 
 
 ざっと見ただけですが、特に印象に残ったのは、松下電器の「マルチルームSTB」と、富士通の「スポットキャスト」です。それぞれついて、下記の2.(2)と6.で簡単に説明します。
 
 そのほかの展示も含め、今年のケーブルテレビショー全体としては、次のような特徴があったような気がします。
 
 
1.アナログ放送からデジタル放送への移行を支援する機器やシステム、サービスなど
 
 既に周知の通り、2011年7月24日に地上アナログ放送とBSアナログ放送が終了し、地上デジタル放送とBSデジタル放送へ完全移行というスケジュールが決まっています。(注:地上アナログ放送終了については認知度が高いと思いますが、BSアナログ放送も同時に終了します。)
 アナログからデジタルへの移行スケジュールを受けて、下記のような支援や製品・サービスなどが展示されていました。
(1) 地上デジタル放送の共同受信施設導入についての受信相談(社団法人 日本CATV技術協会のパンフレット)
 (a) 集合住宅の共同受信施設のデジタル化改修
 (b) (高層ビル、高速道路、鉄塔などによる)電波受信障害を解消するための共同受信施設への地上デジタル放送の導入
(2) 家庭向け対応機器
  アンテナ、セットトップボックスなど ・・・ DXアンテナ、マスプロ電工など
 
 
2.ホームネットワーク
 
 昨日まで開催されていたInterop Tokyo 2007/IMC Tokyo 2007と内容的にも重複しますが、家庭内における映像データの伝送を主な目的とする、いわゆるホームネットワークの分野の製品やシステムの展示も数多くありました。
 
(1) STB
 
 回りくどい言い方をしましたが、早く言えばセットトップボックス(STB:Set Top Box)です。
 
  ・TZ-DCH2800(LAN端子搭載)/TZ-DCH2810(ケーブルモデム内蔵) ・・・ 松下電器産業
  ・(参考出展)DST62 ・・・ マスプロ電工
    特徴は、簡易リモコン(別売)を選択できること。
  ・BD-V700 ・・・ パイオニア
    特徴は、HDD外付型であること。
 
(2) 「マルチルームSTB」 ・・・ 松下電器産業の展示
 
 松下電器のブースでは「マルチルームSTB」という展示を行なっていました。この展示では家庭内の各部屋間のデータ伝送は、c.LINK(テレビ用同軸ケーブル)を使うのですが、メインのSTBを例えばリビングルームに、サブのSTB(クライアントSTB)を各部屋に配置します。必要に応じて映像コンテンツをメインSTBからクライアントSTBに伝送し、視聴するという提案です。メインSTBがサーバー、各部屋のSTBがクライアントという位置づけです。このような考え方、提案は初めて見ました。この展示を見ることが出来ただけでも、この展示会に来た甲斐がありました。
 
 (参考) ・Interop Tokyo 2006(1) 2006年06月07日 IT屋もりたの今時パソコン日記
 
 
3.地方自治体等、地域における情報共有への利用支援
 
 地方自治体における行政サービスの充実のためのシステムの提案がいくつかありました。具体例として、次の事例がありました。
 
 (1) 地域情報化支援システム ・・・ NEC
   テレビ(+楽ビジョン)・パソコン・携帯電話で、地域密着情報を共有
 (2) 双方向告知通信システム「知らせますケン」 ・・・ メディアトーク
 
 
4.新しいテレビ局の誕生
 
 2007年12月1日から、BSデジタルハイビジョン放送が開始されるそうです。(BSアナログハイビジョン放送は、本年(2007年)11月30日終了。ハイビジョンですから、お間違いなく)
 それに伴い、新しいテレビ局が開局し、放送を開始するそうです。
 
 1つが、BS11デジタル(日本BS放送)、もう1つがTwellV(ワールド・ハイビジョン・チャンネル)
 
 ちなみに、2007年12月からのBSデジタル放送のチャンネル割り当ては、次のようになるそうです。
 
 チャンネル1 ・・・ NHK BS-1、 チャンネル2 ・・・ NHK BS-2
 チャンネル3 ・・・ NHK BS-hi、 チャンネル4 ・・・ BS日テレ
 チャンネル5 ・・・ BS朝日、   チャンネル6 ・・・ BS-i
 チャンネル7 ・・・ BSジャパン、 チャンネル8 ・・・ BSフジ
 チャンネル9 ・・・ WOWOW、  チャンネル10 ・・・ スター・チャンネル
 チャンネル11 ・・・ BS11デジタル、 チャンネル12 ・・・ TwellV

続きを読む "ケーブルテレビショー2007"

投稿者 もりた : 23:59 | インターネット , デジタル家電 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月15日

Interop Tokyo 2007/IMC Tokyo 2007(2)展示会全体、今年の傾向

 昨日も一昨日に続き、幕張メッセで開催されているInterop Tokyo 2007/IMC Tokyo 2007の会場に行ってきました。出かける前にブログのエントリーを書いていて出発が遅れてしまい、事前登録しておいた基調講演(NTT東日本 山田副社長によるNGNの講演)の開始時刻に間に合いませんでした。しかし、かろうじて後半20分間、聴くことが出来ました。
 
 
 今回は、展示会の情報についてご報告したいと思います。展示会とコンファレンス全体を通して、私が感じた今年の傾向は、次の通りです。
 
1.PLCが普及段階に入る予兆が見える
 
 一昨年、昨年は実用前の印象がありましたが、プロバイダ(KDDIひかりOne)によるPLC機器のレンタル開始、機器メーカーからの製品出荷を受けて、既に実用段階に入っていると思います。身の回りで実際に使用している人が増え、不安などが払拭されれば一気に普及しそうな気がします。
 
 
2.NGNに関する展示
 
 NTT東日本のNGNフィールドトライアルの進行に伴い、NTT東日本、NTTコミュニケーションズおよびNTTグループ各社や、NECなどNGNフィールドトライアル参加各社による展示が、見られました。
 私自身、NGNについては未だ詳しくないのですが、そういう者にとって各社ショールームでの展示が参考になると思います。(常設展示)
  ・NOTE(NGN Open Trial Exhibition)(NTTグループ)
  ・NECブロードバンドソリューションセンター(NEC)
 
 
3.IPTVがより具体的になってきた
 
 これは、この展示会に限った話ではなく、ここ1~2年ほどの業界およびユーザ動向全体の中で感じていることです。
 約3年前、大手通信事業者系ISP(OCN、DION、YahooBB)がいわゆるトリプルプレイというサービス体系を整えて、宣伝・顧客獲得活動を行なってきました。光ブロードバンド回線1本で、インターネット接続(Web閲覧、メール)、IP電話、IPTV(映像配信)を享受できるというサービスです。このうちIPTV(IPを利用した映像配信)サービスでは、ISP事業者自らがコンテンツ収集に奔走し、顧客獲得の努力をしていました。
 その後、映像コンテンツ配信分野にさまざまな出自のプレーヤー(事業者)が参入し、バラエティに富んだ新サービスが発生しました。ポータルやISP(Yahoo!動画Biglobeストリームなど)、CGMなど動画共有サービス(YouTube)など、プレーヤー、サービスとも枚挙にいとまがありません。特に2005年4月にサービスを開始した、USENの無料動画配信サービスGyaoのインパクトは非常に大きく、ユーザーおよび関連業界各社のその後の動向に大きな影響を与えたことは周知の通りです。
 
 ところが、ここに来てまた別の動きがあります。一般的にはiPodの動画対応がきっかけかと思いますが、ユーザー自身がIP(インターネット)やHDDレコーダー等を通じて手に入れた動画コンテンツを、iPod(外出先)、テレビ(家庭内リビングルーム)などパソコン以外の機器で見たい、という欲求を満たすための様々な機器です。AppleTVがその代表例です。実はAppleTVのような機器は、LinkPlayer(2003年11月 アイ・オー・データ機器)など以前から製品化されていました。(私も2004年に購入しましたが、ほとんど使用していません。)現在多くの機器メーカーが同様の製品を販売しています。
 またGyao+に代表されるように、映像配信サービスを行なっている事業者側からも、このような機器をユーザーに配布(Gyao+の場合、機器購入費のみ有料、視聴月額無料)してテレビ受像機で簡単に視聴できるサービスが出てきました。
 任天堂のゲーム機Wiiによるインターネット閲覧(Wiiインターネットチャネル)は、家庭用のテレビにつないで簡単にインターネット上の動画が視れるという点では、ユーザーから見れば上記と似たような事例です。
 
 今回のInteropでも、何とかしてリビング・ユーザー(私の勝手な造語です。パソコンなどをあまり使わないユーザー)にインターネット上の動画を見せようという意気込みが、展示の中に散見されました。ホームネットワーク、ホームサーバーなども大きく言えば、IPTVに関連した製品であると思います。
 
 IPTVの他に、HDDレコーダーの普及も家庭内、または個人による映像コンテンツの蓄積に大きく貢献しています。また携帯電話、スマートフォンなどモバイル機器による外出先(屋外)からの動画ダウンロード、閲覧なども、これからの社会や人々の生き方に大きく関与する重要な要素の1つです。これらについては、別の機会があればコメントしたいと思います。
 
 
4.今回からWeb2.0、CGMなどの展示も散見される
 
 今回のInteropでは、「Web2.0パビリオン」、「CGM&サーチマーケティング クラスルーム」などWeb関連の展示もありました。Interopは従来は、ややハードウェア寄りのイベントで、ハードウェアメーカーの視点から新しいユーザ利用方法を提案する展示が多いのですが、ここにもWeb関連サービスが進出してきたことに、時代の流れを感じます。「CGM&サーチマーケティング クラスルーム」では、株式会社サンブリッジmodiphi事業部・エグゼクティブ プロデューサーの小川浩氏も、Feedや小川氏が手掛けている新サービスMODIPHIについて、講演されています。(申し訳ありませんが拝聴していません。)

続きを読む "Interop Tokyo 2007/IMC Tokyo 2007(2)展示会全体、今年の傾向"

投稿者 もりた : 11:21 | インターネット , デジタル家電 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月14日

Interop Tokyo 2007/IMC Tokyo 2007(1)古川享氏の講演

 Interop Tokyo 2007の基調講演と展示会を見てきました。昨日から展示会が始まり、今日と明日も開催されています。場所は幕張メッセです。
 なお、IMC Tokyo 2007が同時開催されています。パンフレットによると、IMC(Interop Mdeia Convergence)は、メディアコンテンツビジネスにフォーカスした専門イベントだそうです。
 
 基調講演は、慶應義塾大学教授 古川 享氏と、acTVilaのサービスを提供されているテレビポータルサービス副社長の久松龍一郎氏の講演を聴きました。
 
 
■ IP Network 新時代
 
 講師:古川 享氏  慶応義塾大学 デジタルメディアコンテンツ統合研究機構 教授
 
 古川 享氏の講演は、上記のタイトルで、
 
 ・昨今のデジタル技術動向
 ・IP技術の最新動向
 
について、お話されました。おまけとして
 
 ・IPTVの動向
 
についてもお話されました。IT、特にデジタル、ネットワーク、コンテンツの分野にお詳しい古川氏のことですので、45分間ではとても時間が足らず、ご用意されたパネルの3分の1しか、お話できなかったということです。
 
 ご存知の通り、古川氏はマイクロソフトの日本法人設立とともに社長に就任され、その後会長、アメリカ本社の役員などを歴任され、一昨年マイクロソフト日本法人およびMicrosoftアメリカ本社の役職を退任され、同社を退職されました。退職後は自らブロガーという肩書きで、講演等をされていたことを記憶しています。
  ・古川 享 ブログ
 
 昨日は、「講演の内容はあくまで古川一個人の私見であり、どこかの企業に資するものではない」とわざわざ断ったうえで、お話を始められました。
 
  ・幕張で開催されているINTEROP2007にてスピーチ(古川 享 ブログ)
 
 先ほども申しましたが、古川氏はデジタル、コンテンツ関係にお詳しく、特に最新の機器、利用事例など豊富な情報をお持ちです。そのため、1つ1つ取り上げてもかなり時間が掛かる濃い内容を短時間に凝縮するために、ヒントとして検索キーワードを提示していただききました。ここでも、キーワードのみ列挙いたします。
 
  ・DiGiCo
  ・X-W
  ・Viiv
  ・e-onkyo music
  ・フレッツ ロボ
  ・PLC
  ・music tap
  ・NormadLink
  ・IQwic
  ・Ethersound
  ・Cobra Net
  ・apple yamato
  ・iGrid2005
  ・TZERO
  ・XVD NHK
  ・Sentivision SMP
  ・Gyao+
  ・AppleTV
  ・NM stage 六本木ヒルズ
  ・Verizon FiOS
  ・DLNA
  ・microsoft.com/tv
  ・Microsoft TV Foundation Edition
  ・アクトビラ

続きを読む "Interop Tokyo 2007/IMC Tokyo 2007(1)古川享氏の講演"

投稿者 もりた : 10:11 | インターネット , デジタル家電 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月10日

「Adobe CS3 発表記念イベント」に参加しました

 6月8日(金)、品川プリンスホテルで開催された「Adobe Creative Suite 3 発表記念イベント」を受講しました。印刷・Web・ビデオのデザインや制作を生業とする、クリエイターと呼ばれる人々の基本的な道具である、Adobe Systemsのソフトウェア製品群の新版です。私どもIT屋もりたも、業務の柱の1つとしてWebサイト構築を掲げていますが、システムの構築をメインとしています。今回のイベントは、新製品の情報収集を目的として参加しました。
 
 
 基調講演(都合により受講しませんでした)のあと、専門毎にセッションが設けられました。私は、VideoセッションとWebセッションを受講しました。
 
 Adobe SystemsのカタログならびにWebサイトによると、今回の新製品CS3では、次の6種類のエディションがリリースされます。
 ・Adobe Creative Suite 3 Design Premium
 ・Adobe Creative Suite 3 Design Standard
 ・Adobe Creative Suite 3 Web Premium
 ・Adobe Creative Suite 3 Web Standard
 ・Adobe Creative Suite 3 Production Premium
 ・Adobe Creative Suite 3 Master Collection
 
 
● Adobe Creative Suite 3 Production Premium
 
 Videoセッションでは、Adobe Creative Suite 3 Production Premiumについて、デモを中心とした約1時間のプレゼンが行なわれました。簡単な操作で高度なエフェクトを実現可能とするなど、様々な新機能が追加されました。中でも、H.264へのエンコード、iPod、PSP(ソニーのPlay Station Portable)、Blu-rayディスク等への書き出しを可能としていることが特徴です。(Adobe Premiere Pro CS3)
 また、Adobe Encore CS3の新機能として、
 (1) ハイビジョン品質を維持したままオーサリングを行い、高解像度のBlu-rayディスクを簡単に作成できる
 (2) オーサリング結果を、Flashコンテンツとして簡単に出力できる
などが、追加されています。

続きを読む "「Adobe CS3 発表記念イベント」に参加しました"

投稿者 もりた : 23:59 | インターネット , 展示会・セミナー , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月07日

NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007

 昨日と今日の2日間、日経BP社主催のNET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007に来ています。(東京ミッドタウン)インターネットを利用したマーケティングに関するセミナーは、昨年2月の「ブログマーケティング最新動向セミナー」以来、頻繁に受講しています。
 
  ・ブログマーケティング最新動向セミナー(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  ・SES 2006(SEM および SEO に関する展示会)補足(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 今回のカンファレンスは、検索エンジン対策、検索連動型広告、行動ターゲティング広告など、非常に範囲が広く、勉強になります。特に携帯電話におけるSEO、SEM、広告などが、パソコンの辿った道と同じ道を歩むのか、そうでないのかというところに、セミナーのテーマも受講者の関心も集中しているように感じました。
 
 詳しくは、後でご報告いたします。

続きを読む "NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007"

投稿者 もりた : 09:00 | インターネット , 展示会・セミナー , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年06月01日

今年の流行は“仮想化”技術?-LinuxWorld Conference & Expo/Tokyo 2007より

 一昨日から東京ビッグサイトで「LinuxWorld Conference & Expo/Tokyo 2007」が開催されています。
 
 今年の特徴は昨年に続き、OSSOpen Source Software:オープン・ソース・ソフトウェア)ですが、Xenをはじめとする仮想化”技術に注目が集まっている印象を受けました。本日まで開催されていますので、システム開発に携わる方はもちろん、Webビジネス、広くITビジネスに関わる方は、ぜひご覧になることをお勧めします。(本日午後6時までです。私もこれから出発します。)
 
 
 一昨日、展示会場に行ってきました。会場で目にしたものを、列挙します。
 
● 仮想化体験コーナー
 
 スポンサーとしてDell社が、ノートパソコンをたくさん用意し、自由に触ることができます。「Xen」と「VMware」という仮想OSがインストールされていて、私もXenのインストールされているパソコンを触ってみました。(Xenについては、XenSource, Inc.のページを参照ください。「VMware」については、ヴイエムウェア株式会社のページを参照ください。)直接的には、GNOME(GNU Network Object Model Environment)というデスクトップ環境の操作を体験したのですが、Xenそのものについては詳しくないため、その良さはわかりませんでした。(猫に小判状態?)GNOMEについては、Windows XPが操作できる人ならば予備知識無しで操作できる、という印象を持ちました。
 会場ではセミナーも30分おきに、「Xen」と「VMware」のセミナーが繰り返し行なわれていますので、初めての人にも、体験しやすいと思います。
 
 
● .Orgパビリオン
 
 オープンソースを開発しているコミュニティ、ユーザーグループなどの展示コーナーです。
  ・KNOPPIX教育利用研究会
   「KNOPPIX Edu 6」という統合型IT学習教材CDを配布していました。KNOPPIXですから、通常のパソコンをCDで起動して使用できます。
  ・OpenOffice.org日本ユーザー会
  ・WideStudio/MWTプロジェクト
   以下で紹介するアルゴシステムさん展示ブースでも、薄型タッチパネルコンピュータの開発ツールとして紹介されていました。
  ・日本Apache Geronimoユーザグループ
  ・Firebird日本ユーザー会
  ・日本Asteriskユーザ会
  ・日本LDAPユーザ会
  ・NPO法人 日本PostgreSQLユーザ会
  ・日本Zopeユーザ会Plone研究会
  ・JJBug(Japan JBoss User Group)
  ・OpenSUSE
  ・XOOPS Cube.org pavillion 出展委員会
  ・小江戸らぐ
  ・Geeklog Japanese(Geeklog日本ユーザ会)
 
 
アルゴシステム
 
 「薄型タッチパネルコンピュータ」というLinuxコンピュータを展示していました。買ってすぐ使うエンドユーザ向けではなく、開発者向けの製品のようです。先ほど述べた「WideStudio/MWT」というソフトウェアが、開発ツールとして紹介されていました。
 
 
SRA OSS
 
 「Power Gress」という、PostgreSQLをベースとした商用RDBMSソフトウェア・パッケージ群を紹介していました。展示ブース前でも、ミニセミナーが開催されています。
 「Power Gress」のコンセプトとして
  ・PostgreSQLをより使いやすく
  ・PostgreSQLをより安心に
  ・PostgreSQLに安心のサポートを
という解説がされました。
 
 
 そのほか、Linuxのディストリビューター(LinuxなどのOSを開発・配布するベンダー)として
 ・Novell ・・・ SESU Linux
 ・red hat ・・・ red hat Linux
などの展示がありました。red hatの展示は、日立製作所や仮想化体験コーナーの中にあります。
 
 
 また、ハードウェアからソフトウェアまで、Linuxに広く関わっている企業、団体として
  ・NEC
  ・日立製作所
  ・Itanium Solutions Alliance
などの展示がありました。

続きを読む "今年の流行は“仮想化”技術?-LinuxWorld Conference & Expo/Tokyo 2007より"

投稿者 もりた : 11:08 | インターネット , ソフト開発 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月27日

NTT東西「ひかり電話}不通の原因を発表

 5月23日に発生した「ひかり電話」の不通の原因が、5月24日にNTT東日本、NTT西日本から発表されています。
 「ひかり電話」のNTT東西間接続装置の故障について(最終報)
平成19年5月24日
・・・ NTT東日本、NTT西日本

 
 それによると、不通の原因は「ひかり電話」のNTT東西間接続装置(中継系呼制御サーバ)の故障ということです。では、中継系呼制御サーバの故障の原因は何かというと、人的ミスとソフトウェアのバグ(不具合)が重なった、ということです。
 5月21日深夜から5月22日未明にかけて、ハードディスクの交換作業を実施した際に、作業員がコマンドのパラメータを誤って入力したということです。その時、ハードディスク内のデータの一部が破壊されていた(後になって判明)が、コマンド自体は正常に受け付けられた(注1)ために、作業員はコマンドは正しく受け付けられたと判断したようです。(この時点で作業員は、ミスには全く気付いていない)
 その後、5月23日6時25分に、このデータにアクセスがあり、異常処理が発生し、中継系呼制御サーバの通話制御が機能しなくなった(電話が不通になった)ということです。
 
 整理しますと、原因の1つめは、作業員によるコマンドのパラメータ入力誤り(人的ミス)、2つ目はパラメータの誤りによってハードディスク内の一部データが破壊されたこと(ソフトウェアのバグ)ということです。

 (注1) NTT東日本、NTT西日本による上記の報告では、“フェールセーフ機能が不充分でコマンドが正常に受け付けられた”と記載されています。“フェール(Fail)”つまり1つ失敗が発生しても、即危険(故障)には至らない=安全(Safe)を保つ、ということです。システムや機械、ユーザインターフェースなどの設計における考え方の1つです。

続きを読む "NTT東西「ひかり電話}不通の原因を発表"

投稿者 もりた : 23:58 | インターネット | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月26日

NHKの技術研究成果をもっと国民生活へ活用しよう!-NHK技研公開2007・研究発表より

 NHK技研公開2007・研究発表の聴講報告の続きです。
  日本の地デジ方式(ISDB-T)ブラジルで採用-NHK技研公開2007・研究発表より(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 上記の特別発表の他に、以下の研究発表がありました。(発表№ タイトル 発表者(所属)の順)
  発表者はいずれも、NHK放送技術研究所の所属。カッコ内は専門。
  下段は、展示会場番号(カッコ内)および発表内容、IT屋もりたのコメント

 
  研究発表1  ワンセグの普及に向けた新技術  岡野 正寛氏(システム)
    (会場番号-7)ワンセグ連結再送信システム、および (会場番号-6)緊急警報放送によるワンセグ端末の自動起動
    IT屋もりたのひと言コメント: ワンセグ機能付き携帯電話・ワンセグ受信機が急激に普及しているが、地下街、ビル陰などでは受信できない。地下街独自のコンテンツを追加できるなど、単なる解決策を超えたユニークな提案である。展示会場では、研究開発にあたられた岡野氏ご本人に質問、ご説明していただいた。
 
  研究発表2  IPネットワークにおける放送型コンテンツ配信サービスのためのセキュリティ技術  藤澤 俊之氏
    (会場番号-25)オープンなIPネットワークを使って、誰でも低コストで、映像の同報配信が可能になった。現行放送局から個人放送局まで入り乱れる中、情報の信憑性と品質を維持するために、セキュリティ技術(脅威と攻撃に対する対策)の開発がカギを握る。
    IT屋もりたのひと言コメント: インターネットとビデオカメラを使って、個人放送局や地域テレビが簡単に始められるようになった。それらの信憑性や品質の維持も、もちろん重要であるが、現行放送局によるIPネットワークの利用(今回発表されたアーカイブス・オンデマンドサービスなど)開始に向けて、非常に重要なテーマである。
 
  研究発表3  超高精細映像システムを用いたインテグラル立体テレビ  洗井 淳氏(人間・情報)
    (会場番号-5)パンフレットでは“未来の立体テレビ”として紹介されている。本研究は、独立行政法人情報通信機構(NICT)の委託研究の一部として、日本ビクター株式会社と共同で実施したもである、とのこと。
    IT屋もりたのひと言コメント: 従来の立体テレビは特殊なメガネを必要としたが、今回のはメガネなしでOK。上記タイトルにある“超高精細映像システム”とは、スーパーハイビジョン技術のことである。今回は、スーパーハイビジョン技術を立体テレビにも応用したことが、一番の工夫である。
 
  研究発表4  視覚障害者向け マルチメディア受信提示システム  半田 拓也氏(人間・情報)
    (会場番号-32)データ放送(放送)とインターネット(通信)、いずれにおいても、従来のテキスト中心の情報から、マルチメディア(テキスト、音声、静止画、動画など複合)コンテンツが増加している。またインターネットで動画(デジタル映像)を見たり、逆にテレビでインターネットを見るケースも増えている。このような状況において、視覚障害者はコンテンツの把握が従来にも増して困難になっているとのこと。ここでは、その解決策として、触覚の併用による情報提示法(出力)、放送(データ放送、EPG)と通信(Web)のフォーマットの統一(共通API)等の研究について、発表された。本研究は、独立行政法人情報通信機構(NICT)の委託研究「視覚障害者向けマルチメディアブラウジング技術の研究開発」の一環として、東京大学と共同で実施したもである、とのこと。
    IT屋もりたのひと言コメント: 放送と通信のフォーマットを統一して、パソコンやその他、ブラウザ搭載機器に提示する、というこの研究成果(共通API等)は、障害者向けはもちろんのこと、広く一般に応用できる技術であると思う。情報をオープンにして、今後は、NHKやNICT、研究に参加している民間企業だけでなく、特に一般消費者が協力して開発できる体制を作ることを、強く推進して欲しい。そのために、(NHKさんは動きにくいと思うので)国(総務省)の強いリーダーシップを望む。
 
  研究発表5  冷陰極HARP撮像板  難波 正和氏(材料・デバイス)
    (会場番号-18)夜間緊急報道など、照明が制約される撮影条件下では、暗いところでも対象が映る、超高感度のカメラが使用されている。従来からの高感度カメラに採用されているHARPHigh-gain Avalanche Rushing amorphous Photoconductor)撮像管は、約100mmの長さがあり、CCDカメラと比べてかなり大きい。今回は、画素数を従来の6倍に増やした冷陰極アレーを開発したことにより、撮像管の幅を約10mmにまで小さくすることができ、カメラの小型化を実現した。それによって、従来からの夜間緊急放送だけでなく、医療(内視鏡)など様々な分野への利用の可能性が出てきた。本研究は、双葉電子工業株式会社パイオニア株式会社浜松ホトニクス株式会社と共同で進めている、とのことである。
 
  研究発表6  低電圧動作シリコンマイク  井口 義則氏(材料・デバイス)
    (会場番号-34)研究の背景として、あらゆる環境に適応できる高性能マイク(放送用)の実現と、民生(国民生活:注1 本記事の末尾に注釈を掲載しました)への応用を目指した取り組みがあったとのこと。今回の研究成果として、あらゆる環境への適用という点では、料理番組(天ぷらを揚げている油の至近距離での音)や、科学番組(サイエンスZEROにおける化学反応時の音)での利用実績が紹介された。民生用では、車載用マイクへの応用を目指して、電圧(上記の放送用では42Vを実現)をさらに12V(自動車)まで下げるための、工夫などが紹介された。本研究は、松下電器産業株式会社と共同で進めている、とのことである。
    IT屋もりたのひと言コメント: 車載用マイク(民生)実現のために、低電圧化の取組みの説明がおもしろかった。マイクの感度は、動作電圧に比例し、膜厚と空隙長に反比例する、とのこと。感度を下げずに動作電圧を下げるためには、膜厚、または空隙長を小さくする必要がある。空隙長を短くすると、大音量の際、振動膜と背面電極が接触し易く、不安定になってしまう。膜厚を出来るだけ薄くする必要がある。今回様々な試行錯誤の末、振動膜厚の半減に成功し、12V動作マイク(車載用マイク)実用化への見通しがたった、とのこと。
 
 
 以上が、研究発表の概要です。

続きを読む "NHKの技術研究成果をもっと国民生活へ活用しよう!-NHK技研公開2007・研究発表より"

投稿者 もりた : 22:19 | インターネット , デジタル家電 , パソコン , 展示会・セミナー , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

日本の地デジ方式(ISDB-T)ブラジルで採用-NHK技研公開2007・研究発表より

 NHK技研公開2007の2日目、研究発表を聴くために、一昨日に続き昨日もNHK放送技術研究所を訪れました。
 
 午後1時から16時40分まで、技研講堂というところで研究発表が行なわれました。数百人が収容できそうな、とても立派な施設です。「日本の地デジ方式の国際化について」と題する特別発表が1つ、『ワンセグ』の普及に向けた新技術、未来の立体テレビなど、6つの研究発表が行なわれました。いずれも、すばらしい研究成果の発表ばかりでした。
 
 
● 特別発表「日本の地上デジタル放送方式ISDB-Tの国際化」
 
  2006年6月29日、ブラジル政府は、自国の地上デジタル放送方式として、日本の地上デジタル放送方式 ISDB-TIntegrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial)を基礎とした方式を採用することを発表したそうです。世界の地上デジタル伝送方式としては、アメリカのATSC、ヨーロッパのDVB-T、日本のISDB-Tの3方式があるそうです。
 その中で何故ブラジル政府が、日本のISDB-T方式の採用に至ったのか、ISDB-T方式開発の歴史、国内および国際標準化活動、海外普及活動について、NHK放送技術研究所(システム) 主任研究員 高田 政幸氏から解説がありました。
 1970年代のテレビ多重文字放送、1980年代のFM多重放送の研究から始まって、2003年12月の地上デジタル本放送開始、2006年4月のワンセグサービス開始に至る、研究開発の歴史は、興味深いものがありました。
 講演の最後に高田氏から、(各国における)地上デジタル放送の方式決定には、技術以外に政治的、経済的影響も考慮する必要がある、むしろ後者のほうが大きいというお話がありました。そんな中でも、ISDB-Tの唯一の武器は、技術の優秀性である、と自信を持って語っていらっしゃいました。
 ブラジルでの採用にあたって、3方式の中でブラジルがISDB-Tを評価した点として、
 
 最も優れた伝送特性を有するシステムであること
  ・OFDMの採用
  ・時間インターリーブの採用
  ・日本メーカーの技術力
 システムの柔軟性、サービスの多様性
  ・編成の自由度 ・・・ HDTVでも、SDTVのマルチチャネルでも、どちらも実現可能
  ・サービスの多様性 ・・・ 固定受信のみならず、携帯受信/移動受信向けサービスが可能
 
ということを挙げていらっしゃいました。
 ISDB-Tの方式開発、標準化、実用化、普及活動に関わった日本の全ての放送技術関係者の成果とおっしゃっていました。
 また、DiBEGDigital Broadcasting Expert Group)による海外普及活動を挙げていらっしゃいました。
 

 以上が、日本の地上デジタル放送方式ISDB-Tが、ブラジルで採用された事に関する、高田氏の講演内容でした。高田氏もおっしゃっていましたが、ブラジルでの採用をきっかけとして、今後日本のISDB-T方式の他の国への普及に弾みがつくことを、国民の一人として願っています。

続きを読む "日本の地デジ方式(ISDB-T)ブラジルで採用-NHK技研公開2007・研究発表より"

投稿者 もりた : 22:15 | インターネット , デジタル家電 , パソコン , 展示会・セミナー , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月25日

「アーカイブス・オンデマンドサービス」が目玉!NHK技研公開2007

東京世田谷区砧にあるNHK放送技術研究所の玄関前
 昨日から、NHK技研公開2007が始まりました。東京世田谷区砧にあるNHK放送技術研究所に、さっそく行って来ました。

 
NHK技研公開2007
2007年5月24日(木) ~ 27日(日) NHK放送技術研究所(東京都世田谷区砧)

 
 
 26日(土)、27日(日)も開催されていますので、ご覧になってはいかがでしょうか。
 
 また、本日25日(金)は研究発表もあります。予約不要で誰でも聴講できます。
  13時00分 から 16時40分まで  技研講堂にて  [ホームページ]
 
 
 今回の目玉は、何といってもアーカイブス・オンデマンドサービスではないかと思います。技研公開直前に、ネットメディアを通じて下記のニュースが報じられました。
 
2007/5/22
 
 NHKも“YouTube的見逃し需要”に対応?--「NHK技研公開」、5月24日開幕へ(CNET Japan)
 
 ・アーカイブス・オンデマンドサービスは有料を予定(INTERNET Watch)

 
 
2007/5/23
 
 インデックスとNHK、携帯電話でテレビ番組をオンデマンド視聴できるアプリ開発へ(CNET Japan)
 
 
 また、昨年既に発表されていたようです。
 
2006/11/15
 
 見逃した番組を楽しめるNHKオンデマンド、2008年内にも開始の見込み(INTERNET Watch)
 
 
 これらのニュースを見て、長年(3年前から)考えていたことが、現実の姿になって目の前に現れたと感じました。当のNHKさんとしては、“スーパーハイビジョン”がメインと考えていると思いますが、私にとって上記のニュースがあまりにも衝撃的だったため、勝手に目玉などと盛り上がっています。
 
 
■ 技研公開2007全体について
 
  全部で36の展示があり、次のように分類されています。
 
   ・未来のテレビ・新サービス
   ・作る
   ・送る
   ・使う
   ・放送以外への展開
 
 「アーカイブス・オンデマンドサービス」は、未来のテレビ・新サービスに分類され、会場番号8に展示されています。
 
 なお、入り口では無料のパンフレットの他に、資料が販売されています。(2冊で1,000円)
  ・平成19年度 技研公開 展示資料(NHK放送技術研究所)
  ・平成19年度 技研公開 講演・研究発表予稿集(NHK放送技術研究所)

資料「技研公開 展示資料」と「技研公開 講演・研究発表予稿集」

続きを読む "「アーカイブス・オンデマンドサービス」が目玉!NHK技研公開2007"

投稿者 もりた : 03:47 | インターネット , デジタル家電 , パソコン , 展示会・セミナー , 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月23日

NTT東日本・西日本「ひかり電話」東西間で不通、現在は回復

 NTT東日本とNTT西日本の「ひかり電話」サービスで、今朝6時30分頃から10時過ぎまで、障害が発生していたとのことです。
 ・「ひかり電話」のNTT東西間接続装置の故障について
第1報(平成19年5月23日8時30分現在)
・・・ NTT東日本、NTT西日本
 
 ・「ひかり電話」のNTT東西間接続装置の故障について(回復)
第2報(平成19年5月23日10時30分現在)
・・・ NTT東日本、NTT西日本

 
 上記の報告によると、今回のトラブルは、「ひかり電話」サービス利用者が、NTT東日本管内からNTT西日本管内に電話をかけた時、および、NTT西日本管内からNTT東日本管内に電話をかけた時に、つながらないという内容です。NTT東日本管内、NTT西日本管内、それぞれの管内の電話間の通話は問題ないということです。
 
 
 NTT東日本の「ひかり電話」に関係する障害は、大きなものだけでも2006年9月、今月15日に続き3回目です。
  ・光電話 2006年09月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記
  ・NTT東日本「ひかり電話」トラブルの原因 2006年09月26日 IT屋もりたの今時パソコン日記
  ・NTT東日本 通信障害の原因 2007年05月18日 IT屋もりたの今時パソコン日記

 
 100年を超える歴史を持つ従来の電話とは異なる、新しい仕組みの電話サービスですので、障害が起きることはある程度仕方が無いことと思います。「ひかり電話」サービスの利用者もその点は、覚悟しておく必要があると思います。
 
 
 今回の障害にまつわる一連の流れの中で、気になったことが2点あります。
 
 
■ 原因究明後の発表が待たれる
 
 1つは、NTT東日本、NTT西日本の障害報告・第2報(回復)の中で、
 
  “5.措置状況 東西間接続装置(中継用サーバ)のプログラムソフトの再インストールを行い、10時6分から装置が正常に動作を開始し、通話の回復を確認いたしました。 ”
 
という部分です。通常の措置としては“再起動”と思いますが、“再起動”ではなく“再インストール”ということに何か特別な意味があるのか否か、疑問に感じます。原因究明後のNTT東日本、NTT西日本の発表を待ちたいと思います。

続きを読む "NTT東日本・西日本「ひかり電話」東西間で不通、現在は回復"

投稿者 もりた : 15:12 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

ネットイヤーグループ社長・石黒不二代氏のお話を聞いてきました

セミナーが行なわれた六本木ヒルズの夜景
 昨夜、六本木ヒルズ49階で行なわれた「Roppongi Biz オンラインビジネスセミナー」を受講しました。今回のゲストスピーカーは、ネットイヤーグループ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 石黒 不二代氏です。モデレーターは、前回と同じく株式会社ニューズ・ツー・ユー 代表取締役社長 神原 弥奈子氏です。

  ・「Roppongi Biz オンラインビジネスセミナー WEB2.0時代の企業のウェブブランディング -ネットイヤーグループ石黒社長に聞く、勝ち組企業のウェブブランディングとは-
 
 セミナータイトルにもあるように、今回のテーマは“(企業の)ウェブサイト”と“ブランディング”です。Webの技術をベースとした新しいサービスやビジネスが次々と生み出される中、ウェブサイト構築による企業のブランディングという、最もベーシック、かつメジャーなところを手掛けているのが、石黒社長率いるネットイヤーグループです。
 
 石黒社長のお話をお聞きして、同社が、ウェブサイト構築ビジネスを手掛ける他の会社(特に私どもIT屋もりたと比べて)とは、根本の部分で異なることがわかりました。先ず、企業戦略を考えるところから始める、という点です。
 昨日のセミナーに先立って、同社が手掛けたKDDI(au)のWebサイトを拝見しました。
  (例) ・LISMO!(au by KDDI)
 
 通常このようなリッチな動きを伴うページは、技巧に走り、制作者の自己満足に陥りがちですが、このページは違います。洗練された高品質なイメージと、楽しさ・面白さといったエンターテインメント性や親しみやすさを両立させています。背後に高い技術力の裏づけも感じさせます。何よりも、企業のメッセージが顧客である私たちに伝わって来ます。
 その答えが、経営視点、企業戦略という言葉に表れている、と感じました。
 
 
 セミナーの内容としては、市場動向の解説(新しいマーケティングの動向や技術の進化という背景)に続き、同社が手掛けた多くの事例紹介がありました。事例につきましては、ネットイヤーグループのWebサイトにお譲りしたいと思います。
 ・ネットイヤーグループ株式会社 (Netyear Group Corporation)

続きを読む "ネットイヤーグループ社長・石黒不二代氏のお話を聞いてきました"

投稿者 もりた : 06:31 | インターネット , 展示会・セミナー | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

IE7の自動配布は2007年7月-9月に延期

 今月5日に「IE7自動配布に向けてWeb担当者は事前準備を」という記事を書きました。
  IE7自動配布に向けてWeb担当者は事前準備を(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 本日マイクロソフト(日本)のTechNetのページを確認しましたところ、配布時期が変更になっておりましたので訂正いたします。
 
 Windows Updateの自動更新による、IE7(インターネットエクスプローラ・バージョン7)へのアップグレードは2007年第3四半期(2007年7月-9月)に延期になったようです。
  Internet Explorer 7 の自動更新による配布(Microsoft TechNet)

続きを読む "IE7の自動配布は2007年7月-9月に延期"

投稿者 もりた : 03:50 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月21日

「越谷っ子」さん メルマガ取材

越谷タウン情報サイト-越谷っ子 先週末(2007年5月18日(金))、「越谷タウン情報サイト 越谷っ子」さんの取材を受けました。同サイトが毎月発行している「越谷っ子メールマガジン」の、“【店主直撃インタビュー!】”というシリーズ企画に掲載されることになったためです。

 
 11時にせんげん台駅で「越谷っ子」特派員 阿部智恵美さんとお待ち合わせをして、駅構内の喫茶店でインタビューを受けました。
 
 ・開業の動機、きっかけ、エピソード
 ・この仕事で必要なこと、大変なこと・苦労や、仕事をしていてうれしかったこと
 
など、事前に用意していただいていた質問に対して答えるという形で進められました。当初30~40分の予定でしたが、それでは終わらずに、パソコンの歴史や、最近のWeb関連サービス、デジタル機器にまで話が及び、気がつくと2時間半もしゃべっていました。一旦、話し出すと止まらないクセが出てしまい、阿部さんにはご迷惑だったと思います。
 
 
 この「越谷っ子」メルマガ企画【店主直撃インタビュー!】の模様は、今月末の「越谷っ子」メールマガジンに掲載される予定です。ぜひ、登録してご覧ください。
 ・「越谷っ子」メールマガジン会員登録
 ・「越谷っ子」メールマガジン バックナンバー

続きを読む "「越谷っ子」さん メルマガ取材"

投稿者 もりた : 12:41 | インターネット , パソコンサポート , パソコン教室 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月19日

「modiphi」登場

 「modiphi」ベータ版が、リリースされました。
 
 株式会社サンブリッジ プレスリリース
  ・サンブリッジ、RSSフィード形式による情報共有サービス modiphi をベータ公開
    -日本初のブラウザ型 RSS フィードエディタを搭載 -
 
 CNET Japanニュース
  ・「ウェブは星、フィードは光」--小川浩プロデュースのRSS生成サービス「MODIPHI」
 
 残念ながらオープニングイベント(六本木)は申し込みが遅れ、参加出来ませんでしたが、さっそく登録して使用してみました。
 
 ・MODIPHI

続きを読む "「modiphi」登場"

投稿者 もりた : 02:28 | インターネット , ソフト開発 , ブログ | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月18日

NTT東日本 通信障害の原因

 5月15日に発生した「フレッツ」および「ひかり電話」サービスの障害の原因が、NTT東日本から発表されています。
 
  ・NTT東日本、通信障害の原因は大量のルート情報による処理能力オーバー(CNET Japan)
 
 “ルータのハード故障に伴うパッケージ交換工事を実施しており、この際に同社IPネットワーク内に処理能力を超えるルート情報が発生したことが原因だという。この結果、多くのルータが連鎖的に処理能力オーバーとなり、処理を停止した。”(上記のCNET Japan記事より引用)
 
 障害の直接のきっかけは、パッケージ交換工事のようです。原因、復旧、当面の措置、今後の対策について、上記の記事に詳しく書かれています。
 
 
 なお、「フレッツ」および「ひかり電話」のユーザーは、上記のCNET Japan記事の最後の文章に注意を払っていただきたいと思います。
 
 “なお、今回の通信障害の間に、ひかり電話対応機器の電源を操作したユーザーは、サービス回復後に再度電源の切/入操作を行うよう呼びかけている。”(上記のCNET Japan記事より引用)

続きを読む "NTT東日本 通信障害の原因"

投稿者 もりた : 09:43 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月11日

2007年5月・6月の展示会・セミナー情報

 毎年5月・6月はIT関連の大きな展示会が開催されます。主な展示会の日程を一覧にしました。出来れば全部見ておきたいものばかりです。
 IT関連の仕事をしている上で、どれも基本的で重要な展示会ばかりですが、特にINTEROPとLinuxWorldは最低限見ておきたい、と思っています。
 
 なお、詳しい時刻や地図などは主催者の公式ページを参照ください。また、セミナーやコンファレンスなどの一部は有料の場合がありますので、ご注意ください。
 
 

第16回 ソフトウェア開発環境展
2007年5月16日(水) ~ 18日(金) 東京ビッグサイト

 
 同時開催:第12回 データウェアハウス & CRM EXPO
      第10回 組込みシステム開発技術展
      第9回 データストレージEXPO
      第4回 情報セキュリティEXPO
      第2回 RFIDソリューションEXPO
      第1回 ダイレクトマーケティングEXPO
      Web2.0マーケティングフェア
 
 
NHK技研公開2007
2007年5月24日(木) ~ 27日(日) NHK放送技術研究所(東京都世田谷区砧)

 
 展示はもちろんですが、5月25日(金)の研究発表も、ぜひ聴いておきたいと思います。
 
 
LinuxWorld Conference & Expo/Tokyo 2007
2007年5月30日(水) ~ 6月1日(金) 東京ビッグサイト

 
 昨今のインターネットビジネス、特にWeb関連技術のかなりの部分をLinuxをはじめとするオープンソフトウェアが支えています。IT産業の基礎技術の1つですので、IT関連事業者だけでなく、広く一般の方の閲覧をお勧めします。
 
 
Interop Tokyo 2007
展示会:2007年6月13日(水) ~ 15日(金)
コンファレンス:6月11日(月) ~ 15日(金)
会場:幕張メッセ

 
 Interop Tokyo 2007 運営事務局から、展示会無料招待券やパンフレットが送られてきました。それによると“アジア最大級のネットワーク・コンピューティングイベント”というサブタイトルがついています。今年で14回目だそうですが、かつてはネットワーク、しかもインフラ寄りの内容だったように思います。最近はコンピューティングの部分が拡大し、いわゆるIT産業全体をカバーしている、まさにアジア最大級のイベントです。
 
 
JavaWorld DAY 2007
2007年6月19日(火) 東京・ベルサール神田

 
 インターネットのインフラを支えるネットワーク技術や、Linuxをはじめとするオープンソフトウェアとともに、Javaもまたこの10年来のITの進化を支えてきたテクノロジーです。ITやソフトウェア開発に携わる、いわゆる専門家向けのセミナーです。

続きを読む "2007年5月・6月の展示会・セミナー情報"

投稿者 もりた : 23:50 | インターネット , ソフト開発 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月09日

Googleプロダクトセミナーに参加しました

第1回 Googleプロダクトセミナーのお土産「Googleグッズ」。さて、袋の中は?
 アップルストア銀座で開催されたGoogle プロダクトセミナー @ Apple Store Ginzaに参加しました。先着順で予約制ではないので、開始50分前頃に会場に着くと、既に5~6名の方が階段に並んでいました。WBS2.0(株式会社サンブリッジ小川浩氏が毎月開催しているイベント)で何度か来たことがありますが、会場(3階のシアター)は満席で、両側に2列ずつ立見が出る状態でした。(140名位の参加?)

 
 最初にアップルストア銀座の責任者の方が挨拶に立ち、この会場(Apple Store)にこれだけ大人数のWindowsユーザーが集まったのは、今日が初めてではないかとジョークを飛ばし、会場を沸かしてくれました。
 
 セミナーの内容は最初の約40分が、Google日本法人の及川氏によるGoogleの各種サービスの説明(デモ中心)、後半はヤナギダ氏によるGoogle Adsenseという構成でした。詳細は、この記事の後ろの方に掲載します。
 正直に申しますと参加前は、Googleのサービス内容は今更説明されるまでもなく、大体は知っていると思っていました。しかし、初めて知ったことや、そういうことだったのか、ということだらけでした。
 
 実は、このブログ(IT屋もりたの今時パソコン日記)にGoogle Adsenseを貼っていません。特に大きな理由や考えがあってのことではありませんが、強いていえば私ども個人事業ではありますが、企業(ビジネス)としての店長ブログなので、といったところです。ブログですので、Adsenseを貼る方が普通とも思いますが、このブログとは別のブログでということも考えられます。いろいろ考えた上で、掲載することになる可能性もありますが、現時点では未定です。
 
 
 参加者にはいくつかの特典があり、その1つが冒頭に掲載した「Googleグッズ」でした。
 
 会場で参加者1人1人に配られたコードでAdsenseに登録すると、さらに別の「Googleグッズ」が抽選であたる、という特典もありました。

続きを読む "Googleプロダクトセミナーに参加しました"

投稿者 もりた : 23:58 | インターネット , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月08日

「このエントリーを含むはてなブックマーク」ボタンを取り付けました

 このブログ(IT屋もりたの今時パソコン日記)に、「このエントリーを含むはてなブックマーク」ボタンを取り付けました。
 
 “はてなブックマーク”とは前にもお話しましたが、他の人とブックマークを共有可能にするもので、ソーシャルブックマークと呼ばれるサービスの1つです。
  はてなデビュー(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
「このエントリーを含むはてなブックマーク」ボタンの説明

 各記事の下に、このエントリーを含むはてなブックマーク のようなボタンを付けました。私の書いた記事をはてなブックマークに追加している人の数が表示されます。残念ながら、現在のところほとんどゼロですが、少しでもお役に立つ記事を書けるよう、継続していきたいと思います。

続きを読む "「このエントリーを含むはてなブックマーク」ボタンを取り付けました"

投稿者 もりた : 20:54 | インターネット , ブログ | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月07日

個人でウィジェット、ガジェットを作り、自己PRする時代

 今回もメディア・パブさんのブログの記事にリンクさせていただきました。
  個人でも自前Widgetを作り,自己PRできる時代に(メディア・パブ)
 
 ブログパーツにも追いつけていないのに、ウィジェット(widget)ガジェット(Gadget)など、いつになったら追いつくのやら、背中がどんどん遠くなってしまいます。

続きを読む "個人でウィジェット、ガジェットを作り、自己PRする時代"

投稿者 もりた : 15:23 | インターネット , ブログ | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

“WiiでRimo見たい!”キャンペーン

 
 WiiでRimo見たい!
 
 Wiiが欲しくて書いたエントリーです。はてなRimoキャンペーンへの応募目当てです。
  ・WiiでRimo見たい!とは - はてなダイアリー
 
 YouTubeJockey - 世界のWii CM
<a href="http://rimo.tv/channel?url=http%3A%2F%2Fhatena.from.tv%2Fview.cgi%3Fid%3D84">Rimo</a>

続きを読む "“WiiでRimo見たい!”キャンペーン"

投稿者 もりた : 01:19 | インターネット , デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月06日

はてなデビュー

 はてなデビューしました。といってもはてなブックマークを始めただけです。
  mmorita3のブックマーク(はてなブックマーク) ・・・ 私ども(IT屋もりた 店主 森田三男)のブックマークです
 
 はてなデビューと言うと、普通ははてなダイアリー(に登録してブログ)を始めることを言うのかもしれませんが、既にMovable Typeでこのブログを書いていますので、このまま続けます。ソーシャルブックマーク、特にはてなブックマークは前から気になっていましたが、やっと重い腰を上げた格好です。
 
 
 最近、毎日チェックしているニュースサイト(CNET Japanなど)やブログの記事に触発されて、ブログのエントリーを起こすことが増えてきました。それでも時間の都合で、ほんの一部しかエントリー出来ずにいました。これからは、気付いた記事、人に教えたい記事を、はてなブックマークに記憶して、その中で特にこだわりを持ってコメントしたい記事のみ、自分のブログにエントリーしていく、という使い分けをしていこうかな、と思っています。これで少し気が楽になりました。

続きを読む "はてなデビュー"

投稿者 もりた : 22:59 | インターネット , ブログ | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月05日

IE7自動配布に向けてWeb担当者は事前準備を

 マイクロソフト社のインターネット・エクスプローラのバージョン7IE7Internet Explorer Version 7.0)へのアップグレードがまもなく始まります。既にIE7をダウンロードして使用(手動更新)している方もいらっしゃるかもしれませんが、大多数の方はまだIE6を使用しているものと思われます。
 
 このブログ(IT屋もりたの今時パソコン日記)のアクセス記録を見ても、IE使用者の約4分の3(75%)はIE6を使用しており、IE7ユーザーは約25%に止まっています。(2007年5月3日現在。下記グラフを参照ください。)
 
     ブラウザ別リクエスト件数(IT屋もりたの今時パソコン日記)
ブラウザ別リクエスト件数(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 (参考) OS別のアクセス状況については、下記資料を参照ください。
  ・OS別リクエスト件数(2007年5月3日現在 IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 ところが5月、遅くとも6月にはIE6からIE7へのバージョンアップが、Windows Updateの自動更新の対象になり、IEユーザーのほとんどのパソコンがIE7に置き換わると予想されます。Windows Updateを意識していないユーザであればあるほど、自動更新によりある日を境にしてブラウザがIE7に変わるということになります。この辺の事情については、@ITの記事が参考になります。
 IE 7自動配布の基礎知識(@IT)
 
 
 この事態に対して、Webサイトを参照・閲覧する側への啓蒙も必要ですが、Webを使って情報やサービスを提供している側への注意喚起がより重要であると考えています。企業や国をはじめ地方政府機関のWeb担当者、Web制作業者、ECサイト運営会社、ネットショップのオーナーなど、広い範囲に影響がおよぶものと思います。

続きを読む "IE7自動配布に向けてWeb担当者は事前準備を"

投稿者 もりた : 01:28 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月03日

iGoogle

 株式会社ニューズ・ツー・ユー社長の神原弥奈子氏のブログに、「iGoogle」というタイトルを見つけ、iGoogleって何?と思い検索してみました。
 ・iGoogle(ニューズ・ツー・ユー社長のブログ : minako's blog)
 
 初めは、携帯電話(ドコモ)用のiアプリの1種であるiGoogle(注1)と勘違いして、携帯電話にインストールしようかと思いました。
(注1) PC用Googleの強力な検索機能を携帯で安く利用できる。
 
 しかし神原氏のブログをよく見るとパソコンの画面のようですので、もう一度検索結果を確認すると、SEVEN DEGREESさんのブログの記事からGoogleのサービスということがわかりました。
 ・iGoogle(SEVEN DEGREES)

続きを読む "iGoogle"

投稿者 もりた : 14:32 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年05月01日

Wikipedia、YouTubeへの書込み者は中高年が多い

 いつも購読しているメディア・パブさんのブログに、次の記事がエントリーされていました。
  Web2.0サイトの能動的な参加者,若者よりも中高年層が多い(メディア・パブ)
 
 それによると、YouTubeflickrWikipediaといったコンテンツ共有型、参加型のサイトに於いて、実際に書込み(投稿・編集)経験者の割合は、それぞれ0.16%、0.2%、4.59%と非常に少ないということです。
 興味深いのは、年代別では35歳以上の割合が、圧倒的に多いということです。(Wikipedia書込み経験者のうち、35歳以上が81.79%、YouTubeでは投稿経験者のうち、35歳以上が73.92%)
 (参考)メディア・パブさんの記事の原典となった、Web 2.0 Expoにおけるhitwise社の資料
  ・「Web2.0 EXPO Measuring the Participatory Web」(hitwise April 17, 2007)

 
 このことは、私が以前から感じていたことと同じでした。
  カノープス「EDIUS Pro version 4」店頭デモに行って来ました(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "Wikipedia、YouTubeへの書込み者は中高年が多い"

投稿者 もりた : 13:51 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年04月27日

ビデオジャーナリスト・神田敏晶氏のお話を聞いてきました

 六本木ヒルズで行なわれた「Roppongi BIZ オンラインビジネスセミナー 動画コンテンツビジネスの将来-次世代CGMコンテンツの最新動向-」を受講しました。「Roppongi BIZ オンラインビジネスセミナー」は前回に続き2回目の受講で、モデレーターは株式会社ニューズ・ツー・ユー 代表取締役社長 神原弥奈子氏でした。
 
 CGMやソーシャルメディアを題材としたマーケティング関連のセミナーが多い中、純粋にコンテンツ、特に動画にテーマを絞ったセミナーは珍しいのではないでしょうか。動画ビジネスに特化して取組んでいらっしゃる数少ない、ビデオジャーナリスト 神田敏晶氏KandaNewsNetwork,Inc. 代表取締役)がこの日の講師でした。
 
 参加者の数は正確にはわかりませんが、100名前後ではないかと思います。
 
 タイムスケジュールは、19時から21時までの2時間で、前半が神田氏の講義、後半が神田氏と神原氏の対談、および質疑応答という予定でしたが、実際には神田氏の講義で全体の3分の2位になってしまいました。そのくらい、お話に熱が入っていました!

続きを読む "ビデオジャーナリスト・神田敏晶氏のお話を聞いてきました"

投稿者 もりた : 06:55 | インターネット , <