« こしがや産業フェスタ2013を機に、これまでのパソコンサポート内容を振り返ってみました | メイン

2014年09月27日

#nhk NHK朝ドラ「花子とアン」に夢中だった半年間

 今年初めての投稿です。既に10月の声が聞かれますが、この10か月何をしていたかといいますと、ほぼ毎日「花子とアン」を視ていました。(笑)

 「赤毛のアン」の翻訳者である村岡花子をモデルとしたドラマで、今日が最終回の放送日です。4月からの半年間、ほぼ毎日のように見ていました。

 全156回の放送の中で私が最も印象に残っている言葉があります。修和女学院の卒業式でブラックバーン校長が花子ら卒業生に向けたメッセージです。素晴らしい言葉でしたが、花子が訳した日本語の文章も、ブラックバーン校長の英文に勝るとも劣らない素晴らしい文章でした。

 あまりにも感動したので、メモをしておきました。
 
 
 My girls.
私の愛する生徒たちよ。
 
 Grow old along with me.
 我と共に老いよ。

 The best is yet to be.
 最上のものは、なお後に来たる。

 
 If some decades later
 今から何十年後かに

 you look back on your time with us here
 あなたがたがこの学校生活を思い出して

 and you feel that these were the happiest days of your life, then
 あの時代が一番幸せだった 楽しかったと 心の底から感じるのなら
 
 I must say your education will have been a failure.
 私はこの学校の教育が失敗だったと言わなければなりません。

 Life must improve as it takes its course.
 人生は進歩です。

 Your youth you spend in preparation
 若い時代は準備の時であり
 
 because the best thing are never in the past,
 最上のものは 過去にあるのではなく
 
 but in the future.
 将来にあります。
 
 
 I have that you pursure life,
 旅路の最後まで
 
 and hold onto your hope and your dream
 希望と理想を持ち続け
 
 until the very end of the joueney.
 進んでいくものでありますように。

投稿者 もりた : 2014年09月27日 08:27 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1720

コメント

コメントしてください




保存しますか?