« NTT R&Dフォーラム2013を見に行きました(その1) | メイン | Google Readerサービス終了 »

2013年03月05日

2020年東京オリンピック招致について思うこと

 昨日から、オリンピック招致に関連したニュース「 IOC評価委員による東京の現地視察が始まる」がテレビで報道されています。

2020年にオリンピックが東京で再び開催されれば、それは、もちろん、いいことでしょう。前回(1964年)は小学2年生の時で、かろうじてテレビが我が家にも来た翌年だったので、学校から帰って毎日のように見ました。内容はあまり憶えていません。白黒でしたが、何故か今でも鮮明に記憶に焼きついています。

いままで、オリンピックやワールドカップなどを、国内でも海外でも観戦したことは一度もありませんが、今度は大人なので、チケットを買って、競技場で観戦できるかもしれません。そんな期待も持っています。

しかし、2020年に、心の底から喜んで、オリンピックを観戦できるかどうか、私自身には確信が有りません。その頃は未だ、福島第一原発事故のために避難している人のうち、どれくらいの人たちが、自分の'ふるさと'に帰ることが出来ているでしょうか?
 津波で、新しく建てたばかりの家を失った人、福島原発の事故により新しく建てた家に住むことが出来ず避難生活を続けている人、それらの人の中には再び家を新築し、二重ローンを払い続けなければならない人。

 
 そして、もっとも気がかりなのは、月日とともに増しつつある、わが子の健康や命への不安に心を費やしながらも、気丈に生きていかれる親御さんたち。今、国や地方行政だけでなく、私たち一人ひとりが、物心両面で全精力を注いで支援しなければならないのは、これらの人たちではないかと私は思います。それぞれの出きる範囲において。

 そうでなければ、心から祭典(オリンピック)の歓喜に浸ることは、私には出来ない。家族が病気で伏しているのに、毎日毎日外に出て旅行や観劇を楽しむことが出きる人は、どれくらいいますか?

 だからこそ、みんなで心から2020年東京オリンピックを楽しむために、日本で開催されたオリンピックを経験していない若い世代のために、さっさと福島第一原発事故を最短距離で解決する方向へ、進路を変えましょうよ!

 事故原因の究明に全力を傾けましょう。今現在、メルトダウンした炉心(原料)は、どこに有るのですか。壊れた格納容器の底に留まっているのですか?それとも、格納容器の下の地中に落ちてしまっているのですか?
 爆発事故が起こった時、当時の東電の会長や社長が採った行動は適切だったのですか?そのとき、会長はどこにいたのですか。事故の後、数日から数週間、社長は何故、入院していて陣頭指揮をとらなかったのですか?
 使用済み核燃料が何本(何十本?)も浸されてる4号機のプールは大丈夫ですか。今でも、北関東や東北地方の地震のニュースがある度に、真っ先に、福島4号機のプールは大丈夫か?と気になります。

 福島1号機、2号機、3号機は廃炉という方針は決まっていると思います。それに向けての研究や具体的な計画、人材確保と育成に全力を注ぎましょうよ!事故直後の報道で驚いたことの1つに、毎年4000億円もの国家予算が、原子力のために使われ続けてきたこと、原子力計画の初期の頃ならいざ知らず、原子力は安全でクリーンという宣伝とともに技術的にも確立したと思っていた最近(2010年)に至るまで、1年間に4000億円もの税金が使われているということを全く知りませんでした。事故以降の2011年、2012年、2013年も同じペースで予算が配分されているかどうかは、残念ながら私は知りません。

 その1割でも、数パーセントでもいいから、廃炉のために使いましょうよ。

 その2割でも3割でもいいから、新しいエネルギーの実用化のために使いましょうよ。原子力が40年×4000億円(金額的には昔は、もっと小額だったかも知れませんが)もかけて、現在の実用化に至ったのなら、新しいエネルギーだって、[その半分の予算](2000億円)×[4分の1の年数](10年間)、つまり原子力に費やした国民のお金の8分の1位のお金で、同じ量のエネルギーの供給を実用化できるのではありませんか?素人考えですが。

 火山や温泉の多い日本なら原子力発電よりも、むしろ地熱発電が最適ですし、海で囲まれている海洋国・日本ならば、海流による発電や、海上での風力発電が、国土が狭く、特に幅(日本海から太平洋までの距離)が短く山岳から平野まで急斜面な国土を生かして各所に小規模水力発電を、さらには伝統的な太陽光発電も。そして様々な方法や場所や規模で作られたこれらの電気を、マージ(集めて)して、安定して供給するために欠かせないスマートグリッド、これらの研究・開発に4000億円、いやその半分でもいいから投じて、一日も早く原子力と化石燃料に替わるエネルギーを実用化しませんか。
 残念ながらスマートグリッドの研究も、この日本では現時点では、電力会社に負うところが多いという現実があります。発電と送電を分離する(発送電分離)など制度の変更も含め、いますぐ始めませんか。


 世界の1パーセントにも満たない国土面積しか持たない日本に、世界の約1割の地震が毎年のように発生している。そんな地面の上に、わざわざ最も不適切な子力発電所を54機作っていた。なんと間抜けで滑稽な選択をこの国はしていたのでしょうか。これは、国や電力会社の責任というよりも、そんなことにも気付かなかった、気を払えなかった、私たちのおじいさんやおばあさん、おじさんやおばさん、父と母、弟や兄、姉と妹、そして私自身の責任です。


 そして4000億円の何分の一でもいいから、わが子の命のために、原発事故後の放射線から逃れるため別れて暮らす家族の人々、仕事のために原発30キロ圏内外で働くお父さんと、避難のため遠くで生活する母子に分断された親子、そういう人たちのために使いましょうよ。そういう人たちを支えることが、今、日本人の最も大事なことではないのでしょうか。


 爆発して壊れて発電しなくなったとはいえ、福島1号機、2号機、3号機は、冷却し続けなければ、再び危険が増します。そのために一度、冷却に使用した水を、循環して再利用していますが、周囲の土壌から流入する地下水もかなりあって(それらも汚染されますから)、福島原発敷地内は汚染水でいっぱいになっていきます。これが延々とこの先、何十年も続きます。原発が完全に終息するまで。

 ですから、汚染水を可能な範囲で除染して(放射線には、いくつかの種類があります。すべての放射線種を除去することは出来ないので、いくつかの種類の放射線は除染後の水に残ってしまいます)、海に流したいと東京電力は考えています。これについては、他の方法があるかどうか、私にもわかりません。しかし、完全には除染できていない水を海に流すことは、福島の、いや、東北や関東の、日本人の健康にも影響が広がります。
 日本人だけではなく、韓国や中国、フィリピンやベトナム、マレーシアやインドネシア、タイやミャンマーやバングラディシュやインド、オーストラリア、アメリカやカナダやメキシコ、南米やロシアや、中東やアフリカ、ヨーロッパの人々にも、年とともに、影響が拡大していきます。
 そして最も懸念されることは、人間だけでなく地球上の生物全体の生態系に異変を起こしかねないということです。


 科学を、人間の営み(生活やビジネス)に応用するということは、非常に難しいことだということを、福島原発事故を通じて再認識しました。原子力発電の研究や開発も、一応'科学'なのかもしれませんが、正直、私は懐疑的です。まして、実用化、つまり私たちの生活やビジネスのために原子力発電を使うという選択肢は、非常に下手な選択に思えます。特に、地震国日本においては。東京電力福島第一原発事故を経験した今だから言えることです。
 
 
 2020年、日本で開催されるオリンピックを、福島の人たちと、日本中の人たちと、何の憂いも後ろめたさも無く、心から楽しみたい。だから、早く、さっさと福島原発事故を解決への方向に道筋をつけたいと、一人の人間として思います(非常に残念だが、解決はしないと思う、私たち日本人は、福島の子供たち、そのまた子供たちに与えてしまった仕打ちを、この先ずっと背負っていかなければいけない)。原発から他のエネルギーへの移行へ方向転換して、2020年東京オリンピックを迎えたいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 消防ポンプ操法(可搬式ポンプの場合) 2007年07月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 非被災地に住む私がなすべきこと 2011年03月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) #ganbarojp #jishin #genpatsu 原発事故について(田原総一朗×孫正義 緊急対談) 2011年04月04日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) #genpatsu 原発依存を脱するために発電・送電分離を! 2011年05月24日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) #genpatsu 5月23日参議院行政監視委員会「原発事故と行政監視システムの在り方に関する件) 2011年05月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) #genpatsu この2日間、テレビのニュースはどうなってしまったのか? 2011年06月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 「ソーシャルメディアサミット2012」に参加しました #サミット 2012年03月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(8) g2 vol.10とハピリーサンド #joqr 2012年04月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(9) #紫陽花革命 大飯原発再稼動反対!総理官邸前抗議活動(2012年6月29日) 2012年06月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(10) #紫陽花革命 6・30船橋アクション(原発なくせ@千葉アクション) 2012年07月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2013年03月05日 04:28 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1713

コメント

コメントしてください




保存しますか?