« 2013年02月 | メイン | 2013年04月 »

2013年03月27日

@takapon_jp 「額に汗して働く人」という言葉の胡散臭さ

 最初に誤解のないように言っておきたいことは、私は「額に汗して働く人」が嫌いではない(むしろ好きです)し、「額に汗して働くこと」が好きである、さらに言えば、自分はどちらかといえば「頭を使って考える」よりも、「額に汗して働く」タイプの人間である(と自己分析している)ということです。
 
 「社会保障と税の一体改革」法案可決、違憲状態(一票の格差)のまま解散総選挙に突入、自民党圧勝・再び政権交代、安倍首相TPP交渉参加表明と、昨年来、私にとって絶望的なニュースが連続し、滅入っていたところに、久々に嬉しいニュースが届きました!
 
 堀江貴史さん( @takapon_jp )が、仮釈放されたというニュースが、報じられています。彼が粉飾決算の疑いで逮捕・起訴され、1審、2審と裁判が続く中で、マスコミを通じて、あたかも一般の庶民感覚の様に伝えられた言葉の一つに「額に汗して働く」というものがあります。「多くの人が、額に汗して働いて、日々の糧を得る中で、彼(堀江氏)のようなマネーゲームによって楽して富を得る人間は許せない」というような使われ方をします。
 
 彼がライブドアという会社の経営を通して携わっていたITという同じ仕事に、私も社会に出てから30年以上、一貫して身を置いています。手や足や体力を使って物を作る製造業や土木・建設、農業に携わること、あるいは営業マンのようにクタクタになるまで体を酷使して成果を挙げることが、仕事として高い評価を得るのならば、ITの仕事も同様です。いや、どんな仕事にもまして、IT、特にソフトウェア開発に関わる仕事は厳しいものがあります。
 
 なぜかといえば、納期に間に合わせるために残業に次ぐ残業、徹夜もいとわない体力とともに、たとえ寝不足であっても考えることから逃げずに頭を使い続けなければならない、つまり体力と頭脳の両方を同時に、最大限に発揮することを求められる仕事だからです。堀江氏も例外ではなく、社長になってからはコーディング(ソフトウェアの製作において、基礎部品の製造に該当する工程)作業はされてはいないと思いますが、起業当初は、そのようにして会社を発展させていったと聞きます。

続きを読む "@takapon_jp 「額に汗して働く人」という言葉の胡散臭さ"

投稿者 もりた : 23:05 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2013年03月15日

Google Readerサービス終了

 Google Readerが6月30日を以って、サービス終了するとのことです。さっさと他のリーダーに乗り換えろ、というわけではないでしょうが、「Google リーダーのデータをダウンロードする方法」が出ています。
Google リーダーのデータをダウンロードする方法

 どのリーダーに移ろうか、「RSSリーダー」と検索すると、livedoor Readerとともに、「オンラインRSSサービス「はてなRSS」終了のお知らせ」が、検索結果に並んでいます。
オンラインRSSサービス「はてなRSS」終了のお知らせ

 
 Google Readerに変わるリーダーサービスをさがしているのに、しかも、「はてなRSS」のサービス乗り換え先として、「Google Reader」の名が挙げられています。

続きを読む "Google Readerサービス終了"

投稿者 もりた : 01:53 | ブログ | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2013年03月05日

2020年東京オリンピック招致について思うこと

 昨日から、オリンピック招致に関連したニュース「 IOC評価委員による東京の現地視察が始まる」がテレビで報道されています。

2020年にオリンピックが東京で再び開催されれば、それは、もちろん、いいことでしょう。前回(1964年)は小学2年生の時で、かろうじてテレビが我が家にも来た翌年だったので、学校から帰って毎日のように見ました。内容はあまり憶えていません。白黒でしたが、何故か今でも鮮明に記憶に焼きついています。

いままで、オリンピックやワールドカップなどを、国内でも海外でも観戦したことは一度もありませんが、今度は大人なので、チケットを買って、競技場で観戦できるかもしれません。そんな期待も持っています。

しかし、2020年に、心の底から喜んで、オリンピックを観戦できるかどうか、私自身には確信が有りません。その頃は未だ、福島第一原発事故のために避難している人のうち、どれくらいの人たちが、自分の'ふるさと'に帰ることが出来ているでしょうか?
 津波で、新しく建てたばかりの家を失った人、福島原発の事故により新しく建てた家に住むことが出来ず避難生活を続けている人、それらの人の中には再び家を新築し、二重ローンを払い続けなければならない人。

続きを読む "2020年東京オリンピック招致について思うこと"

投稿者 もりた : 04:28 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!