« 2012年11月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月01日

71年前にタイムスリップ

 あけましておめでとうございます。旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
本年も相変わらぬご愛顧の程、お願い申し上げます。
 
 ここ2年間、年明け最初の投稿は2月になってからでしたので、1月、しかも元日の投稿は3年ぶりになります。この歳になると元旦の行動はパターン化して、例年と同じく地元の神社とお寺にお参りに行って来ました。

大きな地図で見る
 
 先ず最初に訪れたのが香取神社です。この辺りの"部落"にある神社の名前は、どこへ行っても「香取神社」です。大泊、上間久里、下間久里、平方、船渡、さらに大澤、みんな香取神社です。
 
 埼玉の神社(埼玉県神社庁)
 
 かつてこの辺りは、下総の国一之宮 香取神宮の影響下にあったためと思います。区別がつかないので、ここでは大泊香取神社としておきます。
 
  大泊香取神社
大泊香取神社
 
 今日は正月なので「のぼり」が立っていました。正月と3月、6月の祭礼には、「香取大神」と書かれた「のぼり」が立てられます。

 
 次に大泊の「下」(しも)にある「大泊観音堂」に行きました。大泊は「上」(かみ)と「下」(しも)、いわゆる「上組」と「下組」に分かれています。旧日光街道を上間久里(現在は千間台東)の辺りで横道に入り、念仏橋を渡ると大泊です。日光街道に近い方から「上」、「下」になっています。
 
 ちなみに念仏橋通りをそのまま、大泊の「下」の先まで進むと「船渡」に至りますが、船渡も「上組」、「下組」に分かれています。(大泊と同じく日光街道に近い方から「上」、「下」の順です)
 
 この念仏橋通りをさらに進むと、県道平方東京線と名称を変え、やがて古利根川に沿って進んだ後、キャンベルタウン近くで越谷野田線を経由して増林へと至ります。越谷北部と東部を循環する大動脈です。
 
 話が横道にそれました(洒落ではありません)が、大泊観音堂です。
 
  大泊観音堂
大泊観音堂
 
 大泊観音堂。我々地元の人間は昔から「観音様」と呼んでいます。12年に1回、「お開帳」が催されます。来年が、お開帳の年に当たります。

 
 大泊観音堂の拝殿に上がって、ご本尊に向かって右側に旧い絵馬が掲げられています。「大泊観音堂の縁日風景絵馬」です。
 
  大泊観音堂の「縁日風景絵馬」
大泊観音堂の縁日風景絵馬
 
 明治から大正にかけての観音堂縁日の賑わいを画いたものだそうです。越谷市の「民俗文化財」「有形民俗文化財」に指定されています。

続きを読む "71年前にタイムスリップ"

投稿者 もりた : 20:51 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!