« HP Windows 8搭載新製品発表イベントに参加しました | メイン | #interbee #interbee2012 Inter BEE 2012(1) アクション・カメラ「GoPro」の新製品 HERO3 »

2012年11月12日

#sokotoko 小沢一郎氏に無罪判決。マスコミ報道の非対称性

 久々のブログ更新が、またまた本業であるIT関連以外のテーマになってしまいました。自らの政治団体の政治資金報告書に虚偽の記載をしたとして、検察審査会から二度の起訴相当議決を受け、強制起訴されていた件で、「国民の生活が第一」代表の小沢一郎氏に対する二審(東京高裁)の判決が今朝、出されました。
 
 ご存知の通り、一審(東京地裁)では無罪判決でした。しかも、裁判官から原告(検事役の指定弁護士)側に厳しい意見付きの判決だったにもかかわらず、検事役の指定弁護士が東京高裁に上告しての控訴審でした。今回の判決は、原告側にとって、さらに厳しい判決でした。判決の要旨については、下記のリンク(国民の生活が第一 森ゆうこ議員のブログに掲載)を参照ください。
 
 小沢裁判判決要旨(国民の生活が第一 参議院議員森ゆうこ)
 
 
 この件では、検察(東京地検特捜部)から検察審査会へ提出された資料の中に、虚偽の記載が書かれた捜査報告書が含まれていたことが公判中に明らかになりました。被告である小沢氏の(政治資金規正法違反容疑の)件よりも、「検察の崩壊」ともいうべき、法治国家の基礎を揺るがしかねない大問題であることを心配する声が良識ある市民から上がりました。
 
 虚偽の捜査報告書を直接書いた東京地検特捜部の田代政弘(元)検事と、上司である佐久間達哉(元)特捜部長らに対して、最高検察庁は不起訴処分としました。これを不当として、上記の市民らは、検察審査会に審査申立を行ないました。
 
 
 東京地検特捜部 田代政弘(元)検事らによる捜査報告書虚偽記載について、詳しくは「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」のホームページ、および、「検察崩壊 -失われた正義-」(郷原信郎・著 毎日新聞社)をお読みください。

 
 以上のように、小沢氏が政治資金規正法容疑で強制起訴された件は、小沢氏への容疑そのものよりも、検察による犯罪(東京地検特捜部 検事らによる虚偽公文書作成・行使)や、検察審査会の不透明さ(ランダムに選任される筈の審査員の平均年齢が、異なる審査会の間でほぼ同年齢だった等)の問題が、あぶりだされる結果となりました。
 
 非常に心配なことは、民主主義(公正な選挙によって国民の意思を国の政治に反映すること)の基本よりも、さらに、この国の根幹を成すところ、すなわち、法治国家としての基礎である検察や検察審査会(最高裁判所が管理している)に対する国民の信用を失ってしまったことです。残念ながら、事の重大性を多くの国民は気付いていません。
 
 
 そして、もう一つ、これが最も私たちの国の民主主義にとって重要であると思いますが、新聞・テレビによる報道についてです。およそ3年前、政権交代直後の2009年末から、翌2010年初めにかけて、テレビや新聞は連日、小沢氏の政治団体である陸山会による土地購入資金の政治資金報告書への記載について虚偽記載の疑いがあることを報じ続けました。
 
 まるで、"疑い"が"事実"と確定したかの様な報道ぶりでした。約3ヶ月の間、ほとんど一日も間をおかず連日、検察(東京地検特捜部)内部(検事)によるリーク(情報を漏らすこと)と、報道機関自らの憶測に基づいて、報じ続けました。その報道量(新聞記事の紙面数、テレビ報道時間)たるや、とても筆算や電卓などではカウントしきれない程です。
 
 
 それに反して、本日の無罪判決を報じるテレビ各局の放送時間は、ほんの1~2分程度。あまりにも、アンバランス過ぎると思います。まだ"疑い"の段階であって、事実であると確定しない段階での、集中砲火的、かつ長期間に亘る報道。対して、"疑い"が、どうやら事実ではないと判明した現段階での報道時間の少なさ。
 
 今日の段階では、検事役の指定弁護士が上告するか否かは、未だわかりません。新聞・テレビは事実が確定、すなわち小沢氏に対する"疑い"は無かったと決まった段階で、3年前に行なった報道量をもって、自らの誤報について検証を行なうのでしょうか。検察によるリークや、何故、誤報が起きたのか報道機関の問題点について、紙面と放送時間を割いて私たち読者・視聴者に伝えるのでしょうか?
 
 私たち、少なくとも、私はそのような目で、テレビや新聞の報道を注視するつもりです。
 
 
 3年前、小沢氏の政治資金規正法違反容疑について過激な報道が続いていた最中、私は「小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性」というタイトルで始まるエントリーを連続して書いていました。(下記の関連情報を参照のこと)3つ目の小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(3)報道は情報源を明らかにしなくていいのか(前編)まで書いたところで止まっています。最後が"(前編)"で終わっていることから解るように、当然、"(後編)"があります。実は、さらに、あと3~4件のエントリーを書かなければなりません。
 
 明日からすぐにというわけにはいきませんが、当時考えていたことを思い出し、さらにその後の状況を加味して、書いていきたいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「推定無罪」 2010年01月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(1)報道は違法性の所在を明らかにしていない 2010年01月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(2)報道は推定無罪の原則を忘れているのか 2010年01月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(3)報道は情報源を明らかにしなくていいのか(前編) 2010年01月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) ネットユーザー/非ネットユーザー間で広がる世論の乖離 2010年02月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) #syutto テレビ新聞「報道」の見方(私の場合) 2010年02月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) #muraki 朝日新聞が村木厚子さんに単独インタビュー 2010年09月05日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(8) #sokotoko 捜査報告書への虚偽記載 2012年06月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(9) #sokotoko 虚偽有印公文書作成および同行使 2012年06月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2012年11月12日 23:16 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1704

コメント

コメントしてください




保存しますか?