« 2012年10月 | メイン | 2013年01月 »

2012年11月24日

生誕140年記念 朗読「たけくらべ」(女優 日色ともゑさん)

 昨日催された樋口一葉生誕140年記念「一葉祭」 記念講演と朗読の第2部、日色ともゑさんによる「たけくらべ」の朗読です。(第1部 記念講演「樋口一葉と源氏物語」の様子は、こちらから)
 
第2部 朗読「たけくらべ」(女優 日色ともゑさん) ※ ビデオは会場内ではなく、屋外に設けられたテレビ画面を撮影しています。(以下同じ)また、「プツプツ」という雑音は、屋外テントの屋根に当たる雨音です。

 
 今回は一葉のオリジナル(原文)ではなく、現代語訳(松浦理英子)を朗読されました。
 
 
 朗読の前と朗読後に、今回の記念行事への参加に至ったエピソードや、下町や酉の市などとの関わりについて、ユーモアを交えてお話される日色さんは、いつまでも前向きで気さくなとても素敵な人でした。
 
日色ともゑさん朗読後のトーク

続きを読む "生誕140年記念 朗読「たけくらべ」(女優 日色ともゑさん)"

投稿者 もりた : 01:07 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

生誕140年 記念講演「樋口一葉と源氏物語」

 昨日、11月23日は樋口一葉の命日です。毎年恒例の東京・台東区立一葉記念館で催されている「一葉祭」に行って来ました。
 
 樋口一葉への興味・関心は若い時から持っていました。とりわけ強い関心を持ち始めたのは、15~6年くらい前、40歳前後の頃に初めて一葉記念館を訪れた時だったと思います。「わずか24年の短い一生の間に、これほどまでに美しい文字を残していたとは!」、強い衝撃を受けました。
 
 以来、一葉忌(一葉の命日)には、なるべく足を運んでいます。この日も例年通り、一葉忌にちなんだイベントが催されていました。
 
 
第1部が、実践女子大学 上野英子教授による「樋口一葉と源氏物語」と題した講演、第2部では、女優の日色ともゑさんによる「たけくらべ」の朗読でした。
 
第1部 記念講演「樋口一葉と源氏物語」(実践女子大学教授 上野英子氏)
前半  ※ ビデオは会場内ではなく、屋外に設けられたテレビ画面を撮影しています。(以下同じ)

 
後半

続きを読む "生誕140年 記念講演「樋口一葉と源氏物語」"

投稿者 もりた : 00:58 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年11月15日

#interbee #interbee2012 Inter BEE 2012(2) 映画監督・堤幸彦氏によるキヤノンEOS C300講座

 昨日開幕した「InterBEE 2012」(国際放送機器展。幕張メッセにて11月16日(金)まで開催。)に、映画監督の堤幸彦氏が講師として登場しました。「キヤノン EOS C300の使い方~映画『くちづけ』から~ 映画監督・堤幸彦」
 

 
 来年(2013年)5月25日公開の映画「くちづけ」の堤幸彦監督は、キヤノン EOS C300を使って撮影を行なったとのことです。従来ならば100人規模のスタッフを引き連れて右往左往していたのが、この映画では5、6人のスタッフのみで撮影したとのことです。その代わり、EOS C300をセットのいたるところに設置して、カメラを移動することなく、その場その場で撮影したとのことです。
 
 キヤノン 動画カメラ EOS C300
キヤノン EOS C300

 
 同じくキヤノン EOS C500
キヤノン EOS C500

 
 このようなことが可能になった要因は、EOS C300が従来、映画で使われてきたカメラに比べて遥かに軽量で、かつコストが安いためです。その効果は抜群で、今回の映画で堤監督は、絵コンテをまったく作らず、その場その場の感覚で撮影していったということです。
 
 また、シナリオの順番どおりに撮影を進めたとのことです。通常、映画の撮影ではシナリオの順番どおりに撮影が行なわれるとは限らないことは、素人の私たちもよく知るところです。今回、シナリオ通りの順番で撮影が出来たのは、何台ものEOS C300をあちこちに配置しておいたことにより、撮影のスピードが早かったためといいます。
 
 小型・軽量なEOS C300は、軽いフットワークで、さまざまな場面での活躍が予感される
フレキシブルなキヤノン EOS C300

 
 EOS C300を使用したことによる最大の効果は、作品全体を通して役者さんの自然な表現を引き出すことが出来たこと、役者さんがカメラを意識することが少なかったためではないかと分析されています。カメラが小さくなって、コストも低くなり複数台導入することが可能になった効果ではないかと思います。

続きを読む "#interbee #interbee2012 Inter BEE 2012(2) 映画監督・堤幸彦氏によるキヤノンEOS C300講座"

投稿者 もりた : 02:01 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

#interbee #interbee2012 Inter BEE 2012(1) アクション・カメラ「GoPro」の新製品 HERO3

 昨日開幕した「InterBEE 2012」(国際放送機器展)に行ってきました。放送業界向けイベントで、これまで1年単位での急激な変化は無かった業界です。しかし、今回はストリーミングや、アウトドア・モバイル撮影を意図した製品が出てきました。その1つ、海外で今話題のGoProから、発売されたばかりの新製品HERO3(HERO2の後継機)が、日本発見参だそうです。

 
 GoProを知らない人のために、プレゼンテーションビデオは、こちらです。

続きを読む "#interbee #interbee2012 Inter BEE 2012(1) アクション・カメラ「GoPro」の新製品 HERO3"

投稿者 もりた : 01:06 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年11月12日

#sokotoko 小沢一郎氏に無罪判決。マスコミ報道の非対称性

 久々のブログ更新が、またまた本業であるIT関連以外のテーマになってしまいました。自らの政治団体の政治資金報告書に虚偽の記載をしたとして、検察審査会から二度の起訴相当議決を受け、強制起訴されていた件で、「国民の生活が第一」代表の小沢一郎氏に対する二審(東京高裁)の判決が今朝、出されました。
 
 ご存知の通り、一審(東京地裁)では無罪判決でした。しかも、裁判官から原告(検事役の指定弁護士)側に厳しい意見付きの判決だったにもかかわらず、検事役の指定弁護士が東京高裁に上告しての控訴審でした。今回の判決は、原告側にとって、さらに厳しい判決でした。判決の要旨については、下記のリンク(国民の生活が第一 森ゆうこ議員のブログに掲載)を参照ください。
 
 小沢裁判判決要旨(国民の生活が第一 参議院議員森ゆうこ)
 
 
 この件では、検察(東京地検特捜部)から検察審査会へ提出された資料の中に、虚偽の記載が書かれた捜査報告書が含まれていたことが公判中に明らかになりました。被告である小沢氏の(政治資金規正法違反容疑の)件よりも、「検察の崩壊」ともいうべき、法治国家の基礎を揺るがしかねない大問題であることを心配する声が良識ある市民から上がりました。
 
 虚偽の捜査報告書を直接書いた東京地検特捜部の田代政弘(元)検事と、上司である佐久間達哉(元)特捜部長らに対して、最高検察庁は不起訴処分としました。これを不当として、上記の市民らは、検察審査会に審査申立を行ないました。
 
 
 東京地検特捜部 田代政弘(元)検事らによる捜査報告書虚偽記載について、詳しくは「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」のホームページ、および、「検察崩壊 -失われた正義-」(郷原信郎・著 毎日新聞社)をお読みください。

続きを読む "#sokotoko 小沢一郎氏に無罪判決。マスコミ報道の非対称性"

投稿者 もりた : 23:16 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!