« #ceatec CEATEC JAPAN 2012初日-キーワードはスマート | メイン | HP Windows 8搭載新製品発表イベントに参加しました »

2012年10月05日

#ceatec CEATEC JAPAN 2012 3日目-スマホやタブレットだけがスマートか?

 火曜日(2012年10月2日)に続いて、昨日(10月4日)もCEATEC JAPAN 2012を見に行ってきました。初日(10月2日)はライフ&ソサエティ ステージ、スマホやタブレットなど携帯キャリア、家電大手など、だけで時間切れとなってしまいました。従って、昨日は電子部品、半導体、デバイス、電池、装置など、"ものづくり"寄りの展示を見て回りました。
 
 約5時間半かけて回りましたが、これでも駆け足で半分程度しか見ることが出来ませんでした。さらに、その一端になりますが、私がインパクトを受けた展示を紹介いたします。
 
 
1.日本電気硝子
 
 "見えないガラス"、"液晶レンズ"をはじめ、今まで知らなかった技術や製品の開発が行なわれていることを知り、衝撃を受けました。
CEATEC JAPAN 2012 日本電気硝子「見えないガラス」CEATEC JAPAN 2012 日本電気硝子「液晶レンズ」

 他に"曲面タッチパネルディスプレイ"など、同社の技術力の高さ、オンリーワンの力を感じました。
 

 
 
2.村田製作所
 
 "世界最小UHF帯RFタグ"、"表面実装型超音波センサ"、"光インターフェース"、"マイクロブロア"をはじめ、センサ・通信・エネルギーなど、様々なシステムや機器の基礎となる電子部品をまんべんなく供給している同社ならではの製品や試作品が並べられていました。
 
 同社の展示で感心した(偉そうですみません)のは、基礎部品メーカーでありながら、最終的な利用形態を意識したデモ内容でありパンフレットの表現であることでした。一般の(エンド)ユーザーを意識した姿勢は他の部品・デバイスメーカーにも浸透していくのではないかと思います。
CEATEC JAPAN 2012 村田製作所「世界最小UHF帯RFタグ」

 
3.nichicon(ニチコン)
 
 何といっても「CEATEC AWARD 2012 準グランプリ」を受賞した"EV Power Station"です。
CEATEC JAPAN 2012 ニチコン「EV Power Station」(CEATEC AWARD 2012 準グランプリ受)

 
4.京セラ
 
 "新感覚タッチパネル"が展示されていました。あえて「押した感」を残した設定でしたが、押した(タッチした)時の感覚は変えることが出来るとのことです。

 
 
5.アルプス電気
 
 パソコンや携帯電話、スマートフォンなどヒューマン・インターフェイス・デバイスで存在感のある同社ですが、センサやmicroSDカードなど超薄型コネクタに紛れてさりげなく展示されていたのが、この"タブレット用薄型キーボード"です。
CEATEC JAPAN 2012 アルプス電気「タブレット用薄型キーボード」

 あくまで展示用とのことでしたが、同社の薄型コネクタ(microSDカードスロットなど)を搭載したキーボードを実現するとすれば、同社自身がこのような薄型キーボードを製品化するのが最も自然な様な気がしました。
 
 
6.ミツミ
 
 "バッテリレス無線スイッチと自己発電型 車載用無線スイッチ"、"シンプルサービスボックス"、「家庭内機器を容易にネットワーク化する」"アプリケーション搭載無線LANモジュール"と"Z-Waveモジュール"、"HD-PLC対応製品"などなど。
 
 特に"Z-Waveモジュール"を用いた「遠隔操作の見える化」は、ホームコントロール、ホームセキュリティを始め、オフィス内の照明器具などのネットワーク接続とコントロールを実現するうえで、キーとなるデバイスとのことです。日本では未だあまり普及していませんが、アメリカではZ-Wave(という通信プロトコル)を用いた器具のコントロールが進んでいるとのことです。
 
 この展示会でも、岩崎通信機が「電力監視/制御ソリューション」のLED照明用無線調光システムの実現のためにZ-Waveを利用していました。今後、日本でも企業への節電圧力やLED化の進展により、Z-Waveを用いた調光方式を採用するケースが増えるものと予想します。
 
 
7.TDK
 
 "電気自動車へのワイヤレス充電"、"伝送速度20Gbps/40Gbpsの高速光通信ケーブル"など。
 
 
8.東海ゴム
 
 "スマートラバースピーカー"など、「スマートラバーテクノロジー」を掲げた展示を行なっていました。残念ながら、肝心の"スマートラバースピーカー"を見逃してしまいました。これから行く方は是非ご覧になってください。
 
 
  
 他にもたくさんの会社が、それぞれ工夫を凝らした製品の展示を行なっていました。
 
  スタンレー
  航空電子
  ホシデン
  スミダコーポレーション
  KOA
  岡谷電機産業
  北陸電気工業
  丸文
  日本アンテナ
  フォスター電機
  太陽誘電
  住友スリーエム
  Tektronix
   
 また、
  デジタルヘルスケア・プラザ
  アクセシビリティ PLAZA
  HATS PLAZA
  ENERGY AREA(グローバルユースフェスタ2012 および Smart Mobility ZERO)
などテーマごとの企画にも興味を惹かれました。2日間、駆け足で見て回りましたが、全部みたい私の様な新しいモノ好きにとっては、この週に集中するのではなく期間を分けて開催していただけると助かると思ったのも正直な感想です。
 
 しかし、それでも充分満足、期待以上の展示会でした。さすがCEATEC!
 
 
--- 関連情報 ---
(1) #ceatec CEATEC JAPAN 2012初日-キーワードはスマート 2012年10月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2012年10月05日 12:06 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1701

コメント

コメントしてください




保存しますか?