« #nhk #nhkbs1 「梅ちゃん先生」(つづき) | メイン | #ceatec CEATEC JAPAN 2012 3日目-スマホやタブレットだけがスマートか? »

2012年10月03日

#ceatec CEATEC JAPAN 2012初日-キーワードはスマート

 CEATEC JAPAN 2012が開幕しました。昨日、初日の様子を見てきました。例によって、特に印象に残ったものを紹介します。
CEATEC JAPAN 2012(2012.10.2-6 幕張メッセ)

 
FUJISTU(富士通)
 研究開発中、参考出展を含め、インパクトのある内容でした。
 
  ・Visual-Aided Control - パソコンの操作をアシストする視線テクノロジー
   視線の動きを用いて、PC等の操作を支援するものです。従来から良く見かける研究開発テーマですが、この展示では視線検出センサー(赤外線LEDとCMOSカメラ)が小型化され、ディスプレイの下部に組込み可能になっているところが優れていました。
 
  ・食の安全・安心を届ける新しい農業のカタチ
   「農業生産管理SaaS 生産マネジメント」と「食・農クラウド Akisai(秋彩)」の展示

 
  富士通ブースでは、他にも、「映像を媒介した新通信技術」、「振り込め詐欺誘引通話の検出技術を開発」など、地に足の着いた研究開発が印象的でした。

 
 
SHARP
  ・IGZO
   同社が世界で初めて量産化に成功した酸化物半導体「IGZO」についてのプレゼン、およびディスプレイへの応用の展示です。

 

 
  ・COCOROBO
   ロボット家電 COCOROBOのデモンストレーションです。「COCOROBOクラウドサービス連携」により遠く離れた家族間でのコミュニケーションに役立つことや、「COCOROBO家電コントローラー」機能によりエアコンや照明、テレビなどの電源を遠隔コントロールできることなどが紹介されていました。

 
 昨日は主に「ライフ&ソサエティ ステージ」を見て回ったのですが、出展者が多くとても紹介し切れません。以下、気になった展示名とビデオのみ掲載します。
 
au(KDDI)
  ・Smart TV Box

 
 
Panasonic(パナソニック)
  ・スマートHEMS(AiSEG および AiSEG用エネルギー計測ユニット)
   テレビコマーシャルのせいでスマート家電(Panasonic Smart App)のみに注目が集まっているパナソニックですが、家電・AV・エネルギーを含めた総合的なスマート化で同社の総合力を再確認させられます。

 
 
TOSHIBA(東芝)
  ・Hybrid Drive
   液晶テレビ「レグザ」、Windows8対応ノートPC「dynabook」にのみ注目が集まりがちな東芝ですが、Hybrid Driveという新しい記憶装置を展示していました。SSDの高速性とHDDの大容量を兼ね備えたデバイスです。
   他にCANVIOシリーズという2.5インチおよび3.5インチの外付けHDDも展示していました。
 
   「レグザ」では、「ざんまいプレイ」や「Time On」(レグザクラウドサービス)という新しいサービス追加がありました。「dynabook」はキーボード/タッチ/スタイラスペンの3つの入力方式に対応していることを強調していました。
 
   見逃せないのは「レグザ4K対応テレビ」で、しっかり4K(フルハイビジョンを超える高精細)にも対応している点です。(他のテレビメーカーも同様の動きあり)
 
 
サン電子
  ・ZQprobe
   極微小静電容量型近接センサー用のLSIです。「近接」すなわち「非接触」という点がポイントで、そのため今まで注目されなかった身近な分野への応用・実用化が期待されます。展示では水量(水の減少、あるいは溢れ)検出、駄菓子屋さんのお菓子の補充、昇降台への人の乗降などの例が示されていました。
 
   他に、M2Mリナックスゲートウェイ「Rooster-GX」、cellebrite-touchなどが展示されていました。

 
 
タニタ
  ・PluginCloud
   体重計、体組成計など健康器具で知られる同社ですが、測定後、即座に、クラウドにデータをアップロードしてしまう新しい組成計が紹介されていました。デジタルカメラでは既にそのような製品があると思いますが、カメラ以外では初めて見ました。PluginCloud自体はフリービットという会社が持つアーキテクチャーですが、タニタさんがこれを組み込んだ商品を出すということのようです。販売普及のポイントは、体重、血圧、体脂肪率など究極の個人情報をWebにアップロードすることへの抵抗感を如何にして下げるかにあるような気がしました。
 
 
MITSUBISHI(三菱電機)
  ・PV・EV連携HEMS
   「Smart Innovation」がキーワードの今回のCEATEC JAPANで、その具体例として、スマート家電やHEMSが各社のテーマになっていますが、三菱電機の場合は、太陽光発電(PV)と電気自動車(EV)の連携による「PV・EV連携HEMS」を紹介しています。自動車メーカーの最近のテレビCMでは、充電作業が単に走行目的だけでなく、停電時に家庭の補助電源として役に立つことをアピールしています。電気と自動車を両方手がける三菱グループならではの、この機能はさすがです。

 
 
TOYOTA
  ・PHV・EV専用充電器(手前がポール型、奥が壁掛型)
トヨタホーム PHV・EV専用充電器(手前がポール型、奥が壁掛型)

  自動車とホーム(トヨタホーム)を手がける同社。ITの展示会への出展は、もはや自動車やホームとITとの業界の垣根が無くなりつつあることを象徴していることを印象付けられました。

 
 
docomo(NTTドコモ)
  ・モバイルセキュア デスクトップ
   「i beam」「Grip UI」「ハンズフリー ビデオフォン」など派手な研究開発成果に多くの人の注目が集まりがちですが、仕事柄でしょうか、スマートフォンでWindowsPCと同じ操作が出来る(というよりも自社の環境にアクセスできる)「モバイルセキュア デスクトップ」というクラウド型仮想デスクトップサービスに目が行きました。
 
 
ASCII
  アスキー35周年だそうです。
週刊アスキーがいっぱい!-アスキー35周年

 
 
 他にも紹介したい展示が目白押しですが、時間の関係上、このくらいにしたいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) CEATEC JAPAN 2005を見に行ってきました。  2005年10月07日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) CEATEC JAPAN 2006報告(1) 2006年10月06日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) CEATEC JAPAN 2007報告(1) 2007年10月04日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) CEATEC JAPAN 2008(1) 2008年10月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) CEATEC JAPAN 2010報告(1) 2010年10月06日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) CEATEC JAPAN 2011(1) 2011年10月04日 IT屋もりたの今時パソコン日記 

投稿者 もりた : 2012年10月03日 13:36 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1700

コメント

コメントしてください




保存しますか?