« 2012年09月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月19日

HP Windows 8搭載新製品発表イベントに参加しました

 昨夜は、日本ヒューレット・パッカード株式会社さんの「Windows 8搭載新製品一斉紹介イベント」に参加しました。ご存知の通り、HPは世界ナンバーワンのPCメーカーです。今回のイベントで紹介された製品は、いずれもマイクロソフト社のWindows 8を搭載したものです。
 
 ただし、そのスタイルは、タブレットや、ハイブリッドPC、タッチパネル搭載オールインワンPC、およびデスクトップPCとバラエティに富んでいます。Windows 8の、タブレットとしてもPCとしても使えるという特性に、HPの技術力を加えた結果、ユーザーにとって使って楽しい製品に仕上がっています。
 
 また、見た目にも気を配ってデザインされ、人に自慢できるという点でも非常に優れた製品です。正直なところ私自身は、今使っているWindows XPとWidows 7のパソコン(デスクトップとノート)で充分なのですが、買い替え時期の方には「安心して」勧められるという印象を持ちました。
 
 
[オープニング]
 
日本HP プリンティング・パーソナルシステムズ事業統括 パーソナルシステムズ事業本部長 島田雅彦氏の挨拶
オープニング挨拶 ・・・ 日本HP プリンティング・パーソナルシステムズ事業統括 パーソナルシステムズ事業本部長 島田雅彦氏


 
 今回発表された新製品は、以下の3つのカテゴリーの製品です。
 
  ・法人向けWindows 8 タブレット  ElitePad 900
  ・個人向けノートPC  タブレットとして、またノートPCとしても使える"ハイブリッドPC」
  ・個人向けデスクトップPC  タッチパネル搭載オールインワンPC、および、デスクトップPC

続きを読む "HP Windows 8搭載新製品発表イベントに参加しました"

投稿者 もりた : 05:02 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年10月05日

#ceatec CEATEC JAPAN 2012 3日目-スマホやタブレットだけがスマートか?

 火曜日(2012年10月2日)に続いて、昨日(10月4日)もCEATEC JAPAN 2012を見に行ってきました。初日(10月2日)はライフ&ソサエティ ステージ、スマホやタブレットなど携帯キャリア、家電大手など、だけで時間切れとなってしまいました。従って、昨日は電子部品、半導体、デバイス、電池、装置など、"ものづくり"寄りの展示を見て回りました。
 
 約5時間半かけて回りましたが、これでも駆け足で半分程度しか見ることが出来ませんでした。さらに、その一端になりますが、私がインパクトを受けた展示を紹介いたします。
 
 
1.日本電気硝子
 
 "見えないガラス"、"液晶レンズ"をはじめ、今まで知らなかった技術や製品の開発が行なわれていることを知り、衝撃を受けました。
CEATEC JAPAN 2012 日本電気硝子「見えないガラス」CEATEC JAPAN 2012 日本電気硝子「液晶レンズ」

 他に"曲面タッチパネルディスプレイ"など、同社の技術力の高さ、オンリーワンの力を感じました。
 

 
 
2.村田製作所
 
 "世界最小UHF帯RFタグ"、"表面実装型超音波センサ"、"光インターフェース"、"マイクロブロア"をはじめ、センサ・通信・エネルギーなど、様々なシステムや機器の基礎となる電子部品をまんべんなく供給している同社ならではの製品や試作品が並べられていました。
 
 同社の展示で感心した(偉そうですみません)のは、基礎部品メーカーでありながら、最終的な利用形態を意識したデモ内容でありパンフレットの表現であることでした。一般の(エンド)ユーザーを意識した姿勢は他の部品・デバイスメーカーにも浸透していくのではないかと思います。
CEATEC JAPAN 2012 村田製作所「世界最小UHF帯RFタグ」

 
3.nichicon(ニチコン)
 
 何といっても「CEATEC AWARD 2012 準グランプリ」を受賞した"EV Power Station"です。
CEATEC JAPAN 2012 ニチコン「EV Power Station」(CEATEC AWARD 2012 準グランプリ受)

続きを読む "#ceatec CEATEC JAPAN 2012 3日目-スマホやタブレットだけがスマートか?"

投稿者 もりた : 12:06 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年10月03日

#ceatec CEATEC JAPAN 2012初日-キーワードはスマート

 CEATEC JAPAN 2012が開幕しました。昨日、初日の様子を見てきました。例によって、特に印象に残ったものを紹介します。
CEATEC JAPAN 2012(2012.10.2-6 幕張メッセ)

 
FUJISTU(富士通)
 研究開発中、参考出展を含め、インパクトのある内容でした。
 
  ・Visual-Aided Control - パソコンの操作をアシストする視線テクノロジー
   視線の動きを用いて、PC等の操作を支援するものです。従来から良く見かける研究開発テーマですが、この展示では視線検出センサー(赤外線LEDとCMOSカメラ)が小型化され、ディスプレイの下部に組込み可能になっているところが優れていました。
 
  ・食の安全・安心を届ける新しい農業のカタチ
   「農業生産管理SaaS 生産マネジメント」と「食・農クラウド Akisai(秋彩)」の展示

 
  富士通ブースでは、他にも、「映像を媒介した新通信技術」、「振り込め詐欺誘引通話の検出技術を開発」など、地に足の着いた研究開発が印象的でした。

 
 
SHARP
  ・IGZO
   同社が世界で初めて量産化に成功した酸化物半導体「IGZO」についてのプレゼン、およびディスプレイへの応用の展示です。

 

 
  ・COCOROBO
   ロボット家電 COCOROBOのデモンストレーションです。「COCOROBOクラウドサービス連携」により遠く離れた家族間でのコミュニケーションに役立つことや、「COCOROBO家電コントローラー」機能によりエアコンや照明、テレビなどの電源を遠隔コントロールできることなどが紹介されていました。

続きを読む "#ceatec CEATEC JAPAN 2012初日-キーワードはスマート"

投稿者 もりた : 13:36 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!