« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月30日

#紫陽花革命 大飯原発再稼動反対!総理官邸前抗議活動(2012年6月29日)

 「紫陽花革命の現場に自分も立ってみたい」ただそれだけの思いで、首相官邸前に向かいました。国会議事堂前は混雑が予想されるので、新橋駅で銀座線に乗り換えて、虎ノ門で下車して首相官邸を目指しました。午後6時半過ぎ、溜池交差点を通過し、内閣総理大臣官邸西側の通りを北上しましたが、思ったほど人の数が多くありません。
 
 さらに北上し右折して「国会裏」交差点まで来ると、通りの両側の歩道は人の波。
 
紫陽花革命1(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
 
 「総理大臣官邸前」交差点脇の歩道を、ゆっくりゆっくり前進し、左折。地下鉄「国会議事堂前」駅出入口の前を通過。
 
紫陽花革命2(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
 
 ここから最後(20時頃)まで、国会議事堂と国会記者会館の間の道路で、撮影を続けました。
 
紫陽花革命3(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
紫陽花革命4(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
紫陽花革命5(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

 
 
 終了予定時刻の20時過ぎに、参加者が帰路に就き始め、大きな人の海が、少しずつ少しずつ引いていきました。
 
紫陽花革命6(大飯原発再稼動反対抗議活動)@首相官邸前2012

続きを読む "#紫陽花革命 大飯原発再稼動反対!総理官邸前抗議活動(2012年6月29日)"

投稿者 もりた : 04:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年06月27日

#sokotoko 虚偽有印公文書作成および同行使

 小沢一郎氏に対する政治資金規正法違反容疑に関する捜査の過程において、虚偽の捜査報告書の作成を疑われている元・東京地検特捜部検事(現・法務総合研究所検事)田代政弘氏と、同捜査報告書の作成の指示を疑われている元・東京地検特捜部長 佐久間達哉氏(現・法務総合研究所国連研修協力部部長)。両者に対して、それぞれ処分が下されたとのこと。田代氏は減給、佐久間氏は戒告ということだ。
 
 処分の軽重以前の問題として、田代検事の作成した捜査報告書が、(結果的に小沢氏を強制起訴するに至った)検察審査会における2度目の「起訴相当」議決に大きな影響を与えたことが、石川議員反訳書(石川議員が取り調べ状況を録音したテープを文字に起こしたもの)と田代検事による捜査報告書を比較することで、見て取れる。

続きを読む "#sokotoko 虚偽有印公文書作成および同行使"

投稿者 もりた : 20:23 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年06月20日

#sokotoko 捜査報告書への虚偽記載

 今朝の読売新聞の1面に「陸山会事件 検事停職へ 元特捜部長戒告も検討 虚偽報告書」という記事が掲載されている。民主党・元代表 小沢一郎氏に対する政治資金規正法違反容疑事件(検察審査会による2度の起訴相当議決で強制起訴)にからみ、虚偽の捜査報告書を作成した元東京地検特捜部検事 田代政弘氏を、停職の懲戒処分とする方向で、法務省が最終調整に入ったという内容である。
 
 また、田代元検事に虚偽の捜査報告書の作成を指示した元東京地検特捜部長 佐久間達哉氏も、監督責任を理由に戒告の懲戒処分とする方向で検討している、とある。
 
 
 いずれも、"最終調整"、"検討"という、あいまいな表現であるので、この記事がどういう目的で掲載されたのか、何故今なのか、私にはよく解らない。事実として、実際に処分が実行された後に記事にすればいいだけではないかと思ってしまう。(記事の対象である法務省や検察組織に対してではなく、この記事を今、報じた読売新聞に対する疑問である。)
 
 
 処分の理由は、すでに何回も報道されている通り、田代政弘元検事が作成した虚偽の記載を含んだ捜査報告書が、小沢氏に対する起訴相当議決を審査する検察審査会に提出されたことにより、2度の起訴相当議決、結果として強制起訴に至ることに影響があったというもの。
 
 捜査報告書に記載された虚偽の内容が実際の取調べ内容と大きく食い違い、検察の信用失墜につながったことが、処分の理由という。

続きを読む "#sokotoko 捜査報告書への虚偽記載"

投稿者 もりた : 08:53 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!