« 「ソーシャルメディアサミット2012」に参加しました #サミット | メイン | 今まで高峰秀子さんをよく知りませんでした »

2012年03月14日

#onbiz #YOAKE 「ソーシャルメディアの夜明け」の著者 平野友康さんのお話をお聴きしました

 昨夜は久しぶりに東京に出掛けて、アカデミーヒルズのオンラインビジネスセミナーを聴講しました。ゲスト講師は、株式会社デジタルステージの平野友康社長、「ソーシャル時代における働き方とライフデザイン」というテーマでお話されました。
 
 オンラインビジネスセミナー ソーシャル時代における働き方とライフデザイン~「ソーシャルメディアの夜明け」著者、平野友康氏に聞く~(アカデミーヒルズ)
 
  
 初めは平野氏のプレゼンですが、1時間半にもおよぶ熱演でした。ソーシャルメディアの時代には、ビジネスにおいてもマーケットの規模よりも"ラブ度"が大事というお話でした。"ラブ度"とは、ある物事や事象における愛着の深さと信頼の密度のこと。
 
 例えば、1000万人のメディアであるテレビ、一方、1万人のソーシャルメディア。規模ではテレビがソーシャルメディアを凌駕しますが、大事なのは"ラブ度"。テレビの"ラブ度"が0.0x%で、ソーシャルメディアの"ラブ度"が70~80%だったりするわけです。

 
 そして、"ラブ度"が大事という平野氏自身が試みて来られたアクションとして、次の3つの実例をお話しされました。
 
サカモト・ソーシャル・プロジェクト
  
 2010年11月、坂本龍一氏の北米でのピアノ・ソロツアーをUstreamで無料配信すると、のべ20万人がインターネット経由で視聴したとのこと。これをきっかけに、2011年1月韓国など、「サカモト・ソーシャル・プロジェクト」が始まった。
 
 坂本龍一氏から古川享氏(慶應義塾大学大学院教授、元マイクロソフト会長 @SamFURUKAWA)へ、古川氏から平野氏へのツイートで突如実現した無料のネットライブ中継。昨夜のセミナーは、その古川氏も聴講席一番前に陣取っていらっしゃいました。
 
   
ウェブコンポーザー学校
 
 コストコで買ってきた8万円の物置で始まった、Ustreamを使った「学校」。
 
 
書籍++
 
 そして、今回のプレゼンでも言及されている平野氏の著書「ソーシャルメディアの夜明け」。印刷1~2週間前に「何かが足りない」と言って急遽追加した電子書籍の実験。「紙の本を買うと、電子書籍が2冊付いてくる」
 
 作品そのものではなく、「購入者」に着目。紙の本の購入者はが電子書籍を入手するためにユーザー登録をしてもらう。その結果得られる購入者リストは貴重。商品そのもの以上の価値を生み出すアイディアである、と。
 
 
 オンラインビジネスセミナーは、昨夜が66回目ということですが、初回からモデレータを努めていらっしゃる神原弥奈子氏によると、1時間半もの長いプレゼンをしたのは平野氏が初めてだったとのことです。それほど熱のこもったプレゼンということですが、その熱がこちらにも伝わってきました。神原氏(株式会社ニューズ・ツー・ユー 代表取締役)とは、旧知の間柄とのことで、トークセッションもいつもの一問一答形式と異なり、息の合ったフリーディスカッションでした。
 
 インターネットの商用利用が始まる直前、まさにインターネットの夜明けの時代から活動されているお二人。90年代半ば、坂本龍一氏や伊丹十三氏のプロジェクトを担当された時と同じワクワクした気持ち。インターネット技術の進歩と、その結果の「つながった」感は、これまでに何回も「繰り返されている」と口を揃えて話されました。
 
 しかし、同じ感動でも、今回のソーシャルメディアのそれは、1回目(初めて)とおっしゃいます。企業が自らメディアを持つことは以前からあったが、コミュニケーションを伴ったメディアは今までには無かったもの。
 
 
 続いて、会場からの質問コーナー。一瞬、神原氏と目が合ってしっまった(?)私にマイクが向けられることに。質問でなくても構わないとの助け舟にもかかわらず、テーマと関係の無い話をしてしまいました。その、感想にすらなっていない話の内容は、以下の記事を読むと少し分かるかも知れません。
 
 キーボードレス・パソコン(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 ・越谷タウン情報サイト 越谷っ子内のIT屋もりたのページ

 
 
 しかも、平野氏の著書を未だ読んでいないと告げると、なんと「ソーシャルメディアの夜明け」を戴けるとのこと。頂戴した本を、さっそく電車内で読みながら帰りました。「紙の本を買うと電子書籍のライセンスも付いてくる。しかも2冊。」私の場合、紙の本を購入さえしていませんが、電子書籍も今日、ダウンロードさせていただきました。ちなみに、もう1冊を誰にあげるかは思案中です。
平野友康著「ソーシャルメディアの夜明け++」電子書籍版
 平野友康著「ソーシャルメディアの夜明け++」電子書籍版

 
 
 久しぶりの東京というと、ずいぶん田舎に住んでいるようですが、電車で片道1時間半、最近は都心に滅多に足を運ぶことがなくなりました。しかし、先週も「ソーシャルメディアサミット2012」に参加したことを思い出し、記憶力まで老いたかと声にならない愚痴1つ。
 
 「ソーシャルメディアサミット2012」に参加しました #サミット(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 来月は、"ステルス・マーケティング"のお話とか。これまた初めて聞く言葉ですが、さっそく申し込みました。
 
 オンラインビジネスセミナー いま明らかになる“顧客を欺く”マーケティングの実態~ステルス・マーケティングとクチコミの境界~(アカデミーヒルズ)
 
 
--- 関連情報 ---
(1) キーボードレス・パソコン 2006年12月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 「ソーシャルメディアサミット2012」に参加しました #サミット 2012年03月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2012年03月14日 19:11 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1682

コメント

コメントしてください




保存しますか?