« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月27日

今まで高峰秀子さんをよく知りませんでした

 女優の高峰秀子さんをしのぶ会が、今日、行なわれました(行なわれたはずです)。出来れば時間を作って参列したいと考えていましたが、やはり無理でした。
 
 私が高峰秀子さん(昔の映画では、髙峰秀子と表記されることが多い)を意識したのは、一昨年の暮れに逝去を伝えるラジオやテレビの報を聞いた時です。年末(平成22年12月28日)だったということもあって、そのニュースが印象に残ったのかも知れません。
 
 私たちの世代(昭和31年生まれ)にとって、同じ「高峰さん」でも、高峰三枝子という女優さんは「湖畔の宿」という歌やフルムーンのコマーシャルなどによって、子供の頃から大人になるまでずっと馴染み深い存在でした。大人になってから、同じ女優として高峰秀子さんという人がいらっしゃることを知りました。しかし、秀子さんのほうはテレビなどで拝見する機会が非常に少なかったため、お顔もあまりハッキリと憶えていないのが正直なところでした。
 
 
 ですから、高峰秀子さんが出演した映画やドラマは、一つも観たことがありませんでした。ところが、昨年春からNHK-BSプレミアムで「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」というシリーズが始まりました。このシリーズのお陰で、私は高峰秀子さんの映画を初めて観ることができました。
 
 最初に観たのが「二十四の瞳」。私たちより上の世代なら知らない者は誰一人いない、それ程有名な作品です。もちろん私もタイトルくらいは知っていました。しかし、恥ずかしい話ですが、この作品を見るのはこの夜(平成23年4月5日)が初めてでした。その印象は、すがすがしく心温まるものでした。明るくて綺麗な大石先生(高峰秀子さん)のせいであることは、申し上げるまでもありません。
 
 
 私が観た高峰作品の2つ目は「浮雲」(平成23年5月4日放送)。これは「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」には選ばれていませんが、「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」シリーズ4本を含む5本の"高峰作品"が、昨年5月に放送されました。おそらく、NHKは東日本大震災が発生する前から、この計画を決めていたのではないかと想像します。
 
 とにかく、2本目に観た「浮雲」、これもまた林芙美子の小説のタイトルとして学校で習いましたが、小説はもとより、映画を観るのも初めてでした。この作品で高峰さんの役所は、「二十四の瞳」の大石先生とは打って変わって、役所に勤める女性職員。妻帯者である同僚との腐れ縁、いわゆる不倫関係にある男女の話です。
 
 はっきりしない男のせいで、役所をやめて、どんどん深みにはまっていく女の話なのですが、この女性に対する印象は不思議と悪くなりません。優柔不断な男に比べて、高峰秀子さん演じる女(ひと)の一本筋の通った生き方に、この作品を鑑賞した多くの人(男性も女性も)が共感を憶えるのではないか、そんな印象の作品でした。

続きを読む "今まで高峰秀子さんをよく知りませんでした"

投稿者 もりた : 20:59 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年03月14日

#onbiz #YOAKE 「ソーシャルメディアの夜明け」の著者 平野友康さんのお話をお聴きしました

 昨夜は久しぶりに東京に出掛けて、アカデミーヒルズのオンラインビジネスセミナーを聴講しました。ゲスト講師は、株式会社デジタルステージの平野友康社長、「ソーシャル時代における働き方とライフデザイン」というテーマでお話されました。
 
 オンラインビジネスセミナー ソーシャル時代における働き方とライフデザイン~「ソーシャルメディアの夜明け」著者、平野友康氏に聞く~(アカデミーヒルズ)
 
  
 初めは平野氏のプレゼンですが、1時間半にもおよぶ熱演でした。ソーシャルメディアの時代には、ビジネスにおいてもマーケットの規模よりも"ラブ度"が大事というお話でした。"ラブ度"とは、ある物事や事象における愛着の深さと信頼の密度のこと。
 
 例えば、1000万人のメディアであるテレビ、一方、1万人のソーシャルメディア。規模ではテレビがソーシャルメディアを凌駕しますが、大事なのは"ラブ度"。テレビの"ラブ度"が0.0x%で、ソーシャルメディアの"ラブ度"が70~80%だったりするわけです。

続きを読む "#onbiz #YOAKE 「ソーシャルメディアの夜明け」の著者 平野友康さんのお話をお聴きしました"

投稿者 もりた : 19:11 | インターネット , ソフト開発 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2012年03月12日

「ソーシャルメディアサミット2012」に参加しました #サミット

 先週の金曜日(3月9日)、Fans:Fansの招待によりソーシャルメディアサミット2012にレポーターとして参加しました。「ソーシャルメディアサミット」は、日本におけるソーシャルメディアの可能性について議論するイベントで、アジャイルメディア・ネットワークさん(以下、AMNと略す)により、昨年2月に開催され(ソーシャルメディアサミット2011)、今年が2回目の様です。
 
 冒頭(オープニング)でAMNの徳力社長が話されましたが、昨年(2011年)の「ソーシャルメディア」の過熱を、少しでもクールダウンするために冷静な定義と議論を行うことが、本年のテーマとのことです。
 
 
 そのために、本イベントでは4つのパネルディスカッションが用意されていました(各ディスカッションのテーマおよびパネリストについては、Fans:Fansによるブログレポーター募集案内をご覧ください)。
 
 ここでは、パネルディスカッション1についてレポートします。

続きを読む "「ソーシャルメディアサミット2012」に参加しました #サミット"

投稿者 もりた : 00:03 | インターネット , ブログ , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!