« NTT R&Dフォーラム2012を見に行きました(その2):端末操作自動化ツール | メイン | 「ソーシャルメディアサミット2012」に参加しました #サミット »

2012年02月19日

NTT R&Dフォーラム2012を見に行きました(その3):Twitter連携サービス

 NTTレゾナント株式会社主催「gooラボ ネットの未来プロジェクト」ブロガーミーティング、「NTT R&Dフォーラム2012」参加レポート第3弾は、「Twitter連携サービス」です(過去2つのレビューは、下記のリンクを参照ください)。
 
  NTT R&Dフォーラム2012を見に行きました(その1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  ・NTT R&Dフォーラム2012を見に行きました(その2):端末操作自動化ツール(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
● C-28 Twitter連携サービス
 
 (Twitterの)"ツイートを解析することにより、みんなが注目しているニュース、写真、ツイートのランキングを表示するサービスです。"(「NTT R&Dフォーラム2012 ガイドブック」より引用)
 
 展示ブースの前に立って、説明員さんによる解説をお聞きする前に、冊子(ガイドブック)に書かれた文章(上記)を読んでみました。そして、「おやっ」と思いました。
 
 Twitterというサービスを通して私たちは、どちらかというと"片寄った"情報を見ているものです。多くの人が見ているテレビや新聞からの情報が、仮に"ニュートラル"(中立的)だとすると、それに比べてTwitterから得られる情報には、"片寄り"があることは否定できません。誰をフォローするか、つまり情報源を誰にするかは、Twitterの利用者自身が選択する仕組みになっているからです。
 
 
 しかし、説明員さんの解説をお聞きして、合点がいきました。

 
 このサービスは、dmenu(dメニュー)と呼ばれる"ドコモ スマートフォンの公式メニュー(の様なもの)"に機能追加されるとお聞きしたからです。iモードの公式メニューであるiMenuのスマートフォン版みたいなものと考えて差し支えありません。
 
 dメニューの周辺ガイド・dメニュー検索・dマーケットといった機能が、既にリリースされているということです(最近、dマーケットのTV CMがオンエアされていますね)。今回、展示されたTwitter連携サービス(Twitter上で注目されているニュース・写真・ツイートのランキング表示機能)が、今後、dメニューに追加されるというわけです。
 
 
 振り返って、2~3年前と現在の状況とを比較すれば、Twitterのユーザー数は飛躍的に増加しました。繰り返しになりますが、Twitter本来の特性として、表示されるタイムラインの情報には、"片寄り"があります。しかし、スマートフォンを手にする人が急増し、国民の何人かに1人がTwitterを使う様になった現状においては、自らがフォローした人からの"片寄った"情報だけでなく、みんなが注目する"中立的な"情報もTwitterなどスマートフォン環境の中に求められているということを、あらためて認識するキッカケとなりました。
 
 テレビや新聞から流れてくる"みんなと同じ"情報ではなく、"みんなと違う自分だけの"情報(タイムライン)が見れるということで、Twitterを使う人が増えていったハズなのに(少なくとも初期の頃は)。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「NTT R&Dフォーラム 2009」 2009年02月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) #nttrd 「NTT R&Dフォーラム 2010」ブロガーツアーに参加しました 2010年02月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) NTT R&Dフォーラム2012を見に行きました(その1) 2012年02月18日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) NTT R&Dフォーラム2012を見に行きました(その2):端末操作自動化ツール 2012年02月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
 

投稿者 もりた : 2012年02月19日 22:35 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1680

コメント

コメントしてください




保存しますか?