« #genpatsu この2日間、テレビのニュースはどうなってしまったのか? | メイン | CEATEC JAPAN 2011(1) »

2011年07月15日

#埼玉 #越谷 下間久里の獅子舞

 今日7月15日は、私の住む大泊(おおどまり=埼玉県越谷市大泊)の隣村である下間久里(しもまくり=埼玉県越谷市下間久里)の年中行事である「下間久里の獅子舞」の日です。

大きな地図で見る
 
 今朝10時から、下間久里の香取神社で催された「下間久里の獅子舞」の神前の舞を、ビデオ撮影に行って来ました。昨年同様、多くのカメラマンでごった返し、伝統行事に対する関心の高さを認識しました。

 

 
 私たちが小学校(大里、下間久里、上間久里、大泊、平方の子供たちが通う桜井小学校)の頃は、7月15日は下間久里の子が羨ましかった。獅子舞のために下間久里の子は休みか早退だったのではないかと思います。私たちの大泊は、8月7日が盆踊りです。夏休み中のため、元々学校は休みで、あまりうれしくはなかったことを憶えています。
 
 私たち大泊の生徒が早退できるのは、12年に1回、大泊観音様のお開帳の年(の祭礼の時)だけです。10歳(小学校4年生)の時、午前中で早退し、祭りの衣装を着せられ鼻の頭に白粉を塗られた姿を、放課後、お祭りを見に来た同級生に見られて、恥ずかしさと誇らしさの入り混じった感覚だったことを憶えています。

 
 この季節、6月30日の浅間様(平方 浅間神社の祭礼)、7月15日下間久里の獅子舞、7月24日北川崎の虫追い、8月7日大泊観音様の盆踊りと、夏祭りが続きます。桜井、新方、大袋という現在の越谷市を構成する11の行政単位が出来る前は、大泊、平方、船渡、北川崎、上間久里、下間久里、大里、大松、大杉、向畑、弥十郎、三ノ宮、恩間、大竹、袋山などの村が行政単位だったということを、子供の頃はあまり意識していませんでした。
 
 この歳(50歳代半ば)になってふと考えてみると、平方、船渡、上間久里、下間久里というのは、大泊に住む人間にとって歩いても行き来が可能なお隣さんだったことがわかります。 
 
 
 今、下間久里の獅子舞を支えている中心メンバの中に、同級生や1~2歳の先輩後輩がたくさんいらっしゃいます。毎年、伝統行事を受け継いでいくことの大変さとともに、羨ましさを感じます。
 
 今朝10時から香取神社で催された式典にも行政や地元選出の議員さんとともに、周辺の自治会から大勢の方が参列されました。ここまで続いている伝統を、地元の人と一緒になって支えていって欲しいと思います。

 
--- 関連情報 ---
(1) 越谷市平方の浅間神社祭礼(当日) 2007年06月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 越谷市・北川崎の虫追い 2009年07月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 下間久里の獅子舞@ふれあい寄席(その1) 2010年10月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 下間久里の獅子舞@ふれあい寄席(その2) 2010年10月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2011年07月15日 19:17 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1673

コメント

コメントしてください




保存しますか?