« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »

2011年05月28日

エコポイントの申請をしました

 昨年(2010年)3月に購入した液晶テレビ(東芝 REGZA 37Z9000)のエコポイントの申請を、ようやく終えました。正確には申請書の作成が終わり、明日ポストに投函します。何となく「おっくう」がって、先延ばしにしていましたが、期限が迫ったため否応無く行ないました。
 
 やってみれば大したことは無く、20~30分程度で終えました。領収書を探すのが面倒だと思っていたのです。意外とあっさり見つかったので、気分を良くして申請書の作成まで、私には珍しく一気にやってしまいました。


 
 下記のサイトで簡単に作成できますので、まだ申請していない方はトライしてみてはいかがでしょうか。
 
  家電エコポイントの申請(グリーン家電普及促進事業 エコポイント)

続きを読む "エコポイントの申請をしました"

投稿者 もりた : 01:28 | デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年05月25日

#genpatsu 5月23日参議院行政監視委員会「原発事故と行政監視システムの在り方に関する件)

 一昨日、参議院の行政監視委員会において、福島原発事故に関連し、原発事故と行政監視システムの在り方についての議論がなされた。この日は衆議院において東日本大震災復興委員会が開かれ、NHKのテレビ中継はそちらを放送した。新聞もこの件を、ほとんど報じなかったため、積極的に関心を持ち自らインターネットにアクセスする人以外は、ほとんど知らないと思われる。
 
 この日は参考人として下記の4氏が呼ばれ、意見を述べた。原子力関係2名、地震学1名。いずれも地上波テレビには滅多に呼ばれない先生ばかりなので、ソフトバンクの孫社長を除いては、一般の人は知らないのではないかと思う。せめて、この時間帯(午後1時から約3時間)だけでも、NHKラジオ第一で放送してくれれば、新聞テレビしか見ない人々にも、情報が伝わったのに、とても残念である。
 
 いずれにしても、4氏が意見を述べるだけでなく、その後の議員先生との質疑も含めて凝縮された密度の濃い議論がなされている。同じ日の衆議院において、海水注入中断をめぐる原子力安全委員長の発言や、与党議員による政府を「よいしょ」する質問のみに長い時間を割いていたのとは好対照であった。ぜひ、多くの人にビデオを見ていただきたい。なお、このビデオは、服部順治チャンネルから共有(埋め込みリンク)させていただいた。
 
参議院USTREAM中継 脱原発への道 1/2(2時間59分50秒)







Video streaming by Ustream

続きを読む "#genpatsu 5月23日参議院行政監視委員会「原発事故と行政監視システムの在り方に関する件)"

投稿者 もりた : 13:37 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年05月24日

#genpatsu 原発依存を脱するために発電・送電分離を!

 今朝の朝日新聞「声」欄に、千葉県船橋市の福田正文さんの「原発なくせば幸福になるのか」という投書が掲載されている。福田さんは"反原発論者"という言葉を用いて、"原発が無くなれば本当に国民の生活は幸福になるのだろうか。"と問うている。
 
 私は、自分自身を反原発論者であるとか、原発推進論者とか、考えたことは無い。今回、福島第一原発の事故が発生するまでは、原発の危険性や、だから原発に反対であるという様なことは、考えもしなかった。しかし、福島原発事故発生以来、日本の原発は徐々に縮小していくべきである、少なくとも新たな原発建設は行なうべきではないと考えている。
 
 
 福田さんは"原発を止めたら当然、計画停電や大幅な節電が必要だ。"と述べる。そうだろうと私も思う。"反原発論者は、自然エネルギーを活用すればという。だが、自然エネルギーはコストや安定性に問題があった。"その通りであった。しかし、かつては太陽光パネルで世界の先端を行っていた日本が、太陽光発電を国策としなかった間に、ドイツでは太陽光発電が普及しつつある。
 
 ドイツの総発電量に占める太陽光発電の割合は0.2%と少ないが、風力(4.4%)、バイオマス(2.3%)を含めた再生可能エネルギーが総発電量に占める割合は大きい(2005年時点。出所:日本エネルギー経済研究所)。

続きを読む "#genpatsu 原発依存を脱するために発電・送電分離を!"

投稿者 もりた : 21:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2011年05月04日

#koshigaya 何とたくさんの鯉のぼりが

 泳いでいることか!


 (越谷)市立病院の脇の道を大相模方面に進むと、やはり見えてきました。この橋(不動橋)にたくさんの鯉のぼりが上げられることは、ここを通る人は皆知っています。大震災から数週間後、ガソリン不足も落ち着いて来た頃、ここを通った時、今年もこの季節がやってきたことに安堵しました。

続きを読む "#koshigaya 何とたくさんの鯉のぼりが"

投稿者 もりた : 15:04 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!