« CEATEC JAPAN 2010報告(1) | メイン | 下間久里の獅子舞@ふれあい寄席(その1) »

2010年10月24日

今年もNHKアジア・フィルム・フェスティバルを見に行きました

 例年は6作品くらいあって、全作品を見るためには、最低でも2日間通わないとなりませんが、今年は新作4作品のみでした。今日1日で全部見る予定でしたが、2作品目を見終わったところで帰宅しました。
 
 今日最初の作品は「アイス・カチャンは恋の味」(マレーシア映画)でした。マレーシアに住む中国系社会が舞台の作品ですが、出演者は逆にマレーシア出身で台湾で活躍するミュージシャンたちでした。台詞は中国語でしたので、部分的ですが聞き取ることが出来ました(実はこの春から文教大学で中国語の初級会話を習い始めました)。ちなみに、作品名「アイス・カチャンは恋の味」の中国語表記は「初恋 紅豆氷」、英語では ice kacang pupy love です。
 
 監督さん自身、マレーシアや台湾で有名なシンガー・ソング・ライターの阿牛(アニュウ)さんだそうです。実は小さい時から映画を作りたいという夢を思っていて、これが初監督作品だそうです。この作品で印象に残ったのは、なんといってもヒロインである強い女を演じたアンジェリカ・リー(李心潔)さんです。どことなく、龍馬伝でお龍を演じている真木よう子さんに似ていると感じました(あくまでイメージが)。李心潔さんは、阿牛監督にとっての憧れの存在だったことも、この映画を作るもう1つの動機だったようです。
 

 
 
  初恋紅豆氷(迷のためいき)
 
 この方のブログに映画の感想が詳しく書かれています。わざわざ映画を見に台湾までいってしまうなんて、スゴイです。
 
 
 今日二つ目に見たのは、インドの首都・デリーを舞台にした「デリー6」という作品です。ニューヨークで育った主人公が、祖母とともに故郷(デリー)に戻り、インド社会の生活や慣習と一つ一つ向き合う中で、徐々にインドが好きになっていくのですが、イスラム教とヒンズー教という異なる教徒が同居する地域社会の中で起こる衝突に巻き込まれていってしまいます。
 
 一つ特筆すべきは、伝統や慣習といった現実的な話の中に、街を跋扈するカーラー・バンダル(黒い猿)という怪物が現れたという、やや空想の様な話を混ぜてしまったという点です。実は、これがこの映画の主要テーマであるということが最後になって分るのですが、これ以上はご覧になって頂く方がよいと思います。現在の日本にもあてはまる教訓が含まれている作品であると、私は受け止めました。

 
 明日か明後日、もう一度足を運んで、残りの2作品(「明かりを灯す人」と「冬休みの情景」)を見たいと思っています。27日水曜日まで開催されていますので、興味をもたれた方は迷わずご覧になることを強くお勧めします(「冬休みの情景」は26日が最終上映)。
 
  第11回 NHK アジア・フィルム・フェスティバル 上映スケジュール(NHKオンライン)
 
 
 ところで、今年は各作品ごと上映の冒頭にアジア・フィルム・フェスティバルの番組宣伝が流れていました。何気なく見ていると、私自身が(ほんの一瞬ですが)映っているではありませんか!昨年見に来た時に撮影されたようです。こうやって秋の深まった頃、渋谷のNHKでアジア映画をみるようになってから、今年で4回目になります。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 明日からNHK-BS2で“アジア映画特集” 2007年10月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) アジア映画はおもしろい 2007年10月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) アジア・フィルム・フェスティバル 2007年11月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 「GARASI(ガレージ)」 2008年09月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 今年もアジア・フィルム・フェスティバル 2008年10月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 第9回 NHK アジア・フィルム・フェスティバル 2008年11月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 第9回 NHK アジア・フィルム・フェスティバル 2日目 2008年11月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(8) 今年も「アジア・フィルム・フェスティバル」 2009年09月07日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(9) 今夜から「NHKアジア・フィルム・フェスティバル特集」 2009年10月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2010年10月24日 23:56 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1649

コメント

コメントしてください




保存しますか?