« #live_dpj #rachi 北朝鮮による拉致問題に関する菅・小沢両氏の回答 | メイン | CEATEC JAPAN 2010報告(1) »

2010年10月05日

同級生(2)

 一昨年、三ノ輪(東京都荒川区南千住)のパソコン教室を閉じて以来、営業の範囲を自宅(埼玉県越谷市大泊)周辺を中心としたおよそ10キロ圏内に移すとともに、事業分野もパソコン出張サポートに絞って活動してきました。少なくとも方針は、その様に決定したのですが、新たなお客様獲得のための具体的な行動、いわゆるマーケティングを怠っていたため、売り上げ増につながっていませんでした。
 
 そこで、遅ればせながらチラシを作成し、近隣の一戸一戸にポスティングを始めました。一昨日は、越谷市平方横手前、せんげん様(浅間神社)の周辺を回りました。一軒一軒、地図で確認していると、M君の家を地図中に発見しました。「M君の家は、ここだったんだ!」 M君は小学校、中学校を通じての同級生です。にも関わらず、小学生の頃以来、同級生の家の場所を、50歳を過ぎて初めて知ったのです。
 
 
 実はM君は、昨年亡くなっています。
 
 私がM君の死を知ったのは、半年以上経ってからでした。今年の1月、浦和駅西口で私が拉致被害者・特定失踪者救出の署名活動をしている時、S根(旧姓:S鳥)さんと偶然会ったのです。その際、S根さんから「M君が昨年亡くなったのよ」と告げられました。「S谷さん、○○さんと3人で、ご自宅に線香を上げに行ったの」と話していました。考えてもいないことで、少なからずショックでした。何よりも半年以上も知らなかった自分が、情けなく思えて仕方がありませんでした。
 
 
 その時からさらに9ヶ月以上経って、その間ずっと気になっていたのですが、一昨日、M君の家のそばを通りかかったのも何かの縁、何かのついでというのは大変失礼とは思いましたが、思い切って家を訪ねることにしました。初めにお母様に応対していただきました。玄関口で私が「小中学校の同級生である」旨を告げると、線香を上げる様におっしゃってくださって、部屋に上がって線香を上げさせていただきました。
 
 「何か病気を患っていたのですか」と私が訪ねると、「突然、逝ってしまったのよ」と残念そうに話された後、壁に飾ってある元気な時の写真を指差して教えてくれました。帰り際、お父様も昼食を中断されお声をかけてくださったので、私の自宅は大泊で、父の名前と桜井小通り(念仏橋通り)から一本奥に入った家であることを説明すると、すぐ分かっていただきました。
 
 ご両親とも、私の両親とほとんど同じ年代と見受けられ、静かで穏やかなご様子もウチとの共通点だなと勝手な想像をしながら、お宅を辞しました。訪問した時刻はちょうど12時過ぎで、お二人で食事中のところを突然おじゃましてしまって、申し訳ないことをしたと後で気付きましたが、仏前への焼香を許していただいたお母様の優しさに触れ、逆に穏やかなひと時をいただいてしまった気がします。

 
 私はM君とは小中学校時代、特に親しい訳ではなく、かといって仲が悪いということもありませんでした。しかし、大人になってから、特に8年前、桜井小学校の(同級生だけの)同窓会に参加した頃から、声を掛け合うようになりました。一緒に飲んだり、長時間話すといったことはないのですが、大泊観音様の盆踊り(毎年8月9日)や平方のせんげん様(浅間神社の祭礼:毎年6月30日)の度に顔を合わせる機会が増えました。
 
 小中学校の同窓会でも、平成14(2002)年の桜井小に続き、2006年、2008年の越谷市立北中と、同窓会の度に互いに元気な姿を確かめ合いました。M君ともう少し、つっこんだ話をしたかった、その頃は(若いから)まだまだ話す機会はもっとあると思っていました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 34年ぶりの再会 2006年04月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 越谷市平方の浅間神社祭礼(当日) 2007年06月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 昨日の同窓会は楽しかった 2008年08月18日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 同級生 2009年08月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2010年10月05日 00:28 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1647

コメント

コメントしてください




保存しますか?