« #tsuneoka 常岡浩介さん誘拐犯をタリバンと報じた新聞社サイトについての検証 | メイン | #tsuneoka #shinso 常岡浩介さん外国特派員協会記者会見 »

2010年09月06日

#tsuneoka 常岡浩介さんがタリバンに誘拐されたと報じた新聞社サイトの検証(2)

 昨日解放された常岡浩介さん( @shamilsh )について、"タリバンに誘拐された常岡さん"という表現を続けていた新聞記事についての問題点の検証の続きです。
 
  #tsuneoka 常岡浩介さん誘拐犯をタリバンと報じた新聞社サイトについての検証(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 問題点の検証と言うのは大袈裟で、私が「おやっ」と思ったこと、気付いたことをいくつか記したものに過ぎません。先ず、検証の対象として利用したMSN産経ニュースと、常岡さんのツイート、江川紹子さん作成のtogetterを再掲します。
 
  常岡浩介: いくつかのメディアで、「タリバンが誘拐」と、出ている ...
 
  ・Togetter - 「解放された常岡さんが犯人像を語る」

 
 
産経新聞の記事(MSN産経ニュースより)
 
記事1
 配信日時: 2010年6月17日 12時40分
 タイトル: 常岡さんはタリバンが監禁、身代金を要求 アフガン当局
 特筆すべき個所(私観):
   反政府武装勢力タリバンがアフガン政府に対し、身代金を要求していることが17日、アフガン治安当局者の話で分かった
 
 
記事2
 配信日時: 2010年9月4日 0時44分
 タイトル: 常岡さんサイトに書き込み 「まだ生きている」
 特筆すべき個所(私観):
   反政府武装勢力タリバンに監禁されているとみられるジャーナリスト常岡浩介さん
 
 
記事3
 配信日時: 2010年9月5日 21時02分
 タイトル: タリバンが常岡さんの拉致認める 地元司令官
 特筆すべき個所(私観):
   反政府武装勢力タリバン地元司令官は5日、首都カブールの日本大使館で保護されたフリージャーナリスト常岡浩介さん(41)をタリバンが拉致したと認めた。アフガン・イスラム通信が伝えた。
 
 
記事4
 配信日時: 2010年9月6日 7時19分
 タイトル: 解放の常岡さん、きょう帰国 ツイッターに「犯人タリバンじゃない」
 特筆すべき個所(私観):
   アフガニスタンで反政府武装勢力に拉致、監禁され、4日解放されたフリージャーナリストの常岡浩介さん(41)は
 
 
記事5
 配信日時: 2010年9月6日 7時59分
 タイトル: タリバン誘拐 常岡さん解放 5カ月ぶり 健康、「感謝したい」
 特筆すべき個所(私観):
   【ニューデリー=田北真樹子】アフガニスタンで取材中にイスラム原理主義勢力タリバンに誘拐されていたフリージャーナリスト、常岡浩介さん(41)が約5カ月ぶりに解放され、カブールの日本大使館に保護された。5日、日本政府関係者などが明らかにした。4日夜(日本時間5日未明)に保護された。

 
 
 
 ここからは、前のエントリーに続き、私が気付いた点を記します。
 
 
指摘2
 
 これは指摘ではなく、単なる気付いた点ですが、9月4日のMSN産経ニュースの記事(記事2)では、「反政府武装勢力タリバンに監禁されている」という断定表現ではなく、「反政府武装勢力タリバンに監禁されているとみられる」という推定表現に、文言が変化しています。
 
 この記事が配信される約2時間前に、常岡さんのアカウントで英文のツイートが2件有り、そのことを報じた記事です。
 
  「i am still allive, but in jail.」(2010/9/3 22:15:10)
  「here is archi in kunduz. in the jail of commander lativ.」(2010/9/3 22:22:31)
   ※ 以上2件は、常岡さんのアカウントからのツイート。日時の表現は日本時間
 
 
指摘3
 
 9月5日の「タリバンが常岡さんの拉致認める 地元司令官」という記事(記事3)の中味は、"常岡さんを拉致したのはタリバンである"とタリバン地元司令官が認めた、という内容になっています。しかし、上にも紹介しました様に、解放後に常岡さん自身が「誘拐犯はタリバンではない」とツイートしていますから、記事に書かれている"常岡さんを拉致したのはタリバンである"というのは事実と異なると思われます。
 
 つまり、タリバン地元司令官が嘘を言ったか、アフガン・イスラム通信の誤報のどちらかの可能性があります。もちろん、MSN産経ニュースの誤報(誤記)、常岡さん自身が誤解していた、常岡さんが嘘のツイートをした、常岡さん以外の人がツイートしたという可能性もゼロではありませんが、極めて低いと思います。
 
 その後の常岡さんのツイートで、(犯人は)アフガン政府内部(中枢)の人間、と書いていますから、犯人(タリバンではない)から嘘の情報が流されたのではないかと推察されます。ご本人の帰国(既に帰国されたのかな?)後の会見などで明らかになるものと思われます。
 
 
 私がこの記事(記事3)で少し引っかかるのは、「反政府武装勢力タリバン地元司令官は・・・タリバンが拉致したと認めた。アフガン・イスラム通信が伝えた。」という部分です。結果論かもしれませんが、「タリバンが拉致したと(タリバン地元司令官が認めた。」というのは、アフガン・イスラム通信からの引用ではないでしょうか。
 
仮にそうであれば
 反政府武装勢力タリバン地元司令官は・・・タリバンが拉致したと認めた。アフガン・イスラム通信が伝えた。
ではなく、
 反政府武装勢力タリバン地元司令官は・・・タリバンが拉致したと認めたと、アフガン・イスラム通信が伝えた。
とすべきではないかと思うのです。
 
 「タリバンが拉致したと認めた。」と断定形で書かれているのが、引っかかるのです。すぐ後に「アフガン・イスラム通信が伝えた。」と続けている(ので読者に誤解を与える心配はないの)ではないかとおっしゃる人が、多いかもしれません。私自身も、この表現で誤解はしません。しかし、言い切って(断定して)しまっていいものだろうか、と感じるのも事実です。
 
 おそらくこの点については、私が報道のプロではないということが大きく関係していると、私自身は思っています。プロとアマでは、表現だけでなく気になる個所、着眼点が異なるのではないかと思われます。素人の視点を、あえてプロの仕事(文章)に紛れ込ませる、報道に限らずどの職業においても難しい事ではありますが、それが出来ればお客様(購読者)の心を掴むことは間違いない様に思われます。
 
 
 再び、尻切れトンボになってしまいました。もし気力があれば、続きを掲載したいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 場違いな会合 2005年12月10日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 情報機器の使いやすさ 2006年04月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) #tsuneoka 常岡浩介さん誘拐犯をタリバンと報じた新聞社サイトについての検証 2010年09月06日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2010年09月06日 20:03 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1635

コメント

コメントしてください




保存しますか?