« 鈴木宗男議員の実刑確定と佐藤優氏のブログ | メイン | #iwakamiyasumi 鈴木宗男議員へのインタビュー(岩上安身チャンネル) »

2010年09月09日

#livedpj 民主党代表選 立会演説会(北海道札幌)の中で、小沢一郎氏が言及した昨年の政権交代以降の政権運営におけるキーポイントとは

 北海道で行なわれた民主党代表選を聴いた( #livedpj )。今日は小沢一郎氏が先に、演説の行なわれる街宣車上に登場した。小沢コールに手を振って答える小沢氏の表情が、いつも以上に明るかったのが印象的だ。
 
 小沢氏の笑顔は、実際に、あるいはテレビやインターネットを通して見た人は誰しも、予想外に人懐っこいと感じるに違いない。今日は、いつもと違った、初めて見る笑顔だった。「オザワ、オザワ」を連呼する目の前の一人一人に対して、心の底から感謝しているという印象を持った。
 
 

 
 演説で小沢氏は、補助金を自主財源として地方に渡すといったこの代表選が始まってからの主張を展開するとともに、「コンクリートから人へは大事。だからと言って皆さんの暮らしのインフラ整備を怠っていいということではない」「(中央ではなく)都道府県で(道路などインフラを)建設を決定できる方法を提案している」など、地方主権を訴えた。これ迄、地方主権を唱える政治家は多いが、何故かという理由になると、あまり聴いた記憶がない。十分とはいえないが、地方主権を唱える理由を、ひと言、ふた事以上語る政治家の演説を、初めて聴いた。
 
 
 一方、今日の菅氏の演説を聴いて、かなり小沢さんの主張に近づいていると感じた。例えば、規制緩和によって北海道に中国人観光客を増やす政策決定を既に行ない、雇用増につながるとの考えを披露した。「北海道のことは北海道だけで決められる仕組みに変えたい」。
 
 
 
 小沢氏の演説の中で「おやっ」と思ったことが1つある。「2010年度予算は既に前政権により骨格が出来上がってしまっていた。そういう中でも、民主党政権はよくやった方だとは思う(が限界があった)。しかし、今行なっている2011年度予算編成は、初めから丸々民主党が編成する初めての予算である。」
 
 その通りである。特に目新しい事を言っているわけではなく、誰でもが知っている(筈の)周知の事実を言っているに過ぎない。あるいは、自らの党(民主党)が掲げた政権公約の実現が予定通り進んでいないことな対する言い訳と評価する人もいるかも知れない。
 
 しかし、小沢氏の話された事は、私も昨年の政権交代直後から、140年ぶりの政権交代(実質的に、この国が始まって以来初めての民意による政権交代)の成否を左右する、非常に重要なポイントであると思っていた。何故、今迄誰もこのことに言及しなかったのだろう。
 
  2010年度概算要求のニュースを見る上での注意点(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 今迄、TVのニュース番組(今となっては地上波TVのニュースはほとんど見ませんが、当時は見ていた)や、著名なジャーナリストや政治家で、この点を強調する人がほとんどいないことに不満を持っていた。そういう観点を持って、政権運営を見守っている人は、民主党の中にさえいないのかと思っていた。「やはり小沢氏は分っていたのだ」、演説を聴いて溜飲を下げた。
 
 
 さらに言えば、大久保秘書逮捕、小沢氏が代表辞任と政治状況が刻一刻と変化する中、衆議院解散時期決定をためらっていた麻生総理(当時)が、麻生卸しに対抗して8月30日投票と決めた昨年7月末から、私はこの様な事態を心配していた。民主党のマニフェストが、マニフェストに明記したスケジュール表通りに実現できないとの批判が、新聞TVだけでなく、新聞TVのニュースに影響された多くの国民から殺到することを。
 
 すなわち、"7月から8月にかけて、特に8月は、総選挙を実施してはいけないのである"、もしこの時期に政権交代(政権与党が変わる、本来の意味での政権交代)が行なわれば、年度の途中で政権の担い手が変わり、政策の移行がスムーズに行かなくなる。予算の作り手と、執行者が異なってしまうということを、誰も気がつかないはずがない、と。
 
  鳩山政権発足から4週間、立つ鳥跡を濁した麻生前首相(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 昨年4月の麻生政権による15兆円規模の財政支出(景気対策)をめぐる与野党の論議、政権交代の可能性などを見ていれば、誰でも容易に予想出来た事態ではないか。既存の新聞TVといった報道?機関はとうに当てにしていないが、ジャーナリスト、少なくとも政治家の中には、事態を冷静に見守る人が少しでもいて欲しい。いや、渦中にいる政治家に頼るのではなく、私たち一人一人が報道などに惑わされることなく、静かに考えていることが重要の様な気がする。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 2010年度予算の「概算要求」、新政権に配慮して作業見合わせ 2009年08月31日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 「特別会計への道案内」(1)-国による税金のムダづかいを知るために 2009年09月05日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 鳩山政権発足から4週間、立つ鳥跡を濁した麻生前首相 2009年10月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 2010年度概算要求のニュースを見る上での注意点 2009年10月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2010年09月09日 17:17 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1640

コメント


もりた様
   小沢議員のこの本質的な指摘に対して。本質的に気がつかれた方は、今のところ、私の知るかぎり、貴方ひとりです!
   ここにも、巧妙な行政官への有利さがひかれてることに気がつきます。
                    

投稿者 MKurosaka : 2010年09月09日 18:58

 MKurosaka様、はじめまして。コメントありがとうございます。
 
 私一人ということは無いとは思いますが、多くの人が意識できていない様に思います。自分の頭で考えていれば、すぐに行き着くと思うのですが。
 
 与野党や国民同士で意見の相違を言い合ってる間に、ひとり行政官僚のみがほくそ笑むという構図にならないためにも、政治を真剣に考える一般の人の中に「じっと静かに考える時間を持つ」という人が一人でも増えることを期待しています。

投稿者 もりた : 2010年09月09日 19:40

もりた様
     おはようございます!
   私のブログで紹介させていただきました!
    http://dankai.miwako-kurosaka.com/
   「小沢候補の言及する政権交代における重要なポイントは”予算編成”2010.09.11 Saturday」 
   もし、何か問題ございましたら、ご指摘いただければ幸いです。 どうぞ、よい週末を!

投稿者 M.Kurosaka : 2010年09月11日 12:59

 M.Kurosaka様、コメントありがとうございます。
 
 ブログを拝見しました。私どものブログの内容をご紹介いただきありがとうございます。予想外に長文を引用されていて、少し驚いておるところです。欲を申せば、引用はもう少し短くお願いできればと思います。
 
 次回、もし再びご紹介いただける機会がございましたら、短めにお願い致します。そして、出来ればアドレス(http://blog.imadokipc.com/archives/2010/09/livedpj_3.html)にリンクを貼っていただければと思います。
 
ご紹介していただいて勝手の様ではありますが、よろしくお願い致します。

投稿者 もりた : 2010年09月11日 15:24

コメントしてください




保存しますか?