« 普及目前のデジタルサイネージ Inerop TOKYO 2010/IMC TOKYO 2010/DSJ2010 | メイン | 遅ればせながらiPadを購入します »

2010年06月18日

ウィルスセキュリティZEROによるFTP転送失敗の解決方法

 三ノ輪(東京都荒川区南千住)でパソコン教室を開いていた頃からのお客様から、ホームページの更新が出来なくなってしまったというご連絡をいただきました。何か解決の糸口となるヒントを教えて欲しいということでした。
 
 お客様はホームページ・ビルダーを用いてサイトを制作し、サーバーへのアップロードもホームページ・ビルダーの「サイト転送」機能を使っていらっしゃいます。「サイト転送」でエラーが発生してしまい、更新が出来ない、そればかりか、その状態でサイトにアクセスすると、真っ白なページが表示されてしまうということでした。
 
 
 いくつか調べたり試していただく項目をお伝えして、電話で何回かやり取りさせていただいた結果、ウィルスセキュリティZEROの機能を一時的に無効にすると、転送が行なえることがわかりました。「ウィルスセキュリティZEROとFTP転送失敗」との関係につきましては、すでにWeb上にたくさんの情報がございますが、この問題で困っている方の一助となればとの考えから、ご紹介させていただくこととしました。

 
 実はお客様からは、3月にも同じお問い合わせをいただいておりました。ウィルスセキュリティZEROをインストールした翌日、ホームページの更新を試みたら失敗してしまい、今回と同じ様に、ご自身のホームページを見たら真っ白だったということでした。
 
 その時にもウィルスセキュリティZEROとの関連を疑いました。しかし、もう一度、「サイト転送」をトライしていただいたところ、更新が正常に行なえたため、根本原因の追求には至りませんでした。引き続き何回もサイト更新に失敗するようならば、他のセキュリティ対策ソフトへの移行を検討していただくこととしました。
 
 
 今回の対策としてお客様には、「サイト転送」(FTP転送)の際は一時的にウィルスセキュリティZEROの(ファイアーウォール)機能を無効にしていただくよう、アドバイスさせていただきました。しかし、そのあと気になったのでWeb内を検索すると、下記の情報に遭遇いたしました。
 
  ウイルスセキュリティZEROでFTP接続が使えなくなったときの対処法(Knowledge Database IT)
 
 要約いたしますと、
 (1)ウィルスセキュリティZEROに対して、"「ホームページ・ビルダー」(注1)は「不正侵入を防ぐ」対象から外してよい"と指示をすること

 (2)ホームページ・ビルダー(注1)の「転送設定」を、"PASSIVEモードで使用する"ように設定変更すること
の2点です。 (注1) 「ホームページ・ビルダー」の例でご紹介しましたが、他のツールでも同様です。
 
 上記ページの"補足"にもございますように、"PORTモードのftp接続では21番を使ってログインし、20番ポートを使ってデータの転送を行うが、ウイルスセキュリティZEROは20番ポートの使用を許可していないため、21番ポートしか使わないPASVモードでftp接続する必要がある"ようです。
 
 
 確かに、お客様にご協力いただいてホームページ・ビルダーの「FTPツール」で実験してみた結果を見ても、「接続」は行なえますが、「データ転送」は行なえないファイル・フォルダ一覧に何も表示されない)状態でした。
 
 
 最後に参考までに、上記(1)と(2)の操作方法につきましては、次の様になります。
 
(1)使用しているFTP転送ツールを、ウィルスセキュリティZEROのファイアーウォール機能の監視対象から外す(「不正侵入を防ぐ」対象から外す=アクセスを許可するリストに追加する)。下記のページを参照ください。
 ・http://sourcenext.force.com/faq50search/faq?id=VS-00595
   上記ページでは「Windows Media Player」の例で説明していますが、それぞれ使用されているFTPツール名(例:ホームページ・ビルダー)に読み替えてください。
   上記ページの説明通り操作しても、リストの中にお使いのFTPツール名(例:ホームページ・ビルダー)が無い場合は、下記ページに書かれている操作も行ってください。
 ・http://sourcenext.force.com/faq50search/faq?id=VS-00592
   このページの例も「Windows Media Player」になっていますが、ご使用のFTPツールに読み替えてください。例えば、「ホームページ・ビルダー Ver.10」の場合、フォルダ「C:\Program Files\IBM Homepage Builder V10\」の中に実行ファイル「hpbpage.exe」があります。

 
(2)FTPツールの設定を、"PASSIVEモードで使用する"に変更する。
 ・ホームページ・ビルダーの場合(バージョン 10.0.0.0)
  (1) HPビルダーのメニューから、[サイト]-[転送設定]-[転送設定]
  (2) サイトを選択して、「編集」ボタンをクリック ・・・ 「転送設定」画面が表示されます
  (3) 「詳細設定」タブをクリック
  (4) 「パッシブモードで接続する」にチェック()を付ける
  (5) 「OK」ボタンをクリック
 ・FFFTPの場合(Ver 1.92a)
  (1) FFFTPを起動する
  (2) ホスト一覧の中からサイトを選択
  (3) 「設定変更」ボタンをクリック ・・・ 「ホストの設定」画面が表示されます
  (4) 「拡張」タブをクリック
  (5) 「PASVモードを使う(V)にチェック()を付ける
  (6) 「OK」ボタン、「閉じる」ボタンの順にクリック

 
 
--- 関連情報 ---
(1) ソースネクスト社「ウィルスセキュリティ」の障害について 2005年12月31日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 「ウィルスセキュリティ」の自動バージョンアップによる障害 2006年02月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) らくらくホームページ 2006年06月09日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) ウィルスバスター2006の障害 2006年08月04日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2010年06月18日 23:23 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1611

コメント

コメントしてください




保存しますか?