« 遅ればせながらiPadを購入します | メイン | #2010wc 中村俊輔選手が好きではありませんでした(過去形) »

2010年06月23日

宮里藍選手、アメリカ女子ツアー今季4勝目、世界ランク1位

 ワールドカップと大相撲野球賭博のニュースに隠れて、他のスポーツが取り上げられていません。特に、20日まで開催されたショップライト・クラシックで優勝し、翌21日付け世界ランキングで宮里藍選手が1位となったニュース。一応は報じられましたが、放映時間が少ないため、ゴルフに対して特別に関心を抱いている人以外には、あまり印象を与えなかったかも知れません。
 
 かくいう私自身、ゴルフが特に好きというわけではなく、コースに1度も出たことがありません。そんな私でさえ、宮里選手の今シーズン開幕2連勝というスタートダッシュはスゴイなと思って見ていました。宮里選手のこの勢いを、昨季半ばからの復調が確固たるものだった証ととらえる向きが多いことと思います。
 
 2006年から本格的にアメリカ女子ツアーに参戦した宮里藍選手は、初年(2006年)こそ、そこそこの活躍を見せたものの、その後は芳しい成績を収めることが出来ていません。特に、2007年、2008年の低迷ぶりは、日本国内での華々しい活躍を知る多くの日本人ファンにとって、信じられない姿でした。
 
 丸2年間の雌伏の後、昨年7月にLPGAツアー初優勝を果たし、続けて催された全英オープンでも優勝争いを演じた姿は、宮里選手の復活を私達日本人に印象付けました。

 
 そういう経過があるものですから、ようやく長いトンネルから抜け出して、昨年(2009年)が飛躍の年という印象がありますが、毎年末、すぽると!(フジTV系列)のインタビューに答えている宮里選手の映像を見ると、どん底に喘いでいた2007年途中(少なくとも年末)の時点で、宮里選手自身は今までのやり方を変える決心をされていた様です。それは、ゴルフのことに限らず、生活や心の持ち様まで含めたものです。
 
 一般的には低空飛行を続けていると見られていた2008年においても、ご自身としては一つ1つの試合において、徐々に手応えを感じていたということです。
 
 
 今回、世界1位にランキングされたことについては、メキシコのオチョア選手の引退(今年4月)や、申ジエ選手(韓国)が虫垂炎でツアーを離脱という、宮里選手にとっての幸運が重なっての結果という面が否定できません。ちなみに、この試合でも、2位・3位・4位に韓国勢が入っており、世界ランク1位という位置をキープすることは、かなり厳しい状況が予想されます。
 
 
 それでも、確たるものを掴んだ宮里藍選手は頼もしく感じますし、今後、女子ゴルフの試合をテレビで見るのが楽しみになってきました。ところで、全米オープン初出場の男子・石川遼選手や、取材のため出張していた上杉隆氏( @uesugitakashi )も帰国します(しました?)。(上杉氏は、昨夜の「ニュースの深層」にアメリカから電話出演、今朝のソコトコは飛行機で移動中の為、森田実氏がピンチヒッター)
 
 
 ウィンブルドンも始まり、ますますテレビの前から離れられなくなりそうです。そのウィンブルドン大会で、3年前の優勝者・ヴィーナス・ウィリアムズ選手と3回戦で対戦し、接戦を演じた元・プロテニスプレーヤーの森上亜希子さんが、NHKの街道てくてく旅で熊野古道を歩いていらっしゃいます。こちらも目が離せません。(先週末、2010年6月18日(金)に無事、熊野本宮大社にゴールし、旅を終えられたようです)
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 森上亜希子選手、惜敗-ウィンブルドン女子テニス 2007年07月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 森上亜希子選手、昨日の試合をブログで自己分析 2007年07月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) NHK「街道てくてく旅」 2007年11月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 四元奈生美さん高知に入る 2008年04月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 四元奈生美さん、徳島・高知600kmを踏破! 2008年06月05日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 街道てくてく旅-四国八十八か所(秋編) 2008年08月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2010年06月23日 20:52 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1614

コメント

コメントしてください




保存しますか?