« 小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(2)報道は推定無罪の原則を忘れているのか | メイン | Amazonで本を購入 »

2010年01月16日

小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(3)報道は情報源を明らかにしなくていいのか(前編)

 石川知裕・衆議院議員が、昨夜逮捕された模様です。小沢一郎・民主党幹事長の政治資金に対する検察の捜査状況について、新聞やテレビの報道そのものや報道姿勢に異常さを感じていることについて、一連の報道、あるいは報道姿勢に対して、私が指摘したいことを6つに分けて、先日から1つずつ書き始めました。過去2つのエントリーでは、新聞・テレビによる一連の報道は、違法性の所在を明らかにしていないことと、推定無罪の原則を軽視していることについて述べました。
 
 前置きが長くなりますが、過去二つのエントリー、今回のエントリー、および今後掲載予定の「小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性」(いつの間にかシリーズ化することになりました)と題するエントリーにおいて述べることは、新聞やテレビの報道、報道姿勢に対する指摘だということです。このシリーズの1番目のエントリーにも書きましたが、
 
 "この件、およびその調査そのものについては、当事者でもありませんし、私ごときが検察に情報源などあろうハズがありませんので、"
 
検察による捜査内容や、「陸山会」による報告書の記載が違法か適法か、部分的には違法かといったことを述べる能力も充分ではありません。また、その根拠となる情報を知る術も持っていません。
 
 
  小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(1)報道は違法性の所在を明らかにしていない(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  ・小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(2)報道は推定無罪の原則を忘れているのか(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 前者は、1つ1つの記事・ニュースで伝えられる事柄について、そのことの何が違法性と関係するのかという説明がほとんど無いことを指摘しました。外形的な描写が多く、政治資金規正法違反の疑いとどうのように関係しているのかという説明が、私が見聞きした(非常に限られた範囲ですが)記事・ニュースの中では行なわれておらず、このニュースを何度読んで(聞いて)も、どのように政治資金報告書への虚偽記載とつながるのか理解できませんでした。
 
 後者では、裁判を経た結審はおろか、検察による起訴さえ行なわれていない、捜査途中の段階にもかかわらず、検察からと思われる情報に基づいた記事・ニュースのみが、一方的に連日連夜にわたって報道(?)され続けることによって、購読者・視聴者に対して無意識のうちに、"事実"であるかのような印象を焼き付けてしまうことに危険を感じると述べました。
 報道機関、購読者・視聴者である国民を含め、捜査(警察・検察)や裁判には誤りが皆無ではないという原則を忘れてはならないということを、過去の過ちによる決して少なくない犠牲者の失われた人生を通じて私たちは学んだハズです。そのことを多くの人にもう一度、思い出して欲しくて書きました。
 今回の件も過去のいくつかの例と同じく、あくまで"疑い"の段階であり、一方(検察)からの情報にのみ拠るのではなく、他方("疑い"をかけられた側)への取材に基づく記事・ニュースが重要であると思います。特に扱う記事・ニュースが"疑い"に基づく捜査状況についてですから、なおさら疑われた側への取材が必須であると考えます。
 
 
 いつも前置きが長く恐縮ですが(ここまでは前置きです)、本題である「一連の報道は情報源を明らかにしていない(すべきである)」ということについて述べてまいります。

 
 一連の報道では、誰それがいつ事情聴取された・されるとか、事情聴取の際に答えたと思われる話("供述"という言葉は、取調べを連想しますので避けたいと思います。あくまで任意の事情聴取ですので)が、記事やニュースの中に出てきます。
 
 いったい、記事やニュースを書いた記者は、どのようにして、誰から(複数の人を経由した場合は、どういうルートを通って)入手したの?と、記事・ニュースを読む(聞く・見る)度に、いつも思うことです。
 
 例えば、1月1日の朝日新聞1面の「土地取引 小沢氏が指示」という記事は、
 
"石川知裕衆議院議員(36)=同党、北海道11区=が東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、土地取引は小沢氏の指示で始まり、購入原資の約4億円が小沢氏の資金だったと認めていたことが、関係者の話でわかった。"(ブログ投稿者注: 同党とは民主党のことです。記事の前半を省略しております。
 
と報じています。さらに同記事は、次のように書いています。
 
"石川氏は関係者に対し、取引を進める中で「小沢氏と直接、電話やメモでやりとりすることもあった」と証言しているという。"
 
 上記の二つの文章を読むと、関係者というのが、石川氏に対して事情聴取を行なった検察官であることがわかります。私が想像力を働かせて、そう読み取ったということではなく、論理的に読むとそういう解釈になるということです。
 
 一つ目の文章を読んだ時点では、"関係者"とは誰を指すものなのか(石川氏本人や東京地検特捜部の検察官か、あるいは、両者のいずれかとどのような関係にある人なのか)は判りません(実際には、多くの方が新聞のこういう文章を読まれていますので、"東京地検が事情聴取した"・"関係者の話でわかった"、この2つのセットで関係者=検察官と思うのではないかと思いますが)。
 
 ところが二つ目の文章で、"関係者に対し、・・・と証言している"とあります。検察に呼ばれて証言したのですから、相手は聴取にあたった検察官ということになります。
 
 
 事情聴取の具体的な内容が新聞・テレビに報じられたことについては、鈴木宗男・衆議院議員がムネオ日記の中で言及されています(1月1日の各紙・各局の報道、つまり石川議員に対する昨年末の事情聴取のことかどうかは私にはわかりませんが、おそらくそうではないかと思います)。ムネオ日記を引用した記事がThe Journalにも掲載されています。
 
  ムネオ日記 2010年1月
 
  ・石川知裕氏はメディアに何も語っていなかった!「検察がリークしたとしか思えない」と鈴木宗男氏に語る

 
 
 1月12日の日記の中で鈴木宗男氏は、「石川代議士か検察官のどちらかである」、その一方である石川氏に「『あなたの方で情報提供しているのか。サービスしているのか』と聞いてみた」ところ、石川氏は「『そんなことはしていません。ただ検事に供述した話が、そのまま新聞の『 』(カギ括弧)で使われています。検察がリーク(漏洩)したとしか思えません。ひどい話です』との答えだった。」
 
 そこで鈴木氏は「一体誰が流しているのだろうか。『関係者』に該当するのは、『検察』以外に誰がいるのだろうか。」と書いています。詳しくは、ムネオ日記 2010年1月をご覧ください。
 
 
 
 新聞やテレビは、特に検察に関連した報道において、何故、情報源を"検察"であると特定しないのでしょうか?検察に限らず、新聞やテレビの報道においては、特別の理由が無い限り、その情報源を明記すべきと考えていますが、その前にもう1つの例を挙げたいと思います。
 
 このエントリーを書き始めてから、すでに日付が変わってしまいましたので、昨夜(1月15日)のNHKニュース9を見ていると、以下のようなニュースが伝えられました(その前の午後7時のニュースでも報道されました。なお、以下は私の記憶に基づく文章であり、必ずしもこの通りの文言ということではありません)。
 
 "通帳に「住」や「先生」という文字が書かれていたことが、関係者への取材でわかった"
 
 
 ここでも「関係者」という表現が使われ、情報源が明らかにされていません。また「取材」という表現も使われていますが、そもそも検察や警察、そのほかの中央省庁、市役所、県庁、など、公共機関から情報を得て報じることを「取材」と呼ぶことに対しては、以前から軽い違和感を覚えています。今回のテーマ(情報源のオープンの問題)とは異なりますので、次に予定している「小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(4)」にて、述べたいと思います。
 
 
 
 以上、ここまでが「小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(3)報道は情報源を明らかにしなくていいのか」の前半部分です。材料だけ提示して、何故私が、「報道は情報源を明らかにしていない」と考えるのか、あるいは「報道においては情報源の開示が必要である」と考えるのかという説明に至っていません。要領が悪いため、文章が長くなってしまいましたので、前後編に二分し、ここまでを前編とします。続き(後編)は後日、掲載したいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「推定無罪」 2010年01月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(1)報道は違法性の所在を明らかにしていない 2010年01月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(2)報道は推定無罪の原則を忘れているのか 2010年01月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2010年01月16日 01:23 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1534

このリストは、次のエントリーを参照しています: 小沢氏の政治資金に関する新聞・テレビの報道に感じる異常性(3)報道は情報源を明らかにしなくていいのか(前編):

» 民主党 小沢 from とことん最新にこだわるニュースブログ
<お買い得情報> 裏ガーゼ【普通判】バスタオル1200円~ 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年01月16日 02:03

コメント

コメントしてください




保存しますか?