« (11月27日更新)行政刷新会議「事業仕分け」ガイド(日程、ライブ中継・Twitter中継をどこに行けば見られるか) | メイン | 「事業仕分け」に「香美コンサート」、USTREAM大活躍! »

2009年11月13日

天皇・皇后両陛下のお人柄について

 即位20周年に関連して、昨夜7時のNHKニュースの中で、天皇陛下がインタビューに答えて(注2)お話されていました。「20年という在位期間の中で最も印象に残られたことは?」という質問へのお答えは「6,434人の尊い命が奪われた阪神淡路大震災です」(注1)
(注1) 9月11日に行われた天皇・皇后両陛下の記者会見の全文がMSN産経ニュースに掲載されています。
  ・【両陛下ご会見全文(1)】拉致問題「家族の苦しみはいかばかりであったか」 (1/4ページ)(MSN産経ニュース)
 ベルリンの壁崩壊、9.11アメリカ同時多発テロ、それを契機としたアフガニスタンとイラクでの戦争によって今も多くの命が失われていること、そして拉致問題に触れて当時日本人の多くが事実と認識出来ず拉致が続けられた結果、多くの被害者が生じたことを残念とおっしゃり、「被害者と家族の苦しみはいかばかりであったかと思います」とお話になっています。続いて日本国内の話に及び、6400人以上の人々が亡くなった阪神淡路大震災について「誠に痛ましい状況でした」が、その後の耐震化に教訓を残し、災害の際に協力の輪が広がったことを頼もしく思ったと述べられています。苦労の多い中で、農業、林業、水産業などに携わる人々が様々に工夫を凝らしていること、日本社会の高齢化に向かって、人々の中に皆で支え合う意識が広まりつつあることにまで言及されています。2009年11月13日 追記

 
 私自身は、天皇陛下即位20周年など祝賀ムードを大々的に盛り上げたり、天皇制を殊更に賛美したりすることは好きではありません。そういう(盛り上げたり賛美したりする)人が、即位20周年や天皇制を道具として利用している様な胡散臭さを感じることが多いからです。
 
 
 誤解の無いように付け加えますと、私は日本の古い伝統、歴史、慣習、風習、文化、芸術が大好きです。神社やお寺を見て回ると、200年、300年、あるいは1300年、1500年前の人と間接的に心を共有できたような喜びを感じます。また地理や人の苗字()にも強い関心があります。そういう素性が基になって、数年前から越谷市郷土研究会文教大学生涯学習コースに参加するようになったのだろうと自己分析をしています。
 
 一方、小学校5年生の時にアマチュア無線の勉強を独学(通信教育)で始めたように、理科系、新しいことにも興味を掻き立てられます。その延長線上で無線工学(電磁波・電波伝搬)を専攻したり、コンピュータのソフトウェア開発という職業に就くことになって、現在に至っています。

 
 埼玉県越谷市大泊で生まれ、53年間をこの土地で生活してきました。27年前からは地元の消防団に入団し、いくばくなりとも地域の防災、コミュニケーション作りに貢献できたかなと自負しています。私はこの越谷が好きです。川が多く、川の両岸には今でも自然の木が生きています。5月新緑の季節に、川岸の木下を歩くと、日々の大小の悩みを忘れてしまいます。
 
 バイパス東側の船渡に広がる見渡す限り田んぼという風景も大好きです。田んぼの中の長い一本道を散歩する時、生きている幸せを感じます。父や母や姉妹を大事に思うのと同じくらいに、ここの土地や自然が大好きです。出来れば100年後もこのままであって欲しい。愛国心は?と聞かれて私が思うのは、このようなふるさと(の自然や人)を愛する、いわゆる郷土愛が原点です。
 
 2年前、越谷タウン情報サイト「越谷っ子」さんのインタビューを受けた時に私がお話した言葉が、「越谷っ子」さんのサイトに今も残っていましたので、引用させていただきます。
 

イン:越谷で好きなところ・場所などはありますか?
 
森田:船渡の田んぼの風景がとても好きです。
   今は越谷もどんどん発展してきて、
   たくさんのビルや施設が建っていますが、
   船渡の風景は昔の越谷のようで、
   どこか懐かしい感じがして気に入っています。
 
イン:越谷の中でこうなったらいいなと思うことはありますか?
 
森田:今、毎日いろんな事件・ニュースが起きていますが、
   そんな中にいても越谷は昔と変わらずに、
   人とのコミュニケーションをなくさないまちであってほしいなと
   思っています。
   隣近所の方たちとあいさつをするだけで、
   そこから始まったり変わったりする何かがあると思うので、
   そのちょっとしたふれあいを忘れない越谷であったらいいですね。
"
(越谷タウン情報「越谷っ子」メールマガジン・バックナンバー VOL.21 2007/5/31より引用)

 
 上で述べた古い日本の伝統や歴史が好きで、神社やお寺(を歩き回るの)が大好きという私の感覚は、テレビなどでよく目にする強い愛国心を訴える人から感じるものとは少し違います。
 
 
 天皇・皇后両陛下に話を戻しますと、お二人は全国各地をご視察される際、必ずといってよいほど、災害被災地を訪れて被災者に励ましの声をかけられます。広島・長崎も頻繁に訪問され戦没者を追悼されます。障害者や高齢者の施設を訪れ、話しかけたり一緒に歌ったりされます。皇后陛下も訪問先の幼稚園児に本を読み聞かせたりされている映像が、テレビのニュースでよく報じられます。僭越ですが、世の中で最も弱い立場に置かれた人々の心を、他の誰よりも理解されていらっしゃるのだと思います。
 
 NHK7時のニュースでのインタビューにお答えになった(注2)天皇陛下は「過去の歴史が忘れ去られつつあることを心配している」とお話されていらっしゃいました。このお言葉をどのように受け取るのかは、それぞれの人の感じ方によることには、どなたも異論が無いものと思います。
 
 
(注2) 文中、"NHK7時のニュース(の中)でインタビューにお答えになった"とあるのは、"11日の記者会見でお話された"の誤りです。前日(11日)に行われた記者会見の模様を、12日夜7時のNHKニュースが紹介したというのが正しい表現です。(2009年11月13日 追記
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「越谷っ子」さん メルマガ取材 2007年05月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 大和の国・飛鳥へ 2009年05月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 同級生 2009年08月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 広島へ来ています 2009年08月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 高崎力先生、11月7日(土)NHK-BS2「熱中時間」に出演 2009年11月06日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 全国大会4位の操法を再び - 越谷市女性消防隊「さくら」 2009年11月09日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年11月13日 00:36 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1496

コメント

コメントしてください




保存しますか?