« ボビー・バレンタイン監督退任および小宮山悟投手引退セレモニー | メイン | CEATEC JAPAN 2009報告(1)テレビがいっぱい »

2009年10月08日

Winny裁判控訴審で開発者に無罪判決

 Peer to PeerソフトWinnyを開発した金子勇氏が、同ソフトを使ったコンテンツの違法コピー行為などの犯罪を幇助したとして起訴されていた裁判の控訴審で、大阪高裁は金子氏に無罪の判決を言い渡したとのことです。この裁判、金子氏は1審(京都地裁)では罰金150万円の有罪判決を受けていたとのことです。
 
  Winny開発者に無罪判決、ACCSは「意外な判決」とコメント(CNET Japan)
 
 
 ネットワークを通じた情報伝達では、Webやメールをはじめとするインターネット・アプリケーションに代表されるように、現状ではサーバーを介した方法(クライアント-サーバー方式)が主流を占めています。それに対してノードとノードが情報を直接やりとりして伝達するのがPeer to Peerという方式であり、そのためのソフトの1つとして金子氏が開発したのがWinnyです。
 
 このWinnyを使ってパソコン内に入っているファイルを直接やりとりして、音楽などのコンテンツを違法に取引する人たちが現れました。またWinnyをインストールしたパソコンが、(Winnyに対応した)ウィルスに感染することにより、官公庁職員や一般企業社員による情報漏洩のニュースがさかんに報じられました。

 
 後者(情報漏洩)については、金子氏自身が雑誌のインタビューに答えて話されていますが、次の3つの条件が揃わなければ実現しません。
 
  Winny開発者へのインタービュー記事より(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
  ① パソコン内に情報漏洩しては困る情報がある
  ② ウィルスに感染する
  ③ Winnyが起動している
 
 
 (2009年10月9日 補足)Winnyを開発したのは金子氏ですが、情報漏洩に関して、①・②・③いずれも金子氏に責任はないと考えます。(金子氏がWinnyを開発していなかったならば、③は不可能という意味で)仮に③が金子氏に責任があるとしても、少なくとも①・②はソフト(Winny)使用者の責任と考えます。(以上ここまで、補足
 
 前者(コンテンツの違法コピー)についても、実行者が確信犯的に行わなければ、犯罪は起こりえないのです。違法コピーという犯罪にしても、情報漏洩という(官公庁や企業といった組織としては深刻なことでしょうが、職員や社員が不作為・無意識あるいは無用心という意味では非常に“間抜けな)事故にしても、Winnyという道具を作った人にまでその責任を問うてしまうのは困ります。
 
 自動車メーカーに対して、自動車を使った保険金殺人や交通事故の責任を求められたら、困ります。自動車メーカーが萎縮して、ICT対応や環境に配慮した新しい自動車を開発できなくなるからです。それと同じように、ソフトウェア会社やそこで働くエンジニアが萎縮することにより、新しいシステムを開発できなくなってしまっては、地球環境に配慮した未来社会の実現は遠のいてしまうでしょう。CO2削減をはじめとする地球環境対策の実現にはITの活用が前提となるからです。
 
 
 前段でネットワークとして、クライアント-サーバー(C/2)方式とピア・ツー・ピア(P2P)方式があり、Web花盛りの現在では前者(C/S)が主流であると述べました。しかし、Webが一般に利用され始めた10数年前のそのまた前(1980年代前半頃)までは、P2P方式が多く利用されていました。また最近ではWebなどC/S方式を前提とした方法では実現できない、あるいは要求を満たせないシステムを実現するために、P2P方式を用いたシステムの開発を模索する動きも出てきています。したがって、金子氏のようにPeer to Peerのネットワークを前提とした新しいシステムの開発に挑戦するエンジニアが増えてこなければ、社会全体が不利益をこうむるのです。
 
 
 この判決を関係者だけでなく、企業経営者はもとより、広く一般の人々にも真摯に受け止めて頂くよう、元ソフトウェア開発者の一人として強く願うものです。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) CO2の回収・貯蔵で先行する日本の技術 2008年06月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 局所的集中豪雨 2008年08月31日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) Winny開発者へのインタービュー記事より 2006年05月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年10月08日 23:40 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1455

コメント

コメントしてください




保存しますか?