« 「吉田拓郎のオールナイトニッポン・ゴールド」を聴きながらTwitterでつぶやいてみた | メイン | 初出場で全国4位入賞、越谷市女性消防隊「さくら」 »

2009年10月22日

楽天、まさかの逆転負け

 既にご存知のように、プロ野球はセ、パ両リーグとも今日からクライマックスシリーズ2ndステージが始まり、パ・リーグは北海道日本ハムが9X対8で東北楽天を下し、2勝0敗としました。この試合、楽天先発・永井怜投手の予想通りの好投で、8回表を終わって6対1と楽天がリード。楽天の勝利が濃厚と思われました。
 
 8回裏永井投手が3連打を浴び6対2とされたところで、野村克也監督は永井投手をあきらめ、藤原投手にスイッチ。ここから楽天ファンにとっての悪夢の始まりでした。
 
 藤原投手は、岩隈、田中、永井に続く、楽天4番目の先発候補、リリーフの起用に、さすが野村監督、気合が入っていると思いました。結局、藤原投手は打者一人と対戦しタイムリーで1点を失って降板。続いて、小山、有銘と続くピッチャーがアウトを取れず、6対4。川岸投手を投入し、この回の日本ハムの反撃を一旦は止めました。
 
 その裏、9回表、楽天はランナー一人をおいて鉄平選手がライトスタンドにホームラン、8対4としました。このホームラン、鉄平選手の“技あり”の一発でした。一球目、鉄平選手にしては珍しくフルスイングで空振り。1球ボールの後の3球目をホームラン、この打席1球目のフルスイングが、相手バッテリーの配球に微妙な影響を与えたと見ました。
 
 正直これで楽天は勝利を大きく引き寄せたと思いました。ところが9回裏マウンドに立った福盛投手が3連打で1点を追加され8対5。次のバッター4番・高橋信二選手を2-1と追い込みながらフォアボール。3球目のストレート、4球目の変化球がいずれも外角に外れてフォアボールで、1アウト満塁。5番・スレッジ選手にレフトスタンドへ逆転満塁サヨナラホームランを打たれてしまいました。「逆転」、「満塁」、「サヨナラ」と形容詞が3つも付く、めったに無い出来事が起きてしまいました。
 
 
 思い返せば永井投手はあとアウト5つのところまで来ていましたが、3連打では仕方がありません。今シーズン前半、楽天はこのように大量リードしながら、8回・9回に逆転される試合が何試合かありました。また、昨年、日本ハムには、このような負け方が何度かあり、今シーズンはその苦手意識を払拭しつつあると思っていましたが、大事なところで出てしまいました。
 
 やはり、戦力的には楽天は他の11球団とは1ランク劣っているのです。それを野村監督を始めとしたコーチングスタッフの指導や選手の向上心で補ってきましたが、地力の差を4年や5年で縮めるのには、限界があります。このチームは、文字通りゼロからスタートした球団なのです。今シーズン最下位の横浜ベイスターズやオリックスバファローズとの違いは、そこにあります。普通のプロ野球球団の地力を持った選手を揃えるには、一般的に考えれば10年近くの時間がかかるものと思います。

 
 ということで、今日もTwitterにつぶやいたことを載せます。
 

Wed, Oct 21


  • 00:03  今日Twitter始めたばかりで上手くいったかわかりませんけれども。 RT @s_fujii s_fujii みなさまありがとうございました。拓郎のオールナイト・ニッポン、放送は聴けませんでしたが、みなさんのつぶやきで楽しむことができました。 感謝!感謝!

  • 17:21  さあ今夜からクライマックスシリーズ2ndシリーズ、セ・リーグは地上波(日テレ)、パ・リーグはNHK-BS1で。NHKは試合終了まで放送するが、日テレは9時24分止まり。

  • 17:21  日テレは、野球は最後まで見なければ意味が無いし、最後が一番面白いことを分かっていないのだろうか?

  • 17:26  一方、昨年のアジア・フィルム・フェスティバルの作品の再放送、今夜は「パンドラの箱」。トルコの女性映画監督、ウスタオウル監督の作品。昨年NHKふれあいホールで鑑賞したときに、観ている途中から、河瀬直美監督の「殯の森」に雰囲気が似ていると感じた作品だ。

  • 17:30  昨年、NHKふれあいホールで鑑賞した際、質問の機会があったので、ウスタオウル監督に直接聞いてみた。“「殯の森」に雰囲気が似ていると感じたのですが、河瀬監督の「殯の森」はご存知ですか?” 答えは“知っている。「殯の森」は「パンドラの箱」を撮り終わった後に観た。”

  • 17:33  もう1つ質問した。“「殯の森」も河瀬監督のふるさと、奈良の森林の映像が作品に出てくる(大きな位置を占めていると思う)。ウスタオウル監督の「パンドラの箱」にも、山奥深い山岳の映像が出てくるが、監督自身と何か関係があるのですか?”

  • 17:36  ウスタオウル監督の答え“私(ウスタオウル監督)のふるさとは、町(イスタンブール)から何時間も離れた山岳地帯だ。この映画(「パンドラの箱」)に出てくるのは、その辺りだ。”

  • 18:48  日本ハム1点先制。セ・リーグは中日が初回に5点を先制。読売が1点返し、5―1。

  • 18:50  2回表、楽天が1―1に追いつく。

  • 19:09  @zapa こうだから、ポストシーズンの試合はたまりませんね。  [in reply to zapa]

  • 19:21  中島俊哉、今日も2安打。草野の犠牲フライで2―1楽天リード。

  • 19:24  中島俊哉は、これでシリーズ5打数4安打 8割。リンデンのタイムリーで3―1楽天リード。

  • 20:17  永井投手、6回のピンチをしのいだ。好投している。

  • 20:20  7回表、楽天1アウト2、3塁。日本ハムは先発・武田勝をあきらめ、江尻にスイッチ。

  • 20:28  1アウト2、3塁 渡辺直人凡退の後、3番・鉄平敬遠で2アウト満塁。4番・山崎のタイムリーで3点追加。6-1楽天リード。

  • 21:15  8回裏、永井がヒット2本連打され6-2とされたところで、野村監督は永井投手に変えて、第4戦先発が予想された藤原。結果的にはスレッジ選手にタイムリーを打たれ、6―2。その後、さらに1点追加され6―3。

  • 21:32  永井の後、藤原、小山と次々打たれ、有銘もフォアボール、6―4と迫られたが、川岸投手が3アウト目を取りなんとかしのぐ。

  • 21:34  その裏、9回表、鉄平選手の2ランで8-4とリードを拡大した楽天。

  • 21:57  鉄平の2ランで楽天が勝ったと、正直思った。9回裏、1点追加され、8-5。フォアボールなどで満塁から、スレッジ選手にホームランを打たれ、まさかの逆転負け。リリーフピッチャーの弱点は、わかっていたので仕方がない。


Powered by twtr2src.
 
 
  http://twitter.com/mmorita3へどうぞ
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 第9回 NHK アジア・フィルム・フェスティバル 2日目 2008年11月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 楽天、2ndステージ進出!野村監督「日本一になってファンに恩返ししたい」 2009年10月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年10月22日 00:07 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1476

コメント

コメントしてください




保存しますか?