« パ・リーグCS1stステージ 楽天が先勝 | メイン | 楽天、2ndステージ進出!野村監督「日本一になってファンに恩返ししたい」 »

2009年10月17日

セ・リーグCS1stステージ ヤクルトが先勝

 パ・リーグに続き開幕したプロ野球セ・リーグ クライマックスシリーズ1stステージ 中日対東京ヤクルトの第1戦は、3対2でヤクルトが逆転勝利し、2ndステージ進出に王手をかけました。中日の本拠地・ナゴヤドームで行われたこの試合は、中日・チェン、ヤクルト・石川両左腕の投げ合いで3回を0対0で終了。
 
 その後、中日が1点ずつ得点し2対0。チェン投手の素晴らしい出来から、中日の先勝かと思われた7回表、ヤクルトは4番・青木宣親選手のタイムリー、5番・デイトナ選手の2ランで3対2と逆転。押本→五十嵐→イム・チャンヨンのリレーで中日の反撃を抑え、初戦をものにしたという試合内容でした。
 
 7回表ヤクルトは、青木選手のタイムリー(下左)、デイトナ選手の2ランホームラン(下右)で逆転(写真はNHK-BSハイビジョンの映像より)。



 セ・リーグの試合を観るのは久しぶり(この1、2年は、テレビでもあまり観ていなかった)で、昨日・今日の楽天対ソフトバンク戦に比べて淡々とした試合運びだなと感じました。特にスタンドのファンの盛り上がりがいま一つだったように感じたのは、楽天戦を見た後だったからかも知れません。中日もこのまま引き下がるとは思えません。明日の試合が楽しみです。長年のプロ野球ファンですが、やはり1年で一番、楽しい時期です。

投稿者 もりた : 2009年10月17日 23:06 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1467

コメント

コメントしてください




保存しますか?