« 2010年度概算要求のニュースを見る上での注意点 | メイン | セ・リーグCS1stステージ ヤクルトが先勝 »

2009年10月16日

パ・リーグCS1stステージ 楽天が先勝

 今夜から始まったプロ野球パ・リーグ クライマックスシリーズ1stステージ第1戦、東北楽天対福岡ソフトバンクは、11対4で楽天が勝利し、クライマックスシリーズ2ndステージ進出に向けて王手をかけました。楽天先発・岩隈投手は、序盤7対0とリードした直後の4回表、4点を失ったものの、その後は安定したピッチングで9回を投げ抜きました。
 
 攻撃陣は、高須選手の先頭打者ホームラン、セギノール選手の2ランと、初回に3点をリード。3回裏にも鉄平、山崎両選手のダブルスチール、中島俊哉選手の2ランなどで4点を追加。4点を取り返されて7対4と迫られた後の6回裏には、中島選手がヒットと相手の送球ミスの間に3塁を陥れ1アウト3塁。
 
 ここで野村克也監督は3塁走者中島選手に代えて聖沢選手を代走に起用。結果的に草野選手のタイムリーヒットを生みました。このように今日の試合は、野村監督の積極的な采配が随所に現れていました。セギノール選手を5番に、中島俊哉選手を6番に起用したことも、ピタリと当たりました。もちろん偶然ではなく、より確率の高い方法を選択する野村監督ならではの結果です。

 
 NHK-BS1が生放送していましたので、始めから終わりまで観ていましたが、この試合、ファンも選手もみんな嬉しそうな表情をしていたのが印象的でした(以下の画像はすべて、NHK-BS1の映像から)。
 

 クリネックススタジアム宮城球場に駆けつけた満員の楽天ファン。チケットは3試合すべて完売とのこと。

 (左) 7回裏、楽天・山崎武司選手がシリーズ第1号ホームランを放つ。
 
 (右) 完投勝利を挙げ、インタビューに答える岩隈久志投手。
 (左) 試合後のヒーローインタビューで、お立ち台に立つセギノール選手。1回裏2ラン、3回裏犠牲フライと、今日3打点の大活躍。
 (右) 初回(1回裏)先頭打者ホームランを放ち、ソフトバンク先発・杉内俊哉投手攻略の突破口を開いた高須洋介内野手。

 (左) 3回裏2ラン、6回裏にもヒットと相手送球ミスを誘う好走塁で追加点に貢献の中島俊哉外野手。
 
 (右) 11対4で先勝という結果に大喜びの楽天ファン。

 (左) 楽天としては珍しく1試合4本と大量得点に、普段厳しい表情の野村監督にも満面の喜び。
 
 (右) 試合終了後、ファンに向かって万歳三唱する岩隈投手。

 
 3打数2安打1得点と、野村監督の起用に見事応えた中島俊哉選手は、5年前、オリックスと近鉄の2球団が1つに合併した際、オリックスに優先して選択権が与えられた30人の選手枠から外れた選手の一人です。岩隈投手など一握りの選手を除けば、ほとんどの選手が中島選手のように一軍経験の少ない選手でスタートした楽天。
 
 現在、主力選手のほとんどが、球団創設後、ドラフトで獲得した大学・社会人出身選手(岩隈投手に並ぶ13勝を挙げた永井怜投手、渡辺直人・草野大輔両選手の三遊間、嶋基宏捕手、青山浩二投手、藤原紘通投手、長谷部康平投手、内村賢介内野手、中村真人・聖沢諒両外野手)や、他球団では満足行く結果を残していなかった選手(山崎武司選手、鉄平選手、川岸強・小山伸一郎両投手)の集まり。ここに、セギノール(元・北海道日本ハム。昨シーズン途中から加入)、小坂誠選手、宮出隆自選手、アメリカ帰りの福盛和男投手らが加わり、選手全員の力が見事に結集して、今日の試合が行われていることは、ありきたりの言葉ですが素晴らしいの一言に尽きます。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 祝・楽天CS進出決定、創設5年目で 2009年10月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 東北楽天ゴールデンイーグルス、今季最終戦 2009年10月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年10月16日 22:43 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1466

コメント

コメントしてください




保存しますか?