« 荒木和博氏の講演ビデオ - 先月開催された「拉致問題を考える川口市民の集い」より | メイン | 消えた年金(23)-「天下りと渡りは全面禁止」麻生首相は最後まで責任を全うして下さい »

2009年09月07日

今年も「アジア・フィルム・フェスティバル」

 今年も「アジア・フィルム・フェスティバル」の季節がやってきた(調べたら、昨年も同じタイトルでエントリーしていた)。先々週、NHKの番組宣伝で知ったのだが、昨年の作品のオン・エアが昨夜から始まるのを、すっかり忘れていた。たまたま「サラリーマンNEO」を見終わって、チャンネルをNHK BSハイビジョンに変えると「追憶の切符」が始まっていた。最も録画しておきたい作品だ。途中からになってしまい残念だったが、思い直して録画をした。
 
  「追憶の切符」(中国作品、原題:tickets/車票) ※ 以下の画像は、NHK BSハイビジョンのテレビ映像より。




 
 昨年はしっかりした作品が多い。なかでも「パンドラの箱」と「追憶の切符」が、最も気に入っている。「パンドラの箱」は年老いた母を、誰が引き取るかでもめる3人の姉弟の話である。
 
 「追憶の切符」が気に入ったのは、左小青(ズオ・シャオチン)さんという美しい女性が主演を務めているからだ。“tickets/車票”という原題も素晴らしい!「My Son ~あふれる思い~」も捨て難い。ラストのドンデン返しが驚く。3作品とも親子をテーマにした作品である。

 
 「僕たちのキックオフ」もたくさんの人に見てもらいたい作品だ。日本人は日本映画以外では、アメリカや韓国、香港など、欧米や東アジアの映画には接する機会が多いが、同じアジアに居ながら、東南アジアや中東の作品に触れることが少ないように思う。この作品はイランイラク(注: 誤りを訂正しました)の作品だが、普段、垣間見ることの無い中東の国々の人々の暮らしや心の内を知る一助になるように思う。
 
 「Orzボーイズ!」も愉快で楽しい作品だ。
 
 
 なお、9月のBSハイビジョンに続き、10月にもNHK BS2で再放送されるようだ。「追憶の切符」を録画出来るチャンスが、もう1回出来たことは有難い。
 もはやアジア映画の定番(名作)とも言える「ガレージ(Garasi)」(インドネシア)や「京義線(キョンイセン)」(韓国)が見れる貴重な機会だ!
 
 【BShi】
 9月6日(日)   追憶の切符
 9月7日(月)   My Son ~あふれる想い~
 9月8日(火)   僕たちのキックオフ
 9月9日(水)   Orzボーイズ!
 9月10日(木)   パンドラの箱
 
 【BS2】
 10月13日(火) 僕たちのキックオフ   (12日深夜)
 10月14日(水) Orzボーイズ!      (13日深夜)
 10月15日(木) ガレージ        (14日深夜)
 10月16日(金) 雨の味         (15日深夜)
 10月18日(日) 京義線(キョンイセン) (17日深夜)
 10月19日(月) My Son ~あふれる想い~
 10月20日(火) 追憶の切符
 10月21日(水) パンドラの箱

 
garasi band - hilang

 
 
--- 関連情報 ---
(1) 明日からNHK-BS2で“アジア映画特集” 2007年10月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) アジア映画はおもしろい 2007年10月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) アジア・フィルム・フェスティバル 2007年11月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 「GARASI(ガレージ)」 2008年09月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 今年もアジア・フィルム・フェスティバル 2008年10月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 第9回 NHK アジア・フィルム・フェスティバル 2008年11月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 第9回 NHK アジア・フィルム・フェスティバル 2日目 2008年11月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(8) 河瀬直美監督、カンヌ映画祭3度目の受賞 2009年05月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年09月07日 22:24 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1424

コメント

コメントしてください




保存しますか?