« 谷山浩子さんの猫森集会2009・柳原陽一郎氏の奇妙な散歩 | メイン | CS2ndステージ前哨戦?日本ハム対楽天戦 »

2009年09月17日

谷山浩子さんの猫森集会2009・トモトモと愉快なオールリクエスト(増量)


 昨夜も一昨日に続いて新宿スペース・ゼロ(全労済ホール)で催されている谷山浩子さんの猫森集会を聴きに行った。コンサートの冒頭、谷山さんが今日はオールリクエスト大会であることを告げたので、ラッキーだった。オールリクエストが一番楽しい、チケット申し込む時、そのことも考慮してプログラムを選んだのに、谷山さんが言うまでスッカリ忘れてしまっていた。

 山口ともさんをゲストに迎えて、最初と最後、アンコールの計3曲以外は、すべてその場でリクエストを受けて演奏するという考えられない企画だ。オールリクエストは、事前の筋書き(プログラム)が無い。昨日のエントリーで異なる4つのプログラムを2回ずつと説明した。オールリクエストも昨夜(1日目)と今夜予定されている2日目とでは、内容が当然違う。従って猫森集会では、4つではなく5つの異なるプログラムが演じられるというのが正確な表現である。

 
 プログラムのタイトル「トモトモと愉快なオールリクエスト(増量)」に「(増量)」とあるのは、昨年のコンサート・アンケートに、リクエストする人を決めるためのじゃんけんやゲームに時間が掛かりすぎて、曲数が少ないというクレームがあったためだという。今年は、チケットの半券(座席番号)が入った箱の中からくじ引きのようにして、谷山さん、石井AQさん、山口ともさんが引き当てた人に、リクエスト権を与えるという方法を採ったので、多少昨年より曲数が増えた。

 それにしても、ぶっつけ本番である。何しろ4~500曲もある谷山さんの作品の中から、どんなリクエストが来るか判らないのだ。しろうとの私には、その大変さはわからなかったが、演奏も1人ではなく3人である。谷山さんとAQさんは20年以上のつきあい(AQさんは、谷山さんのアルバムのプロデューサー兼アレンジャーを、ずっとやっている)だからまだしも、山口ともさんは、どの曲が来てもほとんど初めてである。
※ 写真は、ジャズ・ピアニスト橋本一子さんと石井AQさんのコラボレーションによる楽曲を集めたCDである。橋本さん、石井AQさん、ともに谷山浩子さんの曲のアレンジャーをされている。

 
 CとかDマイナーといったキーやリズムを、短いやりとりだけの打ち合わせで演じていた。その対応力は見事であった!また演奏だけでなく照明や音響のスタッフにも伝えるため、谷山さんがその場で曲の感じ・イメージ(昼とか夜とか、明るい感じ・寂しい気分など)を伝えるのも、オールリクエストならではだ。こんなコンサートは滅多に無い。コンサートはライブだという言葉をよく聞くが、猫森集会のオールリクエストは、「ライブの中のライブ」だ。これは昨夜、谷山さんが発した言葉、まさに名言である。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 谷山浩子さんの猫森集会2009・柳原陽一郎氏の奇妙な散歩 2009年09月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年09月17日 08:57 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1431

コメント

コメントしてください




保存しますか?