« 自民党のマニフェスト(1) | メイン | 自民党のマニフェスト(3) »

2009年08月01日

自民党のマニフェスト(2)

 今日公表された、次期衆院選に向けた自民党のマニフェストに、ざっと目を通して感じたことを述べてみます。前のエントリーでも述べましたように、初めは要約版の存在を知らず、チェックは詳細版である政策BANKに重点を置き過ぎているかもしれません。その後、要約版にも一応目を通してありますが、そんなような事情にもご理解を頂いた上で、お読みください。
 
 
 読んでみて感じたことは、数字があまり書かれていないということです。1つは、1つ1つの政策の実現に要する費用(金額)や財源が書かれていないこと。もう1つは、民主党のマニフェストには有ったスケジュール(工程表)が書かれていないことです。民主党のマニフェストを先に目にしていたこととも関係するのかもしれません。
 
 
 以上のこと(数値の明記が少ないこと)以上に私の注意が向ったのは、政策の内容ではなく体裁(外見、形式、提示、文章)面です。以下の指摘はマニフェストの前半部分(要約版)ではなく、主に詳細(政策BANK)の部分に対してのものです。

 
 政策の内容ではなく、体裁面で感じたことは、このマニフェストは担当者(菅・選対副委員長ら?)のレベルでのアウトプットであって、お客様(国民)に見せる資料には至っていないのではないか、ということです。具体的に1つずつ箇条書きにして見ます。
 
1.項目ごとの文章が長い。 ・・・ 要約できていないので、長い文章になってしまうのだと思う。
 
2.文章の内容そのものを理解することが非常に困難である。 ・・・ 前段部分の作業しか済んでおらず、作業の後段部分に入れていない(と思われる)。「後段部分の作業」とは、難しいことをわかり易く説明するために、文章表現を変更したり、文章の一部をカットして短くするといった作業である。
 
3.個別・具体的な項目(政策)の説明のみであり、その上位に当たる方針とか原則と呼ばれるレベルの記述が抜け落ちている。
 
 
 → 続きは「自民党のマニフェスト(3)」をご覧ください。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「屋下に屋を架す」ようなテレビ報道よりも、直接読もう・民主党マニフェスト 2009年07月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 自民党のマニフェスト(1) 2009年07月31日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 自民党のマニフェスト(3) 2009年08月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 自民党のマニフェスト(4) 2009年08月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年08月01日 00:28 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1399

コメント

コメントしてください




保存しますか?