« 「千人の数より一人の本気」 | メイン | 公私混同 »

2009年07月20日

楽天・野村監督、マー君(田中将大投手)を抑えに起用で3連勝

 プロ野球 パ・リーグ 福岡ソフトバンク東北楽天の試合は、3対4で楽天の勝利に終りました。先発・永井怜投手の好投、攻撃陣も1点ずつ小刻みな得点により、常に楽天が先行する展開。9回表、ヒットで出た中村紀洋選手の代走・聖沢諒選手の盗塁と相手エラーにより、ノーアウト3塁の追加点のチャンスも、後に続く打者が2つのゴロと見逃し三振で、あえなく消滅。
 
 そして4対3で迎えた9回裏、楽天・野村克也監督が審判に告げたピッチャーの名前は、なんと田中将大投手でした!田中投手はMAX155キロのストレートと、縦に落ちる141キロの高速スライダーで、ソフトバンク打線を3人で退けゲームセット。今季初セーブを挙げると共に、引き分けを挟んでチームに3連勝をもたらしました。オールスター休み前の3連戦、もしかしたら野村監督は、明日も明後日も田中投手を抑えにと考えているのかもしれません。明日の試合が非常に楽しみになってきました。

投稿者 もりた : 2009年07月20日 21:43 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1392

コメント

コメントしてください




保存しますか?