« いよいよあと3日(2) | メイン | 東京エレクトロンホール宮城 »

2009年06月27日

「チャーリーズ・エンジェル」


 昨日はマイケル・ジャクソンさんとともに、ファラ・フォーセットさん死去のニュースに驚かされました。アメリカのテレビドラマ「チャーリーズ・エンジェル」で有名だったとのことです。
 
 (写真は、NHK-BS2の放送映像より)


 「チャーリーズ・エンジェル」を初めて知ったのは、映画(テレビの再放送)で、映画の2作目「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」は劇場で観たのを憶えています。探偵社に勤める3人の美女が主人公で、軽快なアクションが売りです。録音テープを通じて指令を出し、最後に「当局は一切関知しない」というメッセージと共にテープは爆発して証拠は消えてしまう。
 
 (写真は、NHK-BS2の放送映像より)

 
 私がリアルタイムで「チャーリーズ・エンジェル」を観たのは、上記の映画2作目を除けば、一昨年から昨年にかけて、NHK-BS2で放送されたテレビシリーズにおいてです。毎週土曜日深夜を、楽しみにしていました。チャーリー探偵事務所に勤務する3人のエンジェル・サブリナ、ジル、ケリーはいずれも元婦人警官。スピーカーを通した指令のみで顔は出さないチャーリー、チャーリーとエンジェルの仲介役ボスレーの5人がレギュラー出演。

 事件の発端のシーンで始まり、ほどなくチャーリー探偵事務所に依頼が舞い込む。3人のエンジェルと時にはボスレーも加わって、犯人を追い込み事件を解決する、毎回このような流れで話が進みます。3人の声(吹き替え)を、有名な歌手や女優さんが演じています。ジル役のファラ・フォーセットさんの声は、中村晃子さんです。中村晃子さんと言えば、私たちの世代にとっては「虹色の湖」が有名です。
 
 (写真は、NHK-BS2の放送映像より)

 
 3人の中ではファラ・フォーセットさんの人気が高かったそうですが、私はサブリナ・ダンカン役のケイト・ジャクソンさんが好きでした。ケリー役のジャクリーン・スミスは、3人の中では一番かわいい役で、チャーミングでした(写真は、NHK-BS2の放送映像より)
 

   サブリナ役のケイト・ジャクソン(写真左)       ケリー役のジャクリーン・スミス(写真右)
 
  
 民放テレビでは、アメリカ映画(特に90年代以降の)ばかり繰り返し再放送されているので、食傷気味です。しかしこのテレビドラマ・シリーズは違いました。他にも「ローハイド」や「逃亡者」が、同じ時間帯に放送されていました。昔のアメリカのテレビドラマには、面白いものがあったことをNHK-BS2の懐かしシリーズで知りました。今後も楽しい番組が再放送されるといいなと思います。ファラ・フォーセットさん死去のニュースを見て思い出しました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) アジア映画はおもしろい 2007年10月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年06月27日 08:40 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1383

コメント

コメントしてください




保存しますか?