« 小沢一郎・民主党前代表の辞任で小躍りした人々 | メイン | 大和の国・飛鳥へ »

2009年05月16日

小沢一郎氏の思い出

 3月の秘書逮捕以来、民主党の小沢一郎氏に関することがらについて、たくさん書いてきました。私が小沢一郎氏を支持するのは、単に支持政党である民主党の代表(鳩山由紀夫・新代表が選出された現時点では、小沢一郎・前代表とすべきでしょうか)という理由だけではありません。
 
 元々、私は小沢一郎氏、あるいは小沢氏が幹部を務めていた新生党、新進党、自由党を支持していたわけではありません。もちろん、1993年の自民党離党、その後誕生した細川護煕首相を中心とした非自民政権での小沢氏の振る舞い、その後、上記の政党を結党したことなど、その政治活動に注目していました。自民党離党と前後して出版された「日本改造計画」にも目を通していました。
 
 
 私が小沢一郎氏とその政策に対する支持を強めるキッカケとなったのは、やはり自由党が民主党に合流したことでした。さらに3年前、偽メール問題で辞任した前原代表の後を受けて、小沢代表が誕生したこと、元・長野県知事で新党日本・代表の田中康夫氏が小沢氏とタッグを組んでいることにも、大いに影響されました。
 
 しかし、それだけでは、今ほど小沢氏を信頼するに至らなかったのではないか、民主党支持者であるか否かにかかわらず、一般の人と同様、小沢氏に対して自民党・田中派的な金権体質、一種のうさん臭さというイメージを持ったのではないかと思います。実は、私の場合、小沢さんに対してそういうイメージを持つに至らなかった原因となる出来事がありました。

 
 1997年から1998年頃、私は某ソフトウェア会社の下請け(の下請けの下請け)として、溜池交差点の真正面にあるビルで作業をしていました。私たちの作業場所があった部屋は、6階(または4階。記憶が定かではありません)にありました。同じそのビルに、小沢一郎氏が率いる新進党が事務所(本部)を構えていたのです。
 
 ある時、私がエレベーターで1階に降りようとすると、途中の階から数人の男性が乗り込んできました。小沢一郎その人と、秘書と思しき4~5人の集団でした。決して小さくないビルでしたが、そのエレベーターは、せいぜい6人も乗ると、やや窮屈に感じる程度のスペースしかありません。
 
 1階に着くまで、その集団は「ワイワイ・ガヤガヤ」とうるさかったのですが、地上に着いてドアが開いた瞬間、小沢氏が私の方を振り返り(横目で見て)、「すみません」という感じで目で会釈をされたのです。予想していなかったこともあり、驚きとともに、時間が経つにつれて嬉しさが湧いてきました。 
 
 
 その時以来、私の中で小沢氏に対する印象が大きく変わりました(もちろん良い方向に)。テレビの画面を通して見ていたのとはまったく異なっていました。歳下だろうが、そうでなかろうが、誰に対しても礼儀正しく、公と私をキチッと分ける、日本人が不得意とするこれらの態度、振る舞いを自然になさる方。一度しかお会いしていません(正確には姿を拝見しただけです)が、これが私の小沢氏に対する印象です。
 
 
 最近、テレビに出演する民主党の若手議員の多くが、多少の立場の違い(小沢氏に近いか、そうでないか)はあるにせよ、小沢氏に対して敬語を使っていることに気付いた人は少なくないでしょう。例えば、細野豪志議員、蓮舫議員、原口一博議員などです。というよりも、ほとんどの民主党議員が小沢氏がその場にいないシチュエーションでも、敬語を使っていると思います。
 
 自民党議員の中で、麻生首相のことを語る時、尊敬の念を持って話している政治家の姿を、私は見たことがありません。主義主張に多少の違いはあっても、人間対人間の言動の中には、相手の人格に応じた尊敬の態度というものは、自ずと現れるということに、このことを書きながら思い至りました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 故きを温める(古典に親しむ)(1)-『論語』から 2008年10月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 故きを温める(古典に親しむ)(2)-『墨子』から 2008年10月31日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 起こるべくして起きた中川財務・金融大臣の泥酔会見 2009年02月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 「オフレコ」って何? 2009年03月10日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 「この国が壊れてゆく」恐怖(4) 内閣人事局 局長に「オフレコ」発言の漆間巌氏が就くかもしれない恐怖 2009年04月09日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 寄附(4)-小沢一郎事務所(陸山会)へ献金しました 2009年05月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年05月16日 23:15 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1350

コメント

コメントしてください




保存しますか?