« 河瀬直美監督、カンヌ映画祭3度目の受賞 | メイン | 小沢一郎氏の思い出 »

2009年05月16日

小沢一郎・民主党前代表の辞任で小躍りした人々

 現在の日本における諸問題、例えば国・地方政府の借金を将来世代に背負わせてしまう懸念、あまりにもひどい年金行政の実態、中央省庁職員の一部の極端なモラルの低さ(居酒屋タクシーなど)、行き詰った北朝鮮外交、等々。これらの原因の多くが、官僚主導という政治実態にあると思っています。
 
 政治の主導権を私たち市民が選んだ議員の手に戻し、真の民主主義を実現することこそ、最優先に行なうべきことと思っています。年金問題、国・地方の借金問題、医師不足、介護人材不足などの問題を個々に解決しようとする時、根底に居座っている官主政治の問題にぶつかります。エネルギー効率を考えても、個々の問題ごとに対峙するだけでなく、問題の根源である官僚主導政治の弊害を取り除くことに力を結集することが最も重要であると考えます。
 
 
 官僚中心主義の政治実態を覆すには、長年官僚とともに行政権を握ってきた自民党ではダメです。自民党に代わる政党が政権の座に就くことによって、長年続いた「なれあい政治」、癒着といったものが表に出て、停滞している諸問題解決のキッカケが生まれてくるのだと思います。
 
 このように考える一般市民の人が徐々に増えつつある中で、今週の初めに小沢一郎・民主党代表が辞意を表明したことを、心密かに喜んでいる人もまた、各所に多数いらっしゃることでしょう。与党である自民党・公明党の政治家は言うまでも無く、最も喜んでいるのは中央省庁の職員(霞ヶ関の官僚)たちでしょう。

 
 しかし表向きは目立たないようにしていますが、それ以外にも、例えばテレビ、新聞といったマスコミ業界、学界、経済界に属する多くの人が、あの記者会見を聞いて心踊ったものと想像しています。あの日(5月11日)午後6時のNHKニュースで、小沢氏の辞任会見を伝えるNHKのアナウンサーの顔が、心なしか微笑んでいたように感じたのは私だけだったでしょうか?
 
 
--- 関連情報 ---
(1) NHK9時のニュースに立腹 2008年09月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 民主党・小沢一郎代表辞任会見 2009年05月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 「西松建設事件」と検察とマスコミ 2009年05月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年05月16日 20:53 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1349

コメント

コメントしてください




保存しますか?