« 「西松建設事件」と検察とマスコミ | メイン | 小沢一郎・民主党前代表の辞任で小躍りした人々 »

2009年05月16日

河瀬直美監督、カンヌ映画祭3度目の受賞

 映画監督の河瀬直美監督に、カンヌ映画祭「金の馬車賞」が贈られたとのことです。
 
  【第62回カンヌ映画祭】カンヌで河瀬直美監督に「金の馬車賞」を授与(NIKKEI NET VARIETY JAPAN + PLUS)
 
 フランス映画監督協会から贈られたこの賞は功労賞で、過去にクリント・イーストウッド監督などが受賞されているそうです。アジア人として、女性として初めての受賞とのことです。
 
 カンヌ国際映画祭で河瀬監督はこれまでにも、「萌の朱雀」でカメラドール(新人監督賞)、「殯の森」でグランプリを受賞しており、3度目の受賞ということになります。

 
 少し話は変わりますが、来年、平成遷都1300年を迎える奈良において、「なら国際映画祭」が開かれます。エグゼクティブディレクターを務める河瀬監督の「なら国際映画祭」に対する思いが、2009年4月9日の朝日新聞 オピニオン欄に掲載されています。1995年に山形の国際映画祭に初めて参加した時の感動、1997年「萌の朱雀」、10年後の2007年「殯の森」でカンヌ映画祭受賞など、海外の映画祭への参加を通じて得られた結論が、「若手の発掘」を最大の基軸に置いた「なら国際映画祭」の開催だったと述べています。
 
 「なら国際映画祭」では、日本で見られていない地域の映画、中東や南米、アフリカのものを出来るだけ取り上げたいとのことです。また、奈良の町全体が映画館となるように、神社仏閣の境内で屋外上映会も企画しているとのこと。その町の食べ物を食べ、暮らしをまるごと体験してもらう、映画だけの祭典にとどまらない祭典にしたいとのことです。
 
 
 河瀬直美監督の作品に不可欠なのが、自らの出身地である奈良の自然です。折しも明日香村の飛鳥資料館において、キトラ古墳壁画「青龍 白虎」特別公開が催されています。明日から、大好きな奈良、飛鳥へ行ってきます。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 京都への旅 2007年04月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 河瀬直美監督「殯の森(もがりのもり)」 2007年07月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 「殯の森(もがりのもり)」河瀬直美監督トークショー 2007年08月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 河瀬直美監督「殯の森(もがりのもり)」(2) 2007年08月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 「殯の森(もがりのもり)」河瀬直美監督トークショー(2) 2007年08月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 明日からNHK-BS2で“アジア映画特集” 2007年10月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) アジア・フィルム・フェスティバル 2007年11月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(8) 14日BS2で「殯の森(もがりのもり)」 2008年01月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(9) 素晴らしきギザヲタ達 2008年06月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(10) 「GARASI(ガレージ)」 2008年09月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(11) 第9回 NHK アジア・フィルム・フェスティバル 2008年11月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(12) 第9回 NHK アジア・フィルム・フェスティバル 2日目 2008年11月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年05月16日 19:10 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1348

コメント

コメントしてください




保存しますか?