« 寄附(3) | メイン | 「西松建設事件」と検察とマスコミ »

2009年05月16日

寄附(4)-小沢一郎事務所(陸山会)へ献金しました

 定額給付金を複数の団体へ寄附した件(くだり)、前回で最後と書きましたが、民主党に寄付したことを書いていませんでした。
 
  寄附(3)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 実際には、党としての民主党と、議員としての小沢一郎・現代表の事務所に献金することにしました。具体的には、民主党の政治資金団体である国民改革協議会と、小沢代表の場合は小沢一郎氏の政治資金管理団体である「陸山会」へ、少額ではありますが寄附をしました。

 
 インターネットで「小沢一郎事務所」と検索すると、小沢氏の政治資金管理団体である「陸山会」への入会申込書 送付依頼フォームのページにたどり着きます。陸山会の会費は一口、月額1千円以上、年額12,000円以上からとなっているようです。よくある質問に、入会せずに、1回だけでも応援(カンパ)をすることが出来ることが書かれていましたので、今回はそうすることにしました。
 
 
 この献金をして思ったことが1つあります。小沢氏は何故、西松建設のOBが作った政治団体からの政治献金を、政党支部ではなく小沢氏個人の政治資金管理団体である「陸山会」で受け取ったのだろうかということです。ホームページや、小沢氏の事務所から送られてきた入会申込書などの文面を読むとわかることがあります。
 
 小沢一郎宛にカンパしたい、寄附したいという申し出があった場合、小沢事務所の窓口では、自動的に「陸山会」へ政治献金してもらうよう、寄附者に対して説明しているのではないかということです。政治献金のご案内のページの冒頭に、次の一文があります。
 
小沢一郎事務所では、小沢一郎の政治活動を支えていただくための献金を随時募っております(いただいた『献金 --- 政治資金規正法上の寄附』は、政治資金規正法によって認められた小沢一郎の資金管理団体『陸山会』でお受けします)。
 
 
 何故このようにしているのか、私にわかる筈もありませんが、単純に、小沢一郎へ寄附したいという申し出だから、(政党支部ではなく)一議員としての小沢一郎の政治資金団体である「陸山会」で受け付ける、という至極当然でまっとうな考え方だけではないかと感じます。
 
 これは私の想像ですが、一議員としての政治資金管理団体(陸山会)の他に、(多くの自民党議員がそうしているように、細かく政党支部を作った上で、)あるものは個人の政治資金管理団体で受け付け、あるものは政党支部で受け付けるといった使い分けはしたくもないし、するだけの余裕も無い。
 
 陸山会は政治資金規正法に則って、入りも出も細かく記載しオープンにしており、同じ様なガラス張りの管理を行うダミーの団体をもう一つ別に作るだけの労力・人的・コスト的余力が無いといったことが理由ではないか。そして、今回秘書が逮捕・起訴されるに至る原因となった、西松OBが作った政治団体からの寄附を受け取る場合も、入りと出をオープンにするという、いつも通りの流れの中で、(政党支部ではなく)自然の流れの中で「陸山会」で受け取るということになった、という単純なことだったのではないか、と想像しています。
 
 
 もう一つ思ったことがあります。今回の献金の原資は私の個人マネーです。もし仮にお金の出所が私の両親で、寄附者の名義は私だった場合、つまりお金の真の提供者と実際に寄附をした者が異なる場合、すなわち大久保秘書が逮捕・起訴されたのとまったく同じケースでは、この事務処理を行なった小沢事務所の担当者は、政治資金規正法違反になってしまうのでしょうか?元検事で現在は桐蔭横浜大学法科大学院教授である郷原信郎氏は、3月に朝まで生テレビに出演された際、次のように説明されています。
 
 それによると、政治資金報告書に記載するのは、お金の真の提供者ではなく、あくまで直接寄付行為をした者の名前であるということです。また受け取る側が、本当の出資者と直接寄付行為者が異なっていることを知っていたとしても、罪にはならない、あくまで直接寄付行為者の名前を報告書に記載すればよい、とするのが政治資金規正法の普通の解釈であると述べていらっしゃいました。
 
 
 検察による異例の逮捕・起訴、小沢氏にのみ説明責任を求めた大新聞・テレビの誤った(あえてそう断じます)報道、(今に始まったことではないようですが)深く考えることなくその報道に乗ってしまった多くの視聴者、その視聴者を対象にした“世論”調査に反応し無用に代表交代圧力をかけ続けた民主党内の一部議員、その結果、小沢一郎氏の民主党代表辞任に至ったことは、周知の通りです。
 
  民主党・小沢一郎代表辞任会見(IT屋もりたの今時パソコン日記)

投稿者 もりた : 2009年05月16日 01:35 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1346

コメント

コメントしてください




保存しますか?