« 文教大学・生涯学習コース受講 | メイン | 寄附 »

2009年05月11日

民主党・小沢一郎代表辞任会見

 既にネット、テレビなどで報道されており、よくご存知のことと思いますが、今日午後5時から民主党代表・小沢一郎氏が記者会見を開き、民主党代表を辞任する意向を表明したとのことです。従来より政権交代(の可否)を自らの出処進退の判断基準とすることを述べられていましたが、連休中に時間が出来て熟慮した結果の判断だったとのことです。
 
 記者会見では後任を決めるための民主党代表選挙についても言及され、国民生活のことを考え、政府・与党が提出している2009年度補正予算案の衆議院での議論が終った後が望ましいと仰っていました。さりげないことですが、この辺が自民党の安倍晋三・福田康夫、元あるいは前首相と違うところです。(人生の)大先輩に対して、こんなことを申しては失礼かもしれませんが、常に「」という立場でモノを考え、行動することが身についていらっしゃるのだと思います(「公」と言っても公明党の公ではありません、念のため)。

 
 小沢氏辞任の意向を受けて、NHKの6時、7時、9時のニュースでは、例によって他党や街の声が放送されていました。有権者へのインタビューでは、「辞任が遅すぎる」や「西松建設(OBが作った政治資金団体)からの多額の政治資金について、説明が足らない」といった声が多い一方、「政権交代で頑張っていたのに(残念だ)」や「もう少しで総理大臣というところで、つまらないことでミソをつけてしまって(残念だ)」といった声もありました。おそらくNHKとしてはバランスをとって、選択して放送しているのだと思います。
 
 麻生首相を含む自民党・公明党幹部へのインタビューでは、「何故辞めるのかということが、国民のみなさんには伝わっていないのではないか(麻生首相)」や「西松建設(OBが作った政治資金団体)からの政治資金について説明をしないまま辞めてしまわれた(のは無責任だ)」といった言葉がほとんどでした。
 
 特筆すべきは、ひとり加藤紘一氏のみが「有権者による民主党批判は、ひとまずこれ(辞任)で落ち着くだろう。反して西松建設がらみの政治資金について、自民党は何故説明しないのかといった声が飛び火してくることに注意しなければいけない」と発言していたことです。自民党内に常識ある人はこの人ぐらいなのか、という印象を与えたのではないでしょうか。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 安倍首相・辞任会見 2007年09月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 政治空白 2007年09月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 政治空白2 2007年09月26日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) NHK9時のニュースに立腹 2008年09月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 何故、解散・総選挙を自民総裁選の前に行わないのか 2008年09月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 政治空白3 2008年11月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 小沢代表公設第1秘書逮捕で政権交代への流れは変わるか? 2009年03月04日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(8) 民主党・小沢一郎代表の秘書起訴 2009年03月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(9) 西松献金問題を通じて明らかになる民主党と自民党のオープン性の違い 2009年03月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年05月11日 22:16 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1342

コメント

コメントしてください




保存しますか?