« NHK技研公開2009 | メイン | 民主党・小沢一郎前代表秘書・大久保隆規氏、保釈 »

2009年05月23日

NHK技研公開2009(2)

 NHK技研公開2009 見学ご報告の続きです。
 
  NHK技研公開2009(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 今回は、システム寄り(コンピュータシステム、ソフトウェア)の展示項目を中心に。
 
6.番組を推薦するテレビCurioView ~見ている人の関心が広がり新しい発見や感動が生まれます~
 
 検索やEC、ネットショッピングなど、Webの世界でもレコメンド(関連情報などを推薦すること)が流行しています。
 
  ネット通販とモバイル通販の最新技術(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 この展示もそのような内容です。

 
22.映像・音声・言語解析によるコンテンツ活用技術
 
 サブタイトルにあるように、上記6.の「CurioViewを支える技術」です。具体的には、視聴者が関心を持つ映像の検索を容易にするために、番組内容(コンテンツ)に埋め込むメタデータを研究開発しているとのことです。
 
 ちなみに、展示されていたメタデータ制作・編集システムの(パソコンの)画面では、番組コンテンツに埋め込まれるメタデータがXMLとして記述されている様子が見て取れました。NHKの技術開発というと、放送や通信といった電気通信分野の内容ばかりのように思えますが、システムエンジニア、とりわけソフトウェア技術者にとっても無縁ではありません。
 
 
23.Javaデータ放送 ~高機能なデータ放送サービスを目指して~
 
 次もシステム、ソフトウェアに密接に関連する項目です。現在使われてるデータ放送は、データがBMLで記述されているそうです。それに対して、新しいデータ放送方式であるJavaデータ放送というものを検討しているとのことです。
 
 ソフトウェア技術者なら、Javaというキーワードに目が行くと思いますが、私も技術資料の中にこの言葉を見つけた時に、「放送方式で、何でJava(どんな関係があるの?)」と思いました。詳しくは理解できていませんが、「マウスなどによる容易な操作」、「テレビ受信機以外、例えばスマートフォンなどに適した提示への変換」、「話速の変換」、「字幕データを利用した読み上げや検索」など、現在のBML方式では実現不可能な、様々なサービスが可能になるということです。
 
 
24.FTTHによる新たなケーブルテレビシステム ~将来の大容量放送サービスを目指して~
 
 現在のケーブルテレビシステムに替わる新しいCATVシステムを実現するための提案です。出来るだけ既存のサービスや技術を利用し、低コストを意識した内容になっています。FTTHを利用する、宅内にある既設の同軸ケーブル(テレビアンテナ線)を利用するなどという言葉を見て、初めは私たち視聴者向けの提案かと勘違いしました。技術員の方の説明を聞いて、ケーブルテレビ業者さんに向けた提案内容であることに気付きました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「超」テレビがいっぱい!NHK技研公開2008 2008年05月22日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) NHK技研公開2009 2009年05月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年05月23日 17:07 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1355

コメント

コメントしてください




保存しますか?