« 小正裕佳子さん始めNHK新人アナウンサー15人 | メイン | NHK技研公開2009(2) »

2009年05月23日

NHK技研公開2009

 NHKの話題が続きますが、現在開催中のNHK技研公開2009に行ってきました。
 
  ・NHK技研公開2009
 
 
 技研公開には何度も来ていて、回数を忘れるほどです。例年同様、盛りだくさんの展示項目で、全部をきちんと(理解までは望みませんが)納得して見るためには時間が相当必要です。昨日は1時間半でざっと見て終わりにしました。
 
 何年も前から毎年展示される項目、つまり永く研究を続けている大きなテーマもあれば、実用を目の前にしたインパクトのある展示など、興味が尽きません。例によって個人的に興味を惹かれた項目のみご紹介します(他の項目も、それぞれ意義のある研究テーマばかりですので、実際に足を運ばれてご自身の目で確かめることを、強くお勧めします)。

 
1.NHKオンデマンド
 
 昨年12月1日にスタートしたサービスです。予想より利用者が伸びていないということで、戦略的に最初に持ってきたのかなと、感じました。
 
  NHKオンデマンド、サービス開始から4カ月の利用者数は1万4000人、目標の2割に満たず(CNET Japan)
 
 
2.放送通信連携IPTVサービス
 
 ひかりTV、acTVila、NHKオンデマンドなど、つぎつぎサービス開始されるIPTVサービス。しかし、知名度、利用数とも、いまひとつの状況のようです。この状況を打開するために、「IPTVサービスをより身近に利用できるように」、デジタル放送と通信サービスが連携する技術仕様の検討が、IPTVフォーラムとARIB(社団法人 電波産業会)の間で進められているようです。
 
 具体的には視聴している画面の横に表示される(データ放送の)おすすめ番組をリモコンでクリックすることにより、IPTVサービスを起動するデモが展示されていました(TBSテレビと連携して構築した、放送通信連携IPTVサービス技術検証 実証システム)。
 
 他の来客者(2人組)のお一人が話していた言葉が耳に残りました。「隣の(1.NHKオンデマンドの)展示と、この(2.放送通信連携IPTVサービスの)展示は、何処が違うのだろう」 疑問を持たれた方は、会場でNHKの説明員の方に質問するとよいのではないかと思います。
 
 
4.映像配信サービスにおける複数受信機間認証情報連携
 
 「受信機を替えてもログイン操作がいりません」というサブタイトルが付いたこの展示、CNET Japanに記事がありますので、リンクします。
 
  携帯電話で視聴中の番組をテレビでも見られる--NHK技研公開(CNET Japan)
 
 
 続きがあります。
 
  NHK技研公開2009(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
--- 関連情報 ---
(1) NHKオンデマンド サービス開始の意義 2008年12月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) NHKオンデマンド、開始1週間で会員8000人 2008年12月10日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年05月23日 16:10 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1354

コメント

コメントしてください




保存しますか?