« 今日は一日『吉田拓郎』三昧(5) | メイン | 文教大学・生涯学習コース受講 »

2009年05月06日

楽天球団初の貯金8、長谷部2勝目

 西武ドーム球場で埼玉西武対東北楽天の試合を観戦しました。球場での観戦は今季4度目、戦績は3勝1敗です。
 
  4月18日(土) 対オリックス戦 東京ドーム ○ 楽天先発:岩隈久志
  4月29日(水) 対北海道日本ハム戦 Kスタ宮城 ○ 楽天先発:田中将大
  5月4日(月) 対埼玉西武戦 西武ドーム ● 楽天先発:川井貴志
  5月6日(水) 対埼玉西武戦 西武ドーム ○ 楽天先発:長谷部康平

 
 
 今日の試合、先発・長谷部投手は、1回裏、西武の先頭バッター 片岡選手にセンターオーバーの3塁打を打たれ、2番・栗山選手に1-2塁間をあっさり破られ1点を先制されました。相変わらず四死球が6個と多く自らピンチを作りましたが、要所を抑え7回を失点1と好投しました。
 
 8回表を終って6対1と楽天がリードしていたため、8回裏からはリリーフピッチャーに交替するものと思っていました。ところが、長谷部投手がそのままマウンドに上ったため、これは一人でも多く完投できる投手を育てる気だなと思って見ていました。しかし、中島選手にヒットを打たれ、続く中村選手にフォアボールを出したところで、小山投手にスイッチしました。

 
 結果的には小山-グウィンの必勝リレーに頼りましたが、先発・抑えともに駒不足の中、よく7回を投げてくれました。これで楽天は球団史上最多の貯金8、首位を走っています。ゴールデンウィークの9連戦、田中将大投手も戦線離脱する中、井坂亮平投手の好投もあって、7勝2敗の成績で乗り切ったことは、予想外でした。
 
 あと3カード終ると、今月の下旬からは、楽天が得意としているセ・パ交流戦に突入します。今年は交流戦前に首位に立ってしまったので、昨年までのように交流戦で貯金を増やすことは期待薄ですが、交流戦を5分の成績で終えてくれれば、パ・リーグ上位の座はキープできるのではないかと思っています。これからも ガンバレ 東北楽天ゴールデンイーグルス!
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 楽天逆転勝ちで球団初の貯金7 2009年05月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年05月06日 23:41 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1340

コメント

コメントしてください




保存しますか?