« 水谷隼・岸川聖也組、準決勝進出 | メイン | 今日は一日『吉田拓郎』三昧 »

2009年05月03日

楽天逆転勝ちで球団初の貯金7

 プロ野球パ・リーグ 東北楽天対オリックスの試合を、Yahoo!動画で観戦しました。
  
  Yahoo!動画 パ・リーグぜ~んぶ無料!!
 

 7回を終って1対2とリードされる展開。8回裏、楽天の攻撃1アウト1・2塁となって、オリックスのマウンドが先発・岸田護投手から守護神・加藤大輔投手に代わった時は、正直なところ今日はダメかと思いました。ところが、この後この回に7点を挙げて逆転。9回表、有銘投手が2四死球、1つの2塁打で2点を失い、後味の悪い終り方でしたが、結果的にはオリックスに3連勝、ゴールデンウィークに入ってjから5連勝と好調です。
 
 これで楽天は貯金を7とし、首位をキープしました。貯金7は球団創設以来初だそうです。この後、球団初貯金2ケタ、球団初のAクラス、球団初クライマックスシリーズ進出というように、「球団初」というキーワードが何回聞けるか、それが球団初優勝実現のカギとなると思います。

 
 それにしても、8回裏の楽天の攻撃は、いろんな中味が詰まったイニングでした。ここで8回裏、楽天の攻撃について、くわしく見てみたいと思います。
 


 先ず、この回の先頭・渡辺直人選手が四球で出塁したところから、反撃は始まりました。渡辺選手は、結果ではなく常に何をすべきか解っている選手だと、前々から感じていました。社会人野球の経験があることと、多少関係があるのかもしれません。この回も先頭バッターとして2-3から四球を選び、好投・岸田投手の降板を早めることにつながりました。
 
 ノーアウト1塁で、2番の中村真人選手はバントを失敗し、せっかくの流れが遠のいたと思ったところで、次のバッター、草野大輔選手が見事ライト前ヒットを放ちつなぎました。ここでオリックスベンチは岸田投手をあきらめ、守護神・加藤大輔投手にスイッチしたのすが、その加藤投手からまさか7点も獲れるとはこの時点では思っていませんでした。
 
 加藤投手への代わり端、このところ好調の4番・山崎武司選手が、この日2打点目となるレフトオーバーのタイムリー2塁打を放って、2対2の同点に追いつきました。
 
 ここで野村監督が出てきて、審判に代走を告げました。足の遅い2塁ランナー・山崎選手に変えるのかと思っていましたら、3塁ランナー・草野選手に変わって代走・小坂誠選手のコール。なるほど、この場面(8回裏。残りは9回表オリックスの反撃を抑えればいい場面)では勝ち越しの1点が重要なのだと後で知りました。
 
 山崎選手のタイムリー後、なおも1アウト2・3塁と追加点のチャンスの場面で、次のバッター・中村紀洋選手はセカンドへボテボテのゴロ、オリックスのセカンド・後藤選手は迷わずホームに送球しましたが、キャッチャー・日高選手の股の間越しに、3塁走者・小坂選手の足がホームベースを踏むのが先でした。
 
 この場面、中村紀洋選手は、相手の投球内容によって、犠牲フライか右方向のゴロを狙っていたものと思います。外角低めの球が来たので予定通りセカンドゴロ。一方、3塁走者・小坂選手は中村選手のバットにボールが当たる瞬間にスタートを切る、いわゆる“ギャンブル・スタート”を敢行、後藤選手の送球が特に遅れたわけではないにもかかわらず、確実にセーフのタイミングでした。
 
 この後は鉄平選手のタイムリー(4点目)と盗塁、相手ピッチャーのワイルドピッチ(5点目)、高須選手が四球で出塁と、流れは完全に楽天側に傾いてしまいました。1アウト1・3塁のこの場面で、またしてもベンチから出てきた野村監督は、1塁走者・高須選手に変えて内村選手を代走に起用、解説者によるとゲッツー(併殺)防ぎだそうです。
 
 ここで前の打席(7回裏)、1アウト満塁の好機で凡退している8番・リック選手が打席に入り、初球をレフトスタンドに運び、8対2と試合をほぼ決定付けました。「フォアボールの後の初球」というのは、攻める方も守る方(投手、バッテリー)も、野球のキーワードですが、今シーズン未だ本領を発揮できていないとはいえ、さすがは昨年の首位打者といった一撃でした。

 
 以上、8回裏、楽天の攻撃内容について長々と書きましたが、先頭打者で2-3と粘ってフォアボールを選んだ渡辺直人選手、1アウトでランナーが3塁に居る場面で右方向に確実にゴロを打てる中村紀洋選手、そしてギャンブルスタートを切り確実にホームインした小坂選手、こういう選手がいる限り、楽天の快進撃は、まだまだ続きそうな気配です。
 
 もう一人、先発・ラズナー投手をリードし7回までなんとか1対2で持ってきたキャッチャーの嶋選手の働きも見逃せません。先発投手の数どころか、中継ぎ・抑え投手に不安をかかえる楽天が、ここまで首位をキープ出来ている影に、嶋基宏、藤井彰人 両捕手のリードがあると思います。もちろん、佐藤義則、山田勝彦、杉山賢人といったコーチ陣の働きも。
 
 
 一方でノーアウト1塁の場面で、高めの直球に手を出しバントを失敗した中村真人選手のプレーは、以上に挙げた各選手のプレーとは好対照ですが、発展途上のチームにあっては表裏一体の現象ではないかと見ています。9回表の先頭打者を含む2四死球で2失点の有銘投手のケースも含めて、これらの失敗によって、何故先頭打者、特にリードした直後の次の回にフォアボールを出してはいけないのか、といったことを、身をもって理解していくのだと思います。
 
 これから、このように状況に応じた柔軟な判断が出来る選手が、一人でも多く増えていけば、今シーズン楽天のクライマックスシリーズ進出、パ・リーグ優勝は決して夢物語ではないのだと、あらためて感じます。本当に面白い試合でした。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 楽天イーグルス セ・パ交流最終戦を勝利で飾る 2007年06月26日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 楽天6連勝、首位に! 2008年04月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 1勝挙げることの難しさ 2008年04月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) エース・田中将大、4試合連続完投勝利で、野村監督に1500勝目をプレゼント 2009年04月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年05月03日 18:09 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1331

コメント

コメントしてください




保存しますか?