« 越谷梅林公園の梅 | メイン | 「モノ」から「人」へ、政策転換してくれる人を選びたい »

2009年03月04日

小沢代表公設第1秘書逮捕で政権交代への流れは変わるか?

 専門外の外である政治に関する話題ですが、一人の住民として無関係ではないので、このエントリーを起こします。先日、中川昭一前大臣辞任について触れた手前、この件に関しても言及しないわけにはいかないというのが理由の一つでもあります。
 
 先ず、私の立ち位置をあえて明確にしますと、自公による今の政治から、民主党を中心とし新党日本・社民党・国民新党などの連立による野党へと、政権交代をすることが望ましいと考えています。その理由は、予算の大きな部分を道路などにつぎ込む政策から、医療(医師不足)・教育(教師の不足、校舎の耐震化の遅れ)・介護(報酬の低さから、介護に職を求める人自体が減少)、ITサービス(ソフトウェア開発など)等「人」に重きを置いた政策への転換を図って欲しいと願うからです。そして、それは現政権では無理、というよりも、そういう考えそのものが今政権を担っている政府・与党の人の頭の中に全く無いと思えるからです。
「西松建設による違法献金の流れ」(朝日新聞より)
 次に事件の事実関係について、新聞などの報道から得た情報を書きたいと思います(左図、「西松建設による違法献金の流れ」(朝日新聞より)を合せてご覧ください)。
 
 昨日、小沢一郎・民主党代表の公設第1秘書であり、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」の会計責任者でもある大久保隆則隆規注:2009年3月8日訂正氏が、政治資金規正法に定める虚偽記載などの疑いで、東京地検特捜部によって逮捕されたとのことです(朝日新聞 2009年3月4日 朝刊によります。以下同じ)。
 裏金作りをめぐり外国為替法違反の罪で前社長・国沢幹雄氏が起訴された「西松建設」から「陸山会」への政治献金にからみ、他人名義での献金や、政治家個人に対する企業献金に相当し、法律違反であった。さらに、大久保秘書は、実際には西松建設からの政治献金であると知りながら、政治資金報告書には(西松建設からではなく)政治団体(新政治問題研究会と未来産業研究会)から献金を受けたように装う嘘の記載をしたというのが、地検側による逮捕の根拠のようです。

 
 この件に関して、小沢代表は民主党の役員会のあと、今日午前10時から記者会見を開き、次のように表明しています(文章はあくまで私(森田)の書いたものであり、以下のような文言で発言したわけではありません)。
 
 1.この件に関して、小沢氏自身および、大久保氏のとった行動についても、法律に違反することは無いという認識である。
 
 2.何もやましいことはないので、うんぬん(民主党の代表辞任)ということは考えていない。
 
 3.総選挙があるや無しやというこの時期に、検察庁がとったこの行動の裏に、政治的な意図が無いのか疑念を感じる。
 
 
 さらに記者からの質問に対して、小沢代表は
 
“お金の「入」と「出」については、常にオープンにしており、やましいことはない。企業(西松建設)ではなく政治団体ということで、違法性は無いという認識によって、大久保秘書は献金を受けたと思う。疑いは必ず晴れると思っている。”
 
という趣旨の答えをされています。私としては、ここまでに知りえた情報の範囲では、小沢氏のこの発言を信じたいと思います。
 
 
 私にとって最大の関心事は、民主党支持者、あるいは新党日本、社民党、国民新党、それぞれの支持者、さらに自民・公明両党の支持者の中にさえも、現与党から現野党への政権交代を支持する人が大勢を占めている現在の状況に、今後変化はあるのかという点です。
 
 今後の捜査情報の開示によるとは思いますが、国民の多くが政治に対して「変化」を望む気運が、大きく落ち込むことは無いと考えています。いずれにしても、起訴に至るのか否か、その後の裁判の結果については、検察庁・裁判所が判断することであり、推移を見守るのみです。むしろ、今日の民主党の役員会、小沢代表の記者会見という手順に見られるように、透明性のある党内手続き、真摯な姿勢によって、中川前大臣辞任の時に見せた自民党との危機管理体制の違いを、ハッキリ(アピール)するチャンスではないかと見ています。あの時は、(中川前大臣が泥酔を薬のせいと言った)真実を隠す体質とともに、麻生総理が中川前大臣の辞任(当初は2009年度予算成立後と言っていたのを即座の辞任に変更した)の決定プロセスに閉鎖性を感じました(麻生首相と政府・自民党の一部首脳との間の会合で決めた)。民主党は自民党とは違うんだということを、ドンドン見せていって貰いたいと思っています。
 
 思いっきり、民主党よいしょの記事になってしまいましたが、冒頭に申し上げましたように、民主党の繁栄を望んでいるのではなく、「モノ」から「人」中心に政治が変わって、私たちや私たちの家族・友人・近所の人々、同じ日本人、そして世界中の人々、動物や植物、地球、宇宙を含む自然がより悪い方向から、よりいい方向に向きを変えてくれることを望んでいるというのが本意です。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 場違いな会合 2005年12月10日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) ソフトウェア省(仮称)の設置を提案します 2008年05月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 重ねて提案します、ソフトウェア省(仮称)設置を! 2008年05月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 消えた年金(20)-厚生年金の「遡及(そきゅう)脱退」は全部で何件あったのか、政府は一刻も早く全容を調査せよ 2008年10月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 故きを温める(古典に親しむ)(1)-『論語』から 2008年10月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 政治空白3 2008年11月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 通常国会・衆議院予算委員会 2009年02月05日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(8) 起こるべくして起きた中川財務・金融大臣の泥酔会見 2009年02月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2009年03月04日 13:39 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1265

コメント

コメントしてください




保存しますか?