« 宮﨑あおいさん出演のスタパ、異例の再放送 | メイン | パソコン教室「閉店のお知らせ」 »

2008年12月29日

三洋電機7連覇!浅田真央選手3連覇!

 バドミントン日本リーグ女子で三洋電機チームが7連覇を達成したとのことです。一方、フィギュアスケートの全日本選手権は浅田真央選手が優勝し、こちらも3連覇達成とのことです。2位に村主章枝選手、3位安藤美姫選手という結果でした(奇しくもこの3人が、過去9年間の全日本選手権を制しています)。
 
 フリーで村主選手と鈴木明子選手が好演技をし、今年もまた混戦だったようですが、録画したビデオの一部しか見れていません。「篤姫」総集編があったり、消防団の歳末警戒当番があったりしてなかなかビデオを見る時間が取れないので、年が明けてからゆっくり見たいと思います。

 
 一方、バドミントン日本リーグですが、今朝の朝日新聞によると女子の7連覇は史上初だそうです。また三洋電機は14度目の優勝で、これ(優勝回数)もまた女子最多記録とのことです。
 
 
 小椋・潮田両選手は別々のペアでダブルスに出場し、11月の全日本総合以来のペア復活はなりませんでした。“オグシオ”ペア解散宣言後のテレビや新聞の報道を見ると、二人が「別々の道を歩む」といった表現を見ることがしばしばあります。「別々の道」と聞くと、一般の視聴者や新聞購読者は、両選手が別々のチームになったかのような錯覚を憶えることと思います。
 
 以前も別の観点からマスコミのスポーツ報道に対する懸念を述べましたが、事実と乖離した印象を視聴者・購読者に与えないような表現のし方を、スポーツ報道に携わる方々に期待したいと思います。そのためには、きちんと取材し正確に表現するという報道の基本に立ち返っていただきたいと思います。
 
  バドミントンの“オグシオ”、ペア解消へ(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 視聴者・購読者であるわれわれも、テレビ・新聞報道をそのまま鵜呑みにしない、文章や映像から受けるイメージに過度に影響されないといった習慣・訓練を、常日頃から意識するようにしたいものです。
 
 二人とも今までどおり同じチームメイト(三洋電機に所属)であり、練習でも試合でも一緒に過ごす時間は今までとほとんど変わっていないのではないかと想像します。
 
 
 話が脱線しましたが、再びバドミントンに戻ります。オグシオペア解消後、潮田玲子選手とペアを組んでいる森かおり選手は、いまさら申し上げるまでもありませんが、全日本総合選手権シングルス2度優勝の実力者です。森選手のダブルスの試合は見たことがありませんが、潮田選手としてはさほど苦労せずプレー出来ているのではないでしょうか。小椋選手と森選手では10cm以上の身長差がありますが、小椋選手の時とさほど違わない相性のよさが有るのかもしれません。
 
 
 ところで今回の日本リーグの最終順位は、昨年とあまり変化がありません。特に女子は広島ガスが6位(昨年)から8位に順位を下げたことを除き、1位から8位まで昨年と全く同じです。それだけバドミントン界には大きな風が吹いていないのかも知れません。来年は高校や大学の有望選手が三洋電機に入社し、潮田選手とペアを組むのではないかと聞きます。女子は、三洋電機によるバドミントン王国がまだまだ続きそうな気配です。
 
 一方、女子に比べて男子の方は少し変化があるようです。日立情報通信エンジニアリングが昨年の7位(1勝6敗)から今年は4位(3勝4敗)へと順位を上げています。また今年1部に昇格した金沢学院クラブが2勝5敗の成績で8チーム中6位という成績を残しました。少しずつではありますが新しい動きがバドミントン界にも起きてきつつあるようで、今後も楽しみです。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 福岡ソフトバンク有利と予想したスポーツマスコミの誤算 2008年04月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) バドミントンの“オグシオ”、ペア解消へ 2008年11月11日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 小椋・潮田5連覇の快挙、19歳田児が初優勝 - 全日本総合バドミントン決勝 2008年11月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) NHKオンデマンド、いよいよ始まりました! 2008年12月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年12月29日 12:30 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1215

コメント

コメントしてください




保存しますか?