« 薬事法改正によりネットで薬が変えなくなる件 | メイン | 日曜日のヒロインは、宮﨑あおいさんと大石奈緒さん »

2008年12月06日

シンクライアントというコンピュータです

 2週間ほど前にサポートさせていただいた事例をご紹介します。お電話で「会社から自宅にパソコンを1台借りられたので、ソフトを入れたりインターネットに接続して、(パソコンとして)使えるようにして欲しい」というご依頼でした。
 
 ご自宅には既にご使用のパソコンが1台あり、今回会社から借りた(貸与されたようです)“パソコン”も、普通に使えるようにしたいというご希望です。具体的には
 
 1.インターネットに接続できること
 2.メールの送受信が出来ること
 3.(ご自宅にある)プリンタに出力できること
 4.セキュリティ対策をすること(ご自宅で加入しているプロバイダによるセキュリティ対策オプションへ申し込み)

 
等です。
 
 ご自宅を訪問させていただいてみると未だ箱に入ったまま、これから空けるところでした。箱から取り出して確認するとCompaq 6720tという機種で、Webで検索してみるとシンクライアント コンピュータでした。私自身シンクライアントがどういうものか使用目的程度は知っていますが、実際に触ってみるのは初めてです。

 
 とりあえずインターネットの接続から手を付けました。お客様はルーターやハブをご使用されていないため、元々ご使用されているパソコンからLANケーブルを抜いて、シンクライアントの方につなぎ替えます。これだけでインターネットに接続できました。
 
 次にメールを使えるようにする件ですが、スタートボタンを押しても、すべてのプログラムを見てもメールソフトはインストールされていません。それはさておきプリンタの接続をトライしようとしましたが、現在お使いのプリンタがパラレル(セントロニクス)インターフェイスのため、物理的に接続不能でした。
 
 さらにプロバイダのセキュリティ対策オプションを申し込んで、クライアントにもソフト(ウィルスバスターをベースとしたソフトでした)のインストールを試みました。しかし、インストールの最終ステップでエラーメッセージが表示されインストールを完結できません。
 
 
 以上、出来たのはインターネットに接続することのみでした。この時点で、「このコンピュータはシンクライアントというもので、通常考えているいわゆる“パソコン”とは異なるものである」ということをご説明いたしました。お客様も納得され、あらためて経緯をお話くださいました。
 
  ・ このコンピュータは、ご自宅で使用するようにと職場から貸与されたものであること
  ・ 使い方など簡単な説明を受けたこと

 
 そして説明の際に渡された資料をお出しになり、資料を読んでも使い方がわからない(ので教えて欲しい)と申されました。それによると、デスクトップにあるアイコンをダブルクリックしてログインします。そのためのID、パスワードは把握されていました。次に別のアイコンをダブルクリックして、2回目のログインを行います。こちらのID、パスワードもメモされていました。
 
 説明書を読ませていただくと、1つ目のログインはVPNへのログイン、2つ目はお客様の職場で採用されている業務システムへのログインのようでした。業務システムへのログインが完了した後は、デスクトップ上に社内文書などの共有フォルダへのショートカットアイコンが表示され、そこから社内の方が作成・保管された文書を開いて参照することができます。その辺りは講習で受けた説明を断片的に憶えていらっしゃったようです。
 
 
 WordやExcelファイルなどを開き、印刷を指示するとちゃんとプリンタに出力できそうです。但しローカルプリンタではなく、おそらく会社にあるプリンタに出力されるのでしょう。さらに、これまた貸与されたUSBメモリの使い方を教えてということですので、Wordで新規文書を作成し、保存先にUSBメモリを指定すると、書込み禁止です。ははー、なるほど、これで納得がいきました。これであれば社内文書の持ち出しを、安易なミスで行ってしまう可能性は非常に低いと思われます。VPNを経由して、会社の外、どこからアクセスしても社内共有フォルダに保存されますし、紙媒体も社内に置かれたプリンタに出力され、情報が外部に流出する危険性が非常に低いシステムです。
 
 「これならば、安心して自宅(社外)で会社の仕事が出来ます。」と、あらためてお客様にもご説明いたしました。このコンピュータを貸与されると聞き、お客様はご自分の(所有されている)パソコンの他に、もう1台自由に使えるパソコンが増えたと思ったようです。もちろん職場の仕事がメインの目的で、ついでに個人的にも使用したいと考えたようです。最初にお電話をいただいた時に、私どももそのように受け取りました。職場からコンピュータを貸与された真の理由を、お客様もようやくご理解いただけたようです。「自宅でもちゃんと仕事をしてね」と。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) Winny開発者へのインタービュー記事より 2006年05月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) Interop Tokyo 2006(1) 2006年06月07日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) LotusDay 2006 2006年07月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) Interop Tokyo 2008 2008年06月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年12月06日 23:56 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1204

コメント

コメントしてください




保存しますか?