« バドミントンの“オグシオ”、ペア解消へ | メイン | “オグシオ”ペア「継続」?毎日.jpの誤報か? »

2008年11月12日

「定額給付金」に関して初めて出会ったナイスな提案

 政府は今朝、実施方法をめぐり混乱していた「定額給付金」についての方針をようやく発表しました。議論の的となっていた高額所得者への給付制限については、制限を設けるか否かも含めて市区町村に委ねることとしたようです。市区町村の事務作業の負担とともに、「振り込め詐欺」のような電話による詐欺被害を助長することにつながらなければよいのですが。
 
 ところで今回の「定額給付金」をめぐる論争は、10月30日に麻生総理大臣が追加経済対策の1つとして発表した「家計緊急支援対策(定額給付)」が発端でした。この時は「全世帯を対象として」と首相自ら公言し、所得の多寡による制限にはまったく言及しませんでした。ところが翌週には与謝野・経済財政担当相が所得制限を設けるべきと発言したことから、この論争に火がつきました。
 
 
 新聞・テレビを通して連日伝えられる「定額給付金」の実施案をめぐる論争とはいえない論争、政府および政権与党内から勝手な発言が相次ぎ、見ていて嫌になりました。そもそも今回の「定額給付金」(当初は定額減税案だった)自体に疑問(否定的)をいだいていましたので、政府や与党の迷走はもちろん、新聞・テレビの報道に対して、(私とは)いまいち焦点が合わないと感じていました。
 
 
 前置きが長くなりましたが、RSSリーダーに登録してあるブログを見ていたところ、次のエントリーを見つけました。
 
  定額給付金はどうしてもやりたいみたいなので・・・仕方ないから、(六本木で働いていた元社長のアメブロ)
 
 
 六本木で働いていた元社長が書かれたものです。さすが自ら起業しビジネスをされていた元社長です。「政治家になる前は会社経営をしていたことを持ち出し、事あるごとに『経済に強い』ことをしきりに自慢している、いいところの元・ボンボン社長の政治家さん(誰であるかは、このページ内にヒントがあります)とは違いますね」と感じました(「」内は私もりたの感想です。どなたか他の方の発言ではありません)。

 
 実は上記のブログ記事を読む前は、「定額給付金を辞退しよう」というエントリーを書こうと思っていました。六本木で働いていた元社長さんの提案の方がずっとよいですね。みなさんはどう思われますか?

投稿者 もりた : 2008年11月12日 14:15 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1179

コメント

コメントしてください




保存しますか?