« 2011年デジタル化へ、テレビ局が今考えていることをお聞きしました | メイン | SEOに関する話題、「調査検索」と「目的検索」 »

2008年11月01日

日テレ・田村氏の講演について補足

 1つ前のエントリーでご報告させていただいた、アカデミーヒルズ オンラインビジネスセミナーにおける日本テレビ 田村和人氏の講演に関して補足いたします。
 
 講演後の神原氏とのQ&Aの中で田村氏は、第2日テレのリニューアルに触れ、動画配信をFlash化した結果シンプルになったとおっしゃっていました。さらっと通り過ぎたのであまり気に留めていませんでしたが、CNET Japanでその件が報じられていました。
 
  ・第2日本テレビ刷新--動画はFlashベースに:アカマイの配信インフラを採用(CNET Japan)
 
 
 アカマイの配信インフラを採用することによって配信する側、視聴者側双方にメリットがあり、今回のリニューアルはかなりよい施策だったのではないかと思います。著作権管理の面でも
 
今回のリニューアルで第2日本テレビはFMS3を採用することで、ストリーミングを暗号化。コンテンツの著作権保護を強化している。従来、日本国内のテレビ局などのコンテンツ提供社は、Windows Mediaをベースにデジタル著作権管理(DRM)の仕組みをかけることが一般的とされていた。それに対して第2日本テレビはFlashをベースにして著作権保護を強化している。”(上記のCNET Japan記事より引用
 
とあるように、日本での新しい潮流のさきがけとなる選択であったように思われます。

投稿者 もりた : 2008年11月01日 00:22 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1163

コメント

コメントしてください




保存しますか?