« 松本隆×筒美京平+中川翔子=綺麗ア・ラ・モード | メイン | 「ワイヤレスゲート ホ-ムアンテナ for イー・モバイル」 »

2008年10月22日

何でもケータイで検索するの?

 携帯電話の画面を何気なく見ていたら、『中川翔子』という言葉に目が行きました。auのWeb検索ランキングです。


 1位 中川翔子は新曲発売の影響かと思いますが、9位の「正岡子規」を見て、ああそうかと思いました。しょこたんが今日出演していた笑っていいともの中で、正岡子規と夏目漱石の自筆の書が紹介されていたのです。
 
 
 「正岡子規」わからない(詳しく知らない)のかなということとともに、「正岡子規」(を検索するの)だったらケータイではなくパソコンだろうと思ったのは、私が年をとったせいだったようです。
 
 実際にauケータイで検索してみると、1番上の広告はわかります(表示されることは予期していました)が、無料wikiやBIGLOBE百科事典といった検索結果が。こんなのがあるのは初めて知りました。

 


 
 ここで「こんなに便利になると、人間の方が退化してしまうのではないか」などという心配を口にすると、年寄り度をさらに露出しかねないのでやめておきます。要は、われわれはもっともっとパフォーマンスを発揮しないと、こういうものが無かった時代の人たちの業績にはとても及ばないということですね(そうこうしているうちに、上記の検索結果(順位)だって変わってしまうし)。
 
 
  "このようにかつては時間がかかって現実には不可能だったことが
 簡単に出来るようになっています。コンピュータやインターネット等の
 新しい技術を、いにしえの人が試みても叶わなかった分野
 応用していくことが、最も意義のある利用法ではないか、
 現代を生きる者の役割ではないか、と考えています。
"
 (「江戸時代の地名」-IT屋もりたの今時パソコン日記より
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 江戸時代の地名 2006年10月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年10月22日 16:18 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1152

コメント

コメントしてください




保存しますか?