« GMT 2008にしょこたん登場 | メイン | アクトビラでNHKニュースの配信開始 »

2008年10月13日

『崩壊』の次は『誕生』

 10月3日衆議院解散、10月26日総選挙という9月18日付朝日新聞の報道に、他紙やテレビがこぞって追随し総外れに終ったにもかかわらず、新聞・テレビ各社は何事もなかったかのように、報道活動を続けています。
 新総理誕生直後の解散は無いと早くから一人予想していたのが、フリー・ジャーナリストの上杉 隆さんです(朝日新聞記事と同じ日(9月18日)発売の週刊文春に下記の記事が掲載、ということはそれより少し前に原稿を書いていた)。
 
  【勝負!】(5回目) 麻生「新総理」解散せず! 週刊文春(東京脱力新聞2.0)
麻生「新総理」解散せず! 週刊文春 9月25日号

  「記者クラブ、3日解散へ」 脱力新聞辞令(笑) ソコトコ(文化放送)(東京脱力新聞2.0)
  ・【勝利宣言】 文藝春秋編集局長賞 【週刊文春】(東京脱力新聞2.0)

 
 
 上杉隆さんの著書『ジャーナリズム崩壊』に続き、やっと読み終えたのが『ブログ論壇の誕生』(佐々木俊尚・著、文春文庫)です。奇しくも、2冊続けてマスコミにも関連の深い図書になりました。
 
 ブログが登場し、自分でもブログを書くようになってから、ますます感じていた旧来のマスコミに対して持っていた懐疑的な気持ちを、整理してテーブルの上に並べて見せてもらっているような錯覚を憶えました。ここ数年ブログをはじめとするインターネットの世界と、リアル世界との間に起きたいろいろな出来事が紹介されていて、事典的な読み方ができます。

投稿者 もりた : 2008年10月13日 23:10 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1136

コメント

コメントしてください




保存しますか?